Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

クマの消し方を種類別に紹介!クマを隠す&ケアするおすすめアイテム

目元のクマは、顔を老けさせたり、疲れて見せる原因になります。
隠そうとすればするほど悪化してしまったり、思うように隠せないと頭を抱える女性も少なくありません。

しかし、上手にアイテムを使って目元をケアすることで、目元のクマはきれいに消していくことはできます。
クマの消し方を覚えて、より透明感のある魅力的な目元を手に入れましょう。

Large blur close up depth of field 1786769  1   1

クマの種類と原因

クマの消し方を聞いている女性

種類①:茶クマ

皮膚を引っ張ったり、上を向いても薄くなりません。
目の下の肌にメラニン色素が沈着し、色素沈着を起こしてしまっています

また、目の下の角質が厚くなって茶色っぽく見えていることもあります。
肌のターンオーバーが正常に機能しておらず、メラニンや古い角質が上手く排出されていないことが原因です。

さらに、毎日のメイクや洗顔などで摩擦が起こり、色素沈着や、角質が厚くなりやすくなってしまいます。
UVケアを怠って、目元が紫外線ダメージを蓄積してしまうとメラニンが発生しやすくなり、ターンオーバーが間に合わないこともあります。

種類②:青クマ

目の下を軽く引っ張った時に、クマが薄くなるのがこのタイプです。
目元の皮膚は非常に薄いため、目の周りの毛細血管の血流が滞ると、皮目の下が青黒く見えてしまいます

血行不良が主な原因で起こり、日常生活の乱れや、体の冷え、ストレス、寝不足なども影響しています。
喫煙も血行不良を起こしやすくするため、青クマの原因になります。

また、目元の皮膚がもともと薄い方は血管が透けやすくいため、生まれつき青クマができてしまっている場合もあります。

種類③:黒クマ

目の下にたるみができていて、たるみによって影が作られます
影が黒く見えてしまい、クマができてしまいます。

見分けるときは、上を向いたり、角度を変えると目立たなくなります。
ファンデーションやコンシーラーでは隠すことができないことも特徴の一つです。

加齢によって目元の肌が弾力やハリを失ってしまい、たるみがおこることが原因です。
さらに、加齢によって筋肉の衰えが起こることも原因と考えられます。

筋肉の衰えると、眼球を支えきれなくなり、目の周りのクッションの役割を果たしている眼窩脂肪がへこんでしまいます。
すると、脂肪が突き出してしまい、影ができて目元が黒く見えてしまうのです。

<下に続く>

目の下のクマが人に与える印象

クマの消し方を知らない女性

では、目の下のクマが人に与える印象はどんなものがあるのでしょうか?

  1. 老けて見える
  2. 不健康そう
  3. 暗く見える

次に、目の下のクマが人に与える印象を詳しく見ていきましょう。

印象①:老けて見える

実年齢よりも5歳以上老けて見えるとの印象を持たれる方も多くいました。
他のパーツがどれだけ若々しくても、目元の印象は非常に強く、老け顔の原因になってしまいます。

目元にクマがあることで、常に疲れているように見えることも、さらに年齢を老けて見せてしまいます。

印象②:不健康そう

クマを見ると、その原因を寝不足や疲れなどが原因と思う人もいます。
だからこそ、目元が黒くなっている人を見ると、「どこか具合が悪いのではないか」と心配になってしまいます。

自分では体調は何も問題なくても、周りからは無理をしているように見えてしまうこともあります。
ファッションやメイクに気を配っても、体調面が気になって、かわいく見えなくなってしまいます。

印象③:暗く見える

目元は顔の中で特に印象が強いからこそ、目元が暗くなると、全体的に暗い印象になってしまいます。
ニコニコ笑っていても、無理をしているように思われてしまい、思うようにコミュニケーションも取れなくなってしまいます。

目元が暗い印象になると、目つきも悪く見えてしまい、初対面の時には怖い人だと思われてしまう場合もあります。
すぐに打ち解けるためにも、きちんと目元のケアをしていきましょう。

