Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/02/12

仮面夫婦とは?仮面夫婦の特徴やきっかけと夫婦仲を修復する方法

あの芸能人カップルは仮面夫婦だとゴシップ記事などでよく見かけます。
しかし、見ている限りでは仲がよさそうで、何年たっても離婚しないので不思議に思うでしょう。

そこで、仮面夫婦とはそもそもどんなものなのか?
その夫婦にはどのような特徴があるのか。

そして、きっかけは何かを見ていきましょう。
また、夫婦を元の関係に戻すためには何をするべきかを見ていきます。

Large blur carnival close up 53207
目次

「仮面夫婦」とは?

仮面夫婦を演じる二人

仮面夫婦の意味

戸籍上は入籍していて正式な夫婦をですが、実際の二人の関係は冷めています。
しかし、周囲にばれないように仮面をつけて生活しています。

仮面をかぶって外面は何もないように見えますが、仮面を外すと全く違う本性の顔があるのです。
離婚できない理由や、離婚すると不利益になってしまうという諸事情を抱えているので、婚姻生活を続けています。

仮面夫婦の割合

割合的には全体の夫婦の約3割が仮面夫婦と言われています。
かといって全ての夫婦が離婚してしまう訳ではなく、周囲にばれないように何年も仮面をつけたまま夫婦を続ける人もいれば、外面だけの夫婦というものに終止符を打つ人もいます。

中には自覚して関係修復に努力する夫婦もいるでしょう。
また、これという定義がないので実際には割合的にはもう少し多いかも知れません。

<下に続く>

仮面夫婦になるきっかけ

子供がいるので仮面夫婦になる妻

きっかけは夫婦それぞれにあります。そのきっかけを見ていきましょう。

  1. セックスレス
  2. 生活サイクルの違い
  3. 浮気
  4. 価値観の違い
  5. 生活の変化
  6. 結婚当初から
  7. 産後クライシス

具体的に見ていきます。

きっかけ①:セックスレス

セックスレスとは、病気など特別な事情がないのに1カ月以上セックスがない夫婦のことを指します。

セックスレスの夫婦は世の中にたくさんいますが、問題なのはそれを不満に思っている場合です。

夫婦とも、セックスに必要性を感じていないならセックスレスでも問題ありません。
しかし、セックスをしたいと思っているのに、セックスレスになっていれば離婚の要因にもなるでしょう。

その上、外で肉体関係を結ぶ相手がいることでセックスレスに。
また、風俗などで性処理をしてセックスを持ちこまない男性もいるでしょう。

きっかけ②:生活サイクルの違い

生活する時間が全く異なり同じ屋根の下にいるのに全く別の生活を始めたことが仮面夫婦のきっかけになります。

どちらかが昼夜逆転の生活をしている、仕事で何カ月も家を空けたりなどです。
結婚当初はその生活に合わせてしましたが、子供ができたり、仕事をしていたりすると、同じ生活スタイルにするのに無理が生じてきます。

そのため、別々の生活スタイルをし始めます。
また、単身赴任になって別々の居住になることがきっかけになることもあるでしょう。

きっかけ③:浮気

セックスレスになってしまう原因のひとつは浮気です。
配偶者以外にセックスをする相手がいると、夫婦はセックスレスに陥るでしょう。

浮気している側は欲求不満は満たされています。
しかし、満たされていない側は欲求不満にもなりますし、精神的にも辛い思いをします。

また、あからさまに浮気が発覚しても様々な諸事情から離婚に踏み切れない人もいるでしょう。
そして、男性が浮気している場合、離婚しても家事や育児、養育費の問題が出てくるので、離婚せず仮面夫婦で浮気している方が良いと考えるのでしょう。

きっかけ④:価値観の違い

結婚生活を始めて、価値観の大きな違いから喧嘩が絶えず仮面夫婦に。
会話しても意見が合わない、話し合っても意見がまとまらないなどの理由から、話さなくなっていくのです。

会話がなくなってくると、気持ちも離れていきますし、かといって、話をすると衝突してしまうので仮面夫婦を演じていくのでしょう。

また、価値観はその人の考え方だけではなく、金銭感覚の違い、子育ての仕方など、たくさんの生活に関わることにまで及びます。
そうなると、どこまでいっても平行線になり話しあう事さえしなくなるでしょう。

