Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/10/18

好きって何?恋愛と友情の違いと異性を好きと感じるシチュエーション

「好き」という感情がわからなくて悩んだことはありますか?
恋愛でも友情でも「好き」という気持ちを抱きますが、この「好き」とは何なのか具体的に説明できる人は少ないのではないでしょうか。

この記事では、男女200人を対象に「この好きってどっち?恋愛と友情の好きの違い」「恋愛の好きを感じたみんなのエピソード」などをアンケート!
「好きって何?」という疑問を解決していきましょう!

「好き」とはどのような時に感じるのか、恋愛や友情の好きの違いなどをご説明していきます。

Large %e5%be%8c%e3%82%8d%e3%81%8b%e3%82%89%e3%83%8f%e3%82%b0

男女200人に調査!この好きって本物?

「好きって何んだったっけ?」と相手が好きかどうかわからなくなることはありますか?
ここでは男女200人にアンケートで調査しました。

さっそく見ていきましょう!

Q.相手のことが本当に好きか悩んでしまったことはある?

グラフ_相手のことが本当に好きか悩んでしまったことはある?男性100人へのアンケート
グラフ_相手のことが本当に好きか悩んでしまったことはある?女性100人へのアンケート

男性は約6割、女性は約7割が「本当に好きか悩んだことがある」と回答しました。
では、「好き」を明確にするにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは、「好き」って何?ということを解明していきましょう。

もっと恋愛アンケートをみたい方はこちら♡

<下に続く>

「好き」って何?

好きって何かわかると愛になる

「好き」って何なのかを誰にでもわかるように説明するのはとても難しいです。
人間が持つ感情の一つですが、感じ方は人それぞれなので明確な定義がないからです。

恋愛がうまくできないという人はこの感情がよくわからないということも考えられるので、一般的に言われている「好き」についてご説明していきましょう。

「好き」という言葉の意味

「好き」には恋愛感情だけでなく、モノを含めたもっと広い対象物に対して持つ感情です。
しかし一般的に人に対して使う時は、その人のことを「好意的に思っている」「心が惹きつけられる」ということになります。

恋愛においては、性的な欲求を伴う「好き」と、相手の存在を大切に思う「愛」とがありますが、それらは明確に分けられることもなく、正解もありません。
そのため、「好き」という感情があってもそれが恋愛感情なのか友情なのかがわからないというのはよくあることなのです。

「好き」という感情の定義

ある2つの行動や感情がある時、その相手を「好き」と思っているということになると言えます。

まず1つ目は、ある特定の相手のことが頭から離れなくなる、ことあるごとに思い出してしまうような時です。
例えばその人とのLINEを何度も見返す、SNSで名前を検索する、街中で似ている人を目で追ってしまうなどの行動です。
実際にそういう行動をしていなくても、その相手とデートするのを妄想してしまうのも、その人のことが好きだからです。

そして2つ目は、その相手が他の女性と仲よくしていたり、話しているだけでも胸が痛くなるような感情、いわゆる「嫉妬心」がわいてしまう時です。

「好き」の定義は人によって違うので一概には言えませんが、この2点を基準に考えるとわかりやすいでしょう。

<下に続く>

異性を「好き」って思う時のシチュエーション

好きって何かてをつなぎたくなる

では、異性を「好き」って思う時にはどのようなシチュエーションがあるのでしょう。

  1. 気づいたら相手のことを考えていた
  2. 相手のことをもっと知りたいと思った
  3. 一緒にいたい、そばにいたいと思う
  4. 相手に他に好きな人がいないか気になる
  5. 毎日が楽しく感じる
  6. 相手のために何かしたいと思った

続いて、それぞれのシチュエーションを詳しくみていきます。

シチュエーション①:気づいたら相手のことを考えていた

電車に乗っている時、一人で家にいる時、トイレにいるような時でも、気づいたら相手のことを考えてしまっているのは、その人のことが好きだからに他なりません
気付いたら彼のことを考えている自分にハッと気づくこともありますが、その時こそ「彼のことが好きだからだ」と自分で確認することができるのではないでしょうか。

