Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/06/11

胸を揉まれるときの男女別理想のシチュエーション!揉むと大きくなる?

好きな人には胸を揉まれたい、揉みたいという男女は世に多くいますね。
そんな共通点を持つ男女ですが、理想のシチュエーションにはいくつかの違いが見られます。

そんな胸を揉む・揉まれるときの理想のシチュエーションについて、男女別に紹介します。
また揉むと大きくなるといわれている謎を解明していきます!

Large giulia bertelli 94235 unsplash  2   1

胸を揉まれると嬉しい?

胸を揉まれることについて話し合うカップル

胸を揉まれるシチュエーションは世に多くあれど、それに対して「嬉しい」と女性は感じているかは常に気になるところでしょう。
しかし実際には、多くの女性が恋人に揉まれるのは嬉しいと答えるでしょう。

ですが世の中には、すべての女性が「嬉しい」と感じているわけではありません。
胸を揉まれると嬉しいと答えつつも、実はシチュエーションによっては恋人であっても嫌だと感じてしまうこともあるのです。

恋人とより仲を深めるためにも、男女で胸を揉む・揉まれる理想のシチュエーションの違いについて知っておきましょう。
違いを知ることで、男性は「こうしたときに揉みたい」という場面がよく分かりますよ。

<下に続く>

胸を揉まれるのが嬉しいと感じる理由

胸を揉まれるのが嬉しいと答える女性

胸を揉まれるのは嬉しいと答える女性は世に多くいます。
ではどうして胸を揉まれるのは「嬉しい」と答えるかは、主に以下のようなものがあります。

  1. 自分の体に魅力を感じてくれている
  2. 気持ちが良い
  3. 愛されていると感じる
  4. 求められている
  5. その先を期待できる

では、それぞれの理由について詳しくみていきましょう。

理由①:自分の体に魅力を感じてくれている

多くの女性が男性や恋人に胸を揉まれると、自分の体に魅力を感じているんだ、興味を持っているんだと感じて嬉しくなります。
誰だって自分の体に魅力がないと感じれば、落ち込んでしまいますよね。

それだけ自分が魅力的に映っているという証拠になるので、胸を揉まれる行為は、自分の自信へと繋がる場合もあるのです。
揉みたくなるほど胸に対して魅力を感じてくれていると自覚できるのです。

理由②:気持ちが良い

単に気持ちが良いからという理由で、胸を揉まれるのは「嬉しい」と感じる女性もいます。
痛いことよりも気持ちが良いことは、多くの人が好きだと感じるでしょう。

胸は性感帯の一つですから、恋人が感じるポイントを揉んでくれれば、女性は気持ち良さを感じることができます。
また好きな人に胸を揉まれる、揉まれていると認識すると、気持ち良さを感じられるからという意見もあります。

理由③:愛されていると感じる

胸を揉まれることで、愛されていると感じると答える女性も多いです。
手の平から伝わる体温や、その手つきの優しさから、自分のことを想ってくれていると感じられるからです。

特に胸を揉まれるときに、こちらが気持ち良さを感じてくれているか確認しながら揉まれると深い愛を感じますよね。
逆にいえば、触り方によっては愛を感じられないということなので、胸を揉まれるといっても、触り方によって相手の気持ちが分かるといえます。

理由④:求められている

胸を揉まれると、相手から求められているようで嬉しいと答える女性もいます。
じゃれあいで胸を揉む人もいますが、多くは女性の体に触りたい、恋人を強く感じたいという思いから胸を揉む人は多いです。

触り方によっては、強く自分を求めていると感じられるため、相手が自分をどれだけ好きかも伺うことができます。
相手の気持ちをより感じることができる行為なため、求められているようで嬉しいと感じるのでしょう。

理由⑤:その先を期待できる

じゃれあいの後やゆったりしているときに胸を揉まれると、ついその先を期待してしまいますよね。
自分としたいのかな、自分を求めているのかなと、女性だってその先を期待します。

