Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/06/12

人付き合いが苦手な人の特徴と原因!疲れたときの対処法&苦手克服法

「自分は人付き合いが苦手」と感じている人は、意外と多いものです。
逆に「人付き合いが得意」と思っている人のほうが少数派です。

人付き合いが上手に見えて、人間関係良好な人が「人付き合いに疲れた…」と、ふさぎ込むケースもあります。
人付き合いが苦手な人の特徴や原因、人付き合いに疲れたときの対処法を詳しく見ていきましょう。

人付き合いの苦手克服法もご紹介しますので、参考にしてください。

Large book 15584 640

人付き合いは疲れる?

人付き合いに疲れた人形

人生でいちばん大変なことは、ズバリ人付き合いです。
カナダの医師・エリック・バーンの名言に「過去と他人は変えられない」とあるように、他人をコントロールするのは不可能です。

しかも他人は十人十色、それぞれの人に反応して対処するのは、それだけで疲れてしまいます。
人付き合いが上手な人も苦手な人も、みんな疲れることがあります。

一方で、人を成長させるいちばんの要因が人付き合いであることも否めません。
余計なストレスを感じることなく人付き合いできる方法を、自分のペースで見つけましょう。

<下に続く>

人付き合いが苦手な人の特徴

人付き合いが苦手な女性

人付き合いが苦手な人は、どのような特徴があるのでしょうか?

  1. 気を遣う
  2. 距離感が近いのが苦手
  3. コミュニケーションが苦手
  4. 人からどう思われているのか気になる
  5. 人見知り
  6. 本音が言えない
  7. 人間関係のトラブルが苦痛

人付き合いが苦手な人の特徴を、具体的に見ていきましょう。

特徴①:気を遣う

人付き合いが苦手な人は、必要以上に気を遣うのが特徴です。
他人に迷惑をかけたくない、嫌な思いをさせてはいけないと頑なに思い込んで、自分の言動に制限をかけます。

「こうすると相手が嫌がるかもしれない」「こんなことを言うと相手が気分を害するかもしれない」と、先回りして考えて行動するので、とても疲れます。
さらに、気を遣う人と一緒にいると、相手も気を遣って疲れてしまいます。

「あの人といると、なんか気を遣ってしまう」と思われると、人付き合いが難しくなります。

特徴②:距離感が近いのが苦手

人付き合いが苦手な人は、距離を縮めてくる人に対して抵抗感が強いです。
警戒心が強いので、グイグイ来られると引いてしまいます。

初対面なのに親しげに話しかけられたり、いきなり下の名前で呼ばれるなど、馴れ馴れしくされるのが苦手です。
しかし、控えめな距離感同士だと、人付き合いが進展しないのも事実です。

いつも他人に対して距離をおいていると「人付き合いが悪い」という烙印を押されて、周囲に人が寄って来なくなります。

特徴③:コミュニケーションが苦手

人付き合いが苦手だと自覚している人は、もれなくコミュニケーション能力に自信がありません。
人と上手に会話を続けることが難しく、沈黙が恐怖、もちろん会話が弾んだ試しはありません。

話題の引き出しがあまりなく、何を話したら良いのかわかりません。
臨機応変の対応も不得手で、人の目を見て話せないことも自己嫌悪のひとつです。

人付き合いをしていくには、コミュニケーションが必須だと分かっているだけに、憂鬱な悩みです。

特徴④:人からどう思われているのか気になる

人付き合いが苦手な人は、他人の目に映る自分が気になります。
「自分はどういうふうに見られているのだろうか」「嫌な部分を隠したい」と思い、そのままの自分を出せません。

明るい性格に見られたい人はわざと大声を出して騒いでみたり、サバサバしていると思われたい人はクールな自分を演出します。
しかしそれは本当の自分ではないので、無理が生じます。

偽った自分を続けるのは苦しく、ますます人付き合いが苦手になってしまいます。

特徴⑤:人見知り

人付き合いが苦手な人には、人見知りが少なくありません。
人見知りとは、初対面の人と接するのに緊張して不安を感じることです。

初対面の人は、どのような人なのか分からないので、誰でも緊張するものです。
人付き合いが苦手な人は、気軽に話しかけることが難しく、その一歩にとてつもないエネルギーを消耗してしまいます。

