Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2018/09/28

40代男性の恋愛傾向と本気のサイン!恋愛対象になる女性とは?

晩婚化の影響から、40代で独身という男性も珍しくなくなってきています。
1度も結婚したことがない人もいれば、バツイチで独身になったという人まで事情は人それぞれ。

40代男性を好きになってしまいアプローチしたいけど、どうしていいかわからない…。
人に聞きたくてもなかなか聞けない、40代男性の恋愛観や心理などを徹底解明します!

Large 7oyxxtmjkp

40代男性の恋愛傾向

カフェで恋愛中の40代男性

では、40代男性の恋愛傾向をみていきましょう。
40代男性の恋愛には、以下の恋愛傾向が考えられるでしょう。

  1. 感情には流されない
  2. 相手を知ってから付き合う
  3. 会話を楽しもうとする
  4. 一緒にいて落ち着ける相手を望む
  5. 気持ちに余裕がある
  6. 結婚には慎重
  7. 離婚歴があると再婚には消極的
  8. 未婚独身は敬遠されやすい
  9. 恋愛より仕事優先
  10. 結婚したいと焦ることもある
  11. 恋愛=結婚ではない
  12. 介護を見据えて恋愛
  13. 外見より内面重視
  14. 思いやりを忘れない
  15. 年下と付き合う

続いて、40代男性の恋愛傾向について詳しくみていきます。

恋愛傾向①:感情には流されない

10代や20代の頃は若さに任せてとか、若気の至りで…なんていう経験をした人も、年齢を重ねると考え方が変わり慎重になっていく傾向があります。

恋愛をするにも気力や体力は必要ですよね?
昔はそんなこと気にしなかったという40代男性も、感情に流されるだけではダメだということを学びます。

好きという気持ちがあっても、先のことを考えたり、相手のことを思いやったり出来るようになると、感情に流されてしまう恋愛はしたいと思わないのです。

恋愛傾向②:相手を知ってから付き合う

男性も40代になれば、恋愛の先に結婚を見据える人も多いでしょう。
若いときはいろんな意味で勢いがあり怖いもの知らずな面があっても、人生経験を積んだことで何事にもリスクが伴うということを学びます。

好感が持てる相手でもすぐ恋愛とは考えず、まずは相手を知ることを重視するようになります。
40代男性は結婚を見据えているのに相手はそうじゃないという場合、付き合う意味がないと思ってしまうことも。

逆に結婚は考えず恋愛を楽しみたいという場合は、割り切った付き合いが出来る人を望みます。
付き合うにしても相手を知ってからと考えるから、軽率なことはあまりしません。

恋愛傾向③:会話を楽しもうとする

若いときは体の関係を求めがちだったとしても、年齢を重ねて恋愛に対する考え方が変われば体の関係よりも、心のつながりを重視するようになっていきます。
40代男性でも、もちろん個人差はあります。

勢いで恋愛するよりも落着いた大人の付き合いを重視すると、会話を楽しみたいと考えるようになるのは自然なことです。
ちゃんと話ができる人、自分の話に耳を傾けてくれる人を好むようになります。

恋愛傾向④:一緒にいて落ち着ける相手を望む

40代男性だからインドア派とは限りませんし、年齢に関係なくアクティブな人はいます。
しかし体力的なことや、自分を取り巻く環境などの影響もあって、常に全力投球の恋愛は疲れてしまうのも事実。

ドキドキすることやワクワクすることも楽しいとは思っても、一緒にいて落ち着ける人がいいと思うことが多くなっていきます。
落ち着けるというのは家の中でのんびりすることではなく、心安らかにいられるという意味です。

恋愛傾向⑤:気持ちに余裕がある

40代男性にもなれば、社会人としての経験や地位なども上がって行きます。
年収もそれなりに上がっているから、経済的な余裕も持てるようになりますよね!

