Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

酔い覚ましの方法12選!酔いを覚ます効果のある食べ物&飲み物

気をつけていたのに飲みすぎちゃって思ったよりも酔いが回っている…。
そんなときはなるべく早く酔い覚ましをしてしまいたいですよね。

酔い覚ましに効果的な、当日翌日に行える方法を12つ紹介しています!
お酒が大好きな方、酔い覚まし効果のあるものをきちんとしって二日酔いの不快な症状を早く終わらせてしまいましょう。

Large girl 1733352 640
目次

はやく酔いを覚ましたい!

酔い覚まし方法を知りたい二日酔いの女性

お酒を飲んでいるときは楽しくっても、家に変える途中やふと冷静になったときに酔いが残っているのはしんどいですよね。
いつまでもほろ酔い状態もまた幸せなものかもしれませんが、生活のためにもいつまでも酔っているのはよくありません。

なるべく早くに酔い覚ましをして、通常通りの生活に戻りましょう、お酒を飲んで酔っ払っていると思考能力も落ちて何をするにも効率が悪いですよ。

<下に続く>

【お酒を飲んですぐ】酔い覚ましの方法

酔い覚ましに効果的な食事

では、お酒を飲んですぐにできる酔い覚ましの方法はどんなものがあるのでしょうか?
以下のお酒を飲んですぐに出来る酔い覚ましの方法をご紹介します、体にあったものを選んでみてくださいね。

  1. 水分補給
  2. たっぷりの睡眠
  3. 軽くシャワー浴びる
  4. 軽めの食事
  5. ウォーキングなどの軽い運動
  6. ツボ押し

①:水分補給

酔い覚ましにはなんといっても水分補給が大事です。
どれくらいのアルコールを飲んだかにもよりますが、たっぷりの水分を摂取することで血中のアルコール濃度をさげることができます。

また水分補給と言っても、アルコールを追加するのではなく、水やお茶、スポーツドリンクがおすすめ。
なかでもお酒を飲んだあとのスポーツドリンクは、アルコールの分解に必要な糖分も含まれており酔い覚ましに効果的です。

あまり冷えすぎているのを飲んでしまうと刺激になってしまうため、すこしぬるいぐらいか常温のスポーツドリンクでたっぷりと水分補給を行いましょう。

②:たっぷりの睡眠

酔い覚ましの基本は、たっぷりの水分補給と、たっぷりの睡眠が必要です。
アルコールの分解は体の中でかなりのエネルギーを使っており思ったよりも疲労してしまっています。

お酒を飲んだあとにたっぷりと水分を取り、睡眠を取ることで十分に体を休めることができ、その間に体内でお酒の分解が進みます。

すぐに睡眠や休息ができないときでも、飲みすぎて体がだるいときはなるべく早くベッドに入ることが大事です。

③:軽くシャワーを浴びる

軽いほろ酔い状態や、あまりアルコールを摂取しておらず頭もふらついていないのであれば、軽くシャワーを浴びて頭をスッキリとさせることも効果的です。
この時、ついつい熱いお風呂に使って汗をかいたりしたくなりますが、お酒を飲んでいる時の入浴は思わぬ事故に繋がる恐れがありますので、酔い覚ましには軽めのシャワーがオススメ。

体の汗を軽く流す程度にしておきましょう。
しっかりとお風呂に入りたい場合も、一度睡眠や休息をとったあとにしておきましょう。

④:軽めの食事

酔い覚ましに直接の効果があるわけではありませんが、アルコールの分解には体の中にある糖分やミネラルなどを使用して分解しています。
体が栄養不足に陥っていると効率の良い酔い覚ましは行うことができません

お腹に優しい軽めの食事を摂ってエネルギーをチャージしておきましょう。
ヨーグルトなどで胃腸を保護してあげるのも酔い覚ましにオススメ。

お酒を飲んだあと自宅に帰ってから揚げ物やフライ、スナック菓子はアルコール分解の妨げになるので酔い覚ましにはNGです。

⑤:ウォーキング等の軽い運動

お酒を飲んだことにより、頭痛やフラつきなどの症状がないのであれば、酔い覚ましとして軽い運動をして汗を流すことも早い酔い覚ましに繋がります。
このときに、元気があるからと言って激しい運動は絶対NG。

