Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

愛情不足で育った大人の特徴とは?恋愛で苦労する理由と愛情不足の解消方法

子どものころから愛情不足で育った大人には共通した特徴が見られます。
自立した後も、恋愛や人間関係に苦労したり、愛情不足に悩むことがあります。

では、愛情不足で育った大人の特徴とはどんなものがあるのでしょうか?
自分が親になったとき、子どもを愛情右側にしないためにも、その特徴屋解消方法をまとめてみました。

Large anthony tran 720518 unsplash  1

そもそも「愛情」とは?

愛情不足で育った大人の特徴を確認する二人

普段生活していると、「愛情」という言葉を耳にする機会は少なくありません。
しかし、いざその意味を問われたときに、はっきり答えられる方は少ないのではないでしょうか?

「愛情」とは相手にそそぐ愛の気持ちのことです。
何かをとても愛しむ心や、大切に想う気持ち、人を慕う気持ちなども「愛情」と表現します。

言葉の通り、「愛する感情」とも考えられ、相手のことを大切にしたいと考えています。
相手のことが大切であればあるほど湧き上がる感情でもあります。

<下に続く>

愛情不足で育った大人の特徴【幼少期】

愛情不足で育った大人の特徴を持つ幼少期の女の子

では、愛情不足で育った大人の特徴で、幼少期に見られるものにはどんなものがあるのでしょうか?

  1. トラブルを起こすことが多い
  2. 急な体調不良を起こす
  3. 1人でいることを好む

次に、愛情不足で育った大人の特徴で、幼少期に見られるものを詳しく見ていきましょう。

特徴①:トラブルを起こすことが多い

相手のことが嫌いだったり、困らせたいからという理由ではなく、わざと相手が嫌がることをしてしまいます
いつも構ってもらえないからこそ、自分の存在を気にして欲しい、自分の存在を相手の中に植え付けたいなどという気持ちかあります。

相手の使っているものを奪い取ったり、他の子が大切にしているものを壊したりして気を引こうとします。
本当は仲良くなりたいのに、他にどうやって気を引いていいのかわかりません。

小さなころから愛情不足で育つと、コミュニケーション不足も目立ってしまいます。

特徴②:急な体調不良を起こす

絶対的な愛情がないと、自分自身も不安定な状態が続きます
精神面だけではなく、それは体調面にも影響を及ぼしてしまいます。

特に原因がないのに、おなかが痛くなったり、頭痛、吐き気を訴えてくることがあります。
幼稚園や小学校も休むことが増えてしまいます。

病院に行くほどでもないものの覇気がない状態が続き、生活リズムも乱れがちです。

特徴③:1人でいることを好む

誰にも相手にされない状況が続くと、自ら一人でいることを好むようになります。
自分の殻に閉じこもって、誰にも傷つけられないように1人きりでいることが増えてしまいます。

自分は誰からも必要とされていないんだと、諦めてしまっています。
自分が必要のない人間だと考えることで、当たり前にあるはずの自尊心もなくなっている傾向にあります。

<下に続く>

愛情不足で育った大人の特徴【思春期】

愛情不足で育った大人の特徴を持つ思春期の女性

では、愛情不足で育った大人の特徴で、思春期に見られるものにはどんなものがあるのでしょうか?

  1. 非行に走りやすい
  2. 不登校になりやすい
  3. 夜遅くまで出歩いている

次に、愛情不足で育った大人の特徴で、思春期に見られるものを詳しく見ていきましょう。

特徴①:非行に走りやすい

自分を認めてほしいという気持ちが強く、万引きや喫煙、飲酒などの方法でアピールすることがあります。
自分はどんなことでもできると周りの人に見せつけているのです。

一方で、誰からも愛情を注いでもらえなかった寂しさから、自分が悪さをすることで誰かに叱ってもらいたいという気持ちもあります
そのため、だれかに悪事が見つかると焦るのではなく、どこかほっとした気持ちになり安心してしまう子どもが多いです。

