Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

好きな色&嫌いな色で性格診断!色が与える影響がわかる雑学も紹介

人によって好きな色や嫌いな色があると思われます。
色は人に影響を与えるので、色の好き嫌いを見て性格診断するのも可能ですし、日常生活の場でも色の影響をいかしていることもあります。

詳しい性格診断や色にまつわる雑学について詳しく紹介します。

Large 01 girl 828607 960 720
目次

好きな色が表す性格傾向

好きな色で明るい性格だと分かった女

好きな色が表す性格とはどのような傾向があるでしょうか。

  1. オレンジ
  2. 黄緑
  3. ピンク
  4. ゴールド
  5. グレー
  6. ブラウン
  7. シルバー
  8. 水色

詳しく項目別に見てみましょう。

好きな色①:赤

好きな色が赤の人の性格は、生命力に溢れていて積極的だと言われています。
血液や炎など勢いがあって、生きる力に満ちているのを象徴する色ですし、唐辛子などの刺激が強い物を表す色でもあります。

目立つ色でもあるので、赤が好きな色ということは、グループの中心人物で、リーダー的な存在ということにもなるでしょう。
一目をひく存在で、常に注目を浴びるのも慣れていますし、ライバルがいると燃えて受けて立つタイプでしょう。

好きな色②:黄

好きな色が黄色という人には、若々しく元気で明るい性格というイメージがあります。
黄色は「くちばしが黄色い」とか「女の子の黄色い声援」など、子供や若い人を象徴する色ということから、若いとか元気というように捕らえられることが多いです。

無邪気で色々なことに興味を持ち、周囲の人とコミュニケーションを取りながら、話を進める社交的な一面もあります。
黄色が好きな色という場合は、明るくて周りの人から好かれる性格も持ち合わせているでしょう。

好きな色③:緑

緑が好きな色という場合は、争いごとを好まない温和な性格と言われています。
緑は植物の葉の色で、見る人の目を休ませて落ち着かせます。

好きな色に挙げる人は落ち着いていて、協調性のある人が多いといわれています。
非常におとなしく真面目という一面があります。
職場や学校などで、グループ内に個性が豊かな人が集まっていて、意見や行動の仕方でぶつかってしまう場合は、それぞれの調整役として力を発揮し、頼りにされるでしょう。

好きな色④:オレンジ

オレンジは赤と黄色が混じった色なので、それぞれの個性を取った特徴があるでしょう。
オレンジが好きな色という場合は、赤の積極性と黄色の社交性を混ぜて、2つに割ったような性格をしています。

興味を持った人には、初対面でも構わず話しかけ、知らず知らずのうちに話題の中心になっているでしょう。
オレンジが好きな色という人は、明るく朗らかで、人からうざがられることはほとんどないでしょう。

人見知りで話しかけるのが難しいと感じている人に感謝されることもあります。

好きな色⑤:青

日本人だけでなく、青色は国外でも好きな色に挙げる人が多いと言われています。
青は勝利の色とも呼ばれ、アメリカなど大統領選でネクタイやチーフなど小物で身に付けている方もいるということです。

青を好きな色に挙げる人は、物事を冷静に見られ、的確な判断ができる性格です。
控えめで慎重な振る舞いをし、自制心も強いです。

日本人の気質に合った色と言えるでしょう。
礼儀をわきまえ、規律でしっかりとした行動を大切だと感じる人が好きな色に選ぶと思われます。

好きな色⑥:紫

紫色は赤と青が混じった色ですので、複雑な感じがします。
好きな色を紫という場合は、繊細な芸術家肌の人が多いでしょう。

デリケートな所があり、感受性が強いので傷つきやすい性格でしょう。
古来、身分が高い人しか身に付けられなかった歴史があるため、上品な人や品位があって立派な人になりたいと考えている所もあります。

紫が好きな色という場合、能力やセンスがあるので、近づきがたい性格に思われがちですが、感受性が豊かで壮大な夢を持っていることから、理解者が現れれば力を発揮することができるでしょう。

好きな色⑦:黄緑

黄緑色が好きな色という人は、黄色の持つ子供っぽい明るさと緑色の持つ平和主義が合わさった性格と言えるでしょう。
控えめでおとなしい所もありますが、基本的には無邪気で人と仲良くなれ、人なつっこさも併せ持ったような性格です。

