Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

美人になりたいを叶える20の方法|メイク・ファッションと内面の磨き方

女性なら誰しも一度は「美人になりたい」と思った経験があるでしょう。
中学生、高校生など若いころは大人な女性に憧れを抱き、可愛いよりも美人になりたいと思うものです。「私なんて」「ブスだから」と努力もしないまま諦めてはいけません。
努力して整形なしで美人を手に入れたケースもたくさんあります。
今回は、メイク、体型、ファッションなど、美人になる方法をご紹介していきます。
美人になるための方法を実践して、自分に磨きをかけていきましょう!

Large %e5%a5%b318
目次

美人になりたい!美人顔の特徴

では、美人顔にはどのような特徴があるのでしょう。
美人顔には、以下の特徴があります。

  1. シャープな眉
  2. 切れ長な目元
  3. 上向きの口角
  4. 輪郭がすっきり

続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。

特徴①:シャープな眉

美人顔の特徴
眉毛は顔の印象を左右するパーツであり、美人か否かを決定するパーツにもなります。
美人眉とされる基本のポイントは、「シャープ」です。

細すぎず太すぎない絶妙な細さで、キリッとした眉毛に特徴があります。
ボサボサのまま放置した眉毛では、どこか垢抜けないぼってりとした印象になってしまいます。

きちんと整えられたシャープな眉は、洗礼されたイメージを作り出してくれるのです。

特徴②:切れ長な目元

縦に幅があるクリっとした丸い目は可愛いイメージになる一方、横に広がる切れ長な目は綺麗さを引き立たせます。
眉毛と同様に、美人の条件の中でも欠かせないパーツと言えるでしょう。

特徴③:上向きの口角

女性の魅力の一つでもある「笑顔」は、絶対的な美人の条件です。
いつでもニコニコと上を向いている口角は、可愛さを演出する最強のアイテムになります。

いくら顔が整っていたとしても、口角が下がりムスッとしていると魅力が減少してしまうのです。
雰囲気そのものに「負」のオーラが漂い、お世辞にも美人だとは言い難くなってしまいます。

特徴④:輪郭がすっきり

シュッとしたら顎で首との境目がはっきりとした、すっきりラインの輪郭がポイントです。
肉付きの良い丸々とした顔よりも、全体的に引き締まった顔の方が美人さをより引き立だす効果があります。

<下に続く>

「美人になりたい」を叶える方法【ケア編】

美人のケア方法

では、「美人になりたい」を叶える方法をみていきましょう。
「美人になりたい」を叶える方法には、以下のものがあります。

  1. 肌のケア
  2. 唇のケア
  3. 爪のケア
  4. 角質ケア
  5. リンパマッサージ
  6. ボディマッサージ

続いて、「美人になりたい」を叶える方法を、それぞれ詳しくみていきます。

方法①:肌のケア

ちゅるんとした赤ちゃんのような綺麗な肌を保つために、毎日のスキンケアを欠かしてはいけません。
化粧水や乳液でのケアに加え、肌に栄養を与える美容液などで綺麗な肌を保ちましょう。

乾燥肌やオイリー肌など、人によってさまざまな肌のタイプに分かれます。
タイプごとに合う・合わないがあり、間違った選び方をすると肌荒れの原因になってしまいます。

まずは、自らの肌のタイプを知った上で適したスキンケアのアイテムを選びましょう。

方法②:唇のケア

女性らしさを強調するパーツとなる唇も、しっかりとケアしなければなりません。
ガサガサと荒れている唇は、マイナスイメージへと繋がってしまいます。

ぷるんと潤いのある唇こそが、顔にを添えてくれるのです。

方法③:爪のケア

注目される機会が少ないと気を抜きがちな爪のケアですが、しっかり形や長さを整えておきましょう。
見られていないと思う部分こそ、実は見られているのです。

伸びきった爪やささくれができすぎている指元は、詰めの甘さを感じさせてしまいます。
手は頻繁に使うもので、指先は細かく動きのある大事なパーツです。

美人は指先からと言うように、末端部分でも気を抜いてはいけません。
キューティクルをケアするためにオイルを塗る、甘皮の処理をする、長さを整えるなど、爪元のケアを欠かさないようにしましょう。

