Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2018/12/06

男性が恋愛相談する心理と相談相手に恋する瞬間を解説

恋愛相談はいつも女友達だという人は多いもの。
でも、男友達に恋愛相談して恋人ができたという人は多く、いままで恋愛相談を男性にしたことがないなら試す価値アリです。

男性が恋愛相談するときは相談相手に恋する可能性は高いですし、どうやって彼氏を作ったらよいか迷うときには、恋愛相談をしてみるのも良いかもしれません。
男性に恋愛相談するときに知っておきたい心理と恋する瞬間について解説します。

Large clem onojeghuo 207467 unsplash
目次

恋愛相談は女より男友達にすべき?

恋愛相談をする男女

ガールズトークの鉄板といえば恋愛話ですが、意中のひとを射止めるには男友達に恋愛相談するのがおすすめです。
女子だけの会話では、女性目線からの意見を聞けますが、男性目線の意見がなかなか聞けません。

男友達に恋愛相談すると、男性目線からの意見が聞けて成功確率の高い戦略を練ることができます。
また、恋愛相談するうちに恋愛感情が生まれてカップルになるケースもあるので、彼氏が欲しいと思っている女性にとっては「付き合うきっかけ」に進展させられるメリットがあるのです。

ちょっと勇気を出して、男友達に恋愛相談してみましょう。

<下に続く>

恋愛相談を男性にすべき理由

恋愛相談を受ける男性

では、恋愛相談を男性にすべき理由をみていきましょう。

  1. 男性目線のアドバイスで成功率アップ
  2. 恋バナと違ったテンションで対策が練れる
  3. ストレートなダメ出しで論理的に結論が出せる
  4. 恋愛相談から始まる恋もある

続いて、恋愛相談を男性にすべき理由を、それぞれ詳しくみていきます。

理由①:男性目線のアドバイスで成功率アップ

恋愛対象に男性にどうアプローチしたら心に刺さるのか、それは男性に聞くのが一番です。
女性と男性は脳の作りが違いますから、的はずれなアピールをしてしまうことがあります。

同性のほうが話しやすいと思い、女性に相談して対策を考えることが多い場合、男性心理を読み間違えてしまう場合があります。
男性として心惹かれる瞬間はどんなときか、男友達の意見を聞くと、効果的な方法が見つけやすいでしょう。

理由②:恋バナと違ったテンションで対策が練れる

女性同士で恋愛のはなしをするととても盛り上がります。
しかし、あなたの恋を応援するのに役立つ情報がどれくらい含まれているかはわかりません。

  • 女子としてこんな恋をしたいわねという理想を言っているだけ
  • 友人の恋に嫉妬する気持ちが働いて的はずれな意見を支持
  • はっきり真実をつけつけられない雰囲気がある

こうした女子の恋バナムードがないので、男性に恋愛相談すると、「現実を知り彼氏をゲットできる」のです。

理由③:ストレートなダメ出しで論理的に結論が出せる

女性同士では、良い人と思われたい気持ちや、相手を傷つけたくないという気持ちが働き、思っていることをストレートに伝えることが難しいものです。
なんでも話せる女友達がいたとしても、ストレートすぎる言い方では素直に受け入れられないことが多く、遠回しな表現になりがちです。

男友達からのダメ出しなら、「そうか男性ってこんな受け取り方をするのか」と素直に受け入れられるのではないでしょうか。
はっきり言われて凹むかもしれませんが、男性はサバサバしているので、行動に対して指摘されたのだと思えるからです。

また、男性は論理的な思考をする人が多く、事実から裏付けて効果的なアプローチを示してくれるでしょう。

理由④:恋愛相談から始まる恋もある

「はじめはほかに本命がいたのに、気づいたら恋愛相談していた相手と付き合っていた」ということは意外に多いものです。
波長のあう男友達と、恋愛相談をするうちに、お互いの恋愛観や生き方、価値観について話し合うことになり、恋愛に発展することがあります。

お互いの弱みを知っている、応援してあげたい気持ちがわいてくる、性質をよく理解している、恋愛相談に乗ってくれるほど距離が近い…。
恋愛関係になって味わうはじめのドキドキ感がちょっと収まって安定したところから恋愛をスタートさせる条件がそろっているのです。

<下に続く>

こんな女性からの恋愛相談はお断り!

恋愛相談にうんざりする男性

では、男性が恋愛相談を受けたくない女性にはどのような特徴があるのでしょう。

  1. アドバイスを素直に聞き入れずすぐに「だって」という
  2. 理想が高すぎて条件が多い
  3. 他人の悪口や責任転嫁が多く話が進まない

続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。

特徴①:アドバイスを素直に聞き入れずすぐに「だって」という

自分を信頼してくれていると思い、問題だと思うことや対策を伝えても、「だって」と言い訳で返してこられると話す気が無くなってしまいます。
「そもそも自分に言い訳が多いので恋愛もうまくいかないんじゃない?」と突っ込まれてしまうでしょう。

本当に彼氏を作りたい、意中の人と恋愛関係になりたいと思うなら、うまくいかない理由をズバリ指摘してくれた男友達の意見を受け入れましょう。
アドバイスに言い訳ばかりでは、「何のためにに呼ばれたのかわからない」という感じになり、相談に付き合うなんてムリと思わせてしまうのです。

特徴②:理想が高すぎて条件が多い

やたら理想が高くて条件が多いのに、自分がその条件に釣り合っているかは考えない…そんな女性は相談に乗る方もうんざりです。
恋愛は、テクニックだけでなく、相性があわなければ成立しません。

女性が理想ばかり振り回わすとき、「そんな相手ならあなたじゃなくても付き合いたいと思う人はたくさんいると思う(ライバルが多すぎて捕まらない)」と指摘されても仕方ありません。
相手の年収や職業だけでアプローチする女性の恋愛相談には乗りたくありません。