きっかけ⑤:生活の変化

結婚生活も長くなると、生活に変化が起こることもあるでしょう。
転職したり、引っ越ししたり、子供が成長したりと、様々な変化があります。

例えば、夫が転勤で単身赴任になった、妻が子育てを終えて働き始めた、転職して経済的に苦しくなったなどです。

しかし、今さら離婚は考えておらず、実際はお互い冷めていて、相手がどのような状況になろうとあまり関心もなくなっています。

きっかけ⑥:結婚当初から

始めから仮面夫婦の要素がある夫婦もいます。
子供が出来たので仕方なく結婚した、年齢が高くなって焦って結婚した、経済力があると言う理由だけで結婚したなどです。

また、世間体を気にする人は、結婚しているという事実だけに執着しているだけで結婚自体の中身はあまり重視していない場合もあります。

そして、初めから相手に対して執着がなければ、無関心でいられるのでイライラしたりすることもなく、ストレスもありません。
そのため、仮面夫婦状態でいても平気なのでしょう。

きっかけ⑦:産後クライシス

子供を出産したことが仮面夫婦のきっかけになる人もいます。
子供を出産したことでホルモンバランスを崩してしまい、産後うつになったり、体調不良に悩まされたりと、今までの状況とは大きく変わってしまいます。

そして、子育ての不安や睡眠不足などからイライラが募り、育児や家事を手伝わない夫に対して不満が募り、ストレスを溜めていくでしょう。

しかし、生まれたばかりの子供の親である限り、簡単に離婚はできないので仮面を被った夫婦になっていきます。

産後のセックスレスの原因と解消方法!レスになる期間と旦那の本音産後セックスレスになる夫婦は多い? 一般社団法人日本家族計画協会のデータによると、セックスレ...

<下に続く>

仮面夫婦の特徴

外で仮面夫婦を演じる夫婦

どのような夫婦のことを指すのかを見ていきましょう。

  1. 相手に干渉しない
  2. 必要最低限の会話
  3. セックスレス
  4. 対外的には仲良し
  5. 社会的地位がある
  6. 子煩悩
  7. 趣味や仕事に没頭
  8. 家庭内別居
  9. 喧嘩しない
  10. 不倫相手がいる

具体的に仮面夫婦の特徴を見ていきます。

特徴①:相手に干渉しない

夫婦なのに、相手に対して無関心になります。
そのため、何時に帰ってこようが、どこへ行こうが関心がなくなるでしょう。

相手も同じで、自分に関心がないので、自由に生活することになります。
そして、仕事がお互い休みの日でも、別々に出掛けたり、友達と旅行へ行ったりします。
しかし、相手のことを嫌いになったわけではなく、関心がないのがないのです。

特徴②:必要最低限の会話

仮面夫婦は会話がなくなります。
しかし、どうしても話さなければならないことも出てきます。

そういう時は、目を合わさずに話したり、メモを置いておいたり、ラインで連絡したりするでしょう。

そのやりとりも最低限の文字数で、連絡事項のような感じです。
そういう仮面夫婦は、職場でもお互いのパートナーのことの話はあまりしないでしょう。

特徴③:セックスレス

仮面夫婦といえばセックスレスです。
気持ちが離れてしまっていますし、心が離れると気持ちも身体も離れてしまうでしょう。

そして、セックスどころか、軽いスキンシップもしていません。
そのため、夫婦の寝室が別々で、同じテーブルに座ることさえしない夫婦もいるでしょう。
酷い時には、ある一定の距離に近づくことさえしない夫婦もいます。

セックスレスになりやすい夫婦の特徴とは?レスを解消する5つの方法セックスレスの夫婦の割合 セックスレスという言葉も定着して、最近ではレスという略語も生まれて...

特徴④:対外的には仲良し

対外的には仲の良さを演じているのが仮面夫婦。
そのため、年賀状も家族全員で撮った写真を使用したり、運動会などの学校行事には夫婦二人が必ず参加していたりします。

周囲は仲が良いと思い込んでいるため離婚した時に驚いてしまう事が多いのです。
しかし、よく考えてみると、夫婦で友人の家に呼ばれた時など、揃って参加していても、良く見ると二人だけで会話しているのを見たことがないと気付くでしょう。

特徴⑤:社会的地位がある

医者や弁護士、政治家など、対外的に離婚がマイナスイメージになる時には別れることを避けようとするでしょう。

また、教師は離婚することによって、生徒や保護者など多くの人にバレてしまうので仮面をつけて離婚を避ける傾向にあります。

そして、著名な人ならば、離婚によって色々な影響があるので仲のよい夫婦を演じている方が楽だと考える人もいるでしょう。
だから、ばれないように仮面をつけたまま何年も関係を続けていきます。

