Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/06/10

神妙な面持ちの意味と言い換え表現!神妙な人の心理&謙虚な態度の作り方

日常生活の中で、「神妙な面持ち」という表現を使ったことはありますか?
もしかしたら小説などで見たことがあっても、実際に使う場面はなかなか見つからないかもしれませんね。

いざ使う場面が来た時のために、神妙な面持ちについて知っておくことがおすすめです。
この記事では神妙な面持ちの意味と言い換え表現と神妙な人の心理、そして謙虚な態度の作り方をご紹介します。

Large photo 1503541492994 11c0925b6b73

「神妙な面持ち」の意味とは?

神妙な面持ちの人

神妙な面持ちとは、「普段とは違う様子で、一人で何かを背負っているような表情」という意味です。
神妙という言葉には「殊勝である」「おとなしくかしこまった様子」という意味があります。

その後に続く面持ちは感情の表れた顔つきを指し、表に内面の感情が出たことを強調するものです。
つまり、そうした顔つきはあまり見ることのない表情であることが言えるのではないでしょうか。

だからこそ、神妙な面持ちには殊勝さ、謙虚さを感じさせてくれる効果があるんですよ。
わたしたち人間は、成長するにつれて内面にある感情を表立たせることがどんどんなくなっていきますよね。

神妙な面持ちはそうした感情がふいに表れたような、そんな表情であると言えるでしょう。

<下に続く>

「神妙な面持ち」が使われる場面

神妙な面持ちが使われる場面を見つけた女性

それでは「神妙な面持ち」が使われる場面をご紹介します。

  1. 考え事をしている
  2. 真剣に話を聞いている
  3. 何か言おうとする
  4. 秘密を打ち明ける
  5. 緊張している

以下で、「神妙な面持ち」が使われる場面について詳しくみていきましょう。

場面①:考え事をしている

何か悩んだ時、それを解決するために考える必要がでてきますよね。
実際には、悩んでいることがすぐに解決することの方が多いのではないでしょうか?

ところが、どれほど頭をひねってもなかなか答えがでてこない場合もあるでしょう。
考え事をする時間がどんどん増え、余裕がなくなってくるのです。

場面②:真剣に話を聞いている

神妙な面持ちをする人は笑ったり、ふざけたりするような態度は取りません。
そもそも複雑かつ、頭を悩ませるような話はふざけていられませんよね。

それが難しい話題であればなおさらすぐに答えを出せないでしょう。
相手の話にしっかりを耳を傾けることで、自分なりの答えを導き出します。

そのため、真剣な話の場面で使われるのは自然なことだと言えるのです。

場面③:何か言おうとする

言いたくないのに言わなければいけないことは、人と関わる上でどうしても存在します。
特に上の立場にいる人ほど、それに伴って責任の度合いも強くなるでしょう。

言いづらいことを言わなければいけない時は、誠意のある態度でなければいけません。
そういう場面では、言う側からすればならざるを得ないのです。

場面④:秘密を打ち明ける

本来ならずっと自分の胸の内に隠しておきたいような事柄、それが秘密です。
しかし、時にはその秘密を打ち明けることになる場面も存在します。

特に言いたくない秘密を打ち明ける場面では、神妙な面持ちになるのも仕方がありません。
相手にもそれがそれほど重要であることを伝わるように、神妙な面持ちで話すように心がけるのではないでしょうか。

場面⑤:緊張している

緊張していると言うと、どのような状態を想像するでしょうか?
たとえば青ざめている、ガチガチに体を強張らせているなどが挙げられます。

その中でも、どこか静かに、けれど真剣さを帯びた表情をしている状態の人を見たことがあるかもしれません。
挑戦し、立ち向かっていく決意を秘めた感情が滲み出たように感じるでしょう。

その人にこそ、神妙な面持ちをという言葉が使われるのです。

<下に続く>

神妙な面持ちを言い換えた表現

神妙な面持ちの言い換えを探す人

それでは、神妙な面持ちを言い換えた表現をご紹介します。

  1. 意味あり気な顔つき
  2. 思い詰めた顔
  3. かしこまった表情
  4. 緊張した顔つき

以下で、神妙な面持ちを言い換えた表現について詳しくみていきましょう。

表現①:意味あり気な顔つき

人は見ただけでは何を考えているかまでは読み取れません。
しかし、表情から詳細までは掴めなくても「何か考えている」ということは分かるでしょう。

意味あり気な顔つきという言い換え表現は、真面目さを帯びている場合に適用できます。
ふざけたり、にやついている場合は言い換え表現として不適切の可能性があるので気を付けてくださいね。

