Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

アーモンドアイとは?どんな目?特徴&男性を惹きつける目元のメイク術

アーモンドアイという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
これは東洋人に多い目の形を示している言葉なのですが、実は美人目として最近注目を集めているのです。

今回はアーモンドアイの特徴をはじめ、実際にメイクでアーモンドアイを作っていく方法を紹介します。
最後まで読めばあなたも、魅惑のアーモンドアイを手に入れることができるでしょう。

Large 2  16

「アーモンドアイ」とはどんな目の形?

目がアーモンドアイの人
アーモンドアイという言葉を知っているでしょうか。
アーモンドアイとはその言葉通り、両端が細く中央がぷっくりと丸い、アーモンドに似た形をしている目を指すのですが、その特徴は以下の通りです。

  1. 目の横幅が長い
  2. 切れ長な目
  3. 目の縦幅も大きい

続けて、上にあげた特徴を、それぞれ詳しく見ていきましょう。

特徴①:目の横幅が長い

アーモンドアイの人は、目の横幅が広いという特徴を持っています。
ぱっと見たときに、目が大きい!という印象を持たれることが多いようですね。

特徴②:切れ長な目

アーモンドアイは先ほども紹介した通り、食べ物のアーモンドと同じような形をしています。
そのため中央付近がふっくら丸く、両端、つまり目頭と目尻側がシュッと細長く、切れ長という特徴を持っているのです。

特徴③:目の縦幅も大きい

一重、二重などまぶたの差に関わらず、アーモンドアイの人は目の縦幅も大きい傾向にあります。
そのため、目力がある人だと思われることも多いと言えるでしょう。

<下に続く>

アーモンドアイ(目)が与える印象

アーモンドアイの特徴を見る
美人の目とされるアーモンドアイですが、アーモンドアイの人の目はどのような印象を与えるのでしょう。

  1. 美人
  2. クールで知的
  3. 日本人らしさ

続けて、上記の印象についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

印象①:美人

二重でぱっちりとした欧米的な美しさを持つ目元と違い、「異国的な雰囲気を持っている目」という印象を与えます。
もちろん二重でクリっとした大きな瞳も美人とされていますが、それと同様にアーモンドアイも美人の象徴とされているのです。

美人になりたいを叶える20の方法|メイク・ファッションと内面の磨き方美人になりたい!美人顔の特徴 では、美人顔にはどのような特徴があるのでしょう。
美人顔には、以...

印象②:クールで知的

特徴③でも示したように、アーモンドアイの人は強い目力を持っているという特徴に加えて、切れ長な目でもあるので、クールで知的な印象を与えます。
また、そんなクールな雰囲気から時に「ミステリアスで不思議」という印象に繋がるケースもあります。

印象③:日本人らしさ

先ほども紹介したとおり、アーモンドアイは東洋人の多くに当てはまる目の形です。
中でも日本人に多い、一重で切れ長のアーモンドアイからは、日本人が持つ独特な気品や色気が感じられ、アジアンビュティ―の象徴だともされています。

<下に続く>

アーモンドアイを叶える目元のメイク術

アーモンドアイにする目元メイクをする
アーモンドアイは生まれ持った目の形だと諦めている人もいるでしょうが、実はそうではありません。
女性なら誰もがしたことのあるメイクを駆使すれば、憧れのアーモンドアイを手に入れることはできるのです。

アーモンドアイを手に入れて美人になるための、目元メイク術を紹介しましょう。

メイク術①:アイシャドウの塗り方

アーモンドアイを作るメイクでは、ベージュ、ブラウンなど落ち着きのある深めカラーのアイシャドウをチョイスしましょう。
またマットタイプよりもパールや細かいラメの含まれたものを選んだ方が、目元のキラキラ感でゴージャスさを加えることができ、美人目に近づくことができます。

アイシャドウはグラデーションができるように塗りましょう。
目元に立体感を出すことで、理想のアーモンドアイを手に入れることができます。

下まぶたは目じりをしっかり引き締めましょう。
黒目から目じりにかけて濃いめの締め色を入れることで、しゅっと引き締まったアーモンドアイの完成です。

メイク術②:アイライナーの引き方

アイシャドウと同じく、しゅっとした目元を演出することがアーモンドアイメイクの秘訣です。
色はアイシャドウと合わせて、ブラックやダークブラウンなどの深い色をチョイスしてください。

