Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

【気温4度×服装】シーン別&最高・最低気温を過ごす快適コーデ

毎日の服装選びにお悩みの方も多いと思いますが、特に気温4度の冬場は防寒対策が第一となりおしゃれを楽しめないと思っている人も多いのではないでしょうか?
しかし、気温4度の日でもうまく組み合わせればマンネリ化せずにおしゃれを楽しむことができます。
ここでは、気温4度の服装選びのポイントから寒い日でも快適に過ごせるコーデまで紹介していきたいと思います。

Large family 3817039 640
目次

気温4度の服装のポイント・注意点

気温4度の日の服装で海に遊びに行く女性たち

①4度の気温と服装指数

気温4度の季節はです。地域によっても多少異なりますが東京などでは、最高気温が4度という日は少なく最低気温4度の日が多いですね。

逆に真冬の北海道などでは最高気温が4度という日が多いのも特徴と言えるでしょう。
時期としては12月後半から2月あたりまでに多くみられる気温と言えます。

毎日の服装選びにその日の気温を目安として考えている人が多いと思いますが、最低気温・最高気温によって服装選びも難しいですよね。

そこでおすすめしたいのが、日本気象協会が毎日更新している 服装指数(日本気象協会)です。
服装指数はその日の気温によって何をどれくらい着ればいいのか数値で表してくれています。

毎日の天気や気温に加え服装指数をチェックすることで1日が快適に過ごせる服装選びができますので参考にしてみてくださいね。

服装指数とは?気温に適した服装の調べ方とコーディネート例「服装指数」とは? 服装指数とは日本気象協会が体感気温による服装について予想し、数値化したも...

②防寒対策をしっかりと!

気温4度の日はとにかく寒いと感じる一日となります。
特に屋外で過ごす時間が多い人などは防寒対策をしっかりとすることが大切です。

最高気温が4度の場合は雪が降ることも予想されますから屋外にいる時間が短くとも防寒対策を第一に服装を選ぶようにしましょう。

③インナーやアウターをうまく使って体温調節を!

気温4度の日に屋外で過ごす人はダウンコートやジャケットなど防寒効果のあるアウターやインナーの重ね着などで寒さ対策をすれば問題はないですが、室内にいる時間が多い人は服装選びにも困りますよね。

室内は暖房がきいているので気温4度の日であっても室内は25度近くあることもあります。
ですからあまり着こみすぎると暑いと感じてしまうこともあります。

室内でいる時間が多い人は、防寒効果が高いアウター+薄手のインナーの組み合わせが最適。
重ね着などでうまく体温調節ができる服装を選ぶようにしましょう。

<下に続く>

気温4度の服装【晴れの日】におすすめのコーディネート

気温4度の服装で晴れの日に公園に行く女性たち

ここからは、気温4度の晴れの日の服装を紹介していきたいと思います。
晴れの日であっても気温4度の日はとても寒い1日となります。

通勤・通学の移動においてはアウターは必須となりますが日中は暖かく感じることもあります。
アウター+インナーを工夫することで晴れの日の気温差も快適に過ごすことができます。

①気温4度の服装・コーデ:ボアブルゾン×スキニーデニム

気温4度といっても最低気温の場合は、日中は10度前後まで上がることが予想されます。
日中に行動する場合は、あまり着こみすぎると暑いと感じてしまう場合もありますね。

そんな時は、ボアブルゾン×トレーナー×スキニーのコーデにしてみてはいかがですか?
カジュアルにしたい場合は、スニーカーに、ショートブーツを合わせれば大人カジュアルにと、アイテムを変えるだけで変化も楽しめます。

②気温4度の服装・コーデ:トレンチコート×パーカーコーデ

大人カジュアルに仕上げたい時は、トレンチコート×パーカーコーデがおすすめです。
カジュアルでありながらもトレンチコートをプラスするだけで一気に大人の女性に。

スニーカーにも合わせることができるのでお子さまと一緒に行動する時なども動きやすくて最適です。
気温4度の寒い日でもパーカーを着ることによって保温効果もあるので◎

パーカーをタートルネックにしたり足元はブーツにしてみたりと気温に合わせて服装の幅も広げられます。

③気温4度の服装・コーデ:ダウンコート×スキニーデニム

晴れの日には、ダウンコートとスキニーデニムでシンプルにきめてみてはいかがですか?
最近ではダウンコートも軽量化されており軽くても十分暖かくなっています。

また軽量ダウンコートは小さく収納することができるものもあり日中が暖かくなりコートが必要なくなった時にも便利です。
シンプルなカラーで揃え、ブーツや小物に差し色を持ってくればおしゃれ度もアップしますね。

