Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

自分を見失う原因と自分を見失ったらすぐ試すべき7つのこと

仕事や育児を続けていく中で、ふと自分を見失ってしまうこともあります。
自暴自棄になってしまったり、普段はしない行動をとって、自分自身戸惑ってしまうことも少なくありません。

精神も不安定になりがちで、必要以上に自分を責めてしまうこともあります。
では、そもそも自分を見失う原因とは何なのでしょうか?

そして、そんな時に試してほしいことをいくつかまとめてみました。

Large design desk display 313690  1
目次

「自分を見失う」とはどんな状況?

自分を見失う女性が黄昏る

理性より感情が先走ってしまい、適切な判断ができないことです。
気持ちが高ぶってしまい、行動が制御できなくなってしまいます。

精神的にも不安定になりがちで、自暴自棄になったり、必要以上に自分を責めてしまうこともあります
また、通常人間は、他人にとっても自分にとっても得になることをしようと考えます。

しかし、自分を見失うと本能や感情が優先されてしまい、損得勘定や善悪の判断がつかなくなってしまいます。
結果自分が望んだものを得られなくなってしまったり、他人にも迷惑をかけてしまうことがあります。

長期的なビジョンが持てずに、感情に振り回されてしまっている状況を指しています。

<下に続く>

自分を見失う原因

仕事が原因で自分を見失う

では、自分を見失う原因にはどんなものがあるのでしょうか?

  1. 恋愛にのめりこんでいる
  2. 仕事に集中している
  3. 金銭トラブル
  4. 人間関係に悩んでいる

次に、自分を見失う原因を詳しく見ていきましょう。

原因①:恋愛にのめりこんでいる

あまりにも相手のことが好きすぎて、恋愛のことしか考えられなくなってしまっています
何をするにも恋愛が優先されてしまい、本来の自分を見失う原因になります。

相手を好きすぎるからこそ、相手の浮気を強く疑ってしまったり、必要以上に行動を把握しようと異常な行動をとることもあります。
さらに、相手と別れたり、裏切られたりしたときは、強い悲しみに襲われて自暴自棄になってしまいます。

しかし、彼と自分の世界しか見えていないため、自分を見失った状態には気づかないことが多いです。

原因②:毎日膨大な仕事に追われている

生きていくために続けている仕事が、仕事が仕事量に見合わない賃金だったり、毎日残業が続くほど膨大な量の仕事量だったりすると、自ら考える力も失われて行ってしまいます。
とくに今は雇用形態も安定していないからこそ、待遇や雇用形態が自分を見失う状態を作る原因になっています。

あまりにも仕事の量が膨大になってしまうと、仕事のことばかり考えて、プライベートや家族との時間がないがしろになってしまいます
徐々に仕事のことだけを考え、自分も周りの人のことも考えられなくなってしまいます。

最終的には、自分が何のためにこの仕事をしているのかもわからないまま、ただ仕事をこなしていく日々が続きます。

原因③:金銭トラブル

大きな借金を抱えて負債が増えてしまうと、どうにかしてお金を作ろうと考え、自分を見失った状態になってしまいます。
お金に執着し過ぎると人は自分を見失うのです

性格が変わって、何をしてでもお金を手に入れようとします。
お金を必要とするあまり、善悪の判断がつかなくなってしまい、自分を見失う状態になるのです。

中にはそのつらさから、死を考える場合もあります。

原因④:人間関係に悩んでいる

学校や家庭、職場で上手く上手く人間関係を築けないことも、自分を見失う原因の一つです。
コミュニケーションをとることが苦手で、うまく自分の意見を言えない場合、常に人の意見に流されてしまいます

自分の本当の気持ちを言わずに我慢する癖がついてしまい、自分でも自分がどうしたいのか、何を言いたいのかわからなくなってしまいます。

<下に続く>

自分を取り戻す方法

自分を見失うものの克服した女性

では、自分を取り戻す方法にはどんなものがあるのでしょうか?

