Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2018/10/17

【男と女の違い】脳や体の構造、恋愛観・仕事への考え方の違いを解説

男性と女性にはさまざまな違いがありますが、大きく異なる点として外見などが挙げられます。
また、性別によっても趣味嗜好が異なり、考え方や価値観なども変わってくると言えるでしょう。

今回は、男と女の脳の違いや、恋愛に対する考え方、日常生活の違いなどを紹介していきます。

Large photo 1449495169669 7b118f960251

男と女の違い【脳・体】

身体の違いがある男女

一般的に男女を見分ける時、見た目で判断する人も多いでしょう。
しかし、男女には見た目以外にもさまざまな「違い」があります

脳の違い

男女による脳の違いは、主に「男脳」と「女脳」の二つに分けて比較されています。
一般的に、男脳は「論理的な思考が得意」と言われており、女脳は「感覚的な思考が得意」だと言われているようです。

男脳が「論理的な思考が得意」とされている理由は、物ごとに対して「結果を出す」ことを優先するからだと言われています。
これは、古い時代に「狩り」へ出ていた男性の名残とされており、合理的に仕事を進めていたことが関係すると言われているようです。

また、女脳が「感覚的な思考が得意」とされている理由は、他人との協調性を重んじているからだとされています。
古い時代の女性は「狩りに出かけた男性」を待つ女性同士で過ごすことが多く、そのことが「他人との協調性を重んじる」ことに繋がる言われているようです。

顔の違い

平均的な男女の顔を比べた場合、男性の顔は女性よりも大きく発達することが多いようです。
また、男性の顔は女性に比べて彫りが深い傾向があり、面長に成長しやすい点も特徴でしょう。

女性の顔は全体的に丸みを帯びており、男女で比べると頬がふっくらとしている傾向があります。
また、男性は口周りに髭が生えることが多いです。

基本的に女性の顔の場合、男性のような髭が生えることは滅多にありません。
しかし、ホルモンバランスの影響などで、口周りの産毛が髭のように濃くなるケースもあるようです。

体の違い

男性は骨格が発達しやすく、平均的な男女の身体で比較すると、女性よりも大柄になりやすいとされています。
さらに、男性は筋肉がつきやすく、体脂肪も女性より少ない傾向があるようです。

女性の場合は男性よりも脂肪を蓄えやすい人が多く、細い体型であっても体脂肪が増えやすいと言われています。
これは、女性の身体に「妊娠するため」の身体を作る機能が備わっていることが理由とされとおり、男女の身体でも大きな違いと言えるでしょう。

<下に続く>

男女の違い【日常編】

男と女の違いになるメイク道具

では、男女の違いをみていきましょう。
男女の違いには、以下のものがあります。

  1. 物ごとの認識能力
  2. 「成果重視」と「共感重視」
  3. ストレスの解消法
  4. 「察する」能力の違い
  5. ショッピングの価値観
  6. 人間関係のつくり方
  7. SNSの使い方
  8. 準備にかかる時間の長さ
  9. 荷物の多さ
  10. 「過程」と「結果」への考え方

続いて、男女の違いを、それぞれ詳しくみていきます。

日常の違い①:物ごとの認識能力

男性は空間把握力が優れている人が多く、地図から目的の場所を探すことも得意です。
女性は男性に比べると空間を把握するのが苦手な人が多く、地図を見ても迷ってしまうという人も珍しくありません。

しかし、女性は自分の視界の中で目的の物を見つける能力に優れているとされており、部屋の中に何があるかをしっかり把握している人が多いです。
対して男性は、視界の中の一つの物に集中していることが多く、目の前にある物に気付かないケースが見られます。

日常の違い②:「成果重視」と「共感重視」

男性は、仕事を離れた日常の中でも、物ごとに対する「成果」や「勝ち負け」を重視する傾向があります。
そして女性は、日常でも仕事でも、物ごとへの「共感」を重視する人が多いようです。

例えば、スポーツなどに取り組んでいる男性が試合に負けた時、負けてしまったという「結果」のみを気にしてしまう人が多く見られます。
女性の場合は、負けてしまった悔しさは持ちつつも、試合までに積んできた練習などに価値を見出し、「過程」を前向きに捉えられる人が多いです。