また、自分とそうした時間を思い描いていると感じられるため、嬉しく思うのです。
好きな人からエッチを求められていると思うのは、多くの男女が嬉しいと感じるでしょう。

<下に続く>

胸を揉まれる理想のシチュエーション

胸を揉まれるシチュエーションについて考える女性

女性はこんな風に胸を揉まれたい、また男性はこんな風に胸を揉まれる女性というシチュエーションを妄想しますよね。
男女別にみることで、今後どういったシチュエーションが喜ばれるか、またやってみたいか参考になるでしょう。

男性の理想

まずは男性側の理想のシチュエーションです。
男性が「こんな風に胸を揉まれる女性を見たい」というシチュエーションをいくつか紹介します。

①:エレベーター

誰もいない二人きりのエレベーター内で、辛抱たまらず胸を揉むシチュエーションは、男性の憧れといえるでしょう。
誰が入ってくるか分からないという、ハラハラドキドキなシチュエーションは、男女を互いに盛り上がらせてくれます。

いつ人の目に留まるか分からないという状況は、男性の妄想を大きくさせるため、エレベーターは特に男性にとって興奮できる場所なのです。

②:別れ際

さよならを告げ、去ろうとした際に胸を揉まれる女性という場面も男性は興奮します。
名残惜しそうに彼女を引き留めるかのように揉むため、彼女としてもより嬉しさを感じられるシチュエーションでしょう。

そのまま感情に流されてエッチに及ぶ可能性も高いシチュエーションなので、男女どちらも期待してしまうことでしょう。

③:誰もいないオフィス

エレベーター同様に、いつ誰が入ってくるか分からない状況であるオフィスも、男性が興奮する場面です。
エレベーターに比べると知っている人が入ってくる可能性が高いため、よりバレたらというハラハラ感を楽しめます。

また残業中に次第に手を伸ばして胸を揉まれる(揉む)…というシチュエーションも、徐々に盛り上がりを見せるため、男性がやりたい・興奮するものとなっています。

④:玄関

帰ってきてそうそうに、求めるかのように激しく胸を揉まれる女性という場面も、男性が興奮するシチュエーションです。
玄関という扉一枚で、外と区切られた空間が、より男性の妄想を広げるのです。

これもエレベーター同様に、いつ誰が訪れるか分からない、声を聴かれるか分からない状況なので、互いを興奮させます。
女性が興奮している姿でより男性が興奮するため、そのまま激しいエッチになる可能性も高いでしょう。

⑤:エッチ中に彼女の胸に顔を埋めながら

エッチの最中に彼女の胸に顔を埋め、そして揉むというシチュエーションも男性の中で人気が高いものとなっています。
やはりエッチ中は、彼女の胸を大胆に揉める状況なので、より胸の感触を感じられるシチュエーションに対して興奮するのです。

特に胸が大きい女性が彼女だと、その感触をより肌で感じたいために顔を埋めて揉みたいと感じる男性は多いです。

女性の理想

次は女性が理想とする、胸を揉まれるときのシチュエーションです。
女性はよりロマンチックさを求めるため、男性よりもムードある胸を揉まれるシチュエーションを望みます。

①:台所で

女性なら、彼氏のためにと腕を振るって料理をすることもあるでしょう。
そんな最中に、彼氏が近づいてきていきなり胸を揉まれる…というシチュエーションが好きな女性は多いです。

危ないと分かっている状況でも、体が言うことを聞かない、そんな状況が女性を興奮へと誘います。
料理中でも求められていると感じられるため、こうしたシチュエーションを好む女性は多いです。

②:デート中にいきなり

さっきまでは普通に話していたのに、デート中に彼が辛抱できず、胸を揉まれるというシチュエーションも女性が好きなものです。
場面に強弱があることで、女性はより期待したり感じたりします。

また特に二人きりでいるときや、デート中といった何気ない普段の中だからこそ、安心して彼といちゃつきたいと願っています。

③:くつろいでいるとき

部屋で二人でくつろいでいるときに、急に伸びてきた手が胸へと進み、そのまま揉まれるという状況も女性に人気です。
急に伸びてきた手に最初は抵抗するものの、次第に彼の思うがままにされていく…そんなシチュエーションが、少しMっ気のある女性に人気なのです。

