Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2018/11/07

独占欲とは?独占欲が強い男性の心理と対処法を解説

人間の感情として、決して切り離す事の出来ない独占欲ですが、時折異常にこの独占欲が強い人っていませんか?
独占欲の強い男性の心理と、独占欲の強い男性への対処法も合わせて解説していきます。
困っている人はぜひ参考にしてみて下さい。

Large pexels photo 434348  1
目次

「独占欲」とは?

独占欲の意味とは?

独占欲とは、特定の相手を監視し所有したいと思う、人が持つ欲望の事です。
英語では【possessive】所有するという意味にあたります。

所有、つまり相手を自分の思うままに所有し、自分のモノの様に扱う事も独占欲と同じ意味になります。
恋愛において、この独占欲は切っても切り離せない男女共通の感情ではないでしょうか?

しかし少しの独占欲なら可愛いものですが、行き過ぎると怖いのも独占欲です。
ある一定の限度を超えてしまうと、独占欲は一気に人の恐怖心を煽るものになります。

独占欲の強い男性と懇意になってしまった場合、女性はどうすればいいのでしょうか?
男性側の心理や独占欲が強い人への対処法も見ていきましょう。

<下に続く>

独占欲が強い男性の心理

独占欲の強い男性の心理

では、独占欲が強い男性の心理をみていきましょう。

  1. 所有欲が強い
  2. 女性をモノとして認識
  3. 信用していない
  4. 劣等感が強い
  5. 依存する
  6. 思い込みが激しい

続いて、それぞれの心理について詳しくみていきます。

心理①:所有欲が強い

男性の心理として、どうしても所有したいという欲望を消す事は出来ません。
しかしその所有欲が度を越してしまうと、一気に独占欲が高まり、女性は息苦しさを覚えてしまいます。

男性は何かを所有する事で自分の劣等感を消そうとする生き物です。
その中には女性の存在も関わってきます。

女性を所有する事で、男性は価値を見出そうとする生き物でもあります。
とはいえ全ての男性がそうとは限りません。

所有欲は誰にでもある欲ですが、度を超す所有欲のある男性は要注意です。

心理②:女性をモノとして認識

時折出会うのが、女性をモノの様に認識している男性です。
こういった男性は女性に人権を与えないので、女性が自分勝手な行動を取る事が許せません。

その結果、女性への独占欲が強まり、勝手に行動する事を許さなくなります。
こういった男性は男尊女卑の傾向が強く、家庭でも亭主関白になりやすい人でもあります。

少しでも女性をモノの様に扱う素振りの見せる男性の場合、あまり懇意にしない方が良いでしょう。
たとえ良いと思えた男性でも、時間が経つにつれて女性にとって耐えられないものになっていきます。

心理③:信用していない

女性を信用出来ない男性も、独占欲が強くなる傾向があります。
彼女を信じる事が出来ないので、いつ自分が裏切られるのかという不安感を常に抱いています。

その為、彼女が誰かとどこかへ出掛けただけでも不安になり、独占欲が増していってしまいます。
こういった男性は過去に女性に酷い裏切り方をされていたり、家庭に問題があったりと、もともとの性格というよりは、環境によって独占欲の強い男性になってしまうケースが多い様です。

彼女を信用したいのに出来ない苦しみは、そのまま彼女を独占し苦しめる事にもなってしまいます。
愛されているという安心感を得られないので、どうしても彼女を監視する事を止められません。

心理④:劣等感が強い

劣等感の強い男性も、独占欲が強くなる傾向にあります。
劣等感はそのまま自信の無さにつながってきます。

自分に自信がないので、彼女に本当に愛されていると確信する事が出来ません。
劣等感が強く卑屈なので、彼女を支配し独占する事でしか、安心感を得られない男性でもあります。

劣等感は内なる感情ではありますが、外へ外へ出て行こうとする感情でもあります。
一度劣等感を覚えてしまうと、中々消し去る事が出来ず苦しみ、誰かを貶め傷つける事でしか、その感情を緩める事が出来ません。

