Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

タイツのデニール数を比較!男ウケや細く見えるコーデも紹介

特に冬の寒い季節に活躍する「タイツ」。
薄いものから厚いものまで、さまざまなデニール数のものが販売されていますが、どれを選ぶかによって見え方や履き心地が全然違うってご存知でしたか?
今回は、男ウケ効果や脚痩せ効果の高いタイツをご紹介していきます。モテたい女子、おしゃれ女子は特に必見です!

Large brooke cagle 65604 unsplash  1
目次

タイツの「デニール」とは?

タイツのデニールとは

「デニール」とは、ひとことで言えばタイツの厚さを表す単位です。
具体的には、タイツを編むときに使う糸の太さを表しています。

タイツを実際に購入したことがある方なら分かるかと思いますが、販売されているタイツのパッケージには、たとえば「40デニール」とか「60デニール」とかそういった感じで、デニール数が書かれていることがほとんどです。

デニール数によって防寒性や透け感がかなり違ってきます。
タイツを購入するときにはデニール数を確認して買うようにしましょう。

<下に続く>

人気の高いタイツの「デニール数」は?

人気の高いタイツ

タイツの有名ブランド「福助」さんが展開している「満足 引き締め着圧 スッキリ細魅せ」シリーズというものがあります。
その購入者さん向けにデニール数の人気度を調査したデータを見つけました!

(引用元記事はこちら:スマートフォン用アプリ「デニール image」アンケート結果

結果は・・・

デニール数 パーセント
1位  80デニール 27%
2位  60デニール 23%
3位 110デニール 21%
4位  40デニール 16%
5位  25デニール 13%

というわけで、一番人気は80デニール!
デニール数が大きすぎると野暮ったくなるし、小さすぎると薄くて寒い…という悩みを解決し、暖かいのにオシャレ、というのを見事にクリアするのが80デニール、と言えそうですね。

<下に続く>

男ウケするタイツのデニール数

男ウケするタイツ

寒い季節に履くことも多いタイツなので、防寒性もある程度欲しいところ。
ですが実はこれは男ウケとは真逆なんです。

男性に聞くと、やはり「女らしさ」「セクシーさ」に魅力を感じるそう。
なので男ウケを狙うならば60デニール以下の薄めのものを選びましょう。

具体的には

  • 程よい透け感を狙うなら ⇒ 50デニール
  • セクシーを追求するなら ⇒ 20~30デニール
  • お呼ばれの場に行くなら ⇒ 60デニール

という感じで選んでいくと良いと思います。

<下に続く>

細く見えるタイツのデニール数

脚を細く見せるタイツ

女の子なら脚は少しでも細く見せたい!
っということで、こちらも調べてみました。

結論から言うと、脚を一番細く見せてくれる「60デニール」です!

理由は2つ。

  1. 薄すぎると透け感が強くなり、黒というカラーの引き締め効果がなくなる
  2. 厚すぎると脚の陰影が減ってくびれも見えなくなり、野暮ったくなる

というわけで、脚を細く見せるには薄すぎず厚すぎない「60デニール」が、最適という結論になりました!

<下に続く>

タイツのデニール別の履き心地を比較

履き心地

ここからは、デニール別に履き心地を見ていきましょう。
実際に履いてみた感想をピックアップしていくので、あなたがタイツを購入するときの参考になるはず!

20デニール

かなり薄めの20デニール。
タイツというよりストッキングなので、暖かさや肌ざわりはあまり期待できない感じのようです。

っといっても、最近では肌当たりがなめらかなストッキングも多く販売されているようで、「このストッキングなら履いていて気持ちいい!」といった感想を投稿している人もいました。

なので、履き心地をウリにしている商品を選べば大丈夫

生地が薄い分、上手に履かないとムラが出てしまうようですが、その分透け感は抜群です!

30デニール

ストッキングと比べて生地が若干厚めの30デニール。
それでも透け感は結構出るので、防寒性は低いのかと思いきや、結構暖かいようです。

冬でもお仕事の関係でストッキングを履く方、とくに黒・ネイビーといった暗めの色のスーツや制服を着られる方なんかは、透け感と暖かさの両方をカバーする30デニールタイツを履かれると良いのではないでしょうか。

40デニール

このくらいの厚さから、「履き心地がよい」「肌当たりがなめらか」といった感想が増えてきます。
透け感よりも肌触りを優先するなら40デニール以上のほうが良さそう。

この方が着用しているタイツもそうですが、最近は黒だけでなくベージュのタイツも多く販売されています。
暖かく、肌ざわりが良く、それなりの着圧があって、でも野暮ったくならない40デニールなら、寒い冬でも困らないはず!

