Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2018/12/06

毎日セックスする夫婦の割合とは?メリットやマンネリを防ぐ方法を解説

「毎日セックスをするカップルや夫婦はどれくらいいるの?」「毎日したいのにマンネリ気味…」
そんな「毎日するセックス」に関する疑問や悩みを解決していきましょう。

毎日セックスをしていると「このセックスに愛情はあるのかな」などと不安になることも。
でも楽しいセックスができるようになるとそんな不安は解消され、健康・美容効果のUPも期待できますよ!

Large 1
目次

毎日セックスするカップルや夫婦の割合

毎日セックスをする女性

相模ゴム工業株式会社の調査によると、カップルや夫婦が1ヶ月間にセックスをする平均回数は2.1回と報告されています。
年代別に見ると、「20代 4.11回」「30代 2.68回」「40代 1.77回」「50代 1.38回」「60代 0.97回」という結果に。

この数字からわかるのは、セックスの平均回数が最も多い20代でも週1回未満のペースが一般的ということ。
つまり、毎日セックスをする男女の割合はごく少数で、1割にも満たない特別なケースと言えるでしょう。

カップル

さらに同調査では、カップルが1ヶ月間にセックスをする平均回数を「4.1回」としています(参照:上記に同じ)。

20代カップルの平均回数が多いのは、性に対する興味関心や性欲が強く、体力があることが大きな要因なのでしょう。

またどちらも学生の場合は、日々の生活の中で自由に使える時間が多いことも強く影響しているようです。

夫婦

また、夫婦が1ヶ月間にセックスをする平均回数を見てみると「1.7回」(参照:上記に同じ)。

夫婦の平均回数がカップルの半分以下にグッと下がる理由として、出産によって女性の性欲が落ちることも、一因になっているのかもしれません。

毎日セックスするカップルや夫婦の特徴

毎日セックスをするカップル

では、毎日セックスするカップルや夫婦にはどのような特徴があるのでしょう。

  1. セックスが生活の一部
  2. 二人の関係が良好
  3. パターン化しない
  4. 性欲が強い
  5. 男性が年下
  6. 友達感覚
  7. 体の相性が良い

続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。

特徴①:セックスが生活の一部

毎日セックスする男女によく見られるのは、セックスが習慣化されて生活の一部になっていることです。
「一緒にお風呂に入った後で」「夜寝る前に」といった流れが多いよう。

「朝起きたら顔を洗う」のように、二人にとってセックスは意識することなく当たり前に行う行為なのでしょう。
どちらから誘うわけでもなく、決まったタイミングになるとお互いを求め合います。

特徴②:二人の関係が良好

毎日セックスができるということは、お互いが自分本位ではなく相手を思いやったセックスをしているということでしょう。
心の通い合ったセックスは、言葉はなくても「自分はどう感じているのか」「相手は何をしてほしいのか」といった気持ちが通じるコミュニケーションの一つです。

セックスでコミュニケーションがとれる二人は、普段から相手に気を配って接しているはず。
だから、パートナーと良好な関係が築けていると言えるのです。

特徴③:パターン化しない

毎日セックスをするカップルや夫婦のほとんどは、セックスをパターン化しません
同じパートナーと長く一緒にいると、どうしてもセックスがマンネリ化して「飽きる」「興奮しない」といった状況に陥りやすいもの。

そうならないために、あらゆる方法を盛り込んだセックスをしています。
どちらかが性に好奇心旺盛なタイプで、「こんなこともしてみたい」「あれも楽しそう」という発想がどんどん出てくるケースもあるようです。

特徴④:性欲が強い

毎日セックスをする二人は、もともと性欲が強い男女という場合もあるでしょう。
「食欲がある時はいくらでも美味しく食べられる」という状態と同じように、性欲が強いと何回しても楽しくて毎日したくなるようです。

そして性欲が強いということは、純粋にセックスが好きということ。
自分が好きだから「相手にも気持ちよくなってもらいたい」と努力しますし、飽きないのです。

特徴⑤:男性が年下

彼氏や夫が年下の場合も、毎日セックスをする傾向があるようです。
一般的に、男性の性欲が一番強いのは10~20代で、30代に入る頃から徐々に性欲は和らいでいくもの。