  1. 安心できる相手を思い浮かべる
  2. 譲れない物を決める
  3. 理想の自分を想像する
  4. ひとりの時間を楽しむ
  5. 人と比べない
  6. 環境を変える
  7. 非日常的なことをする

次に、自分を取り戻す方法を詳しく見ていきましょう。

方法①:安心できる相手を思い浮かべる

自分が安心できる相手を思い浮かべることで、自己認識を高めていく方法です。
まず自分が安心できると思う相手を思い浮かべます。

次に、どうして相手を安心できると思うのか、要素を10個上げて紙に書きます。
10個上げた要素をそれぞれ詳しく説明していきましょう。

実は、自分が安心できる相手は、自分と似た要素を持っている場合が多いです
今あげた要素のほとんどは自分にも当てはまると考えてもいいでしょう。

自分を見失う状態では、自分を認めることができませんが、他人のことならすんなりと褒めることができます。
他者に見立てて、自分のいいところを見つめなおしていくことができます。

方法②:譲れない物を決める

まず他人が自分を説明するならどんな風に説明するか想像し、思いつく限り箇条書きにします。
その中から、自分が絶対に譲れないと思うものを5つ決めます。

自分が見失うと、自分のことを見つめなおすことなんてできません。
しかし、この方法を行うことで、自分自身がどんなことを大切にしているのかがわかります

自分は何が譲れないのかを明確にすることで、自分自身が少しずつ分かってきます。

方法③:理想の自分を想像する

自分が目標とする理想の自分を思い浮かべましょう。
最初は何も思い浮かばないかもしれません。

しかし、続けるうちにぼんやりだったものが、少しずつ明確になってきます。
見た目、振る舞い方、性格、表現方法など、どこか一部分だけを考えていくのでも構いません。

自分が実現しやすいと思うところから、具体的に紙に書いていくことで、理想の自分に近づいていくことができます。

方法④:ひとりの時間を楽しむ

私たちは無意識のうちに誰かと常に一緒にいて、様々な情報に触れています。
いつも人の意見に振り回されていたり、何かのノイズが耳に入っていると、自分を取り戻すことはなかなか難しくなってしまいます。

たまには、1人きりで自分を見つめなおす静かな時間を設けてみましょう。
特に社会人になると、意識をしないと一人きりの時間を作ることはなかなか難しいものです。

1人で自分を見つめなおしたとき、どれだけ今まで自分を見失っていたか気づくこともあります

方法⑤:人と比べない

競争心を持つことは決して悪いことばかりではありません。
成績がアップしたり、効率を上げていくこともできます。

しかしあまりにも毎日人と比べてばかりいると、本来の目的を忘れてしまいます。
人の足を引っ張ったり、善悪の判断がつかなくなってしまって自分を見失う原因にもなります。

毎日の生活の中で、相手に勝つために行っていることがあれば1つずつやめていきましょう。
SNSなどを見て、競争心があおられるのであれば、それも一時距離を置くのもおすすめです。

自分だけの幸せを見つめなおすことも、自分を見失う状況から脱却するためには必要なことです。

方法⑥:環境を変える

今いる環境で本来の自分をなかなか出すことができないという方は、思い切って環境を変えてみるのも一つの方法です。
環境を変えることでそこに住む人々も変わり、あなたのことを見る目もガラッと変わります。

そこで今までのように自分をさげすむような人々に近づくのではなく、自尊心の高い人々のコミュニティに入ることがポイントです。
自らの自尊心も高めて、自分を肯定する癖をつけることが、自分を見つける近道です。

方法⑦:非日常的なことをする

いつも同じ毎日の繰り返しも、自分を見失う状況を作ってしまっています。
自分を見失ったと感じた時こそ、非日常的なスポットに出かけて、いつもとは違う体験をしましょう。

パワースポットに出かけたり、海外旅行に行くのもおすすめです。
普段の自分なら絶対に行かないキャバクラやゲイバーに行ってみるのも面白いかもしれません。

自分の常識の範囲外にある刺激を受けることで、本来の自分を再び取り戻すきっかけをつかむことができます。

<下に続く>

自分を見失うかも…心に問いかけたい質問集

自分を見失うときにしたい質問

では、自分を見失うかも知れないとき、心に問いかけたい質問にはどんなものがあるのでしょうか?