特徴②:不登校になりやすい

たくさんの同世代が過ごす学校に、苦手意識を持つ子どもも増えます。
自分の状況と相手の状況を比べてしまい、自分がいかに愛情が足りていないのかを実感する機会が増えてしまいます

毎日ふとした機会に、自分と相手の差を感じ、つらい思いをするため学校に行きたくなってしまいます。
また、幼少期から愛情を注がれていないため、他の人に比べてもコミュインケーション能力が低い傾向にあります。

そのためクラスから浮いてしまったり、友達を作りにくく、さらに楽しさを感じられなくなってしまうのです。

特徴③:夜遅くまで出歩いている

家に帰っても愛情を注いでくれるような家族がいないため、思春期になると夜遅くまで自分の好きなように過ごしていることが増えます。
友達と夜の繁華街を徘徊していたり、ゲームセンターで遅くまでゲームを楽しんでいる子どももいます。

本当は寂しい気持ちがあり、1人で家で過ごすことが苦痛なため、少しでも人のいる場所を求めてさまよってしまいます。
常に一人でいて、家族団らんで過ごした記憶はほとんどないため、家に安心感を感じることはありません

注意してくれる人もいないうえ、まだまだ子どもで判断もつきません。
危ない人に誘われたり、トラブルに巻き込まれてしまう機会も増えてしまいます。

<下に続く>

愛情不足で育った大人の特徴【成人】

愛情不足で育った大人の特徴を持つ成人女性

では、愛情不足で育った大人の特徴で、成人になったときに見られるものにはどんなものがあるのでしょうか?

  1. 人に依存しがち
  2. 困難に立ち向かう力が弱い
  3. 自分の価値がわからない
  4. 恋愛で奥手になりがち
  5. 暴力的な部分がある
  6. 孤立しやすい
  7. 猜疑心が強い
  8. 甘えるのが下手

次に、愛情不足で育った大人の特徴で、成人になったときにみられるものを詳しく見ていきましょう。

特徴①:人に依存しがち

小さいころから愛情不足で、不安定な状態が続いていると、自分は大丈夫だという感覚を持つことができません。
自身がないからこそ、常に他人の評価を気にしているのも愛情不足で育った大人の特徴です。

相手からの評価が悪いと過剰に反応し、いつまでも気にしてしまいます。
さらに、自分が決めた相手に対してしては依存する傾向も強く、相手を困らせてしまうことも愛情不足で育った大人の特徴です。

相手を束縛してしまったり、自分の人生すべてをゆだねてしまうケースもあります。

特徴②:困難に立ち向かう力が弱い

愛情不足で育った大人の特徴の一つに、困難にぶつかったときの力の弱さがあげられます。
愛情が不足し、自身が不安定な状態にあるからこそ、必要以上に不安がることが多いです。

愛情が満ち足りた人の場合は、しっかりと問題に向き合って、改善のための努力をすることができます。
しかし、愛情が不足している成人は、問題が発生してもなかったことにしたり、逃げ出すことがあります

愛情不足で育った大人の特徴として、自分を構築してきたものへの自信のなさから問題を解決できる気力が出ず、問題へ取り組む姿勢に大きな差が出てしまうのです。

特徴③:自分の価値がわからない

通常、自分の価値を考えることは生きているうえでそんなに多くはありません。
しかし、愛情不足で育った大人の特徴では、ちょっとしたことがきっかけになって自分の価値を自分自身に問いかけてしまいます。

子どものころから愛情不足で自分を認められていないと感じているからこそ、成人しても自分の価値を自分自身で見つけられないままでいます。
上司に叱られたり、友達に指摘を受けたりした場合にも、愛情不足で育った大人の特徴は、自分のダメなところを責め過ぎてしまう傾向にあります。

自分の価値を見出せず、「自分はいないほうがいいかもしれない」とも感じてしまいます

特徴④:恋愛で奥手になりがち

愛情不足で育ち、自分の価値を自分で見いだせないからこそ自分自身に自信がありません。
愛情不足で育った大人の特徴では、自分はほかの人よりもはるかに劣っていると感じているが多いです。

