Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

本当の美人の条件とは?誰もが認める正真正銘の美人になる方法

どんな人を美人と思うかはひとそれぞれ。
時代によっても美人の条件は変わってきます。

今の時代はどんな人が美人と呼ばれるのか?
本当の美人になりたい人に向けて、美人の条件とその方法を紹介します。

Large beautiful 2576840  340

「本当の美人の条件」とは?

美人の条件を持っている人

女性に生まれたのなら、ブスと言われるよりも美人と言われたいと思ってもいいのではないでしょうか。
美人の条件については、人による好みの違いや時代によっても変わります。

見た目は違っても、美人にはいくつか共通している点があるって知っていましたか?
見た目の美しさも美人の条件には欠かせませんが、内面からにじみ出る美しさがあることを忘れてはいけません。

メイクを変えても、美人の真似をしても、美人の条件を持っていても、あまり美しいとは思えない人もいます。
本当の美人になるにはどうしたらいいのか?答えはあなたの中にあるのです。

<下に続く>

美人の条件に欠かせない「黄金比」とは?

美人の条件がある人

見た目がきれいといっても、人によってきれいと思う条件が違います。
美人の条件を意識するなら、美人の黄金比率を知っておくといいでしょう。

美人の黄金比率には3つのポイントがあります。
1つ目は顔を横に分割した比率、2つ目は顔を縦に分割した比率、3つ目は斜めから見た角度です。

顔の横幅

  • コメカミから目尻まで
  • 目尻から目頭まで
  • 目頭からもう片方の目頭まで

上記の3点を左右でチェックしましょう。
左右になると全部で5つのポイントに分かれます。

5つのポイント全てが等間隔であることが条件です。

顔の縦幅

  • 生え際から眉間
  • 眉間から鼻先
  • 鼻先から顎

縦に見た場合は、上記3点が等間隔だとバランスがよく見えます。
どこか一つでも距離が変わってしまうと、黄金比率とは言えません。

目と鼻の角度

正面から見たとき、目尻から鼻先までの角度が90度だと整って見えます。
後はパーツの大きさによっても、バランスが変わるので黄金比率を参考にしながら、自分の顔はどんなバランスなのかをチェックしてみるといいでしょう。

もし美人の条件に当てはまっていないとしても、メイクやヘアスタイルでカバーできます。
出来るだけ黄金比率に近づけられるよう、研究してみてください。

<下に続く>

本物の美人の条件【見た目】

美人の条件の見た目の女性

では、本物の美人の条件~見た目編~をみていきましょう。

  1. 目鼻立ちがはっきりとして整っている
  2. 肌がきれい
  3. 姿勢がいい
  4. 歯並びがよく歯が白い
  5. 笑顔が素敵
  6. 女性らしい仕草や格好
  7. 清潔感がある
  8. スタイルがいい
  9. 自分に似合うメイクを知っている
  10. センスがいい

続いて、それぞれの見た目の条件について詳しくみていきます。

条件①:目鼻立ちがはっきりとして整っている

目鼻立ちがはっきりしていると、人目を引きます。
さらに目や鼻の位置が黄金比率なら、美人の条件は満たしていると考えていいでしょう。

ただし各パーツによっても印象は変わります。
理想は大きくパッチリとした目、鼻筋が通っていて低すぎず高すぎず大き過ぎないこと。

顔は大きいよりも小さい方がバランス良く見えます。

条件②:肌がきれい

美人の条件を満たしていたとしても、肌がガサガサに荒れているとちょっと残念な印象に見られてしまいます。
皮脂が多く顔がテカっていたり、毛穴がボツボツと黒く目立っているのも美人の条件とはかけ離れてしまいます。

肌質の違いはあっても、スキンケアにも注意したいところです。
毛穴が目立たず、キメが整った透明感のある肌を目指しましょう!

条件③:姿勢がいい

顔はきれいなのに猫背の人がいたら…せっかくの美人の条件を満たしているとは言えません。
姿勢がいい人はそれだけでシュっとしていて、格好良く見えるもの!

