Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/09/03

バレンタインに対する男性心理!反応で分かる本音&男子ウケする渡し方

女性にとっては一大イベントの一つとも言えるバレンタインですが、気になる彼は実際どう思っているのか知りたいですよね。
そこで、バレンタインに対してどのような男性心理が働いているのか覗いてみましょう。

脈ありか脈なしかを判断するポイントや、チョコを渡すときに彼が喜んでくれるシチュエーションをご紹介します。

Large 10

バレンタインに対する男性心理

バレンタインに対するほろ苦い男性心理を表したハート

では、バレンタインに対して男性はどのような本音を抱えているのでしょうか?
以下の男性心理10個をご紹介します。

  1. 好きな人からチョコが欲しい
  2. パートナーからの愛を確かめたい
  3. 何かと面倒
  4. みじめ
  5. モテる気分になれる
  6. 新しい恋を始めるチャンス
  7. 闘争本能に火がつく
  8. 高級チョコは困る
  9. チョコがもらえるか気になる
  10. 全く気にしてない

男性心理①:好きな人からチョコが欲しい

パートナーがいない男性の多くはバレンタインが近づいてくると、好きな人からチョコが欲しいという男性心理が生まれるようになります。
相手の女性と親しい間柄ならもちろん、単なる顔見知りでまともに話したことがないような関係でも「あの子からもらえないかな」と淡い期待を抱いたりしている場合もあるのです。

告白して振られるのが怖いのは男性も同じですから、年に一度のバレンタインだけは「奇跡的に彼女から告白されないかな」と願わずにはいられないのかもしれません。

男性心理②:パートナーからの愛を確かめたい

パートナーがいる男性はバレンタインに対し、彼女や妻からの愛を確かめたいという男性心理になっています。
男女の関係は一緒にいる時間が長くなるほどドキドキ感がなくなり、マンネリ化しがち。

そのため普段生活をしている中で、「俺愛されてるのかな」と不安になることがあるのです。
そんな心境で迎えるバレンタイン。

自分への愛情が感じられるプレゼントをもらい、「俺の不安は勘違いだった、良かった」と安心したいのでしょう。

男性心理③:何かと面倒

バレンタインに対しては、何かと面倒という男性心理もよく見られます。
「今年こそはもらえるかもしれない」と毎年ドキドキし、結局もらえなくて落ち込む自分が嫌ですし、精神的に疲れるのです。

もっと面倒なのが、職場の義理チョコ。
お返しに何を選んだらいいのかわからないため、1ヶ月後のことを考えると憂うつになります。

そのため「義理チョコなら受け取りたくない」という男性心理を抱えている人もいるでしょう。

男性心理④:みじめ

お正月が終わると、街中は一気にバレンタイン仕様にデコレーションされて甘い雰囲気を盛り上げます。
そんな光景を目にした男性の中には、むなしくてみじめという男性心理を持つ人もいるのです。

バレンタインはカップルのためのイベントなので、相手がいない男性の心の中は嫉妬、羨み、ひがみ、寂しさといった負の感情が強くなりやすいのでしょう。
それでもこの状況をどうすることもできず、一人で勝手に嫌な感情を抱いている自分がみじめで仕方ないのかもしれません。

男性心理⑤:モテる気分になれる

過去に女性からモテた経験がない男性は、女性からバレンタインチョコをもらえることで自分がモテているような感覚に陥り、気分が良くなる場合もあります。
彼らは「義理チョコをくれる女性は、少なからず俺を意識している」と考えているため、「俺もまだまだいける!」と喜んでいるのです。

とても純粋でポジティブな男性と言えるでしょう。

男性心理⑥:新しい恋を始めるチャンス

バレンタインには意外な女性からアプローチされることもありますから、新しい恋を始めるチャンスと捉えている男性もいます。
このような男性心理を抱くのは、彼女がいない、彼女と上手くいっていない、彼女とは順調だけど浮気願望があるといった男子たち。

特に社会人になると学生時代に比べて出会いの数も自由な時間も極端に減るため、バレンタインが迫るにつれて新たな恋への期待が高まるのです。

男性心理⑦: 闘争本能に火がつく

男性は性質上、プライドが高く負けず嫌いなところがあります。
バレタインでは女性からもらえるチョコの数が多いほど魅力的な男という証になるため、バレンタイン当日になると闘争本能に火がつくのです。

周りの男性に負けるとプライドが傷ついて立ち直れなくなるため、誰よりもたくさんもらって男としてのプライドを守り、優越感に浸りたい…。
そんな本音を心の奥に抱いているのです。

