Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/06/25

短気は損気!短気な人の特徴と心理&気が短い性格を治す4つの方法

あなたの周囲に短気な人物はいますか?
親や友人、彼氏またはあなたが短気な人物かもしれません。

短気な人はマイナスなイメージが根強いですが、「短気は損気」ということわざ通り、果たして本当に短気な人は損をするのでしょうか。
今回は短気な人の特徴や心理状態、短気を治す方法を詳しくご紹介していきます。

短気な人との接し方も紹介しているので、今後の参考にしてくださいね。

Large gabriel matula 300398 unsplash

短気の意味とは?

短気の意味

短気とは忍耐力がなく、すぐにイライラしてしまいキレやすい様や性格を表すワードです。
短気は主に性格のウイークポイントとして用いられるケースで使用されています。

また、短気と酷似した「気が短い」というワードは、意味も忍耐力が脆弱で感情的になるという意味があり、このことから短気も気が短いもほぼ同じ意味を持つと認識できます。

<下に続く>

短気は損気の意味

短気は損気

日本のことわざに「短気は損気」ということわざが存在しています。
「短気は損気」ということわざは、短気な人は些細なことでもイラつき感情的になるため、結果的に損をするという意味合いで使用されています。

また、「短気」と「損気」の音の響きが似ていることから、語呂合わせのことわざとしても有名です。
主に短気な人を諫めるために使用されますが、稀に自分を戒めるため言い聞かせるように使用する人もいるようです。

<下に続く>

短気な人の特徴

短気の特徴

あなたの近くにいる短気な人はどんな人物でしょうか?
短気な人の特徴と照らし合わせてみてください。

  1. 自尊心が高い
  2. 実はビビり
  3. 神経質で生真面目
  4. 理想が高すぎる
  5. 時間に厳しい

特徴①:自尊心が高い

短気な人は自尊心が高い面が見られます。
他者との会話の中で、ほんの僅かでも自尊心が傷付けられたと感じてしまうと、キレたりイラつきを隠しません。

自尊心を保守するため必死になり過ぎるが故に、周りが見えなくなり他者にキレてしまいます。
こういった自尊心が高い短気なタイプは、心のどこかで「目には目を、歯には歯を」と考えている人が多いようです。

特徴②:実はビビり

イラつきやすくキレやすい短気な人ですが、実はビビりでもあります。
短気な人こそ、常日頃から自尊心にこだわり守りたいと警戒心を強く抱いていることが多いのです。

そのため、ほんの僅かでも自らを傷つける可能性があるものには即リアクションし、徹底排除する構えを崩しません。
ビビりだからこそ、やられる前に仕留めてしまわないと反撃ができないと分かっています。

相手から先手を打たれたり、予想外に反撃されてしまうと意気消沈し、大人しくなるのもこのタイプの短気な人物でしょう。

特徴③:神経質で生真面目

デリケートで生真面目な人も短気な人物ではないでしょうか。
生真面目な人は真面目過ぎてしまうため四角四面な性格で、その枠から飛び出す物事や人物を許容できません

また、神経質なため自らの常識から少しでも逸脱した振る舞いは気になってしまい、気にし過ぎてキレることもあるようです。
神経質と生真面目の二つの性格がなお、短気に拍車をかけてしまうのでしょう。

特徴④:理想が高すぎる

理想を持つことはモチベーションを上げたり保つためにも必要ですが、短気な人物ほど掲げる理想は高すぎるようです。
自らに見向けられる理想が高い分には構いませんが、他者にもその高い理想を押し付けがちです。

そもそも自尊心が高いため、自らの周囲の人物は理想通りの人物でなければ気が済みません
そのため、他者が意に沿わない振る舞いをしてしまうと、気に入らずイラついたりキレたりしてしまいます。

特徴⑤:時間に厳しい

短気な人は時間に厳しいところが見られます。
待ち合わせした場合、短気な人は当然早めに家を出て、誰よりも早く時間前に集合場所へ到着しますが、それを相手にも求めています。

