Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

三大欲求とは?男女別の順位や欲求のコントロール方法

人間には三大欲求があるという話を聞いたことがありませんか?
一般的に言われているのは「食欲・睡眠欲・性欲」です。

ここでは男女別の三大欲求の順位や欲求のコントロール方法をご紹介します。
また、最近では三大欲求以外にも欲求があるとされているので、そちらも合わせてお伝えしたいと思います。

Large pexels photo 973401
目次

「三大欲求」とは?

三大欲求について

食欲

三大欲求のうちのひとつは食欲と言われています。
ここで挙げられる食欲は、空腹を満たしたいという人間の最低限の生命維持のための欲求のことを指します。

ただし、現代の日本や世界において、命の危機になるほどの空腹を感じることはまれです。
今私たちが食欲と言われて思い浮かぶのは、より美味しいものを食べたり、毎日しっかり三食食べている中でお腹が空いたときに感じるものでしょう。

睡眠欲

三大欲求の中のひとつ、睡眠欲というのは、眠いと感じることや寝たいという欲求です。
睡眠というのは食べることと同じくらいに人間の生命維持にとって大切な役割を果たしています。

睡眠が足りていないと眠気が襲って集中力がなくなるだけでなく、免疫力が下がって体調を崩しやすくなったり、大きな病気に繋がりかねません。
そういったことを防ぐために、人間は本能的に睡眠を取り疲労を回復しようとします。

性欲

もうひとつの三大欲求は性欲と言われています。
本能的に動物は子孫繁栄のために子供を作ろうとして、それが性欲に繋がっています。

その理由から、女性より男性のほうが性欲が強いとされています。
女性(メス)は妊娠・出産のために性交渉ができない期間があるのに対して、男性(オス)はその期間がなくより多くの子供を作ろうとするからです。

安心できる住居があり、敵から襲われる心配のない現代では、本来の目的である子供を残すためより、快楽を求めて使われることが多いのが現実です。

<下に続く>

男性の「三大欲求」の順位

男性の三大欲求

3位: 性欲

男性の三大欲求に順位をつけると第3位は性欲です。
男性は性欲が強いとされているので意外かもしれません。

しかし食欲や睡眠欲と比べると、生きていく上で最悪我慢できるのは性欲なんです。
人間は食事をしたり睡眠を取らなければ死んでしまいますが、性交渉をしなくても命に関わることはありません。

ただしそのときの状況や年齢によっては順位が変わってくる場合があります。
食欲や睡眠欲が満たされていれば性欲が上がってきますし、10〜20代前半の男性であれば睡眠よりもセックスがしたいという人もいます。

男性は10〜20代前半にかけてが性欲のピークで、その後は衰えると言われています。
その時期の男性であれば、性欲が1位という人もいるでしょう。

2位: 食欲

男性の三大欲求2位は食欲です。
男性に限らず、人間は食事から栄養を補い生命を維持しているので、これは当然の結果でしょう。

食欲もピークは10〜20代前半で、それ以降は食事の量も食欲も減少傾向です。
育ち盛りが過ぎると、性欲と共に食欲も落ち着いていきます。

1位: 睡眠欲

そして男性にとっての三大欲求の中での1位は睡眠欲です。
男性が生きていく上で一番大切なのは睡眠ということになります。

あなたも睡眠不足が続いてフラフラしたという経験がありませんか?
食欲と比べても、食事は多少我慢できますが、眠い状態というのは耐え難いものがあります。

年齢や状況・体調に関わらずどんな人でも眠気はやってくるので、三大欲求の中での1位は睡眠欲なのです。

<下に続く>

女性の「三大欲求」の順位

女性の三大欲求

3位: 性欲

女性の三大欲求にも順位をつけると、第3位は性欲です。
男性よりも性欲は控えめと言われているので、こちらも妥当な結果でしょう。

ちなみに女性は20代〜40代にかけてゆるやかに性欲が増加していきます。
なので男性の性欲が盛んな時期とは少しズレがあり、男女での性欲差・セックスレスが生じるのです。