心理⑤:依存する

他人に依存しやすい男性も、独占欲が強くなる傾向にあります。
恋人が出来ると恋人に依存するので、放っておかれる事が我慢できません。

結果、常に彼女にべったりになり、彼女が一人行動する事も許せなくなっていきます。
依存はそのままにしておくとさらに強くなっていきます。

依存と独占欲はかなり近いものです。
独占欲がまだ無くても、依存性の高い人は要注意かもしれません。

心理⑥:思い込みが激しい

思い込みが激しい男性も、独占欲が強くなる傾向にあります。
思い込みが激しい上に、マイナスな事ばかり考える場合が多いです。

自分の思い込みで不安になり、彼女を独占していなければ気が済まなくなってしまうのです。
一度思い込みが始まると、彼女が弁解しても中々聞きいれません。

自分の思い込みに振り回され、勝手に傷つき勝手に怒ったりする場合もあるので、こういったタイプの独占欲の強い男性は、情緒不安定な場合も多いです。

<下に続く>

【独占欲診断】独占欲をはかるチェック項目

女性の独占欲のチェック診断

では、女性の独占欲をはかる診断7項目紹介します。

診断①:依存性の度合い

あなたの恋人への依存性はどれくらいありますか?
一日会わない、声を聞けないだけで不安になってしまう人は要注意かもしれません。

毎日連絡を取り合っていないと我慢できない人も気をつけた方がいいかもしれません。
依存度が高いと、独占欲も同時に高まってしまいます。

他人に依存する事はとても楽ですが、相手の負担になる程の依存性は良くありません。
相手が負担に感じていないか、自分の依存度を振り返ってみましょう。

依存体質な人の7つの特徴と原因を解説!恋愛依存症の女は重い?「依存体質」とは 自分の意志で決断をしたり1人で行動する事を嫌い、特定の相手に連絡を取ったりす...

診断②:不安感の度合い

恋人から離れている間、すぐに不安に駆られてしまう人も、要注意です。
不安が大きいと、人は相手を独占したくなってしまいます。

恋人といる事で安心感を覚える人も危険かもしれません。
その安心感は、恋人がいる間だけのものになっていませんか?

恋人と離れた瞬間に不安を覚える人は、恋人と離れたくないと強く思う筈です。
そうなると独占欲もむくむくと出てきてしまい、相手を一人占めしたいと思う様になってしまうかもしれません。

診断③:寂しがりの度数

寂しがりの人も独占欲が強くなる傾向にあります。
勿論恋人と会えなくて寂しいと思うのは皆同じです。

その寂しさの度数によっては、独占欲へ繋がっていってしまいます。
寂しさのあまり、恋人におびただしい程頻繁に連絡を入れたり、会えないと言われているのに、無理やり会いにいったりする人はかなり危険です。

寂しさのあまりの行動かもしれませんが、相手はそれを苦痛に感じているかもしませんし、独占欲が強過ぎると思っている可能性もあります、

診断④:嫉妬深さ

恋人や好きな人が自分以外の異性と接している時、異様に嫉妬するタイプの人も要注意です。
好きな人が出来ると、どうしても他の人に嫉妬してしまうのは仕方がありません。

しかし嫉妬のあまり何かしらの行動を起こす様な人は危険です。
自分の好きな人と話していた異性を攻撃したり、あの人と喋らないでと好きな相手に強要する人は相当危ないです。

少しの嫉妬なら問題ありませんが、行動を起こし誰かを自分の良い様に動かそうとする行為は極めて危険です。
それは嫉妬心と独占欲に囚われた故の行動という事になります。

嫉妬深い彼女は嫌われる?彼が許せる可愛い嫉妬と怖がられる嫉妬嫉妬深い彼女の特徴 では、嫉妬深い彼女にはどのような特徴があるのでしょう。
嫉妬深い彼女には...