結婚して子供がいると、40代でも生活するだけで精一杯…という人もいます。
40代男性が独身ならある程度は自由に使えるお金も多いですし、貯えもあれば気持ちに余裕が持てます。

気持ちに余裕があると人に優しくできるから、思いやりを持って人と接することが出来て、人からも好かれるようになるというメリットが生まれます。

恋愛傾向⑥:結婚には慎重

結婚という一大イベントは、年齢というよりはその人の人生観が大きく関係してくるかもしれません。
若いちは勢いで行動してしまうことがあっても、年齢を重ねると失敗は出来るだけ避けたいと思うのも仕方ないことです。

女性の場合は子供のことを考えてしまいますが、男性は自分が産むわけではないから年齢で焦るということは少ないようです。
ただしいつまで働けるかということを考えた場合、結婚には慎重にならざるを得ないのは否めません。

恋愛傾向⑦:離婚歴があると再婚には消極的

40代で独身だという場合、1度も結婚していない人もいれば、バツイチの人もいます。
離婚理由によって考え方は変わるものの、やはり1度結婚に失敗していると、恋愛=結婚と考えるのが難しくなってしまいます。

恋愛はしていたいけれど、結婚したらまた同じ過ちを繰り返すのではないか?
また傷ついたり傷つけられたりするのはごめんだ…と思うとなかなか積極的にはなれません。

40代男性か相手に子供がいるともっと慎重になるから、再婚に関しては消極的になってしまうのは仕方ないでしょう。

恋愛傾向⑧:未婚独身は敬遠されやすい

40代で独身というと、大きく分けて2通りあってそれによっても印象が変わります。
1つは1度も結婚したことがない人、もう1つは離婚歴があるかのどちらかです。

40代男性でそれなりのスペックでも独身でいると、性格や性癖に何か問題があるいのでは?とあまりいい印象を持たれません。
バツイチやバツニで離婚歴があっても、過去に結婚出来ていたなら事故物件ではないと安心される傾向があります。

離婚理由によっても与える印象は大きく変わります。
40代男性の第一印象が良いか悪いかは、恋愛観にも影響するのは否めません。

恋愛傾向⑨:恋愛より仕事優先

仕事である程度の地位につくと、生活は仕事が中心になります。
恋愛したいという気持があっても、責任も伴いますからどうしても恋愛より仕事優先になってしまいます。

40代男性と付き合う女性の価値観も関係してくるものの、「仕事と私とどっちが大事なの?」なんて言われてしまうとうんざりされてしまうかもしれません。

恋愛傾向⑩:結婚したいと焦ることもある

1人でいることを恥ずかしいとか寂しいと思う40代男性は、周りは結婚して子供もいるというのに、自分だけ未だ独身で子供もいない…と自己嫌悪に陥ってしまいがちです。
両親や兄弟姉妹にも、まだ結婚しないの?なんて言われると、余計に焦ってしまいます。

年齢や世間の目を気にしてしまうと、結婚に焦ることもあるのです。

恋愛傾向⑪:恋愛=結婚ではない

女性はいくつになっても、恋愛と結婚を結びつけて考える傾向があります。
しかし男性は必ずしも恋愛=結婚とは考えません。

もちろん個人差はあるものの、長く付き合って価値観が合うとか相性がいいと思えれば結婚もありえます
周囲から結婚を急かされて焦っていない限り、40代だから結婚を前提とした付き合いをするとは限りません。

恋愛傾向⑫:介護を見据えて恋愛

40代というと、親は60代~70代近くなっています。
いくつになっても元気な人ばかりとは限りませんから、中には親の介護をしている人もいます。

仕事をしながらとなると、ヘルパーさんにサポートしてもらっていても常に介護のことが頭から離れません。
そうなると恋愛をする余裕は持てません。

今は元気でも恋愛の先に結婚を考える場合、親の介護問題は切り離せないから慎重になります。

恋愛傾向⑬:外見より内面重視

誰もが認める美人でスタイルも良くて頭も良いが、料理や家事は大の苦手。
容姿端麗ではないものの、料理や家事は大の得意という場合、生活をすることを踏まえて考えると、後者が選ばれることが多いです。

