Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2018/08/10

色仕掛けの効果とは?ビジネスにも役立つ22の色仕掛けテクニック

女性の最大の武器である「色気」。これの使い方を覚えると世渡り上手な女性になれるかもしれません。

では、色仕掛けとはどういうことをさすのか、使うと効果的なタイミングを詳しくご説明します。
また、恋愛の場だけではなく、ビジネスの場でも使っていいものなのか、TPOを知ることでさらに「オンナ度」を向上させることができます。

Large freestocks org 254727 unsplash
目次

「色仕掛け」とは?

色仕掛けの意味

「色仕掛け」とは、何かを実現させるために、自らの色気を使って異性を誘うことをさしています。
女性らしさをアピールできる体の一部分を露出することや、相手を扇動する言動をとることが一般的です。

null

色気を振りまいて相手を誘惑しますが、性的な意味合いでの深い関係まで到達させることは、「色仕掛け」の時点ではほぼありません。

目的

良くも悪くも、相手の懐へ飛び込むための手段として使われることがほとんどです。
自分の欲を手に入れるための手段といったほうがわかりやすいかもしれません。

相手を取りなす目的として金品を渡すことはよくある話ですが、色仕掛けの場合は、自らのフェロモンや女性らしさの部分を「相手をとりなす道具」として用います。
自分が欲しい何かを手に入れるまでは、最終手段の「セックスなどの行為」をちらつかせるといった「じらし」などの行為もよくある話です。

効果

「色仕掛け」は、うがった見方でいえば、何らかの形で女性である自分をアピールすることで相手に対し心を許していると勘違いさせることです。
金品を渡すよりも、より相手と親密にコミュニケーションが取れる方法の一つとなります。

特に異性の場合「自分に気がある」と思わせることができるうえ、距離感を縮めることができるため、相手が持っている情報や物などを用意に手に入れられるというような効果があります。

男性を虜にする色仕掛けテクニック【行動編】

null

男性をたちまち虜にする色仕掛けのテクニックはいくつか存在します。

  1. ボディーラインを強調した服装
  2. 体の一部分をさりげなく露出する
  3. 香水などのフレグランス
  4. アクセントとなるアクセサリー
  5. 足を組む
  6. 髪をかき上げる
  7. 女性らしさをアピールするメイク
  8. 性的なイメージを持たせる行動
  9. 二人きりで会う
  10. 網タイツを着用する
  11. ヒールの高い靴を履く
  12. さりげないボディータッチ
  13. 気遣いが上手
  14. モデルのような立ち居振る舞い
  15. ネイルが施されたきれいな手先
  16. 相手を見つめる

では、色仕掛けにはどのようなテクニックがあるのでしょう。
色仕掛けには、以下のテクニックがあります。

テクニック①:ボディーラインを強調した服装

胸の大きさが強調されるデザインのスーツやお尻の丸みがアピールできるタイトスカートなどは、オフィシャルの場や、ビジネスシーンで有益です。
また、私生活の場面では、体のラインに沿ったワンピースなどを着用してみるとよいでしょう。

「胸が大きそう」「触れてみたい」と思わせることが色仕掛けにはとても必要な要素なのです。
ただし、実際にその行動へ移させるとセクハラ行為にあたります。

何かをを手に入れるために近づいた相手を貶めることになりますし、何しろ自分自身の品位を落としてしまうことにもつながりますので、ある程度のガードは必要です。

テクニック②:体の一部分をさりげなく露出する

背中などが大きく開いたワンピースや、スリットがちょっとだけ深く入ったスカートなど、さりげなく体の一部分を露出する方法もアリです。この場合のポイントは「チラ見せ」であることです。

わざと見せるように仕向けると、品の悪さをアピールしているだけになってしまいますので気を付けましょう。
「見えそうで見えない、そこから先を見るにはどうしたらいいか」ということを相手に思わせることで、自然に距離を縮めることができます。

