Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/02/02

可愛くなる方法33選!内面を磨く方法&可愛くなれるメイク・ファッション

可愛くなりたい!というのは全ての女性の願いではないでしょうか。
でもどうしたらいいかわからない、何からすればいいのかわからないと悩んでいる人も多いですよね。
可愛いというのは外見も大切ですが内面も大切です。
可愛くなる方法を様々なアプローチから、33種類紹介します。

Large 5
目次

「可愛さ」は自分の努力で手に入る?

可愛くなる方法に必要な道具

可愛くなる方法を考えていても、「最終的には生まれつきの顔だよね…」とあきらめている人がいるかもしれません。
ですが「可愛さ」は自分の努力で手に入ります

元々の顔立ちが可愛くても、ファッションもヘアスタイルも何もしていなければ残念な感じになります。
逆に、もともとの顔立ちがいまいちでも、メイクやしぐさ、ファッションなどに気を付けていれば十分可愛い雰囲気は出るのです。

<下に続く>

可愛くなる方法【性格・内面編】

性格が可愛くなる方法を知っている女性

では、可愛くなるにはどうしたらよいのでしょうか。
性格や内面が可愛くなる方法について紹介します。

  1. ポジティブに考える
  2. 「すべてのことは勉強」と思う
  3. 「ありがとう」を忘れない
  4. 好意は自分から差し出すようにする
  5. 自分にも魅力はあると思うようにする

では続いて具体的に可愛くなる方法を見ていきます。

可愛くなる方法①:ポジティブに考える

性格が可愛い人は考え方がポジティブです
ネガティブで暗い考え方の人はどんなに可愛い顔立ちでも可愛く見えませんよね。

ポジティブな気持ちでいるようにすると自然と笑顔が産まれ、周囲への感謝の気持ちが出るようになります。
すると周囲の人も気持ちよくなるので、さらに可愛がられるというよい循環が産まれるのです。

可愛くなる方法②:「すべてのことは勉強」と思う

性格が可愛い人は、謙虚な気持ちを持っており、「すべてのことは勉強、自分のためになる」という思いで生活しています
何か嫌なことや自分の思い通りにならないことがあった時に、他人のせいにするのではなく、勉強なのだと思う人は嫌な雰囲気を与えません。

謙虚で勉強する姿勢がある人は、どんな人から見ても清々しく、ネガティブな雰囲気を出さないので、可愛がられます。
特に年上の人から可愛いと思われます。

可愛くなる方法③:「ありがとう」を忘れない

内面が可愛い人は、「ありがとう」という感謝の気持ちを忘れず、きちんと言葉で伝えるようにしています
ありがとうと言われて嫌な人はいないですよね。

ありがとうといってもらえると、自分のことを認められたように感じるのでたいていの人は嬉しく思います。
自分を認めてくれる人は好意的な視点になるので、可愛く感じるのです。

可愛くなる方法④:好意は自分から差し出すようにする

人間は好かれると好きになる生き物です
可愛いと思われたい、人から好かれたいと思う人は自分から好意を差し出す習慣ができています

「○○さんのおかげです!」「○○さん大好き!」という言葉を日常的に発している人は周囲から可愛がられていますよね。
これは自分から相手に好意を伝えることで、相手からの好意が出やすくなるようにしているからなんです。

可愛くなる方法⑤:自分にも魅力はあると思うようにする

自分に自信がないと、可愛く見せることはできません。
かといって自分に自信満々過ぎると可愛いというよりあざとい、うざい感じになってしまいます。

自分へのちょうどよい自信を持っている人は気持ちの良いたたずまいなので可愛く見えます
可愛くなりたい、と思う人は自分への自信がないことが大半ですが、魅力がない人はいません。