表現②:思い詰めた顔

この言い換え表現でポイントとなるのは、一人で何かを抱えているという部分です。
思い詰めるということは、行き詰ってしまっている状態であるとも言えます。

人間が一人でできることには限界がありますよね。
それでも必死に乗り越えなければと抱える姿は神妙な面持ちに重なるものが見えるでしょう。

表現③:かしこまった表情

神妙には「おとなしく、かしこまった様子」という意味があることを冒頭でお書きしました。
そのため、神妙な面持ちの言い換え表現として使うことができます。

姿勢を正し、慎んだ態度を取るのがかしこまるということです。
どこか堅苦しさを感じるような表情こそ神妙な面持ちと言えるものかもしれませんね。

表現④:緊張した顔つき

神妙な面持ちは、緊張している場面で使われることもあります。
そのことから、緊張した顔つきでもあることがなんとなく分かるのではないでしょうか。

緊張に負けないと思う人ほど、真剣さを帯びた顔つきになっていくのです。
緊張した顔つきという言い換え表現には、そうした強さを感じられるでしょう。

<下に続く>

神妙な面持ちの人の心理

神妙な面持ちの女性

それでは、神妙な面持ちの人の心理をご紹介します。

  1. 悩んでいる
  2. 本気
  3. しっかりしたい
  4. 見極めたい

以下で、神妙な面持ちの人の心理について詳しくみていきましょう。

心理①:悩んでいる

たとえば何か問題が発生すれば、それを解決しようと考えますよね。
次のステップは行くためには、そうした問題を何度も乗り越えていかなければいけません。

ところが解決できずに深く悩んでしまうと、表情へ滲んでくるようになります。
悩み続けることは、人を神妙な面持ちにさせてしまうのです。

心理②:本気

神妙な面持ちになる人はどんなことに対しても本気で向かっていきます。
そもそも、何でも軽々しく浅はかな人は神妙な面持ちになることはありません。

その考えると、神妙な面持ちになる人は何かしらの重みを抱えていることが分かりますね。
本気で考えて行く姿勢だからこそ、そうさせるための元となる感情が生まれるのです。

心理③:しっかりしたい

誰かに頼ってばかりである人は、自立できない人になる可能性が高いです。
もちろ自分の仕事を理解したうえで頼ることは間違いではありません。

問題となるのは怠けるために人に甘えきってしまうということではないでしょうか。
自分もしっかりしなくちゃ!」と思い立ち、どうすればいいか考える人が神妙な面持ちになります。

心理④:見極めたい

今考えることは本当に正しいのか、見極める姿勢は確認して知ろうとすることから始まります。
これは自分だけでなく、相手のことである場合も該当しますよ。

何かを正しく見極めることはすぐにできることではありません。
これは本当にこうだろうか?」という考えを認める必要もあるでしょう。

理解することは、神妙な面持ちになるほど難しいことなのです。

<下に続く>

神妙な面持ちになる・話すコツ

神妙な面持ちになるためのコツを探す人

それでは、神妙な面持ちになる・話すコツをご紹介します。

  1. 姿勢を正す
  2. 真剣に考える
  3. 緊張感を持つ

以下で、神妙な面持ちになる・話すコツについて詳しくみていきましょう。

コツ①:姿勢を正す

神妙な面持ちに必要となってくる重みのほとんどは感情から滲み出ます。
ところが、その重みは怠けた姿勢になるだけで消えてなくなってしまうんですよね。

姿勢を簡単にするだけで、必要な重さがどんどん抜けていくでしょう。
そのため慎ましさを忘れずに、謙虚さを帯びた雰囲気を持たなければなりません。

謙虚さがあることを分かりやすく伝える簡単な方法が、姿勢を変えることなのです。
背筋を伸ばし、姿勢を正すだけでその人が纏うべき空気を変えることができますよ。

コツ②:真剣に考える

軽薄な人には神妙な面持ちになって話すことは非常に難しく感じるでしょう。
「どうでもいい」と責任を投げ、人任せにしてしまう人も同じです。

そんな人は真面目さも謙虚さも上辺でしか持つことができません。
本当に大切なのは、どんなものごとに対しても真剣に考え、正しいと思う答えを導き出そうとすることではないでしょうか。

自分には無理だとすぐに諦めず、どうしたらいいかをしっかりと考えてみてくださいね。

コツ③:緊張感を持つ

緊張感があるだけで、怠けや甘えを防ぎ、ふざけようと思うこともなくなります。
真剣に、自分の力を持って全力で挑む気持ちにさせてくれるのは実は緊張感なんですよ。

もしかしたら自分を奮い立たせ、ものごとに集中させてくれた経験があるのではないでしょうか?
ただし、緊張し過ぎてしまうと逆に不安を煽り、恐怖心を抱えることになるのもまた事実です。

適切な緊張感であれば謙虚さも殊勝さを忘れることなく、その場を過ごすことができるでしょう。

<下に続く>

神妙な面持ちは姿勢を正すことから始まる!

姿勢を正した神妙な面持ちの人

内面どうこうはすぐに変えることは難しいことかもしれません。
そのため、まずは見た目を変えることから始めてみてください。

普段からだらけた姿勢をしていれば、神妙な面持ちになれないのは当然でしょう。
背筋を伸ばし、姿勢を正すだけで自分が纏う雰囲気を変えることができますよ。

慎ましさを思い出し、真剣さを忘れなければ謙虚な態度でいることも簡単なことになるのではないでしょうか。
姿勢を正して、相手だけでなく自分と向き合うために必要な気持ちも取り戻してくださいね。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line