Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/05/10

初デートで映画に行くメリット&デメリット!気を付けることは?

初めてのデートは、どこへ行こうか、何をしようか悩みますよね。
やっとの思いで、映画に決めたものの、どんなことに気を付ければいいのか?

事前に、どんな準備をしておくのがスマートなのか。
どんなジャンルの映画を選べばいいのか。

さらに悩むことが、たくさんあります。
そんなあなたに、映画デートのメリット・デメリットや色々な注意点をお伝えします。

Large e831b20c2bf6073ed1584d05fb1d4794e276e2d318b50c4090f5c771aeefb0bfdd 640

初デートで映画に行くメリット

初デート映画に行くメリット
初デートで映画に行くと、どんな良い事があるのでしょうか?
メリットを挙げてみましょう。

  1. 話題に困らない
  2. 相手の趣味・嗜好がわかりやすい
  3. 次のデートの約束がしやすい
  4. スケジュールが立てやすい
  5. アクセスが良い
  6. 天気に左右されない

メリット①:話題に困らない

初デートはお互い緊張して、会話の盛り上がりに欠けるなんてこともあります。
せっかく楽しみにしていた初デートなのに、話題探しでテンパってしまったらもったいないですよね。

その点、映画デートなら上映前に出演者や原作などについて話したり、ストーリー展開の予想をしてみたり。
もちろん観終った後は、映画の感想で盛り上がる事間違いありません。

話題に困らない映画デートを、初デートにおススメする一番のメリットです。

メリット②:相手の趣味・嗜好がわかりやすい

どんな映画を観るかで、相手の好みをある程度把握することができます。
歴史大作が好き、ロマンチックな恋愛ものが好き、CGのクオリティーにこだわるetc…。

初デートで、できるだけ相手の事を知りたいですが、質問攻めにして気まずくなってしまっては本末転倒です。
その点、映画デートなら映画のセレクトで好みがわかる上に、映画の感想には相手の思考のヒントが盛りだくさん。

初デートから、沢山の情報が手に入っちゃいます。

メリット③:次のデートの約束がしやすい

映画の本編が始まる前の予告は、次のデートの約束の為に外せません。
必ず、本編が始まる前に入場して予告編からきっちり観ましょう。

予告編の中に、気になる映画があれば次の約束もスムーズです。

メリット④:スケジュールが立てやすい

映画は、「〇月〇日~時開始」と正確な日時が決まっています。
漠然とした初デート計画では、どうする?どこ行く?という無駄な時間が出来てしまいますね。

はっきりと始まる時間が決まっているので、待ち合わせもスムーズ。
更に、終了時間も決まっているので、映画後に行く場所の候補も決めやすくなります。

メリット⑤:アクセスが良い

映画館は基本的に繁華街に位置することが多く、交通の便がいい、という事が大きなメリットです。
郊外のモールなどにある映画館には、十分な駐車場が完備されているので、その点も安心ですね。

初デートでお互いが行きやすい場所を選ぶことは、とても大切ですよ。

メリット⑥:天気に左右されない

屋内で全てが完結する映画デートは、お天気に関係なく楽しむことができる優秀デートコースです。
ドライブや、遊園地など定番のデートコースはお天気に左右されてしまうので、当日まで心配がありますが、初デートは心配事を減らして当日を迎えたいですよね。

映画デートに、そんな心配は不要です。

<下に続く>

初デートで映画に行くデメリット

初デート映画に行くデメリット

では、逆に初デートに映画を選ぶとどんなデメリットがあるのでしょうか?