人付き合いが苦手な人は、新しい人間関係をなかなか築くことができません。

特徴⑥:本音が言えない

人付き合いが苦手な人は自己主張をすることが苦手で、本音を言うことができません。
反論されたり、意見が分かれて言い合いになってしまうのが怖いのです。

また、自分とは違う意見の人に出会うと「自分が間違っているのかな」と、自己否定モードに入ります。
「間違った自分を悟られてはいけない」と、本音が言えなくなります。

人間は本音が言えないと、自分を嫌いになってしまいます。
自分を嫌いな人は他人を受け入れることが難しく、人付き合いを避けたいと思うようになります。

特徴⑦:人間関係のトラブルが苦痛

人付き合いが苦手な人は、自分が関与していなくても、人間関係のトラブルに心を痛めます。
職場で愚痴を聞いたり、同僚が上司に嫌味を言われているのを目にすると、とても悲しい気持ちになってしまいます。

感受性が強く、ストレスをためやすいタイプです。
「人付き合いなんて一生しなくてもいい」と思い詰めてしまうこともあります。

トラブルの張本人たちはすぎてしまうとケロッとしていても、人付き合いが苦手な人はいつまでも引きずってしまう傾向があります。

<下に続く>

人付き合いが苦手な人あるある

人付き合いに困る女性

人付き合いが苦手な人は、どんな行動や思考の傾向があるのでしょうか?

  1. 誘ってもらえない
  2. いつも誤解される
  3. 過去のことをいつまでも覚えている
  4. 気がつかないふりをしてしまう
  5. 不当に利用された
  6. どうせ信じてもらえない
  7. 不公平だと思う
  8. スマホか文庫本が必需品

人付き合いが苦手な人のあるあるを見ていきます。

あるある①:誘ってもらえない

人付き合いが苦手な人の常套句に「誘ってもらえない」があります。
誘って欲しい、話しかけて欲しい、仲良くして欲しいと、他人に依存しています。

自分から誘ったり話しかけたりせず、受け身になっているから思い通りにいかず、人付き合いが大変だと感じるのです。
人付き合いが上手な人は、他人任せにしません。

自分のペースで人を誘うので、ストレスなく時間やスケジュールを管理できます。

あるある②:いつも誤解される

人付き合いが苦手な人は、心を誤解されると激しく傷つきます。
怒っていないのに「怒ってるの?」などと言われると「どうしてそう思うのかな…もう友人いらない」と、一足飛びに極論に達してしまいます。

「私はいつも誤解される」「誤解されるのが嫌だから、人付き合いをしたくない」と考えてしまいます。
人付き合いが上手な人は「ぜんぜん怒ってないよ」と伝えたら、その件は終了です。

あるある③:過去のことをいつまでも覚えている

人付き合いが苦手な人は記憶力が抜群で、過去のことをいつまでも覚えています。
「小学時代からの親友が、高校の修学旅行で自分以外の友達とペアを組んだこと」を根に持ち、それ以来他人を信じられなくなった人もいます。

いつまでもしこりを残してしまうタイプは、繊細で傷つきやすい人が多いです。
人付き合いが上手な人は「そんなこともあるよね」と、良いことも悪いこともすぐに忘れてしまいます。

あるある④:気がつかないふりをしてしまう

人付き合いが苦手な人は、知り合いを見かけると気がつかないふりをしてしまいます。
電車のホームで上司を見かけて、逡巡した挙句思い切って会釈をしても、上司はこちらに気づかない様子なので、そっとその場を離れます。

翌日、その上司に「ホームにいたよね」と言われ、何とも言えない気持ちになります。
このような経験から、知り合いを見かけるとすぐに場所を移動するようになってしまいます。

人付き合いが上手な人には信じがたい行動です。

あるある⑤:不当に利用された

ママ友に親切ごかしにランチに誘われ、あれこれ根掘り葉掘り聞かれた挙句、PTAの雑用を引き受けさせられた例をあげてみましょう。
人付き合いが苦手な人は、不当に利用されたと感じています。

詮索された、なめられた、マウンティングされた、押しつけられた…人付き合い、もう無理!
同様の状況でも、人付き合いが上手な人はきっぱりと断ります。

引き受けてしまった場合も「利用された」とは考えず、「するなら好きなようにさせてもらうね」と主導権を握ります。

あるある⑥:どうせ信じてもらえない

身に覚えのないことを言われたとき、人付き合いが苦手な人は「どうしてそんなことを…」と絶望します。
「本当のことを言っても誰も信じてくれない」と釈明することなく、人付き合いの輪から遠ざかります。

