Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

フランス語の単語・フレーズ一覧【日常会話|かっこいい|かわいい】

フランス語の綺麗な発音は難しいと思っている人が多く、単語もあまり知らない人が多いかもしれません。しかし実はフランス語の単語はおしゃれでかわいいものがとても多いのです。旅行などで使えるフランス語の単語の覚え方や、基本のフランス語かたかっこいいものまで今回はその単語の意味とともに単語を一覧で解説します。

Large pexels photo 71177
目次

フランス語は音が綺麗!単語の発音方法

フランスの凱旋門

フランス語を発音する事は難しいといわれがちです。とくに日本人は苦手意識があるかもしれません。しかし実はフランス語というのは英語などに比べて規則的であり、きちんと基礎の正しい読み方をしっかりと覚えれば、簡単に発音できるものなのです。

意味は知らない言葉であっても、基礎さえできていれば発音できるため最初に覚えてしまえばその後は話すことが楽しくなる事でしょう。発音に関しては、au, eau がオ、ai, ei が エ、ou がウ、oi がウァ、gn がニャ行の発音です。

あとはph がフなどもありますが、一度規則を覚えてしまえば、あとはローマ字読みなので日本人にもわかりやすいのです。間違えやすいのは、フランス語は単度の最後の子音を発音しない事が多いという点です。しかし発音する子音もあるため、そこもしっかりと覚えておきましょう。

なぜフランス語が難しいといわれるのかといえば、母音が日本語よりも数が多いからです。また日本語で発音しにくいといわれている音があるため、そこでつまずく人が多いのでしょう。

口の形や舌の位置など難しいと思うかもしれませんが、最初にきっちりと正しい発音ができるように覚えれば話す事は意外と難しくありません。重要なのは最初に正しいフランス語に触れること、といえるでしょう。

<下に続く>

フランス語の単語・フレーズ一覧【日常会話】

①Bonjour(ボンジュール)

海外の挨拶は誰もが知っている事が多く、フランス語でもこちらの言葉は、一度は目に触れた、または聞いたり話したりした事がある人が多いでしょう。「おはよう、こんにちは」という意味です。

②Bonsoir(ボンソワール)

朝の挨拶は知っている人が多いのですが夜の挨拶を知っている人は少し少なくなるかもしれません。ちなみに朝から夕方までがボンジュール、夕方から夜がボンソワールを使用します。

③Printemps(プランタン)

こちらはは春を意味します。四季についても知っていると会話につまった時にとても便利でしょう。ちなみに夏は「Été」で「エテ」、秋は「Automne」で「オートヌ」冬はHiverで「イヴェール」となります。

④Pluie(プリュイ)

しいらない人と会話をする時に大切なのは共通の話題である事です。その点、天候の話は世界共通の話題となるでしょう。こちらの単語の意味は「雨」です。雨が降っているときにはこの言葉を色々なところで聞く事でしょう。

⑤Soleil(ソレイユ)

お店の名前などいも使用されることが多いこちらの単語の意味は「太陽」です。雲は「Nuage」で「ニュアージュ」風は「Vent」で「ヴァン」など自然に関する言葉も覚えておくと便利な言葉です。

⑥Orage(オラージュ)

雨、だけではなくもっとひどい時にはこちらを使用します。「雷雨」という意味があります。「雷」だけになると「Foudre」で「フードル」となるのですが、違いをしっていると良いでしょう。ちなみに台風は「Typhon」で「ティフォン」ですので英語と似ていて想像がつきやすいかもしれません。

⑦Japon(ジャポン)

フランスで日本の事を話す時、一瞬なんと発音するか悩むかもしれません。「日本」は「ジャポン」と発音します。ちなみに日本人、といっても男性は「japonais」で「ジャポネ」女性は「japonaise」で「ジャポネーズ」と性別によって変わるので覚えておきましょう。

⑧famille(ファニィユ)

フランス人も家族をとても大切にします。そのためこちらの「家族」という単語もよく使用されます。ちなみに父は「père」で「 ペール」母は「mère」で「メール」と発音します。

⑨mari(マリ)

