Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/06/04

相手の気持ちを考える人になる方法10個&人の気持ちがわからない人の特徴

私たちは皆考え方や感じ方が異なります。
それゆえに相手の考えていることが理解できなかったりしてトラブルになることもありますよね。

今回は相手の気持ちを考える人になる方法についてご紹介いたします。
なぜ人の気持ちが理解できないのか、気持ちがわからない人の特徴もまとめました。

Large %e7%94%b7%e5%8f%8b%e9%81%94%e3%81%a8%e9%81%8a%e3%81%b61

「相手の気持ちの気持ちを考える」の意味とは?

相手の気持ちを考える男女
相手の気持ちを考えるとは、そもそもどのようなことなのでしょうか。
まずは、相手の気持ちを考えることの意味について深く知っておきましょう。

人の気持ちを考えて行動したり、自分のためではなく他人のために動くことの意味とは何なのかを以下にまとめました。

意味①:相手の立場になって考える

相手の気持ちを考えることの意味とは、まず相手の立場になって考えることです。
自分から見た主観ではなく、相手の立場に自分を置き換えることです。

客観視しながら、相手の立場に自分がいた場合どう感じるだろうか、と考えます。
相手の立場になった自分を考えることが相手の気持ちを考えることに繋がるでしょう。

意味②:相手のメリットを想像する

続いて挙げられる意味とは相手のメリットを想像するというものです。
相手の気持ちを考えるということは、相手にとって何が最善であるのかを想像することとも言えます。

自分の利益やメリットだけではなく、相手にとって何がメリットになるのかを考えるのです。
相手のためになることを考えられる人は相手の気持ちを考えることの出来る人ですね。

<下に続く>

相手の気持ちを考えることができない人の特徴

相手の気持ちを考える二人
私たちが生活している中で、相手の気持ちを考えることが出来ない人もいるのです。
デリカシーのない発言や、空気の読めない行動に出る人っていますよね。

ここでは相手の気持ちを考えることが出来ない人の特徴をご紹介いたします。
是非参考にしてみてください。

  1. 深く考えて行動できない
  2. 自分が中心
  3. そもそも分かろうという気持ちがない
  4. 極端に人と関わらなかった
  5. 人との関りに恐怖心がある
  6. 厳しい家庭で育った
  7. 真面目過ぎて正論を言う

特徴①:深く考えて行動できない

相手の気持ちを考えることが出来ない人というのは深く考えて行動することが出来ない特徴を持っています。
つまりその場の雰囲気や自分の感情で動いてしまうのです。

自分が思ったことをすぐに発言してしまいますし、自分がしたいと思ったことに突き進むのです。
マイペースな性格をしていると言っても過言ではありません。

相手の気持ちを考えることが出来ないから、相手の感情や気持ちを考えず、その場しのぎで動くのです。
特に自分の感情に左右されやすい人ほどこの傾向があります。

特徴②:自分が中心

続いてご紹介するのが自分が中心であるということです。
相手の気持ちを考えることが出来ないのは、自分が何よりも正義であると考えている状態なのです。

自分をまず考えるはずですから、相手のことを考えず自分の利益や自分のためになることしか考えられません。
世界の中心が自分であるために相手の気持ちを考えることが出来ないのでしょう。

特徴③:そもそも分かろうという気持ちがない

相手の気持ちを考えることが出来ない人の特徴は
そもそも分かろうという気持ちがないことです。
これまで自分が誰かのために動いたり、誰かの気持ちをかが得るようなことがなかったのでしょう。

自分から相手のために何かをする、相手に同情したり共感をしてあげるなどそういった機会がありませんでした。

特徴④:極端に人と関わらなかった

人と極端なほどに関わって来なかった人もまた、相手の気持ちを考えることが出来ない人の特徴です。
人と関わらなかったわけですから、相手の考えていることなんて理解出来っこないのです。

自分が考えること、自分が感じる感情がすべてですので、相手の気持ちを考えるような経験がありません。
私たちは他人とのかかわりによって成長するのもです。

性格や人格の形成は環境が大きく影響するとも言えるのですから、極端に人との関りを避けてきたり、関りがなかった人は相手の気持ちを考えることが出来ません。
他人との接触は相手の気持ちを考えることが出来るようになる大事な要素です。

特徴⑤:人との関りに恐怖心がある

人見知りな人は、他人との関りにおいて恐怖心を持っている人も、相手の気持ちを考えることが出来ません。
人と関わることで自分が傷つくと思っているのです。

心を開くことが苦手で、裏切られたり悪口を言われてしまうくらいなら心を閉ざしてしまった方が楽なのでしょう。
他人と関わって来なかったら当然、他人の気持ちなんて理解できませんよね。

