Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2018/12/29

ナンパされる女性の特徴12個!ナンパされる方法&されたときの対応法

友達からのナンパ報告。「はいはい」と聞き流していても、モテるアピールをされるとムカッとしますよね。ナンパされるのは、モテるからではありません。では、ナンパされる女性とは、どんな女性でしょうか?この記事では、ナンパされる女性の特徴や共通点、ナンパされる方法とされたときの対応の仕方をご紹介していきます。

Large photo 1461265924727 666f16b92ad7  2
目次

ナンパされる女性=モテる?

プールでナンパされる女性

「このあいだナンパされちゃって~」というフレーズを聞いたことはありますか?
ナンパされる女性ほどモテると勘違いしやすく、すぐに自慢してきますよね。

困ったようなニュアンスで話していますが、内心の嬉しさやモテると勘違いしている気持ちがダダ漏れです。
実際に、声を掛けられるというのは、話しかけやすかったり気になったりしたからではあります。

が、それはモテるとは少し違い、「イケる」と思ったから声をかけられているだけ。
つまり、ナンパされる=モテるではなく、ナンパされる=簡単に成功しそうということになるのです。

<下に続く>

ナンパされる女性の特徴

喜んでナンパされる女性

では、ナンパされる女性にはどのような特徴があるのでしょう。

  1. 隙だらけ
  2. ノリがいい
  3. 美人すぎない
  4. ロングヘア
  5. スタイルがいい
  6. ブランド品を持つ
  7. 軽そうにみえる
  8. 若くみえる
  9. 押しに弱い
  10. 少数で行動する
  11. 夜に出かける
  12. ナンパ待ちする

続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。

特徴①:隙だらけ

服がはだけていたり乱れていたり、隙だらけの女性はチェックされているもの。
当然、ガードの固い女性よりも、ナンパされる確率が高くなります。

理由は、男性からみて「イケそう」と思われるからです。
ナンパの目的は、ほとんどの場合が遊びだといえます。

簡単に言うと、体の関係やワンナイトラブが目的です。
ベッドインをゴールにする男性が、隙だらけの女性を狙う理由が分かりますよね。

特徴②:ノリがいい

ナンパされる女性に限って、ノリがいい性格をしています。
ノリの良さはときにあだとなり、短所として働いてしまいます。

例えば、「行かないの?」と言われてしまうと、「いくに決まってるじゃん!」と返すしかなくなるのです。
ノリのいい女性の頭には、「行かない」なんてノリの悪い選択肢はありません。

このように、ノリの良さを言い換えると「断れない」になります。
NOと言えない性格上、ナンパされると簡単にOKを出してしまうのです。

特徴③:美人すぎない

ナンパされる条件として、美人すぎないことが大切です。
自分が声をかける側だと思って、考えてみてください。

目の前に、とても美人な女性がいたとします。
声をかけたい気持ちは山々ですが、断られそうだと後ずさりしてしまいませんか?

そのすぐ近くに美人すぎない女性がいた場合、そちらに声をかけてしまうでしょう。
逃す魚は大きいですが、ナンパする男性は、成功する確率でみたときに大きいほうを選ぶのです。

特徴④:ロングヘア

きれいなロングヘアをなびかせながら歩いている女性。
振り返った瞬間、「えっ?」と驚いた経験はありませんか?

ロングヘアは、美人な雰囲気を作り出すために欠かせないもの。
つまり、後ろ姿やパッと見た感じでは美人に見えるのです。

ナンパされるのは、雰囲気に騙されているから。
想像と違った…とガッカリしたとき、その人を釣ろうとはしなくなります。

特徴⑤:スタイルがいい

長い脚、くびれたウエスト、華奢な肩幅など、スタイルがいい女性もナンパされる傾向があります。
とくに、見た目を重視するタイプの男性は、スタイルや雰囲気で選ぶことが多いです。

