Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/03/12

男女別モテる職業ランキングTOP10!モテる職業の条件とは?

「異性にモテる職業って何?」「モテる職業に就くと、どんな場面で有利なの?」
そんな疑問にお答えし、モテる職業ランキングをご紹介します。

モテる職業と言われるためのキーワードは「安定」「憧れ」「結婚」の3つ。
厳しい条件をクリアしてモテる職業に就く男女はどのようなタイプなのか、みていきましょう。

Large 2
目次

モテる職業の条件

モテる職業の男性

では、モテる職業にはどのような条件があるのでしょうか?
以下の条件3つをご紹介します。

  1. 安定した収入
  2. 憧れる人が多い
  3. 結婚生活を想像しやすい

条件①:安定した収入

モテる職業の一番大きなポイントとなるのが「安定した収入」です。
結婚後も共働きで生活していくつもりだとしても、妊娠・出産をきっかけに仕事を続けられなくなる女性もいます。

そんなときに頼れるのは夫の稼ぎだけ。
家族が増えても安心して生活できるだけの収入は、男性の魅力の一つと言えるでしょう。

条件②:憧れる人が多い

モテる職業というのは、一般的に多くの人が憧れを抱いているものです。
「自分もその職業に就いて羨ましがられたい」「彼氏・彼女がその職業だったら鼻が高い」など、聞いた人が思わず「いいなあ」と口にしてしまうような職種。

なりたいからといって、誰もが簡単になれるような仕事ではありません。
持って生まれた才能だったり、寝る間を惜しんで長い間猛勉強した結果だったりと、成功する確率が低いからこそ周囲の憧れが大きくなってモテるのです。

条件③:結婚生活を想像しやすい

モテる職業に欠かせないのが、「結婚生活を想像しやすいこと」です。
彼氏や彼女を選ぶとき、どうしても相手の仕事が気になってしまうのは、結婚を意識しているからなのでしょう。

「職を失う心配がないから将来安心」「妻として、母親として家庭を守ってくれそう」と思える職業は「安定した幸せな暮らし」をイメージできますので、ぜひ自分のパートナーにしたいと願うようになります。

<下に続く>

男性にモテる職業ランキングTOP10

モテる職業に就いた女性

ランキング10位:OL

OLとは、通常「女性会社員」「女性事務員」を指します。
幅広い業務をこなすため男性と関わることも多く、職場内恋愛・結婚の可能性が高いモテる職業と言えるでしょう。

また専門職に比べて「どうしてもこの仕事を続けたい」とこだわりのある女性は少ないため、転勤のある男性にとっては「一緒についてきてほしい」と言いやすい相手になりそうです。

ランキング9位:読者モデル

男性は可愛い子や美しい容姿にとにかく弱い生き物ですので、モデルの彼女がいればこれ以上ない優越感に浸ることができます。
でもプロのモデルとなると、敷居が高すぎて雲の上のような存在になってしまいますので、手が届くかもしれない読者モデルがモテる職業にランクインしました。

雑誌に載っているキレイな子を実際に連れて歩けるだけで、男性としての喜びもひとしおなのでしょう。
ただ出会いのきっかけが少ないので、男性が合コンしたい職業としても声が高いようです。

ランキング8位:アナウンサー

女子アナは男性の憧れで、モテる職業ですよね。
抜群の容姿に加えて教養や美しい所作をも身につけ、女性らしく華やかなのに清楚で真面目な印象。

ただキー局のアナウンサーはあまりにも有名すぎて恋愛に制限がありそうなので、モテる職業となるのは地方局の女子アナかもしれません。
いつもテレビで見る彼女たちの笑顔に、どれだけの男性が癒されているのでしょう。

ランキング7位:エステティシャン

エステティシャンは「美」のプロですから、体の内側からも外側からもキレイになる知識や技術が豊富。
普段から美しくなるための努力を人一倍しているはずなので、男性にモテる職業であることは間違いありません。

エステティシャンの彼女がいたら、「疲れたときにマッサージをしてもらえそう」。
そんな男性の声が聞こえてきます。

ランキング6位:受付嬢

受付嬢は企業の顔なので、容姿が優れていて礼儀正しい女性と言えるでしょう。
場合によっては英語力を求められるため知的な印象も。

緊張と不安を抱えながら訪れた取引先で、一番最初に笑顔で迎えてくれて丁寧に優しく対応してくれた…その姿に心惹かれる男性が多く、受付嬢がモテる職業と言われる大きな理由になっているのかもしれません。

