Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

4月上旬・中旬・下旬に最適な服装!東京の平均気温やレディースの服装のポイントは?

4月というのは春がもう来ている時期ですが、肌寒い日もあります。
4月の服装を上旬と中旬、下旬に分けて考えることで、コーディネートもしやすくなります。

東京の平均気温を知って、春のコーディネートを思いっきり楽しみましょう。

Large melan cholia 277731 unsplash  1
目次

東京の4月の平均気温と服装のポイント

4月に着たい服装
4月は新学期や、新しく物事を始める月です。
そんなウキウキした4月の服装を、一緒に考えていきましょう。

4月上旬

4月といっても、まだ少し肌寒く羽織りものが必ず必要なくらいの気温です。
4月の平均気温は12℃前後となり、夜はさらにひんやりと冷え込みます。

しかし、春を感じさせたいコーデも必要で、少し華やかな服装がよいでしょう。
まだ半袖では寒いため、春らしい羽織りものをチョイスすると雰囲気も変わります。

4月上旬は季節の変わり目で体調を崩しやすくなるため、しっかりとした温度管理をしなくてはなりません。

4月中旬

4月の平均気温は、3℃ほど高い15℃前後となります。
まだまだ朝晩は冷え込み、羽織りものが必要となるでしょう。

しかし、たまに20℃を超える日が出始めてくるため、暖かい日差しが期待できます。
気温に合わせてコーデも考えなくてはならないため、4月中旬は洋服選びに忙しくなりそうです。

一日の中で気温の温度差がかなり激しく、暖かいと思ったら夜はものすごく寒くなるため、体調を崩す人も出てきてしまいます。

4月下旬

朝晩の最低気温が、10℃以下になることが少なくなってくる時期です。
やっと春らしい気候も味わえるようになり、思い切り春コーデが楽しめます。

最高気温が25℃になることも多くなり、日中は少し汗ばむことも。
しかし、夜は気温が下がることもあるため、羽織りものはまだ手放せないでしょう。

4月の下旬は少し柔らかな色をチョイスして、軽やかな雰囲気を演出してみてください。

<下に続く>

4月上旬に最適な東京のレディースの服装

4月上旬の服装を着る女性
4月上旬は、冬の寒さからようやく抜け出した季節です。
まだ寒さも感じる日が続きますので、洋服選びは慎重に行いましょう。

アウター

4月上旬にはアウターがまだまだ必須アイテムです。

服装①:黒のレザージャケット

まだまだ寒い4月の上旬は、黒のレザージャケットを羽織ってシックに決めてみてはいかがでしょうか。
カーディガンでは少し寒さを感じてしまうため、厚手のレザージャケットがおすすめです。

インナーにも同じく黒のハイネックを着用し、夜の寒さ対策コーデにはぴったりです。
髪型は綺麗なお姉さんぽくひとまとめにし、全体的に重たくならないように演出してみては。

服装②:デニムジャケット

肌寒い4月の服装は、デニムジャケットを羽織り防寒対策を行いましょう。
デニムジャケットは特に難しいコーデではないため、長めのスカートにも合わせやすいです。

インナーには薄手のニットを合わせて、春らしいカラーを取り入れてみてください。
4月でも徐々に紫外線が多くなる時期ですので、おしゃれな麦わら帽子と合わせてみてもよいでしょう。

服装③:厚手のロングカーデ

4月はまだ寒い日が多いため、薄手のカーデですと少し心細く感じます。
厚手のロングカーデはそれほど重たい印象にならず、春先でも重宝するでしょう。

インナーにはグリーンなど少し濃いめの色を持ってくることで、全体的にバランスが取れます。
また、足元はカラーのパンプスで、少しだけ春を意識してみてもよいでしょう。

特にグレーのロングカーデはどのような服にも合わせやすく、色物を持つと素敵に映えます。

ワンピース

ワンピースは女性らしさが溢れ、春には重宝するアイテムです。

服装①:ボリュームワンピ

4月の少し肌寒い日に、ボリュームのあるベージュのワンピースはいかがでしょうか。
厚手のワンピは、少し気温が高い日のお出かけにぴったりです。

ぴったりとした体のラインが出ないため、可愛らしさも表現ができます。
長袖ワンピはこの季節にとても重宝し、肌寒い日でもこれ一枚で過ごせるでしょう。

ワンピにボリュームがあるため、ヘアスタイルは一つにまとめて全体的にバランスよくしてみてください。

服装②:大人ワンピでシックに決める

4月上旬はまだ冬の寒さが少し残っていますので、冬と春の間を行き来しているようなワンピはいかがでしょうか。
黒のスリットタイプのワンピは大人な印象を与え、できる女風に演出することができます。

スリットが入っていると入っていないのとでは、全体の軽さが変わってきます。
春が近づいてきていることを表現するために、スリットが少し入ったワンピは一歩先をいくアイテムでしょう。