また、ビジネスシーンでも自らの想定タイム内にビジネスが終えられない人物に対して何故、もっと早く終わらせれないのかとキレ始めることもあるようです。
時間に厳しいために他者のペースに対する理解・配慮が足りないのです。

<下に続く>

短気な人の心理

短気の心理

短気な人は何故、キレやすくイライラしやすいのでしょうか。
短気な人の心理を探りましょう。

  1. メンタルがアンバランス
  2. シビアで神経質
  3. 気が弱い
  4. 判断基準が損得勘定
  5. 自尊心が高過ぎる

心理①:メンタルがアンバランス

短気な人はメンタルが非常にアンバランスです。
自分にも他人にも要求が多く厳しいため、思い通りにいかないとメンタルにストレスが掛かり感情を爆発させてしまいますが、キレてしまったことを後に後悔し凹んでしまいます。

感情の起伏が激しすぎてコントロールができず、短気な人自身、自らの感情に踊らされ疲弊しています。
高すぎる理想についていけない事への焦り、上手く事が運ばない事へにイラつき、他者へ怒りをぶつけた後悔とそれに対する評価の下落に恐怖する。

短気だからこそ、一日のメンタルサイクルがこんな感じでリピートするため、メンタルは疲れ果ててしまいさらに悪循環を起こしてしまうのです。

心理②:シビアで神経質

スケジュール通りに運ばなかった物事を「仕方ない」と受け入れることが短気な人物にはできません。
シビアで神経質なため、自らが納得できるまで何度もやり直さないと気が済まないのです。

短気な人は自分にも厳しい反面、他者にも厳しく、自らこなせることは他者も当然こなせるものと思っています。
そのため、こなせない人物を見ると努力不足ややる気がない人物と決めつける悪い癖が露呈します。

また、常識やルールを守る意識も高いため、それから逸脱した人物は許すことができなく、徹底追及することもあるようです。

心理③:気が弱い

短気な人は外面は些細なことでイラつきキレやすいですが、内面は非常にデリケートで傷つきやすく気が弱いのです。
キレてしまった後は人目に付かないところや家に帰ってから後悔と自己嫌悪に陥ります。

キレやすい自分を変えたい、もっとゆったりとした心構えを持ちたいと感じつつも、メンタルがアンバランス故に結局、感情コントロールが上手くいかず同じことを繰り返します。
短気な人が一番、短気さに悩まされているのかもしれません。

心理④:判断基準が損得勘定

短気な人物には物事を自分にとってメリットかデメリットかで判断する面が見受けられます。
そもそも短気な人物は自尊心が高いため、自らのデメリットになる物事を許せる性質ではありません

メリットになることしか受け入れたくないのです。
損得勘定自体は理性的なのに、デメリットだと判断した途端、理性は崩壊し怒りに任せた振る舞いをしてしまいます。

心理⑤:自尊心が高過ぎる

自尊心が非常に高い傾向が短気な人物には見られます。
自己への理想が高く、理想像が否定されたり崩されかねない物事は断固として拒否します。

他者との会話でも馬鹿にされたり見下された感じると、過剰反応してしまい、何倍返しで攻撃するのです。
例え、ジョークだったとしても理想像を崩す可能性のある人物は敵とみなし一切、関わりを断っていきます。

そのため、交友関係は非常に狭いものです。

<下に続く>

短気な人の長所

短気の長所

短気な人でも長所は必ず存在します。
長所を知っていきましょう。

  1. トラブル解決能力に優れている
  2. ストイック
  3. 信念がある

長所①:トラブル解決能力に優れている

怒りの感情は非生産的なものと思われることが多いですが、実は怒りは強大なエネルギーになり得ます。
短気な人は物事や人に対し些細なことでキレやすいですが、キレているポイントはその物事が上手く運ばなかった「問題点」に対してです。

そもそも、短気な人は損を被るのが許せない性格のため、トラブルが起きたら解決に向けて迅速に行動するのは当然の振る舞いです。
だからこそ、トラブル解決能力は優れていき、フットワークも軽くなっていくのでしょう。

長所②:ストイック

短気な人は自己理想も非常に高いため、理想に近づくための努力は惜しまないストイックな傾向が見られます。
今の自分に満足することも驕ることもなく、さらに高まろうと向上心も強く育っているようです。