この価値観による男女の違いは、スポーツ選手を応援する時の姿勢にもあらわれています。

日常の違い③:ストレスの解消法

ストレスの解消法にも、男女によって違いが見られます。
女性がストレスを解消したい場合、女子会などを開いて愚痴を語ったりと、誰かに話を聞いてもらうことで「発散」する人が多いようです。

対して男性は、オフの日などは何も考えず、ぼーっと過ごすことがストレスの解消に繋がると言われています。
また、このパターンでストレスを解消する場合、意識的に行っていないという点も特徴です。

このため、男性は彼女とのデート中にぼーっとしてしまうこともあります。
これは、彼女とのデートがつまらないからではなく、彼女と過ごす時間を居心地よく感じており、リラックスしているからだと言えるでしょう。

日常の違い④:「察する」能力の違い

女性は、自分のことを「察してほしい」と考えている人が多いです。
そういった背景事情から、女性同士のコミュニティでは「察する」ことが重要になり、女性は相手の考えていることや状況を察して行動する人が多く見られます。

男性の場合は、どちらかと言うと「大事なことは言ってほしい」と考えている人が多く、育ってきた環境によっては「察する」ことをせずに成長してしまう人も少なくありません。
そのため、「察してほしい」女性と「察することを考えていない」男性の間では、すれ違いや行き違いが発生するケースも見られます。

また、この「察する」は「空気を読む」とは異なり、言葉の中に秘められている真意を探るニュアンスが強い点も特徴です。
このため、空気を読むのは得意でも、女性の心理を察するのは苦手、という男性も多いようです。

日常の違い⑤:ショッピングの価値観

ショッピングにかかる時間を男女で比べると、女性の方が長くなりやすいとされています。
これは、男性がショッピングに対して「購入する物」に価値を見出しているのに対して、女性は「品物選びの時間」を楽しんでいる傾向があるためです。

また、男性は購入する商品の性能や実用性などを気にするため、「品物選び」に時間がかかることはありますが、基本的には買うと決めていたものしか買わない人が多いです。
対して、女性の場合は「買い物の時間」を楽しんでいるため、目的の物を購入するついでに、ウインドウショッピングを楽しむことがあります。

日常の違い⑥:人間関係のつくり方

一般的に、男性は「縦社会」のコミュニティ、女性は「横のつながり」を重視したコミュニティを築いていると言われています。
縦社会に生きる男性は、年齢などによる上下関係を重視して人間関係をつくり、女性は上下関係よりも「協調性」を重んじて人間関係をつくる傾向があるようです。

しかし、女性でもプロのスポーツ選手などは、男性のように「縦社会」を重視したコミュニティを築いているケースが多く見られます。
男女によって人間関係のつくり方に差があるものの、最終的には環境の雰囲気などが大きく影響すると言えるでしょう。

日常の違い⑦:SNSの使い方

SNSを使う理由の一つに、男女とも「最新の情報をチェックするため」という理由を挙げる人が多くなっています。
しかし、女性はSNSを利用する際に「他人のパーソナルな部分」をチェックし、男性は「興味のある物ごと」しかチェックしない傾向があるようです。

例えば、野球に興味のある男性であれば、試合の経過や結果だけを確認し、試合を観戦している人の感想などをチェックする人は少ないでしょう。
しかし、女性の場合は、試合の経過や結果を確認したあとに、試合を観戦している人の感想や球場の雰囲気などをチェックすることが多いようです。

日常の違い⑧:準備にかかる時間の長さ

出かける前の準備時間にも、男女によって差があります。
メイクなどに時間を取られる女性の方が、準備時間が長くなる傾向にありますが、男女で準備の時間に差が出る原因は「鏡の見方が違う」ことも理由だとされているようです。

女性は男性に比べて、鏡を見た時に「自分の欠点」に目が行きがちだと言われています。
そのため、欠点をカバーするために試行錯誤を重ね、準備により時間がかかってしまうと言えるでしょう。