シチュエーション②:相手のことをもっと知りたいと思った

「彼は何が好きなんだろう」「休みの日は何をしているんだろう」と、相手のことをもっと知りたいと思うのは、その彼のことが好きだからです。
共通の話題を作りたい、彼が好きなものを自分も好きになりたいなど、彼との共通項を増やすことで接点を増やし、共感することで彼にも自分を好きになってもらいたいという心理もあります。

シチュエーション③:一緒にいたい、そばにいたいと思う

心の距離は体の距離と比例するので、一緒にいたい、そばにいたいと思う時も、「距離を縮めたい=彼のことが好き」だからと言えます。
ほんの少し会うためにわざわざ会いにいったり、一目見るために長時間待っているような行動も、その時間や労力と会える時間を天秤にかけるとどう考えても比重が違いすぎるのに、それが苦にならないというのも彼のことが好きだからできることです。

シチュエーション④:相手に他に好きな人がいないか気になる

単なる友達だったら、その人が自分以外の女性と出かけようが誰を好きになろうが気になりません。
しかし、ある特定の相手に付き合っている人や好きな人はいるのか気になったら、その相手のことが好きだからだと気づくはずです

その人が他の女性と出かけたり、ただ話しているのを見るだけでもモヤモヤしたり、「まさか付き合ってるんじゃないだろうか」と疑ったりするのです。

シチュエーション⑤:毎日が楽しく感じる

恋をしている時は気分も上がっていて、彼を見ただけで嬉しくなったり、ちょっと話せただけでもテンションが上がったり、毎日の生活に楽しみやメリハリが生まれます。
自分のことを少しでもよく見せたい、好きになってもらいたいからと、外見を磨く努力をしたり、彼に会うために行動したりするので、毎日が有意義に楽しく感じられるでしょう。

辛いこともありますが、それも含めてその人のことを考えて毎日が楽しいなと感じる時、「好き」という気持ちがあることに気付くのではないでしょうか。

シチュエーション⑥:相手のために何かしたいと思った

相手が困っていたら助けたい、喜ぶものをプレゼントしたい、誕生日をお祝いしたいなど、相手のために何かをしたいと思った時、その相手のことが好きだからと思うでしょう。

また、人間は自分のために行動することが主ですが、好きな人に関しては自分を犠牲にしてでも相手のことを優先したいと思うようになります。
相手のことを優先するため、守るために行動をするようになっているなら、その人のことを大切に思っているからできることなのです。

<下に続く>

この好きってどっち?恋愛と友情の好きの違い

好きがわからない人は、恋愛と友情の好きに違いがあるのか疑問に思うことがありますよね。
友人から告白されたものの「つまりそれってどういうこと?」と頭の中はハテナマークになるということも。

ここでは男女にアンケートを取り、恋愛の好きと友情の好きの違いを聞いてみましたよ。

Q.恋愛の好きと友情の好きの違いって?

男性のコメント

\男性のコメント/
恋愛の好きは性欲が裏側に潜んでいる。(30歳)

その人が他の人と喋っている時胸が痛くなる場合は恋愛としての好き。そうじゃなければ友情。(21歳)

会ってない時にその人のことをどれくらい考えるか。(35歳)

二人っきりになりたいかどうかだと思います。(37歳)

恋愛の好きは一人だけに執着するが、友情の好きにはそういう傾向はない。(31歳)

女性のコメント

\女性のコメント/
心が躍っているか。会う前に自分が自然と笑顔になっているか、にやけているか。(33歳)

一緒にいる時に気楽で恥ずかしい姿もさらけ出せるかどうかが友情と恋愛の違いかも。恋愛的に好きな相手の前で盛大なオナラしちゃったら死活問題だけど、友情の好きな相手なら笑ったりギャグにしたりして大したことにならない。(35歳)

相手が女の子と話しいているのを見てモヤモヤするかどうか。(27歳)

頻繁にどうしているか気になった時、恋愛対象として好きなんだと思います。(25歳)

相手に対して性欲があるかないかで考える。(25歳)

恋愛として好きな場合「他の異性と仲良くしている姿に嫉妬する」「相手のことを無意識に考える」「相手と会える瞬間、気持ちが高ぶる」といった症状がでるようですね。
また、恋愛には体の関係が付き物。

「その人と触れ合いたいかどうか」も判断基準になります。
好きかどうかわからない場合は、自分の感情がどう動いているか気にしてみましょう。

では、「恋愛の好き」と「友情の好き」の違いについてのまとめを見ていきましょう! 