短所も裏返せば長所になるのです。
自分にも魅力はあると思うようにすると、だんだん可愛らしさが出てくるはずです。

<下に続く>

可愛くなる方法【顔・表情編】

表情が可愛くなる方法を知っている女性

では顔や表情で可愛くなるにはどうしたらよいのでしょうか。
顔つきや表情で可愛くなる方法を紹介します。

  1. 口角をあげるようにする
  2. 相手の目をきちんと見るようにする
  3. 表情はおおげさなくらいを意識する
  4. 目でも笑うようにする
  5. 笑顔を絶やさない

では具体的に見ていきます。

可愛くなる方法①:口角をあげるようにする

特に笑う場面でなくても、口角があがっていると笑顔に見え、印象が良くなります
名前を呼ばれて振り向いたときや、話を聞いていて相槌をうつときなど、何気ない場面で口角をあげるように意識してみましょう。

それだけで相手に与える印象が格段に良くなり、可愛らしい印象を与えられるはずです。
笑顔、と思うよりも口角をあげる、と具体的に考えておく方が実践しやすいでしょう。

可愛くなる方法②:相手の目をきちんと見るようにする

可愛い人は臆せずに相手の目をのぞき込んでくることが多いです。
相手の目を見ることができるのでは、自分に自信があり、目を見ることが怖くないからです。

そのため、相手の目を見るようにするだけでも魅力が増し、可愛いと思われやすくなります
逆に目をそらしてしまうと、自分を避けているように感じられて悲しいと思う人が多いものです。

目を見ても嫌な気分になる人は少ないので、なるべく目を見て話すようにしましょう。

可愛くなる方法③:表情はおおげさなくらいを意識する

生き生きとした表情の人はチャーミングで魅力的に映ります
表情はちょっとおおげさなくらいを意識して、喜怒哀楽を大きく表現してみましょう。

怒りや悲しみといった負の感情でも、おおげさなくらいに表情に出してみると案外可愛らしさが出るものです。
もちろん喜びや楽しさといったポジティブな感情は思い切り表現する方が周りも嬉しくなるので可愛がってもらえます。

可愛くなる方法④:目でも笑うようにする

笑うときは目でも笑うようにしましょう
口だけで作った笑顔は逆に怖く見えてしまいます。

目で笑えるように鏡で練習してみるのもおすすめです。
表情を作るのも筋肉なので、何度も練習して笑顔の形を覚えれば次第に自然な笑顔ができるようになります。

可愛くなる方法⑤:笑顔を絶やさない

どんな人でも、笑顔は可愛く見えるものです。
可愛い人は、笑顔を絶やさないようにしています

笑顔を向けられると、好意を向けられたように感じて嬉しくなるものです。
それも相まって常に笑顔の人は可愛く見えるのです。

<下に続く>

可愛くなる方法【髪・ヘアスタイル編】

髪型が可愛くなる方法を知っている女性

続いてヘアスタイルで可愛くなる方法を見ていきましょう。

  1. ざっくりおだんごヘア
  2. くるりんぱ
  3. フィッシュボーン
  4. つやつや内巻き
  5. ゆるウエーブ

続いて具体的な方法を見ていきます。

可愛くなる方法①:ざっくりおだんごヘア

おだんごヘアは男女問わず人気のヘアスタイルです。
低めの位置でざっくりとまとめたおだんごは大人っぽさと可愛さが同居して年齢問わずチャレンジしやすい髪型です

この方はざっくりとゆるめにまとめていることでルーズなこなれ感があり、甘すぎない大人の雰囲気も出していますね。
髪を巻かなくてもいいという点も魅力的です。

可愛くなる方法②:くるりんぱ

くるりんぱはとても簡単なのに可愛くおしゃれしている感を出してくれる便利なアイテムです
くるりんぱは髪を結んでから毛先をゴムより根本に入れるだけという簡単なヘアアレンジ。