男性心理⑧:高級チョコは困る

男性は女性ほどチョコレートへのこだわりがない傾向にあるため、高級チョコをもらうと正直困ると思っている場合があります。
一方女性としては、愛情の大きさや感謝の気持ちを伝えるために、有名ショコラティエが監修した贅沢なチョコを贈りたいと考えることもあるでしょう。

ところが男性は「もっと高価なお返しをしないといけない」という大きなプレッシャーを抱えてしまいます。
するとせっかくの高級チョコをじっくり味わうこともできず、バレンタインが苦痛になるケースもあるのです。

男性心理⑨:チョコがもらえるか気になる

バレンタインに対する意見は色々ありますが、結局のところチョコがもらえるか気になっている男性が多くいると言えるでしょう。
涼しい顔をして「俺には関係ない」と言っているのは、プライドを守るための強がりなのかもしれません。

例え義理チョコであっても女性が自分のためにわざわざ購入してくれたことが嬉しいですし、チョコをもらうと自分が認められた気がして自信が湧いてきます。
だから内心では「1個でもいいからもらいたい」と願っているのです。

男性心理⑩:全く気にしてない

男性の中には、バレンタインを全く気にしてないという人もいます。
仕事や趣味などに全神経を集中させて打ち込んでいるタイプに多く、目標に向かって走り続けているためバレンタインが視野に入ってこないのでしょう。

周囲が浮かれていても流されることなく、自分の進むべき道だけを追い求めているのです。

<下に続く>

脈あり or 脈なし?バレンタインの反応で見分ける男性心理

男性心理を見分けるためのバレンタインチョコ

では、バレンタインに対する男性心理はどのような反応で見分けたらいいのでしょうか?
以下の脈あり反応5つ、脈なし反応5つ、ホワイトデーの脈あり反応5つをご紹介します。

チョコを受け取ったときの脈あり反応

反応①:嬉しそうな表情をする

バレンタインに義理チョコをもらうのは面倒と思っている人もいますが、好きな女性からは別。
舞い上がって素直に笑顔を見せたり、心から嬉しそうな表情になったりするのが一般的な男性心理でしょう。

ただし、彼が照れ屋なタイプの場合は感情を上手く表に出すことができません。
恥ずかしそうにモジモジしたり顔を真っ赤にしたり、好き避け行動からそっけない態度になって無言で受け取ることもあります。

表情だけで見分けるのが難しい場合は、他の男性心理や反応で判断してみましょう。

反応②:義理か本命かを確認する

バレンタインチョコを受け取ったとき、彼が「これは義理チョコ?それとも本命?」と確認したら脈ありサインの可能性が高くなります。
あなたのことが好きだから、これが義理か本命かは彼にとって今後の人生を左右するほどの超重大事項。

義理なのに本命と勘違いして喜ぶのは恥ずかしすぎますし、本命なのに義理と思い込んでチャンスを逃すなんてことは絶対に許されません。
そのため受け取った時点で「あなたの気持ちを知りたくて仕方がない」という男性心理が働くのです。

反応③:あなたやチョコに視線が行く

彼があなたに好意を持っているなら「きみの本心を見極めたい」という男性心理が働き、無意識にあなたの目や表情の動きを追いかけようとします。
また好きな子がくれるのはどんなバレンタインチョコなんだろうと興味があるため、渡されるときにはチョコをじっと見ることもあるでしょう。

言葉や表情では自分の本心を隠せても、瞳孔の動きやまなざしまでは自分の意志で変えることができません。
目はその人の正直な気持ちをあらわす部分ですから、彼の視線に注目すると男性心理が見えてきて、脈ありかどうかが判断しやすくなるでしょう。

反応④:具体的に食事の予定を立てる

彼があなたのことを好きなら「このまま付き合いたい」「もっと仲良くなりたい」という男性心理が生まれるため、バレンタインチョコのお礼という口実で食事に誘おうとするでしょう。
ただし、「今度食事でも行こう」という単なる食事の誘いは社交辞令の可能性も考えられます。

都合の良い日にちや時間を相談するなどして具体的に予定を立てようとするなら、あなたと積極的に仲良くなりたいという証拠。
脈ありサインと捉えていいでしょう。

反応⑤:からかう

バレンタインチョコを受け取った彼の脈ありサインとして最もわかりやすいのが、あなたをからかうことです。
あなたをからかう行動の裏には「俺を意識してほしい」という男性心理が隠れているのですが、どうやって近づけばいいのかわからないためからかうことで話しを広げ、親しくなりたいと考えています。