  1. 会話が少ない
  2. デートの良し悪しが映画の出来に左右される
  3. オシャレの労力が伝わりにくい
  4. 時間の制約が出来てしまう
  5. 思わぬところで査定されてしまう
  6. 趣味や価値観の違いが露呈してしまう

デメリット①:会話が少ない

せっかくの初デート。
沢山お話をしたい気持ちもありますよね。

映画デートでは、上映中に会話ができないので長時間一緒に居た割には、あまり話せなった、と残念に思う事があります。

デメリット②: デートの良し悪しが映画の出来に左右される

映画の内容が面白かったり、感動したり、ポジティブな物であれば、デート自体も楽しくて思い出深いものになりますよね。
ところが、もしも映画がつまらなかったら?

その映画をセレクトした側が、感じなくてもいい申し訳なさを感じてしまったり、それに気を遣って、無理にフォローをしたり。
何度かデートを重ねて、そんな微妙な空気感も笑い飛ばせるような二人ならいいのですが、初デートではそうもいきませんよね。

映画の出来が、ダイレクトに初デートの感想につながってしまうという危険性が、大きなデメリットに挙げられます。

デメリット③:オシャレの労力が伝わりにくい

初デートだからこそ、何日も前からコーディネートを考えて、完璧に可愛く見えるよう選び抜いたファッション。
せっかく全神経を注いで頑張ったけれども、映画デートではその労力が伝わりにくい事が多いです。

ただでさえ暗い映画館に、横並びで座ってしまっては、相手がどんなファッションだったのか印象が薄くなりがち。
待ち合わせて、映画館に移動するまでの間と、その後の予定がオシャレを披露するチャンスです。

待ち合わせ前はモチロン、上映後長時間座って、しわしわになったお洋服や、映画に感動して泣いた後の崩れたお化粧が、初デートの記憶にならない様に気を付けましょうね。

デメリット④:時間の制約が出来てしまう

お休みの日のデートならあまり問題になりませんが、お仕事帰りの映画デートはハードルが高くなります。
仕事帰りのちょうど良い時間に、観たかった映画が上映されていればいいのですが、なかなか思う通りにはいきません。

1本遅い回にすると、上映終了後にゆっくり話す時間も取れないままお別れ、という事になってしまいます。
上映時間がきっちり決まっているのは、メリットとデメリットが紙一重です。

デメリット⑤:思わぬところで査定されてしまう

初デートはいいところを見せたい、と思うのは男女共通でしょう。
ところが、暗いところに長時間座っていると、つい気を抜いてしまう瞬間があるのも事実です。

つい楽な姿勢で、猫背になっていたり足が開いていたりなんてところを見られたり…。
暗くて見えないだろう、と油断していると大変なことになりますよ。

自分が気が付かないうちに、素の部分を見られてしまうかもしれません。
初デートは、良い印象で次に繋げられるのが理想的ですよね。

気を抜かず、暗くても相手の視線を意識ましょう。

デメリット⑥:趣味や価値観の違いが露呈してしまう

映画のセレクトで趣味が解るうえ、観終った後の感想を聞いていると、あれ?と感じる部分が出てきてしまうかも。
初デートにドキドキしたのもつかの間。

なんか違うかも?となってしまうのも早いかもしれません。

<下に続く>

初めての映画デートで当日までに準備すべきこと

初デート映画事前に準備する事
初デートの予定が決まったら、当日を素敵な一日にするために、事前の準備に心を配りましょう。

  1. 前日はしっかり眠る
  2. 持ち物の確認
  3. チケットの事前予約
  4. 待ち合わせ場所の確認

準備①:前日はしっかり眠る

初デート前は緊張と興奮で眠れなくなってしまいがちですが、映画デートは前日の睡眠がとても大切です。
暗く静かな映画館。

睡眠不足で、ついウトウトとしてしまっては初デートが台無しです。
ウトウトしているのを、目撃されてしまったら「デートがつまらないのかな?」と相手にいらぬ不安を与えてしまいます。

もしも静かな場面で、いびきでもかいてしまったら…。
考えるだけでも恐ろしいですね。

翌日のお肌の調子も含めて、前日の夜は早めにベットに入って、十分な睡眠を心掛けましょう。

準備②:持ち物の確認

忘れ物がないように入念にチェックしておきましょう。
当日の不測のトラブルに備えて、色々と持っていきたくなってしまう気持ちは山々ですが、映画デートはなるべくコンパクトな荷物がおススメです。