髪の長さがある人は何回かひねるとより凝った見た目になります。
ゴムのところにバレッタや髪留めなんかをつけるとさらにおしゃれに可愛くなりますよ。

可愛くなる方法③:フィッシュボーン

その名の通り、魚の骨のようなスタイルであるフィッシュボーン。
みつあみの大人バージョンといった感じで、落ち着きのある可愛さが手に入ります

慣れるまではちょっと練習が必要ですが、一度慣れてしまえば簡単です。
結婚式やパーティーといったお呼ばれにもおすすめの髪型です。

可愛くなる方法④:つやつや内巻き

意外と男子受けがいいのが、こういうシンプルな髪型だったりします
男性は凝った髪型より、こういうつやのあるきれいな手触りを重視している人が大半なのです。

この方はきれいなキューティクルのあるつやつやのストレートと、くるんとした内巻きを合わせているのでますます可愛い髪型になっています。
内巻きは女の子らしいので可愛さが出やすい髪型です。

可愛くなる方法⑤:ゆるウエーブ

外国人風のゆるウエーブも男女問わず人気がある髪型です
巻きすぎているとキャバ嬢っぽくなってしまい、けばけばしい感じになってしまいますが、ゆるっとしたウエーブならナチュラルさが感じられます。

パーマをあてるとセットが簡単ですが、アイロンでその都度巻いてもゆるウエーブを作ることは可能です。

<下に続く>

可愛くなる方法【身体・スタイル編】

スタイルが可愛くなる方法を知っている女性

次にスタイルを整えて可愛くなる方法を紹介します。

  1. どんな体型でも受け入れる
  2. くびれを意識する
  3. 背筋を伸ばす
  4. うつむきがちにならないようにする
  5. ストレッチで体をほぐしておく

続いて具体的な方法を見ていきます。

可愛くなる方法①:どんな体型でも受け入れる

まず意識してほしいのが、自分の体型をポジティブに受け入れるということです。
多くの女性はもっと痩せたい!こんな太い自分じゃいや!と思っているでしょう。

ですが人の内面がそれぞれであるように、体型もそれぞれ違っていていいはずです。
痩せにこだわるあまり、摂食障害などになっては可愛いかどうかという次元ではなくなってしまいます。

そもそも世間のあこがれとされる体型は健康体型からするとやや細すぎるものです。
ありのままの自分を受け入れ、無理に痩せようとしたりダイエットしようとしたりしなくていいと考えましょう。

自分へのポジティブな姿勢が可愛い女性への第一歩です。

可愛くなる方法②:くびれを意識する

体重はそのまま受け入れてよいのですが、体型はちょっとの意識で変えることができます。
特に意識してほしいのがくびれをつくることです。

くびれは体重が重くても軽くても作ることができます。
体をひねる、ウエストをマークするといった行動でくびれはできます。

くびれこそが女性らしさの象徴といえます。
体重ではなく、くびれのあるメリハリ体型かどうかを考えましょう。

可愛くなる方法③:背筋を伸ばす

猫背ではどんなに可愛い顔やファッションでも可愛く見えません。
可愛くなりたいのならば背筋を伸ばし、よい姿勢を意識しましょう

特に現代人はスマホやパソコンなどをして猫背になりがちです。
背筋を伸ばすだけでも見た目は大きく変わりますし、代謝がアップするので体調も良くなります。

可愛くなる方法④:うつむきがちにならないようにする

自分に自信がない人はうつむきがちですが、それでは可愛い女性にはなれません。
うつむきがちだと思ったら、意識して顔をあげるようにしましょう

うつむきがちで視線が合わない人は仲良くなれないという感じを与えてしまいます。
逆に顔をあげて目が合う人、笑顔の人は抜群に好印象を与えてくれます。

可愛くなる方法⑤:ストレッチで体をほぐしておく

見た目の可愛さに直接関係するわけではありませんが、ストレッチして体を柔らかくしておくのは考えの柔軟さにつながり可愛らしい内面につながりやすくなります
またストレッチすると体の凝りがほぐれ疲れが軽減するので心身に余裕ができやすくなりますし、代謝もあがりやすくなるので体調も良くなります。