くつろいでいるという無防備な状態だからこそ、胸を揉まれてより感じてしまいますし、心も高ぶってしまうのでしょう。

④:別れ際の玄関で

こちらは男性が望むシチュエーションにもありましたが、女性の場合には「別れ際の玄関」とより明確なシチュエーションになっています。
女性が「じゃあね」と別れを告げた際に、名残惜しそうに抱きしめられ、そのまま求められるという状況が人気です。

女性は男性よりもロマンチックな状況に弱く、またそれを夢見る傾向にあるため、こうしたこうした女性の心を高ぶらせる状況は人気なのです。

⑤:エッチ中に優しく感触を確かめるように

女性だってエッチ中のシチュエーションを望む人は多く、またそうした場だからこそ揉まれたいと願います。
ただし激しいものではなく、優しく形や感触を確かめるようなシチュエーションが人気です。

ときには激しく揉まれたいと願う女性もいますが、まずは形や感触を確かめるように、優しくタッチしてもらいたいと感じています。
ただ胸を揉まれるのではなく、自分の胸に興味を持っていることを感じたいのです。

<下に続く>

胸を揉まれるのが嫌だと感じる理由

胸を揉まれることに対して嫌悪感を抱く女性

多くの女性が胸を揉まれるのは「好き」「平気」と答えるなか、少なからず「嫌」「不快」と感じる女性がいるのも確かです。
また「嬉しい」と答えた女性でも、胸を揉まれるのが嫌だと感じる瞬間も当然ありますよね。

そうした「嫌だ」と感じてしまう理由については、主に以下のようなものがあります。

  1. くすぐったい
  2. 集中できない
  3. 感じないから
  4. 相手が好きじゃない・好意がない
  5. 痛い・不快である

では、それぞれの理由について詳しくみていきましょう。

理由①:くすぐったい

急に胸を触られたり、揉まれたりすると、気持ち良いよりも先に「くすぐったい」という感覚がやってきますよね。
特に彼氏とじゃれているときは、気持ち良いという感覚よりもくすぐったいという感覚の方が勝るため、嫌だと答える女性は多いです。

気持ち良さを感じられず、なおかつくすぐったい・かゆいとなれば、胸を揉まれるのは不快に感じる人もいるでしょう。

理由②:集中できない

例えば仕事中や残業中、掃除や料理など、何かをしている最中に胸を揉まれると、どうしてもそちらに意識を持っていかれてしまうため、集中できなくなります。
どちらも気にしなければいけない状況は、強いストレスがかかりますよね。

女性に人気の台所のシチュエーションでも、場合によっては逆にストレスと感じる女性もいるのです。
特に集中力が強ければ強いほど、胸を揉まれたことで邪魔をされたと感じ、喧嘩に発展することもあるでしょう。

理由③:感じないから

胸は性感帯とはいうものの、どんな女性も胸で感じるというわけではありませんよね。
中には性感帯が育ち切っていないため、胸を揉まれても感じないという女性も当然います。

それなのに胸を揉まれても、何も感じないため、嬉しいよりも邪魔としか感じないのです。
ただ胸を揉まれるよりも、キスなど気持ちが確かめられる行為の方が嬉しいと感じる女性もいます。

理由④:相手が好きじゃない・好意がない

胸を揉んでくる相手は、何も好意を寄せている男性だけではありませんよね。
ときにはセクハラで揉んでくる人もいれば、気持ちが離れてしまった彼氏が揉むこともあるでしょう。

このように、相手に対して好意がないときは、誰だって胸を揉まれるのは嫌だと感じます。
そのため嬉しいと感じるかは、相手への好意でもあるといえるでしょう。

理由⑤:痛い・不快である

相手の揉み方が下手だったり、自分勝手な揉み方をされると、痛い・不快であると感じますよね。
胸を揉まれて嬉しいと感じるのは、そこに優しさや愛しさが感じられるからです。