好みによるところもありますが、太めの女性よりも声をかけられるでしょう。
スタイルのよさは、魅力的な女性をイメージさせるからです。

特段、美人というわけではなくても、どことなく美人のような雰囲気が漂います。
スタイルは、その人の印象を作り出している要素のひとつといえるでしょう。

特徴⑥:ブランド品を持つ

ハイブランドを持っている女性は、ナンパされることが多いでしょう。
よく見かけるのが、ヴィトンのバッグやグッチのアクセサリー、シュプリームのファッションアイテムなどです。

ロゴマークを全面的にだしたブランドは、おしゃれですが金銭感覚をあらわにします。
身につけているもので、ある程度、女性の人となりや取り巻く環境が見えてきます。

それらをもとに、イケるorイケないを判断しているのです。
ハイブランドをたくさん持っている女性は、ほぼ100%の確率で"イケる"とみなされるでしょう。

特徴⑦:軽そうにみえる

見た目からして軽そうな女性がナンパされると聞いても驚きませんよね。
むしろ、納得してしまう人も多いのではないでしょうか。

最終的な目的は、ほとんどの場合がセックスです。
ゴールにたどり着くには、ホテルや自宅に行かなければなりません。

わざわざ、ガードが固そう…と思った女性に声をかけると思いますか?
答えはNOで、軽そうにみえる女性をターゲットにするのです。

特徴⑧:若くみえる

若い女性は、ナンパされることに喜ぶ傾向にあります。
経験が少ないことで、ナンパされる=モテると勘違いするのです。

あなたが男性の立場になったとき、無視されるor喜んでくれるとなれば、喜んでくれる方を選びませんか?
できるだけ、労力がかからない方を選びたくなりますよね。

そスムーズにナンパするためにも、若くみえる女性を狙うのです。

特徴⑨:押しに弱い

流されやすい女性は、ナンパする側からすればラッキーです。
アタリくじを引いたも同然で、あとはとことん押すのみ。

結果的に、押し問答に負けた女性は、ナンパされることになります。
判断ポイントは、「断れなさそうだな」と思うところです。

よくナンパされる女性は、NOが言えないと思われている可能性があります。
ときには、断る勇気も必要ですよ。

特徴⑩:少数で行動する

大人数の女性が集まっている場は、なかなか賑やかで近寄りにくいもの。
声をかけようにも空気感に圧倒されてしまいます。

その反面、少数で行動している女性には声をかけやすいです。
また、ヒマしている確率も少数の方が高くなります。

繰り返しになりますが、ナンパされるのは「イケる」と思われるからです。
三人よりも二人、二人よりも一人のように、イケる可能性が高いほうを優先します。

特徴⑪:夜に出かける

ナンパされる時間帯は、夜がメインです。
昼間から街に繰り出して声をかけはじめる男性なんていません。

暗くなってきたらスタートです。
目安としては、アルコールが入る時間帯や、終電を逃しそうな時間帯に動きはじめます。

そうなると、夜に出かける女性は必然的にナンパされる可能性は高まりますよね。
普段はほのぼのとしていふ場所でも、夜になるとディープな街に変わっていくのです。

特徴⑫:ナンパ待ちする

ナンパされるために、声をかけられやすい場所で待つ女性もいます。
「私を拾って」と言っているも同然。

ナンパする男性は、そんなありがたい状況を逃すわけがありません。
ナンパ待ちがいないか、随時チェックしています。

言い換えれば、ナンパされたい女性は待っておけばいいのです。
まさに、ウィンウィンの関係ですね。

<下に続く>

ナンパされた時の対応の仕方

手を繋いでナンパされる女性

では、ナンパされた時の対応の仕方をみていきましょう。

