Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/07/12

重い女の12の特徴!敬遠される重い女にならないためには?

「彼の頼みなら何でも聞いちゃう」「彼と常に連絡を取り合っていないと不安になる」という女性は、重い女と思われているかも!
この記事では男女200人を対象に「 彼女を重たい女だと感じたエピソード」「『一途な女』と『重た女』の違い」などをアンケート調査しました。

重い女性の悩みを解決する方法を見つけていきましょう。

Large 3

女性100人の恋バナ!彼から重い女と言われた経験

みなさんは男性に「重い女」と言われた経験や、重たい女の自覚はありますか?
重たい女に良い印象を抱く方は少ないのではないでしょうか。

では、彼氏から「重い女」と言われた女性はどのくらいいるのでしょうか。
女性100人にアンケート調査をしました。

Q. 付き合っている彼から「重い女」と言われたことは?

グラフ_彼氏に「重い」もしくはそれに近しいことを言われた経験があるか女性100人へのアンケート

「ある」と回答した女性は4割もいました!
重い女は少なくないようですね。

彼を好きすぎるあまりついついやり過ぎてしまった結果、「重い女」と言われてしまうのではないでしょうか。
では、男性が重たい女と感じてしまった瞬間とはどんな時でしょうか。

<下に続く>

男性の本音!彼女を重い女と認定した瞬間を調査

重たい女といえば、束縛が強い印象を受ける方が多いかと思います。
では、男性はどのような時に「重たい女」と感じるのでしょうか。

男性に重たい女だと感じたエピソードを詳しく聞きました!

Q. 彼女を重い女だと感じたエピソードを教えて

\男性のコメント/
他の女性と会話をしていると、彼女が「なにを話していたのか」「なぜ話していたのか」「次からは、話さないで欲しい」等と他の女性との接触に対して異常に反応した時。(30歳)

自分の予定を把握されていて、夜家にいるはずの時間帯に外にいるとき、出るまで電話やラインを送ってくる。
今どこで何をしているのか事細かく聞いてくる。(26歳)

ラインやメールを必ず確認してくる。そして、居場所確認の電話がくること。(33歳)

ラインを朝起きてから、仕事の休憩、仕事終わりといった節目に送らないと怒られるくらい過剰だったので冷めた。(29歳)

少しスマホを見てるだけでスマホ見過ぎと怒ってくる。
ラインをすぐ返さないと怒る。(25歳)

彼氏の行動を確認するようなしつこい連絡は重い女と感じるようです。
不安な気持ちから詳細を聞かないと気が済まなく、しつこい連絡をしてしまうのでしょう。

また、彼女以外の女性との接触を制限する女性も重たい女です。
生活をしていて異性と話すことは多々あります。

しかし重たい女は、それさえも不安で仕方ないようですね。

<下に続く>

調査でクリアに!男性の「一途な女」と「重い女」のボーダーライン

一途な女性も一歩間違えれば、重い女と感じてしまいます。
男性からすると「一途な女」と「重い女」ボーダーラインはどこなのでしょうか。

男性100人に「一途な女」と「重い女」の違いを聞きました!

Q. 「一途な女」と「重い女」の違いを教えて

\男性のコメント/
一途な女性は、しっかりと彼氏に向き合いお互いの時間を共有しようとする。
重たい女性は、女性自身の時間を全て彼氏に当てはめる。(27歳)

一途な女性は真面目に自分だけを見てくれる女性だと思います。
重たい女性は不安ばかり口にすると疲れますね。(31歳)

一途な女性は自分の事を理解して向き合ってくれる。
重たい女性は束縛をする。(35歳)

一途な女性は干渉などせずに男性の事を信じて疑ったりしない。
重たい女性はすぐ不安になり本当に自分のことが好きなのか確認しがち。(29歳)

一途な女性は、相手の気持ちを考えることができる。
重たい女性は、自分の気持ちを押し付けることだけ考える。(28歳)

「一途な女」は相手の気持ちを考え、彼氏をだけをみる女性。
「重い女」は相手の気持ちを考えず、自分の気持ちだけを押し付ける女性です。

自分勝手な意見で、彼氏の行動を縛り付けるような行動をする女性は要注意ですよ。
彼氏の気持ちや、生活状況を理解してあげましょう。

<下に続く>

彼氏に重たいとキレられた瞬間!重たい女から学ぶ後悔エピソード

重い女と言われ後悔をした女性は多くいるかと思います。
では「重い女」と言われた女性は、どのような行動で重いと感じさせたのでしょうか。

実際「重い女」と言われた女性に、実体験を聞きました!