そのため、昨日の自分より今日の自分が完璧でなくては気が済まないのです。
そのストイックさが周囲への手本となるときもあるでしょう。

長所③:信念がある

短気な人には信念があります。
その信念は常識やルールを守る、道徳観念です。

自らの道徳的基準ではあるものの、間違ったことには間違っていると堂々と異を唱え、正しいことには賞賛を称えています。
正義感強いとも言えるかもしれません。

<下に続く>

短気な人の短所

短気の短所

短気な人は長所もあれば短所もあります。
短所と呼ばれるポイントを見ていきましょう。

  1. キレやすい人にキレている
  2. 自己中心的
  3. 卑屈っぽい

短所①:キレやすい人にキレている

短気な人は一見、誰にでもキレているように見られがちですが、実はキレやすい相手にだけキレています。
キレても反撃しなさそうな人物を本能的に見分け、ありったけの怒りを相手にぶつけます。

しかし、キレたことに対して反撃しそうな人物には決してキレることはしません
元々、短気な人は気が弱い傾向があるので反撃されてしまうと立ち直れなくなるからです。

そのため、短気な人は人によって態度をころころ変える人物だと認識され、敬遠されるのです。

短所②:自己中心的

自己中心的な人物だと他者から思われているようです。
短気な人は、独自ルールがあり、それを他者にも強要しがちです。

そのルールから少しでも逸脱すると、理由も聞かずに烈火のごとくキレるため、他者から自己中心的と判断されてしまいます。
短気な人の判断基準が損得勘定で自らのメリットになる物事しか受け入れないのも、自己中心的と呼ばれる所以でしょう。

自己中心的な考えを改めないと、友人よりも敵のほうが上回りますよ。

短所③:卑屈っぽい

短気な人は自己理想が高すぎるため、他者よりも優れていないと気が済まない性質があります。
そのため、他者の幸せを心から祝福することができません。

幸せな他者と自らを比較して自己嫌悪に陥り、やがて劣等感を抱き始めます
人の幸せを妬み、何かと対抗したり嫌味を言ったりと突っかかるため、他者からは卑屈っぽいと嫌な人物と認識され、距離を置かれてしまうのです。

<下に続く>

短気な性格を治す方法

短気を治す

短気な性格は意識することで改善することができます。
短気な性格の治し方を覚えていきましょう。

  1. アンガーマネジメント
  2. 期待しない
  3. 比較しない
  4. 食生活を見直す

方法①:アンガーマネジメント

短気を治したい人はアンガーマネジメントを試してみましょう。
アンガーマネジメントとは怒りの感情をコントロールする手法のことです。

怒りの感情にはピークが存在し、怒りは感じてから6秒でピークに達すると言われております。
そのため、怒りを覚えてから心の中で6秒数えるクセを身に付けてください。

6秒数え怒りのピークを越してからアクションを起こした方が怒りに振舞わされることがないので、他者にキレるのを防ぐことができます。

方法②:期待しない

短気な人は自己だけではなく他者に対する理想が高く、相手に期待を持ち過ぎです。
他者に期待しているのに、理想に届かないことに怒りを覚えるのですから、期待する気持ちは捨ててください。

どんな結果になろうとも、「こういうことは起きる」「こんな人もいる」と自らに言い聞かせましょう。
言い聞かせるうちに他者への理想も自然と下がって行くはずです。

他者に過剰に期待を持たないことがイライラを遠ざけてくれるでしょう。

方法③:比較しない

短気を治したいのなら自らと他者を比較することをやめましょう。
短気な人は比較することで劣等感や嫉妬を抱き、それが怒りに変化しやすい性質です。

自らと他者を比較したところで考え方も違えば、性格も生活環境も異なるのが普通です。
自分は自分、他者は他者という考えを持つようにしないと、短気は収まるどころか悪化してしまいます。