方法④:角質ケア

角質は水分を保つものである一方、細胞が死んでいるため毛穴詰まりの原因になってしまいます。
不要な角質を取り除き、肌のターンオーバーによる自然な新しい肌を手に入れましょう。

角質ケア用のクリームやグッズが豊富で、専門店に行かなくても自宅で簡単にケアができます。
かと言って、間違った使い方をしたり無理に角質を剥がそうとしたりするのは厳禁です。

まずは、ケアグッズの説明書や注意書きをよく読み、正しい使い方を心掛けます。
無理に取ろうと力を入れず、軽く撫でて自然にポロポロと落ちる分を取り除きましょう。

方法⑤:リンパマッサージ

体内の血流を促進させるために、リンパマッサージをおこなうといいでしょう。
血流が悪いとどうしても顔や体に血色感が出ず、体調が良くない人に見えてしまいます。

特に目の下や唇をリンパ腺に沿って重点的にマッサージし血行を良くしましょう。
このとき、グリグリと強く押せばいい訳ではなく、クルクルと円を描くように優しく抑えていきます。

目の下の血流が良くなるとクマの改善に繋がり、唇は程よく血色感が得られます。
寝る前や暇なときなど、ちょっとした隙間時間におこなうといいでしょう。

方法⑥:ボディマッサージ

体内の老廃物を流すように、手足やお腹・腰周り、首元など、体全体を優しくマッサージをおこないましょう。
リンパの流れと同じ方に向け、優しく血液を流していきます。

お風呂から上がった後は、体が温まり血液の流れが活発になっています。
そのタイミングで丁寧にマッサージしていくと、普段よりも効果が期待できるでしょう。

力を入れて揉んで行くのは危険で、何もつけない状態でおこなうのもよくありません。
マッサージオイルクリームを塗り、ゆっくりと微力で血液を流していきましょう。

<下に続く>

「美人になりたい」を叶える方法【メイク編】

美人のメイク

では、「美人になりたい」を叶える方法をみていきましょう。
「美人になりたい」を叶える方法には、以下のものがあります。

  1. 引き算メイク
  2. ナチュラルに仕込む
  3. カラーに統一感を出す

続いて、「美人になりたい」を叶える方法を、それぞれ詳しくみていきます。

方法①:引き算メイク

美人に魅せるメイクのコツは、計算した部分を足すのではなく引く「引き算メイク」です。
下地やベース、アイライン、アイシャドウ、チークなど、どんどん足していけばいいというものではありません。

太く引きすぎたアイラインは目を小さく見せ、濃く付けすぎたチークは顔の面積を広く見せるなど、逆効果になっているケースもあります。
引き算メイクは、顔の良さを最大に引き出すためにも、あえて引いて魅力を際立たせる方法です。

余計な部分には足さない、必要でないと判断した工程は飛ばすように、できるだけ加工を減らしていきます。
元ある素材を生かしたメイク術で、美人を演出しましょう。

方法②:ナチュラルに仕込む

濃いメイクで作り物のような顔になるよりも、自然にナチュラルさを演出しましょう。
美人のナチュラルに見えるメイクでも、実はしっかり仕込んでいるのです。

太くアイラインを引かない部分は、粘膜をしっかりと埋めて強調させています。
ベースは厚塗りにならないように、細かく工程を分けたり薄づきタイプを重ねたり、ナチュラルに見える工夫を凝らしているのです。

ナチュラルメイクからはすっぴんが連想しやすく、変化がなさそうだと男ウケも抜群です。
さりげなく仕込むのがポイントで、ナチュラルに華やかさをプラスしましょう。

方法③:カラーに統一感を出す

こなれ感を出して垢抜けるためには、メイクに用いるカラーを統一させましょう。
オレンジ系、ピンク系と大まかに色合いを決め、全体的にカラーをまとめるようにします。

顔全体にまとまりが出るとぼんやりとした印象になりにくく、はっきりした顔立ちに見える効果があります。
反対に、統一感がないと浮いているパーツが目に留まり、顔そのものがぼんやりとしたイメージになってしまうのです。