映画の座席は、荷物を置くスペースが足元しかなく、通路を塞いでしまうような荷物は、他のお客様の迷惑にもなってしまいます。
また、暗い映画館内で、荷物は足元に置くことになり、バッグが倒れて中身が出てしまっても、気が付きにくいです。

なるべくコンパクトで、きちんと口が閉まるバッグを選びましょう。

準備③:チケットの事前予約

人気の話題作となると、とても混み合います。
当日では、既にチケットが手に入らなかったり、購入できたとしても、並び席でない場合が考えられます。

そんなことで、初デートが台無しにならない様に、事前にチケットは購入しておきましょう。
ただし、彼も同じことを考えている可能性があるのでどちらがチケットを準備するかは話し合いが必要です。

彼がサプライズで準備したいと企んでくれているかもしれないので、聞き方には注意が必要です。
「話題作だから、当日だと満席だったりしないかな?」と心配している風に、チケット準備の有無を確認してみましょう。

準備④:待ち合わせ場所の確認

映画館は、アクセスが良いので現地集合という事も多いでしょう。
ですが、上映前の映画館のロビーは人も多く、待ち合わせには不向きです。

お互いによく行く映画館で、詳細に場所が指定できる場合を除いて、入館前の場所で待ち合わせるのが無難です。

<下に続く>

初めての映画デートにおすすめのジャンル

おすすめ①:コメディ

初デートでハズレがないのは、コメディ映画でしょう。
沢山笑って、楽しい気分になればデートもうまくいくこと間違いなし。

コメディ映画は、大きく好みが分かれたりしないので万人受けする選択肢です。
ただし、なかにはブラックユーモアや下ネタ満載のコメディ映画もあるので、事前に内容のチェックはお忘れなく。

おすすめ②:アクション

せっかく映画館の大画面スクリーンで見るなら、迫力を目一杯満喫できるアクション映画もおすすめです。
男性は、アクション映画が好きな方も多いですし、ハラハラドキドキの展開は初デートの緊張を忘れさせてくれる事でしょう。

おすすめ③:ラブロマンス

デートの定番といえば、ロマンチックなラブロマンス映画ですよね。
憧れのシュチュエーションを、隣に座る彼と観ながら未来に想いを馳せる幸せな時間になる事でしょう。

映画のムードが、2人の恋の盛り上がりに一役買ってくれることを期待しましょう。
ただし、不倫や略奪モノなど、避けた方が良いラブロマンス映画もあるので事前チェックが必須です。

おすすめ④:ホラー

お互いにホラーが平気なのであれば、おススメです。
ホラー映画は、女友達で一緒に観に行ける人を探すのは難しいですし、なかなか観に行く機会がありません。

彼がホラー好きなら、共通の話題で盛り上がる事が出来る上に、帰り道「怖くなっちゃったから、もう少し一緒に居たい」なんて甘える理由もできちゃいます。

おすすめ⑤:ミュージカル

好みが分かれるミュージカル映画ですが、彼もミュージカルが好きならとてもおススメの選択肢です。
基本的にミュージカル映画は舞台があったり、以前にも映画になっていたり、と同じ作品がいくつもある場合が多いです。

その過去の作品を比べてみたり、映画のサントラ盤を探しに行ってみたり、次のデートへの布石が沢山あります。
一緒に口ずさめるメロディーがあれば、二人の距離がグッと近くなるはずです。

<下に続く>

初デートで不向きな映画のジャンル

デートに選ぶ映画としては、定番の恋愛もの。
ロマンチックな恋物語に、自分の恋心を重ね合わせて甘い雰囲気になる事を期待してしまいますよね。
もちろん、初デートの背中を押してくれるような素敵な恋愛映画も沢山あります。