足元はベージュのパンプスか、カラーパンプスにしてみても。

服装③:花柄ワンピース

春が近づいてきたときに、着たいのは花柄ワンピです。
黄色をベースとした花柄ワンピは、春の象徴とも言えるでしょう。

花柄のワンピは素材自体がが軽やかなものが多く、4月の上旬では少し肌寒いので、黒のテーラードジャケットと合わせてみてもおしゃれ感が出ます。
どこか大人な女性を感じさせるコーデは、これから春が訪れる前のワクワク感が表れています。

スカート

春らしいスカートと合わせることで、一歩先をいくコーデが完成します。

服装①:前ボタンデニムスカート

膝上のデニムスカートは、可愛らしい印象を与えてくれます。
シンプルなデニムスカートではあるのですが、前ボタンになっていることで、オシャレ感がアップしてセンスが良いと思われるでしょう。

4月の上旬はまだ少し肌寒いため、黒のタイツを履いても構いません。
足元は白のパンプスか、カラーパンプスで少し華やかにしてみてください。

帽子は黒のベレー帽を被ることで、デニムスカートとマッチします。

服装②:アシンメトリーロングスカート

普通のロングスカートでは物足りないという人には、アシンメトリーのロングスカートがおすすめです。
スカート丈の長さが左右のアンバランスを出して、ヒラヒラした印象を与えるため、女性らしさが演出できます。

全体的に黒とグレーでシックに決め、4月上旬の冬がまだ抜けきれていない感じをアピールしても良いでしょう。
アイテムにシルバーチェーンのポシェットを斜めがけして、おしゃれを楽しみましょう。

服装③:ベイカースカート

ベイカースカートはもともとパン職人が使用していた仕事着ですが、そのおしゃれな風貌から、いつの間にかベイカースカートとして人気に火がつきました。
大きなポケットがあるのが特徴で、タイトスカートに飽きてしまった人おすすめです。

丈も長めで生地もしっかりしているため、少し肌寒い4月上旬でも安心して履けます。
ベイカースカートはO脚の人や、コンプレックスがある人でも着こなせるため春のコーデにはぴったりではないでしょうか。

パンツ

4月上旬でまだスカートでは寒いという人に、おしゃれなパンツをご紹介します。

服装①:サブリナパンツ

4月上旬の服装として、サブリナパンツはとても重宝するものです。
冬に履くと寒く、真夏に履くと暑いため、この時期がちょうどよいと言えます。

サブリナパンツは、オードリーヘップバーンが履いていたことから人気が出て、今でも根強い人気があります。
パンツではありますが、どこか上品なイメージがあり、大人な女性の印象を与えてくれます。

4月の服装としてトップスは白のタートルネックと合わせるのもよいでしょう。

服装②:ベージュのワイドパンツ

4月上旬の服装で少し春を意識して、ベージュのワイドパンツはいかがでしょうか。
ベージュのワイドパンツはトップスの色も合わせやすく、丈も短いものから長いものまでコーデしやすいのが特徴です。

全体的にふんわりしたいのであれば、トップスはダボっとしたタイプがおすすめ。
足元はスニーカーで、少しカジュアルにしてもよいでしょう。

服装③:タータンチェックテーパードパンツ

少し丈の短めなタータンチェックテーパードパンツは、4月上旬の服装としてはぴったりのアイテムです。
ちょうどくるぶし丈のパンツですので、タータンチェックでも暑苦しくなく、春先にはちょうどよい丈でしょう。

トップスも合わせやすく、白や黒でも色を選ばないところが特徴的です。
4月の肌寒いときに着る服装としては、少し長めのカーデをを合わせてもバランスが良いです。

<下に続く>

4月中旬に最適な東京のレディースの服装

4月上旬に着ている服装の女性
4月上旬は朝晩はまだ肌寒く、一歩間違えると体調を崩しかねない季節です。
どのような服装が良いのかを、見ていきましょう。

アウター

アウターはまだ4月の中旬でも必須アイテムとなります。

服装①:ニットカーデ

まだ少し4月の中旬でも肌寒いので、ニットカーデで防寒対策をしましょう。
ブラウンのニットカーではボトムスがジーンズでも合わせやすく、暑くなった日中は手に持っても重たくないのでおすすめです。

ニットカーではシンプルですので、少し春らしく足元をカラーパンプスにしたり、大きめのピアスなどをつけてもおしゃれ感が増します。

服装②:トレンチコート

まだまだ暖かさに不安定な4月中旬の季節は、トレンチコートが大活躍。
特に淡い色のベージュは春先にもぴったりで、コーデに合わせやすいため重宝するでしょう。

ベルトを前で結ぶことにより女性らしさをアピールでき、いかにも東京に住んでいる女性と思わせるでしょう。
トレンチコートには、タイトスカートやスキニーパンツが合います。