40代になると安定を求める傾向が高まるから、外見よりも内面を重視するようになります。
安らぎを求める場合、前者よりも後者を選びたくなる男性は少なくないでしょう。

恋愛傾向⑭:思いやりを忘れない

40年以上生きていれば、それなりにいろんな経験をしますよね。
嬉しいこともあれば辛いこともありますし、経験が多いほど人の痛みもわかるようになります。

自分がした経験は恋愛にも生かされますから、相手を思いやるということも忘れません。
年下の女性なら、大人の魅力に夢中になってしまうのも無理ないでしょう。

恋愛傾向⑮:年下と付き合う

同年代は既婚者が多いから、恋愛対象は自然と年下になります。
もちろん同年代でも相手が独身なら恋愛対象になりますが、子供がいるとちょっと難しくなります。

子供を望む場合は、同年代よりも年下の女性を、と考えるのは仕方ないこと。
子供のことを考えないなら、同年代との恋愛もあります。

<下に続く>

40代男性の魅力と恋愛対象になる女性のタイプ

40代男性の恋愛対象になりそうな女性

魅力

40代なら管理職になっている人もいますし、出世していれば年収も増えますから経済力があります。
お金がなくて困っている若い人よりも、経済力のある40代男性は頼りになるという印象です。

恋愛系感もあれば、女性の扱いを心得ているからさりげなくエスコートしたり、女性を気遣ったりという大人の魅力があります。

女性のタイプ

いくら思いやりがあって女性を気遣ういい人でも、女性なら誰でもいいというわけではありません。
大人の付き合いが出来ることや気遣いが出来る人、礼儀やマナーをわきまえているなど相手に求めるものも増えてきます。

安定を求める傾向があるため、わがままを言ってばかりで振り回す人よりも、落ち着いて安心して付き合えるタイプが好まれます。

<下に続く>

40代男性が恋愛中に見せる本気のサイン

40代男性恋愛の本気サインを見せる人

40代男性が恋愛中に見せる本気のサインを知っておけば、それを見逃さずに済みます。

  1. 忙しくても時間を作る
  2. 好きな人を特別に扱う
  3. 些細なこともちゃんと気づく
  4. マメに連絡を取る
  5. 相手を知りたがる

40代男性が見せる本気のサインを詳しく見ていきます。

サイン①:忙しくても時間を作る

年齢を重ねると、恋愛も真剣になります。
年齢的なことも関係しているものの、人を思いやれるようになるからです。

仕事が忙しい40代男性と、2人でゆっくり出かけたり旅行に行ったりというのは難しいでしょう。
しかし会いたいと思う気持ちがあれば、いくらでも時間を作れます。

それが限られた時間でも、お互い顔を合わせて話をすればそれで落ち着けますし安心できます。
40代男性は本気の相手なら、どんなに忙しくても会う時間を作ろうとします。

サイン②:好きな人を特別に扱う

40代男性にとって外国人のようにストレートに言葉で気持ちを伝えたり、ハグしたりというのは恥ずかしい気持ちもあって苦手でも、本気の相手には何とかして気持ちを伝えようとします。

この場合言葉で伝えるのが難しいから、その人を特別扱いすることで相手にも周囲にもアピールすることが多いです。
女性も好意を持っているなら、特別扱いされて嫌な気はしないでしょう。

サイン③:些細なこともちゃんと気づく

好きな女性のことを知りたいと思うのは、40代男性も同じです。
さりげなくでも相手のことをリサーチしているから、普通の男性が気づかないようなこともちゃんと気づいています。

例えば髪型を変えたりメイクを変えたり、新しい服やバッグを買ったときそれを褒められたら女性だって嬉しいはず!
本気の人には、ちゃんと気を配っているのです。

サイン④:マメに連絡を取る

忙しい毎日を送っていると、どうでもいい人なら、面倒だからとスルーしてしまうこともあります。
相手に悪いなと思っても、疲れているとそこまでする気力が出ません。

しかし40代男性が本気の相手なら、相手のことが気になりますから連絡はマメにします。
忙しくて疲れていても、好きな人の声を聴いたり、LINEを見たりすればそれだけで元気になれるからです。

