Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2018/10/29

37歳女性は結婚できる?婚活方法と結婚できない独身女性の特徴

結婚するかしないか人生の選択に迷う37歳女性は多いものです。
交際相手が途切れなかったのに、最近、候補になる男性との出会いが激減…そんな37歳独身女性は「このままじゃ結婚はないかも」と不安になってきます。
気になる37歳女性が結婚できる確率と、結婚に向けて大切にしたいことを解説をしていきます。

Large beautiful bouquet bridal 313707

世間から見た37歳女性のイメージとは

結婚できない37歳女性

37歳独身女性の【いいイメージ】

  • 仕事ができる大人の女
  • 余裕があって自立している
  • 自分のライフスタイルが確立していて自信を感じる

37歳と言えば生き方の方向性がある程度決まってきます。
仕事を頑張ってきた人はキャリアを確立していて、仕事にも自分磨きにも抜かりない毎日を送っている…。

そんな女性は、20代とは違った輝き方でキラキラとしているイメージがあります。

37歳女性の【悪いイメージ】

  • 性格に問題があるなど独身の理由がありそう
  • 37歳まで独身って自分を優先させる生き方をしてきたのでは?
  • おばさん臭くなって女性の魅力は感じない。若づくりするとイタイ
  • 出産のタイムリミットが近づいている

37歳女性で独身だと、なぜその年令になるまで結婚しなかったのだろうという目を向けられます。

仕事に夢中になっていたので気づいたら37歳だったという人もいますが、独身なのは結婚できない理由があるのでは?と勘ぐられてしまいます。

ただ年齢的に、女性としての魅力が失われオバサン化していることもあります。自分に構わなくなるため外見が劣化し、図々しさが増します。

オバサン化を避けようと努力している場合でも、バランスが悪いとイタイと言われるので注意が必要です。

<下に続く>

37歳独身女性の恋愛事情

37歳女性の恋愛事情

結婚につながる恋愛がしたいと考えるものの、思っているような条件の男性との出会いの場がないと感じる37歳独身女性は多いものです。

職場の同期以上は既婚者が増えていますし、年下男性からは”高嶺(たかね)の花”とみられて恋愛対象から外されてしまうことが多くなります。その結果、身近に付き合いたいと思う相手がいません。

また、合コンやバーラウンジでの出会いでは、軽い付き合いを期待してやってくる男性が多く、なかなか真剣交際に進展しません。

37歳独身女性では、自然な恋愛結婚が難しいのかなあと考えるようになります。

最近では、婚活パーティーや結婚紹介所に登録して結婚相手を探す人が増えてきます。

それぞれ理想はあるけれど、プロにマッチングしてもらったほうが結婚に結びつきやすいと期待する37歳独身女性が増えているのです。

<下に続く>

37歳の女性が結婚できる確率は?

37歳女性が結婚できる確率

国勢調査の結果では、37歳独身女性が5年間で結婚する確率はおよそ15%です。
2~3%の極端な数字は38歳以上のケースが含まれていないので実情に近いのは15%でしょう。

初婚の年齢そのものが高くなっていますが35歳を過ぎた出産は、体力的にも負担が大きく、高齢出産として扱われます。

また、結婚紹介所に登録しても、アラフィフ男性からの申込みばかり、バツイチ子連れなど自分の考える条件と食い違うケースも多く、「37歳独身女性の結婚できる確率が高くない」というのは本当です。

<下に続く>

男性から見た37歳と結婚するメリット

37歳女性との結婚を悩む男性

では、37歳と結婚するのにはどのようなメリットがあるのでしょう。
37歳と結婚するのには、以下のメリットがあります。

  1. 交際は結婚前提だとはっきりしている
  2. 経済的にも自立している女性が多い
  3. しっかりリードしてもらえることが多い
  4. 人生経験があるので気づかいができる女性が多い
  5. 相手の両親に感謝されることが多い