これに対して、女性の性欲のピーク期間は20代後半~40代と長く続きます。
そのため、男性パートナーが若いほどお互いを求め合う力が強いと言えるでしょう。

特徴⑥:友達感覚

付き合う前は友達同士だったという二人は、カップルや夫婦になっても友達感覚の関係が続くことがあります。

その場合、セックスの最中も恥ずかしがったり遠慮したりすることなく、自分のしてほしいことを素直に言いやすいよう。

だからお互いの満足度が高く、心が満たされるセックスを毎日できるのです。

特徴⑦:体の相性が良い

毎日セックスをする男女は、やはり体の相性が良いようです。
体の相性が良いか悪いかの判断は、「心地良い相手のにおい」「肌質」「声」「触られた時の感覚」「男性器の形や感じる位置」など、人によってさまざま。

ただし、お互いにある程度セックスの経験を積まないと体の相性が良いかどうかはわからないので、それなりにテクニックや知識が身についている二人なのでしょう。

毎日セックスするメリット

毎日セックスをする男女

では毎日セックスする場合、どのようなメリットがあるのかみていきましょう。

  1. 安心感が得られる
  2. ぐっすり眠れる
  3. 美容効果
  4. 適度な運動
  5. ストレス解消
  6. 生理前や生理中の痛みが軽くなる
  7. 女性らしい体つきに

続いて、それぞれのメリットを詳しくみていきます。

メリット①:安心感が得られる

セックスによって肌と肌が触れ合うと、「オキシトシン」というホルモンが分泌されます。
「オキシトシン」は「愛情ホルモン」とも呼ばれ、相手に対する信頼感を強くする力があるため「安心する」「落ち着く」といった感情が生まれるのです。

仕事や人間関係のトラブルなどで嫌なことがあっても、毎日ベッドの上で愛し合うことで沈んでいた気持ちがリセットされ、「また明日も頑張ろう」と思えるのでしょう。

メリット②:ぐっすり眠れる

オキシトシンは、気持ちいいと感じることで分泌量がさらに増えますので、毎日のセックスによって心が落ち着いてリラックスできます。
その結果、自然な眠気に誘われて心地良く深い眠りにつくことができるのです。

またぐっすり眠ることで睡眠の質が上がるため、今までと同じ時間寝たとしても疲れがしっかり取れ、翌朝スッキリ目覚めることができるでしょう。

メリット③:生理前や生理中の痛みが軽くなる

オキシトシンには、「βエンドロフィン」と呼ばれる快楽物質の分泌を活発にする役割もあります。
βエンドロフィンは、鎮痛薬として使われるモルヒネの6.5倍もの鎮痛効果が知られているので、毎日セックスすることで生理前や生理中の痛みを軽減する効果が期待できるのです。

メリット④:適度な運動

セックス1時間の消費カロリーは、なんとジョギング30分間に相当すると言われています。
意外にも、前戯の段階でキスをするだけである程度の運動量になっているようです。

適度な運動はダイエットに欠かせませんが、毎日続けるのはなかなか大変。
でも大好きな彼とのセックスなら、あっという間に1時間が経ってしまうでしょう。

メリット⑤:ストレス解消

ストレスは毎日発生しているので、こまめに発散してため込まないようにする必要があります。
セックスは優れたストレス解消法の一つなので、毎日行うことでストレスによる心身の不調を防ぐことができるのです。

ポイントは、「セックス中の快感」「セックス後に感じる心地良いけだるさ感」
この二つの感覚にたどり着いたということは、ストレス発散に効果のある脳内物質が分泌されているという証です。

毎日のセックスで満足感を得ることが、ストレスフリーの生活につながると言えるでしょう。

メリット⑥:美容効果

女性らしい美しさを保つためには、「エストロゲン」「プロゲステロン」という二つの女性ホルモンのバランスが整っていることが重要となります。
毎日セックスすることで生まれるのは、「ドキドキ・ワクワクする」「私は女性として魅力があるから性の対象にされてるんだ」「気持ちいい」といった快感