猫背や楽な姿勢ばかりとっていると、体のバランスも悪くなりますし、ぽっこりお腹の原因にもなってしまいます。
意識して背筋を伸ばし顎を引き、いつも美しい姿勢を保つことが大切です。

条件④:歯並びがよく歯が白い

笑ったときにチラっと除く歯が黄ばんでいたり、虫歯があったりすると美人とは言えません。
歯並びや歯の色については個人差もありますが、歯並びがよく虫歯一つない真っ白い歯は好印象です。

口腔内が不衛生だと歯周病のリスクが高まり、口臭もきつくなります。
見た目だけ取り繕っても、口元がだらしなかったり口臭がきつかったりしたら台無し、美人の条件には口元も重要です。

条件⑤:笑顔が素敵

口角が上がっていると、それだけで好印象です。
反対にいつも口角が下がっている人は、口がへの字になって不機嫌そうに見えてしまいます。

笑うときはもちろんですが、普段から口角を上げるよう意識するといいでしょう。
笑顔が素敵な人は、美人の条件を満たしていると言えます。

条件⑥:女性らしい仕草や格好

ボーイッシュな人はクールで格好良いイメージですが、多くの人が思い描く美人の条件では、女性らしさも求められます。
もちろんボーイッシュでもOKですが、どこかに女性らしさを取り入れたいところです。

女性らしさというのは、ファッションだけでなく仕草も重要!
ガサツだと女性らし糸は言えませんので、仕草や格好にも注意を向けてみてくださいね。

条件⑦:清潔感がある

顔はきれいなんだけど、髪がボサボサで服には食べこぼしのシミやほつれがある…。
これでは美人が台無しです。

清潔感は人の印象を大きく左右しますし、不潔な人は嫌がられます。
女性なら特に身だしなみには注意したいですね。

清潔感のある服装や髪型、メイクを意識して、自分が美人の条件に当てはまっているかを見直してみてください。

条件⑧:スタイルがいい

美人と言われる人は皆スタイルがいいのも特徴です。
ただしこの場合のスタイルがいいというのは、モデル並みのプロポーションというわけではありません。

痩せすぎていても不健康に見えますし、太り過ぎは自己管理ができないだらしない人という印象です。
細すぎず太すぎず、適度に筋肉があり引き締まったプロポーションが美人の条件です。

条件⑨:自分に似合うメイクを知っている

憧れのモデルや芸能人を真似したメイクは、自己満足度も高いですが、それが自分に合っていないと残念な印象となってしまいます。
美人は自分に似合うメイクを知っています。

自分の肌色や顔立ちを把握しているので、欠点をうまくカバーして長所を伸ばすメイクを心がけるといいでしょう。

条件⑩:センスがいい

センスがいい人は、それだけで好印象です。
ファッションやメイクもそうですし、生き方にもセンスが出ます。

センスというのは生まれ持った天性の部分もありますが、磨けばいくらでも光ります。
センスのいい人を見て、自分とどこが違うのかを比較してみるのもおすすめですよ!

真似できるところは大いに真似しましょう!

<下に続く>

本物の美人の条件【性格】

性格も美人の条件の人

本物の美人の条件~性格編~は次の通りです。

  1. 裏表がない
  2. 人の悪口を言わない
  3. 常識をわきまえている
  4. 自分を客観視出来る
  5. 分け隔てなく付き合う
  6. 気遣いや気配りができる
  7. 人の痛みを理解できる

性格の条件について詳しくみていきましょう。

条件①:裏表がない

顔立ちが美しいとしても人によって接し方が違ったり、性格に裏表があったりすると嫌な人と思われてしまいます。
仕事とプライベートを使い分けるのはいいとしても、露骨なまでに裏と表の顔が違うのは美人の条件を満たしていません。

仮にそういうい部分があるとしても、あまり人前では見せない方がいいでしょう。
美人になりたいなら、できるだけ平等に接するのがおすすめです。

条件②:人の悪口を言わない

会う度に誰かの悪口を言う人は、他の誰かに自分の悪口を言っていそうと思われがちです。
実際いろんな人の悪口を言っていることが多いかもしれません。

元々は美人でもいつも人の悪口を言っていると、知らない間に顔つきが変わります。
美人の条件をクリアしたいなら、人の悪口は言わないようにしましょう。

人の欠点を見るのではなく、長所を探すようにしてくださいね。
そうすれば嫌だと思っていた人も、そんなに嫌じゃないと思えるようになります。

条件③:常識をわきまえている

見下すよな態度をとったり、非常識な行動をする人は美しいとは言えません。
常識をわきまえられないと、自分はもちろん一緒にいる人も恥をかきます。

非常識な行動を取っている人を見たときその人が美人でも、性格悪く単に勘違いしている恥ずかしい人と思われてしまいますよ!