テクニック③:香水などのフレグランス

嗅覚で「いいオンナ」をアピールすることも可能です。
ローズやイランイラン、ジャスミンといった「夜の誘惑」を感じさせる香りとあなたのイメージを結びつけることも一案です。

アルコール分が高く官能的に香りやすい「パルファム」や「トワレ」がおすすめです。でも、オフィスシーンでは嫌われやすいため、コロンでも構いません。

ただし、香水にもTPOが存在します。場所によってイランイランやローズの香りが嫌われることもありますので、常識の範囲内で使いましょう。
たっぷり体につけるよりも、胸元や、歩くたびに香りやすい内股・膝の裏・頸動脈など、どこか一か所を選び、一滴だけ濃度の高い香水をつけると、色仕掛けにも役立ちます。

テクニック④:アクセントとなるアクセサリー

イヤミに映らない程度のアクセサリー使いもおすすめです。繊細なデザインの鎖を用いた金やプラチナのネックレスや、アメリカンピアス、華奢な指輪などを身につけましょう。

ここでのポイントは、「どんな素材?」「こういうデザインが好きなんだ」と相手に考えさせることです。
肌になじむ・似合うアクセサリーはそれだけであなた自身の色気をアップさせます。

アクセサリーは、男性からプレゼントしやすいアイテムの一つです。
「アクセサリーよりも欲しいものがある」と駆け引きに使うことだってできます。

テクニック⑤:足を組む

足を組むことで、太ももがあらわになる場合があります。
また、その瞬間男性が目を見張ることもあるのだとか。

脚の長さ・スレンダーさなどをアピールすることができますし、大人の女性の仕草としても有名です。
話題を変えたいときや、不平や不満をアピールしたいときにため息をつきながら足を組み替えるなどの行動をとることも一案です。

ただし、やりすぎは禁物。
本当に下着が見えてしまうのは避けたい行為なので、足を高く上げるという行動も避けましょう。

もちろん、目上の男性を目前に足を組むという行為はナンセンスですので、TPOをわきまえて行動しましょう。

テクニック⑥:髪をかき上げる

髪をかき上げてまとめ直す、耳に髪をかける、考えがうまくまとまらないとき髪の毛をくしゃくしゃにするといった行為も「女性らしさ」をにじませることができます。
髪の毛をかき上げたときに、ヘアコロンの香りが漂ったり、うなじやピアスがちらりと見えることで男性はドキリとすることがあるようです。

髪をかき上げる回数が多い場合「落ち着きがない女」と認識されることがあり、色仕掛けとは程遠くなってしまいます。
場合によっては不潔なイメージを植え付けてしまうこともありますので、気を付けましょう。

職場や出先などで髪を下ろすことができない場合は、ヘアクリップを留め直すといった行為も一案です。

テクニック⑦:女性らしさをアピールするメイク

ちょっとだけ「詐称メイク」をすることも、色仕掛けには必要不可欠です。
黒目を大きく見せるカラコンやつけまつげでボリュームアップを図ってはいかがでしょうか。

「見た目からあふれる色気」も色気の一つです。
リップグロスでぬれた唇をイメージすることもいいですね。

もちろん「厚化粧」「濃いメイク」ではいけません。
ナチュラルなメイクの中でも「目ヂカラを上げる」「キスしたくなるような唇をつくる」というようにちぐはぐにならないようなメイクをすることが一番です。

テクニック⑧:性的なイメージを持たせる行動

「あざとさ」も色仕掛けには必要不可欠です。
思い切った行動となりますが、ちょっとだけ性的イメージを匂わす行動をとってみるのもいいですよ。

「相手を試す」ことにもつながるためリスキーですが、「私にはその覚悟ができている」ということを遠回しにアピールすることで、相手との距離をより親密なものに近づけることができます。
もちろん、やりすぎは禁物です。

