Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/06/12

ハブられる人の特徴と原因!ハブる側の心理に基づく対処法&NG行動

集団生活を基本とする人間社会には、「ハブられる人」が一定数存在します。
自分はそうならないと思っていても、気付くとハブられていたなんてこともあるのです。

ハブられる人にならないためにも、ハブられることについて知っておくといいでしょう。
この記事ではハブられる人の特徴と原因、ハブる側の心理に基づく対処法&NG行動をご紹介します!

Large photo 1494342645198 ff89d7c12b8d

「ハブられる」の意味とは?

ハブられる人

ハブられるとは「グループから除外されるような扱いを受けること」です。
簡単に言うと、自分が仲間はずれになってしまうということですね。

ハブられるは、「省かれる」という言葉から生まれた表現であり、不要なものを減らすことからきています。
つまり、ハブられるということは、その存在が不要なものとして認知されてしまったとも言えるのではないでしょうか。

そのため、不要なものとしてハブられたことをきっかけにいじめが始まることも少なくありません。
特にいじめを目的としてハブられる場合はいじめに該当すると言えることなんですよ。

たとえいじめをするつもりはなかったとしても、そこには悪意が隠れています。
悪意があるからこそハブるという考えが思い浮かぶと言えるかもしれませんね。

そうなると、やはりいじめと重なる部分があると言えるでしょう。

<下に続く>

ハブられる人の特徴

ハブられる特徴の人

それでは、ハブられる人の特徴をご紹介します。

  1. 空気が読めない
  2. 近寄りがたい
  3. すぐに怒鳴る
  4. 自分勝手
  5. 話が続かない
  6. 周囲と合わない
  7. 人に嫌われやすい
  8. 愚痴や陰口を言う
  9. 自分の話しかしない
  10. 不潔な見た目

以下で、ハブられる人の特徴を詳しくみていきましょう。

特徴①:空気が読めない

空気を読めるというのは、その場の雰囲気から適切な行動を取れるということではないでしょうか。
周囲が求めている行動や発言をすることで、自分の存在を好意的なものにできます。

その代わり、その逆のことばかりしていれば周囲から不要な存在と思われてしまうでしょう。
空気が読めない人は厄介者とされ、ハブられる人になってしまうのです。

特徴②:近寄りがたい

周囲の雰囲気ではなく、それぞれ人がまとう雰囲気に意識を向けてみてください。
どこか恐怖を感じさせたり、不安にさせたりするような雰囲気の人は少ないのではありませんか?

人がそばにいることを許さないような近寄りがたさは、社会において嫌われるものです。
ハブられる人は、社会で不適切だとされる行動をとってしまう人とも言えます。

特徴③:すぐに怒鳴る

怒りっぽい人は人よりも怒りに触れてしまうポイントが少なくありません。
そのため、些細なこともその人にとっては激しい怒りを呼び起こしてしまうきっかけになってしまうのです。

怒らないように気を遣って話せばいいと言っても、無駄に疲れてしまうだけですよね。
相手のご機嫌を取って疲労を溜めるくらいなら、その人から距離を置いた方がいいと考えるのは自然なことと言えます。

特徴④:自分勝手

協調性がなく、自分勝手に行動してしまう人もまたハブられる人になりやすい人です。
自分の都合しか考えられない人ほど、周囲から好感を得られません。

他人のことを考えられなければ、他人と上手な関係を築くことは難しいのは当然でしょう。
多大な迷惑をかけてしまう原因にもなりやすく、トラブルメーカーとして距離を置かれる場合もあります。

特徴⑤:話が続かない

よくキャッチボールと表現されるものが、会話というコミュニケーションです。
投げられたボールを受け止められなかったり、変な方向にボールを投げてしまうと会話が続きません。