ところが、恋愛映画には実は落とし穴があるんです。
学生を主役にしたような、甘酸っぱい恋愛ものは除いて、恋愛映画にラブシーンは付きものです。

大人の恋愛や、不倫、略奪愛があるような内容には、見ていて恥ずかしくなってしまうような濃厚なラブシーンも沢山あります。
まだまだお互いに遠慮が見え隠れする初デートでは、リアクションに困ってしまうような濃厚なラブシーンは避けたいところ。

恋愛映画を選ぶなら、内容をしっかり吟味しましょう。

<下に続く>

初デートで映画を見るときの席の選び方

初デート映画の座席選び

広い映画館では、座席の場所によって映画の良さが左右される、と言っても過言ではありません。
おすすめの座席の選び方をご紹介します。

  1. 前が通路になっている最前列
  2. 通路側
  3. 最後部

選び方①:前が通路になっている最前列

映画を鑑賞するときに、前に座っている人の頭が視界に入るととても気になりますよね。
背の小さな女性の前が、体格の良い男性だったりしたら尚更です。

それを避けるには、前に座席がない席を選ぶことが最良の手段です。
小さな劇場は、最前列がスクリーン直前になってしまうので、首が痛くなってしまうデメリットもあります。

劇場の大きさと、座席の配置を事前に確認しておきましょう。

選び方②:通路側

隣に席がないので、圧迫感を感じることなく映画を楽しむことができるでしょう。
初デートで、お手洗いに行きたいけど、通路まで遠い、と我慢するのは気持ちにも余裕がなくなります。

移動が容易な通路側の席は、気疲れしないのでおススメです。

選び方③:最後部

実は、あまり人気がなく穴場な座席が最後部席なのです。
スクリーンから遠くなるので、避けられがちですが、デートにはおすすめの座席です。

後ろの人の視線がなく、二人の世界に入りやすい最後部はデートには最適な座席なのです。

<下に続く>

初めての映画デートで気を付けるべきこと

初デート映画で]気を付けること

初デートは緊張してしまって、色々やらかしてしまいがちです。
致命傷を負わない様に、気を付けることをおさらいしておきましょう。

上映前

気を付けるべきこと①:お手洗いは早めに

上映前にお手洗に行くことは基本ですが、開始直前になるとお手洗いは混み合います。
お手洗いに並んで、予告編が始まって、足元が暗くなってから入場することになってしまった、とならない様に、早めに済ませておきましょう。

気を付けるべきこと②:温度調節

映画館の冷暖房は、割としっかり効いていることが多いです。
寒がりさんは、事前にブランケットを借りておいたり、カーディガンをすぐにはおれるように準備しておきましょう。

気を付けるべきこと③:携帯はマナーモード

音がならない様に設定しておくのは当たり前ですが、バイブ音が響くことも考えておきましょう。
携帯電話と触れ合って、振動音が響くようなもののそばに入れておかない様に気を付けましょう。

気を付けるべきこと④:事前の情報提供は程々に

近年の情報化社会で、映画の公開前にTVや雑誌で映画の告知がされることも多いですよね。
そこで得た情報から、観たくなったので、それを相手にも伝えたい、という気持ちを持つことは自然です。

相手にも、その気持ちを共有して欲しくて、説明に熱が入ってしまいがちですが、沢山の予備知識を持たずに映画を楽しみたい人も多いです。
初デートの緊張から、しゃべり過ぎにならない様に意識しておいてくださいね。

気を付けるべきこと⑤:ハンカチの準備

上映中、感動して泣いてしまったり、飲み物の水滴が気になったりした時にさっと取り出せうハンカチを準備しておきましょう。
映画の後、お食事に移動したりするならばハンカチは2枚持っておくのがベストです。