黙って沈んでいる様子は、傍から見ると「身に覚えがあるんだろうな」と映ります。
人付き合いが上手な人は「そんなことしてないよ」と言って、あとは何事もなかったかのように、いつも通りにふるまって通常通りに生活します。

あるある⑦:不公平だと思う

職場でシフトが偏っていると、人付き合いが苦手な人は「私ばかりこの時間帯」「担当者は私のことが嫌いなのかも」と妄想して落ち込みます。
世の中の様々なことが不公平だと思い、人付き合いが嫌になります。

人付き合いが上手な人は「連勤はきついので、一日だけでも変えてもらえませんか?」と掛け合います。
その場では希望が通らなくても、担当者の記憶に残るので、次回から善処してもらえます。

あるある⑧:スマホか文庫本が必需品

人付き合いが苦手な人は、どこに行くときにもスマホか文庫本を持ち歩きます。
趣味の習いごとに行くとき、子どもの参観日や学校行事に参加するときも手放せません。

待ち時間にはスマホをいじっているか、読書に没頭します。
周囲の人と雑談をするのが苦痛だからです。

人付き合いが上手な人も、話題が巧みな人ばかりではありません。
笑顔で挨拶をするだけで、特に会話をしていない人もいます。

「会話を弾ませなければ」というミッションを持つ人が、人付き合いを複雑にしているのかもしれません。

<下に続く>

人付き合いがめんどくさいと感じる原因

人付き合いをめんどくさいと感じる女性

何が原因で、人付き合いをめんどくさいと感じてしまうのでしょうか?

  1. 相手が苦手なタイプ
  2. 職場の厄介ごと
  3. 金がかかる
  4. 人の悪意に触れたとき
  5. 愚痴のはけ口にされる
  6. 他人が信じられない

人付き合いがめんどくさいと感じる原因を、具体的に見ていきます。

原因①:相手が苦手なタイプ

人付き合いはそれだけでもめんどくさい側面があるのに、相手が苦手なタイプだった場合なおさらです。
明るくて頼りがいがある人だと思っていたけれど、付き合ううちに自分勝手で押しつけがましい性格が鼻につくことがあります。

誰とでも当たり障りなく人付き合いをしたくても、やはり苦手なタイプの人と付き合うのは疲れます。

原因②:職場の厄介ごと

職場には仕事をするために行っていると分かっていても、人付き合いが煩わしくて嫌になることがあります。
「お菓子配り」「お菓子外し」が代表的な例です。

取引先からのいただきもの、出張のお土産のお菓子を部署に配る風習で、人数分足りないときなど、どのように対処するのか頭を悩ませます。
そのとき席にいない人を省いて配分すると「お菓子外し」としていじめの一種となるケースもあります。

人付き合いが本当にめんどくさいと感じる一コマです。

原因③:金がかかる

人付き合いにはお金がかかります。
ランチや飲み会、冠婚葬祭の出費、手土産やお返しなどの交際費です。

自分のお財布事情を見直すときに「この出費をなくせばラクだ」と思う項目は、当人にとって切り捨てるに値するものです。
社会的に見て、交際費が必要なことは分かっているので、最低限に抑えたいと吟味します。

いろいろ検討していると「人付き合いがめんどくさい」結論に達してしまいます。

原因④:人の悪意に触れたとき

友人だと思っていた人から嫌がらせをされたり、ママ友内で特定の人を仲間はずれにする様子を見ると、つくづく人付き合いが嫌になります。
人の悪意は気まぐれで、いつ誰に向かうのか予測できず、自己防衛の方法がありません。

人付き合いをするうえでは今後もこういうことが起こるのかと思うと、人付き合いがめんどくさいと感じてしまいます。

原因⑤:愚痴のはけ口にされる

控えめで穏やかな性格が災いしたのか、いつも人の愚痴の聞き役にされて、人付き合いがめんどくさくなる人もいます。
「あなたには話しやすい」「口が堅いから信用できる」と言われて、ネガティブな内容を延々聞かされます。

話した人はスッキリするかもしれませんが、他人の心のドロドロや聞きたくもない噂を聞かされた人は「人付き合いがめんどくさい」思いしか残りません。

原因⑥:他人が信じられない

他人を信じられない人は、そもそも人付き合いをしたいと思っていません。
できれば人付き合いをやめたい、できれば一切したくないとすら思っています。

社会で働いて生きていくために、必要最低限の人付き合いをこなしていますが、めんどくさい以外の所感はありません。
中には、家族といるときにも疎外感を感じてしまう人もいます。

<下に続く>

人付き合いをやめると楽になる?

