Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/08/25

SPFとは?意味やPAとの違い&SPF値の正しい選び方を解説

日焼け止めのPA・SPFとは、どんな意味があるのでしょうか。
意味や効果をしっかり知っておくことによって、紫外線をカットし、日焼けを防止することができます。

SPF値の選び方、日焼け止めを使う時のコツや注意点など、詳しくご紹介していますので、美しい肌を守るために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Large pexels photo 745125  1

日焼け止めの【SPF・PA】とは?

SPFとは何かを知って日焼け対策するプールサイドの女性

日焼け止めや化粧品に表示されているSPFとはどのような意味なのでしょうか?
またSPFとは別の意味のPAについても、詳しく見ていきましょう。

意味

「SPF」とは

SPFとは、肌表面を短期的に黒くさせるUVB(紫外線B派)をどれだけ抑止できるのかという、効果の度合いを数値で表したものです。
SPFとは1~50+までの数字を使って表し、数値が高くなるほど、長い時間に渡って紫外線B派を抑止できる効果があると言われているのですね。

UVBはシミの原因になるので、肌の色が黒くなることを防いだり、シミを防止するなら、SPF機能がある日焼け止めがおすすめです。

「PA」とは

PAとは、肌を長期的に黒くしたり、老化の原因になるUVA(紫外線A派)を抑止する効果を数値で表したもの。
PAは+の数値を使って表記され、+が多いと効果が上がると言われているのですね。

UVAはUVBほど短期的に肌の変化や炎症を感じていなくても、じわじわと肌に刺激を与え、老化の原因になります。
その結果、シワができたり、肌がたるんだりするので、日常からUVAを防止するならPA機能がある日焼け止めがおすすめですね。

SPFとPAの違い

SPFとは、紫外線B派を防止することができますが、紫外線B派は主に屋外で浴びることが多いので、1日中室内にいる時にSPF機能があるものを使っても、あまり効果を発揮しません。
反対に、PAが予防効果を発揮する紫外線A派は、年間を通して日常生活の中で浴びることが多いので、日差しが強い屋外に長時間いる時に、PA機能のものを塗っても、日焼けを予防できないでしょう。

PAとSPFとは、同じ日焼け止め効果があっても、防ぐことができる紫外線が違うのです。
ですので、屋外に行く時はSPF効果のあるものを、年間を通して使うものはPA効果のあるものを選ぶと、2つの紫外線を効果的に抑止することができますよ。

<下に続く>

日焼け止めの「SPF・PA」の正しい選び方

選ぶ時にパッケージの可愛さとSPFとは何か知って選んだ日焼け止め

日焼け止めのSPFとはどんなものを選ぶのがいいでしょうか?
また、PAについても、どういった基準で選べばいいのか、詳しく見ていきましょう。

  1. 予定に合わせて選ぶ
  2. 季節に合わせて選ぶ
  3. 使いやすいタイプで選ぶ
  4. 肌質に合わせて選ぶ

①予定に合わせて選ぶ

海や山をはじめ、外のレジャーを楽しむ時は、SPF効果の高い日焼け止めを選びましょう。
レジャーにピッタリなSPFとは、SPF50、またPAは++++のものが望ましいです。

日常生活を行う程度でしたら、SPFとは10~20、PAは++のものをおすすめします。
その他、外出する時間が長いなど、その日の予定が分かっているなら、強さを調節するといいでしょう。

②季節に合わせて選ぶ

夏場はUVBがかなり強くなりますので、SPF効果のある日焼け止めは必須と言っても過言ではないでしょう。
しかし、冬場になるとUVBはほとんど降り注ぐことはないので、夏場と同じものを使い続けることは、おすすめできません。

反対に、UVAは年間を通して高い水準で降り注いでいます。
ですから、冬場はPA効果のあるものを、夏場はSPF効果とPA効果の両方あるものを選ぶといいでしょう。

③使いやすいタイプで選ぶ

日焼け止めには様々なタイプがあります。
定番のミルクタイプをはじめ、クリーム、シート、スプレーなど、最近では豊富なラインナップになっていますね。

自分の用途に合ったPA・SPFとはどのくらいの値なのか見定めたら、使用しやすいタイプで選ぶのもいいでしょう。
スプレータイプは髪の日焼けも防げますし、最近ではトーンアップ効果のあるものもあります。