家族の中でも夫婦となるとどうなるでしょう。こちらが「夫」という意味になります。    「マリ」という発音なので日本人からすれば女性の名前のように感じるかもしれません。妻は「femme」で「ファム」となります。あまりなじみがないため間違えやすいかもしれませんが、間違えると性別が混乱してしまうため気を付けましょう。

⑩bèbè(ベベ)

この名前のファッションブランドもありますが「赤ちゃん」という意味なのです。可愛い赤ちゃんへの愛情ある単語です。ちなみに子供になると「enfant」で「アンファン」で息子は「fils」で「フィス」娘は「fille」で「フィーユ」となります。家族旅行の時に紹介できるよう覚えておきましょう。

⑪grand(グラン)

「大きい」という意味の単語です。色々なものについて大小は話す事が多いため覚えておきましょう。小さいは「petit」で「プチ」ですのでこちらは日本でもなじみがあり覚えやすいでしょう。

⑫bon(ボン)

フランスで料理を楽しみたいと旅行へ行く人も多いはずです。おいしいという単語も覚えておきましょう。反対語のまずいは「mauvais」で「モヴェ」です。

⑬chaud(ショ)

気温の話をする機会も多いでしょう。暑いという意味がこちらの単語です。逆に寒いときは「froid」で「フルワ」と発音します。

⑭aujourd'hui(オージョルデュイ)

いつ、という事についても尋ねられる事が多いでしょう。意味は今日の事です。ちなみに明日が「demain」で「ドゥマン」で昨日は「hier」で」「イエール」となります。重要な日付に関して伝える時に間違えないようしっかりと覚えておきましょう。

⑮Oui(ウイ)

フランスの会話の基本、といえるかもしれません。はい、という意味であいづちでも使用されます。反対語のいいえは「Non」で「ノン」になります。

⑯S’il vous plaît(シル・ヴ・プレ)

お願いします、という意味なのですが人を呼びかける時の「すみません」としても使用できます。お店などでも使う機会は多いので覚えておくと便利な言葉です。

⑰Métro(メトロ)

フランスでの移動は地下鉄がメインとなります。メトロ、は地下鉄の事で日本でも使用されているためなじみがあるでしょう。ちなみに駅の事は「Station」で「スタシオン」t-ミナル駅は「Gare」で「ギャール」となります。

⑱Croissant(クロワッソン)

フランスといえばパンというイメージの人も多いでしょう。クロワッサンは日本とは少し発音が変わります。日本でフランスパンといわれているのはフランスでは「Baguette」で「バゲット」になります。フランスでサンドウィッチ、といえばバゲットのサンドイッチになるので注意しましょう。

⑲Attendez(アトンデ)

言葉が通じないと焦る場面もたくさんあるかもしれません。そんな時にはこちらの単語を使いましょう。意味は「待ってください!」なのでいろいろな場面で使用する事ができます。

⑳Entrée(アントレ)

お店やお手洗いの場所などに迷う事もあるでしょう。人にきいても単語が知らずに困る場面もあるかもしれません。アントレは入口のことです。ちなみに出口は「Sortie」で「ソルティー」になります。

<下に続く>

フランス語の単語・フレーズ一覧【かっこいい】

フランスのエッフェル塔

①réussir(ポム)

「成功する」という格好よい言葉です。DIYなどでロゴをいれたい時などにもこういった前向きな言葉であれば目にうつるたびに前向きな気持ちになれるでしょう。

②bruler(ブリュレ)

「燃やす」という意味があります。有名なクリームブリュレはクリームを燃やす、という意味であり表面を火であぶり焼き色をつける事から名づけられた事がこの単語を知るとわかります。

③monsieur(ムッシュー)

この言葉を知っている人は多いかもしれません。すべての男性への敬称なので使用する場面も多いでしょう。知っておくと便利な言葉です。

④chevalier(シュバリエ)

フランスならではの言葉といえるかもしれません。「騎士」という意味です。日本とは違い古くから騎士が活躍する国ですので、騎士に対しては日本とはまた違ったイメージをもっている人がおいでしょう。

⑤valite(ヴェリテ)