人付き合いをやめたい女性

人付き合いをやめると、楽になるのは確実です。
いま感じている「人付き合いの煩わしさ」から解放されるのですから当然です。

しかし、人間社会は人付き合いで成立しています。
夫婦や親子など、家族も人間社会であり、人付き合いです。

夫婦関係や親子関係に悩んでいる人は、その関係をやめると楽になりますか?
楽になるのなら、この際やめてしまう選択もありです。

でも「やめても問題は解決されない」という人は、人付き合いではなく自分の内面の問題です。
自分にしっかり向き合って、問題解決できると良いですね。

<下に続く>

人付き合いに疲れたときの対処法

人付き合いを考える女性

人付き合いに疲れてしまったら、どうすれば良いのでしょうか?

  1. 距離を置く
  2. SNSをやめる
  3. 睡眠をとる
  4. リフレッシュする
  5. 不要な物を断る
  6. お返しをやめる
  7. 保育施設を利用する
  8. 上司や先輩に相談する

人付き合いに疲れたときの対処法は、以下です。

対処法①:距離を置く

人付き合いに疲れたら、今あなたを悩ませている人間関係から一旦離れます。
離れてみて「この関係、なくても困らない」と気づいたら、その人とは一緒にいる必要がありません。

距離を置くことで冷静になって「もう一度腹を割って話してみよう」と思えたら、心新たに人付き合いを始めましょう。

対処法②:SNSをやめる

人付き合いに疲れてしまった原因がSNS由来の場合は、SNSをやめます。
仕事上で使用するのでやめるわけにはいかない人は、落ち着くまで封印します。

SNSをシャットアウトするのは、人付き合いを断捨離する手っ取り早い方法です。
スマホやPCの電源をオフにするだけで、ネット上の人付き合いをやめることができるのですから。

居心地の悪い世界は遠ざけた方が、人生が楽しくなります。

対処法③:睡眠をとる

人付き合いに疲れたら、まずはたっぷり睡眠をとってください。
人間関係のストレスはメンタルにダイレクトに影響します。

メンタルが弱っていても、睡眠と食事をとっていれば、回復の道のりが早く済みます。
まずは体調を調えて、余裕ができたら人付き合いの悩みに取り掛かれば良いのです。

対処法④:リフレッシュする

人付き合いに疲れたら、問題の人間関係に挑む前にリフレッシュします。
カフェに行く、話題のスイーツを食べるなど、自分が心地良いと感じることをします。

映画を観る、温泉に行く、ひとりカラオケをするなど、ひとりでできることがおすすめです。
人付き合いに疲れているときは、ひとりで気を遣うことなく過ごしましょう。

自分の心が満たされたと感じたら、穏やかな気持ちで人付き合いをリスタートします。

対処法⑤:不要な物を断る

人付き合いに疲れる原因の一つ「いただきもの」をきっぱり断ります。
不要な物をもらっている人は、もれなく人付き合いに悩んでいます。

旅行のお土産、姑や実母からのおすそ分け、職場で配られるお菓子など、好みではない物や欲しくない物を受け取ると、不満が溜まります。
相手の好意を無にしたくない思いが不満に変換されて、人付き合いを面倒にしているのは非常にもったいないことです。

欲しい物や好みの物は「ありがとう」と感謝して受け取ります。

対処法⑥:お返しをやめる

不要な物を断ることができるようになったら、お返しをやめます。
「好きな物だけを受け取って、お返しもしないなんて」と思うかもしれませんが、大丈夫です。

お返し目当てでプレゼントしてくれていた人は、もう何かをくれることがなくなります。
それでもあなたに与えてくれる人には、たまに美味しいコーヒーをご馳走してあげましょう。