見た目や体力的には元気でも体内ではアルコール分解するために一生懸命に頑張っています、なるべく負担をかけないストレッチやウォーキングに留めておきましょう。

⑥:ツボ押し

意外かもしれませんが、すぐできる酔い覚まし方法としてツボ押しがあります。
胃腸の働きを整えたり肝臓に効果があるツボを押しておくことがおすすめ。

場所は、親指と人差指の交わっている部分の『合谷』と言われるツボです。
気休めかもしれませんが、ツボ押しをして酔い覚ましをがんばってもらいましょう。

<下に続く>

【お酒を飲んだ翌日】酔い覚ましの方法

酔い覚ましとしてたっぷりの水分を取る女性

では、お酒を飲んだ翌日に出来る、酔い覚ましの方法はどのようなものがあるのでしょうか。
以下のお酒を飲んだ翌日に出来る酔い覚ましの方法をご紹介します。

  1. 水分補給
  2. シャワーを浴びる
  3. 朝食を食べる
  4. フルーツを食べる
  5. 念入りに歯磨き
  6. 軽い運動

①:水分補給

お酒を飲んだ翌日も、酔い覚ましを行うためにも水分補給が大事です。
アルコールの分解時には思っているよりも体内の水分を使用して分解しています。

睡眠時にかいた汗などによって寝起きの体内は水分が不足しています。
たっぷりと水分補給をして、排出することで早く酔いを覚ましてしまいましょう。

またアルコール分解時には水分だけでなくミネラルなども使用しているため、酔い覚ましとして麦茶などを飲んでミネラル補給もオススメです。

②:シャワーを浴びる

お酒の匂いって自分ではあまり気づかなくても案外匂っているものです。
お酒を飲んだ翌日は、酔い覚ましがてらシャワーを浴びて不快な匂いや汗をしっかりと洗い流しましょう。

また、このときに頭痛やふらつき、気分が悪い場合は体を濡れタオルで拭く程度にしておくとよいでしょう。
思わぬ事故を防ぐためにも、体調に合わせて判断してくださいね。

③:朝食を食べる

お酒を飲んだ翌日の朝って、ムカムカしていたりしてあまり朝食を食べない方もいるのかもしれませんが、お酒を飲んだ翌日こそ、朝食を食べてエネルギー補給することが酔い覚ましとして大事なことです。
基本的には食べたいものを食べて問題はありませんが、あさりやしじみの味噌汁や豆腐などの和風朝食がアルコール分解に必要な栄養を多く含んでいるので酔い覚ましにもオススメ。

ヨーグルトやシリアルなどで軽く済ませてもOK。
胃腸に負担になりそうな揚げ物や辛いものなどは控えましょう。

④:フルーツを食べる

お酒を飲んだ翌日にフルーツを食べるのも酔い覚ましに効果的です。
フルーツにはビタミンを始め天然の酵素などが含まれており、アルコール分解で失った栄養分を摂取することができ酔い覚ましにおすすめなんですよ。

また、レモンやオレンジ、トマトなどでビタミンCやリコピン、クエン酸がアルコール分解で荒れがちな胃腸を保護してくれる役目があります。

⑤:念入りに歯磨き

お酒を飲んだ翌日に気になるのが、口臭です。
普段から歯磨きを丁寧に行っていても、お酒を飲んだ翌日の口臭はやっぱり匂ってしまいます

体内に残ったアルコールの香りはもちろん、お酒と同時に食べた食べ物の匂いも相まって不快な匂いがするため酔い覚ましを兼ねて丁寧に歯磨きを行いましょう。
歯磨きを行うことで、口中がさっぱりとし気分もスッキリと冴える効果がありますよ。

⑥:軽い運動

二日酔い症状などが出ておらず体力がある場合は、酔い覚ましとしてストレッチやウォーキング等の軽い運動を行っておきましょう。
汗を書いたり体を動かすことで血液の流れを良くする効果があります。