簡単に統一感を出せるパーツは、頬のチークカラーと唇に塗るリップカラーになります。
片方をピンク、片方をオレンジなどとちぐはぐにならないように注意しましょう。

<下に続く>

「美人になりたい」を叶えるメイク術【パーツ別】

ベース

sakiさん(@saa213you)がシェアした投稿 -

ベースメイクは重要な工程で、崩れやすさや完成度の高さを左右します。
肌のタイプは人それぞれ違い、乾燥肌・オイリー肌に加え、イエローベース・ブルーベースに分かれます。

乾燥肌であれば密着度の高い下地で保湿し、オイリー肌であればオイル配合が高い下地は使用しない方がいいでしょう。
まずは、自らがどのタイプの肌質、カラータイプに分類されるかを知る必要があります。

簡単な色味の見分け方は、手首や甲の血管を見て、青味がかっていればブルーベース、緑がかっていればイエローベースになります。
自らの肌を知った上で、ファンデーションには色味質感が合うものを選びましょう。

眉毛

美人さを演出するシャープな形は、自らの骨格に合わせて眉毛を描いていきます。
眉山は小鼻と黒目を結んだ延長線上に取り、小鼻と目の淵を結んだ点を眉終わりにします。

眉山・眉終わりの点を取った後、眉頭から1センチほど外寄りに離れた部分から、眉山の点に向かってペンシルで書き始めます。
このとき、直線ではなく毛を一本ずつ描き足していくイメージで書いていきましょう。

点に沿って形を取った後は、毛の隙間を埋めるようにパウダーで足していきます。
グラデーションを意識して、眉頭から眉尻に向けて濃くなるようにしましょう。

目元

ざるそばさん(@daisukijapan_2)がシェアした投稿 -

横に大きい切れ長な目は、目頭の切開ラインがポイントになります。
不自然さを出さないように、目のキワ延長線上にラインを引いていきましょう。

数ミリ仕込むだけでも目の印象はガラリと変わるため、長く引きすぎないように注意が必要です。
アイラインは目尻に流して長めに引き、マスカラは目尻に重点を置いて長さを出していきましょう。

横方向へ目を大きく見せたい場合は、アイシャドウを縦割りのグラデーションにします。
目頭から目尻の方へ向かって濃くなっていくように、グラデーションを作りましょう。

チーク

ニコッと笑ったときに浮き出る箇所がチークポイントで、黒目よりも外側に色をのせていきましょう。
黒目の中にチークカラーが付いてしまうと、全体的に可愛い印象になってしまいます。

顔の形にもよりますが、頬骨から口角のあたりに向かって斜め下へ色を入れます。
面長タイプの人は下に伸ばさずに、横方向を意識して入れるといいでしょう。

色味はオレンジやコーラルピンク、ベージュカラーを用いると大人っぽさがプラスされます。
濃くなりすぎた場合はティッシュでオフして、全体的に薄づきを心がけましょう。

ノーズシャドウ

れいあさん(@reia0322)がシェアした投稿 -

キリッとした顔立ち、立体感を生み出すために、ノーズシャドウを仕込みます。
眉頭と繋げるようなイメージで、鼻先に向かってスッと線を引いていきます。

このとき、上から下まで引ききるのではなく、中心部を離して眉の下から目の横あたりと鼻先だけに入れましょう。
一本の線を引ききってしまうと、鼻が大きく見えたり太く見えたりしてしまいます。

さりげなく堀深さを演出し、よりシャープな印象に近づけていきます。
筆で影を入れた後は、指先で線をなぞって肌に馴染ませていきましょう。

ハイライト

Nozomi Miyazakiさん(@nono_9514)がシェアした投稿 -

ハイライトは光を浴びたとき綺麗な輝きを放ち、立体的な顔・ツヤのある顔を演出してくれます。
顔の高い部分のおでこ、鼻筋、頬の上あたりと、暗く見えがちな目の周りと目頭に仕込みましょう。

おでこ、鼻筋のTゾーンに光を集めると、のっぺり顔を立体的に見せてくれる効果があります。
さらに、目はクマやシミができやすい部分でもあるため、ハイライトの光によって目立たせなくする効果を狙いましょう。