  1. 軽く話す
  2. 相手を探る
  3. 無視する
  4. 連絡先を聞く
  5. ついていかない

続いて、ナンパされた時の対応の仕方を、それぞれ詳しくみていきます。

対応①:軽く話す

ナンパ師は、歩いているときや止まっているときに声をかけてきます。
NOだと思ったときは、軽く話してその場を立ち去りましょう。

「へー」や「そうなんだ」のように、相づち程度で構いません。
深く話しこまないのがポイントになります。

また、その場にとどまってしまえば、相手の思うツボです。
歩いているなら、早歩きでその場を駆け抜けるようにしましょう。

対応②:相手を探る

ナンパされるところからはじまる恋もあります。
チャンスをなくさないためにも、しっかりと相手を探りましょう。

好みで声をかけたのか、遊び目的なのか、どちらに当てはまるかがポイントになります。
もしかすると、本当にタイプの女性なのかもしれません。

はなからNOと言わなくても、少し時間をとって見極めてみてもいいですよね。
ただ、明らかに遊び目的なのが伝わってくるときは、探る時間をつくる必要ないですよ。

対応③:無視する

ナンパされるのが苦手なら、とことん無視するといいでしょう。
無理やり、「何か言わなきゃ…」と言葉を返す必要はありません。

無視をするのは心が痛いかもしれませんが、"ナンパ"だということを思い出してください。
いきなり声をかけられた時の反応が、スルーなのです。

あくまでもいじめなどの無視とは違いますよね。
とくに気負わず、フランクな気持ちで考えましょう。

対応④:連絡先を聞く

時間がない日に限ってナンパされることも。
そんなときは、とりあえず連絡先を聞いておきましょう。

急いでいたからチャンスを逃す…なんてもったいない。
少しでも「いいな」と思った相手に後日、連絡してみましょう。

連絡先を聞いたとしても、実際にしないといけないわけではありません。
出会いを広げたいのであれば、念のため、連絡先を聞いておいて損はないはずですよ。

対応⑤:ついていかない

流れに負けて、軽いノリで男性について行かないようにしましょう。
「会話が楽しかったから」「いい人そうだから」は、全くあてになりません。

女性が落ちるまで優しいのが男性、いつわりの態度で接しているパターンも多いです。
落ちたとわかった瞬間、態度が一変する男性だっています。

無理やり…なんてこともないとは言い切れません。
自分の身を守るためにも、その場の雰囲気に流されないでくださいね。

<下に続く>

ナンパされる方法【時間帯・曜日】

ナンパされるのを待つ女性

時間帯

ナンパされる時間としては、街にお酒がではじめる午後6時ころから深夜の1時・2時あたりが多いです。
繁華街ともなれば、午後8時から盛んになりはじめ、深夜3時や4時でもナンパされることがあります。

一軒目が終わった時間帯からがピークで、二軒目、三軒目へと一緒に行く女性を探すのです。
また、クラブやバーが立ち並ぶ場所では、深夜4時を回っても朝方までナンパされる時間帯が続きます。

基本的には夜の時間帯、ナンパされる時間の終わりは場所によって変わります。
声をかけてもらいたいのであれば、午後10時をすぎたくらいからナンパスポットに出向くといいかもしれませんね。

曜日

ナンパされる曜日としては、金曜土曜メインです。
次の日が休みの人が多い曜日だからこそ、「遊ぶぞ!」と開放的になる人が多くなります。

ほかにも、月曜が休みの仕事(美容師など)に就く場合は日曜の夜、水曜が休みの仕事(不動産など)なら火曜日の夜を狙います。
声を掛けられる機会が多いのは、金曜日や土曜日の夜といえるでしょう。