Q. 彼氏から重たいと言われてしまったエピソードを教えて

\女性のコメント/
少し時間があるとつい電話したくなってしまい、何度も電話をしてしまいました。1日で多いときは10回程度かけてしまいます。
10回以上になると不機嫌になってしまい、後悔をしています。(25歳)

飲み会から帰ってくるという時間に帰ってこなかった時に、彼氏が電話に出るまで何十回も連続で電話をかけてしまった。(29歳)

連絡をしてもすぐに返事が返ってこなくて不安になり、ラインや電話をたくさんしてしまいキレられました。(33歳)

なかなか連絡がないことに不安になり、干渉しすぎたことがあります。
どこにいるのかなど予定を細かく聞いて、ウザがられました。(31歳)

朝起きて連絡が無くて不安になってLINE送って電話を掛けてたら30件くらいになった。
彼氏から連絡返ってきた時に電池が減ると怒られた。(27歳)

やはりしつこすぎる連絡は、重たいと感じるようです。
返信がないと不安なあまり何回も連絡をしまい、怒られてまうパターンが多いですね。

不安な気持ちからの行動がほとんどなので、その時は周りも見えないくらい連絡に熱中。
彼氏との連絡が取れるまでその行動が続き、冷静になると後悔の念に襲われてしまうのでしょう。

<下に続く>

【診断】重い女の特徴

尽くしすぎる重い女

では、重い女にはどのような特徴があるのでしょう。

  1. 尽くしすぎる
  2. 毎日頻繁に連絡
  3. ネガティブな言動が多い
  4. すぐに奥さん気分
  5. 初めから結婚を考えている
  6. 彼の言うことは何でもOK
  7. 公認のカップルになりたがる
  8. 極度の心配性
  9. SNSのチェックが日課
  10. 恋愛依存症・メンヘラ
  11. 彼に過剰な期待を寄せている
  12. 過去の恋愛に執着

続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。

特徴①:尽くしすぎる

重い女には、尽くしすぎるところがあるようです。
彼が仕事に行っている間に勝手に合鍵で部屋に入り、掃除・洗濯・料理を済ませて彼の帰りを首を長くして待つようなタイプ。

彼に頼まれたわけでもなく、自分の判断で彼のために動いてしまう女性は「彼に感謝されたい」「感謝されることで自分の存在価値を実感できる」という心理が働いているのでしょう。
彼女は、「きっと彼は喜んでくれるはず」と思って彼の身の回りの世話を進んでするのですが、男性の本音は「ありがた迷惑」といったところ。

でも男性は、一応礼儀として「ありがとう」と伝えます。
すると彼女は「喜んでくれて私も嬉しい」「次はもっと頑張るね」とヤル気が出てきて、「尽くす行為」がエスカレートしていくのです。

特徴②:毎日頻繁に連絡

重い女によく見られるのが、毎日彼に頻繁に連絡をする人。
「おはよう」「朝ごはん、何食べた?」「今日は仕事何時まで?」「まだ終わらないの?」「今どこ?」などと一日に何度も連絡をしてしまいます。

重い女は、連絡を取り合うことで「彼とつながっている」「私は彼の彼女なんだ」と感じ取ることができるのでしょう。
ところが男性は、相当マメな性格ではない限り、メールやLINEを面倒に思うのが一般的。

いくら好きな彼女でも、あまりにも大量のメッセージを毎日受け取ると、ブロックするかスマホの電源を切りたくなる男性もいるのです。

特徴③:ネガティブな言動が多い

重い女の中には、ネガティブな言動が多いタイプもいるようです。
仕事でミスをして落ち込んだり、自信をなくしたりすることは誰にでもありますし、そんな彼女の姿を見た男性は「支えてあげたい」「元気づけたい」と思うもの。

でも重い女は、彼がどれだけ優しい言葉で励ましたとしても、なかなか立ち直れません
その上、彼に「心配してほしい」「気にかけてほしい」という理由で、会う度に「自分がひどい目にあったこと」「深刻な話」をしたがります。

次第に男性も嫌な気持ちになってきて、「彼女と一緒にいたくない」と考えるようになるのです。

特徴④:すぐに奥さん気分

重い女は、付き合ってすぐに彼の奥さん気分になる傾向があります。
散らかってる彼の部屋を見ると、「しょうがないな~」と言いながら隅から隅まで片付けたがります。

彼のモノをあれこれ触り「これはこっちの方が便利だよ」と置き場所を変えたり、「部屋が殺風景だったから」と彼女好みのインテリアやカーテンに変えたり。
好きな女性とは言え、まだお互いのことを探り合ってる状態で許可もなくプライベートな空間を壊されてしまうと、男性はウンザリするのです。