人はそれぞれが素晴らしいところを持っているので、それに気づくことができれば劣等感なんて忘れられるはずです。

方法④:食生活を見直す

短気を治す方法に食生活改善があります。
食べ物は人間の性格や思考に影響が与えるため、食生活の見直しは有効な手段とも言えます。

短気な人はメンタルのアンバランスが原因なため、メンタルを向上させる野菜や果物を意識して摂取するようにしてください。
また、良質なたんぱく質を摂取することで幸せホルモン「セロトニン」も分泌されやすくなり、イライラを緩和してくれます。

食生活を改善してみると、いつもより怒りを感じにくくなるかもしれませんよ。

<下に続く>

短気な人との上手な付き合い方

短気との付き合い方

短気な人とのコミュニケーションはいつ爆発するか分からない爆弾のようで難しいと感じる人も少なくないでしょう。
短気な人とのコミュニケーションのコツを紹介していきます。

  1. 地雷ポイントを見極める
  2. 短気な人だと認める
  3. シンパシーを持ってみる
  4. 長所に注目する
  5. スルーする

付き合い方①:地雷ポイントを見極める

短気な人と上手くコミュニケーションを取るためには、キレる原因となる「地雷ポイント」を見極めましょう。
主に短気な人は、自尊心を刺激する話題に敏感です。

そのため自尊心を傷つけたり否定するような言葉は使わないように心がけ、できれば話題を逸らしてあげるのが有効的です。
短気な人もイラついたりキレたりしなければ、普通の人と何ら変わりはありません。

地雷ポイントを正確に見極めれば円滑なコミュニケーションが取れるのです。

付き合い方②:短気な人だと認める

短気な人との付き合いの中で大切なことは、短気な人を認めることかもしれません。
些細なことで急にキレる人に対して不快な気分になるのはもっともですが、「この人はキレやすい、短気な人だ」と認めることで、短気も個性として受け入れやすくなります。

短気な人に対して嫌悪感を抱いてしまうと、そういった負の感情は相手にも伝わり、余計に火に油を注ぎかねません。
ですが、キレても変わらずコミュニケーションを取るように心がければ、短気な人もむやみやたらにキレなくなり、コミュニケーションが楽になっていくはずです。

他者を変えないと思うのではなく、自らの心構えを変えることで相手もまた歩み寄るのです。

付き合い方③:シンパシーを持ってみる

理想と自尊心が高く、それに付いていけない自らの不安や焦りがメンタルを追い詰め、キレやすくなるのが短気な人です。
メンタルがアンバランスで心が弱いからこそ、怒りで弱さから目を背けようとしてしまいます。

もし、短気な人にキレられたら怒りにシンパシーを持ってみるのも方法の一つです。
怒りや悲しみの感情はシンパシーを抱かれることで自然と軽くなるものです。

同じ思いを抱えているのは一人じゃないと分かることで、心の重荷が軽くなっていくのでしょう。
短気な人の感情に寄り添ってみてくださいね。

付き合い方④:長所に注目する

付き合いづらい短気な人でも長所が必ずあります
キレやすいからと避けるのではなく長所に注目してみましょう。

長所を見付けることで「キレやすい人」から「キレやすいけれど○○が素晴らしい人」と短気な人へのイメージが変化するはずです。
他者と接するときは短所ばかりに目が向きがちですが、苦手意識があるときこそ長所を探るクセを身に付けると良いかもしれません。

付き合い方⑤:スルーする

どんなコミュニケーションの方法を模索しても、短気な人と上手く付き合う自信がないのなら、スルーしてしまいましょう。
短気な人を無視するのではなく、キレ始めたら話を適当にスルーしてください。

怒り狂っている人にどんな対処をしても焼け石に水だったり、ますます炎上させることだってあります。
適当に「はいはい」と聞き流し、怒りを吐き出させてから話をした方が近道の場合もあるのです。

短気な人はキレた後に自己嫌悪に陥り反省し始めるので、むしろそちらの方が冷静な話し合いができるかもしれません。

<下に続く>

短気な人と相性が良い人の特徴

短気と相性が良いタイプ

キレやすい短気な人と相性が良い人物などいるのでしょうか。
相性が良い人の特徴を見ていきます。

特徴①:ゆったりとした性格

短気な人と相性が良いのはゆったりとした性格の人です。
一見、真逆のタイプですがお互いに足りないものを持っているため、意外とウマが合うようです。

短気な人はゆったりとした人のマイペースさにイライラしてしまうことも多いようですが、ゆったりとした人は決して自らのペースを崩しません
お互いがお互いのペースに飲み込まれないからこそ、一緒にいて居心地のいい相手となるのでしょう。

