Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/03/25

飲み込みが早い人の特徴&遅い人との違い!覚えが良い人になる方法6つ

あなたの周りに、「飲み込みが早いね」と言われる人はいませんか?
日常会話でも良く使われる言葉ですが、どういった人を指すのでしょうか。

覚えるのが早い人は、仕事ができるので、他の人より有利に立つことができたり、勉強でもトップの成績で頭がいいねと言われます。
飲み込みの早い人を、目指す方法についてお伝えします。

Large dane deaner 272368 unsplash

「飲み込みが早い」とは?

飲み込みが早い女性がメモをとる

「飲み込みが早い」人は、勉強や仕事など覚えが良い人で、物事の吸収が早い人や理解力の良い人を言います。
子供の場合、「勉強を覚えるのが早い子供」と使ったり、大人では「仕事覚えが早い人」と言わることがあります。

コツを掴むのが上手な人で、履歴書の長所として履歴書の長所として記載されることもありますね。
何をするにも一度聞いただけで分かってしまうので、周りから頭の回転が速いと思われることが多いです。

<下に続く>

飲み込みが早い人の特徴

飲み込みが早い女性がパソコンを打つ

では、飲み込みが早い人の特徴を7つ見ていきます。

  1. 周りの人を常に観察する
  2. 取りかかりが早い
  3. 効率が良い 
  4. メモを取る習慣
  5. 質問できる
  6. 仕事の覚えが良い
  7. チャレンジ精神が旺盛

続いて、飲み込みが早い人の特徴を詳しく説明します。

特徴①:周りの人を常に観察している

周囲の人の行動をしっかり観察しているのが、飲み込みが早い人で、人のやり方を見ながら、自分の方法と比較してどうすれば早くできるのか考えられます。
できる人の仕事ぶりを真似たり、更にスピードアップするにはどうすれば良いのか、頭で想像しながら動いでいるので、他の人と比べて仕事が終わるのが早いと言えます。

手がかかる作業も、上司の意見を参考にしながら自分なりの考えで行動して早く終わらせる方法を身に付けています。

特徴②:取りかかりが早い

人は失敗することを恐れるあまり、行動がぎくしゃくしたり、迷いが生じて慎重になるため、作業に取りかかるまでに時間を要することがあります。
飲み込みが早い人の場合、失敗から学ぶことを理念としているので、ミスを恐れず「ひとまず、やってみる」とい姿勢で取り組みます。

ミスをした時は、落ち込んだりネガティブになったりせず、何がいけなかったのか、「次からはこうしよう」とめげずに、前向きな発想で改善していきます。
改善点を活かしながら、次回はここから始めた方が早いと分かるようになるので、余分な作業が省かれ、早めに取りかかることができます。

失敗を重ねながら、乗り越える力があるので上達が早いのです。

特徴③:効率が良い 

説明を受けている間も、その時の状況や説明で不明な点を、頭の中で解釈しながら聞いています。
「この場合はどうか?」「この方法の方が早いかも?」と、自分なりのアイデアを考えながら提案したり、実行することができます。

起こりうるさまざまな状況を、想定しながら動き、的確な判断能力に優れ臨機応変に対応できる力も兼ね備えています。
正しい判断で、ミスを防いだり時間の無駄使いをすることはありません。

また、複数の仕事内容があった場合、、大切な仕事や期限が迫っているものから進めるなど、優先順位を考え効率が上がるように計画的に仕事をします。

特徴④:メモを取る習慣がある

飲み込みが早い人と言うのは、メモを取りながら話を聞くことができます。
メモを取ることで、再確認でき分からない点や、抜けている箇所はないか確認ができますね。

自ら聞いて、メモにまとめることで内容を更に理解できるので、人に聞く手間が省け、スムーズに仕事が進みます。

特徴⑤: 質問できる

分からないことをそのままにせず、きちんと聞いて理解することができます。
説明で分かりづらいことがあっても、躊躇せず理解するまで聞けるのが、飲み込みの早い人で、疑問を残さずその後の作業も順調です。

分からない部分をそのままにして進めてしまうと、途中でつまずき作業能率が低下してしまうことを知っているので、疑問点はそのままにせず、人に聞いたり再度、説明してもらい迷わず質問できます。
話を聞くのが得意で、聞きながら要点をまとめ、人に説明するのも上手です。