穏やかで天真爛漫な人とも言えます。
黄緑が好きな人が集団の中にいると、周囲を優しく和ませるので、目立たなくても多くの人に好かれるでしょう。

好きな色⑧:ピンク

好きな色にピンクを挙げる人は、女性が圧倒的です。
色の持つ優しい雰囲気が作用し、優しい性格の人が多いです。

可憐な少女のような繊細な所があり、あまり強い口調で責め立てられると、ショックを受けてしまいがちです。
相手の態度によって左右されることもあり、何かあった時には引きずるタイプの性格でしょう。

ただ、ショッキングピンクが好きな色の場合は、多少押し出しが強い性格で、お節介焼きに思われることがあり、注意が必要です。

好きな色⑨:白

白が好きな色の人の性格は、純真無垢で俗世間に染まっていないような所があるでしょう。
誠実な性格で、人を裏切ったり嘘をついたりするのが嫌いです。

相手の裏を読みませんが、1度裏切ると許してもらえない場合があるので注意してください。
相手の言うことを信じ込む性格ですので、悪意のある人につけ込まれないようにしましょう。

好きな色⑩:ゴールド

ゴールドが好きな色の人の性格は、人の上に立ちたいという気持ちが勝っているのが特徴です。
コンテストや競技で、1番上の順位が金賞と付いているので、最も上を目指すタイプの性格だと言えるでしょう。

ゴールドが好きな人にはカリスマ性が身についていることもあり、人を従わせて意のままにできるような所もあるでしょう。
良いことであればいいですが、あまりにも独りよがりだと悪い結果を生むこともあるので、注意しましょう。

好きな色⑪:グレー

グレーが好きな色だという場合は少し注意が必要です。
白っぽい明るさを持つグレーなら良いのですが、黒に近い場合は人を寄せ付けない所があり、殻に閉じこもりがちで自分勝手な性格と誤解されることがあるでしょう。

感情を出さないクールな性格で、仕事面では大きく評価されそうです。
仕事で好んでダークスーツに選ぶ分には適しています。

プライベートでは、あまりグレーの服を選びすぎると人付き合いをしたくないのではと思われて損をすることもあります。

好きな色⑫:ブラウン

茶色が好きな色という人は、インテリアの木調の物など、落ち着いて自然な感じが良いと考える人もいるでしょう。
茶色が好きな色だと感じる人の性格は、自然が好きな所からマイペースで安定志向であるのが特徴です。

地に足がついたこつこつとした生き方を好み、あまり目立たないようにしていることがあるでしょう。
茶色が好きな色の人は、温和で落ち着いている性格なので、人から信頼されていることが多いです。

チームワークが必要とされる職場で、縁の下の力持ちとして活躍するでしょう。

好きな色⑬:黒

好きな色が黒という人は、自分の感情を表に出さないクールな性格です。
創造力が高まっているので、物を作る人や芸術家の人には良い色です。

どちらかと言うと男性や若い人が好きな色に選ぶことが多いです。
あまり人に構って欲しくない場合、黒が好きな色になることもあります。

ただし、黒一色を身に付けていると、暗い性格に向かったり、老けて見えたりすることがあるので、他の色も取り入れるようにしましょう。

好きな色⑭:シルバー

シルバーを好きな色に挙げる人は、ゴールドほどではないですが、やはり人の上に立つようなタイプの人が多いです。
ただし、少し控えめで参謀に向いています。

協調性もある性格でしょう。
光り輝く所から、高級な物が好きという側面もあります。

見方が独特で、知性や鋭さが感じられる所もあるでしょう。

好きな色⑮:水色

水色は、青色に白を足して明るく薄くした色です。
好きな色に選んだ場合は、明るく人と打ち解けながらも冷静さを保っているような性格だと言われています。

青のように冷たさを感じることはなく、優しさを押し出している性格です。
好きな色に水色を挙げる人は、人間味がないとは思われないですが、何かを決めきれずに優柔不断で優等生のような発言に終始してしまうこともあります。