服装③:ざっくりニットカーデ

大きめのざっくりニットカーデはとても個性的で、他の人とおしゃれが被りたくないという人におすすめです。
4月中旬の服装にはロング丈のカーデが使いやすく、スキニーパンツと合わせるとスッキリした印象になります。

トップスやボトムスがシックなものが多いときは、カーデはカラーのものを着用すれば、春先の服装としては良いのではないでしょうか。

ワンピース

4月中旬のワンピースは、一枚でも着れるようなワンピがおすすめです。

服装①:シャツワンピ

シャツワンピースは見た目はしっかり目に見えますが、着心地はかなり楽ですのでおすすめです。
シャツワンピの袖は、半袖や7分丈など幅広くあります。

4月中旬で着るシャツワンピであれば、袖は長いものを選び、暑くなったらロールアップできるものが良いでしょう。
シャツワンピは、前を全部開けるとロングカーデのように使えますので、たくさん着まわしをしたいのであれば便利なアイテムです。

服装②:クラシックワンピ

4月の中旬の服装でワンピを一枚で着たいのであれば、少し厚手の生地のワンピが良いでしょう。
生地が厚手になるとクラシックのワンピが多くなり、色も少し落ち着いたものが多いです。

まだまだ4月中旬は肌寒いときが多いため、カーデを羽織りたくないという人にはおすすめです。
暑くなった日には、髪の毛を一つにまとめて涼しげな印象を与えると良いでしょう。

服装③:グレンチェックワンピース

4月は少しずつ暑くなていく季節ですので、夏に向けて色っぽさを演出してみてはいかがでしょうか。
体型に自信がある人は、体のラインがでるグレンチェックワンピースで勝負してみましょう。

色気を前面に出すというわけではなく、白のテーラードで女性っぽく演出しているため、上品さが出ています。

スカート

4月中旬にもなると少し春っぽさが出てくる季節ですので、軽やかなスカートがよく合います。

服装①:チェックのミニスカート

春っぽさが一段と増してくる4月の中旬は、春に合う服装としてミニスカートを履いて、元気な印象を与えてみましょう。
足元はスニーカーで軽やかなイメージを出し、フットワークの軽さを演出してみます。

ミニスカートの生地は少しだけ透け感のあるものを選び、ひらひらとしやすいものをチョイスしてみましょう。
街を歩くたびに揺れるミニスカートに、男性陣は釘付けになるでしょう。

服装②:花柄プリーツスカート

4月中旬の日中は、少し汗ばむ日も出てきます。
そのため、スカートは軽めの素材を選び肌にくっつかないものが良いでしょう。
花柄のプリーツスカートは見た目も涼しげで、女性らしさが出ますのでこの季節にはおすすめです。

少しアンバランスな感じでおしゃれにしたい人は、トップスにダボっとしたスウェット素材のもので可愛らしさをアレンジしてみましょう。

服装③:春らしいシフォンスカート

シフォンスカートと春というのはとても相性が良く、華やかなイメージにぴったりです。
フワッとしたスカートは可愛らしさを演出してくれて、男性は彼女に着てもらいたいと思うでしょう。

トップスは同系色を合わせることで、全体的に柔らかな雰囲気が出せます。
髪の毛はゆるヘアでまとめると、スカートのボリュームとバランスが良くなります。

パンツ

4月中旬の服装でパンツを選ぶのには、少し足元が軽やかにするのがおすすめです。

服装①:メリルアンクルパンツ

ストレッチ性のものが多く、くるぶしまでの丈のパンツですので、動きやすく普段着としても重宝できます。
足をきれいに見せてくれる長さですので、スラッとした印象を与えることができます。

トップスも合わせやすく、丈が長いものから短いものまで洋服を選びません。

服装②:テーパードスラックス

少し大人な印象を与えてくれるテーパードスラックスは、はき心地がとても良いのが特徴です。
素材はナイロンが多く、テロっとしているので軽やかに見えます。

トップスにシャツを合わせると、4月中旬の服装にぴったりなコーデとなるでしょう。
きれいめ普段着にも使用できて、春や秋にぴったりのボトムスです。

服装③:リボン付きワイドパンツ

ワイドパンツでもリボン付きのものは、可愛らしさも印象づけることができます。
ワイドパンツは、足の形にコンプレックスがあるという人におすすめで、きれいなシルエットを出してくれます。

足元はスニーカーやヒールでも合わせやすく、意外と着まわしが効くタイプですのでおすすめです。

<下に続く>

4月下旬に最適な東京のレディースの服装

4月の下旬の服装をしている女性
4月の下旬となると、服装も少し薄着になってきます。
どのような服装がよいのかを見ていきましょう。

アウター

厚めのアウターですと、4月の下旬は暑いかもしれません。

服装①:カーデのみスタイル

インナーはキャミソールで、あとはカーデのボタンを上のみ開けて、あとは閉じて可愛くアレンジしてみましょう。
カーデのみを羽織ると風通しも良いため、4月下旬の気候にぴったりです。