血液の流れが良いとそれだけアルコールの分解に必要な栄養も運ばれていきますよ。
また、不調がある場合などは無理をせずにゆっくり休んでくださいね。

<下に続く>

【お酒を飲む前】酔い覚ましの予防

酔い覚ましとしてチーズなどを注文している姿

では、お酒を飲む前の、酔い覚ましの予防はどのようなものがあるのでしょうか。
以下のお酒を飲む前に出来る、酔い覚ましの予防をご紹介します。

  1. 乳製品を食べておく
  2. 予め食事を行う
  3. 栄養ドリンクを飲む
  4. お酒を飲んだら食べる
  5. 帰宅時間を決めておく

①:乳製品を食べておく

お酒を飲む前に、牛乳やチーズ・ヨーグルトなどを摂取しておくとアルコールの吸収が穏やかになり、二日酔いになりにくいと言われています。
また乳製品には多くのタンパク質も含まれており、お酒を飲みアルコールを分解する際に必要な栄養も効率的に摂取できるためおすすめ。

また、事前に乳製品を食べておくことでお腹が少し満たされ、食べ過ぎ飲み過ぎを防ぐことができますよ。

②:予め食事を行う

二日酔いにならないためにも、お酒を飲む前に食事を行ってお腹を満たしておくことが大前提です。
お酒は別腹なのよね…という人も、良い覚ましの予防として事前に食事をとっておきましょう。

空きっ腹にお酒を飲んでしまうと良いも早くなってしまいますし、胃腸にもダメージを与えてしまい体調を崩しやすくなってしまいます。
お酒を飲む前の食事は、タンパク質を多く含んだものがおすすめですよ。

③:栄養ドリンクを飲む

二日酔い予防の効果のある栄養ドリンクなどは、お酒を飲む前に飲んでおくのが基本。
事前にドリンクを飲んでおくことで、胃の粘膜を保護してくれたり、肝臓の働きをサポートしてくれます。

また、お酒を飲む前に飲み忘れた場合は気づいたタイミングで飲むのも◎。
酔い覚ましや、二日酔いを予防するには予めお酒を飲む量を抑えておくことが一番ですが、ドリンク剤なども有効活用していきましょう。

④:お酒を飲んだら食べる

二日酔いになったりお酒を飲むことに酔って体調を崩さないためにも出来る予防策は、お酒を飲んだらなにか食べることを習慣づけましょう
事前に、食事を摂っているからといってお酒ばかり飲みすぎてしまうと酔いも回りやすいですしの無料も必然的に増えてしまいます。

お酒を一杯飲んだらチーズをつまんだりくらっかーをつまんだりとお酒を飲んだらなにか食べることを習慣にしましょう。
このときに揚げ物などを多量に食べてしまうと胃もたれの原因になることもあるのでお気をつけてくださいね。

⑤:帰宅時間を決めておく

お酒を飲んでいると楽しくてつい時間を忘れて飲んでしまうという方もいるかも知れません。
楽しくお酒を飲めることは良いことですが、楽しいお酒はペースも進んでしまい酔いやすいです。

お酒を飲む前に事前に帰宅時間を予め決めておきましょう
なんだったらアラームで設定しておくのもおすすめです。

帰宅時間を事前に決めておくことで、時間を忘れて飲むことも少なくなりますし、頭の何処かで時間を気にすることが出来るため酔いにくいはずですよ。

<下に続く>

酔い覚ましに効く食べ物

酔い覚ましに効果の有りそうなサラダ

では、酔い覚ましに効く食べ物はどのようなものがあるのでしょうか。
以下の酔い覚ましに効く食べ物を5つ紹介いたします。

  1. ラムネ
  2. しじみ
  3. 豆腐
  4. ヨーグルト

①:ラムネ

事前に二日酔い対策をしていたけれど、朝起きてみるとちょっと良いが残っている気がしたときは、お菓子のラムネがおすすめ。
駄菓子屋さんなどに打っているラムネ菓子は、エネルギーの素となるブドウ糖をたくさん含んでおり、アルコールの分解に役立ってくれます。