特徴⑤:初めから結婚を考えている

重い女の中にはもともと結婚願望が強く、交際当初から結婚の話題を積極的に出すタイプも。
結婚式場のテレビCMが流れると「ここ行ってみたいな」とつぶやいたり、「結婚したらしばらくは夫婦二人の生活を楽しんで、その後子供を産みたい」と理想の結婚生活を語り出したり。

一般的に男性は、結婚に対して「お金や時間の自由がなくなる」といったマイナスのイメージを持っているので、結婚に消極的です。
そのため、付き合い立ての彼女からの「結婚したいアピール」は、相当重いプレッシャーでしかありません。

特徴⑥:彼の言うことは何でもOK

彼の言いなりになる重い女

彼に尽くすことが生きがいのような重い女ですので、彼の言うことは何でもOKしてしまいます。
自分の時間は全て彼に捧げたいので、基本的に彼以外の予定は入れません。

彼から、いつ何を頼まれてもすぐに動けるように待機しているのです。
仮に友達と遊んでいても、彼に「今から家来て」と言われれば友達を残して大急ぎで駆けつけたり、デートで彼が「今月お金足りなくて…」と言えば、「私出すから大丈夫」とあっさり支払ったり。

このような行動は全て、「彼にもっと好かれたい」という女性の強すぎる願望から起こっています。
彼に愛されるためなら自分の価値観を全て捨てて、外見も内面も別人になれるのです。

特徴⑦:公認のカップルになりたがる

重い女は彼氏ができると、あらゆる人の公認カップルになりたがる場合もあります。
男性が、彼女から「ごはん食べに行こう」と言われついて行くと、先に彼女の友達が待っていたり。

彼女に「実家まで送って」と言われて自宅に着くと、彼女の家族が出迎えていたり。
身近な人に彼のことを知ってもらえた彼女は満足ですが、彼は「何で何も言わずに突然紹介するの?」と彼女の考えが理解できません

他には、彼女がSNSでツーショット写真・彼との出来事や甘い会話の内容を包み隠さず公開。
男性は親しい人に対しても、プライベートの話をするのはあまり好まないので「勝手に俺のこと載せないで」と腹を立ててしまいます。

特徴⑧:極度の心配性

重い女は極度の心配性でもあるようです。
彼が電話に出なかったりLINEの返信がすぐに来なかったりすると「何かあったのかも」と本当に不安になって、彼から電話が来たとたん泣き出したり。

あるいは彼が会社の飲み会に行くと聞き、「職場の女性と仲良くなったらどうしよう」と考えてお店の前で彼を待ち続けたり。
24時間、とにかく彼が「今どこで何をしているのか」を把握していないと落ち着けません

だから、つい監視をしてしまって彼を苦しめるのです。

特徴⑨:SNSのチェックが日課

多くの重い女は、彼のSNSをチェックすることが日課になっているようです。
彼の発言は全て知っておきたいので、匿名アカウントを作って誰にも言わずにこっそり彼に近づくケースも珍しくありません。

この行動もやはり、「浮気をしていないか」「私を嫌いになっていないか」といった心配性が根底にあるのです。

特徴⑩:恋愛依存症・メンヘラ

重い女は、恋愛依存症やメンヘラになりやすいと言われています。
恋愛依存症とは「常に恋愛をしていないと激しい不安に襲われてしまう病気」

恋愛依存症の女性は「自分を求めてくれる人が、自分にとって唯一必要な存在」と勘違いする場合が多いので、彼と別れることが怖くてたまりません
一方メンヘラとは「精神的にとても病んでいる人、心に病気を患った人」

メンヘラ女は情緒不安定であるため、彼から冷たくされたり別れを告げられたりすると「感情的になって取り乱す」「自分を傷つける」などの行為に走ることがあります。
彼女たちにとっては「恋愛や彼氏が全て」なので、彼氏がいない世界では生きていけないのです。

特徴⑪:彼に過剰な期待を寄せている

重い女は、彼に過剰な期待を寄せていることがあります。
「誕生日にはあのバッグをプレゼントしてほしいな」「クリスマスは夜景の見えるホテルで過ごしたいね」「友達の彼氏は、よくサプライズしてくれるんだって」など。