ハイライトをしないという人も少なくないはずですが、いつものメイクに一手間プラスするだけで美人へと近づけるのです。
「面倒くさい」と工程を飛ばしてしまわずに、サッと忘れずに仕込むようにしましょう。

<下に続く>

「美人になりたい」を叶える方法【体型・ファッション編】

美人の体型・ファッション

では、「美人になりたい」を叶える方法をみていきましょう。
「美人になりたい」を叶える方法には、以下のものがあります。

  1. メリハリボディ
  2. 女性らしさを残す
  3. コーデテーマを決める
  4. 全体的なバランスを見る
  5. TPOに合うファッション

続いて、「美人になりたい」を叶える方法を、それぞれ詳しくみていきます。

方法①:メリハリボディ

出すべきところは出す、引っ込めるべきところは引っ込める「メリハリボディ」を手に入れましょう。
スタイルは美人の条件の一つで、良いに越したことはありません。

断食やプロテイン生活よりも、適度な運動筋トレによって体を締めていきましょう。
また、綺麗な体のラインを出すためには、「姿勢」も大切になります。

猫背はもってのほかで、背筋をピンと伸ばす習慣を身につける必要があります。
スタイルや姿勢の良さは美人になるには欠かせない条件で、どちらもクリアしておくと美人への道が拓けてくるでしょう。

方法②:女性らしさを残す

美人になる秘訣は「女らしさ」にあり、女性特有の美ボディを目指しましょう。
綺麗に痩せるという部分が鍵を握るため、痩せすぎ体型は好ましくありません。

行き過ぎたダイエットによる骨が浮き出たガリガリ体型は、健康的には見えず「綺麗さ」が損なわれてしまいます。
少しプヨっとした肉が付いている方が男性にも好評で、女らしい柔らかな感触がたまらないと感じるのです。

女性に生まれたからには、女らしさを最大に活かして武器にしなければ宝の持ち腐れになってしまいます。
過度なダイエットをする必要はなく、痩せるというよりも体を引き締めるイメージを持つと良いでしょう。

方法③:コーデテーマを決める

毎日の服選びは適当になりがちですが、こだわりを持って服をコーディネートしましょう。
その日のファッションにテーマコンセプトを決めて、コーディネートを楽しむというのがポイントです。

コーディネートはある程度イメージがなければまとまらず、統一感や上級者感が出なくなってしまいます。
全体をまとめるためにもテーマ・コンセプトが重要で、あらかじめ決めておけば後は内容に沿ってコーディネートを組んでいくだけです。

どうしても思いつかない場合は、コーディネートを決めてかはテーマを付けても構いません。
服選びにおいて「これで良いか」という考えを極力無くし、こだわりを持つようにしましょう。

方法④:全体的なバランスを見る

ファッションはバランスが大切で、上下と小物使いがポイントになります。
白シャツにジーンズを合わせたノーマルコーディネートでも、小物次第でいくらでもおしゃれに見えるのです。

また、人それぞれの体型に合うサイズがあり、しっかりフィットするサイズ感を選ぶ必要があります。
ジーンズの丈が長め・短めという些細な部分でも、ファッション全体の印象が変わってきます。

コーディネートを組むときはアイテムだけを見るのではなく、全体を見てバランスを調整しましょう。
細かいところまで気を配るとともに、自らのサイズ感を知ることも大切です。

方法⑤:TPOに合うファッション

「着たい」と思う服を着るのは良いですが、TPOを考慮してコーディネートを組みましょう。
美人と直接的な関係がないと思われがちですが、場面によってはTPOが重要になります。

キャンプやバーベキューなど、アウトドアの場面でヒールが適さないというのは大体予想はつくでしょう。
ただ、美人はその他の場面でも決して気を抜かずTPOを考えています。

例えば、コンビニや軽い買い物であっても、誰かに会う可能性があるため会ってもいいような格好をします。
普通なら気を抜いてしまいがちな場面においてもTPOを考えて行動しているのです。

<下に続く>

「美人になりたい」を叶えるファッションコーディネート

では、「美人になりたい」を叶えるファッションコーディネートにはどのようなものがあるのでしょうか。
「美人になりたい」を叶えるファッションコーディネートには、以下の5つがあります。