お酒を飲み終わり水分補給とともに、ラムネ菓子を一気食べをして酔い覚ましを行っている人もいるそうですよ。

②:しじみ

二日酔いにはしじみが良いとよく聞きますよね。
しじみには、オルニチンと呼ばれるアルコールなどの毒素を分解し排出してくれる効果のある栄養が含まれています。
アルコールの分解を行う、肝臓の機能をサポートする成分がたっぷり含まれているため、二日酔い予防として事前にしじみ汁を飲んだり、お酒を飲んだ翌日の朝食に食べたりしている方もいます。

また、オルニチンは、きのこ類のシメジにもたくさん含まれているため酔い覚ましとしても積極的に食べたい食材です。

③:豆腐

お豆腐はご存知の通り大豆からできており大豆にはアミノ酸が豊富に含まれています
このアミノ酸は、アルコールを分解するのに必要な栄養成分酔い覚ましに効果的です。

冷奴として食べてもいいですし、湯豆腐にしたりお味噌汁に入れたりして食べるのがオススメ。
また、豆腐ではなく豆乳にしてドリンクにして摂取するのも気軽に摂れるのでいいですよね。

④:ヨーグルト

酔い覚ましというと少し語弊がありますが、お酒を飲んでアルコールの分解を頑張っている体は、思ったよりも疲労してしまっています。
お酒を飲んだあとに胃が荒れてムカムカしたり吐き気を感じたりするのも、アルコールの飲み過ぎによるダメージだそうです。

そんなときは、胃腸に優しいヨーグルトで体を労ってあげることも大事です。
ヨーグルトはタンパク質を豊富に含んでおりお酒を飲んだあとの体にもぴったり。

フルーツなどを入れてヨーグルトサラダにしても気軽に食べれますよね。

⑤:卵

卵には二日酔いの解消に役立つシステインやアミノ酸が豊富に含まれており酔い覚ましにも役立ちます。
システインは、美白サプリや美白効果のある成分として有名ですが、このシステインが解毒作用を持っておりアルコールの分解に役立ってくれます。

卵ですとスクランブルエッグにしたりゆで卵にしたりといろんな調理方法もあるので気軽に試してみてくださいね。

<下に続く>

酔い覚ましに効くレシピ

良い覚ましのレシピを作るため準備をする女性

では酔い覚ましに効く食べ物のレシピはどのようなものがあるのでしょうか。
以下の酔い覚ましに効くレシピを5つご紹介いたします。

①:しじみの味噌汁

お酒を飲む前後、酔い覚ましににぜひ作って飲みたいのがしじみのお味噌汁
しじみの栄養成分がしっかりと染み渡り疲れた体を癒やしてくれますよ。

お味噌汁を作る前に、事前にしじみを0.5パーセントほどの塩分濃度の水で砂抜きしておきます。
砂抜きしたしじみを鍋に入れ、大さじ2ほどの料理酒を入れ適量の水を注ぎ火をつけ沸騰させます。

沸騰し、しじみの口が開いてきたら火を止め、味噌をとき入れ椀に注ぎネギを散らして完成です。

②:卵雑炊

鍋に軽く水洗いしたご飯、茶碗2杯分の水、中華だしの素をいれ沸騰させます。
ごはんが軽くとろっとしてきたら、溶き卵を鍋に加え、卵に火を通します。

卵が固まってきたら、そっとひと混ぜし椀に盛って完成。
お好みでネギなどの薬味を加えたり、鶏肉などを入れて中華雑炊にしてもおすすめです。

酔い覚ましとしても、朝食としてもほっとできるメニューですよ。

③:絹ごし豆腐みぞれ煮

めんつゆ、みりん、酒、和風だしを鍋に入れ水200mlを加え沸騰させる。
沸騰させる間に、大根を好きな分だけ皮を向いて大根おろしにしておく。

次に、食べやすいサイズに切った豆腐を加え1,2分煮込み豆腐が温まったら水気を切った大根おろしを加えて完成。
優しいお出汁の味が美味しく温まりますよ。

水溶き片栗粉を最後に加えて、とろみをつけて食べて酔い覚ましとしても、ほっとできるメニューでオススメです。

クックパッド

④:しめじのナムル

しめじの石づきを取り除き、食べやすいサイズにほぐしておきます。
鍋に水を沸騰させ、しめじを軽く茹で、水気をしっかりと切り、ごま油をなじませて塩コショウを軽く振ってよく混ぜて完成。