重い女は「彼からの贈り物=愛情の大きさ」と思っている部分があるので、彼が希望通りのことをしてくれないと「私のこと嫌いなんだ」と落ち込みます。
男性は、他の人と比較されたり彼女の希望を押しつけられたりした上に、彼なりにできる範囲のことをしてあげたのに彼女にがっかりされる始末。

過度の期待は、お互いが辛くなるだけかもしれません。

特徴⑫:過去の恋愛に執着

重い女は、彼がこれまでどのような女性とどのような恋愛をしてきたのか、根ほり葉ほり聞きたがるところがあります。
そして、何をするにも元カノと自分を比較しては嫉妬するのです。

「このお店、元カノとも来たことあるの?」「元カノからどんなプレゼントもらった?」「部屋に元カノと一緒に使ってたものあるなら全部捨ててね」など。
最終的には「私と元カノどっちが好き?」という質問で男性を攻撃します。

重い女は、「過去の恋愛があるから今の彼がいる」ということを理解できないのです。

<下に続く>

男性に「重い女だな」と思われるLINE

LINEをする重い女

では、男性に「重い女だな」と思われるのはどのようなLINEなのかみていきましょう。

  1. 毎日時間ぴったりに送信
  2. 終わりのないトーク
  3. 既読・返信までの時間にこだわる
  4. 作文のような長い文章
  5. スタンプや絵文字が多すぎる
  6. 立て続けのメッセージ

続いて、それぞれのLINEを詳しくみていきます。

LINE①:毎日時間ぴったりに送信

「おはよう」「おやすみ」の挨拶や定時の連絡などが毎日ぴったり同じ時間に送られてくると、男性は「重い女」と感じるようです。
まるで、常にスマホの前に待機していて、カウントダウンしている姿が想像できるほどの正確さ。

重い女は彼を最優先にして一日中行動しているため、何をしていても、決まった時間に彼へ連絡することだけは絶対に忘れません。
その熱い思いが、彼の心を遠ざけることになるのです。

LINE②:終わりのないトーク

男性が仕事から帰ってくると、彼女からLINEが来ていたので返信。
すると、待っていましたとばかりに永遠と続くトーク

彼は、間違いなく「重い女」と判断するでしょう。
トークの内容に意味があってもなくても、LINEは彼女にとって「彼とつながることができて幸せなもの」なのでいつまでも続けたいよう。

男性も好きな彼女とLINEができるのは嬉しいのですが、毎日長時間続いたり、深夜になっても終わる気配がなかったりすると「この子との付き合い、考え直した方がいいかも」と思い始めます。

LINE③:既読・返信までの時間にこだわる

自分が送ったLINEに対して「彼がどのくらいで既読し、返信したか」という時間を気にする女性も、男性が「重い女」と感じるようです。
「家にいるはずなのに何で10分経っても既読にならないの?」「既読はしているのに1時間も返信がないってどういうこと?」と、彼からの返信が来るまで何度もチェックする女性。

心配・不安・イライラがどんどん膨らみ、ついには彼が出るまで電話を鳴らし続けたり、自宅に押しかけたりするケースもあります。
ここまで来ると、男性が逃げたくなるのも当然かもしれません。

LINE④:作文のような長い文章

彼女から来るLINEが、作文のような長い文章だったら…。
男性は「彼女は重い女なんだ」と気付いて、「見なかったことにしよう」と、思わず画面を閉じてしまうでしょう。

勇気を出して読んでみても、結局何が言いたいのかよくわからないので返信に頭を悩ませる男性。
何行にも渡る文章は、彼を疲れさせると考えた方がよさそうです。

LINE⑤:スタンプや絵文字が多すぎる

文字の数に対してスタンプや絵文字があまりにも多すぎると、ガヤガヤとウルサイ印象になって「重い女」と感じる男性もいます。
男性は、女性の「可愛い基準」がいまいち理解できません。

そのため、あっちでもこっちでも絵文字のキャクターが動き回っていたり、意味のわからないスタンプが多用されると引いてしまうのです。

LINE⑥:立て続けのメッセージ

まだ彼が返信をしていないのに、立て続けにLINEを送る女性も「重い女」と認定されやすいでしょう。
重い女と言われる女性は、いつ彼から連絡が来てもすぐに返せるように、肌身離さずスマホを持ち続けているもの。

ところが男性に限らず、恋人やスマホに依存していない人はスマホを家に置いたまま出かけたり、忙しい時は夜寝る前に一度だけスマホをチェックしたり、という場合もあります。
彼が依存しないタイプなら、彼女との関係を息苦しく感じるかもしれません。

<下に続く>

重い女と軽い女…どっちがモテる?