相手に「逆セクハラ」などとらえられることもありますので気を付けましょう。

テクニック⑨:二人きりで会う

喫茶店やファミレスなど、開放的な空間で二人きりで会うことも色仕掛けには欠かせません。
社内のオープンスペースなどで行う打ち合わせで済ませられることでも、場所を変えることで、「親密になりたい」アピールにつながります。

ここでのポイントは、時間です。
夕方~夜間などは避け、日中の時間帯にしましょう。

色仕掛けといっても、アフターファイブに酔いつぶされてしまっては元も子もありません。
女性優位であることが色仕掛けのキモですので、「与えるけれど、与えすぎない」程度の関係を作り上げることを意識しましょう。

テクニック⑩:網タイツを着用する

ちょっとボンテージファッションを意識して網タイツを着用することもおすすめです。
ただし、これは「似合う脚、似合わない脚」に二分されますので、自信がない方は網タイツの着用は控えたほうが無難です。

網タイツ以外にも、ビジューやワンポイントがついたストッキングを着用することも一案です。
こちらはどんな女性にも似合いますし、相手をドキリとさせられるのでおすすめです。

テクニック⑪:ヒールの高い靴を履く

色仕掛けは足元のおしゃれも必要不可欠です。少し高めのヒールを履くと、姿勢をきれいに見せてくれます。
そればかりではなく、ヒールからふくらはぎまでのラインに色気が生まれます。

網タイツやバックシームストッキングとのコーディネイトも色気を醸し出してくれます。

オフィシャルの場ではピンヒールはマナー違反です。
もちろんパンプスでは子供じみた印象を与えてしまうことも。

色仕掛けを意識するならば、ウェッジソールなども避けたほうがよさそうです。

テクニック⑫:さりげないボディータッチ

「ネクタイ曲がってますよ」「ゴミがついています」というようにさりげないボディータッチも色仕掛けの一つです。
信頼関係がある相手であれば、肩をもむというような行為もおすすめです。

学生の頃にいた「男友達」のように突然抱きついたり、腕を絡める、胸元を触るというような行為はセクハラととられることもありますので気を付けましょう。

近所のオバちゃんのように「話の相槌代わりに相手を軽く叩く」といった行為はボディータッチとは言いません。
子供じみた印象を与えてしまうので、気を付けましょう。

テクニック⑬:気遣いが上手

色仕掛けを成功させるには、あなたに対するハードルを低く設定させる必要があります。その第一歩として気遣い上手であることを意識していきましょう。

「気遣い上手=清潔感ある女性」というイメージが確立されていますが、その清潔感ある女性が色っぽさを突然出したらどうでしょうか。
もちろん、すぐに気遣い上手の女性に舞い戻ることで、男性は「この子の色っぽさを俺の手で引き出したい」と思わせることができます。

テクニック⑭:モデルのような立ち居振る舞い

ファッションモデルは、歩き方一つで色気を醸し出します。
また、凛とした立ち姿が印象的です。

モデルの立ち居振る舞いにあるのは「存在感」です。
モデルのような振る舞いとはいかなくても、相手に存在感を与えられるような立ち居振る舞いができることで、色仕掛けが際立ちます。

テクニック⑮:ネイルが施されたきれいな手先

ネイルがきれいに施された指先は、名刺の交換の時に色気をプラスすることができます。指先をそろえ、エレガントなふるまいができるといいですね。

その指先でボディータッチも色仕掛けに拍車をかけること間違いありません。

TPOの範疇を超えない程度に、肌なじみの良い色合いのネイルポリッシュを塗りましょう。
黄色や青、緑など個性的な色は避けたほうが無難です。

また、派手なネイルアートは、いくら胸元が大きく開いた服で色仕掛けをしても、印象が「ネイルが派手な人」で固定されてしまう可能性があるので

テクニック⑯:相手をみつめる

1~2秒ほどのちょっとの時間で構いません。
視線を合わせることや、相手を見つめるといった行動をとりましょう。

特に別れ際のあいさつの前にちょっとだけ目を合わせてニッコリ微笑むと、相手があなたと離れがたい感情を抱くかもしれません。
また、あなたの存在をしっかり印象づけることができます。