続いて、それぞれのメリットを詳しくみていきます。

メリット①:交際は結婚前提だとはっきりしている

結婚相手としてどうなのかという面をみて結婚を決断しているので、結婚が決まればトントン拍子に話が進みます。

早いうちに妊娠出産する覚悟ができているので、家庭生活が充実しやすいでしょう。

メリット②:経済的に自立している女性が多い

37歳まで仕事を続けてきた場合が多いので、精神的にも経済的にも自立しています。

生活費・教育費にもゆとりがあるので、余裕をもって子育てが進められるでしょう。

メリット③:しっかりリードしてもらえることが多い

37歳女性との結婚では、男性が年下になるケースがあります。上手にリードしてくれるしっかり者の奥さんになるでしょう。
男性からするとグイグイ引っ張るだけでなく、時に甘えさせてくれる余裕が魅力にうつりそうです。

メリット④:人生経験があるので気づかいができる女性が多い

20代のときにわがままだった女性も、人生経験を積むことで、思いやりや気づかいが上手になります。

男性のプライドを傷つけないようにしながら、夫婦関係を育てて行くのが上手な女性が多いでしょう。

メリット⑤:相手の両親に感謝されることが多い

女性側の両親に結婚を申し込みに行くのは男性にとって大変プレッシャーがかかります。

しかし、最後のチャンスとも言える37歳女性の場合には、誠実な態度で結婚を申し込んでくれる男性に感謝の気持ちが湧いてくるものです。

その後の結婚生活でも、協力してもらえる良い関係が築けるでしょう。

<下に続く>

結婚したい37歳女性がやるべき婚活

やるべきことを考える37歳女性

では、37歳女性が結婚する方法をみていきましょう。

  1. 結婚前提の出会いの場に積極的に参加する
  2. 相手が自分に望むことを思いやる
  3. 自分の条件や価値観を押し付けない
  4. 今まで結婚できなかった自分に向き合う

続いて、37歳女性が結婚する方法を、それぞれ詳しくみていきます。

方法①:結婚前提の出会いの場に積極的に参加する

人との出会いがなければ交友関係が広がりませんし、結婚相手も現れません。結婚相談所に登録する、お見合いバスツアーに参加するなど、イベントを増やし、たくさんの人と会って話をしましょう。

方法②:相手が自分に望むことを思いやる

お見合いは、一方的に合否を決めるものではありません。相手が自分に求めるものと、自分が相手に求めるもののが釣り合ってお互いにメリットを感じるから交際が成立するのです。

一方的に高スペックを掲げて、相手の男性を自分のレベルに達していないと言い放つ女性は、人間性が疑われます。

方法③:自分の条件や価値観を押し付けない

自分のライフスタイルが出来上がってしまっていて、相手に合わせるのが苦手な37歳は、男性にドン引きされることがあります。

相手の反応をよく見て、お互いにすり合わせができる関係が築けそうだとお互いが感じることができれば、結婚の決断がしやすいでしょう。

方法④:今まで結婚できなかった自分に向き合う

自然な出会いで結ばれることを期待していた場合、「ありのままの自分を受け入れてくれる人」を期待していたことが結婚のチャンスを奪ってきたかもしれません。

おしゃれに無頓着、年齢より老けている、ズボラ、気遣いが足りない、連絡の頻度が相手のペースに合わない…。
思い当たることがあればちょっと意識してみましょう。

<下に続く>

37歳女性の見た目は努力次第!外見のために努力したいこと

37歳女性の魅力をアップさせたい

では、37歳女性が見た目のためにがんばるべきことをみていきましょう。
37歳女性が見た目のためにがんばるべきことには、以下のものがあります。

  1. スキンケアやメイクに手を抜かない
  2. 運動でボディラインを整える
  3. ハツラツとした動作と笑顔
  4. 37歳の自分らしい方向性を踏まえた努力