2位: 食欲

女性の三大欲求第2位は食欲です。
こちらも男性と同じ結果となりましたが、男性の食欲とは少し別の意味も含みます。

性欲と同じく、食欲や食べる量も男性に比べると女性のほうが控えめです。
女性にとっての食欲は、お腹いっぱい食べたいというものより、甘いものや美味しいものを食べたいというもののほうが大きいんです。

スイーツや食後のデザートが好きな女性はこの食欲を満たしたいという願望が強いといえます。

1位: 睡眠欲

女性にとっての三大欲求の第1位はおわかりのとおり睡眠欲です。
先程男性の三大欲求でもお伝えしましたが、老若男女問わず睡眠欲求は止められません。

また女性の身体は睡眠不足に敏感です。
睡眠時間が足りていないとホルモンバランスが乱れ、生理不順や肌荒れに直結してしまいます。

健康と美容のためにも、女性の睡眠欲はできるだけ満たしてあげましょう。

<下に続く>

三大欲求を満たす方法

三大欲求が満たされた女性

人間が生命活動を維持するために体から発信される三大欲求。
放っておくと身体に支障をきたしかねないので、できるだけ上手に満たしてあげたいところです。

三大欲求を満たす方法を、欲求ごとにご紹介します。

  1. 3食規則正しく食事をする
  2. たまには少し贅沢をする
  3. 睡眠時間の確保
  4. 寝具や環境にこだわる
  5. 異性と性交渉をする
  6. 他人とコミュニケーションを取る

方法①: 3食規則正しく食事をする

三大欲求の食欲を満たす方法は、単純に食事を取ることです。
人にもよりますが、人間は基本的に朝昼晩とお腹が空くようにできています。

それを忙しさやダイエットのために回数制限してしまえば、おのずと身体は不満を感じて食欲がわいてきます。
できるだけ1日3食、栄養バランスを考えた食事を取りましょう。

方法➁: たまには少し贅沢をする

もうひとつ、三大欲求の食欲を満たす方法は、ちょっぴり贅沢をすることです。
この贅沢は、たとえば美味しいお肉を食べたり食後にケーキを食べるといったものです。

現代の日本では、極度の空腹で食欲が満たされないということはあまりありません。
1日3食食べているのになんだか物足りないという人は、たまにはいつもより美味しいものを食べてみてはいかがでしょうか。

ただし、暴飲暴食には気を付けましょう。

方法③: 睡眠時間の確保

つづいて三大欲求の睡眠欲を満たす方法ですが、睡眠時間の確保です。
あなたは毎日何時間寝ていますか?

人間にとって最適な睡眠時間は1日7時間と言われています。
仕事をしている人にとっては確保するのに少々難しい時間かもしれません。

また人によっては4時間だったり、ベストな時間は違います。
自分にとって必要な睡眠時間を見つけ、最低限そのぐらいは確保しましょう。

方法④: 寝具や環境にこだわる

三大欲求の睡眠欲を満たすふたつ目の方法は、良質な睡眠を取ることです。
自分に合った枕や布団に変えたり、眠りにつく数時間前から部屋の明かりを暗くしたり、寝る直前までスマホ画面を見るのをやめたり、良い睡眠のためには環境も大切です。

睡眠時間はしっかり取れているのになぜか日中眠くなるという人は、睡眠の質が悪いのかもしれません。
一度見直してみてください。

方法⑤: 異性と性交渉をする

三大欲求の最後のひとつ、性欲を満たす方法については性交渉・セックスをすることです。
とはいえ、恋人やパートナーがいない人にとっては簡単にはいきませんよね。

セックスができないからこそ性欲が溜まるのですから。
性欲を感じたときに即座に解消できる状態の人は少ないでしょう。

その場合は自分で処理するか、男性の場合は風俗を利用するかになってきます。

方法⑥: 他人とコミュニケーションを取る

三大欲求の性欲を満たす方法は実はもうひとつあります。
それは他人とコミュニケーションを取ることです。

性欲を感じるときというのは、さみしいときや暇を持て余しているときではないでしょうか。
ということは、それを解消すれば性欲も少し満たされるはず。

友達と電話してみたり、会話やスキンシップを取ることも大切です。

<下に続く>

三大欲求はコントロールする必要がある!