男性を虜にする色仕掛けテクニック【言葉編】

行動ばかりでは色仕掛けは完成しません。言葉にも色仕掛けが存在します。
相手と会話する=少し親密な関係になってといえますね。

では、色仕掛けにはどのようなテクニックがあるのでしょう。
色仕掛けには、以下のテクニックがあります。

  1. 名前を呼ぶときは下の名前で
  2. 「○○が好きだなぁ」とつぶやいてみる
  3. 「○○したい」
  4. 男性は「さ・し・す・せ・そ」に弱い
  5. 「イってみたい」「イキたい」を匂わせる
  6. 「気持ちいい」は色仕掛けの鉄板

続いて、それぞれのテクニックを詳しくみていきます。

テクニック①:名前を呼ぶときは下の名前で

男性の場合苗字で名前を呼ばれることがほとんどではないでしょうか。
その中で下の名前で「太朗さん」などと呼んでみましょう。

できれば「太朗さん、お酒飲んでもいいですか?」というように、名前を付けて呼びかけていきましょう。
二人の間に特別感が生まれ、あなたをかわいらしい人と認識していきます。

テクニック②:「○○が好きだなぁ」とつぶやいてみる

「こういうの、好きだなぁ」「この味大好き」「おいしいの好き」というように、ポジティブワードの一つ「好き」を多用してみましょう。
あなた自身がどういったものを好きなのか探りを入れながら、「これが好き」という言葉を拾い集めているうちに「あなたが好き」と脳内で置き換えられることもあります。

男性が聞き返すほどの、つぶやくような口調がおすすめです。
そうすることで「何が好きなの?」と聞き返してもらうことで「あなたが好きかも」と畳みかけることだってできるのです。

テクニック③:「○○したい」

これもすり替えテクニックの一つです。「これしたいなぁ」「サーフィンってしてみたいなぁ」というように「したい」の話術を覚えましょう。

男性は、あなたの「したい」をかなえるためにデートに誘ってくれる可能性が生まれます。
また、男性があなたの言葉尻をつかんで「セックスしたい」というように別の意味でとらえることも。

ちょっと甘えた口調でおねだりしてみましょう。

ただし、下ネタにもっていかないことが大切。
あからさまに求めてしまえば「誰とでもこういうことするの?」と誤解が生じます。

テクニック④:男性は「さ・し・す・せ・そ」に弱い

男性の自尊心を大切にすることも色仕掛けには必要です。
相槌を打つ際に「ふ~ん」よりも「さすが」「知らなかった」「すごい」「センスあるね」「そうなんだ」と言葉のバリエーションを増やせば、男性との話も弾みます。

その話の中で「ねぇ、しってる?私の気持ち」というようにちょっとだけ攻撃を仕掛けてみると、相手をドキリとさせることができます。

テクニック⑤:「イってみたい」「イキたい」を匂わせる

先述の「○○したい」と似ていますが、この言葉にはより深い性的ニュアンスが含まれています。
あからさまに口にすることは避けたいところですが、「一緒に行ってみたいです」「温泉、いいなぁ行きたい」というように、『二人で』や『宿泊を伴う』『温泉』といったニュアンスやキーワードをちりばめて「行ってみたい」を口にしてみましょう。
それだけで、男性の思考は「この子とお泊り=抱けるかも」というような意識に変わっていきます。

テクニック⑥:「気持ちいい」は色仕掛けの鉄板

「気持ちいい」というワードは、相手を癒す効果も期待できます。
「風が気持ちいい」「このソファ、ふわふわで気持ちいい」というようにできる限りプラスになる感想を伝えましょう。

また、少しお互いの距離を縮められたら、手のひらや肩をマッサージするというようなボディータッチとの合わせ技も可能です。
「どう?気持ちいいでしょ?」というような言葉を耳元でささやくように言ってみましょう。