特に夏場は使う頻度が増えるため、使いやすいタイプ、自分の生活スタイルに合うタイプを選ぶことで、日焼けを防止することができるでしょう。

④肌質に合わせて選ぶ

PAやSPFとは、その値が上がるほど肌のダメージを防いでくれますが、日常的に効果の強いものを使うことは、おすすめできません。
なぜかというと、効果が高いほど肌に与える影響が大きいからなのです。

ですので、肌の弱い方や、肌トラブルのある方が強い日焼け止めを使うことによって、肌荒れしてしまうことも考えられるのですね。
そういった方は、スキンケア成分が入っているものや、弱酸性のものを選ぶと、肌への負担を減らすことができるでしょう。

<下に続く>

日焼け止めの効果を高める塗り方テクニック

SPFとは何か知り鏡を見ながら日焼け止めを塗った女性

日焼け止めのPA・SPFとは、どのように使うことで効果を高めることができるのでしょうか。
具体的な塗り方のテクニックをご紹介します。

①こまめに塗り直す

日焼け止めのPA・SPFとは、朝に塗ったから1日中大丈夫というわけではありません。
室内にいる時は大丈夫かもしれませんが、屋外にいる時には紫外線が強さを増すので、2~3時間ごとに塗り直すと日焼けしにくいでしょう。

また、汗をかいた後にタオルで拭いたりすることによって、日焼け止めが落ちてしまうこともあります。
顔はメイクとの兼ね合いもあり、何度も塗り直すことは難しいかもしれませんが、そういった時は、パウダータイプをはたくと、メイク直しにもなるのでおすすめですね。

②気になる部分は重ね付けする

日焼け止めのPA・SPFは、体や顔など、全体的に薄く均等に伸ばすことで効果を発揮します。
そして、焼けやすい部分や絶対に焼けたくない部分は重ね付けすることで、しっかりと日焼けを防止することができるでしょう。

特に上半身、肩、頬、鼻などは、日に当たりやすいので、しっかりとした日焼け対策が必要です。

<下に続く>

勘違いでうっかり焼け!?日焼け止めの注意点

SPFとは何か知らず日焼け対策をせずプールを楽しむ女性の脚

日焼け止めを使う時には、どんなことに気をつければいいのでしょうか。
うっかり焼けてしまうことがないように、注意するポイントをご紹介します。

①塗り忘れに注意する

顔や体など、全ての部位に日焼け止めを塗ることは大変なので、塗り忘れてしまうことや、「このくらいで十分だろう」としっかり塗らずに外に出てしまうことがあるかもしれません。
しかし、予想外に日焼けしてしまったり、想像以上に日焼けしてしまうこともあるのですね。

特に、首すじや手の甲、足の甲などは、塗り忘れが多い部分で、尚且つ日焼けしやすい部位でもあるので、注意しましょう。
また、腕の裏側、脚の裏側なども塗り忘れが多いので、外出前にしっかりとチェックしてください。

②髪や目の日焼けも注意する

顔や体の日焼け対策をするのは一般的ですが、髪や目の対策を行っていない人は多いです。
実は、髪が日焼けすることによって、髪が乾燥し、パサつきの原因になったりするのですね。

また、目に紫外線を浴びると、肌が紫外線を浴びた時と同様にメラニン色素を作り出してしまうので、肌に日焼け止めを塗っていても日焼けしてしまうことがあるのです。
ですので、髪にも日焼け止めスプレーをしたり、日傘を使うなどの対策を取り、目はサングラスで保護するようにしましょう。

<下に続く>

日焼け止めのPA・SPFとは何かを知って美しい肌へ!

日焼け止めのSPFとは何かを知っている美しい肌の女性

日焼け止めのPA・SPFとは、肌の日焼けを防いでくれるのはもちろん、肌の乾燥や老化を防いでくれます。
今現在の肌を守るだけではなく、未来の肌を守ることにもつながるのですね。

まず、日焼け止めを見て、PA・SPFとはどのくらいの値なのかをチェックしてみてください。
そして、自分の生活や季節に合った日焼け止めを使用して、何年経っても美しい肌を目指しましょう。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line