話し相手もどうすればいいか分からなくなり、徐々に話さなくなってしまうでしょう。
こうした会話を上手にできないことがハブられる原因を呼びよせることもあります。

特徴⑥:周囲と合わない

出会った全ての人と必ずしも相性が合うわけではないことは誰でも分かることですよね。
相性が合わなければ自分が周囲に合わせることや、そこから離れるなどの対応をしなければなりません。

そういった対応をせず、ありのままの自分を受け容れて貰おうとすれば関係が悪くなるだけです。
ハブられる人は周囲と合わない、あるいは合わせられないという状況に翻弄されているとも言えます。

特徴⑦:人に嫌われやすい

独特の雰囲気やしゃべり方、好みなど、あらゆることから不思議と嫌われやすい人がいます。
人に嫌われやすい人は周囲と馴染めず、孤立しがちです。

こういうタイプは最初は馴染めても、後々にハブられることになってしまうことも少なくありません。
嫌われやすい理由を追及し、改善しなければハブられる人からの脱却は難しいままでしょう。

特徴⑧:愚痴や陰口を言う

ストレスと言うのはどこにでも発生し、気持ちを暗くしてしまうものですよね。
それを発散したいために愚痴を言ったり、八つ当たりで陰口を言ってしまうのでしょう。

最初は人といられても、途中からその行動が嫌悪されてハブられることになるのです。
そのため、ハブられる人は自分がどうしてハブられることになったのか理解できないこともあります。

特徴⑨:自分の話しかしない

会話というのは相手がいるという前提があって成立しています。
ところが、そのことを忘れてひたすら自分の話をし続けてしまうことも少なくありません。

相手の話を聞かず、ひたすら自分の話をされても相手は会話を楽しめませんよね。
自分以外のこともしっかりと考えられなければ、ハブられるのは当然のことなのです。

特徴⑩:不潔な見た目

服がしわだらけで、しみや汚れが目立つ上に悪臭がするなどの不潔さが目立つ人には不快感を覚えますよね。
そもそも、不潔さが激しい人の近くにいたくないと思うのは自然なことではないでしょうか。

そのため、自分がいいからと言って不潔さを改善しない人は、周囲からハブられることになります。
ある程度の清潔さを保つことは礼儀の一つともされているのは、好印象を守るためでもあるのです。

<下に続く>

ハブられる原因

ハブられる原因を考える女性

それでは、ハブられる原因をご紹介します。

  1. 空気が悪くなる
  2. 盛り上がらない
  3. 誤解されやすい
  4. 楽しいと思われない
  5. 仲を深められない

以下で、ハブられる原因を詳しくみていきましょう。

原因①:空気が悪くなる

ばらばらだった人たちが一つのグループを作りました。
それだけで、そのグループしか持っていない、特有の空気が生まれます。

その空気はそのグループの人たちがそれぞれ持っているものを重ね合わせて、安心感のために保たれているものです。
ところが、たった一人が何も考えず安心感を奪うような行動をすれば空気は悪くなりません。

空気が悪くなってしまう原因がその一人だと気づかれれば、「ハブってしまえ」とハブられるようになるでしょう。

原因②:盛り上がらない

どんな話をしても盛り上がらず、気まずいまま終わってしまう経験はありませんか?
そうした盛り上がらなさも、人からハブられる原因の一つです。

たとえ空気を壊さないとしても、プラスの状況にできない人とは一緒にいたいと思われません。
盛り上がらない人と一緒にいても楽しめないですし、最終的に「時間のムダ」だと思われればハブられるようになります。

原因③:誤解されやすい

本当はとても素敵な人であっても、誤解されやすいだけで周囲には「最悪な人」という印象を持たれてしまうのではないでしょうか。
そうした印象から本来の素敵な人という評価になるのはなかなか難しいことです。

そもそも誤解されやすいので、自分のやった良い行動すらも裏目に出る可能性が高くなります。
最終的にハブられるようなことしかしないと思われるため、孤立するようにもなってしまうでしょう。