ランキング5位:栄養士

一人暮らしの男性は、食事がおろそかになりがち。
仕事が忙しく自炊をする習慣がないこと、また健康のことよりも好きなものだけを食べたいという欲求が強いことから、食生活が不規則になり体調を崩す原因に繋がる場合もあります。

「このままじゃダメ」とわかっていながらも、なかなか自分の食事に気をつけることができません。
そんなときに栄養士の彼女がいてくれたら、「将来美味しくて健康的な食事で俺を支えてくれそう」とイメージするようです。

男性の胃袋をつかみやすい「栄養士」は、モテる職業と言えますね。

ランキング4位:保育士

男性が「お嫁さんにしたい」という意味で、モテる職業となるのが保育士です。
普段から子供に接しているだけあって母性に溢れ、「きっと優しい女性なんだろう」と想像できます。

また「良い母親像」を思わせますので、「結婚して子供ができても子育てで心配することがなさそう」と考える男性が多いのでしょう。

ランキング3位:歯科衛生士

歯科衛生士は口腔ケアのスペシャリストで、モテる職業として人気があります。
もちろん自分の口の中もチェックしているはずなので、「きれい好きで清潔感のある女性」という印象を受けますね。

歯医者さんで治療を受けるときは「痛い」「怖い」「嫌だな」といった憂鬱な気持ちで受診することも多いのでは?
だからこそ、歯科衛生士の女性が優しく「大丈夫ですよ」と言ってくれるだけで男性はキュンとします。

そして、「このマスクの下に隠れている素顔を見てみたい」という願望に駆られるのです。

ランキング2位:CA(キャビンアテンダント)

男性からモテる職業ランキングでトップ争いをするのがCAです。
スラッとしたスタイルに端正な顔立ち、また語学力も堪能で接客サービスはハイクオリティ。

美意識が高く、気遣い上手でコミュニケーション能力にも長けている完璧な女性ですので、男性なら「何としてでも落としたい」と思うでしょう。
一度でもいいから「俺の彼女CAなんだよ」と言ってみたい男性が山ほどいるようです。

ランキング1位:看護師

女性がモテる職業ランキングで見事1位に輝いたのは、やはり看護師です。
白衣の天使とも呼ばれるほど男性の憧れは強く、多くは看護師との恋を夢見ています。

その上、看護師は高収入として知られる職業でもあるので、男性も理想の結婚相手と考える傾向にあるようです。

<下に続く>

ぜひ付き合いたい!モテる男性の職業ランキングTOP10

モテる職業に就いた男性

ランキング10位:パイロット

「パイロット」と聞いただけで、あるいはパイロットの制服を着ている男性を見るだけで思わず「カッコイイ」とため息を漏らす女性は多いことでしょう。
目的地まで旅客機を操縦し、安全に「人」と「貨物」を運ぶ仕事。

自動操縦とはいえ、急な気象の変化やエンジントラブルなどに気をつける必要があるため最後まで気は抜けません。
ドラマや映画でパイロットが真剣に操縦するシーンが印象深く、さらに医師と変わらないくらいの収入があると言われているため、モテる職業であるのも納得です。

ランキング9位:美容師

美容師の男性は、何と言っても「オシャレでカッコイイ」というのが女性の圧倒的な意見として、モテる職業に選ばれています。
シンプルなだけに、センスの良さが光るファッション。

鏡越しに男性美容師と話をしていると、笑顔でコミュニケーションを取りながらも、時々真剣な顔で髪を切る姿にドキッ。
カリスマ美容師でもない限り高収入とは言えないようですが、女性なら「大好きな彼氏に髪を切ってもらいたい」という憧れを抱くものです。

ランキング8位:大手企業の会社員

誰もがよく知るあの有名な会社…そこで勤務している男性が彼氏・夫だったら、女性としてはとても気分が良くなることでしょう。
一般的な会社員と比べてもはるかに年収が高いため、特に専業主婦を希望する女性からモテる職業と言えるかもしれません。

ランキング7位:SE(システムエンジニア)

SEの仕事を簡単に言うと、「こんなシステムを作ってほしい」という顧客からの要望を具体的に形にすることです。
限られた期間・予算の中で、どれだけ顧客のニーズを実現できるのかがSEの腕の見せ所。

基本的にSEの職に就くのは男性が中心で、女性は少数と言われていることからも、大半の女性にとっては苦手な分野なのでしょう。
難しそうな設計をサクサクとこなす男性の姿は、女性目線でとてもまぶしく見えるもの。

