Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/05/15

喋らない女はつまらない?周囲の印象&男が無口な女を可愛いと思う瞬間

「喋らない女性」と聞くとマイナスイメージを強く持つかもしれませんが、実際は内に秘めた魅力が外に出にくいだけなのかもしれません。
あまり話をしないからこそ引き出される魅力に気付いた男性は、そんな彼女の女性らしさ・可愛らしさにドキドキしているようです。

職場に喋らない女性がいる場合、どう付き合えばいいのかおすすめの方法をご紹介します。

Large 1
目次

喋らない女性の特徴・心理

内向的な喋らない女性

では、喋らない女性はどのようなタイプなのでしょうか?
以下の特徴・心理15個をご紹介します。

  1. 人と目を合わせられない
  2. 誰にも嫌われたくない
  3. 感情表現が苦手
  4. 周囲の会話が理解できない
  5. 内向的
  6. 目立ちたくない
  7. できるだけ一人でいたい
  8. 聞き上手
  9. 話すことにコンプレックスがある
  10. 自分に自信がない
  11. 警戒心が強い
  12. 話しかけられると緊張する
  13. 気難しい
  14. 無言でも平気
  15. どう伝えるべきか考えている

特徴・心理①:人と目を合わせられない

喋らない女性は、人と目を合わせられないようです。
彼女たちにとって人と目を合わせるというのは、裸を見られているのと同じくらい恥ずかしいこと。

また人に見られることを好まないので、「相手をじろじろと見るのは失礼」と思っているところがあります。
そのため他の人と目を合わせて会話をすることができず、話しかけらると下を向いてしまったり人見知りをしたりするのです。

特徴・心理②:誰にも嫌われたくない

喋らない女性には、「誰にも嫌われたくない」といった心理が隠れています。
人に嫌われることを何よりも恐れていますから、「自分が話すことで相手を不快にさせてしまうかもしれない」と考えてしまうのです。

そのため相手に対して最大限に気を遣い、相手の意に反しないように慎重に行動しようとした結果、寡黙という選択になったのです。

特徴・心理③:感情表現が苦手

喋らない女性は、基本的に感情表現が苦手です。
喜怒哀楽はしっかり持っているのですが、ただ心の中で思っているだけで相手には伝わりません。

嬉しいのに無表情だったり、悲しくてもイライラしても気持ちを外に出すことができず、ためこんでしまいます。
でもこのままでは「嫌われてしまう」と考え、愛想笑いが当たり前になることもあるでしょう。

特徴・心理④:周囲の会話が理解できない

喋らない女性がいる場合、「周囲の会話が理解できていない」という状況も考えられます。
自分の知らないジャンルの話題で盛り上がっている、あるいは周りが専門用語を使いこなすくらいに詳しすぎて圧倒されているといったところでしょう。

「私は話題に入れないから、空気を乱さないように黙っておこう」と思っているのかもしれません。

特徴・心理⑤:内向的

喋らない女性は内向的なので、自ずと自分の世界を大事にするようになって人との関わりを避けてしまうようです。
普段から人と会話をする機会が少ないため、大勢の人前に限らず慣れ親しんだ人にさえも思ったことが言えません。

そのため周りには「何考えているかわからないミステリアスな人」という雰囲気を与えているでしょう。

特徴・心理⑥:目立ちたくない

喋らない女性は、とにかく目立ちたくありません
人から注目を浴びるという状況が恥ずかしくて耐えられないのです。

だから人の視線を集めないように誰かの影に隠れ、大人しくひっそりと周囲の様子を伺っています。
自分の存在を知られたくないわけですから、自ら話しかけたり自己主張したりするなどということはあり得ないのでしょう。

特徴・心理⑦:できるだけ一人でいたい

喋らない女性は集団行動を好まず、「できるだけ一人でいたい」と考えています。
マイペースな一面があるため人に合わせるのが苦手。

自由気ままに一人の時間を楽しみたいので、会話が始まると「早く終わらないかな」とじっと待っているのです。

特徴・心理⑧:聞き上手

喋らない女性は、相手が不快な気持ちにならないように聞き役に徹するのが常ですから聞き上手です。
様々なタイプの人の話をたくさん聞いてきたことで、「相づち・合いの手の打ち方」「最後まで話を真剣に聞く姿勢」など、相手が気持ち良く話せるためのコツを心得ています。