④気温4度の服装・コーデ:ライダースジャケット×ワイドパンツ

この季節はライダースジャケットもおすすめのアイテム。
ワイドパンツを合わせることで大人カジュアルに仕上がります。

モノトーンで合わせるとオフィスコーデにもなるのでかなりおすすめです。
首元にストールやマフラーをすることでバランスもよくなりますね。

⑤気温4度の服装・コーデ:ニット×スカート

冬場はロングスカートでコーデを楽しみたい季節でもあります。
シンプルなニットにロングスカートを合わせることで女性らしさが引き立ちます。

足元はきれいめのブーツ、ベレー帽やマカロンバックなど冬のアイテムを組み合わせるとよりおしゃれに。
アウターはロングコートでもショート丈のジャケットでも相性がいいのでお手持のアウターで楽しんでみてはいかがですか?

⑥気温4度の服装・コーデ:ファー付きトレンチコート

冬はコートなどのアウターでおしゃれを楽しみたい時期でもありますね。
特に屋外にいる時はトップスをおしゃれにしていてもよさがわからないと感じるはず。

だからこそ、アウターをおしゃれにして気分を上げてみましょう。
こちらのトレンチコートはファーが付いたもの。

トレンチコートは薄くて真冬には向かないのでは?と思いがちですが、ファーがついていることによって長く着続けることができますしおしゃれですよね。
このようなおしゃれなアウターをひとつ持っておくと真冬のコーディネートも楽しむことができますよ。

⑦気温4度の服装・コーデ:ざっくりニットコーデ

室内は暖房の効果もありかなり暖かい場所が多くなっていますから、アウターを脱いだらすっきりとしたコーディネートにしたいですよね。
こちらのようなざっくりめのニットは1枚でもきまりますし、どんなボトムスにも相性がいいのが特徴。

ヒールやスニーカー、ブーツなどシーンによって靴を変化させるとおしゃれの幅も広がりますよ。

⑧気温4度の服装・コーデ:パーカーコーデ

大人カジュアルの定番アイテムでもあるパーカーもこの季節大活躍します。
大人女子にはショート丈のパーカーがおすすめ。

ふんわりとしたスカートとも相性が抜群です。
カラーも豊富でどんなアイテムにも合わせやすいパーカーは秋から春まで使えるので何枚かもっておきたいアイテムですね。

パーカーコーデと相性がいいアウターはGジャンやライダースジャケット
全体がバランスよくきまりますよ。

⑨気温4度の服装・コーデ:ニットカーディガン

車移動の人はアウターにこだわらず室内メインの服装にするのがおすすめ。
かといって薄い服装にすると季節感がなくなるのでNGです。

室内メインの人におすすめのアイテムはニットカーディガン
合わせるのはロングTシャツやカットソーなどがおすすめです。

⑩気温4度の服装・コーデ:Vネックセーター×白T

室内にいる時間が多い日の服装は薄手のものにしたいですよね。
こちらは、Vネックのセーターに白Tシャツを重ねたコーディネート。

Vネックは冬場は寒いと避けがちですが、Tシャツをインすることで首回りの寒さも軽減できます。
移動時間などはストールやマフラーで首回りを保護しコートを羽織れば気温4度の日の服装には最適ですね。

<下に続く>

気温4度の服装【くもりの日】におすすめのコーディネート

ここからは、気温4度のくもりの日のおすすめの服装を紹介していきましょう。
くもりの日は晴れの日に比べ1日を通して寒いと感じる日となります。

屋外で過ごす時間が長い人は、コート+トップスも保温効果があるものをチョイスするのがポイントとなります。

①気温4度の服装・コーデ:チェックコート×ニット

アウターを楽しめるこの季節はチェックコートがおすすめ。
季節感のある色合いで秋から冬まで大活躍してくれます。

トップスは薄手のニットにすることで室内外の気温差にも対応できます。
柄物のコートにする場合は全体をシンプルなデザインやカラーでまとめるとコートの良さが引き立ちます。

②気温4度の服装・コーデ:ニット×チェックスカート

冬場はチェックを楽しめる季節でもあります。
コートやマフラーなども取り入れやすいですが、おすすめはスカート

シンプルなタートルネックのニットに合わせるだけできれいめの大人カジュアルになります。
アウターはチェックのスカートが引き立つようにシンプルなデザインのコートにするといいですね。