続いて、37歳女性が見た目のためにがんばるべきことを、それぞれ詳しくみていきます。

方法①:スキンケアやメイクに手を抜かない

肌のハリや透明感、目の下のクマやたるみは、年齢を感じさせるポイントです。スキンケアやメイクに手を抜くと、こうしたポイントが老け顔の印象を与えてしまいます。

方法②:運動でボディラインを整える 

年齢とともにヒップやバストが下がりやすくなります。燃焼が悪くなって太りやすくなる人も多いですから、気がついたら小太りのおばちゃん体型になっていたということがあります。

ジムに行く、スイミングやウォーキングで健康的で引き締まったボディラインを維持する努力をしましょう。

方法③:ハツラツとした動作と笑顔

つい口をついて出る「よいしょ」、背中が丸い、ちょこちょこ歩きでお年寄りのような動作になっていませんか?姿勢や動作で老けて見えることがあります。

また、広角のあがった優しい笑顔は、好感度がアップします。ちょっと疲れているようにみられやすいなら、チェックしてみましょう。

方法④:37歳の自分らしい方向性を踏まえた努力

美魔女がブームになったことがありますが、婚活のためには、ただ、若く見えればよいというものではありません。

結婚相手として選ぶなら、美人でスタイルが良い美魔女より、魔女風味の高くないキレイな人がよいと考えるのではないでしょうか。

努力の方向を間違えるとイタイ37歳になってしまうので注意が必要です。

<下に続く>

モテない37歳独身女性の特徴

モテない37歳女性

では、モテない37歳独身女性にはどのような特徴があるのでしょう。
モテない37歳独身女性には、以下の特徴があります。

  1. 見た目が老けている
  2. 物の言い方が傲慢(ごうまん)
  3. 愚痴っぽい
  4. 表情が暗くて反応が薄い
  5. 話題があわない
  6. くだらないことに負けず嫌いを発揮する
  7. 「私って〇〇な人だから」とよく言う
  8. 皮肉っぽい言い回しをすることが多い
  9. 相手に興味が薄い態度を取りがち
  10. 甘え上手になれない

続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。

特徴①:見た目が老けている

華やかさが無くぱっとしない、首筋やほうれい線に年齢サインを感じるなど、年相応以上に疲弊した印象では女性としての魅力ゼロです。

若づくりし過ぎもイタイですが、身だしなみ程度には美容やファッションに気を使いたいものです。
37歳の落ち着きや余裕が、魅力として伝わる自分へのケアが大事です。

特徴②:物の言い方が傲慢(ごうまん)

自分のことを棚に上げて、高いスペックを男性に求める女性は、話し方にもその傲慢さが現れてしまいます。

理想の男性を年収、身長、学歴などのデータでみているのでマッチする男性がそのものが希少です。

年収600万円の人は5%ほどしかいませんし、身長175センチを超える成人男性は31%程度です。

特徴③:愚痴っぽい

頑張っているのに認められない、自分はついてないなどネガティブな話題ばかりだと一緒にいて楽しくありませんし、陰口好きだと思われて距離を置かれます。

37歳で独身だと、つい、自分の不遇を嘆いて相手の注意をひこうとする心理がはたらいて愚痴っぽさが重症化する傾向があります。
愚痴ばかりだとメンヘラ扱いされて、男運は逃げてしまいます。

特徴④:表情が暗くて反応が薄い

目の動きが乏しく輝きが感じられない、口角が下がっている、うつむき加減で目を合わせないなど、表情や感情が伝わらないタイプは、異性としての対象外です。

相手に気持ちが伝わりにくいので、気持ちを理解されにくく、扱いにくいという印象を与えてしまいます。

特徴⑤:話題があわない

自分の世界に執着が強く、相手の話題を広げて会話を楽しむスキルが低い場合があります。

自分のことを話すのは得意なのに、人の話に耳を傾けられないので話題が合わない、会話が楽しくないという印象を持たれてしまいます。

特徴⑥:くだらないことに負けず嫌いを発揮する

若い女性と張り合って相手の揚げ足を取る、妙にライバル心を燃やす人はめんどくさいと思われてしまうでしょう。注目されたい、中心でありたいという行動にイタさが感じられる人はモテません。