そのため周囲からは、「話を聞いてほしい存在」と思われているでしょう。

特徴・心理⑨:話すことにコンプレックスがある

喋らない女性は、話すことにコンプレックスを抱えている場合があります。
言いたいことはあるのに口下手でわかりやすく説明できないため、途中から自分でも何を言っているのかわからなくなる。

あるいは一生懸命話しているつもりなのに「早口」「舌足らず」「滑舌が悪い」などが原因で相手が聞き取れず、イライラさせてしまったことがある。
そんな経験を繰り返すうちに、「もう人と話すことは控えるようにしよう」と考えるようになったのです。

特徴・心理⑩:自分に自信がない

喋らない女性は、自分に自信がありません
「どうせ何をやっても上手くいかない」「人より劣っている」などと自身の心を打ち砕くような言葉を毎日言い聞かせてきたことで、「自分はダメな人間なんだ」と確信を持つようになったのです。

その結果、「何をやっても恥をかくだけだからやらない方がいい」とやる前から諦めるクセがつき、人と話すことに制限をかけてしまったのでしょう。

特徴・心理⑪:警戒心が強い

喋らない女性には、警戒心が強い人も多いようです。
自分に自信がないため、「私の素顔を知られたら嫌われるかもしれない」という不安から、自分の本性やプライベートがバレないように寡黙になります。

また警戒心が強いということは、ネガティブ思考で臆病になっているということ。
人との会話には「信頼関係が深まる」などの数え切れないほどのメリットがあるのですが、それよりも「相手を不快にさせるかもしれない」というリスクを先に考えすぎてしまい、口を閉ざしてしまうのです。

特徴・心理⑫:話しかけられると緊張する

自分から話すのが苦手な喋らない女性ですが、話しかけられるのも好きではありません
内向的なので緊張してしまい、何と返事をしたらいいのかわからないのです。

そのため何かを聞かれると、「お願いだから私に話しかけないで」というメッセージを込めて無言になります。

特徴・心理⑬:気難しい

喋らない女性の中には、気難しいタイプも見られます。
「協調性に欠けていて自己中心的」「周囲よりも高学歴・高収入で上から目線」といった状態になっているため、自ら会話の中に入る必要はないと考えているようです。

一方で、弱い部分を悟られたくないので強い態度でガードを張り、わざと人を遠ざけるという喋らない女性もいるでしょう。

特徴・心理⑭:無言でも平気

喋らない女性は、会話が途切れて無言になっても気にならないようです。
一般的には、よほど親しい間柄ではない限り無言の空気が広がると気まずくなるため、「何でもいいから目に付くものを話題にしよう」などと無理にでも話を続けようとするもの。

でも喋らない女性は「無言になっても平気」と思っているので、自分から話そうとはしないのです。

特徴・心理⑮:どう伝えるべきか考えている

喋らない女性は真面目な性格なので、自分の意見をどう伝えるべきか真剣に考えているために、なかなか言葉が出てこない場合があります。
一つ一つの会話の内容に対して、「自分なりに整理して理解する」「自分の考えをまとめる」「相手がわかりやすい言葉を選ぶ」といった作業を行っているので、人よりも発言するまでに時間がかかるのでしょう。

「自分の言ったことには責任を持ちたい」といった責任感の強さも伺えますね。

<下に続く>

喋らない女性に対しての周囲の印象

喋らない女友達

では、喋らない女性に対して周囲はどう思っているのでしょうか?
以下の印象5つをご紹介します。

  1. 自分だけが話題を振ることになるから疲れる
  2. 何を考えているのかわからない
  3. 「つまらないのかな」と不安になる
  4. 仕事がやりずらい
  5. 無視されているみたいで不快

印象①:自分だけが話題を振ることになるから疲れる

喋らない女性とコミュニケーションを取る場合、「こちらから話題を振らないと会話が成り立たないため疲れる」と思われているようです。
職場やサークルなどであまり話さない女性がいると、周りにいる人は「あなたはどう思う?」と気を遣わざるを得ません。