  1. 大人カジュアル
  2. モード系スタイル
  3. オールインワン
  4. タイトスカート
  5. 大きめのアクセサリー

続いて、「美人になりたい」を叶えるファッションコーディネートを、それぞれご紹介します。

ファッションコーディネート①:大人カジュアル

s a y a k aさん(@sayaka__sea)がシェアした投稿 -

大人なカジュアルスタイルでは、アップヘアにするとこなれ感が演出できます。
カジュアルなコーディネートこそ全体的にグレーでまとめるなど、色合いに統一感を出すといいでしょう。

明るめの色でカジュアルさを作るよりも、グレーやブラックなどの暗めの色の方が大人っぽさが加わります。
差し色としてイエローやグリーン系の小物を取り入れて、一点どこかに色を入れてもいいでしょう。

ファッションコーディネート②:モード系スタイル

mink chairofficialさん(@minkchair)がシェアした投稿 -

上下のセットアップを上手に着こなして、モード系のコーディネートはいい女感を演出します。
抑えめなカラーのセットアップを選び、明るめカラーのインナーを合わせるとより上級者コーデへと近づきます。

また、インナーにレース生地を合わせると、パンツスタイルであっても女らしさが出るでしょう。

ファッションコーディネート③:オールインワン

HIRAKOさん(@hirako2018)がシェアした投稿 -

オールインワンは着やすい上に、一枚でおしゃれになれるアイテムです。
ワイドパンツタイプで大人っぽく、スカートタイプでガーリーに印象を変えられます。

さらに、小物にハットを選ぶと女らしく、麦わら帽やキャップを選ぶとあどけなさをプラスできます。
なりたいタイプに合わせてパンツ、スカート、小物、カラーを選ぶといいでしょう。

ファッションコーディネート④:タイトスカート

shiho⋆*✩さん(@shiho_starbox)がシェアした投稿 -

女性らしさを引き出すために、ボディーラインが出るタイトスカートが必須アイテムです。
タイトのミニスカートでもいいですが、大人っぽさを出したい場合は長めの丈を選びましょう。

レースタイプのタイトスカートはセクシーさがアップしますが、TPOによって使い分けが必要です。
かしこまった場にはあまり適さず、パーティーや合コンなど少しはじけた場所に参加するときのコーディネートにしましょう。

ファッションコーディネート⑤:大きめのアクセサリー

大振りのアクセサリーは女性の華奢さを際立たせます。
特にピアスやイヤリングは顔に近いため、小顔効果が期待できるでしょう。

ただ、腕時計やブレスレットは大振りよりも小振りの華奢なものを身につけた方が細見えする効果があります。

<下に続く>

「美人になりたい」を叶える方法【内面・考え編】

美人の内面・考え方

では、「美人になりたい」を叶える方法をみていきましょう。
「美人になりたい」を叶える方法には、以下のものがあります。

  1. 前向きな姿勢
  2. 影で努力する
  3. 他人に優しく
  4. 毎日を楽しむ
  5. 親切な人が多い
  6. 周りに感謝する

続いて、「美人になりたい」を叶える方法を、それぞれ詳しくみていきます。

方法①:前向きな姿勢

美の雰囲気を醸し出すためには、人を惹きつけるプラスのオーラが必要です。
関わると不幸せがやってきそうな負のオーラを放っていると、関わりたい・素敵だと思う気持ちにはなりません。

プラスのオーラを引き寄せるのはそう難しい訳ではなく、ものごとを前向きな姿勢で構えるようにします。
どんなときもポジティブに、「できる」「やってやる」と前向きに捉えましょう。

失敗したときでも落ち込んでばかりおらず、「これもまた試練だ」と自らに期待する感情へと変換します。
気の持ちようでいい方へも悪方へも結果が変わり得るため、プラスに変えられるように前を向いていきましょう。

方法②:影で努力する

美を追求して努力する上で、「こんなにも頑張っている」とアピールする必要はありません。
努力は自ら発信するものではなく、周囲に評価されてこそ認められるものです。

美人を目指している場合は、「美人」だと言われてはじめて、努力が実ったと言えるようになります。
いくら頑張っていたとしても、結果というゴールに達しなければいけないのです。