<下に続く>

ナンパされる方法【場所】

踊りながらナンパされる女性

では、ナンパされやすい場所をみていきましょう。

  1. バー
  2. クラブ
  3. 駅前
  4. 飲み屋街
  5. 居酒屋

続いて、ナンパされやすい場所を、それぞれ詳しくみていきます。

場所①:バー

一人の女性が声をかけられやすいのは、バーカウンターです。
薄暗い雰囲気で、話しかけやすさがあるからでしょう。

バーはうるさい空間ではないため、大人の男性からナンパされるパターンが多いです。
「一緒にどう?」からはじまり、気づけば2軒目、3軒目…と心が通いあうことも。

カウンターで、となりに男性がいるときは、ナンパされるかもしれませんよ。

場所②:クラブ

クラブはナンパの場といえるくらい、定番スポットです。
露出している女性が多く、男性にとっては、もってこいの場所になっています。

狭い空間で密着しやすく、簡単に女性の手をとることができます。
また、暗さ×お酒×音楽の三拍子が揃っているため、男女ともに開放的になっています。

ナンパされる目的で、クラブに通う女性もいるくらいですよ。

場所③:駅前

待ち合わせ場所として利用者の多い駅前には、たくさんの人が行き来します。
もちろん、ナンパされる目的の女性もいれば、する目的の男性もいます。

そろそろ近づいてくる男性…それがナンパされる合図です。
声をかけて欲しいときは、駅前でキョロキョロしてみてください。

ターゲットを探している男性が、ゆっくりと近づいてくるはずですよ。

場所④:飲み屋街

夜の街へ繰り出すほど、ナンパされる機会も増えるもの。
バーやスナックなど飲み屋街では、声をかけられることも多くなります。

とくに、グイグイと絡んでくる相手は酔っ払いです。
若い男性から中年男性まで、幅広い出会いがあるでしょう。

酔っ払いが多い分、介抱している男性とも出会うチャンスが広がります。
「大変ですね」の一言が、仲良くなるきっかけになるかもしれませんよ。

場所⑤:居酒屋

上で挙げたナンパされる場所を見ると分かる通り、ほとんどにお酒が絡んでいます。
バーやクラブ、飲み屋街など、開放的になりやすいところがナンパされるスポットなのです。

同じように、居酒屋ではアルコールが入るためいつもよりフランクになるでしょう。
となりの席の人と仲良く…なんてことも期待できますよ。

ナンパされる目的で行くとなれば、居酒屋よりも上で挙げた場所がおすすめです。
が、「誰かいないかな〜」くらいの軽い気持ちでいくなら、居酒屋がおすすめですよ。

<下に続く>

ナンパされる方法【服装】

こっちを向くナンパされる女性

では、ナンパされやすい服装にはどのようなものがあるのでしょうか。

  1. 胸のあいた服
  2. キャミソール
  3. タイトワンピース
  4. ミニスカート
  5. ニーハイブーツ

続いて、ナンパされやすい服装を、それぞれご紹介します。

服装①:胸のあいた服

胸がざっくりとあいた露出の激しい服装は、「声をかけて」と言っているも同然です。
ファッションとして胸を強調しているつもりでも、男性にとってみれば興奮材料でしかありません。

街でナンパされるのが嫌だと思う女性は、できるだけ胸元を隠すようにしましょう。
胸元が開いた服を着るときは、ストールやマフラー、アウターなどで隠すだけで、近寄ってくる男性の数が変わってくるのでおすすめですよ。

服装②:キャミソール

キャミソールも同じように、肩や胸元など肌の露出が多い服装です。
体目的の男性からすれば、そんなファッションをしている女性に食いつかないわけがありません。

上になにも羽織らずにキャミソール一枚で出歩いているなら、ナンパされたところで、それはもう自業自得だといえるでしょう。
ナンパされたくない…なんて言っても、ファッションをみると全く説得力はありません。

服装③:タイトワンピース

胸やウエスト、お尻まで、ボディラインが出やすいタイトなワンピース
声をかける側の男性としても、ついウットリしてしまいます。

と同時に、絶対にナンパを成功させたいと思うのです。
一度スイッチを押してしまうと、そう簡単には引こうとしなくなります。

どこまでもしつこく言い寄ってくるのは、ナンパモードに入っているからですよ。

服装④:ミニスカート

ミニスカートといっても、フリルやタイトなど種類はさまざま。
男性の好みにもよりますが、ナンパされる確率が高いのはタイトなミニスカートです。

ボディラインが出ていること、ミニ丈が男性の興奮を掻き立てること。
たくさんの要因によって、ミニスカートの女性はナンパされるターゲットになりやすいのです。

服装⑤:ニーハイブーツ

上であげたミニスカートとセットでよくコーデされるのがニーハイブーツです。
クリスマス時期やハロウィンのコスプレでも、身につける女性が多数います。

男性は、ニーハイ丈とスカートの間から覗く太もも部分、すなわち『絶対領域』に弱いのです。
ニーハイブーツは、興奮させる領域を保ちつつ、おしゃれも叶えてくれる優秀なファッションアイテムといえるでしょう。