一緒にいればいるほど疲れてしまうため、無意識に彼女を避けるようになるのです。

印象②:何を考えているのかわからない

喋らない女性は何を考えているのかわからないため、近寄りがたいと思われているようです。
彼女に対して誰も失礼なことをした覚えはないのに、機嫌が悪いような怒っているような雰囲気が漂っています。

すると、その場が楽しく盛り上がっていたとしても、彼女がいることで周りの空気が悪くなり、全体のテンションが下がります。
そのため「理由もわからず不機嫌そうな彼女がいるとみんなが楽しめない」と感じる人が多く、嫌がられてしまうのです。

印象③:「つまらないのかな」と不安になる

デートをする相手が全く喋らない女性だと、男性は「俺といてもつまらないのかな」と不安になるようです。
彼女の好きそうなデートコースや好みの食事を用意し、楽しんでもらえるような会話をしているつもりなのに、リアクションが薄く無口となれば「俺は振られたんだ」と勝手にショックを受ける男性もいるでしょう。

印象④:仕事がやりずらい

同じ職場に喋らない女性がいると、「仕事がやりずらい」と思われやすいでしょう。
決められた仕事は真面目にコツコツとこなしますが、仕事を進める上で必要不可欠なコミュニケーションを上手く取ることができず、周りにいる人はいつも頭を悩ませています。

悪い女性ではないのですが、彼女一人によって全体の作業効率が落ちることもあるため、「ぜひ仕事のパートナーになってほしい」と言う人は少ないかもしれません。

印象⑤:無視されているみたいで不快

喋らない女性と話をする相手は、無視をされているみたいで不快な気持ちになるようです。
彼女自身は相手を嫌っているわけでも無視をしようとしているわけでもありません。

でも相手には話せない本当の理由は伝わりませんから、「何もしていないのに何で無視されなければいけないの?」と気分が悪くなるのも当然のことなのでしょう。

<下に続く>

男性から見た喋らない女性の魅力

魅力的な喋らない女性

では、男性から見ると喋らない女性にはどのような魅力があるのでしょうか?
以下の魅力6つをご紹介します。

  1. 恥じらう姿がたまらない
  2. 上目遣いが可愛い
  3. 強がってるみたいで守りたくなる
  4. ミステリアスだから気になる
  5. 手に入れるのが難しいから燃える
  6. 自分色に染まってくれそう

魅力①:恥じらう姿がたまらない

一般的に男性は女性の恥じらう姿が大好きなので、上手く話せず恥ずかしそうにしている彼女たちの表情や仕草がたまりません
喋らない女性はマイナスイメージを持たれがちですが、一部の男性にとっては喋らないからこそ「控えめな女性」という印象が際立ち、プラスのイメージが強くなるようです。

魅力②:上目遣いが可愛い

喋らない女性は心の声を外に出すことができないため、「どうにかして気持ちを伝えたい」という思いから目で訴えることがあります。
その一つが上目遣い

上目遣いをすると、女性は下から見上げる形になるので自分を小さく見せることができます。
人は赤ちゃんや小動物など、小さいものを見ると「可愛い」という印象を受けますから、上目遣いをされた男性は「この子は小さい=可愛い女性だ」と判断するのです。

喋らない女性であっても見つめられると、男性は男心がくすぐられてしまうのかもしれません。

魅力③:強がってるみたいで守りたくなる

喋らない女性を見ると、無理をして強がっているように見えるので男として「守ってあげたくなる」という男性もいます。
本当は誰かに甘えたいのに、「甘えたら負け」「面倒な女に見られたくない」と思っていて必死に強い自分を演じている女性。

そんな彼女が何だかとても健気で、「放っておけない」と感じている男性がいるのです。

魅力④:ミステリアスだから気になる

喋らない女性はミステリアスな雰囲気に包まれているため、男性は「素顔はどんな子なんだろう」と気になるようです。
恋の始まりの一つに「相手への興味」がありますが、興味とは「もっと知りたい」という感情と言えます。