この快感を毎日味わうことで、女性ホルモンのバランスを正常に整えるのです。
その結果、潤いやハリのある肌・髪を作るといった美容効果が期待できます。

メリット⑦:女性らしい体つきに

運動や筋トレが苦手な女性でも、毎日セックスをすることで適度な筋肉がついて体が引き締まるので、女性らしい体を手に入れやすくなります。
正常位は、普段あまり使わない太ももの筋肉や腹筋・背筋を鍛えるのに効果的。

バックは二の腕と骨盤底筋を鍛え、しなやかなくびれを作るのに役立ちます。
女性にはちょっと抵抗があるかもしれない騎乗位は、体全体の代謝を上げて脂肪の燃焼を助けてくれるのだとか。

筋肉は使わないとどんどん衰えるので、脂肪が燃えにくい体に。
でも毎日セックスを行うと、女性らしい筋肉を維持できてメリハリのあるボディーラインに近づけるのです。

毎日セックスをするデメリット

毎日セックスをして不安になる女性

では毎日セックスをする場合、どのようなデメリットがあるのかみていきましょう。

  1. 飽きて義務的になりやすい
  2. ドキドキ感がなくなる
  3. 寝不足で疲れが取れない
  4. 望まない妊娠の可能性も
  5. 相手に依存しすぎる
  6. 避妊による大きな出費
  7. 「体目的かも」という不安

続いて、それぞれのデメリットを詳しくみていきます。

デメリット①:飽きて義務的になりやすい

いくら好きな相手でも、毎日同じようなセックスばかりでは飽きてしまいます。
飽きると「セックスがつまらない・面倒」と感じるようになり、そんな状態のままするセックスは「本当は気分が乗らないけどしないといけない」という義務的な行為に感じるのです。

一度彼とのセックスを苦痛に感じると、今までのような快楽を味わうことが難しくなり、二人の関係にわだかまりができることもあります。

デメリット②:ドキドキ感がなくなる

毎日セックスをしていると、「ドキドキする」「彼が愛しい」といった感覚が薄れてきて、いつの間にかセックスに何の感情も湧かなくなることがあります。
嬉しいわけでも嫌なわけでもなく、単に行為を行うという流れ作業のようなイメージ。

次第に「私は何のためにセックスしてるんだろう」「彼のこと、本当に好きなのかな」といった疑問を持つようになるようです。

デメリット③:寝不足で疲れが取れない

セックスはそれなりの運動量があるので、想像以上に体力を消耗します。
時々なら体をしっかり休ませることができるので体力も回復しますが、毎日となると寝不足も重なってあまり疲れが取れません

中には寝坊して遅刻したり、日中激しい眠気に襲われて仕事でミスをしたりと、生活に支障を来すケースもあるのです。

デメリット④:望まない妊娠の可能性も

避妊の方法はいくつかありますが、100%妊娠しない方法は現在のところありません。
そのため避妊をしていても、毎日セックスをすると避妊に失敗する確率が高くなる、つまり妊娠する可能性も十分に考えられるということになります。

最も一般的な避妊方法として知られているのはコンドームの使用。
実はコンドームは性感染症を防ぐ手段としては有効なのですが、破損や装着ミスなどが起こりやすいことから、安心して避妊できる方法とは考えられていません。

妊娠を望んでいない場合、毎日のセックスはリスクが高いと言えるでしょう。

デメリット⑤:避妊による大きな出費

毎日セックスするためにはしっかり避妊する必要があるので、出費は大きくなります。
避妊失敗率の低いものは「避妊手術が約30万円前後」「子宮内避妊具が1回の挿入で約3~7万円」「低用量ピルが1ヶ月当たり約4,000円」が目安。

コンドームは安価なものを選べば毎日使ってもそれほど大きな出費にはなりませんが、避妊失敗率は高くなります。

デメリット⑥:相手に依存しすぎる

毎日セックスをすると、相手に依存しすぎる人もいます。
自分を求められることで「私は愛されてる」「私は彼にとって必要な存在なんだ」と実感できるため、「彼がいないと生きていけない」と思うように。

パートナーから「今日は会えない」「セックスできない」と言われると、「何でできないの?」とイライラしたり、「私のこと嫌い?」「きっと浮気してるんだ」と相手を疑ったりするのです。