特徴⑥:子煩悩

子煩悩な人も仮面夫婦になりがちです。
なぜなら、子供に迷惑をかけたくない、一緒にいたいと考えるからです。

これだけ子供が懐いていたら、子供が寂しい思いをしてしまうと考えるでしょう。
お互いが冷めていても子供の為にと仮面夫婦を演じる人も少なくありません。

また、子供が私立の受験を考えているなど、離婚が影響する場合も仮面夫婦を演じて乗り切ろうとするでしょう。

特徴⑦:趣味や仕事に没頭

趣味に没頭して、家庭を顧みない人も仮面夫婦になっていくでしょう。
好きな事に夢中になり家庭は二の次で夫婦の会話もなくなります。

また、仕事が忙しすぎる人も、同じ状況になりがちです。
休みの日でも接待や付き合いで出掛けてしまい、子供の学校の行事にも全く参加しません。
しかし、仮面夫婦が離婚事由に乏しいと思い諦めてしまいます。

特徴⑧:家庭内別居

家庭内別居=仮面夫婦です。
食事も洗濯も別々で、同居をしている状態です。

理由は様々で、引っ越しが面倒、家賃が折半だから経済的に有利、離婚が面倒などです。
家庭内別居も外から見れば立派な夫婦なので仮面夫婦と言えるでしょう。

特徴⑨:喧嘩しない

喧嘩をしないのが仮面夫婦。
喧嘩している間は、会話があるということですし、不満に思っていることや直してほしい所を伝えていたりすることです。

しかし、そのような時期を過ぎているのが仮面夫婦。
衝突すると疲れる、直してほしいとも思わない、そもそも関心がないなどです。

そういう相手であればできれば接触しないで、何事もないように過ごすのが面倒くさくないと考えるのでしょう。

特徴⑩: 不倫相手がいる

別にパートナーがいるのに離婚しないのは仮面夫婦によくあるケース。
夫や妻以外に肉体関係を持っています。

また、不倫を見つけた側も、経済的な理由や、離婚したことで別の人と結婚するのは許せないという感情から、離婚という選択をしない人もいます。

かといって、心の中で納得しているわけではないので、仮面をつけたまま夫婦として我慢するのでしょう。

<下に続く>

仮面夫婦の行く末

子供の前で仮面夫婦を演じる人たち

お互い歳を取ると様々な弊害が出てきます。
若いうちはよいですが、老後が迫ってくると介護や病気の不安が出てくるでしょう。

そうすると、それまでに仮面夫婦問題を何とかしようとします。
近年良く耳にするのが熟年離婚。

これは、歳をとってから離婚を考え始めたのではなく、何年も、何十年も前から仮面夫婦状態であったことが多いでしょう。

そして、別々に暮らすという選択する夫婦もいます。
今さら離婚は面倒、世間体が気になるという夫婦は別居という形を取るでしょう。

<下に続く>

仮面夫婦でも離婚しない理由

浮気がきっかけで仮面夫婦になってしまった男

子供がいる場合

離婚してしまうと、子供がどちらかと離ればれになってしまいます。
親権の取り合いになることもありますし、その争いによって子供に悪影響があるとも考えられます。

そして、何よりも子供に悲しい思いをさせてしまうでしょう。
つまり自分達の問題に子供を巻き込みたくないのです。
だから、子供の為に子供の前では仮面をつけて夫婦でいようとします。

子供がいない場合

理由①:経済的理由

子供がいる、いないに関わらず、夫婦でいる理由の中で多いのは経済的理由でしょう。
専業主婦で収入がない、働いているけど所得が低いなどです。

また、今の生活レベルを下げたくないという理由もあります。
一人で生活はできるけど、今までの生活レベルが保てないのが不安で別れません。

また、離婚してもすぐにフルタイムで働けると思われますが、結婚して仕事を一度辞めてしまったり、空白期間が長くなったりすると、前職の収入は見込めないことが多く不安でしょう。

理由②:離婚が面倒

離婚をするのにもエネルギーがいります。
離婚することによって女性ならば名字が変わってしまいますし、職場に知られたりするのも気が重いでしょう。

また、親や親戚の問題もあります。そう考えると離婚をするのが億劫になります。
その上、気持ち的にも離婚はメンタルを消耗するので、後回しにしてしまって何年も経ってしまう事もあるでしょう。
つまり、そのまま仮面をつけた生活を続ける方がマシだと考えます。

理由③:社会的体裁

世間体を気にする人も仮面夫婦を続けてしまうでしょう。
せっかく結婚したのだから離婚したくない、離婚したら恥ずかしい、職場で離婚したことを知られるのが嫌などです。

また、ある程度の年齢で子供がいない夫婦は一人になる不安もあるでしょう。
もしも、再婚できたとしても、子供を産む年齢には厳しいとなると、再び配偶者と過ごしていくことになります。

