Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/09/02

社会人のバレンタインの渡し方♡キュンとするパターン&男心を掴むテク5つ

年に一度のバレンタインは何歳になってもドキドキするイベントです。
バレンタインを渡す女性にとってもドキドキするイベントですが、受け取る男性側にとっても実はときめきのイベント。

そんなバレンタインをもっとドラマチックにするために、この記事では男性がキュンとする渡し方やテクニックをご紹介します。
バレンタインはどんな演出をしようか、迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

Large 1

絶対成功させる!バレンタインの渡し方4つの心構え

仲の良いカップル

バレンタインを成功させるには、渡し方を工夫する前にまずは心構えをしておきましょう。
ここでは大切な4つの心構えをご紹介します。

  1. 相手を喜ばすのが第一
  2. マイナス思考は消す
  3. 大きな進展は期待しない
  4. 緊張しても直接渡す

①相手を喜ばすのが第一

バレンタインは自分の気持ちを形にして相手に渡すイベントです。
演出や渡し方にこだわるのもいいですが、何より相手を喜ばすことを第一に考えましょう。

ドラマチックにしたい、自分をよく見せたいという考えはいったん捨ててください。
自分だけのことを考えたバレンタインでは、相手に気持ちがうまく伝わりません。

相手はどうしたら喜ぶか、何を渡せばいいのか、まずはバレンタインを渡す相手のことを考えてみましょう。
相手のことを真剣に考えれば、何をすれば喜ぶのかが自然と分かります。

②マイナス思考は消す

バレンタインは男女の仲を意識する特別なイベント。
楽しみな気持ちもありますが、当日が近付くにつれて不安になる方も多いのでは。

大人の女性は恋愛において酸いも甘いも経験をしているので、うまくいかなかったときのリスクも考えてしまいます。
男女の仲を強く意識するイベントだからこそ、マイナスな思考がどうしても出てきてしまうでしょう。

しかし、ここでマイナス思考を持ったままバレンタインに挑んでは失敗の元です。
失敗したらどうしよう、相手の反応がイマイチだったらどうしよう、という考えはいったん消してしまいましょう。

③大きな進展は期待しない

バレンタインをきっかけに付き合うというケースもあります。
しかし、このイベント一つで相手との仲が大きく発展するのは期待しないでおきましょう。

どんなにドラマチックな渡し方をしても、相手の心が一気に傾くということは稀です。
男女の仲はイベント一つではなく、毎日の積み重ねによって作られます。

バレンタインを成功したのに相手との仲が進展しない、と諦めるのではなく、バレンタインは一つのきっかけとして考えておきましょう。

④緊張しても直接渡す

直接渡すのは緊張するから凝った演出をして誤魔化すという方法もあります。
ただし、どんな渡し方をするとしても直接渡すという基本は忘れないでください。

緊張するから直接渡さないのでは、相手に気持ちが伝わりません。
渡し方によっては、相手に好意を伝えるどころか逆効果になる恐れも。

ドキドキして直接渡すのは緊張する気持ちは大人の女性でもあります。
変にこだわった渡し方をするのではなく、直接渡すことを基本として考えましょう。

<下に続く>

思わずキュン♡男性が喜ぶバレンタインの渡し方TOP5

恋が実るイメージ

男性が喜ぶバレンタインの渡し方は、一体どのような物なのでしょうか。
ランキング別に具体的な渡し方をご紹介します。

5位:緊張を隠しながら

バレンタインを渡すときはどうしても緊張してしまうもの。
しかし、男性にとってはその緊張もキュンとするのです。

学生とは違う大人の女性、渡し方もスマートにいきたいという考えはあります。
ただし、スマートすぎる渡し方は相手に「慣れているのかな」という印象を与えてしまうかもしれません。

緊張しすぎて失敗を恐れるのではなく、相手に自分の緊張が伝わるくらいがちょうどいいのです。
自分を取り繕わず自然体な渡し方をしましょう。

4位:笑顔で真正面から

女性の笑顔はとても魅力的なもの。
いつもはしっかりしている大人の女性の笑顔は、さらに魅力的に映るでしょう。

この笑顔にプラスして素直に真正面からという渡し方は、男性も思わずキュンとしてしまいます。
演出や渡し方にこだわらず素直に渡すというのは、シンプルに見えてとても効果的な渡し方なのです。