原因④:楽しいと思われない

時間は限りがあるからこそ、一緒にいて楽しい人と一緒に過ごしたいと思うのは当たり前ですよね。
無理をして楽しくない人と一緒にいても時間がもったいないと思うのではないでしょうか。

そのため、最終的に「楽しいと思えない、一緒にいても仕方がない」とそう判断します。
つまり、ハブられる人は、一緒にいる人に必要とされなくなった人なのです。

原因⑤:仲を深められない

最初は仲良くなれそうだと思っても、実際過ごしても浅いままでむしろ険悪ということも少なくありません。
片方が拒んでいるのか、あるいはお互いに距離の詰め方が分からないのか理由はさまざまでしょう。

そのうち相手に一緒にいることが苦痛に思われることで、ハブられるようになります。
ハブられる人は仲が深められず、「切り捨てても問題ない」と思われてしまうのです。

<下に続く>

ハブる側の人の心理とは?

ハブられる前にいた仲間

それでは、ハブる側の人の心理をご紹介します。

  1. 気を遣うのが面倒
  2. 一緒にいたくない
  3. 好意的になれない
  4. いない方が楽しめる
  5. 不快になりたくない
  6. 性格的に合わない
  7. 話すと疲れる
  8. 周囲に嫌われたくない
  9. 理解ができない
  10. 都合が悪い

以下で、ハブる側の人の心理を詳しくみていきましょう。

心理①:気を遣うのが面倒

自分を苦しめた相手の心理は、ハブられることになった人には考えがたいかもしれませんね。
実際のところ、いじめが目的でない限り、最初から仲間から外すことを考えていたわけではないのではないでしょうか。

全員が馴染めるように、空気を壊さないように、楽しめるように…と色々な気を遣いながら頑張っていたと考える方が自然ですよね。
それを繰り返し続け、結果が出ないうちに疲れ果てて最後に選択してしまったというわけです。

心理②:一緒にいたくない

人の集まりというものは、集まりの数だけできた理由はそれぞれでしょう。
ところが、所属しているうちに、「あ、この人苦手だな」と感じる人が生まれることがあります。

一緒にいたくないという感情になれば、どうにかして対象の人を外す方法を考えてしまいますよね。
そして最終的にそれを実行したに過ぎないのです。

心理③:好意的になれない

一緒に過ごしても好意的になれず、嫌悪感しか持てないということも起こり得ることです。
印象が違ったということもあるかもしれませんね。

嫌悪感を持つ人が何人かいれば、相手をハブった方がいいという意見が出る可能性も低くはないでしょう。
「あの子、好意的になれないんだよね」この一言を誰かが言うだけで、関係性は一気に新しい展開を迎えます。

心理④:いない方が楽しめる

たとえば、一緒にいることが苦痛に感じていた頃に、対象の人がたまたまいないというタイミングが訪れました。
それだけでとても楽しくて、空気が盛り上がったとしたらどうでしょうか?

この方がみんな楽しいと気づいてしまえば「いなくなればいいのに」と感じるようになります。
その結果、いなくなって欲しいという気持ちを解決しよう行動してしまうのです。

心理⑤:不快になりたくない

一緒にいると不快に感じることは仲が良かったとしてもありえることです。
それが少なければいいですが、どんどん回数が増えていくと見て見ぬ振りもどんどん難しくなってしまいますよね。

不快にならないためには、自分が気にしないように頑張るか、あとはその人から距離を取ることを選ぶしかありません。
同じ気持ちの人が数人いれば、あとは後者の方法を選んでしまうことでしょう。

心理⑥:性格的に合わない

グループには趣味や好みなど、全く違う人たちもたくさんいますよね。
人数が多ければ多いほど、そうした違う人たちの幅はどんどん広がっていきます。

その中で、どうしても性格的に合わないと感じてしまう人が出て来ることがあるでしょう。
他の子は大丈夫だけどこの子だけは……。」と感じる人が集まってしまうと、悲しい事件を生み出すことになるのです。