「真実」という意味の言葉です。お店の名前やDIYのロゴなどにする時も意味をこういった深いものにするとより格好良いためおすすめの単語なのです。

⑥operation(オペラシオン)

こちらの単語もとてもかっこいい意味の言葉です。「作戦」という意味なのですが英語よりもフランス語になると更に格好よく感じるのではないでしょうか。

⑦éclair(エクレール)

様々な名前に使用できる単語です。エレガントな響きですが「稲妻」という意味がありますので、男性からも好まれる単語といえるでしょう。

⑧ombre(オンブル)

少し暗く感じる言葉というのも意外と恰好良いものです。深い意味を感じるかもしれません。こちらは「影」という意味になります。

⑨La mort(ラ・モール)

影と同じように深い意味があるのでは、と思う人が多い言葉なのですが「死神」という意味になります。一瞬怖く感じるかもしれませんが、フランス語になるとオシャレな響きになります。

⑩terre(テール)

「地球」という意味です。英語のアースは一般的に知られていますが、フランス語の地球はあまり知られていないでしょう。知らない人が多いので、他の人と差をつけられる言葉のひとつです。

⑪astre(アストル)

地球など、宇宙を感じる言葉は格好良いと感じる人でしょう。神秘的で壮大なイメージがあるからです。こちらは「天体」になります。発音も日本人でも口にしやすい言葉といえるでしょう。

⑫cœur(クール)

英語のクールとは違う意味なので不思議に感じるかもしれませんが、こちらは「心」という意味です。心を大切にしたい人にピッタリの単語です。

⑬copain(コパン)

お店などはたくさんの人が集まる場所にしたいと思う人が多いでしょう。こちらは「仲間」という意味なので、人が集まる場所にはピッタリの言葉です。

⑭chanter(ションテ)

歌を好きな人はとても多いでしょう。「歌う」という意味の単語です。音楽を楽しむお店や、音楽が好きな人がDIYのロゴにいれるのにピッタリの言葉です。

⑮permanent(ペルマナント)

少し難しい言葉に感じるかもしれませんが「永久的な」という素敵な意味があります。ロマンチックな場面にもピッタリといえるでしょう。この後に単語をつづけることでまたそれぞれの意味も変わってきますので、お店やロゴなどに使用する時はその単語を考えるのも楽しいかもしれません。

<下に続く>

フランス語の単語・フレーズ一覧【おしゃれ】

①Arc-en-ciel(アルカンスィエル)

「虹」という意味があるため、虹を見た時のハッピーな気持を思い出す事ができるでしょう。七色の虹を思い浮かべるとカラフルでオシャレだなと感じる人が多いはずです。

②cherie(シェリー)

愛の国とも呼ばれるフランスらしい言葉です。「いとしい人」という意味でとてもロマンチックな単語です。一般的には女性に対して使用される事が多い言葉なのですが、DIYのロゴなどにもピッタリですし、SNSの投稿などに思いをこめるのも良いでしょう。

③beaute(ボーテ)

「美しい」という意味があり、高貴な印象のある言葉です。コスメブランドなどでも使用される事が多い単語です。フランスでは「美しい」という事をとても大切にしています。それは外見だけではなく中身や生き方、品位のようなものでもあるでしょう。そこに憧れもをちボーテを使用する日本人もとても多いのです。

④eternite(エテルニテ)

「永遠」という意味なのですがなんとなく英語の綴りと似ているため意味を覚えやすいかもしれません。やはりロマンチックな意味でオシャレな言葉といえるでしょう。結婚式などにもフランス語を使用してこの単語をつづるととても素敵です。

⑤etoile(エトワール)

「星」という意味の言葉なので、特別な思いを抱く人も多い単語でしょう。想い人の事を星と例える事もありますが、そんなロマンチックな意味をこめる事も出来る言葉です。

⑥gateau(ガトー)

フランスは美味しいお菓子が多いイメージではないでしょうか。フランスでは「ケーキ」の事をガトーと言います。よく知られているガトーショコラは「ショコラ」がチョコの意味なので「チョコのケーキ」という意味なのです。意味を知るとわかりやすい名前がついていると感じるのではないでしょうか。