判断をするなら早めに、煮え切らない人と思われないようにしましょう。

<下に続く>

嫌いな色が表す性格傾向

好きな色のみと言うはっきりした性格の子

それでは嫌いな色が表す性格の傾向を見てみます。

  1. オレンジ
  2. ピンク
  3. 茶色

項目ごとに詳しく見ていきましょう。

嫌いな色①:赤

嫌いな色に赤を選ぶ場合、争いごとが嫌いでゆったりしたい性格かもしれません。
好きな色に赤を挙げる人は、攻撃的で上昇志向が強いことがあります。

赤特有の派手さを嫌い、落ち着いてみんなと仲良くして穏やかな日常にあこがれる性格の人も多いです。
ただし、赤は活力を表す色ですので、嫌いと言うことは普段あまり行動的でなかったり、勢いがないように回りから見られているかもしれません。

嫌いな色②:黄

黄色が嫌いという人は、子供っぽい感情を表に出すのを恥ずかしく思う大人びた性格の持ち主だと思われます。
黄色が好きな色だという人は、無邪気で感情のままにまかせた振る舞いが目立ち、わがままな感じがすることもあるでしょう。

うるさいように感じられることもあり、寡黙な性格の人でもあるでしょう。
ストレスを感じている時にも黄色を見るといらいらする人もいるので、疲れていないか注意しましょう。

嫌いな色③:緑

緑が嫌いな色という人は、職場や学校のグループ内でなれ合いの雰囲気で仲良しグループになっているのが不満な性格かもしれません。
好きな色に緑を挙げる場合は、おとなしく誰とでも仲良くできる性格の人が多いです。

安定した日常や状況よりも、大きく変化して刺激的な日々を送りたい性格だと考えられます。
新しいことに挑戦して自分の力を試したいと考えている人もいます。

嫌いな色④:オレンジ

オレンジを嫌いな色だという人は、人のことに立ち入らない性格だと思われます。
オレンジを好む人は社交的ではありますが、お節介焼きの一面がありうざがられることがあります。

また、積極的でポジティブな性格を人に押しつけようとする厚かましい性格も垣間見える人がいます。
オレンジが嫌いな場合は、なれなれしくべたべたしない、あっさりとした付き合いを好む性格でしょう。

嫌いな色⑤:青

青は好きな色という人が多いので、嫌いだと言うことが少ないでしょう。
嫌いな人に考えられる性格というと、親分肌で情に熱く、密接に人付き合いをしたい人だと考えられます。

青は冷静さを表す色です。
青の持つひんやりとした感じを、冷たい性格のように感じられるのでしょう。

好きな色が青の人は、常識的な考えで判断をする所があるので、余計に冷たく感じるのかもしれません。

嫌いな色⑥:紫

紫色が好きな人は、芸術家肌の所があります。
嫌う人の場合、実務を重視して効率良く物事を行うのが好きな性格の場合があります。

また、紫色は高貴な色ではありますが、多く使い過ぎると下品になることがあります。
すっきりした洗練された感じが好きな性格の人が、紫を嫌うこともあるでしょう。

青と赤が入った色なので、二面性があり不安定に見えることもあります。
イチかバチかの勝負よりも、安定性を求める性格の持ち主だとも言えます。

嫌いな色⑦:ピンク

ピンクが嫌いだという人の性格は、ピンクの持つ甘くて幼稚な感じが嫌だと言うことがあります。
ピンクを好きな色という人は女性がほとんどです。

嫌いだという人は、大人びた性格で落ち着きがあり、芯を持った強さが目立つ性格です。
若さでマウントを取ったり、男性に媚びて得をしたりというやり口をする人を嫌う傾向があるでしょう。

嫌いな色⑧:白

白を嫌いな色に挙げる人は、自分の存在感を認めさせたい性格かもしれません。
白を好きな色だと言う場合、純真無垢で透明感を感じさせる人が多いです。

透明な感じなので、自分の存在が感じられませんし、人の中に埋もれていて責任逃れをするように考えていることがあるでしょう。
自分をアピールする力に優れていますが、やり過ぎてうざいと思われないように注意が必要です。

嫌いな色⑨:黒

黒が嫌いな人は、黒の持つ孤独感や暗い感じを嫌う性格です。
孤独から抜け出したいと考えている場合があったり、誰かと交流がないと辛いと感じる社交的な性格の人だったりします。