まつ毛の隙間を埋めるようなイメージで、丁寧にアイラインを引くことがポイントです。
また目の下の粘膜にインラインを引くことで、より一層クールで引き締まったアーモンドアイにすることもできます。

メイク術③:マスカラの塗り方

アーモンドアイを作る時には、目元のボリュームが必要不可欠です。
そんなボリューム感を出すために必要なのは、なんといってもまつ毛メイクでしょう。

マスカラはボリュームが出るタイプを使用することが重要です。
目尻のマスカラを濃いめに塗ることで、アーモンドアイらしい切れ長な目を簡単作ることができるのです。

またマスカラは使い方次第でデカ目効果も狙えますから、下まつ毛にもしっかり塗ることをおススメします。

メイク術④:それ以外の部分

アーモンドアイにすると、知的でクール、そして時にきつい印象を与えます。
その印象を和らげるため、目元以外のメイクでは可愛らしい、優しい印象を与えるアイテムを取り入れましょう。

具体的にはリップやチークなどに、甘めのピンクカラーなどを取り入れるのがおススメです。
カッコよさと可愛らしさがうまく融合して、全体のバランスがとりやすくなります。

<下に続く>

【目のタイプ別】アーモンドアイの作り方

目をアーモンドアイにするメイク
アーモンドアイのメイク方法は、その人がもともと持っている目の形によって変わります。
そこで目の形別に、メイク術を細かく見ていきましょう。

一重

一重の人はアイシャドウが大きなポイントになります。
内側から外側に向かって薄くなるようなグラデーションを作ることで、目元の印象が大きく変わります。

また、アイラインは引きすぎないようにしてください。
一重の人はアイラインを引いても瞼に隠れてしまいますから、見えるように太く引こうとすると厚ぼったく見えてしまうのです。

奥二重

奥二重の人は目の横幅を強調するために、目尻に向かって濃くなるようなグラデーションでアイシャドウをつけましょう。
アイシャドウは縦割りで使用すると、よりメイクがしやすくなります。

そしてアイライナーはなるべく目の内側に引きましょう。
あまり太目に引くと、目を大きく開いたときに瞼につく原因となりますから、内側にサッと引く程度で大丈夫です。

二重

二重の人はパッチリとした目元を活かすために、アイシャドウを濃く塗りすぎないようにしてください。
ブラウンベースでうっすらとつける程度で、充分綺麗な目元になります。

反対にアイラインは、くっきりハッキリと引いてください。
二重の人は1番アイラインが目立つ目の形をしているので、よれていると非常に目立ってしまい、みっともないのです。

<下に続く>

アーモンドアイの魅力をUPさせるコツ

アーモンドアイの目元の魅力を見つける

目元メイクでアーモンドアイを作るなら、やはりアーモンドアイの魅力を最大限に引き出したいものです。
ではいかにしてアーモンドアイの魅力をUPさせるのでしょう。

目元メイクのコツを紹介していきます。

  1. 印象はアイライン次第
  2. スモーキーアイ
  3. 全体的に奥行きを意識

続けて、アーモンドアイの魅力をUPさせるコツをそれぞれ詳しく見ていきましょう。

コツ①:印象はアイライン次第

アーモンドアイはしゅっと切れ長の目元が特徴的ですが、場合によってはそのせいでクール、かつきつめな印象を与えかねません。
それではせっかくのアーモンドアイの魅力が半減してしまいますから、少し優しい印象に寄せるために、アイラインの引き方に気をつけましょう。

コツは、アイラインの目尻側を少し下げて、たれ目気味にすることです。
プラス、黒目の上に当たる部分にはアイラインを太目に引くことで、目全体の丸みが強調されてい優しい雰囲気のアーモンドアイが完成します。

コツ②:スモーキーアイ

スモーキーアイとは、くすんだカラーのアイシャドウを使用してメイクした目元を指している言葉です。
淡い色合いのくすみカラーを使用すると、ナチュラルで切れ長なアーモンドアイを作ることができます。

スモーキーアイは大人っぽい、色気のある雰囲気を持っているので、クールな印象を与えがちなアーモンドアイとの相性が抜群なのです。

コツ③:全体的に奥行きを意識

アーモンドアイを作る目元メイクで最重要事項は、目元の奥行きを意識することです。
切れ長でぱっちりとした、力のある目元を演出するためには、メイクの工程できちんと奥行き感を出さなくてはいけません。