⑦umiere(リュミエール)

「光」という素敵な言葉の事です。響きもエレガントなので素敵だと感じる人が多いでしょう。光、という言葉にもロマンチックな思いをこめる事ができるためお店の名前やロゴにはピッタリです。

曲名などにも使用される事が多いのはその言葉の意味と響きの美しさからでしょう。一度はこの単語を聞いたことがあるという人が多いはずです。

⑧manege(マネージュ)

何の単語かと思うかもしれませんが実はこれは「メリーゴーランド」という意味の言葉です。メリーゴーランドにはノスタルジーなイメージを持つ人が多いものですが、そのままではイメージがつきすぎるかもしれません。フランス語になると隠れた可愛い意味を感じてオシャレに感じる事でしょう。

⑨Noel(ノエル)

この単語は知っている人が多いでしょう。フランス語で「クリスマス」という意味です。日本でも今やクリスマスは特別なものです。フランス語にすると少しオシャレな大人のクリスマスをイメージできるのではないでしょうか。

⑩soiree(ソワレ)

日本とは違い海外ではパーティがよくおこなわれますが、フランスでもおこなわれています。ソワレは「夜のパーティ」の事です。パーティが日本では一般的ではないため余計にオシャレなイメージを持つ人が多いでしょう。

⑪zephyr(ゼフィール)

響きがおしゃれですが、意味は穏やかな優しい言葉で「そよ風」という意味があります。日本語で伝えるよりもより響きが柔らかくあたたかさを感じるのではないでしょうか。

⑫ange(アンジュ)

英語のエンジェルと同じ「天使」の意味をもちます。響きが可愛く、日本ではあまり一般的ではない天使の存在を古くから感じているフランスらしい言葉のひとつです。

⑬amie(アミ)

「友達」という言葉ですが、友達やフレンド、というよりもオシャレでしょう。友達が集まるようなお店にしたい人のお店の名前やホームパーティで使うもののDIYをする時にもおすすめですし、SNSの投稿にもおすすめの言葉です。

⑭chouchou(シュシュ)

響きがとてもおしゃれで可愛いこちらの言葉ですが「お気に入りの」という意味ですので様々な場面や用途で使用する事ができる単語です。ロゴにしても綴りが可愛いと感じる人が多いはずです。

⑮ciel(スィエル)

SNSなどでも空の写真を撮る人が多いように空には人を惹きつける魅力があります。そんな「空」という意味の単語がこちらです。お皿のロゴなどにも使用される事もあります。また空色を伝えたいときにもこの単語を知っておけば意味が通じるかもしれません。

<下に続く>

フランス語の単語・フレーズ一覧【かわいい】

①fleur(フルール)

「花」といえば英語のフラワーが思いつくかもしれませんが、フランス語になるとまた印象が変わります。女性は花が好きな人はとても多いものです。色々な場面で使用できるでしょう。

フラワーよりも柔らかい印象をもつ人が多いかもしれませんし、コスメブランドやファッションブランドでも使われることが多い単語でしょう。

②fraise(フレーズ)

フレーズ、は「いちご」という意味ですが、いちごには可愛い印象を持つ人が多いでしょう。「framboise」となると「フランボワーズ」できいちごという意味になります。

③apin(ラパン)

うさぎも可愛い生き物として女性から人気がありますが、フランス語になると少しおしゃれな響きになります。フランス料理やファッションブランドなどでも時々聞く事があるかもしれませんが、フランスに行くのであれば更に聞く機会は多いため知っておきたい言葉のひとつです。

④lune(リニュヌ)

神秘的な「月」の意味をもつ単語です。遠くに最近は月の満ち欠けなどを気にする人も多く、月を特別なものと思っている人も多いでしょう。英語のムーンよりもオシャレな響きいなるのではないでしょうか。

⑤luciole(リュスィオール)

「ホタル」の単語です。ホタルは日本のものと思っている人も多いかもしれませんが、フランスにもホタルはいます。エレガントな響きでホタルのイメージも更に特別なものになるでしょう。

⑥mirage(ミラージュ)