そのため、恋愛になると自分なんて選ばれる価値はない、選ばれるはずはないと感じてしまいます
相手に声をかけたり、アプローチするのも勇気が出なくなってしまい、相手との距離を縮められないままでいます。

特徴⑤:暴力的な部分がある

小さなころから愛情不足で育ったことで、常にイライラとしたストレスを抱えていることも、愛情不足で育った大人の特徴です。
しかし、そんなストレスをうまく相手に伝える機会もないまま成人してしまったため、対処の仕方もわかりません。

そのため、愛情不足で育った大人の特徴として、ふとしたことがきっかけで溜まっていたうっぷんが暴力となって表に出てきてしまうことがあります。
付き合っている彼女に暴力をふるったり、怒りが抑えられずに物に当たってしまうことがあります。

これは大人になって初めて出る行動ではなく、多くの方が子どものころから持っている特徴でもあります。

特徴⑥:孤立しやすい

コミュニケーションがへたくそで、相手が傷つくことを平気で言ってしまうところがあります。
しかし、愛情不足で育った大人の特徴は、相手が傷ついている表情の変化にも気づかないままで、そのまま距離を置かれてしまうこともあります。

自分を抑えることもできないので、周りの人のことも考えられずにわがままな態度も目立ちます。
また、愛情不足で育った大人の特徴として、自分が注目されたいからこそ、あえて無理難題を押し付けたり人の悪口を言う場合もあります。

気づくと、周りからは話しづらい奴、自己中心的な奴と思われて孤立してしまいます。

特徴⑦:猜疑心が強い

愛情不足で育った大人の特徴で人を信じることがなかなかできなくなってしまいます
ちょっとしたことで相手のことを疑い、どれだけ好きな相手のことも信じられなくなっていしまうのも愛情不足で育った大人の特徴です。

極端に浮気を疑ったり、相手の行動を監視するようになってしまいます。
こうした猜疑心の強さから、相手に別れを切り出されたり、距離を置かれてしまい、関係も破綻しやすくなってしまいます。

特徴⑧:甘えるのが苦手

誰かと触れ合って育った記憶が薄く、甘える機会が極端に少なかったため、大人になっても上手に人に甘えることができません
すべての仕事を抱え込んで、ダメになったら人にも言えずに逃げ出してしまうこともあります。

甘えることが弱さを見せるような気がして、なかなか思うようにつらいときにつらいということができなくなってしまいます。
反対に加減もよくわからないので、必要以上に相手に依存してしまったり、頼りにし過ぎてしまうことも愛情不足で育った大人の特徴です。

<下に続く>

愛情不足のときに見せるサイン

愛情不足で育った大人の特徴と子どものときに見せるサイン

では、愛情不足のときに見せるサインにはどんなものがあるでしょうか?

  1. 爪を噛む
  2. 物を盗む
  3. 嘘をつく
  4. わざと怒られるようなことをする

次に、愛情不足のときに見せるサインを詳しく見ていきましょう。

サイン①:爪を噛む

愛情不足の人は、その不安感を解消するために爪を噛んで安心感を得ています。
爪を噛む行為は自傷行為の一つとも考えられています。

中には、親に指摘されて隠れて爪を噛み始める子供もいます。
部屋の隅や、見えない場所で爪を噛んでいる場合もあるので注意が必要です。

無意識に行っている場合もあるので、手の爪をチェックして見て爪が異様に短くなっていないかを見てみましょう。
また、幼稚園くらいの子どもの場合は爪噛みの代わりに指しゃぶりを行う場合もあります。

サイン②:物を盗む

通常は、罪悪案からどれだけほしいものがあっても、物を盗むことには抵抗があり、手を出すことはありません。
しかし、愛情不足の場合は罪悪感を感じることがほとんどなく、気軽に万引きを行ったり、友達のものを盗ってきてしまうことがあります。

物が欲しいという感情よりも、物を盗ることで誰かに注目してほしいという寂しさからくる行動でもあります。
叱られても、自分に構ってくれているのがうれしくなって反省するようなそぶりは見えません。