相手の言いたい事や依頼を素早く察知する能力が備わっているので、飲み込みが早い人には安心して仕事を任せられます。

特徴⑥:仕事の覚えが良い

上司などから指示された仕事を的確に判断して、仕事に取りかかれるのが飲み込みが早い人です。
理解力に優れているので、言われたことを細かな部分まで解釈して、こなすことができます。

数々の経験から自信もあるので、間違いを恐れずどんどん先に進めることができ、飲み込みが早く、作業スピードも人より早いので次々と仕事を片づけるので人から評価されやすいタイプと言えます。
言われたことを頭の中で、分かりやすいように内容を理解していくので、仕事に慣れるのも早く会社では即戦力となります。

上司からの信頼も厚いので、将来重要なポジションに就ける可能性が高いのも飲み込みが早い人です。

特徴⑦:チャレンジ精神が旺盛

飲み込みが早い人は、好奇心旺盛で、いろいろな事に興味を持ちます。
チャレンジすることで、経験となりたくさんのことを学び、ポイントやコツなどを知っています。

成功するばかりでなく、時には失敗をして、何が駄目だったのか反省をして次に活かせる人で、幅広い知識があるので、物知りなのも飲み込みが早い人と言えます。

<下に続く>

飲み込みが早い人と遅い人の違い

飲み込みが早い人を見極める人

では、飲み込みが早い人と遅い人にはどのような違いがあるのか、見ていきます。

  1. 取りかかり方
  2. 理解力 
  3. チャレンジ精神
  4. 要領の違い
  5. 集中力
  6. 経験値

飲み込みが早い人と遅い人の違いを詳しく説明します。

違い①:取りかかり方

飲み込みの遅い人は、話を聞いて納得するまでに時間がかかるうえ、失敗を恐れ慎重になり過ぎるので、物事に取りかかるのが遅いと言えます。
ミスをすると訂正するのに、時間がかかり、うまくまとめられなくなり、パニックになるのが怖いので、頭の中で何回も考えながらようやく作業に移ることができます。

飲み込みが早い人は、いろいろな事態を想像したり、頭の中で整理できるので、取りかかりが早く「この時はこうしよう」「この場合は、こっちの方が良い」と選択肢を決めながら動けます。
話を聞きながら手順などをイメージするので、実際の取りかかりも早く、自信をもって行うので早く片付けることができます。

違い②:理解力 

飲み込みが早い人は理解力に優れているため、一度聞いたことを自分の頭で素早く吸収して整理することができます。
コツを掴むのも上手なので、話から要点を絞って行動できます。

反対に遅い人は、聞いたことに対して、疑問を持たずに実行するので、不測の事態に陥った時に対処できず、時間がかかる場合があります。
また、理解できてないにも関わらず、適当に進めてしまい、指示されただけのことをやっています。

違い③:チャレンジ精神

飲み込みが早い人、遅い人は日頃の行動にも違いが表れます。
遅いと、失敗した時のことを考えてしまい、先に進めず諦める傾向が強いと言えます。

自信がないので、実行するごとに人に確認してしまい、うざいと言われてしまう人もなかにはいるのではないでしょうか。
飲み込みが早い人は、やってみなければ分からないという精神で、自信があり苦手なことも積極的に取り組み知識を身につけ、後で役立て、自分の経験として活かすことができます。

違い④:要領の違い

要領の良し悪しも違いのひとつと言えるでしょう。
他の作業をしている間に、別の仕事を片付けるのが飲み込みが早い人で、ひとつの仕事を終わらせてから、別の事をするのが飲み込みの遅い人です。

飲み込みが早い人というのは、いかに早く仕事をするか、いつも考えて行動しているので、「こっちの仕事をしている間に、手が空いている時に別のことができる」と効率良く終わらせるコツを知っています。
飲み込みの遅い人は、言われたとおりにやっているので、終わらせることに時間がかかってしまうのです。

違い⑤: 集中力

集中力が持続するのが、飲み込みが早い人で、直ぐに他の事に気を取られてしまうのが遅い人です。
人から説明を受けている時、頭の中で流れを掴み、どのような順序でやれば能率が良いのか考えて聞くのが、飲み込みが早い人です。