特徴③:他人の悪口や責任転嫁が多く話が進まない

自己承認欲求が強い女性は、相手の気を引くために自分の不幸をグズグズ話してしまうことが多いのです。
恋愛相談をしたいと話しにつき合わせても、誰かの悪口や世の中への不満を撒き散らして、「どうしたいのか」が見えてこないパターンです。

「〇〇さんと付き合いたい」、「彼氏を作りたい」という恋愛相談を目的にしているけれど、依存されてトラブルに巻き込まれるリスクが高い相手です。

  • 不安になると時間に関係なく連絡してくる
  • 自分が被害者になり相手を攻撃する
  • アドバイスを聞き入れない

こんな相手は、そもそも友達もなることもためらってしまいます。

<下に続く>

恋愛相談してくる男性の心理

恋愛相談する男性

では、恋愛相談してくる男性の心理をみていきましょう。

  1. なんとか意中の相手にモテたい
  2. 自分の男性としての価値を確かめたい
  3. 恋愛相談から告白に持ち込みたい

続いて、それぞれの心理について詳しくみていきます。

心理①:なんとか意中の相手にモテたい

本命がいて、その彼女と交際するための方法を探して恋愛相談してくるケースです。
相談中は、相手の名前やキャラクターが具体的に登場して、本命の女性の攻略のための対策が話題の中心です。

スマートで心に刺さるアプローチを真剣に考えているのが伝わってきます。
告白方法や、デートプラン、気持ちの確かめ方などがうまくいきそうか意見を求められるでしょう。

心理②:自分の男性としての価値を確かめたい

恋愛相談といっても、特定の本命がいるかは明かさず、自分の男性としての魅力をはかりたいとうケースがあります。
恋愛について女友達に話を聞いて情報を集めたい気持ちと、良い雰囲気に持ち込めるなら遊びたいという下心があるかもしれません。

遊び慣れている男性は、恋愛相談を装って警戒心を解くのが上手です。

心理③:恋愛相談から告白に持ち込みたい

あなたのことが気に入っているけれど、いきなり告白というのも勇気がいる…というとき、恋愛相談として探りを入れていることがあります。
理想の彼氏像や、どんな風にカップルで過ごしたいかなど、自分にフィットする、脈ありだと思たら告白したいと思っているのです。

なんでも話し合える男友達から、彼氏にステップアップを狙っているかもしれません。

<下に続く>

恋愛相談から男性が恋する瞬間

恋愛相談から恋した男性

では、恋愛相談から男性が女性に恋する瞬間をみていきましょう。

  1. 意外な健気さを女性に感じた
  2. 女性として意識してしまった
  3. 嫉妬を感じた
  4. 目があったときに何かを感じた
  5. 自分が恋の相手ならと妄想した
  6. 脈ありと感じたとき

続いて、恋愛相談から男性が女性に恋する瞬間を、それぞれ詳しくみていきます。

瞬間①:意外な健気さを女性に感じた

恋愛相談をしていると、相手にどんな風に関わってきたかが見えてきます。
今までの恋愛経験や、現在の相手とのエピソードから一途さにグッときてしまうことがあるのです。

健気な女性と、それに応えていない彼氏の話を聞いて、「そんな奴とは別れてオレと付き合おう」という展開は結構多いものです。

瞬間②:女性として意識してしまった

友達だと思って他のに、顔を近くに寄せたら意識してしまった…という男性は多いものです。
なんだか良い香りがした、柔らかい唇やデコルテに注目してしまったなど、ビビっと電撃が走ることがあります。

「性的な魅力に、抱きたいという衝動にかられた」「なんで魅力に気づかなかった?」なんて、気持ちに火がついてしまうことは珍しくありません。

瞬間③:嫉妬を感じた

彼氏との恋愛相談に嫉妬している自分に気づいて、いつのまにか彼女にしたいという気持ちになっていたことがわかったというケースもあります。
恋愛感情とは別に、かけがえのない存在になっていて、自然に嫉妬心がわくようになってしまうのです。

いつ恋に落ちたかハッキリしませんが、強い愛情と愛着が育っています。

瞬間④:目があったときに何かを感じた

直感的にモノにしたいという気持ちになる場合があります。
恋愛相談相談をするうちに、心の距離が近づいて、瞳に引き込まれてしまう…と言った状態です。

「相手に思いが届かない」という恋愛相談では、気持ちが弱くなっていますし、支えてあげたいという気持ちになることがあります。

瞬間⑤:自分が恋の相手ならと妄想した

恋愛相談では、思いが伝わらず悩んでいる女性は、男性を求める気持ちが強くなっています。
オレと付き合えばもっと笑顔にしてやれるのに…などと妄想した瞬間に、本当に告白してしまったという男性もいます。

瞬間⑥:脈ありと感じたとき

恋愛相談といっても、話しているあいだに、男友達から彼氏にステップアップできそうだと感じる瞬間があります。
ちょっと良い雰囲気になって、このままキスしても受け入れてもらえそうというときです。

友達としてもうまくやっていたのですから、体が結ばれて恋愛感情のスイッチが入ればそのまま交際に発展となるでしょう。

<下に続く>

恋愛相談を男性にして恋人をゲットしましょう

恋愛相談でカップルになった男女

  • 恋愛相談を男友達にすると良いのはホント
  • 恋愛成就に向けていろいろな視点でアプローチできる
  • 恋愛相談した相手と恋に落ちるかも!

男性は論理的な思考が得意ですし、恋愛成就の戦略にアドバイスを受けるなら男性の意見は重要です。
恋愛相談がキッカケで付き合い始める可能性に賭けてみるのもアリですね。

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line