そう考えると離婚してもしなくても同じになるかも知れないと考え、このまま仮面をつけて生活しようと踏みとどまります。

理由④:それでも好きだから

夫婦の中には、一方は気持ちがないけど、一方は好きという夫婦もいます。
そうなると、相手に気持ちがないとわかっていながらも、仮面夫婦でもいいから夫婦でいたいと考えます。

例えば、不倫をされていると知っても別れられない、自分に全く興味がないとわかっていても別れられないのです。

いつか、振り向いてくれる、いつか、気持ちが変わるかもしれないと考えて仮面をつけたまま夫婦でいようとします。

<下に続く>

仮面夫婦の子供への影響

仮面夫婦を辞めて離婚を考え準備した離婚届の用紙

良い夫婦を演じていれば、子供に影響はないのでしょうか。
そうではありません。

子供は親が考えているよりもとても敏感なので、父親と母親の心の距離を察しています。
しかし、子供に気付かれていないと思って仮面夫婦を演じ続けるのです。

そのため、子供が親に気をつかっていたり、知らない振りをしていたりすることに気付きません。
そうなると、子供のストレスや我慢が積っていくでしょう。

それによって不眠や食欲不振、登校拒否などに繋がる恐れがあります。
つまり、気付いてからでは手遅れになってしまいます。
仮面をつけているから気付かれていないと思っても、案外気付かれているのです。

<下に続く>

仮面夫婦を修復する方法

子供の為に仲の良い演技をする仮面夫婦の二人

夫婦関係を改善する方法を見ていきましょう。

  1. 会話を増やす努力
  2. デートする
  3. スキンシップをする
  4. カウンセリングを受ける
  5. 生活サイクルを合わせる

具体的に見ていきます。

方法①:会話を増やす努力

仮面夫婦の特徴は、会話をしていないことです。
会話をしなければ、相手のこともわかりません。

そのため、話しかけるなどして会話を少しでも増やしていくことです。
一日、一言でも構いません。まずは「行ってらっしゃい」「おかえり」などをきっかけにしても良いでしょう。

その時にも、目を見ること、笑顔で言う事を忘れないようにします。
毎日続ければ、自然と相手も挨拶をしてくるようになるでしょう。

方法②:デートする

子供がいる夫婦は、子供を置いて夫婦でデートをしてみましょう。
デートといっても、お昼に近場のランチに行く、お茶をしにいくだけでも大きな前進です。

もし、二人はハードルが高いと思うならば、子供も一緒に旅行の計画を立てましょう。
旅行は非日常な出来事なので会話を作ろうとしなくても話題が出てきます。

また、子供が楽しんでいると仮面夫婦で演技しているのはいけないという考えるきっかけにもなります。

方法③:スキンシップをする

スキンシップを心がけましょう。
しかし、急にスキンシップといってもなかなかできません。

まずは、軽いスキンシップから始めましょう。
例えば呼ぶ時にポンと肩をたたくなどです。

そこから、ハグをしたり、キスをしたりしていきます。
相手もそのままではいけないと思っているならば、その必要性も理解しているはずです。

方法④:カウンセリングを受ける

自分達で仮面夫婦問題を解決できない場合は、専門家のカウンセリングや講座を受けてみるのもひとつの方法です。

夫婦それぞれの話を聞いてくれたり、解決方法をアドバイスしてくれたりします。
また、仮面夫婦の問題点も客観的に指摘してくれると、自分達が気付かなかったことに気付けたりするでしょう。

もしも、専門家への相談は敷居が高いと考えるのならば、親しい友人に相談しても良いでしょう。

方法⑤:生活サイクルを合わせる

生活サイクルが違い仮面夫婦になってしまったならば、生活サイクルを合わせるようにします。
どちらかに合わせるのが難しいならば、お互いが歩み寄る形にします。

週の何回かは一緒に過ごす日を作る、週末は同じ生活サイクルにするなどです。
子供がいるならば、家族だんらんが味わえるので子供にとって良いでしょう。

<下に続く>

仮面夫婦が修復不可能なケース

仮面夫婦を辞めて夫婦関係を解消する

では、夫婦関係を修復しようとしても、ダメになってしまうケースはあるのでしょうか。
それは、お互いが取り繕った夫婦という自覚をもって対応しなければ、夫婦関係自体が破綻してしまうでしょう。