特徴⑦:「私って〇〇な人だから」とよく言う

個性を持っていることをカッコいいと思っているような発言です。
価値観に固執してものの見方が狭い=付き合いにくいと思われて仕方ありません。

ちょっと変わっていても、魅力的な個性があると受け入れられる女性は、わざわざ変人自慢はせずにいるものです。

特徴⑧:皮肉っぽい言い回しをすることが多い

人の弱点をいじってしまう、後味の悪い自虐ネタが多い人は、対応が難しく距離を置かれます。本人はうまく会話をリードしているつもりが、おかしな空気になることが多いからです。

思いやりが足りない、空気が読めない人という印象を持たれるので、敬遠されますし、付き合っても交際が長続きしません。

特徴⑨:相手に興味が薄い態度を取りがち

照れ屋さんな場合もありますが、人と目を合わせられない、笑顔がすくない人は、相手から興味がないのだと思われやすいものです。

話しかけにくい、何を考えているのかわかりにくいという印象を与えているので、関係が深まりにくく恋愛に発展しない、付き合っても長続きしないことが多くモテないのです。

特徴⑩:甘え上手になれない

結婚は特別な人間関係を育てていくものです。
べったり相手に依存してもうざがられますが、あまりに自己完結型なのも関係が深まりません。

今まで重いことを理由に交際が終了してきたという人は、依存型恋愛に陥ってきたのかもしれません。

また、君は一人でもいきていけるタイプだと言われたことがあるなら、頼りにしてほしいと相手が思っている時にも意地を張っていた、相手が拠り所を求めている時に冷たい態度だったのではないでしょうか。

<下に続く>

【おまけ】37歳女性の日常あるある

37歳女性の日常あるあるl

では、37歳女性のあるあるをみていきましょう。
37歳女性には、以下のあるあるがあります。

  1. 直接結婚ネタを振られることが減ってきた
  2. さえない人が結婚していることに心が削られる
  3. 無駄に貯金が増えていく
  4. 恋愛に浮かれている若い女子に意地悪してしまう
  5. 自由な生活を楽しんでいるアピールをしてしまう
  6. 恋愛対象のスペックに妥協できない
  7. 恋愛ニーズの低下に気づけなかった
  8. ジャニーズ好きでロマンチスト
  9. 「猫好き」など愛情を注ぐ対象がペット
  10. 不安や気持ちのざわつきがたまらないことがある