すぐに作ることができますし材料はシメジだけなのでちょっとしたおかずにもオススメです。
しめじはオルニチンの含有量が多く肝臓の働きをサポートしてくれるため、酔い覚ましや二日酔いの日のおかずとして作っておきたいですね。

また、簡単に作れるため酔い覚ましだけでなく普段の常備菜としてもおすすめですよ。

⑤:フルーツヨーグルト

レシピと言うほどのものではありませんが、お好きなヨーグルトに、お好きなフルーツを食べやすい大きさにカットしたものをトッピングし、はちみつやオリゴ糖をかけて完成。
すりおろしりんごや、カットりんご、オレンジやイチゴ、バナナなどお好きなフルーツをたっぷり入れて作ってみてくださいね。

お酒を飲んだときに、不足しがちなビタミンやフルーツに含まれる酵素をたっぷり摂取することが出来るため酔い覚ましにもおすすめ。

<下に続く>

酔い覚ましに効く飲み物

お気に入りのマグに注ぎたい酔い覚ましドリンク

では、酔い覚ましに効く飲み物はどんな物があるのでしょうか。
以下の酔い覚ましに効く飲み物をご紹介していきます。

  1. スポーツドリンク
  2. 麦茶
  3. 100%ジュース

①:水

酔い覚ましに限らずアルコールを分解するには水分の摂取が一番。
たくさんの水分をとって、排出を促すことが望ましいです。

お酒を飲んだあと酔い覚ましとしても積極的に飲みたいのが、水。
よく冷えたお水も美味しいですが、冷えすぎていると体を冷やす原因になってしまうため常温の水がベスト。

また、炭酸水などもさっぱりとしますが炭酸が強すぎるものは胃に負担になったりするかもしれないため要注意。

②:スポーツドリンク

お酒を飲んだあとや酔い覚まし、翌日に飲みたいのがスポーツドリンク。
スポーツドリンクはアルコールの分解に必要な糖分、ミネラルなどが含まれているため積極的に飲みたいドリンクです。

スポーツドリンクには糖分も含まれているため、日常的に飲み過ぎると太ってしまったりカロリーオーバーの原因になってしまいますが、お酒を飲んだあと、酔い覚ましとして500mlほどを飲んでおきたいですね。
また、スポーツドリンクも冷えすぎていると胃腸を冷やしてしまう可能性があるため常温のものがベスト。

温めてホットドリンクとして飲むのも、体をじんわりと温めることが出来ておすすめですよ。

③:麦茶

お酒を飲んだあと熱いお茶を飲むと、なんだかほっとしますし酔い覚まし効果もありそうで落ち着きますよね。
酔い覚ましにお茶は効果的ですし体を温めることが出来ますが、カフェインが含まれている緑茶や紅茶よりも、カフェインが含まれておらず、ミネラルたっぷりの麦茶もおすすめ。

麦茶といえば夏の飲み物のイメージがあるかもしれませんが、温かい麦茶も香りがよくお酒を飲んだあとにじんわりと体を温めてくれほっと出来ますよ。

④:100%ジュース

酔い覚ましに飲みたいのがフレッシュな野菜やフルーツを使った100%ジュース。
中でもビタミンCが多く含まれているオレンジジュースやグレープフルーツのジュースは口当たりもさっぱりとしていておすすめ。

また、トマトジュースもお酒との相性が抜群で、トマトに含まれるリコピンがアルコールの分解を早めてくれる効果がありますよ。
余分なものが含まれていない野菜ジュースやフレッシュなフルーツジュースは、ビタミンを摂取できますし積極的に飲みたいドリンクです。

野菜やフルーツをブレンドした、グリーンスムージーをお酒を飲んだ翌日に朝食代わりのドリンクとして摂るのもオススメ。
スムージーだとたっぷりの野菜やフルーツを摂取できますし、酔い覚ましとしても飲みやすいのも嬉しいですよね。