③気温4度の服装・コーデ:ファージャケット×デニム

全体的にすっきりとしたコーディネートが好きな人には、ファージャケットがおすすめ。
ボリューム感があるふわふわファージャケットですがショート丈なのですっきりとみせてくれます。

デニムやブーツを合わせると大人カジュアルになるのでおすすめ。
かなりあたたかいのでトップスが薄手のものでも安心なのは嬉しいポイントですね。

④気温4度の服装・コーデ:ミリタリーブルゾン×タイトスカート

女性らしさを出したいなら、ミリタリーブルゾンがおすすめ。
こちらのブルゾンはフレアタイプになっているのでより女性らしさを演出できます。

フレアタイプに合わせるボトムスはタイトスカート
すっきりとまとめてくれるのでおすすめです。

⑤気温4度の服装・コーデ:ノーカラーコート×ショート丈カーディガン

ノーカラーコートは羽織るだけでかっこよくきまるので大人女子におすすめのアイテムです。
室内にいる時間が多い人には、トップスはショート丈のカーディガンとデニムで。

ショート丈のカーディガンに合わせる時は、ハイウエストのボトムスにすると脚長効果があるのでおすすめです。

<下に続く>

気温4度の服装【雨の日】におすすめのコーディネート

気温4度の服装で雨の日に自宅で盛り上がる女性たち

気温4度の雨の日はかなり寒く感じる日となります。
1日を通して気温の変化が少なく気温4度以下になった場合は雪になる可能性もあります。

雨の日は、最低気温なのか最高気温なのかにも注目して服装を選ぶようにしましょう。

①気温4度の服装・コーデ:コート×Gジャン

雨の日は実際の気温よりも体感温度は下がりますから、アウターで調節してあげることが大切です。
いつものコートにGジャンをプラスするだけで防寒効果はさらに上がります。

またGジャンは室内に入ればコートとともに脱ぐことができるので屋外との気温差にも十分対応することができます。
雨の日は足元が濡れる場合があるのでスニーカーやブーツなどがおすすめです。

②気温4度の服装・コーデ:タートルニット

雨の日はトップスもしっかりしたものにするのがおすすめです。
気温4度の雨の日にはしっかりと首元まであたたかくなるようなタートルネックのニットが最適。

ざっくりしたケーブル編みのニットは女性らしさも演出してくれどんなボトムスにも相性抜群なのでおすすめです。

③気温4度の服装・コーデ:ドルマンニット×タイトスカート

オフィスコーデにおすすめはドルマンニット×タイトスカートのモノトーンコーデ。
アウターはノーカラーコートにするときれいめに仕上がります。

モノトーンコーデの場合は小物のカラーで遊び心を出すといいですね。
オフィスだけではなく、お子さまの保護者会などにも最適ですよ。

④気温4度の服装・コーデ:ニットワンピース×ロングブーツ

冬はニットワンピースを楽しみたい季節ですね。
ニットワンピースは一枚でコーデが完成するので何を着るか迷ってしまう日などには便利なアイテム。

雨の日にはロングブーツと合わせると足元も安心ですね。
アウターはシンプルなロングコートにするのが最適。
デートにも使えるコーディネートです。

⑤気温4度の服装・コーデ:ボアベスト付マウンテンパーカー

カジュアルなアウターでしっかりと防寒対策ができるのものを探している人には、ボアベスト付マウンテンパーカーがおすすめ。
取り外し可能なものが多く秋から春まで長く使えるのも嬉しいポイント。

雨に濡れても安心な防水機能があるマウンテンパーカーはアウトドアやスポーツのシーンでも活躍するので一枚は持っておきたいアイテムです。

<下に続く>

気温4度の服装【シーン別】おすすめコーディネート

気温4度の服装で運動をする女性

ここからは、気温4度の日の服装をシーン別に紹介していきましょう。
デート・アウトドア・ショッピングとシーンによって最適な服装をおさえておくと毎日のコーディネートもすぐにきめることができます。

デート

①ダッフルコート×ワンピース

デートにはワンピースを着て行きたいと思っている女性も多いのではないでしょうか?
ワンピースにはシンプルなコートがいいと思いがちですが、意外にもダッフルコートも可愛いのでおすすめ。

冬らしいチェックのワンピースにダッフルコートを合わせればカジュアルすぎずに大人の印象に仕上がりますよ。

②セットアップ

デートにはニットのセットアップもおすすめです。
シンプルなデザインのものもいいですが、たまには幾何学柄などにも挑戦してみてはいかがですか?