好きな女の子を目の前にすると落ち着いて話すことができず、ついからかってしまう…。
恋する男子はとても純粋で、小さな男の子と同じ行動を取ってしまうようです。

チョコを受け取ったときの脈なし反応

反応①:受け取ってすぐに去ろうとする

彼がバレンタインチョコを受け取ってすぐに去ろうとするのは、脈なし反応と言えるでしょう。
好意がある女性なら会話をしたり連絡先を交換したりして、「彼女のことをもっと知りたい」と思うもの。

ところが好意がない相手の場合は「距離を縮める必要がない」「気を持たせるようなことをしたくない」という男性心理からその場にいずらくなり、できるだけ早く去りたいと考えるのです。

反応②:目が笑っていない

バレンタインチョコを受け取った彼に笑顔が見られたとしても、目が笑っていない場合は脈なし反応の可能性が高くなります。
目は心の鏡というように、人は本当に「楽しい」「嬉しい」と感じるときにしか目は笑いません。

目だけが笑っていない様子からは、相手の女性に興味がないという男性心理が読み取れます。
でも興味がない表情をするのは失礼なので、彼女に本心を隠そうとして作り笑いをしてしまうのです。

反応③:周囲を気にしている

バレンタインチョコを受け取った彼が、辺りをキョロキョロ見渡すなど周囲を気にしているようなときはこの状況を誰にも見られたくないという男性心理が伺えます。
彼には既に好きな女性がいて、「彼女に誤解されたくない」と思っているのかもしれません。

「知り合いに見られて彼女に伝わったらどうしよう」という不安感が、落ち着きのない行動にあらわれていると言えるでしょう。

反応④:とにかくビックリする

バレンタインチョコをもらって驚くのは、脈ありでも脈なしでも見られる共通の反応です。
ただ、好意がある場合はそれ以上に喜びが勝っていますから、驚きよりも笑顔や「嬉しい」などの言葉が目立ちます。

一方好意がない場合はとにかくビックリし、驚きを隠せない表情になる場合があるのです。
ここから読み取れるのは、「恋愛対象外の女性だから全く想像していなかった」という男性心理。

あまりの衝撃的な出来事に何が起きたのかわからず、きょとんとする様子も見られるでしょう。

反応⑤:チョコを受け取ろうとしない

彼がバレンタインチョコを受け取ろうとしない場合は、ほぼ脈なし反応と捉えていいでしょう。
女性からするとかなりショックな行動ですが、「本命チョコだからこそもらえない」という男性もいるのです。

彼女や妻がいる、あるいはやりたいことがあって恋愛する気になれないといった状況の他に、「手作りは想いが詰まりすぎていてもらえない」という男性心理も見られます。
中途半端な気持ちでは女性と付き合わない誠実なタイプなのかもしれません。

ホワイトデーのお返しで分かる脈あり反応

反応①:お返しがお菓子以外の高価な品

ホワイトデーのお返しと言えばお菓子が定番ですが、それ以外の高価な品を選んでくれた場合はあなたが本命である証と言えます。
男性はお返しという行為自体を面倒に感じる人が多いですし、その気のない相手にわざわざ時間とお金のかかるお返しを用意しようとは思わないはず。

特に彼の本気が伺えるのはアクセサリーです。
普段から女性が身につける高価なアイテムだけに、「彼女は特別な存在」という男性心理が芽生えないとプレゼントにはあまり選びません。

バレンタインをきっかけにあなたに恋をした彼には「彼女は俺だけのもの」という男性心理が生まれ、独占欲を満たすためにアクセサリーを贈ることもあります。

反応②:一対一で渡す

彼があなたを個別に呼び出し、一対一でお返しを渡す場合は脈あり反応の可能性があります。
彼の中で単なるバレンタインのお返しという男性心理でいるなら、わざわざ一人の女性を呼び出すというのは考えにくいでしょう。

一対一の状況を作るということは、周囲に見られるかもしれないというリスクを背負うこと。
それでもあなただけに渡そうとするのは、「俺も好意を持ってるよ」「俺の気持ちに気付いてほしい」という男性心理からなのかもしれません。

反応③:照れている

彼が照れながらお返しを渡しているなら、あなたを異性として意識しているサインと判断できるでしょう。
恋愛感情を持っていない女性に対しては、「バレンタインのお返しね」といつも通りの自分でサッと渡すことができます。