  1. 「自分が苦しいのはなぜ?」
  2. 「余命一カ月ならやり残したことは何?」
  3. 「私は幸せ?」
  4. 「すぐに改善できそうなところはある?」
  5. 「憧れの人は誰?」

次に、自分を見失うかも知れないとき、心に問いかけたい質問を詳しく見ていきましょう。

質問①:「自分が苦しいのはなぜ?」

自分がどうして苦しいのかを自分自身に問いかけてみましょう。
何が自分を苦しめているのかを明確にすることで、自分を見失う原因を見つけることができます。

また、自分を見失う原因を問いかけることで、自分自身を客観視することで、一度冷静になることもできます。
日々、直面している問題に取り組んでいることで見えていなかった問題が、シンプルな質問により見えてくることでしょう。

質問②:「余命一カ月ならやり残したことは何?」

後1か月の命だとするならば、自分がやり残したことは何か考えてみましょう。
タイムリミットが1か月しかないと考えれば、本当に自分がやりたいことが見えてくるはずです。

今まで仕事や人間関係などでプレッシャーを感じ、自分の希望を伝えられていなかった方は様々な後悔を感じるはずです。
この時に感じる後悔の気持ちこそが、あなたの本当の気持ちです。

質問③:「私は幸せ?」

自分自身の状況を1~10の段階で、どれくらい幸せかどうかを考えてみましょう。
毎日忙しく、何かに熱中していると、なかなか自分自身のことを考える時間はありません。

しかし、改めて自分の置かれている状況を客観視することで、自分はどれだけこの状況に納得しているのかを考えることができます。
この時大切なのは総合的に考えるのではなく、仕事面、恋愛面、プライベート、生活面、金銭面、など様々な分野で分けて考えてみることです。

そして、点数が低かったところは自分自身が幸せを感じられていない原因だとわかります。
点数が低い部分を重点的に改善し、自分自身を取り戻していきましょう。

質問④:「すぐに改善できそうなところはある?」

自分を見失うままに、あれもこれもと欲張ってしまうと、どこから手を付けていいのか迷ってしまいます。
結局現状が変わらないことも多く、途中で投げ出してしまうこともあります。

また、やみくもに始めてしまっても、自分自身どう変わったかがわからず、変化を感じにくいことも断念の原因になります。
そのため、まずは自分がすぐにでも改善できそうなところはあるかどうかを自分自身に問いかけましょう。

見た目からでも、内面的なものでも構いません。
明日までに1つ、来週までに1つと少しずつ、自分を変えられそうなところを見つけて自分自身に自信をつけていきましょう。

質問⑤:「憧れの人は誰?」

自分が憧れている人は誰なのかを考えてみましょう。
自分には到底手が届かないと思っているかもしれませんが、自分が憧れている人は、自分がなりたい自分と重なる部分があるはずです。

自分を見失うと、どんな風に自分を取り戻していいのかわからなくなってしまいます。
しかし芸能人や、モデルなど明確な理想を立てることで、より理想の自分を取り戻しやすくなるのです。

まずは憧れの人を徹底的に調べつくし、どうして憧れているのかを考えてみましょう。
そしてすぐにマネができる部分を取り入れてみましょう。

<下に続く>

自分を見失いやすい人の特徴・心理

自分を見失う女性の特徴

では、自分を見失いやすい人の特徴・心理にはどんなものがあるのでしょうか?

  1. 完璧主義
  2. 責任感が強い
  3. 自分に自信がない人
  4. 常に情報に左右されている
  5. 愛情深い

次に、自分を見失いやすい人の特徴・心理を詳しく見ていきましょう。

①:完璧主義

真面目で融通が利かない人が多いです。
何事にも完璧主義で、頑固な所があり、自分にも他人にも完璧主義です。

今まではなんでも思い通りにできたのに、急に何か思い通りにならないことがあると立ち直ることができなくなります。
困難に直面したときにどうすればいいのかわからなくなってしまい、自分を見失うのです。