60デニール

こちらの投稿でも60デニールを履いた感想がアップされています。

ここまで厚くなってくると「肌触りが良い」というご感想が多くなります。
でもまだ透け感もありますね。野暮ったくならないギリギリのラインだと思います。

デニール数の高いタイツだと、中には締め付け感がかなり強くなっているものもあります。
それだと脚を細く見せる効果はあるけれど、ちょっと窮屈になってしまうことも。

その点、この投稿の方は締め付け感の少ないタイツを選んでいるおかげで、履いていてすごく楽なんだそう。
着圧タイプのものと、履いていて楽なものと、両方買って使い分けるのも良いかもしれませんね。

80デニール

デニール数が高くなるにつれて、生地のなめらかさ、肌当たりの良さが増してくるようです。
こちらの投稿では80デニールを着用されていて、かなり履き心地が良いそう。

また80デニールまで厚くなると、ストッキングと比べてもかなり防寒性が高くなります。
寒いのご苦手なアナタや、身体を冷やしたくないアナタには80デニールがおススメです。

110デニール

暖かさならピカイチ、110デニール!
しっかりした生地なので伝染とも無縁だし、肌触りもかなり良くなります。

こちらの投稿の方は、着圧タイプの110デニールタイツを着用されています。
履くときはけっこう大変なようですし、履いていて結構な締め付け感があると思われますが、逆に脚のむくみ防止にもなって、すごく楽なんだとか。

また、中には裏が起毛になっているものもあります。
それを選べば、雪国に行くときでも怖くないくらい、脚中ポカポカです。

<下に続く>

タイツのデニール別コーディネート

タイツコーディネート

オシャレの達人はタイツも上手に着こなします。
そのコーディネートを真似すれば、あなたもあっという間にオシャレ上級者の仲間入り!

というわけで、デニール別おすすめコーディネートをご紹介します。

20デニール

透け感がウリの20デニールを履くなら、脚をしっかり見せるようなコーディネートがオススメ。
短めのスカートやショートパンツと合わせれば、女性らしい綺麗な脚を十分に活かすことができます。

例えばお目当ての彼のいる合コン、注目を集めたいパーティなど、そういったときにはひざ上丈のシンプルなワンピースなんかを着ることも多いと思います。
そこに20デニールのタイツを合わせれば、スラリと華奢に見え、あなたの魅力を一層引き出してくれるでしょう。

30デニール

30デニールのタイツは程よい透け感があるので、丈長のボトムスと合わせても野暮ったくなりません。
ボトムスのボリュームと薄手のタイツででうまくバランスをとってくれるので、ファッション上級者に見えるコーディネートが完成します。

ロングスカートや七分丈のパンツに合わせるなら、チラリと見える足首部分にボトムスと違う色のタイツを持ってくることで、メリハリのあるコーデに。
ボトムスの色が暗めなら、差し色になるような鮮やかカラーのタイツを合わせても面白いですね。

40デニール

こちらはYouTuberあいりさんのコーディネート。
なんとこの見た目でアラフォーとのこと!

40デニールなら透けすぎず、野暮ったすぎず、コーデにさらりと馴染む感じになります。
なので、若作りした感じにもならないし、子供っぽくもならないし、年齢を問わないファッションが完成します。

あいりさんコーデでもうひとつ注目したいのは、黒タイツとレッドのパンプスの組み合わせです。
ビビットなカラーのパンプスでも、落ち着いたカラーである黒のタイツと合わせてあげることで、浮かずに済みます。真似したくなるコーデですね。

60デニール

60デニールまで来ると透け感はほとんどなくなるので、その分発色がとても綺麗になります。
黒やベージュといった定番カラーではなくカラータイツを楽しむなら60デニールくらいがオススメです。

こちらの投稿では、冬にありがちな黒・グレー・白のモノトーンコーデになりそうなところに、ネイビーのカラータイツを合わせることで垢ぬけたコーディネートを完成させています。

こんな感じで、ちょっと外したカラーを選ぶもの良し。
差し色になるようなビビットなカラーを選んでも良し。

マンネリしがちなコーディネートのスパイス的なイメージでカラータイツを合わせてみてはいかがでしょうか。

80デニール

こちらは、ストーン付きのタイツになっています。
黒かつデニール数の高いタイツも、キラキラ光るストーンを散らすことで高級感ある上品な感じになるので、タイツにありがちな野暮ったさが激減します。

ストーン付きタイツのほかにも、ラメが散りばめられていたり、柄が入っていたりと工夫を凝らしたタイツが数多く販売されています。
シンプルなショートブーツなんかに合わせてあげれば、タイツが主役のコーディネートが簡単に完成しちゃいます。

110デニール

ここまでデニール数が高くなると、かなり暖かいのですが、その分暗い印象になりがち。
そんなときはこの投稿のように、鮮やかカラーのトップスを合わせるのがオススメです。

足元が主張しない分、トップスがとても映えるし、全体的に明るい印象にもなるので、落ち着いたファッションになりがちな冬でもおしゃれな雰囲気を出すことが出来ます。

着圧タイプのタイツを選んで脚を細く見せつつ、トップスはゆったりした存在感を選んであげれば、コーディネートのバランスとしても抜群です。

ホントにGU?990円ニットコレクション&コーデをリアル見せ♡【2018秋冬】GUの990円ニット特集 990円のニットってどうせ期待できないだろう…と思っているそこのあ...

<下に続く>

タイツのデニール数を比較!男ウケや細く見えるコーデも紹介のまとめ

冬デート

タイツと一言で言っても、デニール数によって見栄えが全然変わってきます。
脚を細くセクシーに見せることもできるし、コーディネートに抜け感を持たせたりアクセントにしたりもできます。

男ウケを狙いたいとき。
ライバルの女の子と差をつけたいとき。

この記事を参考にして、ぜひシチュエーションに合わせたタイツ選びをしてみてください。

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line