<下に続く>

アーモンド型の目を作るおすすめアイシャドウ

アーモンドアイにする目元メイクを実践する
ここからは、アーモンドアイにするために必要なメイク道具を紹介していきましょう。
まずは女性のまぶたをきれいに彩る、アイシャドウから見ていきます。

アイシャドウ①:インテグレート「スイートトリックアイズ」

インテグレート スイートトリックアイズ
1900円

パッケージから女性らしく可愛いアイシャドウですが、発色もきれいでおススメのアイテムです。
ラメが入っているので、目元を簡単に華やかでゴージャスな印象にすることができるのです。

またそのラメを使って涙袋を作れば、きつくなりがちなアーモンドアイの目もとを優しく可愛らしい印象に変えることもできます。
キラキラしすぎるのが気になるなら、パレットに含まれているブラウンの色を濃い目につけると、全体が引き締まった印象になるのでおススメです。

アイシャドウ②:メイベリン「ハイパーダイヤモンド シャドウ」

メイベリン ハイパーダイヤモンド シャドウ
2980円

大きめのラメが特徴的なアイシャドウです。
目元がかなりキラキラとゴージャスになるので、デートやパーティなど華やかにしたい時のメイクにはもってこいのアイテムと言えるでしょう。

ただし、ラメが大きい分目元から取れて頬に落ちやすい、という難点もあります。
こちらのアイシャドウを使用するなら、最初にアイシャドウベースなどを塗って粉落ちを防ぐことをおススメします。

アイシャドウ③:リンメル「ロイヤルヴィンテージ アイズ」

リンメル ロイヤルヴィンテージ アイズ
850円

ヴィンテージ感もあるスモーキーな発色が特徴的なアイシャドウです。
発色が非常に上品で、かつ深みのある輝きなので大人っぽいクールなイメージにしてくれます。

発色だけでなく色持ちが良いこともメリットの1つで、しっかり瞼にフィットしてスモーキーな目元を演出してくれると大人気アイテムです。

アイシャドウ④:サナエクセル 「スキニー リッチシャドウ」

エクセル スキニーリッチシャドウ
1468円

4色を順に塗り重ねていくだけで綺麗なグラデーションができる、その簡単さと肌馴染みの良さが人気のアイシャドウです。
瞼の上でするすると伸び、力をかける必要がないので目にも優しいと好評なのです。

また、アイシャドウに含まれる微細なパールが、目元をパッと華やかにしてくれるだけでなく、上品な印象に抑えてくれることも特徴の1つと言えるでしょう。

アイシャドウ⑤:ルナソル「シャインフォールアイズ」

ルナソル シャインフォールアイズ
5400円

ちょっぴり高級なアイシャドウですが、高いだけあってエレガントで上品、かつ深みのある発色が期待できるアイシャドウです。

瞼に乗せると非常に薄づきなのですが、それでも存在感は抜群です。
独特の深みと透明感を併せ持った、不思議なアイシャドウとしてリピーターも多い商品です。

アイシャドウ⑥:キャンメイク「パーフェクトマルチアイズ」

キャンメイク パーフェクトマルチアイズ
842円

王道のプチプラコスメであるキャンメイクからも、アーモンドアイメイクにピッタリのアイシャドウが出ています。
ラメが入っていないマットな質感が特徴で、瞼に乗せるとふわっと優しく色づきます。

ラメが入っていないことで地味になりそうなイメージがありますが、決してそんなことはなく、ナチュラルなグラデーションができると人気です。

アイシャドウ⑦:KATE「ブラウンシェード アイズ N」

ケイト ブラウンシェードアイズN
1088円

重ねるだけで綺麗なグラデーションが簡単にできると、大人気のアイシャドウです。
また同じブラウンでも少しずつ色味の違う商品が多数出ており、その選択肢の幅広さも人気の秘訣と言えるでしょう。

質感もマットなものから微細パールでキラッと輝くものまであります。
アーモンドアイにはどちらのタイプもおススメなので、気分や好みで選べる点も嬉しいポイントです。

<下に続く>

アーモンド型の目を作るおすすめアイライナー

目をアーモンドアイにする
アーモンドアイを作る目元メイクには、目をはっきりと際立たせるアイライナーも必須のアイテムです。
おススメ商品を紹介していきます。

アイライナー①:スカルプDボーテ「ピュアフリー アイライナー」

スカルプDボーテ ピュアフリーアイライナー
1690円

こちらのアイライナーはなんといっても0.08mmという極細の筆が特徴的です。
アーモンドアイを作る時に重要なアイラインも、筆がしなやかで使いやすいので簡単に書くことができるでしょう。