コスメ用品などでも使用される事が多い単語なのですが実は「蜃気楼」という意味をもちます。蜃気楼には怖さとともに幻想的な美しさがあるためファッションブランドやコスメブランドで使用されることが多いのです。

⑦papillon(パピヨン)

同じ響きの犬種がいるため犬のイメージをもつ人が多いかもしれませんが実は「蝶」という意味があります。鮮やかでひらひらと美しい蝶を思いだす人が多いでしょう。日本でも女性は蝶に例えられる事が多いですが、それはやはり女性らしさを表現しているからこそでしょう。その表現もフランス語になると更に可愛く感じるはずです。

⑧plume(プリュム)

発音が可愛いこちらの単語は意味も可愛く「羽」という言葉になります。羽をもつ天使を思い出す人もいるかもしれません。柔らかい響きが可愛い単語です。

⑨papai(パパイ)

「パパ」の意味ですが綴りと発音がかわるだけでまた持つイメージが変わるでしょう。ちなみにママは「mae」で「マイ」という発音です。家で食器などをDIYする時にもパパとママ専用をつくると愛着がわくものです。それがフランス語であればオシャレな仕上がりになります。

⑩beijar(ベイジャール)

女性はロマンチックな事が好きな人も多いでしょう。この単語は「キスする」と言う意味あます。エレガントな響きながらもとても可愛くロマンチックな意味をもつ言葉なのです。フランスには恋愛に関する単語もとても多いため、ロマンチストな女性は知りたくなる単語がたくさんあるでしょう。

⑪amante(アマンチ)

愛の国フランスでは恋人はとても特別な存在です。「恋人」という意味をもつこちらの単語もとても大切にしている人が多いでしょう。SNSの投稿などに思いをこめて投稿する事もできるでしょう。

⑫piscadela(ピスカデーラ)

「ウィンク」という意味のある単語ですがフランス語になるだけでかなり印象が変わるでしょう。

⑬AGNOLA(アンゴラ)

アンゴラという素材を想い浮かべる人が多いかもしれませんが実は「天使」という意味があります。天使にはいくつかの単語があり、「ange」 「angeela」も天使という意味です。天使が昔から日常にあるからこそ、天使という言葉がたくさんあるのもフランスらしいといえるでしょう。

⑭aria(アリア)

フランスも歌をとても愛しているひとが多く「メロディ」という単語のこちらを使用する機会はとても多いでしょう。歌を愛する人のお店の名前などにもおすすめの言葉です。居酒屋やバーなどにも使用できますし、グループ名などにも良い単語でしょう。

⑮bambi(バンビ)

小鹿を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、フランスでは「子ども」という意味があります。こどもの愛くるしさを思いだせばこの言葉の可愛さがわかるのではないでしょうか。バンビ、という響きがとても愛おしい気持ちになれるはずです。

<下に続く>

フランス旅行で覚えておきたい単語一覧

フランスの綺麗な景色

①Excusez-moi(エクスキュゼモワ)

「すみません」という時に使用するのですが、お店などや呼びかける時など何かと使用する機会が多い言葉です。最初は発音が難しく感じるかもしれませんが、しっかり覚えておくと旅行中に焦らずいすむ場面がたくさんあるでしょう。

②Madame,s’il vous plaît.(マダム スィル ヴ プレ)

呼びかける時に丁寧に話したい相手にはこちらを使用します。先ほどよりも丁寧な言い方ですので目上の人にも安心して使用する事ができます。慣れれば両方を使い分けられるようにできると良いでしょう。

③Pardon?(パルドン)

英語と綴りと意味は同じですが発音が違うためきちんと覚えておきましょう。「えっ?」と聞き返す時に使用するのですが、相手の言葉が聞き取れないことは旅行中必ずあるものです。そんな時にとても便利なので発音もしっかりと確認しておきましょう。

④Enchanté(アンシャンテ)

「はじめまして」という意味なので使用する事が多い言葉ですが少し注意が必要な言葉で、男性と女性との性別で、発音がかわってきます。こちらの「Enchanté」は男性が言う場合で女性場言う場合じゃ「Enchantée」と語尾が変わります。

⑤Au revoir(オ ルヴォワール)