夫婦の中には仮面夫婦の自覚がない人もいます。
そうなると、改善しようと努力しないので、そのまま年齢を重ねていき、熟年離婚に発展してしまうことになるでしょう。

<下に続く>

仮面夫婦は離婚すべきかしないべきかの判断基準

仮面夫婦なので距離感がある二人

相手の不倫が原因

パートナーが不倫していることが原因の場合は離婚した方が良いのでしょうか。
それは、不倫がどのような形で行われているかで判断します。

一時の性的欲求を満たすための不倫ならば不倫をやめる可能性もあるので夫婦として修復することも可能でしょう。

しかし、本気で好きになっており、配偶者より外のパートナーの方が大切に思っているならば離婚を考えることになるでしょう。

会話がないのが原因

会話がない仮面夫婦は多いでしょう。
そのため、極力会話を増やす努力をすれば良いのです。

しかし、会話というのは一人でするのものではないので、スムーズでなくても会話をする努力が見られれば離婚する必要はないでしょう。

けれども、何を話しかけても無視する、全くコミュニケーションを取ろうとしないなら、離婚を考えるしかありません。
会話がないとお互いのことは理解しがたいですし仮面夫婦問題の解決方法もないからです。

セックスレスが原因

夫婦にとってセックスは重要ですが、中にはセックスレスでも友好な関係を築く夫婦もたくさんいます。

そのため、セックスレスという理由だけで離婚を決めてしまわずに、夫婦としてセックスはどのような位置づけなのかを考えましょう。

もちろん、どちらかがセックスに不満を持っているならば、離婚原因のひとつにもなります。
しかし、セックスだけが夫婦の全てではないと理解しておきます。

そこで、セックスについてどのような形を取るかをじっくり話し合えば離婚は回避できるでしょう。

日常の喧嘩が原因

顔を合わせれば喧嘩をしてしまうから仮面夫婦になったという人もいます。
しかし、そのまま仮面夫婦を続けていても問題は解決しないでしょう。

そこで、何が喧嘩の原因になっているのかを分析して、その解決方法を考えます。
その原因が大きな価値観の違いならば、話し合いも平行線になるでしょう。

あまりにも性格的に合わないならば、この先一緒にいても心の平穏はないでしょう。
それならば離婚して心が穏やかになれる相手を見つける方が良いかもしれません。
しかし、喧嘩の原因が些細な事ならば、修復できる可能性はあるでしょう。

<下に続く>

仮面夫婦が離婚する方法

仮面夫婦を解消するのに弁護士を挟んで離婚の話をする夫婦

離婚するきっかけとタイミング

仮面夫婦が離婚するきっかけは、子供が大きく関係していることが多いでしょう。
子供が成人した、子供が希望の学校に入学したなどです。
つまり、夫婦としての責務を全うしたので、後は別々の人生を歩もうというケースです。

または、経済的な理由があり仮面夫婦をしていたけど、フルタイムの仕事を見つけた、前職に復帰したなどが離婚のタイミングとなるでしょう。
そして、別のパートナーが見つかったのがきっかけで離婚に踏み切るケースもあります。

離婚する方法

子どもがいる場合

子供がいる場合、離婚するにも決めておかなければならないことがあります。
まずは、子供の親権はどちらが持つかです。

もしも、お互いが親権を主張すると裁判に委ねることになります。
そして、子供の養育費です。

月々いくら必要なのかを算段して、話し合わなければなりません。
また、離婚しても子供の親には変わりないので、月に何回会うようにするのかなども話し合いの内容に入れておいた方が良いでしょう。

そして、相手の不倫によって離婚するケースならば、慰謝料の支払いも発生します。
二人での話し合いが難しい時には弁護士に相談するなどすれば、スムーズに離婚できるでしょう。

子どもがいない場合

子供がいない場合は、親権や養育費の話は不要です。
しかし、離婚原因がどちらかに非がある場合は、慰謝料の請求などが発生します。

それによって裁判に発展するケースもあるでしょう。
それらがなくても、夫婦としての財産は等分されます。

つまり、財産分与と呼ばれるものです。
財産分与は、貯蓄などの現金だけではなく、持家や車、家財道具など、全てにおいて関係してきます。

そして、仮面夫婦であっても何十年にも渡って生活していて年金生活に入るならば、年金分割の話も必要になってきます。

<下に続く>

仮面夫婦は珍しくない

仮面夫婦をイメージする仮面

仮面夫婦は特別なものだと思っていませんか?
決してそうではなく、知らない間に自分達が仮面夫婦になっていることもあります。

会話がない、興味がないけど、何となく夫婦を続けていませんか。
それらも立派な仮面夫婦です。

もしも、仮面夫婦かも知れないと思ったら、まずは問題をひとつずつ解決していきましょう。

会話が少なくなれば会話を増やす努力をするなど普段からしていれば、仮面夫婦にはならないでしょう。

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line