気を付けるべきこと⑥:事前に予約をしておく

人気の話題作で、当日希望の時間でチケットが購入できなかった、という最悪の事態を避けるために事前購入がおすすめです。
相手が既に購入していることも考えられるので、まずは確認を取りましょう。

気を付けるべきこと⑦:売店の利用は相手の意見も聞く

映画鑑賞には、”ポップコーン必須”というタイプと、”上映中の飲食はNG”というタイプがいます。
また、ポップコーン一つとっても、塩派・キャラメル派というように意見が分かれるモノです。

普段の自分を基準に考えずに、相手のスタンダードを聞くことを心掛けましょう。

上映中

気を付けるべきこと①:ごそごそ動かない

座るポジションが決まらなかったりして、ごそごそ動いていると、思っている以上に周りの人に迷惑です。
隣に座っている相手には、なおの事。

また、無意識に髪を触っていたり、貧乏ゆすりをしていたり、となくて七癖。
じっとしている、と意識しておきましょう。

気を付けるべきこと②:足の動きに気を付ける

足を組んで座っていると、隣の人にあたってしまっていたり前の椅子を蹴ってしまったり。
上映中は、なるべく足を組まない様に気をつけて、組んでいないと座れない、という人はその動きに十分注意しましょう。

気を付けるべきこと③:咳・くしゃみ・鼻水

生理現象なので、”しない”という事は不可能ですが、あくまで控えめに。
上映中に鞄をごそごそすることがないように、手元にハンカチを準備しておきましょう。

気を付けるべきこと④:音を立てて食べない・飲まない

最低限のマナーですが、意外と見落としがちです。
咀嚼音は自分が思っているよりも響いていることがあるので気を付けましょう。

また、氷の入った飲み物をかき混ぜたり、残り少なくなった飲み物をすすりあげる音にも注意が必要です。

気を付けるべきこと⑤:話しかけない

せっかくの初デートなので、沢山話したい気持ちはありますが、上映中に話しかけるのはやめましょう。
気になるシーンや、疑問に思ったことも、上映後に話すようにしましょう。

もしも彼が話しかけてきても、映画館は二人だけの世界ではありません。
やんわりと、あとでゆっくり話しましょう、と伝えるのが最適です。

上映後

気を付けるべきこと①:感想を押し付けない

面白かったというポジティブな感想も、いまいちだったというネガティブな感想も決して相手に押し付けないようにしましょう。
「私はこう思った」というに留めて、「あなたもこう思ったでしょ?」というような感想の強要は厳禁です。

気を付けるべきこと②:評論家にならない

本来、初デートで共有したいのは、映画の内容ではなく、その時間を共に過ごした時の気持ちです。
映画の内容をあれこれ批評する事よりも、その時に感じた素直な気持ちを共有するように意識しておきましょう。

気を付けるべきこと③:エンドロールも見る

人にもよりますが、エンドロールまでしっかり観たい人もいます。
初デートでは、彼がどちら派かはまだ分からないので、とりあえず彼の動向を伺いましょう。

通路寄りの席で、沢山の人が通る場合はスムーズな退席を促すのも、気配りができる女性を演出します。
臨機応変に対応しましょう。

気を付けるべきこと④:上映後館内で携帯を触らない

本編が終わったら、すぐに携帯のチェックをする人がいますが初デートでその行動はNGです。
暗い中、携帯の明るい画面は目立ちますし、彼はその行動に「誰かからの連絡があるのかな?」といらぬ勘ぐりをしてしまうかもしれません。

初デートで二人の時間を過ごしているなら、目に見える状況で携帯を触るのは避けた方が良いでしょう。

気を付けるべきこと⑤:服装や顔の乱れは早めにチェック

上映中に乱れてしまった髪形や、お化粧。
しわになった服は、彼の印象に残る前にリセットしましょう。

映画終わりのお手洗いは、とても混み合っているので、待たせてしまう事を事前に伝えておくのがスマートです。

<下に続く>

初デートで映画に行くときにおすすめの服装

初デート映画に着て行く服装

映画デートには、大切な服装のマナーがあります。
失敗しない洋服選びの、ポイントをチェックしましょう。

服装①:しわになりにくい素材の服

長時間座り続ける映画デートでは、おしりや背中のバックスタイル部分のシワが付きやすいです。
自分の視点からは見えないですが、お洋服のシワはだらしなく見えてしまいます。