サイン⑤:相手を知りたがる

相手を大切にしたいという気持ちがあっても、相手のことをよく知らないとどう接していいかわかりません。
40代男性でも相手のことを知りたがるのは、本気だからこそ。

下心があると勘違いされることもありますが、相手が嫌がることはしません。
あくまでも相手を喜ばせたいという気持ちから来ることです。

<下に続く>

40代男性を落とす恋愛テクニック

40代男性と恋愛中のくつろぐ女性

40代男性と真剣に恋愛したいときは、4つのテクニックを使うといいでしょう。

  1. 癒しの存在になる
  2. 中年扱いしない
  3. 共感する
  4. 気遣う

40代男性を落としたいとき、知っておくべきテクニックを詳しくチェックしていきます。

テクニック①:癒しの存在になる

男性はたらき盛りと言われる年齢でも、40代になるといろんな面で衰えを感じることが増えてきます。
忙しい毎日を送っていれば疲れもたまりますから、癒しを求めるようになります。

しかしどんなに若くて綺麗な人でも、疲れているときに無理を言ったり、仕事ばかりで遊んでくれないなんて拗ねられたら…ドっと疲れが増してしまうでしょう。

こういうときは癒しを求めるから、自分が癒しを与えられる存在になることを意識するといいでしょう。
少し我慢は必要ですが、40代男性が一緒にいて安らげる女性なら可能性は十分にあります。

テクニック②:中年扱いしない

わざわざ言われなくても、自分が中年であることは十分わかっています。
女性だって中年扱いされたら不愉快なように、男性だって同じです。

女性が年下の場合は、冗談でおじさん扱いしてしまいがち!
40代男性には冗談でも男性のプライドを傷つけるようなことを言ったりしたりしてはいけません。

年上だから頼りになるということを伝えたいなら、40代男性を立てましょう。
尊敬できるところをほめたり、40代男性が得意としていることを褒めるだけでOK!

ただしわざとらしく褒めるとおちょくってる?と思われるから、さりげなくがポイントです。

テクニック③:共感する

男性と女性は元々考える部分が違います。
年齢に関係なく根本的なところが違うため、意見が食い違うことも多々あります。

価値観の違いなどもあるから仕方ないとわかっていても、それを真っ向から全否定されると男性のプライドはズタズタです。
40年以上生きていれば、絶対に譲れないことの一つや二つはあるものです。

よほど生理的に受け付けないというものでないかぎり、共感する努力をしてみましょう。
共感されると男性も悪い気はしませんし、好感を持ってもらえるきっかけになります。

テクニック④:気遣う

毎日忙しい生活を送っていると、精神的にも体力的にも疲れてきます。
仕事ではいつも気を張っているから、プライベートな時間はのんびり過ごしたいと思ってしまうことも多くなります。

こういうとき、やっと休みになったのにどこも行かないなんてつまんない!という人より、今日は家でのんびり過ごそうという人の方がポイントは高いです。
相手に求めすぎると、いくら大人の男性でも疲れます。

休みだからデートというよりも、どうしたら安らげるかを考えるといいでしょう。
一緒にいてホっと出来る女性は好印象です。

<下に続く>

40代バツイチ男性の恋愛観とアプローチ方法

恋愛観

離婚理由が何にせよ、結婚に失敗したという事実はつきまといます。
それを恥じてしまう人もいますから、過去を受け入れてくれるじゃないといい関係は築けません。

40代になれば精神的にも成長していますから、なんでもかんでも寄りかかられるより多少自立している女性を好む傾向があります。
心に傷を抱えている人は、思いやりのある女性を好みます。

アプローチ方法

過去のことは気にしていない素振りを見せていても、過去は過去、今とは違います。
結婚する意志はあっても、1度失敗していると臆病になってしまいがち。

結婚を急かすとそれが負担になってしまう可能性が高いです。
結婚する意志がないなら仕方ありませんが、結婚を考えているなら急かさないようにしましょう。

悪気はなくても、なんで離婚したの?と聞いてしまうことがあります。
もしもそれが男性にとって地雷だったら…。

一気に幻滅されしまうかもしれません。
過去のことは気になっても根掘り葉掘り聞かずに、相手が話すまで待つようにしましょう。

<下に続く>

40代男性の恋愛傾向と本気のサイン!恋愛対象になる女性とは?まとめ

40代になれば社会人としての経験も豊富で、社会的にもある程度の地位を確立している年齢です。
20代や30代の頃とは身を置く環境も変わってきています。

40代男性を好きになったとしても、男性の心理や恋愛観を理解していれば、慌てず冷静に向き合うことができるはず!
どんな場合も焦りは禁物、余裕を持って根気よく向き合っていきましょう。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line