人と関わることが怖いと感じていたら、自分からわざわざ怖いことに踏み込もうともしないでしょう。

特徴⑥:厳しい家庭で育った

上記でも述べましたように、私たちの性格や人格というものは家庭環境や周囲からの刺激によって、かなり左右されます。
相手の気持ちを考えることが出来ない人は厳しい家庭環境で育った傾向にあるのです。

幼い頃から両親や兄弟、親戚などの理不尽な扱いや厳しいしつけをされてきた人は、相手の気持ちを考えることが苦手になります。
自分が辛い環境にいたからこそ、自分も理不尽なことを弱者にしても良いと思うのです。

人間は自分が受けた理不尽なことや辛い経験を、下の立場の人にも味合わせたい、と考えるのが心理としてあります。
厳しい部活のルールや伝統がなくならないのもこのせいです。

特徴⑦:真面目過ぎて正論を言う

真面目な人、と一言聞くと前向きな言葉のようにも感じられます。
しかし、逆に考えると真面目過ぎて正論を言ってしまうことがあります。

相手の気持ちを考えることをせずに、まっとうなことや正論で相手を傷つけてしまうのです。
人間の感情は、正義感や義務ではどうにもならないこともあります。

どんな状況であろうと正論を突き通そうとしてしまう真面目な人は、相手の気持ちを考えることができない人と言えるでしょう。

<下に続く>

相手の気持ちを考える人になる方法

相手の気持ちを考えることが出来る人
もしかしたら自分は相手のことを考えらえないのかもしれない、そう感じた人も中にはいるでしょう。
相手の気持ちを考える人になる方法についてもご紹介いたします。

どのように物事を捉えたり、心がけを行うことで相手の気持ちを考える人になれるのかしっかりと考えていきましょう。

  1. 話は最後まで聞く
  2. ネガティブな感情を向けない
  3. 相手の良いところを見る
  4. 全体を捉えて考える
  5. 想像力を育てる
  6. 自我を持ちすぎない
  7. 自尊心を弱くする
  8. 慎重さを持つこと
  9. 感情を抑えよう
  10. 相手の感情を感じ取る

方法①:話は最後まで聞く

まず初めに重要となってくるのが話は最後まで聞くことです。
相手の気持ちを考える人は相手の話をよく聞きます。

少なくとも、相手の話を聞いている姿勢を見せるだけでも思いやりを感じられたり、相手のことを想っていると相手に感じさせることが出来ます。
話を聞いたうえで相槌を打ったりしましょう。

相手の話を繰り返して聞き返してみたり、話に合わせてこちらも少し問いかけるなどすると、自然と相手の考えていることが理解できるようになります。

方法②:ネガティブな感情を向けない

続いて相手の気持ちを考える人になる方法として挙げられるのがネガティブな感情を相手に向けないことです。
ネガティブな感情というのは人に移りやすく、伝わりやすいものでもあります。

ネガティブな感情ばかりを相手に向けていたら、相手からすると「嫌われているのかな」「わざと暗い話をされているのではないか」と思われてしまいます。
人と会話を楽しむときは前向きな話題にしましょう。

少なくとも愚痴を言い合えるような仲ではないのなら、ネガティブな感情ばかりを伝えてしまうのは好ましくありません。
また、自虐や皮肉を言ってしまうのも良くないことです。

方法③:相手の良いところを見る

相手の気持ちを考える人になるためには相手のいいところを見るように練習をしましょう。
上記でも述べましたように、ネガティブな感情はNG行動です。

まずは相手の好ましく思えることや行動、人として好きだなと感じる部分を自分の中で具体的に挙げてみるのです。
人を好きに慣れなければ、相手の気持ちを考える人に離れません。

なかなかこれまで、相手の気持ちを考えることが出来なかった人にとっては難しいことですのでじっくりと時間をかけて分析をしましょう。

方法④:全体を捉えて考える

人のピンポイントにしか見ることが出来ないのは、なかなか相手のこと考えられていない証拠でもあります。
まずは物事や人の関りなどを全体として捉えるように考えるようにしてください。