デザイン性のあるものにすることで、上下単体で着回しができるのでコーディネートの幅も広がります。
ニットはデニムにも合わせやすいですし、シンプルなアウターに幾何学模様のタイトスカートを合わせても◎

③ニット×デニム

カジュアルなデート服にしたい場合は、ニット×デニムがおすすめです。
ニットはタートルネックにすると保温効果もあるので冬場はおすすめ。

タートルにしない場合はマフラーやストールなどで防寒対策を。
デニムにヒールは大人カジュアルの基本。
寒い季節は靴下を履いても可愛いのでおすすめですよ。

アウトドア・スポーツ

①ダウンジャケット

屋外でのスポーツ観戦やアウトドアに出かける時は、防寒対策が重要!
気温4度の朝晩は特に冷え込みますからあたたかいアウターが必需品となります。

アウトドアやスポーツ観戦におすすめのアウターはダウンジャケットやダウンコート
デニムにも合わせやすいのでおすすめです。

カラーやデザインも豊富なのでお気に入りの一着を見つけたいですね。

②パーカーコーデ

アウトドアやスポーツは動きやすさを重視して服装を選ぶのがポイントです。
気温4度の日の場合はトレーナーよりもパーカーの方が首元の防寒対策になるのでおすすめです。

ボトムスはデニムでもジャージでもスウェットでもどんなアイテムにも合わせやすいのもトレーナーのメリット。
アウターはスポーツブランドのウインドブレーカーやジャケットなどにすると体温調節ができ快適に過ごすことができます。

③トレンチコート×パーカー

スポーティーになりすぎないコーデにしたい人には、トレンチコートがおすすめ。
トレンチコートはパーカーとの相性がとてもいいのでアウトドアやスポーツ観戦などにもおすすめです。

合わせるのはチェックのワイドパンツやスキニーデニムなど動きやすさ重視でボトムスをチョイスしましょう。

ショッピング

①ニットワイドパンツ

冬はニットを楽しみたい季節ですね。
ニットワンピもおすすめですが、この冬はニットパンツに挑戦してみてはいかがですか?

ニットパンツはゆるいシルエットで可愛らしくきれいめ大人カジュアルにも最適なアイテム。
女性らしいブラウスと合わせるのがおすすめです。

②レザージャケット×スカート

女友達とのショッピングにはおしゃれにも気合いが入りますよね。
大好きなお友達とのショッピングにはライダースジャケットとスカートのコーデにしてみてはいかがですか?

ライダースジャケットは袖がゆったりめのデザインのものを購入しておくとニットの上からでもゆったりと着ることができます。
この季節は落ち着いたカラーのものを選びがちですが、華やかなカラーのスカートと合わせるとおしゃれ度もアップし気分も高まります。

③チェスターコート×デニム

チェスターコートも冬場には大活躍するアウター。
どんなアイテムにも合わせやすいのでおすすめです。

お子さまを連れてのお買い物には動きやすさ重視のコーデが求められますがチェスターコートはデニムとの相性もいいので持っておくと活躍します。
シルエットがきれいめのものを選ぶと学校行事などにも使えコーデの幅も広がります。

<下に続く>

気温4度でおすすめのアイテム

気温4度に適した服装を買いにきた女性

気温4度の日の服装に適したアイテムをいくつか持っておくとコーデの幅も広がります。
ここからは、気温4度に適したおすすめのアイテムを紹介していきますので購入の際の参考にしてみてくださいね。

トップス:タートルニット

秋から冬はニットを楽しみたい季節でもあります。
ニットもシルエットやデザイン、カラーが豊富なので何枚か購入しておくと冬場に大活躍します。

気温4度の日には首回りの保温効果もあるタートルニットがおすすめ。
ざっくりしたケーブル編みのニットは女性らしさも演出してくれるのでおすすめです。

ボトムス:スキニーデニム

気温4度の日におすすめのボトムスはスキニーデニムですね。
スキニーデニムはカジュアルからきれいめまで幅広いコーディネートに最適なことと、ブーツなどにも合わせやすいというのがおすすめの理由です。