重い女より軽い女を選ぶ男性

重い女と軽い女なら、「軽い女」の方がモテると言えるでしょう。
軽い女というのは、肩の力を抜いて恋愛ができる女性のこと。

初めて恋人ができると、誰もがどうしたらいいのかわからず、重い恋愛になりがちです。
その後、経験を重ねていくうちに気持ちが軽くなって多少のことは気にならなくなり、相手との適度な距離感がわかるように。

だから男性は、軽い女の方が「一緒にいて居心地がいい」「長く付き合いたい」と感じるのです。

<下に続く>

女性から聞いた重い女を卒業する方法

良い印象ではない「重い女」
重い女をやめるには、どうしたら良いのでしょうか。

重い女を卒業できた女性に、重たい女をやめる方法を詳しく聞きました!

Q. あなたが重い女から卒業できた方法を教えて

\女性のコメント/
もし彼の方に改善点があるならば、二人で話し合ってお互いにとってベストな関係になる。(26歳)

友達を大切にすることが必要かなと思います。
一緒に時間を過ごす人が彼氏しかいないかは重くなってしまう。(33歳)

彼氏ばかりに関心がいかないよう、趣味のように何かに没頭する時間を作った(28歳)

彼氏以外にも友達と会ったり、楽しい時間を過ごす必要がありました。日常生活が充実していると、一人の人に執着しなくなった。(33歳)

小さな趣味でも良いので、自分が好きなことや夢中になれることを見つけるのが大事だと思う。(32歳)

彼氏ばかりに意識がいかないように、しっかりと自分の時間を大切にしましょう。
友人との交流・趣味を見つけるなどをすると、彼氏ばかりに気をとられないようです。

自分が楽しいと感じることをしましょう!
すぐに見つけられなくても、見つけていくこと自体で気が紛れます。

ゆっくりで良いので試してみてはいかがですか?
では、さらに詳しく重い女の改善方法を説明していきます。

<下に続く>

重い女を改善する方法

重い女を改善したい彼女

では、重い女を改善するにはどのような方法があるのかみていきましょう。

  1. 自分のどこが重いのか把握する
  2. その行動を取った理由を探る
  3. 行動する前に彼の気持ちを考える
  4. 彼以外のことに興味を持つ
  5. ポジティブな言葉を声に出す

続いて、それぞれの方法を詳しくみていきます。

方法①:自分のどこが重いのか把握する

重い女から卒業するためには、まず「自分のどこが重いと思われているのか」把握することから始めましょう。
ただし、重いと言われる行動は無意識でしている場合が多いので、自分では気付きにくいもの。

一番理想的なのは、彼に直接「私のどこが重いか教えて」と聞くことですが、難しい場合は先ほどお話しした「重い女の特徴」「重い女と思われるLINE」が目安になります。

方法②:その行動を取った理由を探る

自分の重いところがわかったら、「どうしてその行動を取ったのか」理由を探ってみましょう。
「彼に嫌われたくない」「別れるのが怖い」「彼が好きだから心配で仕方がない」など、自分の本音に向き合うことが大切。

彼氏がいるなら「あの時はこういう気持ちだったの」と正直に伝えると、これから良好な恋人関係が築きやすくなりそうです。

方法③:行動する前に彼の気持ちを考える

重い行動の理由となった本音は、あくまでも「自分が苦しくて楽になりたいから」といった自分中心の感情です。
ここで重要なのは「自分中心の感情で行動する前に、彼の気持ちを考える」こと。

「彼からLINEの返信がない…心配だからもう一度送りたい」。
「でも彼は仕事で疲れてるはずだから、催促したら迷惑に思われるはず」。

このように、不安や恐怖を感じたら焦って行動するのではなく、落ち着いて彼の立場に立てるようになると、重い女からの卒業も間近になるでしょう。

方法④:彼以外のことに興味を持つ

彼の気持ちを考えられるようになったら、彼のことで不安や恐怖を感じる頻度を減らしていきましょう。
そのためには、彼以外のことに興味を持つことが大切です。

趣味が見つからないなら、スキルアップのための資格取得を目指す、あるいは自分磨きのために習い事を始めてみるのもおすすめ。
彼のためではなく、自分のための時間を作るようにすると、彼のことを考える時間が少なくなる分、不安や恐怖を感じる度合いも小さくなっていきます。

方法⑤:ポジティブな言葉を声に出す

最後は、ポジティブな言葉を声に出すことで脳を騙しましょう。
ネガティブ思考の人でも、毎日「きっと上手くいくから大丈夫」「私は幸せ者」「すごくいい気分」などとポジティブな言葉を声に出すようにすると、脳は勘違いをして「本当に前向きな考え方」に変わっていくのです。

恋愛に関係なく、普段からポジティブな考え方ができるようになれば、重い女から卒業できそうです。

<下に続く>

重い女にならないためには?