<下に続く>

クマの解消法とメイクでの消し方

クマの消し方を行う女性

では、種類別にクマの解消法と、メイクでの消し方を詳しく見ていきましょう。

茶クマの解消法とメイクでの消し方

解消法①:コットンパック

色素沈着が原因になっているため、ターンオーバーを促していくことができる美白化粧水、美白美容液を使ったコットンパックを行います。
スキンケアにはビタミンC誘導体やビタミンA、プラセンタなどが配合されているものがおすすめです

コットンに化粧水や美容液を垂らして、目元に置きます。
そのまま3~5分放置して剥がします。
仕上げに乾燥を防ぐため、乳液やクリームを塗って完成です。

効果を高めようとして長く目元にパックを乗せてしまうと、かえって目元が乾燥してしまいます。
消し方のポイントはコットンに化粧水の水分がまだ残っているくらいで剥がしていきましょう。

解消法②:擦らないスキンケアの徹底

日々の摩擦も目元の色素沈着を悪化させてしまっています。
洗顔時はたっぷりの泡を使って、肌にダメージを与えないようにやさしく洗い上げましょう

濃いメイクばかりしていると、落とすときにゴシゴシ擦らなくてはいけなくなってしまいます。
ウォータープルーフタイプよりも、お湯でするっと落とせるものを選んで、目元の負担を減らしていきましょう。

洗顔後は美白効果のある化粧水できちんと保湿をして、ケアを続けていくことも消し方には大切です。

解消法③:ハイドロキノンを使用する

最近注目されている美白成分、ハイドロキノンを使った消し方です。
即効性が高く、効果もあると話題になっています。

本気で茶クマを消したいと考えている方は一度医師に相談の上、ハイドロキノンを処方してもらいましょう
最近では化粧水や、美容液にハイドロキノン配合の商品も販売されています。

しかし、肌が弱い方は使用中に肌が赤くなってしまったり、使用した部分だけ白くなってしまう白斑と呼ばれる症状が現れる場合もあります。
使用の際は濃度の低いものを選んで使うことがおすすめです。

効果が高い分、リスクも高いので、用法容量を守って正しく使っていきましょう。
特に使用中は紫外線を浴びないように注意し、長時間の使用は避けましょう。

メイクでの消し方

最初にツヤの出る下地を全体に塗っていきます。
オレンジのコントロールカラーを目元の茶色くなった部分に乗せていきます

上からファンデーションを顔全体に重ねてなじませていきましょう。
ファンデーションを目元に塗るときは、厚塗りにならないように薄めに塗ることが消し方のポイントです。

青クマの解消法とメイクでの消し方

解消法①:蒸しタオルで目元の疲れを解消

自宅にあるタオルを使ってすぐに目元のケアを行うことができる簡単にな青クマの消し方です
蒸しタオルで目元を温めることによって血行が促進され、肌もふっくらと仕上げることができます。

早い方では数分で効果を実感できるので、メイク前のひと手間に是非行っていましょう。
まずは目元にアイクリームを塗って保湿効果を高めておきましょう。

充分に濡らしたタオルを軽く絞って500~600Wの電子レンジで30~60秒温めます。
火傷しないように程よい温度に調節していきましょう。

温めた蒸しタオルを目の幅に合わせて畳み、軽く目を閉じて目の上に置きます。
そのままタオルを目元に置きながらリラックスしているだけで、目元の血行が促進されていきます。