「叱られるからもうやめよう」とは考えず、何度も繰り返してしまいます。

サイン③:嘘をつく

明らかに嘘だとわかることを平然と言うことがあります。
愛情不足で不安定だからこそ、妄想と事実が自分の中でもわからなくなっている場合もあります。

また、愛情がたっぷり注がれている子どもにたいして、罪悪感が少なく、だれにでも平気で嘘をついてしまいます。
相手が自分の嘘で困ったり、自分を心配するという想像にも欠けてしまっています

サイン④:わざと怒られるようなことをする

愛情不足の子どもは、放っておかれることが多いです。
どうにかして自分に目を向けてほしいと考えて、わざわざ叱られるようなことをします。

ふつうは叱られるのが嫌で、叱られないように行動をします。
しかし、愛情不足になると、叱られることで自分に興味を持ってくれていると感じてしまうのです。

わがままが増えたり、ものを壊したり、言うことを聞かなくなったりします。
反対に、急にべったりと甘えるような態度をとって赤ちゃん返りして親を困らせる子どももいます。

<下に続く>

愛情不足で育った大人が恋愛で苦労する理由

愛情不足で育った大人の特徴がありつらい恋愛をしている二人

では、愛情不足で育った大人が恋愛で苦労する理由にはどんなものがあるでしょうか?

  1. 愛されたい気持ちが強すぎる
  2. ずっと一緒にいないと不安になる
  3. いつの間にか依存してしまう

次に、愛情不足で育った大人が恋愛で苦労する理由を詳しく見ていきましょう。

理由①:愛されたい気持ちが強すぎる

愛情不足で育った大人の特徴で、普通の人よりも愛情を求める気持ちが人一倍強くなっています。
そのため、誰かにこの満たされない気持ちを埋めてほしい、寂しさを解消してほしいという飢餓感を常に持っています。

するといつだって人に愛されたいと願ってしまい、誰かを愛するという気持ちを持つことがなかなかできなくなってしまいます。
恋愛をするうえで、「愛される」と「愛する」という気持ちはバランスをとっていかなくてはいけません。

愛情不足で育った大人の特徴は、愛された記憶がほとんどないため、実際に自分がどうやって愛していけばいいのかわからないのです。

理由②:ずっと一緒にいないと不安になる

相手を信じることができないのも愛情不足で育った大人の特徴です。
そのため実際に付き合っても、相手と離れてしまった瞬間からすぐに相手のことを疑い始めてしまいます

常に一緒にいて相手の行動を監視していないと、不安になって夜も眠れなくなってしまいます。
自分に自信がないため、相手が自分から離れていってしまうのではないかと気が気ではありません。

恋人からは、束縛が強く、心配性を理由に別れを切り出されてしまうことも多いです。

理由③:いつの間にか依存してしまう

一度関係を気づいたら、相手に依存してしまいやすいのも愛情不足で育った大人の特徴です。
どんなにひどい扱いを受けても、自分にはこの人しかいないと思い込んでしまいます

DV被害にあったり、金銭トラブルに巻き込まれてしまうこともあります。
どんな目にあっても離れることができず、自分の居場所はここにしかないと思ってしまいます。

気づいたときには自分のすべての生活が相手中心になっており、恋愛依存の体質になっています。

彼氏依存症の女性の特徴と依存から卒業する5つの方法彼氏に依存しやすい女性の特徴 彼氏の一挙手一投足が気になり、メールやLINEなどでの言動すら...

<下に続く>

大人の愛情不足を解消する方法

愛情不足で育った大人の特徴を克服して恋愛がうまくいった二人

では、大人の愛情不足を解消する方法にはどんなものがあるでしょうか?