お風呂上りなどにストレッチする習慣をつけるとよいでしょう。

<下に続く>

可愛くなる方法【肌・メイク編】

可愛くなる方法に必要なメイク道具

では、メイクや肌作りで可愛くなる方法を紹介します。

  1. ピンク系下地でふんわり赤ちゃん肌に
  2. 眉はナチュラルな太目に
  3. アイラインは垂れ目気味に
  4. 唇はぽってりと
  5. チークはピンク系をふんわりと

次に具体的な方法を紹介します。

可愛くなる方法①:ピンク系下地でふんわり赤ちゃん肌に

可愛い感じのメイクに仕上げたいなら、ピンク系下地でふんわりとした赤ちゃん肌にするのがおすすめ
ピンク系下地はくすみを消してくれる上、血色のいい感じにしてくれるので赤ちゃんのような透明感が出せます。

ピンク系下地といってもいろいろなメーカーのものがあり、特徴や相性はそれぞれなので試してみるしかないでしょう。
口コミも参考になります。

可愛くなる方法②:眉はナチュラルな太目に

可愛い感じに仕上げたいのならば、眉はふんわりとナチュラルな感じの太眉にするのがおすすめです
角度もあまりつけず、平行くらいのゆるい角度にするのがおすすめ。

パウダーを利用してぼかしながら柔らかなタッチで太眉を作りましょう。
茶色にするとより肌なじみが良く、可愛らしい感じになります。

可愛くなる方法③:アイラインは垂れ目気味に

可愛い感じの目元にしたいのなら、アイラインは垂れ目気味に流すのがおすすめです
目尻より少し長めにかくと目が大きく見えます。

このときに垂れ目気味にすると、甘い感じがでて可愛らしくなります。
アイライナーは黒でもよいですが、茶色だとやさしい雰囲気になります。

可愛くなる方法④:唇はぽってりと

唇はグロスなどでぽってりとさせると可愛らしい色気が出ます
色はダークな色合いよりも、ピンク系やコーラル系がおすすめです。

唇が薄いという人でも、上手にリップやグロスを塗るとぽてっとした可愛い感じにできます。
かさかさしたりしないように、日ごろからクリームやリップ美容液などでケアしておくのも大切です。

可愛くなる方法⑤:チークはピンク系をふんわりと

可愛い感じのメイクは肌の質感が最も大事です。
ふんわりとしたチークを入れることで、血色の良い赤ちゃん肌に仕上げることができます

可愛い感じにしたいなら、おすすめなのはやはりピンク。
オレンジ系よりも可愛さが際立ちます。

あまりきつめにいれると舞妓さんみたいになってしまうので、ふんわりといれるのが大切です。

<下に続く>

可愛くなる方法【ファッション編】

ファッションで可愛くなる方法

次にファッションで可愛くなる方法を紹介します。

  1. 女らしいアイテムを選ぶ
  2. 可愛らしさがあるアイテムを利用する
  3. ミルキーカラーを上手に取り入れる
  4. 3首を見せる
  5. 小物を上手に取り入れる

続いて具体的な方法を紹介します。

可愛くなる方法①:女らしいアイテムを選ぶ

女らしいアイテムを選ぶのは可愛いコーディネートにするための基本です
女らしいアイテムといえばやはりスカート。

パンツスタイルでも可愛くなることはもちろん可能ですが、特に男性はひらひら、ふんわりとしたスカートを可愛いと思います
ひざ丈からミモレ丈くらいの長めスカートなら体型を問わず着こなせますし、可愛らしさと大人っぽさを同居させることができます。

ミニすぎると若作り感、無理して頑張ってる感が出がちなので、25歳以上はひざ丈より長めを意識すべきでしょう。
このコーディネートはボートネックでいやらしくない肌見せをしているので、色気もプラスされています。