心理⑦:話すと疲れる

その人と話をしていると、どんどんこちらの疲れを増幅させてしまう人が存在します。
向こうに悪気が無いのは分かっているし、別に嫌いというわけでもないことは分かってはいるのでしょう。

それでも話すたびに疲れてしまうと、いつか気持ちが爆発してしまう日が来てしまうのは明白です。
ストレス解消になるはずの会話が、逆にストレスを作ってしまった悲劇的な心理ですね。

心理⑧:周囲に嫌われたくない

周囲に嫌われないようにするためには周囲に合わせ、好意的であることを示さなければなりません。
もし周囲がハブりたいと思う人がいれば、ハブらなくてもいいと思っていてもハブる選択をする必要があります。

気持ちと裏腹にハブる人は、多くの人に嫌われることを過剰に怖れているタイプだと言えるでしょう。
自分がハブられる人と仲のいい友達であってもその選択をするのは周囲に嫌われたくない気持ちの方が強いのです。

心理⑨:理解ができない

ハブる人にとって、ハブられることになる人たちのことは理解できないことが非常に多いです。
どうしてそんなことを言うのか、なぜそんなことをするのか、ハブられる人の考えが分かりません。

理解できない人に対して不快感や恐怖心を覚えてしまうようになるでしょう。
その感情から逃れるために、対象の人をハブるようになっていきます。

心理⑩:都合が悪い

ハブる人にとって、ハブられる人が居続けることは都合が悪い可能性が高いです。
その人がいることで自分に不利益を生み、自分の立場が危ういと思ってしまうことがあります。

そうなると周囲を巻きこんででもその人をハブろうとするでしょう。
この場合、ハブる側であるはずの自分が気づけばハブられる側になってしまうことも少なくありません。

<下に続く>

ハブられたときの対処法

ハブられることに悩む人

それでは、ハブられたときの対処法をご紹介します。

  1. 趣味を楽しむ
  2. 他の友達を見つける
  3. 予定を詰める
  4. 家族と時間を過ごす
  5. 喫茶店を探す
  6. 図書館へ行く
  7. コミュニティを広げる
  8. SNSを使う

以下で、ハブられたときの対処法を詳しくみていきましょう。

対処法①:趣味を楽しむ

「まさかハブられることになるなんて……。」と思うことしかできないかもしれません。
そこで、悲しみや苦しみを癒すためにも、それを発散する方法を探すのは非常に有効的です。

まずは自分の趣味を楽しむということを思い出してみるといいでしょう。
自分が楽しいと思えることや集中できることをして、心をリセットするように心がけてみてください。

対処法②:他の友達を見つける

ハブられてしまったからといって「誰にも必要とされない存在かもしれない」と思っていませんか?
忘れないでいて欲しいのが、あくまでそれを肯定したのはハブる人たちだけだということです。

他のところに入るだけで、なくてはならない存在になる可能性だってありますよ。
自分に合う他の友達を見つけられれば、「たまたまあの人たちと合わなかっただけ」と思うことができるでしょう。

対処法③:予定を詰める

ハブる人たちのことを考える時間を無くすためには、他の何かで時間を埋めてしまうことが有効的です。
そうされた後は全てが自分の自由であり、責任を持って行動することができます。