渡し方に困ってしまったら小細工や演出は一切しないで、シンプルな方法でバレンタインを渡しましょう。

3位:人気のないところに呼び出して

人目のあるところで渡すのは気が引ける、という方におすすめの渡し方。
男性側も「もしかしたら?」という期待がアップするでしょう。

大人の女性は特に人目が気になるものです。
例えば気になる相手が同じ会社の人など、周りにバレるとリスクがある場合はこの方法を取りましょう。

2位:義理チョコじゃないと一言添えて

大人の女性になると周りの人との付き合いで義理チョコを渡す機会が多くなる方も居るでしょう。
バレンタインという男女の仲を深めるイベントが、良好な人間関係を維持するためのイベントになってしまうのも珍しくありません。

気になる相手に渡すバレンタインも、ただの義理と思われるのは大問題です。
渡すときは「義理チョコじゃない」と一言添えるのを忘れずに行いましょう。

この一言は男性をキュンとさせます。
「義理チョコじゃないなら何だろう?」「もしかして本命かも?」と考え、ドキドキするでしょう。

1位:ちょっと照れながら渡す

漫画やドラマにありそうなベタな渡し方ですが、実は男性にとってこの渡し方はキュンとするもの。
大人の女性にはフィクションのように感じる渡し方でも、男性にはかなり効果的なのです。

ちょっと照れて渡す姿に、男性は思わずドキドキしてしまいます。
もしかしたら自分に気があるのかも?と意識するでしょう。

大人になってもバレンタインは緊張するイベント。
その緊張を下手に隠さず相手に素直に伝えてみましょう。

<下に続く>

【相手別】両思い or 片思いの相手へのバレンタインの渡し方

微妙な距離感の二人

相手によって渡し方を変えるのも効果的。
両思いの場合と片思い場合、両方のパターンで効果的な渡し方をご紹介します。

両思いの相手

両思いの相手にバレンタインを渡すときは、日ごろの感謝の気持ちと自分の素直な気持ちを伝えましょう。
恋人同士だからといって油断したり惰性でイベントをこなしたりしてしまうと、倦怠期や別れの原因に。

バレンタインは男女のイベントであり、恋人同士がお互いの絆を確かめ合うイベントでもあります。
大人だからと普段は言えないようなことやできないことも、バレンタインを理由にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

サプライズや少し凝った渡し方で、相手を喜ばすのも◎
彼氏が喜ぶ渡し方でイベントを盛り上げましょう。

片思いの相手

片思いの場合、バレンタインは関係を一歩前進させるきっかけになります。
演出に凝ったり渡し方を工夫したりするのもいいですが、一番効果的なのは素直に気持ちを伝えて渡すシンプルな方法です。

もういい歳の大人だからといって遠慮する必要はありません。
相手が喜ぶものをリサーチして、大人の女性らしくセンスのいいプレゼントを贈りましょう。

チョコレートにプラスしてプレゼントを渡すのもおすすめ。
義理ではなく本命だと相手に伝わるでしょう。

<下に続く>

成功率UP♡男心を鷲掴みにするバレンタインの渡し方テクニック

バレンタインのイメージ

バレンタインをきっかけに関係を進展させたい。
そんな大人の女性向けに、男心をがっちり掴むバレンタインの渡し方のテクニックをご紹介します。

  1. 女性らしさを忘れない
  2. 恥ずかしさが相手に伝わるよう意識する
  3. 笑顔で渡す
  4. 相手の喜ぶものを渡す
  5. 特別だと言葉で伝える

①女性らしさを忘れない

大人になってしまうと学生のころのような初心な気持ちは自然と薄れてしまいます。
しかし男性の心をがっちり掴むには、女性らしさを意識した演出が効果的です。

意外とバレンタインに夢を見ている男性は多く居ます。
そんな男性の夢を叶えることで、相手を魅了してがっちり掴むことができるのです。

バレンタインの日は大人の女性ではなく、一人の女性として相手に贈りましょう。
普段はしっかりしているタイプの方なら、相手はギャップにキュンとするかもしれません。

②恥ずかしさが相手に伝わるよう意識する

ベタですが、恥ずかしがる女性というのは男性にとって可愛く見えるもの。
バレンタインというイベントに相手に好意を伝えたいけれど恥ずかしさがある、と伝わるよう意識しましょう。

大人になっても自分の気持ちを素直に伝えるのはちょっと恥ずかしい。
そんな気持ちを隠さず相手に伝えてください。

ただし、あざとすぎる言動はNGです。
若い頃は有効的でも、大人の女性になるとあざとい言動はただの痛い人になってしまいます。

③笑顔で渡す

バレンタインという日を楽しみにしていた、という気持ちが伝わるような笑顔を意識しましょう。
どんな場面でも笑顔は相手を魅了する有効的な手段で、不器用な方でもできるおすすめの方法です。

