Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

自然な涙袋の作り方!メイク術・優秀コスメ&トレーニング方法を紹介

目の下にプクっとふくらむ涙袋は可愛い目元をつくるポイントですよね。
だけど全ての人に涙袋があるわけではありません。

「どうして自分には涙袋がないの」と嘆いている人も多いはず。
でも大丈夫!

涙袋は、メイクやトレーニングで作ることができちゃいます。
今回は「自然な涙袋の作り方」について紹介します。

涙袋が欲しい人は必見ですよ。

Large freestocks org 209882 unsplash  1
目次

涙袋があるorない…顔の印象が変わる?

涙袋の作り方をマスターした可愛い目元の女性

ここ数年は涙袋が流行しているので、涙袋があった方が良いというイメージがあるかもしれませんが、決してそうではありません。
涙袋があるorないで美人かどうかが決まるわけではなく、顔のタイプが変わります。

涙袋があると、幼く愛らしい目元に映るので可愛い印象になります。
一方で涙袋がないと、キリッとクールな目元に映るのでキレイな印象になります。

そのため、クール美人タイプを目指したい人は涙袋を目立たせる必要はありません。
涙袋の作り方をマスターするのにおすすめなのは、キュートな可愛い路線を目指したい人です。

<下に続く>

メイクで簡単!自然な涙袋の作り方

涙袋の作り方を研究する女性

それではさっそく涙袋の作り方をお話ししていきます。
まずはアイシャドウを使った涙袋の作り方を紹介します。

ステップ①:コンシーラーなどで下地を作る

きれいな涙袋をつくるために下地作りが大切です。
まずはクマやくすみを消していきます。

自分の肌の色よりもワントーン明るいコンシーラーまたは目元用のベースを下まぶた全体に塗っていきます。
その上にファンデーションやルースパウダーを乗せて馴染ませます。

この工程をやらない人も多いですが、下地を作ると仕上がりのきれいさがグンと上がります。

ステップ②:涙袋を書く場所を確認する

下地を作ったら涙袋を作る位置を確認します。
涙袋がないように見える人でも実は涙袋が存在するのです。

下まぶたに力を入れて、上まぶたはそのままで下まぶただけを動かして目を細めてみてください。
そうすると、下まぶたが少しプクっとして下側に線ができますよね。

それがあなたの涙袋です。
目を戻すと消えますが、その場所に涙袋を作ると自然に仕上がります。

ステップ③:涙袋の下のラインに影を作る

それでは涙袋をつくっていきます。
ステップ②で目を細めた時に下側にできた線の上に、濃い目のブラウンを引いて影をつくります。

ダークブラウンのアイシャドウを細く乗せるか、柔らかめのアイブロウペンシルを使うのがおすすめです。
影を作り過ぎるとクマのようになってしまうので、「描いては、ぼかす」という行為を繰り返しながら少しずつ描いていきましょう。

ステップ④:涙袋全体にパール感のあるアイカラーを乗せる

影をつくったら、涙袋に大切なプックリ感を出していきます。
パール感があるアイシャドウを使えば、涙袋のプックリ感を演出することができます。

ステップ③で作った影の線の上の部分全体に、パール感があるアイシャドウを薬指を使って乗せていきます。
目を細めた時にプクっとした部分ですね。

色は、自然さを求めるならベージュかライトブラウン、キュートに仕上げたい場合はライトピンクがおすすめです。

ステップ⑤:ラメを乗せて馴染ませる

最後にラメを使って涙袋を仕上げていきましょう。
ラメは全体に入れると派手になり過ぎてしまうので、ポイントで入れていくのがおすすめです。

涙袋の真ん中の部分に、ラメ感がたっぷり入ったアイシャドウを薬指でポンと一箇所乗せます。
ラメを左右に少しずつ馴染ませれば涙袋の完成です。

真ん中にラメを乗せると、涙袋のプックリ感をより演出することができます。
基本の涙袋の作り方を紹介しましたが、慣れてきたら自分で作り方を工夫してみると楽しいです。

<下に続く>

涙袋を書きやすいコスメ紹介

涙袋の作り方におすすめなメイクグッズ

ここでは涙袋を作る時におすすめのコスメを紹介します。
これらを使えば、簡単に涙袋の作り方をマスターできます。

おすすめ①:オルビス マルチクリームアイカラー シアーバニラ

オルビス マルチクリームアイカラー シアーバニラ
864円

涙袋を作るための下地作りにおすすめなのが、オルビスのマルチクリームアイカラーシアーバニラ です。
密着感が良いクリームタイプのアイカラーベースで、バニラ色がどんな色のアイシャドウとの相性もバッチリです。

細かいラメが目周りの色を明るくトーンアップしてくれて、目のクマやくすみを目立たなくしてくれると評判のアイカラーベースです。

おすすめ②:キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ02 ベビーベージュ

キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ02 ベビーベージュ
842円

わざわざ涙袋用にアイシャドウを用意したくない人は、ベージュカラーのアイシャドウパレットを使うのがおすすめです。
キャンメイクのパーフェクトスタイリストアイズの2番ベビーベージュは、上まぶたにも涙袋にも使いやすいです。

左上のベースで下地を作り、左下のミディアムブラウンで影の線を描き、右上のパールベージュを涙袋全体に使い、中央のパールカラーで仕上げることができます。
これひとつで目元全体を可愛く自然に仕上げることができます。

おすすめ③:ケイト アイライナー ダブルラインエキスパート

ケイト アイライナー ダブルラインエキスパート
779円

涙袋の影のラインを描くアイテムでとてもおすすめなのが、ケイトのアイライナーダブルラインエキスパートです。
これは通常のアイライナーではなく、二重の線や涙袋の影を描くためのアイライナーなんです。