重要なことはメモに残したり、後から書き加えるなど未然にミスを防ぐ措置を取っています。
遅い人の場合、「はいはい」聞いているだけで、周囲の事が気になり、集中して聞くことができず、重要なポイントを聞き逃し、途中で間違えることもしばしばあります。

仕事が山積みの時は、どれから始めて良いのか分からず、どれも中途半端に終わってしまう傾向が見られます。

違い⑥:経験値

仕事や人生経験も、飲み込みが早い人と遅い人で変わってきます。
経験豊富な人は、さまざまな現場を経験しているので、要領良く物事を進めますが、遅い人は初めてのことが多く、理解したり仕事に移るのに時間がかかります。

飲み込みが早い人は、転職回数も比較的多く、転職によって経験を重ねるので、即戦力となる人材の事が多いと言えます。
以前の職場で経験したことを、別の職場で活かし更にキャリアを積み上げていきます

<下に続く>

飲み込みが早い人になる方法

飲み込みが早い人を目指す

では、飲み込みが早い人になるには、どのような方法があるのか見ていきます。

  1. 頭でイメージしながら聞く
  2. 疑問に思ったら聞く
  3. 失敗を恐れない
  4. 整理する癖をつける
  5. 集中力を養う
  6. 料理をする

続いて、飲み込みが早い人になる方法を紹介します。

方法①:頭でイメージしながら聞く

説明を聞く時は、行動している場面を具体的にイメージしながら聞くと飲み込みが早い人になれます。
飲み込みが早い人は、単純に聞くだけではなく、要領の良い方法や作業している姿を、映像としてイメージしています。

メモを取るのも良い方法ですが、文字にするよりメージとして残した方が印象に残りやすく覚えやすいです。

方法②:疑問に思ったら聞く

聞くのは恥ずかしいと考えたり、「まっいいか」で終わられせてしまうと、ミスに繋がるので、分からないことは、プライドを捨てて聞くようにしましょう。
「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ということわざがあるように、その時は恥ずかしくても間違いを起こして、恥をかくよりましですよね。

分からないことをそのままにして、途中でつまづき時間がかかるより、最初に聞いて理解した方が物事がスムーズに運ぶものです。

方法③:失敗を恐れない

ミスを怖がっていたら、何もできない人になってしまう可能性が出てきます。
いろいろな事を体験して、経験値を積むことで視野が広がり、飲み込みが早い人になれるので、初めてのことも積極的に挑戦しましょう。

さまざまな経験をすることで、たくさんの事を吸収して、飲み込みが早い人になるのです。

方法④:整理する癖をつける

複雑な仕事や大量の仕事をこなすときは、優先順位やどれから始めるか、考えながら行動するようにします。
新しいことを覚えるのであれば、メモ帳を見直し実際に、行っている姿をシュミレーションするのも効果的です。

いろいろな事を言われると混乱しますが、落ち着いて順序を決めることで、頭の中が整理され動きやすくなります。

方法⑤:集中力を養う

始めての事を実行するのは、聞いて、考えながらイメージするので思ったより疲れ、集中力が必要になります。
初めて取り組む仕事を想像すると分かるように、一度にたくさんのことを言われると、何から始めて良いのか、混乱することがありますよね。

一言も聞き逃さないようにするには、集中力が大切です。
周囲の雑踏に耳を傾けないように聞く時は、しっかり聞く習慣をつけると良いでしょう。

方法⑥:料理をする

料理を作るのは、要領よく物事を進めるのに役立ちます。
料理は時間内で作り終わらなければいけないので、時間や手順を考える必要がありますね。

何品か作る場合は、ひとつひとつ料理してたのでは時間がかかってしまいます。
煮込んでいる間に、別の料理を作る、デザートを先に作って冷蔵庫やオーブンに入れている間にメインを作るなど、順序や短時間で作業を終える能力が身に付きます。

<下に続く>

飲み込みが早い人になって有意義な人生を送ろう!

飲み込みが早い人の集まり

世の中にはさまざまな個性の持ち主がいるので、覚えが早い人もいれば、何をやっても要領の悪い人がいます。
飲み込みが早い人は、物覚えが良いと言われ、上司から褒められることが多く、仕事でも優位に立てたくさんの分野で活躍できます。

飲み込みが遅いと悩んでいる人は、早くなる方法を実践して能率を高めるようにしましょう。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line