たとえば、ハブられる前は一緒にいた人たちの時間や行動に縛られていた部分があったのではないでしょうか?
そのあとはそんなことはもう気にする必要など全くありません。

どんどん予定表に詰め込んで、楽しさを取り戻しに走り出しましょう。

対処法④:家族と時間を過ごす

難しいかもしれませんが、切り捨てられたことによって生まれた利点に注目してみてください。
一番大きな利点と言える部分は自由な時間ができたことです。

その時間を使って、家族との時間を増やしてみてはどうでしょうか?
両親や兄弟、祖父母やいとこでももちろん構いません。

一人にされた時こそ、大きくなって一緒に過ごす時間が減った家族と過ごすチャンスですよ。

対処法⑤:喫茶店を探す

仲間はずれにされたことに悲しみ、苦しみを感じるのは仕方のありません。
趣味やできることも少ないとなれば、何をすればいいか悩む人も現れるでしょう。

そんな人だからこそ、喫茶店を探してみるのはどうでしょうか?
コーヒーや紅茶、スイーツなど喫茶店によって、推しているメニューはそれぞれ違います。

自分で見つけた喫茶店で美味しい食事をすれば、心をリフレッシュすることができますよ。

対処法⑥:図書館へ行く

ハブられることで、必然的に一人の時間が多くなってしまいますよね。
お金がない上にどこに行けばいいか分からない場合は、一人でも過ごしやすい図書館へ行ってみましょう。

そこでひたすら嘆くのではなく「一人だからこそ、これができる」という考え方に置き換えてみてください。
これは自身と向き合うことに重きを置き、一人という価値を見直すための方法なのです。

対処法⑦:コミュニティを広げる

自分の趣味や習い事など、他にしていることのコミュニティの幅を広げてみましょう。
所属しているグループの幅を広げることでコミュニティの人たちとの仲を深めたり、出会いを見つけることもできます。

そうすれば、いつか誰かに切り捨てられたが霞むくらい、そのコミュニティに価値を感じられるようになりますよ。
また、気持ちを切り替える時間にすることも可能です。

対処法⑧:SNSを使う

この対処法は、ハブってきた人たちとは全く関係のないアカウントから始めることがポイントです。
アカウントは作り直し、自分が見たい情報だけを閲覧するようにしてください。

インターネット上に流れる膨大な情報や、広い世界で過ごす人たちの呟きはハブられる前と違う印象を受けるかもしれません。
変わってしまった後のだからこそ見られる、その景色を体感してみてください。

世界はこんなに広いんだと思うことができれば、意識も変わっていることでしょう。

<下に続く>

ハブられたときのNG行動

ハブられることで問題を起こした人

それでは、ハブられたときのNG行動をご紹介します。

  1. 執着する
  2. 仕返しをする
  3. 被害者ぶる

以下で、ハブられたときのNG行動を詳しくみていきましょう。

NG①:執着する

ハブる人たちにとって、その行為は自分たちの都合を良くしたいがために行うことです。
せっかく切り離して過ごす環境を良くしたと思っているのに、執着されれば意味がありません。

環境を良くしたい人たちにとって、厄介払いした人が戻ってくるのは非常に不快に感じることなのでしょう。
そこに「もう一度仲間にいれて!」と謝ったとしても、ストーカーのようだと捉えられて、さらに問題は悪化します。

その結果、執着されれば逆にもっと突き放したくなり、お互いに余計に傷つくことになってしまうんですよ。

NG②:仕返しをする

ハブられたことに悲しむだけでなく、憎しみが生まれるかもしれません。
それで仕返しをしては、切り捨てる行為をした相手と同じことです。

もし仕返しをすれば仕返しされた側もまた同じように仕返しをする可能性もあります。
仕返しのループが始まり、お互いに泥沼化する未来しかないでしょう。

NG③:被害者ぶる

自分のことを被害者のように思えるのは、傷ついたからこそですよね。
しかし、ハブってきた人たちは自分たちが加害者だとは全く思っていません。

むしろ自分のしたことが正しいと考えていて、悪いことをしたとも考えていないでしょうか?
そのため「ひどいよ!」と被害者ぶっても相手には何も効果はないのです。

それどころか「あんたが悪いんじゃん!」と反撃され、余計に傷つけられ苦しむことになる可能性もあるでしょう。

<下に続く>

ハブられる人にならないためには?