これだけでも、男性はソノ気になってしまいます。

「色仕掛け」はビジネスにも使える?

null

もちろん、女性がビジネスで成功するには多少の色仕掛けも必要です。
契約を勝ち取るため、上司から情報を得るため、商談をまとめるためなど様々な面で自分が女性であることを武器にすることができます。

ただし、時代は「セクハラは悪」とする風潮に傾いています。
あなたの色仕掛けが相手にとって不快に感じることがあれば、それは失敗するかもしれません。

色仕掛けは計算づくでなければいけません。
もちろん媚びることと色仕掛けは別物です。

色仕掛けをすることで、同僚を敵に回す可能性もありますし、あなた自身の価値や品位を損ねてしまうこともあります。
ビジネスシーンでは、フェロモンを全開にすることは避けたほうが無難です。

仕事ができるオンナが色気を武器にするというようにパーフェクトを目指していくことをおすすめします。

色仕掛けを見抜く方法

男性が、女性の色香に騙されてしまえば、ビジネス・恋愛などにおいて失敗する可能性があります。
男性側が「色仕掛け」を見破ることで、人間関係を円滑にまとめるられるメリットも。

フレンドリーすぎるようなアプローチをしてくる女性は「本心か」「色仕掛けか」は見抜けるようにしたいものです。

では、色仕掛けを見抜く方法をみていきましょう。
色仕掛けを見抜く方法には、以下のものがあります。

  1. 距離感を見極めろ
  2. 過度なボディータッチは距離を置け
  3. 雑談で相手の話の腰を折れ

続いて、色仕掛けを見抜く方法を、それぞれ詳しくみていきます。

色仕掛けを見抜く方法①: 距離感を見極めろ

初対面の女性や、取引先の女性が「二人きりで打ち合わせをしたい」、個人的な連絡先を教えてほしいなどと話をしてきた場合は、要注意です。
不必要なくらいに体を近づけて来るというような場合も、色仕掛けのサインです。

きちんと不快な態度を示すことや、「ビジネス以上の何もない」と伝えるなど予防線を張っておきましょう。

色仕掛けを見抜く方法②:過度なボディータッチは距離を置け

女性が体の一部を触ってくるという行為。
男性自身に好意がなければ不快な行為以外の何物でもありません。

過度なボディータッチをする女性は、下心があふれていることがほとんど。
そのボディータッチに不快感を感じたら、距離を置くことをおすすめします。

逃げる意味も込めて、話を途中で打ち切って別れることで拒絶するとよいでしょう。

色仕掛けを見抜く方法③:雑談で相手の話の腰を折れ

女性は計算づくで男性の心をつねってきます。
下ネタに近い言動や、髪の毛を束ね直したり、ブラウスの第一ボタンをはずすというような男性の視線をくぎ付けにする行為をすることもあります。

話が女性優位になってきたと感じたら、余談を挟み女性側の話の腰を折りましょう。
もちろん「あなたに興味がある」という話題ではなく、全く関係のない話題を挟むのが大切です。

女性は何とかして自分優位の話題に戻そうとしてくるので、その都度話の腰を折ります。
それを続けることで「脈なし」判定をされて女性から離れていきます。

色仕掛けは「計算」しなければ成功しない!

色仕掛けは単純に「女性である一面」を強調するだけでは成功しません。
恋愛を手に入れたい、仕事面で成功させたいというように目標があってのことであれば、男性に色仕掛けであることを悟られないように近づかなければいけません。

色仕掛けをする心理は、略奪愛や成績を上げるためといった、女性側の独占欲が勝っている時に行われることがほとんどです。
欲を満たすために色仕掛けをした結果失敗してしまっては、あなた自身の品格が疑われることにもつながります。

計画は綿密に、行動は大胆に。

色仕掛けの鉄則を覚えておきましょう。

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line