  1. 自分が全力で楽しいと思えることを探す
  2. 自分自身を好きになる努力をする
  3. 相手を愛する気持ちを持つ

次に、大人の愛情不足を解消する方法を詳しく見ていきましょう。

方法①:自分が全力で楽しいと思えることを探す

長い間愛情を注がれていない状況が続くと、自分自身がどんなものなのかわからなくなってしまうのも愛情不足で育った大人の特徴です。
そのため、まずは自分が全力で楽しい、うれしい、と感じることができるものを探していきましょう。

愛情不足で育った大人の特徴で、最初は何をしていいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。
しかし、ちょっとずつでもいいので、自分の興味があることを始めてみましょう。

公園を散歩してみたり、音楽を聴いてみるだけでもいいでしょう。
仕事の中でやりがいを見つけることができるかもしれません。

自分が楽しいと思えることの中で、自分自身が愛情をもってできることを見つけることができ、徐々に不足していた心の隙間を埋めていくことができるはずです。

方法②:自分自身を好きになる努力をする

自尊心が掛けていることも愛情不足で育った大人の特徴です。
自分に自信がなく、何をするにも自分はダメな人だと考えてしまうところがあります。

そのため、ちょっとしたことでも自分で自分を認めてあげましょう。
何か目標を達成できたら自分をほめてあげることを繰り返し、自分を好きになる努力を重ねることで、自分の中の愛情を積み重ねていくことができます。

自己評価が低いことで、他人をしっかり愛することができないのも愛情不足で育った大人の特徴なので、まずは自分を認めてあげることが大切です。

方法③:相手を愛する気持ちを持つ

ついつい自分の中に愛情が不足していると、愛を分け与えることで愛情がさらに減ってしまうと思ってしまうのも愛情不足で育った大人の特徴です。
しかし、愛情は相手に与えることで自分にも返ってくるものです。

感謝の気持ちを伝えたり、相手を思いやった態度をとるいことで、周りのあなたを見る目も変わってきます。
自分が愛情を持ったふるまいを続けることで、心も徐々に満ち足りた藻物になり、温かい気持ちがあふれてくることでしょう。

<下に続く>

愛情不足にさせてしまう親の特徴

愛情不足で育った大人の特徴が出る可能性のある親子

特徴①:ネグレクトの状態が続く

あまり育児に積極的ではなかったり、子どもに興味がなく、育児放棄の状態が続いている場合があります。
子どもとコミュニケーションをとる機会が圧倒的に少なく、子どもが何かを伝えたい機会を見逃してしまっています。

食事を一緒に取らなかったり、家族での時間を盗らなかったりすると、子どもは自分に興味がないのではないかと感じてしまい様々な問題行動を起こします。
そして、それは子ども時代だけでなく成長後も愛情不足で育った大人の特徴として現れてしまいます。

特徴②:スキンシップ不足

子どもにとってママやパパに抱きしめられたり、手をつないだりするスキンシップは非常に重要です。
しかし、時間が取れずになかなかスキンシップを盗ることができなかったり、しつけのためにあえてスキンシップをとらないケースもあります。

親からのぬくもりを知らないまま大人になってしまうと、満たされない気持ちを抱えたまま成長し、不安定な状態が続いて愛情不足で育った大人の特徴が現れます。

<下に続く>

子供に対する愛情不足を解消する方法

愛情不足で育った大人の特徴を防ぐためにスキンシップをとる親子

では、子供に対する愛情不足を解消する方法にはどんなものがあるでしょうか?

  1. 家族での時間を作る
  2. スキンシップを多めにとる
  3. 子どもの話をきちんと聞く
  4. 子ども優先の時間を作る
  5. 褒めることを意識する

次に、子供に対する愛情不足を解消する方法を詳しく見ていきましょう。

方法①:家族での時間を作る

ついつい仕事を優先させて、家族の時間をないがしろにしてはいませんか?
あなたは満足しているかもしれませんが、子どもはそれを寂しく感じている可能性があります。

家族でテーマパークに出かけたり、旅行に行って家族だけの時間を作っていくこともおすすめです。
きちんと家族だけで向き合って思い出を蓄積していくことで、自分は愛されていると実感することができるのです。