null

人間が欲望のままに行動するとどんなことが起こるでしょうか?
食欲のままに食べれば肥満になり健康によくないですし、睡眠欲のままに眠り続ければ仕事も家事もできません。

また、性欲のままに行動してしまえば性犯罪にもなりかねません。
自分自身の健康のため、そして社会で周囲に迷惑をかけずに生きていくためには、三大欲求をコントロールし、暴走しないようにする必要があるんです。

<下に続く>

三大欲求をコントロールする方法

三大欲求のコントロール方法

三大欲求は満たされれば解消されますが、欲求を感じたときにすぐにどうにもできないときもあります。
そんなときに役立つ、三大欲求をコントロールする方法をご紹介します。

  1. 運動をする
  2. 趣味を楽しむ
  3. 仕事に打ち込む

方法①: 運動をする

欲求で頭がいっぱいのときは、軽い運動をするとスッキリします。
ジョギングをしたりジムに行ったりまでは難しくても、いつも電車に乗るところを一駅歩くことでもいいんです。

運動して身体を動かすとアドレナリンなどの脳の神経伝達物質が働き、脳が冴えてリフレッシュできます。
また、身体を動かすことはストレス解消にも繋がります。

イライラすると甘いものを食べたなったり性欲を感じる人もいますが、そういったもののコントロールにも運動はおすすめです。

方法➁: 趣味を楽しむ

三大欲求をコントロールする方法のふたつ目は、趣味や自分の好きなことに没頭することです。
時間に余裕があったり手持ち無沙汰なときは、余計なことを考えてしまいがちです。

そうなると出てくるのが食欲・睡眠欲・性欲といった三大欲求でしょう。
なので三大欲求が頭に浮かぶヒマがないほどに、別のことに打ち込めばいいんです。

趣味を楽しんでいる時間は他のことが頭に浮かばないものです。
これといった趣味がないという人も、映画や本など何かに集中していれば、おのずと三大欲求は抑えることができます。

方法③: 仕事に打ち込む

三大欲求をコントロールする方法はもうひとつ、仕事に打ち込むことです。
趣味と同じく、何かに集中すると良いということから、仕事に励むことも三大欲求をコントロールすることに繋がります。

そうして仕事をがんばることで周りからの評価も上がれば一石二鳥です。
ただし、がんばりすぎて疲れすぎないように気を付けましょう。

<下に続く>

別の形の「三大欲求」説

三大欲求が強い女性

「食欲・睡眠欲・排泄欲」説

人間にとっての三大欲求と言われて思い浮かぶのは「食欲・睡眠欲・性欲」だと思いますが、実は違うのではないかという説があります。
それが「食欲・睡眠欲・排泄欲」説です。

排泄というのは排便、排尿のことを指しますが、広い意味で性欲も含まれるとと言われることもあります。
食欲・睡眠欲が人間が自分の意思とは関係なく勝手に感じるものであり、生命維持のためのサインのようなものだと考えると、もうひとつが排泄欲だという説にも納得がいきます。

「食欲・性欲・集団欲」説

もうひとつの三大欲求説は、性欲が集団欲に変わった「食欲・性欲・集団欲」説です。
どちらかと言えば人間の本能的な部分の欲求を挙げたものになります。

食欲と性欲は比例すると言いますし、そこに他人と関わりたいという集団欲が入ります。
「人はひとりでは生きていけない生き物だ」ということを聞いたことはありませんか?
その言葉はいろんな意味を含みますが、人は集団に属したい生き物であるからこそと言えます。

性欲も実は集団欲からくるものではないでしょうか。
誰かと接していたいという気持ちが膨らみ、結果として性欲になると考えれば、三大欲求が「食欲・性欲・集団欲」という説もなるほどとなります。

<下に続く>

人は「三大欲求」以上にも欲求がある

三大欲求以上の欲求

四大欲求説

人間には三大欲求ではとどまらずに四大欲求もあるという説がありますが、その中身もいくつかあるようです。
まずは三大欲求である食欲・睡眠欲・性欲に加えて、承認欲求をプラスしたものです。