<下に続く>

「恋愛の好き」と「友情の好き」の違いって何?

好きって何か探り合う

「好きって何?」と思う人は、相手のことを大切に思う気持ちが「好き」なら、恋人ではなくて友達でも大切に思うからどっちも同じでわからない、と考えるかもしれません。
それも確かに事実なのですが、やはり恋愛と友情の「好き」は似て異なる点がいくつかありますのでみていきましょう。

恋愛の「好き」

恋愛の「好き」には以下のような特徴が挙げられます。

  • 四六時中考えてしまう
  • 二人きりになりたい
  • 別れ際に「さみしい」と思ってしまう
  • 連絡がないと気になって何度もスマホをチェックしてしまう
  • 他の女性といるとモヤモヤする
  • 彼が好きなものを好きになってしまう

友だちにも感じることがありますが、それは恋愛にも似たレベルの感情で好きなのかもしれません。
何かのきっかけで「恋愛対象候補」になることもある人だということです。

友情の「好き」

続いては友情の「好き」を見ていきます。
恋愛の「好き」と見比べてみるとわかりやすいかと思います。

  • たまに思い出す程度
  • みんながいても楽しい
  • 別れ際は「また今度ね」とあいさつして終わり
  • 連絡がなくてもしょうがない、気にならない
  • 他の女性といても気にならない
  • 趣味や好きなものが合わなくても仕方ない

彼に対して思う気持ちが何なのかわからなければ、どちらに多く当てはまるか見比べてみることで恋愛で好きなのか友情で好きなのかがわかるので、「好きって何?」という疑問が解決されるでしょう。

<下に続く>

恋愛の好きを感じたみんなのエピソード

ここでは恋愛として好きだと感じた時のエピソードをアンケート!
男女200人に、実体験を聞きましたよ。

好きって何?と疑問に感じている方もこんな場面に遭遇したら自分の気持ちがわかるかもしれません。
さっそく見ていきましょう!

Q.恋愛として好きだと感じたエピソードを教えて!

男性のコメント

\男性のコメント/
歩道を歩いてるときに車が近くを通り、危ないため抱き寄せたら女性が顔を赤らめていたこと。普段、見たことない顔をして動揺している感じが、「自分を異性として見ている」と認識しました。そのことから相手に恋愛感情を抱き好きを意識したと思います。(34歳)

その子を、自分の時間やお金を使って楽しませたり、時間を優先させよう、守ってあげようと思う瞬間です。(38歳)

好きな人が近くにいると嬉しくなる。同じ部屋にいるだけでテンション上がることがあった。(31歳)

毎年恒例の花火大会に友達ではなく、気になる女性と行った際、花火や屋台よりも女性と話す方が楽しかったので、花火大会から早く帰ってもっと話したいと思った瞬間に好きだと思った。(23歳)

異性が病気になったとき自分のこと以上に心配なったこと。(36歳)

女性のコメント

\女性のコメント/
優しい言葉をかけてもらったときに、普通の男性なら何とも思わないのにその人だけは、優しい言葉をかけられてドキッとして嬉しかった。(32歳)

それまでは何の変哲もない会話のみだった相手から「○○(私)さんのそういうところ、素敵だと思う」的なことを言われて意識してしまうことがあった。あとは個人的な好みの話だけど、自分は声フェチなので相手の声が好い声だなと感じると恋愛の好きを感じやすい。(35歳)

ふとした仕草や表情にドキッとして目が話さなった時にこの人のこと好きなのかもと感じたことがあります。(27歳)

好きな人が女友達と遊びに行ったという話を聞いた時に思わず、嫉妬心からSNSで彼のことを調べてしまいました。その時、友達としてではなく恋愛として好きなんだと、気が付きました。(25歳)

相手と一つのイヤホンを分け合って一緒に音ゲーをしたときにドキドキした。(21歳)

その人のベッドでの姿を想像してドキッとしたり見てみたいと思った時。(26歳)

さまざまな好きになった瞬間のエピソードがありましたね。
男性は「楽しませたい」「守りたい」「なによりも優先したい」と思った時に、この人のことが好きなんだと自覚するようです。

女性はどちらかというと「相手に何かしたい」と思うより「ドキドキする体験」が好きになる鍵なのかもしれませんね。
また、嫉妬心が芽生えたことで好きだと気づくことも。

意識してないうちに、いつのまにかその人のことが好きになっているということもあるのです。
続いては、恋愛の「好き」っていう気持ちを体験する方法について見ていきましょう!