わざわざ遠出をしなくても、家の中でたっぷり時間をとって子どもと遊んであげたり、近くの公園に出かけるだけでも十分です。
こうした思い出があれば大人になっても愛情不足で育った大人の特徴が現れることがありません。

方法②:スキンシップを多めにとる

特に小さな子どもは、スキンシップをとることで、愛情を確認しています
子どものほうからスキンシップを求めてきた場合は必ず応じてあげましょう。

中には、スキンシップが苦手だと感じる方もいるかもしれません。
それでも手をつないだり、遊びながら頬っぺたを触ることから少しずつ増やしていってください。

特にぎゅっと抱きしめてあげることは強く愛情を感じることができる表現方法です。
最低でも1日1回は子どもを強く抱きしめてあげる習慣をつけて愛情不足で育った大人の特徴を防ぎましょう。

方法③:子どもの話をきちんと聞く

自分の話をきちんと聞いてもらっているとわかれば、子どもはしっかりと愛情を感じ取ることができます。
ついつい忙しかったり、用事があると、子どもが一生懸命話していてもないがしろにしたり、後で話を聞くといって忘れてしまうこともあります。

でも子どもは、大好きなママやパパに自分の話を聞いてもらえなかったことに大きなショックを受けてしまいます。
そのショックが大人になっても愛情不足で育った大人の特徴として表れているのです。

仕事や家事に追われている時は仕方がありませんが、1日の中で子どもの話を聞く時間を作ってあげましょう
この時に子どもの話を否定したり、自分の意見を押し付けないことが大切です。

方法④: 子ども優先の時間を作る

スマホやTV、PCなど様々な物を片手に育児をしていると、子どもも十分に愛情を感じ取ることができません。
子どもが何かを訴えてきたり、遊びに誘ってきたときも適当に返事をしてばかりでは、大人になった時に愛情不足で育った大人の特徴が出てくる可能性があります。

ちょっとだけならいいか、と思うかもしれませんが、子どもにとってはとてつもなく長い時間に感じています。
スマホやPCは一度手放して子ども優先の時間を作りましょう。

子どもの要求にこたえて、子どもとの時間を全力で楽しんでいきましょう。
小さいころに十分に親と遊んだ記憶がある子供は愛情不足で育った大人の特徴が出ることはありません。

方法⑤:褒めることを意識する

ジュースをこぼしたり、着替えをぐずったり、朝から叱りっぱなしの1日もあるかもしれません。
しかし、毎日毎日叱られてばかりの子どもは、自分のことを否定的に考えるようになってしまい、愛情不足になりやすくなります。

大人になったときにも愛情不足で育った大人の特徴である自尊心の低さが目立ってしまいます。
そのため、叱るよりも褒めることを意識して子供と接していくことが重要です。

小さなことでも何か出来たら過剰なくらいほめてあげましょう。
ご飯をすべた食べられた、きちんと挨拶が言えたなど当たり前に感じることでもほめてあげることで自身につながります。

さらに叱るよりも褒めてあげることで、子どもも大人を困らせることが減り、褒められたいからわがままを言わなくなることもあります。
愛情不足で育った大人の特徴を出さないためにも、今自分がつらい思いをしないためにも、褒める育児を心がけましょう。

<下に続く>

愛情不足で育った大人の特徴まとめ

愛情不足で育った大人の特徴を感じる女性のまなざし

愛情不足で育った大人の特徴には自尊心の低さやコミュニケーション能力の低さなど、社会人としても困ることがたくさんあります。
さらにはそんな愛情不足で育った大人の特徴のせいで恋愛面にも影響してしまうことがわかりました。

小さなころから続く愛情不足が原因で、人間関係にも影響を及ぼし、どのように人を愛していけばいいのかわからなくなってしまうのです。
しかし、そんな愛情不足で育った大人の特徴を理解し、自分を見つめなおしたうえでコツコツと愛情を自ら育んでいくこともできます。

周りの環境や友人、恋人に愛を注ぎながら自分を変えていけば、周りもあなたにたくさんの愛を与えてくれるはずですよ!

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line