挨拶の基本のひとつで「さようなら」という意味です。会う時の挨拶は覚えていてもさる時の挨拶はあまり知られていないもので覚えていない人が多いかもしれません。しかし礼儀のひとつとして知っておくとやはり使用する機会が多いので便利でしょう。

⑥Bonne nuit. (ボヌ ニュイ)

旅行中はあまり使用する機会がないかもしれませんが、フランスで仲の良い人ができてホームステイをする時などスマートに使用すると格好良いでしょう。「おやすみなさい」という意味の言葉です。

⑦À la prochaine(アラ プロシェンヌ)

別れのセリフのひとつですが、前向きで明るい意味があります。「また今度」という言葉ですので、また会いたいといった気持ちを表現する事もできるでしょう。長期滞在の時などは必ず使用するでしょうから、覚えておきましょう。

⑧Merc(メルスィ)

こちらもフランス語の中では知っているひとが多い言葉のひとつです。「ありがとう」という意味です。その国でもこの単語はとても大切にされていますし、感謝はどんどん伝えていくようにしましょう。

⑨Merci beaucoup(メルスィ ボクー)

感謝を伝えるといってもいろいろな場面がありますし、心から感謝しているときはきちんと伝えたいと思うものでしょう。「どうもありがとう」という意味をもつこちらの言葉を使用すれば丁寧に感謝を伝えることができます。

⑩Qu’est-ce que c’est? (ケ ス ク セ?)

発音も簡単なので覚えておきましょう。「これは何ですか?」といった意味の言葉です。海外での旅行では不思議なものがたくさんあります。きっとこの言葉を使用する機会は少なくないはずです。

<下に続く>

フランス語の単語【覚え方】

方法①単語帳を使って覚える方法です。

日本らしい覚え方といえるかもしれませんが、やはり単語帳を使用する方法はとても覚えやすいといえるでしょう。もちろん販売されている単語帳もありますが、おススメは自分で単語帳をつくることです。

その時に学んだ発音についてや、ちょっとしたコメントなどを記入する事で日もづけられて更に記憶しやすくなるかもしれません。小さめの単語帳にすれば少しの空き時間などにも勉強する事ができるというのがとても良い点です。

方法②語呂合わせやイラストで覚える

単語帳だけではなかなか頭に入らない、という人は覚えられない単語を書き出して、ごろ合わせを考えましょう。学生時代なども語呂合わせなどで勉強した記憶がある人は少なくないでしょう。フランス語を覚える時にも便利です。

また良い語呂合わせが思いつかない、考えるのが大変だという人にはイラストを一緒に記入して覚える方法もおすすめです。人の脳というのは不思議なものですがなじみのないアルファべットの羅列でも一緒にイラストを覚えることで、紐づけて記憶する事がしやすくなるのです。

方法③フランス人の友人をつくる

どんな言語もいちばん良いのはやはりその現地の人と話すことです。最初はフランス語と日本語を話せる人がいればその人と会話をする事で、間違えている部分を教えてくれる事でしょう。

現地の人ならではの微妙なイントネーションの違いなどについても注意してくれますし、何よりフランスの事を知りながらフランス語を学べるというのはとても楽しいものです。そしてフランスの人というのは日本人よりも褒め上手な人が多いため、話したことを褒めてくれる事でフランス語への自信がついてくるかもしれません。

もちろん相手がフランス人だからと無理矢理話しかけたり、教えてもらおうとしてはいけませんが、自分の国の言葉を知りたいと思ってくれる人がいることを嬉しいと感じてくれる人も多いものです。もちろんフランス語教室などに行く、というのも良いでしょう。

<下に続く>

フランス語の単語・フレーズのまとめ

フランス語は難しいと思っている人が多いでしょう。実際に勉強しようとしたものの発音が難しく挫折した人も多いかもしれません。しかし、きちんと基礎をしっかり覚えることでしっかりと発音できるようになるはずです。

また、フランス語の単語はとても美しいもの多いため、知ればしるほど楽しくなっていくものです。フランスならではの言葉に触れるたび、新しい世界を知る喜びも増えていくことでしょう。

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line