葬儀などの喪服や慶事でもフォーマルで用いられる拭くの色ですので、悲しみの色や、セレモニーの時に着用する色でもあります。
公式の場で着用することから、権威がある色でもあるでしょう。

堅苦しさを嫌う性格の持ち主でもあります。

嫌いな色⑩:茶色

茶色を嫌いな人は、決まり切った仕事が苦手な性格です。
茶色を好きな色という人は、安定志向が強いです。

嫌いあれば、変化を求めたり、同じことをすると退屈に感じたりする傾向が強いです。
何事にもチャレンジ精神が旺盛で、環境の変化を求めて自分から動く性格でしょう。

地味で落ち着きのある色なので、ある程度年齢を重ねないと良さが分からないといわれます。
若い人で好きな色に挙げる人はなかなかいないと言われています。

<下に続く>

なりたい色を身につければ「なりたい性格」になれる?

好きな色だけではなりたい性格になれないか怪訝に思う人

好きな色や気になる色があり、なりたい性格から考えて、テーマカラーを取り入れてみたいと考える方もいるでしょう。
なりたい性格になれるよう、影響を受ける場合があります。

ただし、あまりにも好きな色からかけ離れている色で、似合わない場合はコーディネートに苦労すると思われます。
また、極端に暗すぎる色や明るすぎる色は取り入れるのが大変です。

衣服に取り入れなくても、肌着に利用したり、文具や小物などに選んだりするのもおすすめです。
テーマカラーばかりになるのも、偏って悪い面が出るとこまるので、ほどほどに組み合わせて使うといいでしょう。

<下に続く>

【番外編】色にまつわる性格以外の雑学

性格診断をして好きな色以外にも入るステンドグラスを取り入れる

好きな色や嫌いな色など性格以外の雑学にはどのような物があるのでしょう。

  1. 男性と女性では好むピンクが違う
  2. ダイエットに向いている色
  3. 飲食店が好まれる色
  4. イエローベースとブルーベースとは
  5. イエローにもブルーにも当てはまらない場合
  6. デートの時に着てはいけない色
  7. 非常口のマークの秘密
  8. 肌色の色鉛筆がなくなったのは何故
  9. 緑の黒髪って何色
  10. 快眠を誘う寝具の色

色に関する雑学を項目ごとに詳しく説明します。

雑学①:男性と女性では好むピンクが違う

男性と女性で好むピンクに違いがあると言われています。
例えば、通販サイトのデザインで男性が女性を意識してピンクを選ぶと、青みがかったシャープなピンク、ネオン街の看板のようなピンクなど、はっきりしたピンクを選ぶと言われています。

一方、女性の方は、コーラルピンクピーチピンクに代表されるような黄みがかった色のピンクを好むと言うことです。
何故かは分かっていませんが、女性は幸せな暖かみのある雰囲気を好むので、特に、日用品やインテリアなど、普段の生活に繋がる品物が販売されている場合は、黄みがかった暖かみのあるピンクのデザインが好まれるのではないかと考えられています。

雑学②:ダイエットに向いている色

ダイエットをしようと考える女子におすすめの色は、食欲を抑える効果のある青や紫系統の色です。
気持ちを鎮める働きがあるので、少ない量で食欲を満足させたり、食べ物になかなかない色なので、食べないように脳神経が働いたりするとみられています。

テーブルに敷くクロスやランチョンマットの色を青や紫にするとか、お皿の色に青系の色を選ぶといいでしょう。
お弁当箱やランチクロスなどの色も青や紫で揃えるのもおすすめです。

雑学③:飲食店に好まれる色

飲食店を見ると、店内が木をベースにした茶色だったり、赤や黄色の暖かみのある色を使っている所が多いです。
これは、食べ物の色に合わせていることが多いです。

ただ、野菜などの自然食を扱っている店舗では自然の雰囲気たっぷりに、茶色と緑をテーマカラーにしている所もあります。
食欲が湧きづらくなるので、ダイエットに向いている色で挙げた青や紫などの色を使っている飲食店は、非常に少ないでしょう。