一点しか見ることが出来ないのは、先入観や決めつけを生んでしまう要因です。
相手の気持ちを考えるようになるには、全体を捉えるようにしてみましょう。

特に人間関係を円滑にこなすためには、集団をしっかり全体としてみるのが重要となります。
自分だけではなく、他の人との関りも注視していきましょう。

方法⑤:想像力を育てる

相手の気持ちを考える人になるために大切なのは自分自身の想像力を育てることです。
自分の考えにこだわることをまずはやめてみましょう。

他の考えはないだろうか、もっといい方法や捉え方はないだろうか、と考える習慣をつけるのです。
相手の感情を想像する心がけをしましょう。

想像力を育てるのはなかなか難しいものではありますが、小説やドラマなどを見るようにするのもおすすめです。
小説は絵がありませんから、想像するほかありません。

ドラマなどを見るときは、登場人物の感情に共感してみるようにしましょう。
このキャラクターはなぜ今こういった行動に出ているのかをまず考えるのです。

方法⑥:自我を持ちすぎない

相手の気持ちを考えることが出来ない人は、自我が強くなってしまっている傾向にあります。
大事なのは自我を持ちすぎない事です。

自我をすべて捨ててしまえ、というわけではありません。
自己主張というのは時にとても大切です。

しかし、自我強すぎてしまうのもデメリットとなります。
なぜなら、自我が強いことで自分の世界に閉じこもってしまうからです。

自分が知らない考え、知らない世界を拒絶してしまいがちですので、他の考え方、違った世界をするように努力しましょう。

方法⑦:自尊心を弱くする

自尊心というのは、自分を保つためにも必要なことですが自尊心が強すぎると、他人のことを考えられなかったり、プライドが高くなりすぎることがあります。
大切なのは自尊心を弱くすることです。

相手の気持ちを考えることが恥ずかしい、他人よりも自分がへりくだるのが許せない、という意識を少しずつなくしていくのが相手の気持ちを考える人になる方法の一つです。

方法⑧:慎重さを持つこと

相手の気持ちを考えることや、思いやりを持つためには慎重さを持つように心がけて下さい。
軽はずみな言動は好ましくありません。

一度立ち止まって、本当に自分の行動や言動は相手にとって適切かどうか考えるのです。
人の気持ちにズカズカと入り込むのはとても失礼なことですから、慎重さを持ち合わせておきましょう。

方法⑨:感情を抑えよう

自分の感情を抑えることも相手の気持ちを考えるときに大切な要素となります。
今湧き上がってきた感情を一度こらえてみてください。

数秒こらえることで、本音をそのまま相手に伝えてしまうような行動が抑えられるでしょう。
相手の気持ちを考えることが出来ない人は、思ったことをそのまま伝えてしまいます。

口から出そうになった感情を、ぐっと一度こらえて冷静になってみるのも相手の気持ちを考える人になるには大事なのですよ。

方法⑩:相手の感情を感じ取る

最後にご紹介する相手の気持ちを考える人になる方法は相手の感情を感じ取ることです。
初めはなかなかむずしいことでもあります。

大事なのは、相手が何を考えているのかを感じ取ろうとする意識です。
なぜ起こっているのか、何故喜んでいるのか、その時の感情の理由も推測してみましょう。

<下に続く>

相手の気持ちを考えるときに役立つおすすめの本

相手の気持ちを考える本
相手の気持ちを考えるとき、参考になる書籍もたくさんあります。
その中でもおすすめな書籍を三つにまとめました。

おすすめ①:執事が教える 相手の気持ちを察する技術

執事が教える 相手の気持ちを察する技術
6876円

まず初めにご紹介する書籍は執事が教える 相手の気持ちを察する技術です。
あらゆる要望に応える執事という立場から、他人の気持ちを考える技術について記されています。

日頃から様々な要望に応えるために鍛えられた観察眼によって、ビジネスでの立ち回りから生活における知恵などさまざまなことが学べる一冊です。

おすすめ②:相手の気持ちをきちんと<聞く>技術

会話が続く、上手なコミュニケーションができる! 図解 相手の気持ちをきちんと<聞く>技術
1296円

二つ目にご紹介しますのが会話が続く上手なコミュニケーションができる図解相手の気持ちをきちんと聞く技術です。
人間関係が上手く行かないのは、聞き方にあるのではないか、という問題定義をした本です。

コミュニケーションの基本から、人の気持ちを受け止める側の自己表現など、とても幅広い分野で記されておりとても参考になりますよ。

おすすめ③:人の気持ちを理解する簡単な方法

人の気持ちを理解する簡単な方法

最後に挙げられる相手の気持ちを考える際におすすめの書籍は人の気持ちを理解する簡単な方法です。
そういうことを言いたいわけではない、そう感じた方におすすめの一冊です。

相手の感情や気持ちを理解することが出来れば、きっと会話もちゃんと成立するだろう、と述べられています。
コンパクトでわかりやすく、人との会話についてまとめられておすすめです。

<下に続く>

相手の気持ちを考えることでコミュニケーションを円滑に行おう

相手の気持ちを考える男性心理
相手の気持ちを考えるのは、人との関りやコミュニケーションにおいてとても重要なことです。
時には相手の気持ちを考えることがビジネスシーンでも役に立ちます。

相手の感情や気持ちを上手に捉えて、そしてコミュニケーションを円滑に行えるようにしましょう。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line