それなのに、自分勝手に激しく揉まれたりすると、女性は痛みや不快感を感じます。
これによって胸に触られるのを嫌がるようになってしまうこともあるため、揉む側の男性にも問題があるといえるでしょう。

<下に続く>

胸を揉まれるのが嫌なときの対処法

胸を揉まれるのは嫌だから別の方法を試している女性

胸を揉まれるのは嫌、触られたくないと感じるのは普通のことです。
誰だって嫌だと感じてしまうときはありますから、そうしたときは以下のような対処法で乗り切りましょう。

  1. 手を掴んでやんわりと退ける
  2. ほかに触っても良いところを教える
  3. はっきりと嫌だと伝える

では、それぞれの対処法について詳しくみていきましょう。

対処法①:手を掴んでやんわりと退ける

言葉で強く拒否できない場合には、やんわりと手を掴んで胸からその手を退けるようにしましょう。
ここは触らないでというように、手を退ければ察しの良い男性なら触られたくないと理解してくれます。

察しの悪い男性の場合には、手を退けたら話題を変えてみましょう。
胸の話題から反らしたり、「胸を触られるのを嫌がる女性もいるらしいよ」なんて疎い男性には、あからさまに言ってみても良いですね。

対処法②:ほかに触っても良いところを教える

恋人に触られている場合には、はっきりと嫌だと伝えると機嫌を損ねるため言いづらいという人もいるでしょう。
そうした場合には、ほかに触られても良いというところを教えてあげるのも良い対処法ですよ。

例えば「胸はくすぐったいからこっちだったら良いよ」「こっちの方が嬉しいな」など、相手を傷つけない言葉を選んで教えてあげましょう。
あからさまに「触らないで」なんて言ってしまうと、恋人も傷つくので、まずは触っても良いところを示してあげましょう。

対処法③:はっきりと嫌だと伝える

本当に触られたくない、不快感しかない場合には、きちんと言葉で伝えてあげましょう。
世の中には口に出さなければ理解してくれない人もいるため、嫌なら「止めて!」とはっきり伝える勇気も必要です。

それが例えお得意先の相手や上司であっても、自分の身を守ることは必要なことです。
胸を揉まれるのが嫌だと感じるなら、はっきりと「NO!」と表現しましょう。

<下に続く>

胸を揉まれると大きくなるって本当?

胸を揉まれることでバストアップを感じた女性

よく「胸を揉むと大きくなるよ!」「揉むと育つ!」なんて言葉を聞いたことがあるでしょう。
しかし実際に揉んでみると、育った感じがしなくて「嘘の情報」と片付けてしまった人もいるでしょう。

さまざまな賛否を生む「揉むと大きくなる」情報ですが、実はバストマッサージという見方をすれば、期待できる点はあるのです。
胸の周りにはリンパが流れているので、それをマッサージ(揉む)で刺激してあげることで、栄養などを行きわたらせるよう促すことができるとされています。

これによって数カップサイズアップした人もいます。
ようは揉み方次第といえ、正しくマッサージをすれば、胸のサイズをアップさせることもできるといわれています。

揉んでもらって大きくするというよりも、自分でリンパの流れを良くするよう揉んだ方が、バストアップは期待できるといえるでしょう。

<下に続く>

胸を揉まれて嬉しい女性は多い!彼氏とコミュニケーションを取ろう!

胸を揉まれる以外のコミュニケーションを取っている女性

胸を揉まれて嬉しいと感じる女性は世に多く、それをコミュニケーションの一つだと考えている人もいます。
体を触らせるということは、相手に気を許していることですから、そこからコミュニケーションを広げていくという考え方もあります。

彼氏とより親密になりたいと願っているなら、胸を揉まれたときにはコミュニケーションを取るつもりで接してみるのも良いでしょう。
胸を揉まれるのが嫌なら嫌とはっきり伝えるのも大切ですし、嬉しいなら嬉しいと伝えてあげるのも大切なコミュニケーションですよ。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line