重い女になりたくない女性

では、重い女にならないようにするにはどのような対策があるのかみていきましょう。

  1. 彼を信用する
  2. 適度な距離感を保つ
  3. 連絡を減らし、返信を遅くする
  4. 他の人とも交流する
  5. 先のことを考えすぎない

続いて、それぞれの対策を詳しくみていきます。

対策①:彼を信用する

重い女にならないためのポイントは、彼を信用することです。
信用するためには、冷静に彼の性格・習慣・価値観を観察することから始めましょう。

「普段からスマホはあまり使わない」「映画が好きで、週末に一人で集中して見るのを楽しみにしている」「何でも話せる古い付き合いの男友達がいる」など。
それがわかると、彼からの反応がなくても「私への気持ちが冷めたわけではないから大丈夫」と安心できます。

また人間は誰かに信用されると、その人を「裏切りたくない」と思うもの。
そのため、彼にはっきり「信用してるよ」と伝えることも大切です。

対策②:適度な距離感を保つ

彼のことが信用できるようになると、適度な距離感を保ちやすくなります。
「週末は必ず会う」などと決めてしまうと、休みの日は二人で過ごすことが義務のようになるので、お互い一人の時間を尊重しながら都合を合わせるようにするといいでしょう。

二人の間に距離感ができてくると、男性は「彼女に会いたいな」と追いかけたくなるはず。
彼を追いかけるのではなく、彼から追いかけられるような女性になると、重い女とは思われにくくなります。

対策③:連絡を減らし、返信を遅くする

追いかけられる女性になるためには、彼への「連絡頻度を減らす」「返信を遅くする」ことも大切です。
「電話やLINEは自分から」というパターンが多いなら、彼から連絡が来るまで待ちましょう

いつも来るはずの彼女からのLINEが来ないと、男性は「あれ?どうしたんだろう」と彼女のことが心配になり「何かあった?」と送ってしまうもの。
また彼からLINEが来ても、あえて返信を送らせて彼をヤキモキさせることも、「重い女に思われない女性」に効果的です。

対策④:他の人とも交流する

重い女にならないためには、彼以外の人ともコミュニケーションを取ることも大事。
いろいろな人と話をすることで、人にはそれぞれの考え方があることを理解できるようになります。

長年連れ添った仲睦まじい夫婦でも、また幼なじみの大親友でも、二人が全く同じ価値観を持っていることはほぼありません。
自分とは違う意見に触れると、新しい発見をしたり刺激を受けたりすることができるため、女性としての魅力や成長につながるのです。

対策⑤:先のことを考えすぎない

彼との将来は気になりますが、あまり先のことばかりを考えると重い恋愛になりやすいようです。
それよりも、二人の今を楽しんで絆を深めることを意識しましょう。

そうすることで、彼も「ずっとこの子と一緒にいたいな」と思ってくれるはずです。

<下に続く>

重い女が好きな男性もいる?

重い女が好きな男性

重い女が好きな男性には、主に「母性を強く求める」「自分が必要とされることに弱い」の2つのタイプが挙げられます。
男性はもともと甘えん坊な部分を持っているので、母親のような愛情を「うっとうしい」としながらも、どこかでそれを心地いいと感じているよう。

一方で、男性は自分を必要としてくれる女性に惹かれる傾向があります。
真剣に自分だけを求めてくれる重い女を見ると、「彼女には俺しかいない」と思う場合もあるのです。

いずれにしても、重い女から離れられない男性がいることは事実と言えるでしょう。

<下に続く>

重い女の特徴!重い女にならないための方法とは?のまとめ

重い女から卒業した女性

重い女は、彼が自分から離れていくことを異常に恐れるあまり、「彼に依存してしまう」という特徴があります。
自分の「重い」と思われている部分を自覚することが、重い女から卒業する第一歩。

彼を信用し、自分のことも大切にすることで、お互いにとってかけがえのないパートナーになれそうですね。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line