だからSEはモテる職業なのです。

ランキング6位:経営者

日常生活の中で、経営者と出会うことはあまりありません。
出会う機会がないからこそ、女性は「経営者の男性と付き合えたらゴージャスな暮らしができる」と夢や希望がどんどん膨らみます。

経営者がモテる職業に入っているのは、収入や肩書きだけではありません。
リーダーシップ性・決断力・行動力・チャレンジ精神・ポジティブといった、正に「男らしい」というイメージも大きく影響しているよう。

女性としては、「精神的にも金銭的にも頼りになりそう」「守ってくれそう」と期待してしまいます。

ランキング5位:商社マン

商社とは「食料品や自動車などの、ありとあらゆるものを世界中と取引する会社」を言います。
商社マンの仕事は主に、商品を「高く販売したい売り手」と「安く仕入れたい買い手」のパイプ役。

より有利な取引ができるように、時には現地に行って直接外国人生産者と交渉することもあるようです。
つまり、世界を舞台に活躍する仕事ということになりますので当然モテる職業に。

商社マンが隣にいたら、ときめかない女性を探す方が難しいかもしれません。

ランキング4位:医者

友達から「私医者の男性と付き合ってる」と聞いたら、誰もが目を見開いて羨望の眼差しになってしまいますよね。
その際、やっぱり最初に頭に浮かぶのは「年収」

一般企業に勤務する同年代男性に比べて桁違いの数字ですので、多くの女性がなびいてしまうでしょう。
そして努力家・勤勉家であることは間違いありませんから、真面目で仕事熱心なイメージ。

専門の科目にもよりますが、自分や家族の体で心配なことがあれば「気軽に相談できる」というのも、モテる職業の大きな理由になっているようです。

ランキング3位:公認会計士・税理士

公認会計士の主な仕事は、「企業が作成した財務情報を検証して適正か不適正かを判断すること」です。
公認会計士の保証があることによって、その企業に関わる人は安心して投資や融資などの取引を行うことができます。

一方税理士の主な仕事は「法人税・所得税・相続税・消費税・固定資産税などの税金に対して、計算や申告書の作成・会計帳簿の記入を代わって行うこと」です。
どちらも高収入なのはもちろん、「数字に強い」「頭の回転が速い」「できる男」というイメージが強いことが女性にとっては魅力的に見えて、モテる職業に選ばれているようです。

ランキング2位:弁護士

私たちの身の回りで起こる法律トラブルを解決するために手助けをしてくれる弁護士は、昔からモテる職業トップクラス。
依頼人の望む結果になるように、また依頼人の利益を考えて法律のプロとしてサポートしてくれる存在です。

そしてテレビドラマの影響も大きいようで、「正義の味方」という印象を持っている人が多いのも事実。
高額年収に加え、「何か困ったことがあったら助けてもらえる」「頼りになる」という安心感は、女性が男性に求める最大のポイントかもしれません。

ランキング1位:公務員

女性にモテる職業、不動の1位は公務員です。
公務員は利益のためではなく、全ての国民のことを考えて公共のために働くお仕事。

責任重大な分、保障が非常に厚いというメリットが安定した雇用に繋がり、社会的に認められる人気の職業になっているのでしょう。
利益を上げたからといって給与に反映されるわけではありませんが、不況に関係なく年齢と共に昇給していきますし、リストラの心配もありません。

「子供が生まれても安心して生活していける」という職業の男性は、それだけで女性が「付き合いたい」「結婚したい」と思うもの。
女性は子供を産み育てるという使命を果たすために、やはり現実的にパートナーを選びたくなるようです。

<下に続く>

モテる職業に就く男女の特徴

モテる職業に就いた男女

男性の特徴

モテる職業に就く男性の特徴は、「要領が良い」「柔軟な発想」「探究心が強い」の3つと言えるでしょう。
女性からモテる職業と思われる大きな条件は、何はともあれ「お金」はポイントでしょう。

同年代の男性よりも一回りも二回りもたくさん稼ぐためには、多くの場合、超難関と言われる試験に突破したり合格率の低い国家資格を取得したりする必要があります。
そのためには、今の自分に必要な情報のみを見抜いて優先順位をつけ、ゴールまでの最短距離を考える要領の良さが欠かせません。

またイレギュラーなことが起こったときには固定概念に囚われない、柔軟な発想が求められますし、わからないことがあるときは「自ら調べよう」とする強い探究心が、知識の引き出しを増やすのです。

