Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2018/10/12

距離が近い男性の心理とは?パーソナルスペースが近い男性への対処法紹介

気になる男性が近くでいると胸が高鳴りドキドキするものです。
そんな時、相手の男性はどう思っているのか知りたいと思いますよね。
逆に、好きでもない男性にグイグイと近づかれると不快感をもったりストレスを感じますよね。
いわゆる、パーソナルスペースの違いを感じる女性は多いのではないでしょうか。
そこで、ここでは距離が近い男性の心理と、距離感が近くて不快な男性への対処法等にスポットをあて解説します。

Large kyori

女性との距離が近い男性心理

気になる女性と距離が近い男性のイメージ

どんな女性も気になる男性がかなり近い間合いで話かけてくると、胸が高鳴りドキドキするし嬉しいものですよね。

このように特定の女性とのコミュニケーション時に距離が距離が近い時、男性はどのように感じているのか気になったりしますよね。

まずは、そのような時の男性心理にスポットを当ててみましょう。

では、女性との距離が近い男性の心理をみていきましょう。
女性との距離が近い男性には、以下の心理が考えられるでしょう。

  1. その女性のことが好き、異性として気になる
  2. その人に自己の存在を印象づけたい
  3. 相手と触れ合いたい
  4. 相手をもっと知りたい
  5. 心から相手を信頼している
  6. 単に女好き・下心
  7. 物理的な理由

続いて、それぞれの心理について詳しくみていきます。

心理①:その女性のことが好き、異性として気になる

男性が特定の女性と自然と近づいてしまうのは、相手のことが好きだという気持ちからです。

人間には心理学用語でパーソナルスペースとコモンスペースといわれるものがあります。
パーソナルスペースとは自己の個人的な空間を指し、コモンスペースとは他者との公の空間を示しています。

つまり、距離が近い=その人のパーソナルスペースに入りこみ、親密度を高めたいという感情の現れなのです。

そういった異性に対する好意から無意識に近づくことは誰にでも起こりうることですよね。

心理②:その人に自己の存在を印象づけたい

どんな人も自己の存在を他者に受け入れてもらいたいという承認欲求があります。

特にそれが恋愛感情を抱く女性やそこまでとはいかなくとも気がかりな女性なら、なおのことです。

心理③:相手と触れ合いたい

距離が近い男性は、少しでもいいから相手の女性と密に触れあいたいと思っています。

男性はその本能から好きな女性には触れたいと思いますし、触れられたいと触れ合いを求めるものです。

たとえ触れることが出来なくても香りをかいだりもっと近くで顔を見たいという思いから自然と近い間合いで接してくるのです。

心理④:相手をもっと知りたい

特定の女性との対話において距離が近い男性には、もっとその人の内面を知りたいという心理もあります。

これも、相手に対し抱く恋愛感情からなのですが、好きな人の全てを知りたいと思うのは男女関係なく誰にでも備わっている感情ですよね。

互いの間合いによっては、なかなかプライベートな質問はしにくいものですよね。
そういったことから男性は、意中の女性のプライベートな部分を知りたくて2人の間合いを詰めて聞き出そうとする行動がみられるのです。

心理⑤:心から相手を信頼している

多くの人は初対面の人には多少なりとも警戒心を抱くので、それなりの距離感で接するものです。

しかし、関係を築く中で相手を深く知り良い関係が築けていれば、おのずと警戒心は薄くなっていきます。

特定の女性と距離が近い男性には、心から相手を信頼しているからこそ、親密な間合いでせっすることができるという心理もあります。

相手に対し異性に抱くような恋愛感情がなくても、友人として信頼していればその間合いが近くなることもあるのです。

心理⑥:単に女好き・下心

男性の中には女性に対してなら誰にでも距離が近いという人もいます。
その心理は単純に女好き、または下心という場合もあります。

男性には多かれ少なかれ「自分の種を残さねば」という生殖本能があります。
その本能が強い人は、より多くの女性と関わりそのチャンスが欲しいと無意識に求める傾向がみられます。

下心や単なる女好きで周囲の女性との距離感が近い男性は、そういったところだけでなく行動の端々に女慣れしていると思わせるような素振りが多々みられますよね。

心理⑥:物理的・環境的な理由

上記のような男性心理以外にも、距離が近くなる場合として物理的・環境的な理由による場合もあります。

例えば、相手の女性の声が非常に小さい場合、聞き取りづらくきちんと聞こうとすればするほど近づいてしまうこともありますよね。

それ以外にも、周囲の人に聴かれたくない話題について話をするときには、どうしても距離が近くなってしまいます。

好意のある男性がかなり近い距離で話してくると、ドキドキして舞い上がってしまいますが、こういった理由による場合にはガックリきてしまいますよね。

<下に続く>

距離が近い男性に対する効果的な対処法

距離が近い男性に嫌悪感を抱く女性のイメージ

先にも少し述べましたが、男女問わず人にはパーソナルスペースという私的な空間を維持したいという心理があります。

好意を抱く男性なら、自分のパーソナルスペースに入り込まれることはウエルカムと言えますが、そうでない男性に近づかれるのはちょっと嫌だと思うのが正直なところですよね。