診断⑤:彼氏の行動が気になる

彼氏と会えない日など、彼氏のその日一日の行動が気になって仕方のない女性も要注意です。
これはひどくなると彼氏の後を付ける様になり、恋人ではなくストーカーになってしまうケースです。

好きな人の行動は気になるものですが、理性が働いている限り行動は起こさないものです。
今日一日何をしていたの?と電話で聞くくらいなら良いですが、彼氏の行動をチェックしたり、後を付けたりする人はかなり危険な独占欲を持ち合わせています。

診断⑥:女友達の存在を許せない

自分の彼氏が女友達と仲良くするのは、彼女として面白くありません。
しかしその女友達の存在自体が許せないと思う事は稀でしょう。

もしその女友達に殺意に似た感情を持っていたらかなり危険です。
それは度を越した独占欲へ繋がっていきます。

女友達と彼氏が遊んでいたら、少し怒ってみせてもいいかもしれませんが、その女友達を攻撃する様な言動は控えましょう。

診断⑦:行動を制御させる

彼氏の行動を制御したり、自分の許可なくどこかへ行く事を許せない女性は非常に危険です。
それには相手を所有し、自分の思いのままコントロールしようという欲望がみられます。

行動を制御させたいと思う場合は、独占欲の強い女性と言えます。
とはいえ、女性はそもそも独占欲の強い生き物でもあります。

男性側も大抵はその事を理解しているので、ある程度の独占欲は多めに見てくれます。
しかしある一定のラインを越えた瞬間から、独占欲は非常に恐ろしいものになる事を、忘れてはいけません。

<下に続く>

独占欲が強い女性だと思われる行動

独占欲の強い女性だと思われてしまう行動

では、独占欲が強い女性だと思われる行動をみていきましょう。

  1. 嫉妬深い
  2. 文句が多い
  3. 支配しようとする
  4. 監視する
  5. 一日の行動を確認

続いて、独占欲が強い女性だと思われる行動を、それぞれ詳しくみていきます。

行動①:嫉妬深い

あまりにも嫉妬深い女性は、男性に独占欲の強い女性だと思われてしまいます。
少しの嫉妬なら何の問題もないのですが、度を超えた嫉妬心は独占欲にも繋がっていきます。

嫉妬のあまり相手を独占していなければ気が済まなくなってしまうのです。
自分の目の届かない場所に相手が行く事が許せず、一時も離れたくないと思う女性はかなり要注意です。

相手の自由行動を許せなくなってしまった時、あなたは恐ろしい独占欲に支配されています。
嫉妬深いと相手に思われている、言われた事がある場合は自分の言動に注意した方が良さそうです。

行動②:文句が多い

相手に自分の意見を押し付け、文句ばかり言う女性も危険です。
これは相手を自分の思い通りに動かしたいという欲望から来ています。

相手が自分の指示通りに行動しなかった場合、自分の満足行く行動をしてくれなかった場合、異常なほど相手を追い詰めます。
これは独占欲から来るものです。

あまりにも相手に文句を言う女性は注意が必要です。
それは本当に相手の事を思って口にしている事ですか?

あなたの思い通りに動いてくれない相手への怒りではありませんか?

行動③:支配しようとする

相手を支配しようとするのも、独占欲と同じと言えます。
支配するという事は、相手を自分の監視下に置くという事です。

そこには相手への思いやりもなく、人権もはく奪するに等しい行為です。
不安のあまり相手を支配しなくては気が済まない人も、独占欲に支配されていると言えます。

人が人を支配したいと思う時、そこには必ず独占欲が働いています。
その相手が好きだから支配して自分のモノにしたいと考えるタイプの女性は、独占欲がかなり強い女性と言えます。

行動④:監視する

相手の行動を逐一監視するタイプの女性も、かなり独占欲が強いといえます。
相手の男性を監視したいと思うのは、自分の目の届く範囲からいなくなる事が我慢出来ないという事です。