つまり、男性の場合は女性の知らないところが多いほど彼女に対する興味も大きくなり、いつの間にか「好き」になってしまうのです。

魅力⑤:手に入れるのが難しいから燃える

喋らない女性はコミュニケーションが取りにくく扱いづらいため、男性としては「何としても振り向かせてみせたい」と余計に燃える場合があります。
落とすのが難しい女性ほど、実際に自分の彼女にできたときの喜びは倍増して自分の自信になりますから、何も話してくれない女性の心をどうやって開けばいいのか真剣に考えてしまうようです。

魅力⑥:自分色に染まってくれそう

喋らない女性は「大人しそうで従順」という印象から、「自分色に染まってくれそう」と考える男性が多いでしょう。
普段からあまり話さないということは、男性に対して不平不満を言ったり否定したりすることも少ないということ。

喋らない女性は「素直だから俺好みの彼女になってくれるはず」。
そう期待する男性もいるのです。

<下に続く>

男性が喋らない女性を「可愛い!」と感じる瞬間

喋らない女性と話したい男性

では、男性はどのうようなときに喋らない女性を「可愛い!」と感じるのでしょうか?
以下の瞬間9つをご紹介します。

瞬間①:恥ずかしそうに名前を呼んでくれた

いつも喋らない女性が自分から声をかけてくれ、その上男性自身の名前を恥ずかしそうに呼んでくれたときに、男性は「可愛い」と感じるようです。
「あの」や「すいません」といった他人行儀な言葉ではなく、名前を呼ぶというのがポイント。

一気に二人の距離が縮まったような気がして親しみを覚え、嬉しくなります。

瞬間②:笑顔を見た

喋らない女性が不意に笑顔を向けたとき、男性ならドキッとして「可愛い」と感じるでしょう。
喋らない女性は基本的に恥ずかしがり屋なので、本当は嬉しいのにそっけない態度を取ってしまうもの。

そのためなかなか人に笑顔を見せることがありません。
だからそんな彼女からニコッとされた男性は、「もしかして俺のこと好きなの?」と期待が高まるのです。

瞬間③:照れくさそうに返事をする

喋らない女性が異性から話しかけられたとき、照れくさそうに返事をする様子が「可愛い」と感じる男性もいるようです。
男性と話すだけで緊張して恥ずかしがっているわけですから、「男慣れしていないんだ」「ウブな子」と判断するのでしょう。

そして「俺が色々教えてあげたい」と考えるようになります。

瞬間④:一生懸命仕事に取り組む

男性は、喋らない女性が一生懸命仕事に取り組んでいる姿を見たときに「可愛い」と感じることがあります。
仕事に限らず、人が真面目に頑張っている姿というのはキラキラと輝いていて魅力的に見えるもの。

あまり話さず、どのようなキャラクターなのかいまいち掴めない女性だから余計に「こんなに頑張り屋さんなんだ」とグッとくるものがあるようです。

瞬間⑤:困った様子で見つめられる

喋らない女性から困った様子で見つめられたら、大半の男性は「可愛い」と感じるでしょう。
さらにその瞳が潤んでいたときには、男性はもうメロメロ。

彼女から何も言われなくても、「どうしたの?何か困ってるの?」と喜んで力になろうとするようです。

瞬間⑥:友達の話を真剣に聞いている

女性の友達同士で話をしているときに、喋らない女性が率先して聞き役に回って真剣に聞こうとする姿勢が「可愛い」と感じる男性もいます。
でしゃばらず、控えめで一歩引いた振る舞いはまるで「大和撫子」。

いつの時代も、男性は日本古来の女性に惹かれるものなのかもしれません。

瞬間⑦:話に加わってきた

喋らないはずの女性が会話の中に入ってきてくれたとき、男性は思わず「可愛い」と感じるようです。
「話すのは苦手なはずなのに頑張って加わろうとしてくれたんだ」と驚くのと同時に、「ようやく打ち解けてきたのかも」と嬉しさがこみ上げてきます。