でも、そんな気持ちに対する配慮なく踏み込んでくる男性もいますよね。
そこで、ここではそんな男性に対する効果的な対処法をご紹介していきます。

では、距離が近い男性に効果的な対処法をみていきましょう。
距離が近い男性に効果的な対処法には、以下の対処法があります。

  1. 自分から距離をおく
  2. 表情や態度で示す
  3. 周囲の人の協力を得る
  4. 距離が近いのが嫌だとはっきり伝える

続いて、距離が近い男性に効果的な対処法を、それぞれ詳しくみていきます。

対処法①:自分から距離をおく

一番手っ取り早い方法で相手もあまり傷つかないのは、自分から距離をおくことです。

相手との距離が近いなと不快に思った時には自分が一歩後ろへ下がる等、距離をとれるよう行動するようにしてみてください。

勘の鋭い男性であれば、この時点で「あれ、もしかして嫌がられている?」と気づくので、そういった方は今後の距離感を考えて接してくれるでしょう。

たとえ鈍い男性であっても、その場は自分のパーソナルスペースを確保できるので、距離が近いことに対するストレスは軽減できます。

対処法②:表情や態度で示す

距離が近くて不快感や嫌悪感を持ってしまう男性が、上司であったりすると、ストレートにやめてほしいことを伝えるのは難しいですよね。

そういった場合には、相手に対し「自分はあなたが近いことが嫌なんだ」と伝えるべく表情や態度で示してみましょう。

先に述べたように近づく=好意の現れであることが多いので、距離を詰めて話している時、その男性はきっと貴女の態度や表情を逃さず見ているはずです。

男性側からすれば、そんな好意を抱く女性が自分のことを嫌がる素振りをしたら、浮かれていてもハッと我に返ることでしょう。

これ以上拒絶されたり否定されるのは避けたいと思うため、適度な距離感を考えて接してくれるようになります。

対処法③:周囲の人の協力を得る

残念なことですが、自分が距離をとろうとしてもそんな気持ちに気づかず、グイグイ迫ってくる鈍感な男性もいます。

そんな人に自分一人では対処のしようがないと感じた時には、周囲の人に相談し協力を得ることも一つの方法です。

その男性と二人で話さなければならない環境を避けられるよう話題に入ってもらったり、周囲の人からやんわりと相手に自分の気持ちを伝えて注意してもらうといった方法があります。

対処法④:距離が近いのが嫌だとはっきり伝える

あの手この手をつくしても距離が近い男性には、それが嫌だということを相手にはっきり伝えるの効果的な方法です。

ただこの場合、言い方を間違うと相手との関係が険悪になってしまいますよね。
例えば「距離が近くて気持ち悪いです」なんていうと相手の反感を買うことになります。

また「この間お話している時、距離が近すぎて嫌でした」というふうに過去のことを持ち出して伝えるのは相手に後悔の気持ちとショックしか与えないというリスクもあります。

そういうふうに関係が悪化しないようにするには、距離が近くて嫌だと思った時にその場で「ちょっと距離近すぎないですか」と質問形式で伝えたり、嫌悪感をあらわにせずに「距離が近いので少しはなれてもらえませんか」と伝えるようにしましょう。

何度となく、そういうふうに相手に伝えていれば、そのうち相手も適度な距離感を考えつつ接してくれるようになるでしょう。

<下に続く>

男性との距離が近い女性はモテる?

男性を惹きつける距離が近い女性のイメージ

多くの男性は自分との距離が近い女性に対して「この人は自分に好意を抱いている」と勘違いしてしまう傾向にあります。

男性はわりと単純な生き物ですから、それまで気にもしていなかった女性であっても自分に好意があるとわかると、素敵にみえてくるものなのです。

その為、男性との距離が近い女性はモテる方が多いです。

ただ、誰かれなしに男性との距離が近い女性に対しては「男慣れしている」とか「尻軽女」のイメージを抱くこともあるようです。

<下に続く>

距離が近い=親密な関係?

距離が近く親密な関係の男女

先程から何度か登場しているパーソナルスペースという言葉ですが、そもそもパーソナルスペースって具体的にどんな範囲なの?と疑問をお持ちの方もいるでしょう。

前で少しご説明した通りパーソナルスペースは私的な空間範囲です。
男女それぞれのもつパーソナルスペースを知れば距離が近いことが相手との親密度とどう関係するのご理解頂けるでしょう。

そこで、以下に男女がもつパーソナルスペースについてお話致します。

男性が持つパーソナルスペース

男性と女性の違いに限らずパーソナルスペースは個々により違うものですが、基本、男性は女性に比べてパーソナルスペースが広範囲であるとされています。

男性は個体意識が強く、自身の空間を重視する生き物であるということです。

女性が持つパーソナルスペース

女性は距離感を重視する生き物です。
その為、関係性にあわない間合いで近づかれると、とても嫌悪感を抱いたりストレスを感じることがありますよね。

ですが、先に述べたようにパーソナルスペースは男性と比較すると狭い人が多い傾向がみられます。

つまり、相手が嫌いだとか険悪な印象をもっていない状態であれば、女性の方が相手との距離感は近いといえます。

こういったことを考慮すると、女性は徐々に距離を縮めてくれるように男性が接してくれれば、案外すんなりと受け入れられるといえますね。

距離にあらわれる関係性

誰かと接する時、その関係性によって人は適切な間合いを保とうとします。

例えば、その間合いが45㎝くらいであれば、それは親密な人との間合いといえ恋人や家族、子供、とても気を許している人との距離と言われています。

相手との間合いが50㎝~1mとなれば、それは友人関係の間合いとされています。

そして、1m以上となると目上の人や仕事のみでの付き合い、顔見知り程度の相手との間合いと言われています。

<下に続く>

距離が近い男性の心理と対処法のまとめ

距離が近い男女のイメージ像

ここまで、距離が近い男性の心理や対処法について御紹介する中で、何度か言いましたが、距離が近い=多少なりともその人は貴女に対し好意を抱いている・もしくは気を許しているといえます。

意中の彼との進展を望んでいる時には、こういった距離感を活用して相手との心の距離をグッと深めるのも良いですね。

また、逆に興味がない人なのに、むやみやたらに距離が近いと困っているなら、相手と険悪にならずに良い間合いを保てるよう、今回ご紹介した対処法をぜひとも活用してください。

Thumb color
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line