<下に続く>

酔い覚ましに効く、家で作れる飲み物レシピ

家で作ったそれぞれの酔い覚ましドリンク

では酔い覚ましに効く飲み物のレシピはどのようなものがあるのでしょうか。
以下の酔い覚ましに効く飲み物レシピを5つご紹介いたします。

①:梅干し茶

酸っぱくてよだれが出てきてしまうような梅干しには、豊富なクエン酸とミネラルが含まれています。
梅干しに含まれているクエン酸やミネラルは、体温を上げて代謝を整える効果があります。

また梅干しの酸味により胃のムカつきやもたれがスーッと落ち着く効果もあります。
作り方は、白湯やお好みのお茶をそそぎ、タネを取り除いた梅干しを入れて完成。

梅干しの実を潰しながら飲むのがおすすめです。
初めて飲む方には、梅干しの種類によってはすっぱすぎると感じることがあるかもしれませんがその場合はお湯の量を調整してみてくださいね。

爽やかな梅干しの酸味が酔い覚ましにも効果がありますよ。

②:グリーンスムージー

お好きな野菜やフルーツを使ったグリーンスムージーも簡単に作れてオススメです。
中でも今回は酔い覚ましやお酒を飲んだあとでも飲みやすい「小松菜バナナのグリーンスムージー」のレシピを紹介します。

作り方は、小松菜2束、バナナ1本、キウイ2つをカットし、キウイ、バナナ小松菜の順でミキサーに入れます。
そこに50~70mlの水を加えミキサーにかけて完成。
キウイをいれることで、小松菜の味を感じにくくフルーツスムージーのようにさっぱりと飲めるのが特徴です。

また、少し重たすぎる場合はお水の量を増やしたり、オレンジを追加して水分を増やしてもおすすめ。
甘みがもう少し欲しい方は、お好みではちみつを大さじ1から加えて調整してみてくださいね。

グリーンスムージーは、お野菜やフルーツに含まれている栄養を逃すことなくそのまま摂取できるため、二日酔いの時や酔い覚まし、ダイエットのときだけでなくても積極的に飲んでいきたいドリンクです。

③:ホットはちみつレモン

はちみつの優しい甘さととレモンの爽やかな香りが美味しはちみつレモンも酔い覚ましに効果あり。
はちみつに含まれているビタミンB1やB2にはアルコールの分解を早めてくれたり、ビタミンCにはアルコールの排出を促してくれる効果もあり酔い覚ましにおすすめしています。

また、はちみつは果糖が含まれており、二日酔い時に消耗した糖分を効率的に摂取することができます。
更にはちみつには胃腸の働きを整える効果もあるためお酒を飲んで弱った胃腸を優しくサポートしてくれる後がありますよ。

はちみつをそのまま舐めるのもおすすめですが、ホットドリンクとして、はちみつレモンにしていただくのがオススメ。
お好きなはちみつとレモンをコップに入れ、白湯を注いだら完成。

爽やかなレモンの香りで気分もスッキリとすることが出来ますよ。

④:アップルシナモンティー

アップルシナモンと紅茶を合わせたアップルシナモンティーも二日酔いにオススメのドリンクです。
りんごに含まれるビタミンCや果糖にはアルコールの分解を早め排出をサポートする効果があります。

またりんご酸という成分には、胃腸の働きを整える効果があると言われているため、酔い覚ましや、二日酔いで弱った胃に優しく染み渡ります。
作り方は、市販の紅茶にアップルシナモンのジャムを溶かすだけと簡単。

ふんわりとアップルの香りが香ってくれフレーバーティーとしても楽しめますよ。
酔い覚ましだけでなく気分転換をしたいときにもオススメのドリンクです。

<下に続く>

酔い覚ましに逆効果な食べ物・飲み物

酔い覚ましに逆効果のカクテル

食べ物

お酒のシメに食べたくなるのが、濃いラーメンだったりしませんか?
ラーメンは食事として食べる分には◎ですが、お酒のシメとして食べてしまうと、酔い覚ましにはならず、いつもより食べ過ぎになってしまい、アルコールで弱った胃腸にとっては負担の大きい食べ物になってしまいます。