さらに美容成分がたくさん含まれているので、メイクしながら目元ケアもできるという優れものです。
目元に負担がかからないよう、お湯で簡単にオフできるというのも嬉しいポイントでしょう。

アイライナー②:エチュードハウス「プレイ101 ペンシル」

エチュードハウス プレイ101
882円

こちらのアイライナーはペンシルタイプです。
プチプラアイテムというだけでなく、書き心地が滑らかで非常に使いやすいことが特徴です。

カラーバリエーションが豊富で自分に合わせて選びやすく、さらにウォータープルーフでにじみにくいことも大きなポイントです。

アイライナー③:ヴィセ「スーパースリム ジェルライナー」

ヴィセ リシェ スーパースリム ジェルライナー
1026円

先端が超極細のジェルアイライナーです。
アーモンドアイを作る時のアイライナーは、ジェルタイプだと優しい印象に仕上げることができます。

芯が細いことで細かな部分まで書きやすいことが特徴的な商品です。
美容液成分が配合されているために目元の乾燥を防ぎながら、その発色はつけたての濃密さを長時間キープしてくれます。

アイライナー④:ベルサイユのばら「オスカル リキッドアイライナー」

ベルサイユのばら オスカルジェルペンシルアイライナー
1280円

とにもかくにも書きやすさが大人気の商品で、こちらも超極細芯をもつジェルライナーです。
初心者でも問題なくまっすぐに書けるので、まつ毛の隙間を埋めるときや目尻、目頭のラインも細かく調整することができます

美容成分を配合したウォータープルーフ仕様で、デリケートな目元をしっかりケアしつつ発色は1日中くっきりした色味をキープできます。

アイライナー⑤:LB「スマッジジェルアイライナー」

LB スマッジジェルアイライナー
864円

ジェルライナーなので、優し気な雰囲気のアーモンドアイを作ることができます。
肌への密着度の高さが特徴で、滲みたりよれたりすることはあまりありません。

芯が柔らかいのでぼかすのも簡単ですが、もちろんしっかり書けばくっきりハッキリしたラインも得意なので、万能アイテムと言えるでしょう。

アイライナー⑥:D-UP「シルキーリキッドアイライナー」

ディーアップ シルキーリキッドアイライナーWP/NB
2808円

プチプラで、ドラッグストアなどどこででも購入しやすいことが特徴のアイライナーです。
プチプラにもかかわらず発色が非常によく、また通常通りの洗顔でスルッとオフできる手軽さから、使用する人が多い商品でもあります。

筆もすべりやすく、なめらかな書き心地です。
先が細いので、まつ毛の間を埋める程度の細いラインでも書きやすいでしょう。

アイライナー⑦:KATE「スーパーシャープライナーEX」

ケイト アイライナー スーパーシャープライナーEX
1009円

文房具メーカー「ぺんてる」と共同開発している極細筆は、初心者でも持ちやすく書きやすいと大人気です。
ただし筆が独特の形をしているので、それまで他のライナーを使用していた人は慣れるまでに時間がかかるでしょう。

艶やかな発色で、アーモンドアイに欠かせないきりっとした目元をしっかり作ってくれます。
汗や皮脂に非常に強く落ちにくいのですが、メイクオフの時にはお湯で簡単に長せるという手軽さもおススメポイントです。

<下に続く>

アーモンドアイの特徴とメイク術

微笑む目がアーモンドアイの女性
アーモンドアイは東洋人に多い目の形で、その形状からクールで知的な印象を与え、美人の象徴だと言われるようになりました。
そしてアーモンドアイは本来の目の形に関わらず、メイクの仕方を気をつければ誰でもアーモンドアイにすることができるのです。

ポイントは目元を彩るアイシャドウと、目をはっきり際立たせるアイライナーです。
この2点を最低限押さえておけば、誰でも簡単にアーモンドアイを手に入れることができるでしょう。

ぜひメイクの方法を覚えて、クールで格好良い、アーモンドアイの目元を演出してみてください。

Thumb color
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line