人には自分の存在を人に認められたいという願望があり、それを承認欲求と呼びます、
上で挙げた別の形の三大欲求説の「食欲・性欲・集団欲」説と繋がるところがあります。

また、承認欲求ではなく知識欲と三大欲求を合わせたものこそが人間にとっての四大欲求である、という説もあります。
知識欲とは、何かに興味を持ち知りたいと思う気持ちです。

小さな子供が知識をどんどん吸収していくのも、「これは何だろう?」という知識欲があるからです。
そのことを考えると、この説も頷けるところがあります。

五大欲求説

五大欲求は三大欲求とは考え方が少々異なります。
こちらはマズローという心理学者が唱えたもので、「生理的欲求・安全欲求・社会的欲求・承認欲求・自己実現欲求」の5つからなります。

人間の欲求は生理的欲求が底辺にあり、ピラミッド型に上に上がっていくとされています。
生理的欲求というのは生きていくための欲求、食べたい・寝たい・性交渉をしたいという欲求がそれにあたります。

それが満たされると今度は「より安全な暮らしをし、安心感を得たいと感じます。
さらにそれも満足できると今度は「社会に貢献したい」といった社会的欲求を感じるようになります。

その次は「貢献したことを評価されたい」承認欲求が出てきて、最後に自己実現欲求がくるとされています。
自己実現欲求までになると、「自分の能力を活かして周りに貢献したい」という高いレベルでの欲求になります。

最近ではよく聞く説で、企業向けや自己啓発セミナーなどでも説かれており、聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

六大欲求説

三大欲求からさらに3つ欲が増えた、六大欲求説というものもあり、人間は欲深いものだということがわかります。
その説では人間には「安定・不安定・愛と繋がり・貢献・成長・重要」の6つがあるといいます。

安定欲求というのはかみ砕いて説明すると、三大欲求や五大欲求でもあるように社会的に安定した生活を送りたいという心理です。
不安定欲求とは、不安定=変化ととらえることができ、刺激が欲しいという感覚が近いのではないでしょうか。

愛と繋がり欲求は、他人と会話したり触れていたい、繋がりたいという欲求で、人とのコミュニケーションやスキンシップを求める感情を指します。
貢献欲求ですが、こちらは周囲の人、さらには社会に対して何か貢献したいという欲求です。
ボランティアなどもこの貢献欲求からくるものといえるでしょう。

成長欲求というのは、読んで字のごとく成長したいという欲求です。
最後に重要欲求ですが、こちらは自分が周りから必要とされたいという欲求です。

こうして解説を見てみると、人間の心理を上手く表現しているのがわかります。

七大欲求説

次は七大欲求説です。
こちらは宗教に絡んだ考え方のものになりますが、人には深層心理を読み解くと7つもの欲や願望があるという説です。

「七つの大罪」という言葉で表現されることが多いのですが、耳にしたことがあるのではないでしょうか。
この7つの欲望とは、「傲慢・嫉妬・憤怒・暴食・色欲・怠惰・貪欲」です。

三大欲求の「食欲・睡眠欲・性欲」も「暴食・怠惰・色欲」として入っています。
また怠惰は睡眠だけでなく、がんばらずに楽をして生きていきたいという大きな意味を持ちます。

その他はどうでしょうか。
傲慢とは、自分は他人より優れているといった態度を取ることを言います。
いきすぎたプライドなどがそうでしょう。

誰かを羨む嫉妬の気持ちも含まれています。
嫉妬の気持ちというのは、その人になりたいという欲求の裏返しです。
憤怒、つまり怒りの感情は、自分の思い通りに物事を運びたいという欲求からくるものです。

そして貪欲ですが、今ある物や現状に満足できず、より多くの物を得たいという強い欲求のことを言います。
どれも人が生きていく上では切り離せないものですが、だからこそ上手にコントロールしたいものです。

八大欲求説

八大欲求は「生存欲・食欲・障害回避欲・性欲・安全欲・優越欲・愛情欲・承認欲」からなります。
これはコピーライティングの際に役立つとされており、この欲求を満たす形で文章を構成することができれば商品セールスに効果大と言われています。