努力を見せびらかして驕らず、結果を求めて影でコツコツと努力を積み重ねていきます。
影でひっそりと努力している分、周囲からの評価もより一層高くなるでしょう。

方法③:他人に優しく

内面からも美しくなるためには、他人に優しく接するようにしましょう。
人間は「一人」で生きている訳ではなく、周囲の人に助けられて生きているのです。

特に恩恵を感じないという人でも、どこかで必ず人の手を借りています。
感謝しつつ生きるという面でも、相手に思いやりを持って生きるのに大損はないでしょう。

人に優しくなった分、自らにも返ってくると信じて疑わないようにするのがポイントです。
いつもきつい言い方をしてしまう場合は優しめに、人のために動かない場合は手を貸すなど、少しずつ行動を広げていきましょう。

方法④:毎日を楽しむ

活気に満ち溢れた生活を送るためには、「楽しくない」と思うよりも楽しむ気持ちが必要です。
どんなときも「楽しむんだ」という意気込みが大切になります。

たとえ嫌なできごとがあっても、思考の転換によって楽しむことができます。
ものごとの受け止め方はそれぞれで、受け取り方によってはマイナスもプラスへと変えられるのです。

人生は一度きり、どう過ごすかは本人の自由で、人によってさまざまな形があります。
そんな中でも、「楽しんだもの勝ち」と言えるでしょう。

方法⑤:親切な人が多い

美人は恵まれたルックスにより得するできごとが多く、代金が安くなったり親切にしてもらったりします。
そのため、美人な人は「親切な人に恵まれている」と考えるようになるのです。

たとえ相手に親切心がなくとも、素直に感謝ができるようになっています。
「何か理由があるから」と裏をかくように、余計な憶測や心理は働きません。

その点を美人に習い、親切だという考えを頭に置いておき、素直に感謝する習慣をつけるのです。
相手が計算で親切にしてくれた場合でも、ああだこうだと考えずピュアな心で接しましょう。

方法⑥:周りに感謝する

いつなんどきも周囲に対する感謝を忘れず、素直に気持ちを伝えていきましょう。
頭によぎった言葉は飲み込むのではなく、吐き出して一つずつ消化していきます。

感謝の言葉であれば余計に、口に出さなければ伝わりません。
「恥ずかしいから」と、自らの中に留めておかないようにしましょう。

「ありがとう」などの感謝フレーズにはパワーがあり、口にすればするほど心が浄化され綺麗になって行くのです。
自らでは変化が目に見えづらいかもしれませんが、周囲にはしっかりと輝きが見えているはずです。