最近では裏地がボアタイプになっているような保温効果のあるデニムも販売されていますので是非チェックしてみてください。

アウター:ダウンジャケット

気温4度の日に適したアウターはやはりダウンジャケット
雨の日や雪の日でも保温効果が抜群なので一枚は持っておきたいアイテムですね。

ダウンジャケットもショート丈のものやロング丈のものがありますからお手持のアイテムに合う長さのものを選ぶことがポイント。
軽量のものやデザインやカラー展開も豊富なのでお気に入りの一枚を見つけてみてください。

インナー:ヒートテック

寒いからといって何枚も重ね着をしてしまうと厚着になってしまい見た目もすっきりしません。
そんな時は、インナーで保温効果を高めなるべくすっきりした着こなしができるようにするのがポイント。

おすすめは、ヒートテックのインナー。
最近ではいろいろなメーカーから販売されていますが、かなり保温効果があり一度ヒートテックを着てしまうと普通のインナーには戻れないという声も多いほど。
寒い季節のインナーはヒートテックがおすすめです。

靴:ブーツ

冬場はブーツを楽しめる季節でもあります。
ブーツにもショートブーツやロングブーツなど様々な種類のものがありますが、おすすめしたいのはニーハイブーツ

ニーハイブーツは、デニムでもワンピースでも合わせることができますし脚長効果や保温効果もあります。
この季節だけしか楽しめないブーツでおしゃれを楽しんでみましょう。

NGな服装・アイテム:季節感のないもの

基本的にはおしゃれにはルールはなく自分がいいと思うものを着ることができますが、あまりにも季節感のないものはNGです。
カラー、デザイン、アイテムなどその季節に応じたものを取り入れることが本当のおしゃれさんになる第一歩となるでしょう。

<下に続く>

4度が最低気温の服装

最低気温が4度に最適な服装で外出する女性

気温4度といっても最高気温なのか、最低気温なのかによって服装選びも異なります。
東北地方以外は、最低気温が4度となる日が多く日中は10度前後まで上がることも予想されます。

気温差が大きい時には体温調節ができるような服装を選ぶことがポイント。
ここからは、最低気温が4度の日の服装を紹介していきましょう。

①最低気温4度の服装:オフタートル×ワイドパンツ

日中に行動する場合は、気温も上がることが予想されますからオフタートルとワイドパンツのコーデがおすすめ。
オフタートルは首元の保温効果もあるのでこの時期にはおすすめのアイテム。

ワイドパンツにスニーカーを合わせるとお子さまと一緒に行動する時にも動きやすくていいですね。

②最低気温4度の服装:キルティングコート

日中気温が上がることが予想される最低4度の場合は、コートも軽めのものにしてもいいですね。
おすすめはキルティングコート

軽さが魅力的なキルティングコートは、どんなアイテムにも合わせやすいので一枚持っておくと便利ですね。

③最低気温4度の服装:チェスターコート×スキニー

チェスターコートは、秋や春などの季節の変わり目にも使えるアイテムなので一枚持っておくとコーデの幅が広がります。

朝晩が寒い最低気温4度の日でも日中はチェスターコートを羽織るだけで快適に過ごすことができます。
トップスはオフタートルのニットなどに合わせてみては。

朝晩の寒い時間帯はマフラーやストールで防寒対策してみましょう。

④最低気温4度の服装:ノーカラーコート

ノーカラーコートもきれいめから大人カジュアルまで幅広く対応できるので一枚持っておくと季節の変わり目から冬場まで大活躍します。
シンプルに決めたい時はモノトーンコーデがおすすめ。

日中に過ごす時はトップスは薄手のニットでも十分快適に過ごせるでしょう。
ノーカラーコートは学校行事などにも最適ですからお子さまがいるママさんは一枚持っておくと便利ですよ。

<下に続く>

気温4度を快適&おしゃれな服装で過ごそう

気温4度の服装におすすめのダウンジャケット

気温4度の寒い季節はアウターでおしゃれを楽しむのがポイントです。
使い勝手のいいアウターを何枚か持っておくとコーデの幅も広がります。

また、この時期は室外と室内の気温差が大きくなるのも特徴ですから、アウターで保温効果を確保しつつ室内に対応できるような服装にしておくとより快適に過ごすことができます。
冬場はアウターだけで隠れてしまうためおしゃれができないと思う人も多いですが、アウターの使い方によって十分おしゃれを楽しむことができます。

ここで紹介したコーデはアウターを取り入れたコーデとなっていますから是非参考にしてみてくださいね。

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line