美人の条件をクリアするには、常識ある行動も重要です。

条件④:自分を客観視出来る

主観的にしか物事を見られない人は、自己中になりがちです。
美人でも自己中だと、ちょっと顔がいいからって調子に乗ってると思われてしまいます。

自分を客観視出来る人は、自分の悪いところもちゃんと理解できます。
それをやってしまったら人がどう思うか、考えて行動できる人は好印象、美人の条件にも当てはまると言えます。

条件⑤:分け隔てなく付き合う

自分より上の人には媚を売り、自分より立場がしたの人には横柄な態度を取る。
こういう人が身近にいたら、整った顔立ちでも美しいとは思えないでしょう。

美人の条件としては、人付き合いの面も重要です。
誰とでも分け隔てなく付き合える人になってください。

条件⑥:気遣いや気配りができる

人に気遣いや気配りができる女性は、同性から見ても素直に素敵だなと思えます。
その人が美人だったら、尚更そう思うことでしょう。

意地悪な人や自分がよければそれでいいという人は、美人の条件には当てはまりません。

条件⑦:人の痛みを理解できる

痛みを知っている人は、人に優しくできます。
どんなに美人でも、人の気持ちを考えずに発言したり行動したりする人は、大抵嫌われます。

美人の条件を満たしたいなら、人の痛みがわかる人になりましょう。
人の痛みがわかれば、自然と優しくできます。

<下に続く>

「日本の美人の条件」と「世界の美人の条件」の違い

美人の条件を持ち微笑む人

「日本の美人の条件」と「世界の美人の条件」の違いを比較します。

  1. 日本
  2. アメリカ
  3. 中国
  4. ベトナム
  5. タイ

日本と世界の美人の違いを詳しくチェックします。

違い①:日本

先程紹介した、美人の条件は世界共通な部分もありますが、国によってじゃっかんの違いがあります。
日本人は平面顔の人が多いので、八重歯をチャームポイントと考えがちです。

しかしこれは日本独自の考え方であり、世界では歯並びが悪い人と思われてしまいます。
ただし最近は日本でも歯並びを気にする傾向が高まってきているので、八重歯を可愛いとは思わない人も増えています。

違い②:アメリカ

アメリカの美人の条件は、ズバリスタイルがいい人です。
もちろん顔立ちも整っているに越したことはありません。

手と足が長く、バービー人形のようなスタイルがGOOD!
アメリカでは歯並びが悪いと育ちが悪いと思われる傾向があるので、多くの人は子供の頃に矯正をします。

白さにもこだわりがあって、白い歯も美人の条件となっていますね。
アメリカでは、歯がきれいなことも美人の条件として欠かせません。

違い③:中国

中国では高身長が美人の条件となっています。
背が高くスタイルがいいと、美人と思われているようです。

ミスコンでも中国の人は背が高い人が多いことを見てもわかるように、身長がポイントとなります。

違い④:ベトナム

ベトナムでは、色白であることが美人の条件となっています。
日焼けして小麦色の肌の人が多いイメージですが、意外にも色白なことが求められるのだそうです。

アオザイを美しく着こなすために、スタイルがいいことも美人の条件にプラスされます。
ベトナムの女性にスタイルがいい人が多いのは、アオザイの影響もあるのかもしれませんね。

違い⑤:タイ

タイでも美人の条件に色が白いという要素が入ります。
亜熱帯のビーチリゾートというイメージとは違いますが、タイの女性は美白意識する人が多いと言われています。

<下に続く>

美人の条件から学ぶ美人になる方法

真似したい美人の条件を持っている女性

美人の条件から学ぶ美人になる方法とは?

  1. 自分を好きになる
  2. マナーを重んじる
  3. 規則正しい生活をする
  4. 人に優しくする
  5. 意思を強く持つ
  6. ポジティブ思考になる
  7. 身だしなみに気を遣う
  8. 謙虚になる
  9. いろんなことに興味を持つ
  10. 自立する

続いて、美人の条件から学ぶ美人になる方法を、それぞれ詳しくみていきます。

方法①:自分を好きになる

美人の条件を考えてみると、見た目だけではなく内面も関係していることが分かります。
美人になりたいなら、自分を好きになりましょう。

不摂生や暴飲暴食など自分を痛めつけるようでは美人とは言えません。
好きになれれば自信を持てるようになります。

今の自分が嫌いなら、どういうところが嫌いなのかを書き出してみおるといいでしょう。
嫌な部分を改善すれば、きっと自分を好きになれますよ!