ハブられる人になりたくない人

それでは、ハブられる人にならないための方法をご紹介します。

  1. 協調性を持つ
  2. 明るく元気でいる
  3. 楽しそうでいる
  4. 上手に会話をする
  5. 嫌なことをしない
  6. 好印象な見た目になる
  7. 愚痴や悪口を言わない

以下で、ハブられる人にならないための方法を詳しくみていきましょう。

方法①:協調性を持つ

ハブられる人にならないためには、自分勝手にならないように気をつける必要があります。
自分勝手でに行動して人を振り回すような人には、周囲が合わせる方が大変です。

そのうち自分の味方となる人がいなくなり、周囲が敵となってハブられる人になる可能性が上がるだけですよ。
協調性を持って相手のことを考えて行動すれば、全員が味方の関係性を築くことができるでしょう。

方法②:明るく元気でいる

ハブられる人は近寄りがたく、すぐ怒鳴ってしまったり、マイナスな感情が爆発するというような特徴があります。
つまり、ハブられる人にならないためにはその逆をすればいいのです。

いつも明るく元気で、つい近くに行って話したくなるような人を目指しましょう。
すぐマイナスな感情を爆発させず、穏やかさを持って接することを心がけてみてくださいね。

方法③:楽しそうでいる

一緒に時間を過ごしたいと思える人の多くは、一緒にいて楽しいと思える人です。
ハブられる人とは一緒にいても意味がない、そんな風に相手に思われてしまうんですよね。

何をするにしても楽しそうでいられれば、ハブられる候補から簡単に外れることができるでしょう。
さらに楽しそうな人は一緒にいても楽しいだろうと思われやすく、ハブられる可能性が非常に低くなります。

方法④:上手に会話をする

会話のキャッチボールを成功させ、話していて「楽しい!」と思われることがポイントになります。
面白い話をたくさん知っていたり、他愛ない話でも楽しいと思わせるような話し方ができる人です。

そもそも、ハブられる要因が会話が上手くできないという部分ではないでしょうか。
会話をお互いに楽しむことができれば、ハブられる心配をする必要はなくなりますよ。

方法⑤:嫌なことをしない

ハブられる人がやってしまいがちなことは、相手に不快感を与え続けてしまうことです。
相手に不快感を与えていることに気づかず、さらに思いやりも空回りする傾向があります。

自分が嫌なことだけでなく、相手の様子を見て「これは嫌がっている」と気づいてすぐにやめることを心がけてください。
相手にとって好ましい存在になれば、ハブられる人になることはありません。

方法⑥:好印象な見た目になる

不潔な見た目をしている人は人から受け容れられるのが難しく、グループにも入れて貰えなくなる傾向があります。
グループに入れたとしても、不潔な見た目を続けていれば周囲の目は少しずつ冷たくなって行くでしょう。

そうなればハブられる人になるのも時間の問題です。
ハブられる人にならないためにも、好印象を与える見た目は大切になってくるんですよね。

清潔さを意識し、さらに自分なりの好印象を与えるファッションを追及してみてください。

方法⑦:愚痴や悪口を言わない

愚痴や悪口を言わないことも、ハブられる人にならないために必要なことです。
愚痴や悪口はどれほど隠していたとしても、不思議と相手に伝わっていることがあります。

相手を傷つけることになり、さらに自分の首を絞めることにもなりかねません。
愚痴や悪口は聞いていていいものではないことを、ハブられる人は考えられていないのでしょう。

愚痴や悪口を言わず、みんなが楽しめる話をすればハブられることのない人でいられますよ。

<下に続く>

ハブられる原因に対処して、好印象を周囲に与えよう!

ハブられることのない人たち

ハブられたくないと思うのであれば、まずはハブられる人になってしまう原因を知ってください。
どんな人なのか知り、あらかじめ対処方法を考えておくのです。

特に、印象が良ければ相手に「この人と一緒にいたい」と思わせられることができます。
そうすることで候補から外れ、ハブられる可能性を非常に低くすることもできますよ。

それほどまでに印象という部分は意識すべき部分であるとも言えますね。
好印象を周囲に与えて、自分が好ましい存在であることを印象づけましょう。

Thumb color
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line