雑学④:イエローベースとブルーベースとは

イエローベースとブルーベースは、人が似合う特徴を持つ色を、黄みを含んだ色と青みを含んだ色に分類するやり方です。
より似合う色が分かるので、身に付けた時に生き生きと若々しく見えると評判です。

細かく診断するには専門家に見てもらう必要があります。
簡易判断をするには、指先をぎゅっと片方の手で押し、先の色がローズ系や赤系になればブルーベース、オレンジ系や朱赤になればイエローベースの色が似合うと言われています。

雑学⑤:イエローにもブルーにも当てはまらない場合

自分のパーソナルカラーを見た時に、どちらの特徴にも当てはまる方もいます。
そのような方は「グリーンベース」に分類される可能性が高いです。

黄色と青を混ぜたので、緑色の名前が付いているだけで、ベースに緑色が入っているカラーという意味ではありません。
瞳や髪の毛の色、肌の色に関わらず、全ての人種に一定数いると言われています。

両方のカラーが似合うので、うらやましいと感じる方も多いです。

雑学⑥:デートの時に着てはいけない色

初めてのデートは楽しみな反面、何を着ていこうとあれこれ悩んでしまう方もいるでしょう。
絶対とは言いませんが、できるだけ避けた方が良いのは、紺や黒、グレーなどの色です。

これらの色はビジネススーツにありがちな色で、重苦しく見えます。
デートを楽しむ雰囲気にはなりにくい色です。

できれば明るい色、ピュアな雰囲気を醸し出す白やベージュと、可愛らしいイメージを演出できるピンクを合わせるといいでしょう。
ブライト系のオレンジや黄色を合わせるのもおすすめです。

雑学⑦:非常口のマークの秘密

緑と白の非常口を示すマークや看板は、施設や店舗などでお馴染みです。
この配色は、日本独自で開発され、世界共通で取り入れられています。

何故、緑色が採用されたのかと言うと、火事の時に緑色が見やすく、すぐに非常口が探せるからです。
色を12色に分けて円の状態に配置すると、緑の反対の位置にオレンジが来ます。

反対の位置同士の関係を補色というのは美術の時間に習った方もいると思われます。
補色は正反対の色なので、お互いを引き立たせる関係になることから、オレンジの炎に囲まれていても、非常口のマークが目立つことになります。

雑学⑧:肌色の色鉛筆がなくなったのは何故

以前は見られた「肌色」の色鉛筆やクレヨンは、現在では姿を消しています。
オレンジがかったライトベージュに肌色と付けていた物が多かったのですが、人種により人の肌色は千差万別ということで、色名が使われなくなったということです。

「肌色」は、現在はペールオレンジや、うすだいだい色に名称が変更されています。

雑学⑨:緑の黒髪って何色

日本人の髪の毛を褒める時に「緑の黒髪」と言うことがあります。
黒は緑に当たるのか?と不思議に思った方もいると思われます。

この場合の緑は「若々しい」という意味を表します。
まだ初々しい物を表す時に、木々が芽吹いたことを表すように「緑」という字を当てています。

「緑の黒髪」と言ったら、若い女性のようなツヤのある美しい黒髪を指すと考えられます。

雑学⑩:快眠を誘う寝具の色

忙しい時期にゆっくりと眠って疲れを取りたいという方も多いでしょう。
実はぐっすりと眠れるおすすめの色があります。

は精神の活動を抑えてリラックスできる効果がありますし、も神経を静めて、興奮状態を抑えて気持ちを落ち着かせられます。
ゆったりと眠りたい方は、シーツや掛け布団カバー、ピローケースなどの寝具に取り入れてみるのがおすすめです。

<下に続く>

好きな色と嫌いな色で性格診断の目安にしよう

性格診断の結果が良かったので好きな色を着てカラフルな街に出かけた

人は好きな色や嫌いな色で影響を受ける場合があります。
好きな色を使っている場合は、性格やその時の心理、自分の状態に合うから選んでいると考えられるでしょう。

嫌いな色がある場合は、その色の持つ性質が嫌だという場合があるので、自分に足りない所があると思ったら、少しずつ取り入れてみることをすすめます。
色は性格以外にも色々な所で作用します。

日常生活の場にも色の力が取り入れられているので、それぞれの色に注目してみるといいでしょう。

Thumb color
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line