人付き合いの相手が自然淘汰されます。

対処法⑦:保育施設を利用する

小さい子どもを抱えて人付き合いに疲れてしまった人は、一刻も早く保育施設を利用しましょう。
落ち着いて自分をメンテナンスする家庭で、小さい子どものお世話が待っていると、人付き合いの疲れが膨れ上がってしまいます。

これは大変危険な状態です。
ママ友や職場の人付き合いのストレスを最小限にとどめるために、フリーの時間を作ってください。

対処法⑧:上司や先輩に相談する

人付き合いに疲れたら、信頼できる上司や先輩に相談してみましょう。
これ以上人付き合いを増やしたくない、と思うかもしれませんが、他人の視点を借りると驚きの解決策が見つかることがあります。

受け取り方や考え方は、人それぞれです。
あなたが疲れている人付き合いは、上司から見ると「付き合っていない」範疇かもしれません。

新たな側面に気づくと、人付き合いの方法自体が改善されることも期待できます。

<下に続く>

人付き合いの苦手を克服する方法

人付き合いを克服する女性

どのようにすれば人付き合いの苦手を克服できるのでしょうか?

  1. 笑顔で挨拶
  2. 思い切って空気を読まない
  3. ジャッジしない
  4. 価値観を緩める
  5. 去る者は追わず、来るものは拒まず

人付き合いの苦手を克服する方法をご紹介します。

方法①:笑顔で挨拶

人付き合いが苦手な人は、笑顔で挨拶することを心がけます。
これだけで人付き合いの悩みが半分くらい改善されます。

会話が続かなくても弾まなくても、笑顔で挨拶さえ忘れなければ「感じの良い人」という印象を残せます。
笑顔のポイントは、口角を上げることです。

方法②:思い切って空気を読まない

人付き合いの苦手を克服するために、思い切って空気を読むことをやめてみましょう。
人付き合いが苦手な人は、相手が気に入るような言動をしてしまいます。

「こんなふうに言って欲しいだろう」「こうすれば喜ばれるだろう」と勝手に想像して行動するので、疲れます。
「喜んで欲しい」オーラが出ているので、相手もプレッシャーを感じて緊張します。

どう思われてもいい、むしろ嫌われてもいいと思うと、人付き合いはスルッと上手くいくものです。

方法③:ジャッジしない

人付き合いの苦手を克服する方法で大切なのは、他人をジャッジしないことです。
「あの人は変だ」「普通そんなことをしないのに」とジャッジすると、心のどこかで「自分もそんなふうに思われているのかも」と考えてしまいます。

他人をジャッジする人は、自分がジャッジされることがとても怖いのです。
もちろん他人だって、いつもジャッジしている人と付き合うのはうんざりです。

ジャッジをやめて、安心できる人付き合いをしてください。

方法④:価値観を緩める

人付き合いの苦手を克服するには、自分に厳しくすることをやめましょう。
自分に厳しい人は、相手の言動も自分の常識や価値観で計ってしまい、どうしても許せない部分が生じます。

「多少のことはどうでも良い」と、自分にも他人にもゆるく接することを心がけます。
こだわりが少ないほど人付き合いは上手くいくものです。

方法⑤:去る者は追わず、来る者は拒まず

人付き合いの苦手を克服する極意は「去る者は追わず、来る者は拒まず」です。
意味は「去って行く人をあえて引き留めたりせず、自分に近づいて来る人を受け入れる」ことです。

今までずっと仲が良くても、環境や成長で価値観が変わると、一緒にいるのが難しくなります。
また、あなたに魅力を感じて近づいて来る人は、フィルターを通さずに受け入れてみると、新しい発見があります。

<下に続く>

人付き合いは我慢せず、ゆるいつながりを目指す

楽しく人付き合いする同僚

人付き合いの中で、人と意思の疎通をすると、自分のことが浮き彫りになって見えることがあります。
つまり、人付き合いとは「自分を知ること」の重要なツールです。

人付き合いは楽しいことばかりではなく、疲れることもあります。
「こうしたら上手くいく」という正解はなく、人と相対する中で、自分がいかに自由にふるまうことができるかがポイントです。

相手に合わせ過ぎず「自分と合う人だけが残ってくれればいい」くらいの気持ちで、ラクに人付き合いができるといいですね。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line