呼び方は違いますが、基本的には今までご紹介した説と似ています。
生存欲は、とにかく死にたくはないという最低レベルのものから人生を楽しみながら長生きしたいという願望にまで渡ります。

食欲は説明不要でしょう。
次に障害回避欲ですが、辛い思いや不安などを遠ざけたいという欲求です。

性欲、安全欲に関しても今まで挙げた通りです。
優越欲は、人よりも優位に立っていたいといった気持ちです。

愛情欲は、人に愛されたいという人間らしい願望です。
承認欲は、人から認められたい、褒められたいという欲求となります。

これを挙げた順で取り上げられれば、人の感情に訴えかけることができると言われています。

<下に続く>

三大欲求のバランス診断

三大欲求のバランス

話を三大欲求に戻しますが、三大欲求である食欲・睡眠欲・性欲は健康な状態ではほとんどの人がバランス良く保たれているといいます。
ただ、健康状態や環境によってはどれかひとつが強くなることがあるのも事実です。

それぞれに対して異常を感じる場合、どういったことに繋がるのかを挙げていきます。
心当たりがないか診断してみてください。

  1. 食欲について
  2. 睡眠欲について
  3. 性欲について

診断①: 食欲について

三大欲求のひとつ、食欲に異常を感じている人は、身体に何かしらの異常がある場合があります。
たくさん食べているのに満たされない人、逆に何日もあまり食事を取っていないのにお腹が空かないという人は、過食症や拒食症の恐れもあります。

規則正しく食事を取れないと、そこから体調を崩しやすくもなるので、異常を感じている人は一度生活を見直しましょう。
運動不足なども食欲不振に繋がるので、軽い運動をすることもおすすめです。

診断➁: 睡眠欲について

三大欲求の中で最も優先順位が高いとされている睡眠欲に異常を感じる人は、精神的ストレスを抱えている可能性があります。
仕事やプライベートで大きな悩みを抱えているとき寝れない状態が続いたという経験はないでしょうか。

人間の精神と睡眠には深い繋がりがあります。
たとえばうつ病の人は睡眠障害を伴う人がいます。

寝ても寝ても眠いというのも睡眠障害にあたります。
あなたがもし日々の眠りに対して異常を感じているのであれば、知らないあいだにストレスが溜まっているのかもしれません。

仕事を早めに切り上げて、休日は自分の時間を過ごしてみてください。

診断③: 性欲について

次は三大欲求の性欲に異常を感じている人についてです。
性欲が強くて困るという場合、基本的には健康な証拠ともいえます。

人間は自分の身体を守るために食欲・睡眠欲という形で信号を発信して食事を取り眠りにつきます。
性欲を1番に感じるということは、他のふたつが満たされているということ。

なので身体に異常がある可能性は低いと言えます。
ただし、精神的な疲労や不安から性欲を感じる人もいるので、思い当たることがある人はまずはその部分の解消を意識してみてください。

性欲がないという場合は、年齢的なことや性別によるものが考えられます。
男性は特に年々性欲は衰えますし、女性はもともと性欲があまりないという人も多い傾向にあります。
また、仕事やプライベートが充実していれば性欲を感じる暇もないという場合もあります。

こちらも身体的に問題がある可能性は低いですが、パートナーがいるのに性欲が感じられないと、関係自体にヒビが入ってしまうことも考えられます。
深く悩むことがストレスになりさらに悪化してしまうこともあるので、あまり思い悩まずに、いつもと違うシチュエーションや、普段しないことを試してみてはいかがでしょうか。

<下に続く>

三大欲求と上手に付き合いましょう

三大欲求と上手に付き合う

三大欲求というのは人間である限り切っても切り離せないものです。
また、欲求を感じるということは身体からのサインでもあり、決して悪いことではありません。

大切なのは自分の中の三大欲求といかに上手に付き合うかということ。
欲求を感じるがままに行動してしまっては、理性を知らない動物と同じです。

社会生活を送るにあたり、周りに迷惑をかけない程度にうまくコントロールしていきましょう。

Thumb color
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line