好きだから監視したいと思うのは、ストーカーと同じ心理といえます。
独占欲は度を超えればその瞬間、異常な心理となってしまい、ストーカーと同じになってしまうのです。

たとえ相手を監視したいと思っても、絶対にしてはいけない事の一つと言えます。
相手を監視し出したら、それはもう恋愛ではありません。

行動⑤:一日の行動を確認

監視したいと思うと同時に、男性の一日の行動を細かく確認しなくては気が済まないと思うでしょう。
男性の行動が気になるから、監視へと繋がるのです。

もちろん会えなかった日に今日は何していたのか聞く程度なら問題ありません。
その質問が細かく尋問の様になっていたら要注意です。

彼氏の一日の行動が気になって仕方ない人も、独占欲の強い女性となってしまいます。
少しくらい気にするのは問題ありませんが、問い詰める様な聞き方をするタイプの女性は要注意です。

<下に続く>

独占欲が強い人への対処法

独占欲が強い人に女性が対処する方法

彼氏

彼氏が独占欲が強い場合、どうすればいいのでしょうか?
何故彼氏が自分を独占しようとするのか、その理由をまず突き止めてみましょう。

理由が分からなければ対処のしようがありません。
彼氏には彼氏なりの理由があって、あなたを独占している場合もあります。

理由を追及してみて、ちょっと異常だと感じる場合には早めに別れてしまった方が良いかもしれません。
もともと人間性に問題がある男性の場合、独占欲の強い性格を直すのは極めて困難です。

友達

友達の中に、たまに嫉妬心の強い友達はいませんか?
他の友達とあなたが遊ぶ事に嫉妬したり、なんで自分を呼んでくれないのかとわがままを言ったりする人です。

そういった友達は自分をあなたの一番にしてほしいのです。
何をするにも自分に伺いをたててくれないと気が済みません。

こういった友達は言うとおりにしてあげてもキリがないので、何を言われても流してしまった方が良いでしょう。
あるいは他の友達と遊びに行った事は、その友達には伏せておく方が無難です。

<下に続く>

独占欲をなくすには?

女性が独占欲をなくす方法は?

彼氏に対して

独占欲をなくすのはとても大変です。
独占欲は欲望でもあるので、欲望を消すという事はかなりの理性と我慢が必要になります。

忍耐がなくては、独占欲を消す事は出来ないでしょう。
しかし自分の独占欲が彼氏を苦しめてしまっている場合、すぐに直した方が無難です。

そのままでは近い未来破局を迎える事になってしまいます。
独占欲に晒され続けていると、相手はノイローゼの様になってしまうので気をつけましょう。

友達に対して

友達に対しての独占欲なら、彼氏に対する独占欲よりも消すのは簡単です。
友達は恋人ではありません。

友達には友達の人の繋がりがあり、自分と同じ状況にある訳ではないのです。
それをしっかり理解すれば、おのずと友達に対する独占欲は消えていく筈です。

友達には友達の生活があります。
それをしっかり理解しましょう。

<下に続く>

独占欲は度を越せば怖いもの

度を過ぎた独占欲は怖いもの

独占欲は誰にでもある欲求です。
人間が持つ欲望の一つでもあり、それを完全に消す事は難しいです。

人には理性というものがあります。
この理性が、独占欲を抑えているともいえます。

独占欲が強く、相手を独占する事を我慢出来ない人は、この理性が少し弱い事を意味しています。
それは人として非常に危険な事です。

自分が独占欲の強い人間だと感じる場合でも、しっかりと理性で我慢する事が出来るなら問題はありません。
しかし独占欲に支配され、何かしらのアクションを起こした時、それは度の越えた独占欲となります。

彼氏や友達の独占欲が強く、怖いと思う時には何となく距離を取り、相手の言う事に完全に従ってしまわない様に気をつけましょう。
相手の言う事に従ってしまうと、独占欲はエスカレートしてしまうのです。

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line