方法②:マナーを重んじる

マナーをわきまえていることも、美人の条件です。
マナーを守れない人は非常識で恥ずかしい人、そんな人とは一緒にいたいと思えません。

人と違うことをしたいからと、マナー違反をしてもそれは格好良いのではなく単にマナーを知らない恥ずかしい人です。
シチュエーションでもマナーは変わりますが、常にわきまえていることも大切です。

方法③:規則正しい生活をする

規則正しい生活をしていると、体のリズムも整ってきます。
美肌や美しいプロポーションも、カラダが健康であって初めて叶うものであり、美人の条件もクリアできます。

出来るだけ毎日同じ時間に寝起きして、食事の時間も決めましょう。
休みの日も同じリズムを保てるようにすると、自分自身も気持ちよく過ごせますよ。

方法④:人に優しくする

顔がきれいでも、意地悪な人や人を蹴落とそうとする自己中な人は全然きれいに見えません。
人に無関心すぎるのも冷たい人という印象を持たれてしまいます。

美人の条件として、誰にでも分け隔てなく接する優しい人というのがあります。
自分がされて嫌なことは人にもしない、こうしてくれると嬉しいなと思うことができるよう心がけるといいでしょう。

方法⑤:意思を強く持つ

しっかりとした意思を持ち、人に流されないのも美人の条件に加えていいのではないでしょうか。
人の話に耳を傾けても、自分をしっかりと持っていれば流されることはありません。

強い意思を持っている人は、自分がどういう人間かもきちんと理解できています。
ブレないことも美人には必要なのです。

意志が弱いと悩んでいるなら、自分と向き合うことをおすすめします。
分からなければ身近な人に、自分がどう写っているか聞いてみるといいでしょう。

方法⑥:ポジティブ思考になる

いつもうウジウジと悩んでいて、必要以上に悪い方向に考えてしまうと、その人からはネガティブなオーラが漂っています。
いつもポジティブで笑顔を絶やさない人がいたら、あなたはどちらの人と一緒にいたいと思いますか?

おそらく大半が後者と一緒にいたいと思うことでしょう。
見た目が美しいことも求められますが、人を元気にできるのも本当の美人の条件と言えるのではないでしょうか。

ついつい悪い方向に考えてしまう人は、ちょっとずつポジティブになれるよう考え方を変えてみてくださいね。

方法⑦:身だしなみに気を遣う

美人でも身なりに気を使わず、メイクもしない…なんて人は美しいとは思われません。
全身360度パーフェクトとまではいかなくとも、身だしなみには注意したいところです。

別に全身にブランド物を纏う必要はありません。
清潔感のある服装、女性らしい髪型やメイクなど、人を不快にしないことを意識してみてください。

身だしなみがきちんとしていれば、美人の条件をひとつクリアできます。

方法⑧:謙虚になる

自分のことしか考えない図々しい人や、人に迷惑をかけても平気な厚かましい人は美人の条件には当てはまりません。
いくら顔立ちが整っていても、人を不快にするようだと嫌な人としか思われないでしょう。

謙虚な人は自分から謙虚ですとアピールなどしなくても、見ればすぐに分かります。
出しゃばりすぎるのもあまりいい印象ではありません。

常に謙虚でいられれば、美人の条件をまたひとつクリアできますね。

方法⑨:いろんなことに興味を持つ

好奇心旺盛だと、毎日が楽しく自身もハッピーに過ごせます。
生き生きとしている人は、それだけで美しいものです。

顔立ちが整っていても無表情なのと、とびきりの美人ではないけれどいつも生き生きとして楽しそうな人だったら、断然後者の方が輝いて見えるはず。
いろんなことに興味を向けて、楽しく過ごすのも美人の条件と考えてみていいかもしれません。

方法⑩:自立する

精神的にも経済的にも自立していると、しっかりした人に思えます。
綺麗でも一人では何できないようでは、美しいという印象は持たれません。

美人の条件は、外見の美しさだけに囚われがちですが、内面の美しさも重要です。
精神的にも経済的にも自立していて、自分の足で歩いていけるよう心がけてみるといいでしょう。

<下に続く>

本当の美人の条件とは?誰もが認める正真正銘の美人になる方法まとめ

女性が求める美人の条件に当てはまる女性

本当の美人の条件がわかったら、できる限り条件に近づけるよう努力してみてください!
生まれ持った顔立ちは変えられないとしても、意識が変われば外見にも変化が現れます。

あとはメイクやファッション、仕草や行動を意識すれば今よりももっと輝けそうですね。
人と接するときも、人を不快にしないよう気遣い出来るようになると好感度もアップします。

Thumb color
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line