どうしても食べたくなった場合は、スープは飲み干さずに控えめにしておきましょう。

 

飲み物

お酒を飲んだあとに、温かいコーヒーを飲むと酔い覚ましになりそうで、ホッと癒されますよね。
香りの良いコーヒーはシャキッと思考もクリアにしてくれる効果がありますが、お酒を飲んだあとにカフェインたっぷりのコーヒーは逆に負担になってしまうことも。

カフェインは肝臓の働きを助ける効果もありますが、飲みすぎてしまうと胃に負担になることも考えられます。
酔い覚ましとして飲むのであれば適量を心がけましょう。

<下に続く>

二日酔いになったときの対処法

二日酔いになってしまい優しい食事を摂る女性

  1. スポーツドリンクで水分補給
  2. 体をしっかり休めて
  3. シャワーは軽くに留める
  4. 迎え酒はNG

対処法①:スポーツドリンクで水分補給

気をつけていたのに二日酔いになってしまったときには、まずはたっぷりと水分補給を行いましょう。
お水やスポーツドリンクをたっぷりと飲んで、酔い覚まし体中に水分を行き渡らせましょう。

たっぷりと水分を取ることで、その分アルコールの排出も早まります。
お酒を飲んだあとに、トイレを我慢するのはNG。

たっぷりと水分を取ることで、アルコールが分解され尿と一緒に排出されます。
頭がズキズキとしていたり、吐き気がある場合は、経口補水液などで水分を補っても◎。

とにかくたっぷりの水分をとって安静にしておくことが酔い覚ましにも第一です。

対処法②:体をしっかり休めて

二日酔いになってしまったら、次に行いたいのが休息です。
睡眠中にも体内ではアルコールの分解を行っていたため体は思っているよりも疲れています

時間が許すのであれば、たっぷりの睡眠をとったあとは、体を休めましょう。
軽くストレッチなどをして、激しい運動は控えてリラックスすることが一番です。

また、食事も食欲が無い場合は無理に食べるのはNG。
ゼリー飲料などでミネラルやカロリーを補給できるのであれば補給しておきましょう。

対処法③:シャワーは軽くに留める

二日酔い時は、体中に染み付いたお酒の匂いと、ベタベタした汗が気持ち悪いですよね。
そんなときは、熱いオフロに入ってさっぱりしたい気分になってしまいますが、二日酔い時の入浴は思わぬ事故を招きかねません。

二日酔い時は、まずぬるめのシャワーに留めておくのが正解です。
睡眠時にかいた不快な汗を流してすっきりとさせましょう。

どうしても湯船に入りたい場合は、温めの温度で半身浴にしておくのがベスト。
二日酔い時に無理をしてしまうと事故の危険性があるので、我慢することも大事ですよ。

対処法④:迎え酒はNG

二日酔いになったら、迎え酒をしたら大丈夫~なんて思っているかもしれませんが、迎え酒をしたところで二日酔い症状を後回しにしているだけで必ず二日酔いはやってきますし、体のダメージは深刻なものになります。
二日酔いに、迎え酒は絶対NG

早い時間からお酒を飲むことは楽しいですし一時の幸せですが、ただでさえ酔っている状態のときにお酒を追加するのは体を痛めつけているのも当然です。
飲みたくなっても、炭酸水だけにとどめておきましょう。

<下に続く>

酔い覚ましは水分補給が第一

良い覚ましのために水分補給をする女性

二日酔いを防ぐには、極論お酒を飲まないのが一番だと言われていますが、そうはいかないのが現実ですよね。
なるべく早くに良い覚ましを行いたいのであれば、お酒を飲んだら水分補給をしっかりと行うことが大事です。

アルコールの分解には、水分も使用しており思ったよりも体は渇いてしまっています。
しっかりと水分補給をし、適度な食事を行うことで早く酔い覚ましを出来るように気をつけていきましょう。

Thumb color
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line