特徴②:控えめな性格

控えめな性格の人もまた、短気な人とは相性が良いようです。
控えめな人は自己顕示欲が低い分、物事を客観視する傾向があります。

そのため短気な人がキレた際、何が原因でキレたのか冷静に見極めることが可能なのでさりげなくコントロールすることが可能です。
短気な人がキレない話題や癇に障らない話し方などお手の物。

短気な人は自らの思い通りに事が運んでいると満足していますが実は、控えめな人に上手にコントロールされていることに気づいていないのです。

<下に続く>

短気な彼氏とのデートに向かないデートスポット

短気な彼氏と避けるべきスポット

あなたのパートナーが短気だった場合、避けたほうがいいデートスポットがあります。
どこを避けたほうがいいのか紹介していきます。

スポット①:遊園地などのテーマパーク

短気な彼氏と避けるべきスポット①

パートナーが短気の場合、遊園地などのテーマパークは避けたほうが無難です。
人気のテーマパークはアトラクションに乗るまでに並ぶことが前提です。

しかし、短気なパートナーは長時間並ぶことに耐えられる精神力を持ち合わせてはいません
イライラしたパートナーといるのはあなたも苦痛を感じてしまいます。

テーマパークは友達と訪れたほうが思いっきり楽しめますよ。

スポット②:人気の飲食店

短気な彼氏と避けるべきスポット②

雑誌やメディアで取り上げられたことのある人気の飲食店もおすすめしません。
飲食店に訪れるときはほとんどが空腹です。

空腹時はいつも以上にイライラしてしまいがちなのに、人気のお店とあってすんなり席に案内されることはなく、待ち時間のほうが長くなることがあります。
そんな状態でキレやすい彼がキレないことな絶対になく最悪の場合、密集した店内で他のお客さんとトラブルを起こすこともあるのです。

スポット③:車でしか行けないスポット

短気な彼氏と避けるべきスポット③

車でしか行けないスポットに短気な彼といくのも避けてください。
男性は特に運転時に人が変わる人は珍しくはなく、短気な彼がより短気になることだってあります。

道が渋滞している、前の車の運転が気に入らないなどイライラするはずです。
車という密室で八つ当たりされかねないので、遠出は避けてましょう。

スポット④:ショッピングモール

短気な彼氏と避けるべきスポット④

ショッピングモールデートはそのスポットだけで、ショッピングも食事も遊びも楽しめるので、メリット多いスポットです。
ですがその分、休日は混雑することが多く思うように行動できないこともあります。

人混みの中にいることでストレスを感じ、よりイライラしてしまう恐れもあるので、よほどの用事がない限りは短気なパートナーとは訪れないほうが良いでしょう。

スポット⑤:ライブなどのイベント会場

短気な彼氏と避けるべきスポット⑤

交際しているとライブなどのイベントを二人で楽しみたいと思うかもしれませんが、短気なパートナーには向いていません。
イベント会場に行くためには遠出することが多く、当然その道筋は混雑しています。

到着するまでにイライラが募り、さらに会場の人混みで思うように身動きが取れず、キレてしまいやすいのです。
また、食べ物や飲み物を購入するのにも待つ可能性が高いため、総合的に短気な人とはイベントには行かないほうが良いと判断できます。

<下に続く>

短気は治すべきデメリット

短気はデメリット

「短気は損気」ということわざ通り、短気であることは基本的にはデメリットしかありません
確かに短気な人にも長所はありますが、やはり気が短くキレやすいところばかりが目に入ってしまい、良いイメージは抱かれにくいものです。

しかし、短気は短気な人こそが一番、自覚しているため意識改革することで改善が見込めます。
短気を改善して、持ち前の長所を最大限に活かしていきましょう。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line