先端がリキッドアイライナーのように極細の筆になっていて、細いラインが描きやすいので失敗しにくいのが嬉しいです。
色が極薄のブラウンなので、涙袋の自然な影をつくることができます。

おすすめ④:アピュ アイグリッター

アピュ アイグリッター
820円

涙袋の仕上げのラメとしておすすめなのがアピュのアイグリッターです。
ラメがめちゃくちゃ可愛いと評判のウォーターベースのアイシャドウです。

透け感のあるラメが派手になり過ぎず、涙袋を立体的に仕上げてくれます。
ラメが落ちてくることがなく、キラキラがずっと続くのも人気の理由です。

おすすめの色は、5番のEternal Breezeです。

おすすめ⑤:Kパレット ティアーズシャドウ&ライナー

Kパレット ティアーズシャドウ&ライナー
1296円

涙袋作り専用のコスメも紹介します。
おすすめはKパレットのティアーズシャドウ&ライナーです。

これ一本に涙袋のプックリをつくるパールパウダーと、影の線をつくるライナーの両方がついています。
簡単に涙袋が作れると評判のアイテムなので、初めて涙袋の作り方を覚える人にはおすすめです。

色がシアーベージュとシアーピンクの2色の展開なので、仕上がりのイメージに合わせて選ぶことができます。

<下に続く>

自力でトレーニング!涙袋の作り方

涙袋の作り方のトレーニングを実践する女性

メイクで涙袋を描くこともできますが、どうせなら自前の涙袋の作り方も知りたいですよね。
実は「眼輪筋」という目の周りの筋肉のトレーニングをすれば、涙袋を作ることができるんです。

ここでは「眼輪筋トレーニングによる涙袋の作り方」を紹介します。

  1. ピースサイントレーニング
  2. ウインク100回トレーニング
  3. 目をパチパチ体操
  4. まぶしい目トレーニング
  5. 目元をマッサージ

それでは「眼輪筋トレーニングによる涙袋の作り方」について、ひとつずつ紹介していきます。

①:ピースサイントレーニング

眼輪筋トレーニングでも一番効果が高いと評判なのが、ピースサイントレーニングです。
手をピースサインにして行うため、この名前がついています。

まず両手をピースサインにして、それぞれの手の中指を目頭に、人差し指を目尻にあてて軽くおさえます。
指でおさえたまま上を見るように視線を上げて、下まぶたをゆっくり持ち上げます。

この時、上まぶたは動かさずに下まぶただけが動くようにトレーニングします。
この下まぶたを持ち上げる動作を10回程度繰り返します。

②:ウインク100回トレーニング

その名の通りウインクを100回するトレーニングです。
ウインクはちゃんと意識をして行うと、効果的な眼輪筋のトレーニングになります。

ウインクを100回行うのですが、この時のポイントはゆっくりと強めにウインクをすること、ほっぺたは動かさずに下まぶたの筋肉の力でウインクをすることです。
最初は、ほっぺたが動きやすいので鏡を見て行うのがおすすめです。

③:目をパチパチ体操

目を開けたり閉じたりする動作も意識をすれば、眼輪筋トレーニングになります。
目を思いっきりギュッと閉じて3秒~5秒キープします。

その後、目をパッと思いっきり見開いて驚いたような顔を3秒~5秒キープします。
この動作を10回目安に繰り返します。

このトレーニングは鏡がなくてもできるので、思い立った時にすぐにできるのが良いですね。
目をパチパチするのは、パソコンやスマホで目が疲れた時にもおすすめのトレーニングです。

④:まぶしい目トレーニング

ためしに、まぶしい目をしてみてください。
下まぶたに力が入っているのがわかると思います。

実はまぶしい目をするだけで、眼輪筋が鍛えられるのです。
下まぶたに意識を向けながら、まぶしい目を作り10秒キープしましょう。

これを10回目安に繰り返します。
最初のうちはやりにくいですが、慣れてくると眼輪筋が鍛えられて下まぶたを楽に動かせるようになり、その頃には涙袋にも少し変化があるはずです。

⑤:目元をマッサージ

最後にマッサージによる涙袋の作り方を紹介します。
目元のマッサージは、クマやむくみにも効果があるので朝の習慣におすすめです。

まず目を細めて涙袋を強調させましょう。
下に線ができるので、中指と薬指に二本でその線の端から端まで優しく押していきます。

指で下の線を押すとプクっと涙袋ができるので、欲しい涙袋をイメージしながらマッサージしましょう。
線がわかりにくい場合は、目の下1㎝くらいの場所を押すと骨があるので、その骨のラインを押すようにします。

目元の皮膚が傷つかないように、オイルやアイクリームを塗ってからマッサージするようにしてください。

<下に続く>

涙袋の作り方をマスターしてキュートな目元を手に入れよう

涙袋の作り方を知っている美しい目元の女性

今回は「自然な涙袋の作り方」についてお話ししてきました。
プクっとした涙袋があると、とても可愛く見えるので、涙袋の作り方をマスターしたい女性は多いでしょう。

整形という涙袋の作り方もありますが、メイクでのお手軽な作り方や、ちょっとしたトレーニングによる作り方など、簡単な涙袋の作り方はたくさんあります。
可愛さのポイントは簡単な努力を続けることで手に入るものです。

今回紹介した涙袋の作り方のテクニックを使って、あなたもキュートな目元を手に入れましょう。

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line