せっかくの初デート、そんな失敗はしたくありませんよね。
素材がコットンやリネンのお洋服は、しわになりやすく、一度できてしまったシワは取れにくいので避けた方が無難です。

ポリエステルやジャージー素材はそれほど気にしなくても、しわになりにくいのでおススメですよ。

服装②:動きに音が出ない服

映画鑑賞中は、普段以上に雑音に敏感になるものですよね。
ビーズやスパンコールがあしらわれていたりして、音が出るようなデコラティブなお洋服はもっての外です。

他にも、ナイロン素材などで動くたびにカサカサと衣擦れの音がするようなお洋服は避けましょう。

服装③:脱ぎ着で温度調節が可能な服

映画館内は冷暖房が極端になりがちです。
冷房の効きすぎで、寒くて映画に集中できなかったり、暖房の効きすぎで頭がボーッとしてしまったり。

映画に集中するためにも、羽織るものを持参して体温調節が簡単にできるように工夫しておきましょう。
羽織る際に、大きなアクションが必要な上着は避け、カーディガンやストール等、スムーズに脱ぎ着できるモノを選んでくださいね。

<下に続く>

初デートで映画を観たときに彼をドキッとさせるテクニック

初デート映画彼をドキッとさせる

初デートはこれからの二人を決める大切な日。
彼に、また会いたいと思わせるような、ドキッとさせるテクニックをご紹介します。

  1. ほんのり香る女性らしい香りをまとう
  2. さっと手渡すウェットティッシュ
  3. 映画のチケットを大切に扱う
  4. 変化を演出する
  5. 偶然のスキンシップを図る

テク①:ほんのり香る女性らしい香りをまとう

映画館は暗く視界が限られるので、嗅覚や聴覚が敏感になっています。
座席の距離感も近いので、初デートの前に、彼好みの香りを事前にリサーチして仕込んでおくのがおススメです。

香りは、強すぎると逆効果。
香水なら、足首に付ける等、ほんのり香るように気を付けましょう。

テク②:さっと手渡すウェットティッシュ

映画デートでは、様々な種類の食べ物を楽しみながら、というのが定番です。
それが楽しみで、映画館に行く人も少なくはありません。

映画館フードの殆どは、手で食べるものです。
定番のポップコーンは、塩やバターで手が汚れることは承知の上。

そんな時に、「これ使って」とスムーズにウェットティッシュを取り出すと、その気遣いに彼がときめくこと間違いなし。

テク③:映画のチケットを大切に扱う

チケットレスで手元にチケットがない場合は仕方ありませんが、大切な初デートの記念品
チケットを大切に保管する姿は、初デートの思い出を大切に保管する事とイコールです。

ぞんざいに鞄に放り込むのではなく、きちんと手帳に保存したり、チケットを写メる姿は、彼に「そんなにこのデートを大切に思ってくれてるのか」と思わせる効果大です。

テク④:変化を演出する

待ち合わせの時に羽織っていた上着を館内で脱ぐ時や、字幕を見るために取り出す眼鏡など。
まだ相手に対するイメージが固まっていない初デートでは、変化の瞬間を彼に見せることが大切です。

椅子にもたれるために、髪をおろしたり、逆におろしていた髪をひとまとめにアップしたり。
一日のデートで、印象の変化を演出することで、もっと知りたくなるという彼の気持ちを煽ってみましょう。

テク⑤:偶然のスキンシップを図る

隣同士の席で並んで座る距離感は、それだけでドキドキしてしまう初デート。
上映中に手をつなぐなんて、ありがちなキュンポイントも初デートではハードル高めです。

まずは、肘置きでかすかに触れる、ポップコーンを食べる時に手が触れる。
そんな無意識のふりをしたスキンシップで、彼をドキッとさせちゃいましょう。

<下に続く>

初デートで映画を見るときに食べたいフード

初デート映画館で食べたいモノ

映画館では様々なフードが販売されています。
どんなものがあるのでしょうか?