②:責任感が強い

責任感が強く、何事にも一生懸命に取り組んでいる人です。
周囲の期待を一身に背負い、プレッシャーを感じながら努力を続けてきたにもかかわらず、ある日突然緊張の糸が切れてしまいます。

いきなりプツンとやる気を失うのと同時に、自分を見失うのです
「頑張らなくてはいけない!」 と考える向上心があればあるほど、気持ちが切れてしまった時の振れ幅も大きく、自分を見失いやすくなってしまいます。

③:自分に自信がない人

もともと自分に自信がなく、自己評価が低い場合も自分を見失うことが多いです
恋愛面でも、自分に自信がないからこそ、独占欲も強く恋愛に左右されやすくなってしまいます。

プライベートや仕事でも、自分の意見をなかなかいうことができず、すぐに人の意見に流されてしまいます。
自分の良いところを見つけられず、否定的になりがちで、満たされない気持ちを抱えています。

④: 常に情報に左右されている

孤独に耐えられずに、常に誰かと一緒にいたり、テレビや雑誌などの情報に触れています。
自分1人の時間を作ることがなく、無意識に他人からの情報で行動を選択しがちです

本当に自分がしたいことよりも、「○○が行きたいって言ったから」「○○がおすすめって聞いたから」とすべてが他人目線で判断して自分を見失うことになってしまいます。
たまにはすべての情報をシャットダウンして、自分の気持ちを優先していくことが大切です。

⑤:愛情深い

愛情深いからこそ、恋愛に関しては人よりものめりこみやすい傾向にあります。
彼氏ができると周りが見えなくなってしまい、自分を見失う場合が多いです。

また、自分よりも他人を優先し、なかなか自分の希望を伝えられないこともあります
嫌われたくないからこそ常に相手に意見を合わせてしまったり、満たされない気持ちを恋愛で埋めようとします。

<下に続く>

自分を見失いやすい人との接し方

自分を見失う彼氏に寄り添う女性

友達

まずは様子を見て、友達がどんな状態かを見極めていきましょう。
感情的な様子であれば、無理に説得するのは控えましょう。

あたりさわりのない会話を続けて、友達が落ち着いてきたころ合いで、少しずつ友達にどんな状況かを尋ねてみるのがおすすめです。
この時に、友達のほうから悩みを打ち明けられたり、相談された場合は親身になって話を着てあげましょう。

あまり深入りし過ぎるのではなく、程よい距離を保ちながら、じっくりと友達が自分を取り戻すのを待ちましょう

彼氏

恋人だからといってずけずけとプライベートに入り込むのはやめましょう。
自分を見失う彼氏を何とかしてあげたい気持ちはわかりますが、あまりにも強引な説得は逆効果です

程よい距離を保ちながら、彼が自然と落ち着くのを待ちましょう。
彼のほうから話を始めたときは、きちんと話を聞いてあげてください。

先輩

自分を見失うと、仕事面でも余裕がなくなり他人にも厳しくなる先輩もいます。
そんな時は、いちいち真に受けずに必要最低限のことだけ伝えて、距離をとるようにしましょう

先輩も悪気があってあなたにつらく当たっているわけではありません。
今は自分を見失う状況にあり、本来の先輩の姿ではないのです。

元の自分を取り戻してもらおうとするのではなく、落ち着くまではそっと距離を置きましょう。

後輩

どうにか手助けをして、自分を見失う後輩を助けたいと感じるかもしれません。
しかし後輩からするとわかっているようなことを言うなと、かえってイライラする場合もあります。

相手が自分を見失う状況の時は、程よく距離を開けながらできる限り相手のペースに合わせてあげるのがおすすめです

<下に続く>

自分を見失う原因と自分を見失ったらすぐ試すべき7つのことまとめ

自分を見失う女性

自分でも気づかないうちに自分を見失う状況に陥ってしまったことは多くの人に良くあることです。
しかし、自分を見失うと仕事や恋愛でも大きな支障が出てしまいます。

自分を取り戻すためには、冷静になり、客観的に自分を見つめなおしていくことが重要です
自分を見失ってしまったと感じたら、自分自身に問いかけながら理想の自分を少しずつ取り戻していきましょう。

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line