眼精疲労の解消、代謝アップ効果が期待できます。

解消法②:目元のストレッチ

力を抜いた状態で、ゆっくりまばたきを10~20回行います。
次に、目を閉じて眼球を上下左右にゆっくり10回回転させます。

たったこれだけで目の疲れを解消し、コリをほぐすことができます
時間も取らないので、デスクワークの間などで、疲れを感じたら行うようにしていきましょう。

解消法③:目元のマッサージ

目元の血行促進を促すためにマッサージを行う消し方です。
摩擦を抑えるために、両手の薬指にクリームをたっぷりつけます。

まず、目頭から、下まぶたを通りこめかみに向けてマッサージします。
次に目頭に戻って、上まぶたを通り、こめかみに向けてマッサージします。

これを3回行って目元に滞った血液を流していきましょう
力を強く入れすぎると肌に摩擦がかかり、ダメージになってしまうので優しく行うことが消し方のポイントです。

メイクでの消し方

青く見える部分に、ブラシを使ってオレンジのコンシーラーを乗せていきます。
量は少量で十分です。

この時、涙袋の境界線を越えないように注意し、指の腹を使ってなじませていきましょう。
上から肌色よりも少し明るめのコンシーラーを重ねていきます

目頭から鼻の横を通って、三角形を描くように色を乗せていきます。
指の腹を使って、擦らずトントンと叩くようにしてなじませていきます。

スポンジを使って鼻筋、小鼻にもなじませていきましょう。
仕上げに、ブラシを使ってハイライト効果のあるパウダーを重ねたらメイクで行う消し方の完成です。

黒クマの解消法とメイクでの消し方

解消法①:目元の筋力を鍛える

まず、舌を軽く出して、歯で舌を軽く噛みます。
下のまぶただけで目を閉じるように、下まぶたに力を入れます。

さらに、下まぶたを上げたり下していきます。
これを1日30回行うだけで、目の周りの筋肉が鍛えられ、たるみが解消されていきます

他にも、両目尻を指に本を使って斜め上方向に引っ張ります。
そのまま目をぎゅっと強くつびり、10秒維持します。

その後、目の力を抜いて目を開けることを繰り返します。
この方法でも目元の筋力を鍛えていくことができます。

解消法②:ハリを与えてくれる化粧水・美容液を使う

加齢とともに減少していく保湿成分や、ハリをスキンケアで補っていきましょう。
保湿成分であるセラミド、ハリを補ってくれるコラーゲン、ビタミンC誘導体、ビタミンAなどが消し方に効果的です

毎日のスキンケアに取り入れて、たるみを改善していくことができます。
また、きちんと目元を保湿していくことも大切です。

乾燥が気になる方はアイクリームなどを使って、目元を重点的に保湿していきましょう。
アイクリームを使用するときは、肌に負担をかけないように、薬指を使ってやさしく塗っていきましょう。

解消法③:美容医療を利用する

セルフケアではどうにも改善できない場合は、プロの手を借りてみるのも一つの消し方です。
ヒアルロン酸を目元に注入したり、飛び出てしまった脂肪をメスを使って直接取り出す方法があります。

コストがかかってしまったり、リスクもありますが、即効性を求めている場合や劇的な変化を感じたい方にはおすすめの消し方です。
最近では痛みを伴わなかったり、ダウンタイムがない施術方が注目されています。

メイクでの消し方

最初に目元を保冷剤で冷やし、赤みを抑えていきます。
次に、黒ずんだ部分に直接レッドオレンジの口紅を塗っていきます

赤みをプラスすることで、血色を高めていくことができます。
パフを使ってぼかしたら、ワントーン明るいコンシーラーを重ねてさらにぼかします。

上からいつものようにベースメイクを行えば簡単にできるメイクの消し方が完成します。

<下に続く>

クマを隠す&ケアするおすすめメイクアイテム

クマの消し方におすすめのアイテム

では、クマを隠す&ケアするおすすめメイクアイテムにはどんなアイテムがあるのでしょうか?