デメリット⑦:「体目的かも」という不安

セックスを毎日するということは、女性の場合生理中もするということ。
カップルの場合、彼に「生理でも気にしないからしよう」と言われると、「そこまでしたいの?」「もしかして体目的?」という不安も。

また、会う度に必ずセックスしている状態を冷静になって考えてみると、「セックスなしでは会ってくれないのかな」と考えてしまう場合があるのです。

毎日セックスを楽しむ方法

毎日セックスを楽しむ女性

では、毎日セックスを楽しむためにはどのような方法があるのかみていきましょう。

  1. 言葉でコミュニケーション
  2. 新たな刺激を加える
  3. 二人で避妊
  4. 身だしなみに気を配る
  5. ローションの活用
  6. ひとりの時間を大切に

続いて、それぞれの方法を詳しくみていきます。

方法①:言葉でコミュニケーション

毎日楽しいセックスライフを送るためには、言葉で自分の気持ちを伝え、相手の気持ちを聞くことが大切です。
「もっとこうしてほしい」「気持ちいい?」「今日はちょっと疲れてるからゆっくりセックスしたい」など。

人の気分や体調はその日によって変わるものなので、毎日言葉でコミュニケーションをとってパートナーの気持ちに配慮しましょう。
結果的に、「セックスは自分が大切にされていることが実感できて楽しい」と思うようになるのです。

方法②:新たな刺激を加える

毎日のセックスで避けたいのは「マンネリ化」ですので、頻繁に新たな刺激を加えられるように工夫が必要です。
「明るいキッチンで」「ホテルで思いっきり大きな声を出して」「エッチな動画を見ながら」「コスプレやグッズで遊ぶ」など、いつもとは違う環境作りを意識しましょう。

二人で「次はどうしようか」と決めるのもいいですが、時には相手に内緒で「セクシーな下着を身につけておく」といった作戦を実行するのもおすすめです。

方法③:二人で避妊

毎日のセックスを楽しいものにするためには、二人で避妊する意識を持つことを忘れてはいけません。
まずは「妊娠・避妊についてどう考えているのか」、二人の意見を明確に。

避妊する場合はそれぞれの方法のメリット・デメリットを十分に比較した上で、お互いが納得できる結論を出しましょう。
二人の意見が一致し、避妊の準備が整うことで、初めてセックスを楽しめるようになるのです。

方法④:身だしなみに気を配る

楽しいセックスに欠かせないのは「ドキドキ・ワクワク感」です。
でも長い付き合いの男女は、年齢や気持ちの変化から自分の身だしなみに気を遣わなくなるもの。

それでは相手にドキドキさせることも、ワクワクすることもできません。
そんな時は、「二人で出かける時はメイクをちゃんとしてオシャレをする」、あるいはだらしない体型にならないように「食事や運動に気をつける」といったことを心がけましょう。

お互いに自分の身だしなみに気を配ることができると、付き合い立てのようなドキドキ感を思い出し、セックスが楽しくなるのです。

方法⑤:ローションの活用

ローションは挿入時の痛みを和らげるだけではなく、マッサージやスキンシップをする時に使うことで興奮が高まるので、前戯から楽しむことができるアイテムです。
女性は体調・ストレス・加齢などによって濡れにくくなることがあるため、痛みを我慢してしまう人も多いよう。

痛みを我慢するようなセックスは決して楽しいものにはなりませんので、ローションを準備しておくと安心です。

方法⑥:ひとりの時間を大切に

二人でセックスを楽しむためには、お互いがひとりの時間を大切にすることが大事。
友達と過ごしたり趣味の時間を作ったりと、好きなことをすることでストレスが解消され、気持ちが落ち着くので相手に優しくできるのです。

相手の心に寄り添ったセックスは愛情が感じられ、楽しいと思えるようになります。

毎日セックスする割合は?マンネリを防ぐ方法!のまとめ

毎日セックスを楽しむ二人

毎日セックスをするカップルや夫婦の割合は、およそ1割
数は少ないですが、10組に1組の男女は毎日セックスできる工夫をしているということになります。

まずは自分を磨き、相手を思いやることでセックスが楽しくなり、健康的な体と心が手に入るはず。
心身共に健康的な二人が愛し合うと、絆が深まりやすいものなのです。

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line