<下に続く>

しつこくナンパされる時の断り方

ナンパされる女性が嫌がる様子

では、しつこくナンパされる時の断り方をみていきましょう。

  1. NOの一点張り
  2. 足早に過ぎ去る
  3. 後ろに下がる
  4. 完全に無視する
  5. 話をそらす
  6. イヤホンをする
  7. 男友達を呼ぶ

続いて、しつこくナンパされる時の断り方を、それぞれ詳しくみていきます。

断り方①:NOの一点張り

しつこい男性には、何を言われようが常に「NO」の一点張りで対処しましょう。
何度、誘われても同じだということをアピールする必要があります。

少しでも「じゃあ…」なんて答えてしまえば、わずかな隙につけ込んできます。
話を聞かなくていいので、とにかくNOと言い続けましょう。

引き際はさまざまですが、ほとんどの男性は諦めてくれるはずです。
なかなか引き下がらない場合でも、多くを伝えずに「NO」を貫いてくださいね。

断り方②:足早に過ぎ去る

しつこく言いよってくるときは、何も言わずにその場から立ち去りましょう。
できるだけ足早に歩いたり、小走りをしたり、スピードを意識してください。

足を止めてしまうなんて、もってのほかです。
そのまま、ズルズルと相手のペースに引き込まれてしまいます。

ナンパされる声に反応せず、スタスタと過ぎ去っていきましょう。

断り方③:後ろに下がる

しつこく着いてくるときは、あえて後ろに下がって相手のリズムを崩します。
話しながら歩いている場面では、とても効果的な対処法です。

人は、いきなり動きが変わると、俊敏には着いていけません。
ましては、話しているとなれば、余計に動きが鈍くなってしまいます。

それを利用して、フェイントを仕掛けるのです。
前進の動きに、バックする動きをプラスして、うまくまいてくださいね。

断り方④:完全に無視する

しつこい男性には、完全無視で対処しましょう。
上でも触れた"足早に立ち去る対処法"と似ていますが、少しニュアンスが異なります。

完全に無視というのは、その男性の存在を消すということ。
つまり、認識しているはずの男性を、いないように扱うということです。

「ねぇ!」や「ちょっと待って」と言われても聞こえないふり、腕を掴まれても無視して歩くなど、完全無視を徹底してくださいね。

断り方⑤:話をそらす

ナンパトークがしつこいときは、話をそらしましょう。
話を変えるときは、「そういえば」が使えます。

とても便利なフレーズで、話を続けようとするたびに「そういえばさ〜」と被せられます。
話をそらそうとされるなか、ずっと話し続けるのは至難のわざです。

そのうち、「もういい!」と諦めてくれるはずですよ。

断り方⑥:イヤホンをする

しつこすぎるあまり「もうこれ以上話してられない」と思ったときは、イヤホンがおすすめです。
さりげなく耳に装着し、話す意思がないことをアピールしましょう。

耳につけたあとは音楽を流しても、流さなくても構いません。
男性が諦めてくれたら成功です。

それでもまだ、しつこく話しかけてくるときは音楽に浸って、聞こえないふりをしてみましょう。

断り方⑦:男友達を呼ぶ

ひとりではどうにもできない…と思ったときは男友達を呼びましょう。
早く助けてほしいときは電話を、電話がしにくいときはラインで助けを求めます。

彼氏がいる場合は、彼に連絡してもOKです。
ただ、一つの修羅場になることを覚悟しておく必要があります。

彼氏がその場にかけつけてくれたあと、ナンパしてきた男性と揉める可能性は否めません。
スムーズに終わらせるには、男友達の手を借りるのがベストです。

<下に続く>

ナンパされる女性の特徴12個!ナンパされる方法&されたときの対応法のまとめ

花を渡してナンパされる様子

ナンパされることが多ければ、「私ってモテるんだ!」と勘違いも生まれやすいもの。
実は、軽くみられていたり、簡単に引っかかりそうだから声をかけられたりするのです。

イヤなときはしっかりと「NO」を伝えましょう。
断る勇気をもって、相手を選んだ遊び方をしてくださいね。

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line