  1. THREE アドバンスド スムージング コンシーラー
  2. メイベリン リップ フラッシュ
  3. キャンメイク クリームチーク クリアレッドハート
  4. アンダーアイブライトナー

次に、クマを隠す&ケアするおすすめメイクアイテムを詳しく見ていきましょう。

おすすめ①:THREE アドバンスド スムージング コンシーラー 

THREE アドバンスド スムージング コンシーラー
4448円

天然由来成分のリキッドコンシーラーで目元に潤いを与え、乾燥を防ぎます。
肌タイプを選ばず、目元のメイクも崩れにくいのが特徴です。

細かい部分も細かい筆先だから描きやすく、クマ隠しにもピッタリです
フィット感があり、カバー力にも優れたコンシーラーです。

メイクで行う消し方には、コンシーラーは欠かせないので、ぜひ1つは用意しておきましょう。

おすすめ②:メイベリン リップ フラッシュ

メイベリン リップ フラッシュ
1134円

シアバターが配合されているので、目元に自然なツヤ感を出していくことができます。
なめらかな使用感で、しっかりカバーし、乾燥を防いでくれます。

血色感をアップしてくれる自然な色味が、健康的な目元へ導きます
透明感があり優しい色身で、肌なじみもよく、初心者の人にもおすすめです。

最近注目されているリップを使った消し方は、簡単にできる消し方なので、ぜひ試してみてください。

おすすめ③:キャンメイク クリームチーク クリアレッドハート

キャンメイク クリームチーク クリアレッドハート
626円

クリームとジェルを足したようなとっても柔らかい質感のクリームタイプのチークです。
塗った瞬間に、さらっとした質感に変化する新感覚のチークは、クマ隠しの下地にもピッタリです。

潤いがたっぷりなので、目元の乾燥も気になりません。
重ね付けするだけで、思い通りの色味を出していくことができますよ。

プチプラコスメなので、気軽に消し方を試すことができるのも魅力です。

おすすめ④:アンダーアイブライトナー

アンダーアイブライトナー
2600円

血色感のあるオレンジと光を集めるイエローの二色使いで、何をやっても消えなかったクマやくすみをしっかりカバーすることができるクマ専用のコンシーラーです
自然な透明感のある明るい目元を手に入れることができますよ。

密着性と保湿力に優れたオイルや保湿成分の効果で、1日中目元が崩れず、美しさをキープすることができます。
隠しながら、厚塗り感をなくし、自然な美しい目元を作ることができます。

メイクの消し方で、大人な目元を作っていくことができます。

<下に続く>

クマができる前に!クマを予防する方法

クマの予防の消し方を行う人

まずは目元のダメージを防いでいくことが大切です。
色素沈着やたるみを防ぐためにも、摩擦ダメージを減らす工夫をしていきましょう。

日々、丁寧にスキンケアを行うことで、不足しがちな潤いを与えて、ターンオーバーも正常化し、色素沈着を防ぎハリを与えることができます。
通常のスキンケアに加えて、美白効果のあるものや、エイジングケア効果のあるものなども使用していくと効果的です。

さらに日常生活で寝不足が続いたり、ストレスを抱えていることも血行不良の原因になってしまいます。
規則正しい生活を心がけ、バランスのいい食事を意識していきましょう。

デスクワークの方は目元が疲れやすいので、適度に目をほぐす習慣をつけることもおすすめの消し方です。

<下に続く>

クマを消すために有効な食べ物

クマの消し方におすすめの食べ物

消し方はスキンケアだけではなく、日々口にする食べ物にも大きく影響しています
例えば青クマの消し方で重要なことは血行を促進していくことです。

そのためにはレバー、小松菜、ホウレンソウ、モロヘイヤ、焼きのりなど、血液をサラサラにしてくれる効果のある成分を含む食べ物が消し方には効果的です。
次に黒クマの消し方は、加齢により潤いやハリが失われてしまって起こるためアンチエイジング効果のある食べ物が消し方に効果的です。

緑黄色野菜、大豆、玉ねぎ、ブロッコリーなど抗酸化物質を多く含むものがおすすめです。
最後に茶クマは色素沈着を防ぎ、ターンオーバーを促してくれる美白効果があるものが消し方には効果的です。

赤ピーマン、アセロラ、キウイフルーツ、レモン、ブロッコリーなどビタミンCが豊富に含まれるものを意識しましょう。

<下に続く>

クマの消し方を種類別に紹介まとめ

クマの消し方が気になる女性

目元のクマに悩む女性は多く、毎日鏡で顔を見るたびにため息が出てしまう方も多いでしょう。
しかし、日々の生活習慣の見直しや、ちょっとしたメイクのポイントを抑えれば、クマの消し方はすぐにマスターすることができます

目元が明るくなるだけで、透明感や若々しさを手に入れることができますよ。
クマの消し方のコツを覚えて、理想の美しさをGETしましょう!

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line