それぞれの「あるある」について詳しくみていきましょう。

あるある①:直接結婚ネタを振られることが減ってきた

35歳の頃はいつになったら結婚するのと周囲からプレッシャー発言が多かったのに、37歳になるとむしろ気を使われることが増えてきます。

プロポーズされた、結婚報告をいつにしようなど、後輩も結婚の話題は37歳独身女性がいないところでするようになります。

親や親戚など親族だけが、最後のチャンスだとばかりに「結婚する気はあるの?」とプレッシャーをかけてきたり、代理婚活されるケースも出てきます。

あるある②:さえない人が結婚していることに心が削られる

自分の中ではないわと思うようなルックスの男性の左薬指に結婚指輪が光っているのをみるたびに、独身37歳女性はこころを削られます。

見た目が標準以上で経済力もある自分が、望んでいるような結婚ができていないことに気持ちが落ち込むのです。

若い頃にモテた経験を持つ人は自分の存在価値が大きく揺らぐような感覚に見舞われ、年齢が結婚相手としてのスペックを大きく下げていることに向き合おうとしません。

あるある③:貯金や資産運用に励んでしまう

このまま一人かもしれないと不安に思ったとき、頼りになるのはお金だと考える37歳独身女性は多いものです。

しかも、仕事に打ち込んでいる場合には年収も良くなっているので貯蓄しやすく、結婚資金以上の額に達している人や、マンション購入に踏み切る人もいるほどです。

ただ、貯蓄が大きくなっても、孤独や不安が消えないケースもあります。

あるある④:恋愛に浮かれている若い女子に意地悪してしまう

自分が手に入らないものを簡単に楽しんでいる人をみて嫉妬心を持たない人はいません。

幸せそうなアラサーより若いカップル、彼氏持ちの女子をみると、知らない間に心の中でダメ出しをするようになってしまいます。

職場では仕事のできない後輩女子をいじめて、お局と呼ばれるようになることが多く、女子としてこじれてしまうかも。

あるある⑤:自由な生活を楽しんでいるアピールをしてしまう

独身女子の特権といえば、家族に縛られない自由な生活。
インスタにちょっと贅沢なお取り寄せ、旅行でのおしゃれなショット、楽しげなパーティーなどをアップして充実ぶりをアピールします。

結婚していないからこそ手に入る幸せがあるといいたげなインスタも、角度を変えるとちょっとイタいと感じさせてしまうかもしれません。

あるある⑥:恋愛対象のスペックに妥協できない

もっと良い人が現れるかもしれないと期待して新しい恋愛を繰り返して来た若い頃モテていた37歳独身女性もいるでしょう。

モテていた女性は、見た目や年収、職種で選別しても交際希望者が途絶えることがないので、恋愛対象のスペックに厳しい持論を持っていることが多いのです。

あるある⑦:恋愛ニーズの低下に気づけなかった

恋愛適齢期がクリスマスケーキに例えて、25までだなんていわれた時代がありました。

ヒトという生き物として、出産・子育てをするには20代前半から高齢出産になる35歳以前が適齢期で、女性らしい肉体的な魅力を増すエストロゲンも豊富です。

37歳はこの適齢期を過ぎているので、結婚相手としてニーズが低下してきます。

しかし、経験値が高くなっているので目が肥えて、理想の条件をレベルダウンさせることができない37歳女性が多く、ますます選択肢が狭められる負のスパイラルが発生します。

あるある⑧:ジャニーズ好きでロマンチスト

もともと恋愛は見た目からスタートして、長続きしないことが多かった人は、アイドル好きでロマンチストが多い傾向があります。

自分の想像どおりの王子さまとの恋愛を楽しむ、自分の妄想をかなえる恋愛を望んでいるのです。

人間性や内面を理解し合う段階に恋愛が進むのをきっかけに別れてしまうことが多く、目の保養になるアイドルや芸能人を相手に妄想を膨らませて満足しようとするので、恋愛が結婚に結びつきません。

あるある⑨:「猫好き」など愛情を注ぐ対象がペット

リアルな人間関係よりも、気持ちが安らぐのは猫などペットという37歳女性は多いものです。

見た目がかわいいですし、思いもよらないリアクションに、生きものとしていとおしさが感じられます。

人間相手よりも、自分の気持ちや都合を優先しても気を使わずに素でられるという人も多く、37歳でペット好きはたくさんいます。

あるある⑩:不安や気持ちのざわつきがたまらないことがある

将来を考えたとき、結婚して出産するかという選択期限が迫っているのが37歳です。

37歳独身で結婚したい場合には、今までと違ったアプローチをしなければ結婚できる確率は15%より低くなるでしょう。
これから先の人生に不安を感じてブルーになることがあります。

<下に続く>

37歳独身女性の結婚へのアクションまとめ

37歳独身女性の結婚へのアクション

  • 結婚を望むなら考え方や努力の方向を見直す
  • 婚活では相手のスペックより人間性を重視する
  • 与えてもらうだけでなく与えられる存在になる謙虚さが大事

37歳独身女性が結婚できる方法はないか気になっているのなら、客観的に見た自分と向き合いましょう。

はじめから自分の都合に100%フィットする相手を探すのは難しいですし、イケメンや高年収でもDV夫や浮気、気持ちのすれ違いが続くのは幸せな結婚と言えません。

お互いに歩み寄って必要とされあい愛し合うパートナーシップを育める相手を条件に婚活したほうが結婚できる確率、幸福度がともに高い結婚になるでしょう。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line