もし片思いの相手だった場合、バレンタインを贈るのが不安に感じるかもしれません。
しかし、不安などのネガティブな感情は場の空気を悪くしてしまうので、相手に伝わらないようしっかり隠しましょう。

④相手の喜ぶものを渡す

何も考えずただバレンタインに贈り物をするのでは、学生のころと変わりません。
相手の喜ぶものを渡すのが、大人の女性のやり方なのです。

バレンタインといえばチョコレートですが、甘いものが嫌いな男性も多々います。
贈ったときに相手が喜ぶものは何か、リサーチ能力も大人の女性に求められる資質です。

自分の気持ちを伝えるとともに、相手が喜ぶことを一番に考えた贈り物をしましょう。

⑤特別だと言葉で伝える

社会人になるとバレンタインはただのイベントの一つになってしまいがち。
人間関係をスムーズにするために義理チョコを配る、という光景は珍しくありません。

このため、ただ渡しても相手に何も伝わらない可能性も高いです。
特別な相手にバレンタインを贈るときは、「特別だ」ときちんと言葉にした渡し方をしましょう。

相手の気持ちを掴みたいなら、凝った言葉や演出は必要ありません。
自分にとって周りとは違う特別な存在だと、はっきり言葉にして伝えましょう。

<下に続く>

バレンタインの渡し方で注意しておくべきポイント

計画を立てる女性

バレンタインの渡し方は、男性をキュンとさせるのも大切ですが渡し方には注意が必要です。
具体的にどんな事に注意した渡し方をすればいいのか、5つご紹介します。

  1. 周りの目は気にしよう
  2. 高価すぎるものはNG
  3. ぶっきらぼうに渡さない
  4. スマートすぎるのはNG
  5. チョコが食べられるか確認しておく

①周りの目は気にしよう

相手が同じ会社の人だった場合、周囲の目はきちんと確認しておきましょう。
周囲が詮索して相手との関係が悪化、という可能性は少なくありません。

相手も、不特定多数の視線が集まっているところで渡されても困ってしまうでしょう。
周りの目を気にして相手に迷惑がかからないように渡すのは、大人の女性だからこそできる気遣いです。

②高価すぎるものはNG

バレンタインをきっかけに関係を進展させたいと考えている方は、高価すぎるものを贈るのは避けましょう。
相手のとの関係性がまだ微妙なときに高価なものを渡しても、ほとんど効力はありません。

高価すぎる贈り物に相手が喜ぶどころか、引いてしまう可能性も。
バレンタインに贈るものは、適切な値段の商品を選びましょう。

気持ちを伝える方法は、物の価値だけではありません。
高価なものを渡したところで相手が必ず喜ぶわけではない、としっかり頭に入れておきましょう。

③ぶっきらぼうに渡さない

大人になってバレンタインのイベントに便乗するのは恥ずかしい、と考えてしまう方は少なくありません。
しかし、恥ずかしさを隠すためになんでもないように渡すのはNGです。

大したリアクションもないぶっきらぼうな渡し方では、相手は義理だろうと勘違いしてしまいます。
自分の恥ずかしさを隠すのは逆効果と言えるでしょう。

④スマートすぎるのはNG

大人の女性だから、といってスマートすぎるバレンタインは避けましょう。
スマートすぎると相手がバレンタインだと気付かない可能性もあります。

大人の女性らしさは演出できますが、スマートな渡し方では相手に自分の気持ちは伝わりにくいです。
少し失敗するくらいがちょうどいい、という心構えでバレンタインに挑みましょう。

⑤チョコが食べられるか確認しておく

バレンタインにチョコレートを渡すという風習は一般的ですが、男性の場合チョコレートは甘すぎて食べられないという方も珍しくありません。
もしくは、チョコレートに含まれている成分にアレルギーを持っている可能性もあります。

何を贈るか、どんな渡し方をするかを考える前に、まず相手がチョコレートを食べられるか確認しましょう。
もし食べられない場合、無理にチョコレートを贈るのではなく別のものを選んでください。

<下に続く>

バレンタインの渡し方に一工夫で相手の心を掴もう

バレンタインが成功したカップル

バレンタインはいくつになってもドキドキするイベントです。
大人の女性でもそれは変わらないもので、男性にとってもバレンタインは特別な一日となるでしょう。

学生のころとは一味違う大人の女性らしい渡し方で、相手の心をがっちり掴んでください。
また、大人の女性だからこそできる気遣いや注意点もしっかり確認しておきましょう。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line