日常の違い⑨:荷物の多さ

また、旅行などに出かける際にも、男女によって荷物の多さに違いが出ます。
男性は長期旅行でも最低限の準備だけをする人が多く、女性は「万が一」に備えて、多めの準備をする人が多いようです。

日常の違い⑩:「過程」と「結果」への考え方

男性は、物ごとが終わったあとの「結果」を重要視する面があります。
女性は、物ごとが終わるまでの「過程」を重視する傾向があり、男女で大事にしているものが異なる点も特徴です。

女性が悩みごとを他人に相談する場面では、「悩みに至るまでの過程」を知ってほしかったというケースがあります。
しかし、女性から悩みごとを相談された男性は、「悩みごとに対する解決策」に重きを置くことが多く、女性の悩みに寄り添えないまま終わってしまうことも少なくありません。

<下に続く>

男女の考え方の違い【仕事編】

男女の仕事への違いを表す風景

では、男女の仕事に対する考え方の違いをみていきましょう。
男女の仕事に対する考え方の違いには、以下のものがあります。

  1. 職場の環境づくり
  2. 得意な作業
  3. 会議中の進行

続いて、男女の仕事に対する考え方の違いを、それぞれ詳しくみていきます。

仕事の違い①:職場の環境づくり

男性は、目の前の仕事を片付けることを最優先にしているため、掃除などの雑務を後回しにしている人が多く見られます。
女性の場合は、目の前の仕事に目を向けながらも、働きやすい環境を保つように行動していることが多いようです。

これは、男性が「成果主義」であること、女性が「共感主義」であることが関係すると言われています。

仕事の違い②:得意な作業

論理的に考えられる男性は、作業に対する集中力が高い反面、一つの物ごとにしか取り組めない人が多いようです。
感覚的に考える女性は、複数の作業を同時にこなすことに向いている人が多く、さまざまな仕事を並行して進めている人が多く見られます。

こういった男女の違いによる事情もあり、複数の物ごとを並行で進めることが多いサービス業などでは、女性が中心となって働いてるところも多いようです。

仕事の違い③:会議中の進行

男性が主役となっている会議では、「議題の結果」を出すことを優先しているため、無駄のないスムーズな進行が多いとされています。
女性が主役となっている会議では、「議題にまつわる事柄」を膨らませていくため、雑談も交えながら予想外のアイデアを生むことがあるようです。

このため、データに基づいて議論していく場では男性が目立ち、ユニークな発想を求められる場では女性が目立っています

<下に続く>

男女の考え方の違い【恋愛編】

男女の恋愛の違いをあらわす情景

では、男女の恋愛に対する考え方の違いをみていきましょう。
男女の恋愛に対する考え方の違いには、以下のものがあります。

  1. 恋愛の優先順位
  2. 連絡に対する価値観
  3. 恋人が欲しくなるタイミング
  4. 愛情のはかり方
  5. 記念の日に対する思い入れ
  6. 性的に興奮するタイミング
  7. 「初めて」に対する価値観
  8. 浮気のボーダーライン
  9. 浮気をされた時の反応
  10. 別れた後の対応

続いて、男女の恋愛に対する考え方の違いを、それぞれ詳しくみていきます。

恋愛の違い①:恋愛の優先順位

男性は全てにおいて仕事を第一に優先することが多く、女性は友だち関係よりも恋愛を優先する人が多いと言われています。
そのため、デートの予定が入っていても職場の誘いを優先してしまう男性は珍しくなく、これが原因でケンカとなる男女カップルも多いようです。

しかし、男性の中には「出世して家族を養っていきたい」という思いから職場を優先してしまう人もいます。
独身の男性でも結婚を視野に入れて行動しているケースもあるため、女性は状況を見ながら、パートナーの仕事事情を受け入れてあげるといいでしょう。

恋愛の違い②:連絡に対する価値観

メールやLINEなどで連絡を取る際、女性は絵文字などを交えながら長めの文章を作り、男性は用件のみの短文を作る傾向があるようです。
これは、女性が他人に「共感」を求めるのに対して、男性は「用件を伝える」ことを重視していることが理由だとされています。