フード①:ポップコーン

映画館の王道フードメニューはポップコーンですよね。
定番の塩バターとキャラメルに加え、新しいフレーバーも沢山登場しています。

話題のポップコーン目当てにデート場所を選ぶのも楽しいですね。

フード②:ホットドッグ

開始時間が中途半端だったりして、うまく食事の時間が取れない時におススメなのがホットドッグです。
大きく口を開けて食べるホットドッグは、初デートには一見不向きの様ですが、映画館ならでは。

隣同士に座るので、正面からの大口は見られずに済みます。
上映中にお腹が鳴ってしまった、なんて恥ずかしいハプニングを避けるために事前にコバラを満たしておきましょう。

フード③:チュロス

チュロスの優秀なところは、食べる時に音がしない事です。
上映中に静かなシーンでは、食べるのを躊躇するポップコーンと違い、気にせず食べることができるのが魅力です。

<下に続く>

デートで映画を観た後にしたいおすすめのプラン

初デート映画の後のプラン

映画を観終って解散では、あまりにも味気ないですよね。
初デートを楽しむ、その後のプランを考えてみましょう。

プラン①:カフェ

上映中は隣同士で顔が見られなかったので、今度は向かい合って、ゆっくりお互いの顔を見ながら映画の感想を話し合いましょう。
映画館で色々つまんだから、食事は重くて無理だけど、ちょっとした軽食なら、という二人にはカフェがおススメ。

プラン②:ショッピング

映画の登場人物に照らし合わせて、彼の好みを探る絶好のチャンスです。
「ヒロインのあの衣装素敵だった~。私にも似合うかな?」という感じで、ショッピングに出かければ、「俺はこっちの方が好き」と貴重な情報を手に入れられるかも。

映画に登場した小物や、サントラ盤を探しに行くのも楽しそうですね。

プラン③:レストラン

上映終了時間が、お食事時ならばレストランに移動してゆっくりとお話しするのも素敵です。
時間がはっきりわかっているので、レストランを予約しておくことも簡単で、段取りよく初デートを楽しむことができます。

映画の後に、レストランという予定が決まっているなら、スナックの誘惑に負けない様に気を付けましょうね。

プラン④:お散歩

お仕事帰りのタイミングなどで映画デートをすると、上映後は既に夜も深まっています。
初デートであまり遅くまで、というのも気になる、という人にはお散歩がおススメです。

帰りの駅まで少し遠回りをして、歩きながら映画の感想を話しましょう。
道すがら、気になるお店があったら「次はここに来たいな」と可愛くお願いしてみるのもいいですね。

プラン⑤:夜景スポット

上映終了が夜ならば、おススメは夜景スポットです。
繁華街に位置する映画館であれば、歩いて移動できる範囲内に、素敵な夜景スポットがある事も多いですよね。

映画のロマンチックな雰囲気をそのままに、初デートで告白なんてこともあり得るかもしれません。

<下に続く>

初デートのプランに悩んだら、映画デートが間違いなし

初デート映画のまとめ

気になる彼との初デートは、緊張や期待が入り混じって頭がパンクしてしまいそう。
そんな時、長時間ゆっくり座って鑑賞できる映画デートなら少し余裕が持てそうですよね。

必然的に隣に座る距離感も、彼をドキドキさせるのに最適です。
話題にも困らず、次のデートの約束も取り付け易い映画デートは、初デートカップルの強い味方です。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line