瞬間⑧:「あくび」をした

喋らない女性が「あくび」をしている姿というのは、「誰も見てないよね」というちょっとした油断から来る無防備な表情ですから、男性には可愛く映るようです。
またあくびの後の目に溜まった涙を指で拭う仕草も、何とも言えない色っぽさが感じられ、男性は引き寄せられてしまいます。

瞬間⑨:ぎこちないスキンシップをしてきた

喋らない女性がぎこちないスキンシップをしてきたら、男性は可愛さのあまり彼女を抱きしめたくなるでしょう。
誰よりも消極的で恥ずかしがり屋の彼女が自ら男性に触れようとしたということは、そのくらい彼のことを強く想っているということ。

男性は飛び上がるほど喜んでいるはずです。

<下に続く>

職場にいる喋らない女性との上手な接し方

仕事をする喋らない女性

では、職場にいる喋らない女性と上手く接するためにはどうしたらいいのでしょうか?
以下の接し方5つをご紹介します。

  1. 彼女の好きな話題をリサーチ
  2. 警戒心・緊張を取り除く
  3. 二択の質問をしよう
  4. 良いところを褒める
  5. 話してくれるのを待つ

接し方①:彼女の好きな話題をリサーチ

職場にいる喋らない女性と上手く接するためには、お互いの距離を少しでも縮められるように彼女の好きな話題をリサーチしておくと良いでしょう。
喋らない女性とはいえ、自分が好きだったり得意だったりする話題は話しやすいもの。

休憩中や仕事が終わった後など、定期的に会話をする機会を作るようにしたいですね。

接し方②:警戒心・緊張を取り除く

職場にいる喋らない女性と付き合っていくためには、彼女の警戒心や緊張を取り除くことが大切です。
そのためにおすすめなのが、「笑顔で話しかける」「温かい飲み物を飲みながら話をする」の2つ。

笑顔は、相手の警戒心や緊張を和らげる一番の近道と言えます。
また温かい飲み物にはリラックス効果がありますから、彼女に「この人は話しやすい人」という認識を持ってもらえるでしょう。

接し方③:二択の質問をしよう

喋らない女性は自分の意見を人に伝えるのが苦手なので、仕事の話をするときにはできるだけ二択の質問をすると良さそうです。
ただ、やはり仕事ですから「あなたはどう思う?」と彼女の考えを聞きたい場合もあるでしょう。

そんなときは期限を決めて「今週末までに意見を聞かせてね」と考える時間を与えているうちに、コミュニケーションが取れるようになる場合もあります。

接し方④:良いところを褒める

喋らない女性は自分が上手く話せないことを「申し訳ない」と思っていますので、彼女のマイナスな部分ではなくプラスの部分に目を向けて良いところを褒めましょう
「大変な仕事も諦めないでいつも頑張ってるね」「人が見ていないところで努力していること知ってるよ」など、彼女を認めているニュアンスが伝わるようにしたいですね。

人は褒められると自信がつきますから、彼女は「きっと私なら大丈夫」と前向きに意識が変わり始め、コミュニケーションが成立するようになるはずです。

接し方⑤:話してくれるのを待つ

喋らない女性と職場で上手く接するためには、彼女が話してくれるのを待つことも必要な場合があります。
「そのくらいすぐに答えて」と思うこともあるかもしれませんが、それを言ってしまうと彼女と仕事を進めるのが難しくなるでしょう。

苦手なことを克服するというのは非常に大変なことで、相当な労力や時間を消耗します。
それを理解し、自分のタイミングではなく彼女のタイミングを尊重してみて。

それでも返答がない場合は、メールを使うのも一つの方法です。
メールでしっかりコミュニケーションが取れれば、徐々に信頼関係が築けて直接会話をすることに抵抗を感じにくくなるでしょう。

<下に続く>

喋らない女性の魅力に目を向けよう

喋らない女性とコミュニケーションが取れるようになった仲間

喋らない女性は恥ずかしがり屋で自分に自信がないため、話をしたくても上手く言葉で表現することができません。
それをマイナスに捉えるのではなく個性として認め、「控えめな女性らしさ」「真面目で聞き上手」といった魅力に目を向けましょう

仕事でも恋愛でも、きっと良好な関係が築けるはずです。

Thumb color
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line