女性の特徴

モテる職業に就く女性の特徴は、「真面目」「信念が強い」「美意識が高い」の3つと言えるでしょう。
男性からモテる職業と言われやすいのは「女性らしさ」をイメージできること。

男性から「優しそう」「彼女・奥さんにしたい」と思われる仕事をするためには、資格試験に合格するか専門の養成機関を卒業する必要があります。
どちらも決して簡単なことではなく、コツコツと努力を続けることが必要不可欠ですので、「絶対に合格する!」という強い信念を持って真面目に勉強に取り組まなければいけません。

また普段から美意識が高い女性は仕事でもその能力を発揮する傾向がありますので、「いつまでもキレイでいれくれそう」と男性の期待が高まるのです。

<下に続く>

モテる職業が最も効果を発揮するシチュエーション

モテる職業の女性にアプローチする男性

では、モテる職業が最も効果を発揮するのはどのような場面なのでしょうか?
以下のシチュエーション5つをご紹介します。

シチュエーション①:同窓会

モテる職業が最も効果を発揮するとき、と言えば「同窓会」でしょう。
久しぶりに会った仲間との会話に「今何してるの?」はつきもの。

そのときに「俺は公務員」「私は看護師」と一言発しただけで、異性の目の色は一瞬にして変わり、キラキラと輝き出します。
それを聞くまでは特に意識をしていなかったのに、急に相手が魅力的に見えてアプローチをしたくなるのです。

「連絡先の交換」「こっそり二人だけの二次会」「食事の約束」など、モテる職業の人にはあちこちからお誘いが来るでしょう。

シチュエーション②:婚活

モテる職業は、婚活でも効果を発揮します。
結婚を望む多くの男女は相手の仕事を気にするため、婚活プロフィールの「職業欄」は大変重要。

婚活パーティーなどに参加する人は、基本的に身だしなみや清潔感に気を遣っているはずなので良い印象を与えやすいでしょう。
だからこそ、異性は「じゃあこの人はどんな仕事をしているんだろう」というところに意識が向きます。

女性の場合、モテる職業を記載するだけで男性側は「女性らしい人なんだな」「幸せな家庭がつくれそう」と考え、交際に発展するケースもあるようです。

シチュエーション③:相手の両親への挨拶

モテる職業であることは、相手の両親へ挨拶をするときに好印象を持ってもらう効果があります。
大事な息子・娘には「幸せになってもらいたい」というのが親としての当然の願いですが、その大きな判断材料となるのが相手の仕事。

一般的にモテる職業とされる仕事は世間体が良く安定していますので、親世代からの評判も上々です。
容姿よりも、「こういう仕事をしている女性なら息子を任せられる」「良いお嫁さん・お母さんになってくれそう」という点を重視するでしょう。

シチュエーション④:合コン

モテる職業は、合コンでもその威力を発揮します。
数人の男女が初めて顔を合わせ、お互いに第一印象を決めながら自己紹介。

その中にモテる職業の人がいると、一躍注目の的になります。
「具体的にどんな仕事なの?」「勉強大変だった?」「どうしてその職業を選んだの?」など、次から次へと質問攻めに。

モテる職業は異性から興味を持たれ、会話が弾みやすいので初対面の相手とも距離が縮まるきっかけになるようです。

シチュエーション⑤:制服姿を見せる

モテる職業は、制服姿を見せるとギャップを与える効果があります。
普段はスウェットやジャージばかりなのに、仕事のときはパリッと着こなすスーツ姿・白衣・パイロットのカッコイイ制服。

女性の場合は、髪を一つにまとめてストッキングを履き、清潔感のある可愛らしい制服姿に。
これが男性にはたまりません。

逆に清楚で真面目そうな制服姿の女性が、長い髪をほどいて普段着で登場してきたときのギャップにも男性は弱いもの。
モテる職業はギャップの宝庫ですので、恋に落ちやすいと言えるでしょう。

<下に続く>

男女別モテる職業ランキング!モテる職業に必要なこととは?のまとめ

モテる職業に就けて幸せな二人

男性からモテる職業として人気なのは、「女性らしさ」をイメージしやすい看護師・CAなど。
女性からモテる職業として人気なのは、「将来的に安心して生活できるだけの収入が得られる」公務員・弁護士などです。

「安定した収入」「人から憧れられる」「結婚生活に結びつく」といった点を意識することでモテる職業に就くことができ、モテる職業の男性を彼氏にできる日が訪れるでしょう。

Thumb color
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line