<下に続く>

美人になりたい人がやめるべきNG習慣

NG習慣

では、美人になりたい人がやめるべきNG習慣をみていきましょう。
美人になりたい人がやめるべきNG習慣には、以下のものがあります。

  1. 夜型の生活
  2. 愚痴をこぼす
  3. 人のせいにする
  4. 途中で投げ出す
  5. ストレスを溜め込む
  6. 下・後ろ向きになる

続いて、美人になりたい人がやめるべきNG習慣を、それぞれ詳しくみていきます。

NG習慣①:夜型の生活

「美」を手に入れるためには、生活のリズムが大切です。
夜型の生活リズムになって、暗い中で生活を送る習慣をつけてはいけません。

どうしても夜が主な活動時間となると、周囲との差やホルモンバランスの乱れが生じてしまいます。
太陽が昇る朝・出ている日中の明るい時間に活動する必要があるのです。

「朝活」を楽しむ習慣をつけ、生活リズムを日中へとシフトさせていきます。
目覚めとともに太陽を浴びて、自身の体を起こして1日をスタートさせましょう。

NG習慣②:愚痴をこぼす

口は災いの元ともいいますが、発する言葉一つひとつが「人」を作っています。
正真正銘の美人と認められる女性は、外見だけでなく内面から美しいのです。

もちろん、周囲を見下したような発言や悪口・愚痴は漏らしません。
誰からも美人と称される女性は、「性格ブス」とは程遠い大きな器を持っています。

一歩でも近づくためには、人の悪口や愚痴を言うのはやめましょう。
妬みや僻みによる悪口はマイナス要素を生み出すもので、決してプラスの方向には進んで行きません。

NG習慣③:人のせいにする

自らの取った行動に対して、責任を持たなかったり放棄したり、人のせいにするのはタブーです。
人に全てをなすりつけて、責任から逃げようとしてはいけません。

人は生きていれば誰しもが失敗するもので、反省点を生かして成長していきます。
悪かった部分を省みなければ、いつまでたっても前進しないどころか後退してしまいます。

責任を受け止めてこそ成長の第一歩となり、どんどんレベルアップしていくのです。
逃げる行動そのものが、美人から遠ざかる行動になっていることを忘れないでおきましょう。

NG習慣④:途中で投げ出す

ものごとを不完全燃焼のまま、途中で投げ出してしまってはいけません。
達成してこそ得られるものがあり、努力の糧へと繋がるのです。

「上手くいかないから」とすぐ投げだすようになると、諦め癖がついてしまいます。
一度癖として体に染み込むと取り除くまでに時間を要し、努力が必要なときにできなくなってしまうのです。

美人は努力をアピールしませんが、必ずどこかに努力があります。
普段から諦めない習慣をつけて、いつでも努力できる体制を整えておくといいでしょう。

NG習慣⑤:ストレスを溜め込む

ストレスは体にとって不要なもので、溜め込むと危険です。
できるだけ溜めないように、定期的に解消しなければなりません。

軽く運動をしたり大声を出したりして、ストレスを溜め込まない動きを定着させましょう。
また、溜まっているかどうかに左右されず、解消方法を習慣化させる手も有効的です。

気づかないうちに心がリラックスし、溜めずに吐き出す力が強くなります。
ストレスは老廃物となるため、日頃から溜め込まない体制を整えておきましょう。

NG習慣⑥:下・後ろ向きになる

ものごとを後ろ向きに捉えたり、ネガティブ思考で下を向いたりすると、負のオーラが漂ってしまいます。
前向きにポジティブに思考を変換していく必要があります。

たとえ失敗した場合でも、いつまでもくよくよせずに「失敗に意味がある」と前を向きましょう。
下や後ろを向いていると見えないものが、その先に見えてくるはずです。

ものごとがいい方へ転がすには気持ちが大切で、ポジティブに捉える言動が吉と出ます。
自らを信じて強く前へと、真っ直ぐに進んでいきましょう。

<下に続く>

「雰囲気美人になりたい!」を叶えるには

雰囲気美人

雰囲気美人とは

雰囲気美人は、顔が一段と整っているわけではないのに「美人」に見える女性を指す言葉です。
ブスを馬鹿にして作られた言葉ではなく、ときには本当の美人よりも美しく見えるケースもあります。

雰囲気美人の特徴

メイク術やファッションセンス、仕草、言動によって、美しい雰囲気が醸し出されているのです。
特にロングヘアーの女性が多く、ゆるく巻いていたりウェーブがかったりしています。

明るいオーラが特徴的で、よく笑う女性やメイクが映える女性に多く見られるでしょう。

雰囲気美人になる方法

自らに合うファッション、メイク、ヘアカラー・スタイルを見つけ、積極的に取り込んでいきましょう。
雰囲気美人はあくまでも「雰囲気」が大切で、顔そのものというよりもオーラが重要になります。

できるだけ笑顔を心がけ、言葉遣いや仕草の一つひとつを丁寧にしていきましょう。

<下に続く>

美人になりたいを叶える20の方法【メイク|ファッション|内面】のまとめ

本当の美人は見た目だけではなく、内面まで美しくピュアな心を持っています。
愚痴をこぼしたりネガティブになったりするNG習慣を捨て、内面まで美しく保てるように意識しておきましょう。

ブスでもメイクやファッション、体型、言動のコントロールによって、いくらでも美人へと変化していけるのです。
努力すらしていない段階で「できない」と諦めてしまわず、今回ご紹介した美人を叶える方法で自らを磨き、ぜひとも綺麗を手に入れてくださいね。

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line