Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/01/14

【月星座】蟹座の基本的性格&恋愛傾向・相性!蟹座男性の特徴も解説

蟹座は、脇役でありながらボス役であるという特性をもちます。
また、人の気持ちについて敏感であるというのも1つの特徴です。
本記事では、蟹座の性格・恋愛の傾向はじめ、仕事運、蟹座の男性の特徴についてもご紹介します。
ご自分や身近な人の星座についての性格・傾向は当てはまるかチェックしてみてくださいね。

Large dayne topkin 67327 unsplash

蟹座の特徴・基本的性格

バリキャリ女子がメモをとる

甘えて、甘えられたい

蟹座は第4番目の星座として、個人的に獲得した知識や経験を、仲間や家族など身近な仲間に伝え、共感してもらえることで喜びを感じます。
自分だけが楽しいことにさみしさを感じ、相手が喜んでもらうことを追求します。

そのため相手が満足しているか、気を使って顔色を伺いすぎたり、サービス過剰で必要とされていないものまで押し売りしやすいといえます。
それは自分の持つ強い母性から来るもので、自分の愛情のエネルギーを他人とシェアし合う感覚に近いでしょう。

例えば吸血鬼同士の生命エネルギーの奪い合いに近いかもしれません。
そこで自分の血を分けた仲間に対する信頼感は強いものになります。

また甘え上手なため、自分の立場を弱く低くして、強い相手に援助してもらう姿勢が強いといえます。
そのためいつでもスポンサー的な存在を求めやすいのではないでしょうか?
上手な他人任せの姿勢により、可愛がってもらうことが効果的となるでしょう。

有能な心理プロファイラー

他人の行動を観察し本音を探るような、人の裏の世界を覗くことに好奇心を感じやすいといえます。
相手の細かいしぐさや行動が気になりやすく、相手の気持ちの真偽について神経質になりやすいかもしれません。

そのため相手が幼児のように、ウソのない心をオープンにしてくれる場合には、自分も開放的になるものの、信頼できない人には疑り深くなり閉鎖的になるのではないでしょうか?
感受性が豊かで繊細な感性を持つために傷つきやすく、ストレスのかかりそうな場所から逃げたり、わざとルーズな態度を取ってその場をごまかそうとする姿勢になりやすいかもしれません。

本音をさらけ出せる仲間のいる場所は、理想郷に近いといえます。
また前世などはるか過去からつながる運命的な絆を持つ仲間の発見なども、好みの世界観といえます。

脇役でボス役

基本は、メインの主役である親分級の存在をサポートする役目で活躍できるでしょう。
自分自身を舞台裏で活躍する"黒子"のような存在感となって、裏方の仕事をする形だと動きやすいものの、中心人物的な役割を負かされると尻込みしやすいかもしれません。

控え目な性格の大和撫子的な奥様が、主人の代わりに細腕でガンバっている健気な姿のように、そんないじらしい存在に対して周囲は応援したくなるのではないでしょうか?
しかし実はボス級の強さが隠れていて、例えば鬼子母神のような、女房役でありながら家族を引っ張る"母親の強さ"も持ち合わせていて、仲間のために働く使命感を持つ存在感と実力を発揮しやすいでしょう。

<下に続く>

蟹座の恋愛観

ハートの木
蟹座の恋愛は、ほのぼのとした心が癒される関係を求めやすく、男女にかかわらず母性本能が強いので、"甘え・甘えられる"相互関係が理想的でしょう。
基本はやさしく慈悲深いタイプなのですが、"肝っ玉母さん"のように、強さの部分が出る時は相手に対して、責任者や支配者としての顔ものぞかせるといえます。

また甘え症の特徴が出過ぎると、母離れできない子供のように、いつまでも自分に同じ愛情を注いでほしい欲深さが出るかもしれません。
そのため過去の"古き良き思い出"を振り返りがちで、例え別れることになっても関係を切りづらくなるのではないでしょうか?
元・恋人を引きずりやすいタイプといえます。

近い仲間との愛情関係と縁が強いため、自分の近親者に似た者や、故郷と近い人に親近感を感じやすいでしょう。
極端になると、過去性で恋人や仲間であった人を探す場合もあるかもしれません。
年上のような親しみやすい人の気持ちと一つになり、長く付き合えると幸せなのではないでしょうか?

自分の仲間以外をよそ者の汚れた存在と見やすい潔癖症なところがあり、新しい関係を築くのが難しいでしょう。
近親相姦のように近いものや似た者同時との関係性は、近すぎることから異常であると気付けると良いといえます。
"濃い味"より"薄味"のさわやかさな関係性を楽しめると良いのかもしれません。

<下に続く>

蟹座の仕事観

向いている仕事

蟹座の仕事は、自分の敏感な感性を使えるものが良いでしょう。
人の心を読めるので、心理学のような世界も向いているものの、客をもてなす接客業でも、行き届いたサービスができるといえます。

"縁の下の力持ち"的な主役を影で支えるサポート役が良く、主人に仕える子分のように、中心的な大きな仕事を成し遂げることよりも、脇で支える仕事を通じて主人に評価されることに大きな喜びを感じやすいといえます。

"ホストの魚の世話をする掃除魚"のように、自分のスポンサーを見つけることが大切となりそうです。
また主役級の存在になりたければ、例えばメインボーカルの後ろのコーラス・メンバーとして素晴らしい仕事を続けているうちに、徐々にスポットライトを浴びるような展開が理想的といえます。

自分のホームタウンと縁があるため、故郷や地域に貢献する活動が良いかもしれません。
街の歴史や特徴などの地元の魅力をアピールすることは、ノスタルジーな癒しも感じられて楽しいといえます。
また家で行う在宅の仕事や、マニアックな分野を深めるような、細かすぎて誰もやらないテーマの研究を深めると先進的な結果を生むといえます。

ラッキースポットは、教育機関や不動産に関係する仕事場など。

<下に続く>

蟹座と相性のいい星座

null

12星座は

  • 火(牡羊座/獅子座/射手座)
  • 地(牡牛座/乙女座/山羊座)
  • 風(双子座/天秤座/水瓶座)
  • 水(蟹座/蠍座/魚座)

の四つのエレメントで分かれているのですが、蟹座にとっては、同じ水のエレメントである、蠍座・魚座が相性が合うでしょう。

また地の牡牛座・乙女座・山羊座とも少なからず相性が良いといえます。
"水"同士は感情レベルでの和合のエネルギーを共有を通じてパワーチャージできるため密接にかかわると良く、"地に対してはキャリアや階級など現実的な利益をもたらす存在として利用すると良いでしょう。

"火"と"風"と関わると、繊細な感情エネルギーの絆を壊され、違和感のある存在を呼び込む危険性があるといえます。
その代り新しい関係性を生む助けになりそうです。

<下に続く>

蟹座男性の特徴

男性(占い)

蟹座の男性は優しく調和を保つ気持ちが強いものの、それは限定された仲間内のことであり、違和感を感じる者に対しては、一転して冷たい態度を取りやすいといえます。

過去に助け合ったものに対する恩義を忘れない感覚もあり、自己犠牲の気持ちで相手のために尽くすことに美学を感じやすいかもしれません。
"持ちつ持たれつ"の関係性は束縛を生み、切りたくても切れない腐れ縁を作る可能性があります。

または過去をズルズルと引きずる展開をルーズに続けることに快感を感じているのかもしれません。
堕落しやすい自分を第三者的に見つめる目を持てると、そこから抜け出せるのではないでしょうか?

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line