トップスがフィットしたものでスカートがふんわりと広がっているものなので着やせ効果もあります。

可愛くなる方法②:可愛らしさがあるアイテムを利用する

だぼっとしたニットは非常に男ウケがいい、可愛らしさがあるアイテムです
「萌え袖」という言葉があるように、袖に手が隠れている様子は守りたい女の子の雰囲気を出してくれます。

白やピンクだと甘すぎてしまうところですが、マスタードカラーをチョイスすることで甘すぎない、大人の可愛さが出ています。
ボリューム袖なのもトレンド感があり可愛すぎない余裕を感じさせます。

合わせているプリーツスカートも女らしく可愛いアイテムですが、あえて渋めのパープルにすることでバランスがとれています。

可愛くなる方法③:ミルキーカラーを上手に取り入れる

ミルキーカラーは女の子らしさがあり、可愛く見えやすいアイテムです
ですが一歩間違うと甘すぎてロリータの雰囲気が出すぎてしまい、子供っぽくなったりぶりっこっぽくなったりしてしまいます。

トップスだけやバッグだけ、シューズだけというようにワンポイントで取り入れると甘すぎずちょうどいい感じになります。
もしくはアイテムをスウェットなどのクールなアイテムにして取り入れるなどです。

この方は全身淡いカラーですが、アイテムの雰囲気をかえることで甘すぎない感じになっています。

可愛くなる方法④:3首を見せる

手首、足首、首の3カ所は人の体でも細い部分です
ここを見せると細く見え、コーデ全体があか抜けて見え、女らしく見えます。

パーカーにレギンスパンツ、リュックにスニーカーという組み合わせでもどこか可愛らしく、こなれて見えるのは足首を出しているから。
真冬はなかなか難しいですが、意識するだけでも大きく違って見えます。

可愛くなる方法⑤:小物を上手に取り入れる

小物を上手に使うのもポイントです
ファッションは服だけで完成するのではなく、小物やヘアスタイル、メイクなども含めて総合的に作り上げるもの。

小物をちょっと足すのは費用が掛からないのに効果が高いおすすめの方法です。
ナチュラルな可愛さがほしいのならばこんな感じに帽子やバッグでアクセントをつけるのがおすすめ。

それ以外にも、大ぶりのピアスやネックレスなどを活用するのもいいですよ。

<下に続く>

今すぐ可愛くなりたい!短期間で可愛くなる方法

短期間で可愛くなる方法について考える女性

今すぎにでも可愛くなりたいという場合はどうすればいいのでしょうか。
短期間でかわいくなる方法について紹介します。

  1. まずは髪型をチェンジ
  2. マッサージで小顔に
  3. 何はなくとも笑顔が一番

続いて具体的な方法について紹介します。

①:まずは髪型をチェンジ

見た目の印象を最も大きく左右するのは髪型です
実はファッションや顔立ち、体型よりも髪型が大きく印象を左右します。

短期間で可愛くなりたい、と思ったらまずは美容院で髪型を変えましょう。
自分でヘアアレンジをしてもいいですが、自信がなければプロにお願いするのが一番です。

②:マッサージで小顔に

マッサージでむくみをとるだけで、小顔になり、顔の印象を大きく変えることができます
顔の輪郭を上に引き上げるイメージでマッサージしましょう。

お風呂につかりながらやるとさらに効果的です。
もちろん、エステなどでプロに頼むのもありですよ。

③:何はなくとも笑顔が一番

極論を言うと、笑顔に勝る可愛らしさはありません
意外と笑顔がこわばってしまい、可愛くならないという人は多いものです。

顔をマッサージしてほぐしながら笑顔の練習をしてみましょう。
心からの笑顔が出れば内面からの魅力で可愛く見えること請け合いです。

<下に続く>

可愛いは作ることができる

可愛くなる方法で可愛くなった女性

可愛くなるには様々なアプローチがあります。
努力や工夫で可愛くなることは十分に可能です。

ただポイントや方向性を間違えないのが大事です。
コツをおさえて可愛くなりましょう。

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line