でも、一度「俺この子のこと好きかも」と自覚するとそうはいきません。
本人を目の前にすると「カッコイイところを見せたい」という男性心理が働く一方で、極度の緊張から平常心を保てず恥ずかしくてたまらなくなるのです。

反応④:手書きのメッセージを添える

バレンタインのお返しに彼が手書きのメッセージを添えていたら、脈ありの可能性はかなり高いと言えるでしょう。
男性は女性以上に手書きのメッセージや手紙を書く習慣がありませんから、例え一言であっても贈る相手は特別な存在のはず。

「彼女に俺の気持ちをしっかり伝えたい」という男性心理が、ペンを走らせているのかもしれません。

反応⑤:デートに誘う

「バレンタインのお礼をしたいから一緒に買い物に行こう」などと言ってあなたをデートに誘う彼からは、本気さしか伝わってきません。
バレンタインのお礼としてデートに誘う行動には、「もっと彼女と仲良くなりたい」「早く付き合いたい」という男性心理が隠れています。

場合によっては、このデート中に告白しようとタイミングを見計らっていることもあるでしょう。

<下に続く>

バレンタインチョコを貰うと意識しはじめるってほんと?

男性心理を見分けるためのバレンタインチョコに合う飲み物

バレンタインチョコを貰った男性は、相手の女性を意識する傾向にあると言えるでしょう。
彼らに見られるのは「俺に好意を持ってくれてるみたいで嬉しい」という男性心理。

女性からの好意を確信できる機会というのは滅多にありませんから、「俺のためにバレンタインチョコを準備してくれたんだ」と思えるだけで飛び上がるほど嬉しくなり、彼女を意識せずにはいられないのです。

<下に続く>

男性がキュンとするバレンタインチョコの渡し方

男性心理を見分けるためのバレンタインプレゼント

では、バレンタインチョコはどのように渡すと男性がキュンとするのでしょうか?
以下のタイミング、シチュエーション(状況)3つをご紹介します。

タイミング

バレンタインチョコを渡す場合は、周りに人がいないタイミングで渡すのが基本です。
チョコを受け取るときの男性心理には「誰かに見られたら恥ずかしい」というものがあるので、人目を気にする必要がないタイミングを選んでくれたあなたに「気配りができる女性だな」と好印象を抱くでしょう。

シチュエーション

状況①:呼び出して待ち合わせをする

バレンタインチョコを渡すときは、事前に彼を呼び出して待ち合わせをするといいでしょう。
呼び出された彼は「もしかしてチョコをもらえる?告白されるかもしれない!」という男性心理になっていますから、ドキドキしながら待ち合わせ場所に向かいます。

そして期待通りにバレンタインチョコを貰えると、「ドキドキした分余計に嬉しい」という男性心理になるのです。

状況②:明らかに本命チョコとわかるように渡す

男性は自分だけ特別扱いされてることがわかると「俺に気があるのかな」「優越感に浸れて気分がいい」という男性心理が生まれ、喜びが一層大きくなります。
そこで、バレンタインには明らかに本命チョコとわかるように渡すといいでしょう。

他の人とはラッピングの見た目を変えることも大切ですが、理想は本命であるとはっきり伝わるメッセージカードを添えたり、ストレートな言葉を届けること。
女心に鈍感な彼も「俺を好きになってくれたんだ」「勇気を出して告白してくれたんだ」と感動し、キュンとするはずです。

状況③:恥ずかしそうに渡す

バレンタインチョコを渡す彼にキュンとしてもらうためには、恥ずかしそうに渡すのが効果的です。
基本的に男性は女性の恥じらう表情や仕草が大好き。

照れながらも頑張って自分のために渡してくれる彼女の姿を見ると、「可愛い」「そんなに俺を想ってくれてるんだ」という男性心理が働いて胸に響き、一人の女性として意識しはじめることもあるでしょう。

<下に続く>

バレンタインチョコを貰う男性心理を知って彼の心をゲット!

バレンタインチョコを貰う男性心理を知っている女性

バレンタインチョコを貰う男性心理の中で脈ありのものには「嬉しい」「彼女と仲良くなりたい」「緊張して素直になれない」「照れ隠しでからかいたくなる」などがあります。
どの男性心理もあなたに好意がある証であることを知り、彼が喜ぶシチュエーションでバレンタインチョコを渡せば、きっと彼の心をゲットできるはずです。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line