また、男女で比較した場合、男性は文章よりも電話をする方がラクだと考えるタイプも多く、文章でのコミュニケーションに重きを置く人が少ないとも言えるでしょう。

恋愛の違い③:恋人が欲しくなるタイミング

女性は辛いことがあった時に恋人が欲しくなる傾向にありますが、男性は自分の調子がいい時に恋人を欲しがるとされています。
そのため、付き合っている関係でも「仕事が忙しい間は彼女に会いたくない」と考える男性は多いようです。

恋愛の違い④:愛情のはかり方

男性は、高価なプレゼントや大きな花束を贈り、自分の愛情の大きさをアピールすることがあります。
しかし、女性は高価なプレゼントよりも「気にかけてくれた回数」で愛情の深さを見ている人が多く、愛情表現の仕方にも違いがでやすいのが特徴です。

恋愛の違い⑤:記念の日に対する思い入れ

女性は記念日やアニバーサリーなどに思い入れが強く、男性は記念日よりも「日常生活」を重視している傾向があります。
そのため、男性は記念の日などを忘れやすく、当日になるまで気付かなかったというケースも珍しくありません。

記念の日をパートナーと一緒にお祝いしたい女性は、事前に記念の日を伝え、デートの約束を取り付けたり、やりたいことをアピールしておくのがおすすめです。

恋愛の違い⑥:性的に興奮するタイミング

辛いことがあった時や疲れた時、男性に抱きしめてもらって「癒してほしい」と思う女性は多いでしょう。
しかし、男性は抱きしめる行為を「性的に興奮する」スイッチだと感じている人も多く、男女ですれ違いが起こることもあるようです。

女性にとってボディタッチは精神的な癒しになりますが、男性にとっては性欲を刺激する行為だと考えておくといいでしょう。

恋愛の違い⑦:「初めて」に対する価値観

パートナー同士で肉体関係を持つ場合、男性は「初体験の女性」を喜ぶ傾向があります。
対して、女性は「初体験の男性」にあまり良い印象を持っておらず、できれば「肉体関係は自分で最後にしてほしい」と願っている人が多いです。

とは言え、男女ともに大切なパートナーであれば経験の有無は気にしない人がほとんどでしょう。

恋愛の違い⑧:浮気のボーダーライン

男性は、女性が自分以外の男性と肉体関係になると浮気だと思う人が多く見られます。
女性は、男性が自分以外の女性に好意を持った時点で浮気だと思う人が多いようです。

これは、男性が本能的に「自分の子孫を残したい」と思っていることと、女性が「家族を守ってほしい」と思っていることが関係しているとされています。

恋愛の違い⑨:浮気をされた時の反応

浮気をした相手に対して、男性は「自分の彼女」に対して怒る傾向があります。
しかし、女性は「男性の浮気相手」に対して怒る傾向が強く、浮気をされた時の反応にも違いがあるようです。

この男女による反応の違いは、男性は自分のパートナーを「所有物」だと感じているためだとされており、女性は同性に対してライバル心が強いことが理由だとされています。

恋愛の違い⑩:別れた後の対応

破局したカップルにも、男女で対応の差が出ます。
男性の場合、別れた直後は「意外と平気」だと感じる人が多く、女性の場合は「何も手に付かないぐらい落ち込む」という人が多いようです。

そして、別れてから日が経ったあとも、男女で考え方が異なります。
男性は日が経つにつれて「彼女が忘れられない」と思うようになり、女性は「新しい恋を探そう」と次の恋へ切り替える人が増えるようです。

これは、男性が過去の恋愛を美化しやすく、女性が過去の恋を冷静に振り返ることが関係していると言われています。
そのため、女性に比べて、男性の方が「過去の恋を引きずりやすい」と言えるでしょう。

<下に続く>

【男と女の違い】恋愛観や仕事の考え方は本能の違いが強い

男女の違いが見られる様子

古い時代から男性と女性は役割が分担されており、男女には本能的な考え方の違いが根強く残っているとされています。
恋愛や仕事に対する価値観は男女とも異なりますが、どちらも表現の仕方が違うだけで、相手を思いやって行動している人が多いです。

時代の流れと共に男女の価値観も変わってきているので、お互いを尊重した関係を築いていきましょう!

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line