もっと恋愛アンケートをみたい方はこちら♡

<下に続く>

恋愛の「好き」っていう気持ちを体験する方法

好きって何か悩む女性

では、恋愛の「好き」っていう気持ちを体験する方法をみていきましょう。
次の状況の時の気持ちが当てはまるようなら、その相手に恋愛の「好き」っていう感情を持っているということがわかります。

  1. 二人きりになるとドキドキする
  2. 彼がいない時にも常に思い出してしまう
  3. 近くにいたらスキンシップをとりたいと思う
  4. 彼が他の女性と仲良くしていたら気になる

続いて、恋愛の「好き」っていう気持ちを体験する方法を、それぞれ詳しくみていきます。

方法①:二人きりになるとドキドキする

友達や何とも思ってない人なら二人きりになっても緊張したりドキドキすることもありませんが、特定の相手と二人きりになると急にドキドキしてしまう時、それは彼のことが好きだからです。
声が裏返ってしまったり、何を話していいかわからなくなってしまったり、顔が赤くなってしまうというのがドキドキすると体に表れる反応です。

「好きって何?」と思う人は、このような体の反応が出てしまった相手が「好きな人」だということを判断することができます

方法②:彼がいない時にも常に思い出してしまう

気が付いたら彼のことを考えてしまうのも、彼に対して「好き」っていう気持ちがあるからです。
夜寝る前に「今何してるかなぁ」とか、買い物していたら「これ、彼に似合いそうだなぁ」と彼のことを考えてみれば、「好き」を体験していることになります

彼とデートしているのを妄想してみるのも、恋愛の「好き」って気持ちを体験できます。
どんな服装をして、どこに行って、何をして・・・と具体的に妄想してみると、彼のことを考えながら楽しくなってくるでしょう。

方法③:近くにいたらスキンシップをとりたいと思う

大人になってからは、友達はもちろん家族であってもそこまで他人と密着することはなく、恋人どうしほど距離が近い関係はありません。
好きって何かわからなくても、彼が近くにいたらより近づいたり抱きしめられたいと思ったり、もしくは実際に彼が近くに来たりボディタッチがあったときにドキドキするようなら、それは恋愛の「好き」を体験していることになるのです。

方法④:彼が他の女性と仲良くしていたら気になる

「嫉妬心」という感情がある時、それが「好き」っていう気持ちがあるということは前述しました。
好きって何なのかわからなくても、彼が他の女性と話したり、一緒に出掛けたなんて話を耳にしたときに、なんかモヤモヤしたり、付き合っているのかどうかが気になるようなら、それは彼に対して「好き」という気持ちがあるからです。

そのモヤモヤ感があるのは、「好き」って気持ちを体験していると思っていいでしょう。

好きという感情がわからない?好きかどうかを判断する6つのポイント好きという感情がわからない人は多い? 人を好きになるということは、非常に素晴らしいことではあ...

<下に続く>

好きって何?恋愛と友情の違いと異性を好きと感じるシチュエーションのまとめ

男性好きサイン

好きって何なのかわからないという人は、恋愛経験が少ない人に多く感じられる傾向があります。
最初は「好き」という感情が自分でもわからないかもしれませんが、これまでにご紹介した内容に当てはまるものがあり、いろいろな経験を積んでいくことで、だんだん「好き」ってどういうことかがわかってくると思います。

恋愛のかたちは人それぞれですし、出会いのチャンスもどこにあるかわかりません。
恋愛は人生を楽しくしてくれるものの一つなので、「好き」って気持ちがわかるようになると、人生が楽しくなるのではないでしょうか。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line