袖は少しダボついたもので、体のラインをあえて出さずに鎖骨をチョイ見せするという演出は男性が好きなタイプでしょう。

服装②:ボーダーカーデ

シンプルなボーダーカーでは一枚で着ても良いですし、羽織りものとしても活躍します。
普段無地の洋服が多い人は、ボーダーカーデが一枚あるだけで、さまざまなアレンジができるでしょう。

ボトムスは爽やかに白のタイトスカートや、白のパンツなどに合わせてみてはいかがでしょうか。

服装③:ワッフルカットソーカーデ

フロントのスナップボタンがワンポイントのカットソーカーデは、4月下旬の暖かな日差しにちょうど合います。
フロントのボタンを全部閉めても良いですし、一つだけ止めてインナーのキャミを見せるのも良いでしょう。

ワッフルカットソーカーデは生地が肉厚ですので、夜がまだ肌寒いときにとても重宝します。
少しお姉さん系スタイルは、誰もが一度真似したいコーデでしょう。

ワンピース

4月下旬ともなると、ワンピースの素材も少し薄手でも過ごせる季節となります。

服装①:花柄ラップワンピース

春もやってくる時期ですので、花柄ワンピで春を先取りしてみましょう。
少し明るめの花柄ワンピを着るだけでも、不思議と楽しい気分になります。

ラップワンピースにすることで、少し大人な女性という印象が出ます。
外国人風なスタイルは、周囲からも注目されること間違いなしです。

アクセントにシルバーのアクセをつけると、上品さを演出してくれるでしょう。

服装②:ワンピコート

形はワンピですが、リボンを解くとアウターにも変身できる優れもの。
4月の下旬といえどもまだ夜は肌寒い場合もありますので、このようなワンピはとても重宝します。

暑いときはワンピとして一枚でも着れますし、寒いときはリボンを外して羽織るような形でアウターがわりにもなります。
ワンピの形もふんわりとして可愛らしく、ショートブーツやカラーパンプスと合わせても良いでしょう。

服装③:きれいめワンピース

ワンピースを一枚で着るのであれば、きれいめワンピがあるといざというときに便利です。
4月の後半にもなると少し暑さも出てきますので、ワンピース自体涼しげな印象を与えるものも良いでしょう。

デートや女子会などで女子力アップさせて、自分を思いっきり楽しめるワンピです。

スカート

スカートはさらに軽やかな感じがよく、見た目も涼しげなほうが良いでしょう。

服装①:ボーダーフレアスカート

ボーダースカートではありますが、少し上品なイメージで、ボーダーの柄が大きめとなっています。
ノースリーブをスカートにインして、ウエストの細さも強調でき、女性らしさが演出できます。

日中はノースリーブを着て、夜は少し薄めのカーディガンを羽織り、温度調節をしましょう。
アクセントとして、可愛らしいポシェットをかけるのも良いでしょう。

スカート丈は膝下が一番上品に見えますので、お嬢様系コーデをしたいのであれば試してみてください。

服装②:グリーンコットンスカート

コットンスカートは、4月の下旬の服装としてはとてもよく合う素材です。
暑いときでも肌はいつもさらっとしてくれますし、見た目も涼しげなのが特徴です。

カラーのコットンスカートと、ボーダーはとても相性が良く、爽やかな感じを演出してくれます。
スカートがボリュームあるため、髪型は一つにまとめたほうがバランスが取れるでしょう。

少しお尻がグラマラスな人は、コットンスカートはボリュームが出すぎてしまうため避けたほうが良いかもしれません。

服装③:タイトスカート

タイトスカートは男性がとても好きなスカートですので、少し短めのスカートで春っぽさを出して男性を魅了してみては。
4月下旬といえども夜は寒い時期もありますので、少し薄手のカラータイツを履くとおしゃれ感が出ます。

トップスはどのようなものでも合わせやすいため、一枚あるだけでかなり重宝するでしょう。

パンツ

素材も重要視して選ばないと、パンツの場合は少し蒸れてしまう可能性があります。

服装①:バミューダパンツ

お姉さん系で、仕事ができそうなスタイルです。
バミューダパンツは少し短めですが、トップスにジャケットをもってくることで、仕事ができる女性を演出できます。

バミューダパンツとTシャツでも良いでのすが、ジャケットを羽織ることで全体的に引き締まった印象となります。
足元はスニーカーではなく、できればパンプスのほうがバランスが良いでしょう。

服装②:カジュアルクロップドパンツ

少しカジュアルに見せたいのであれば、ゆったりめのクロップドパンツがおすすめです。
さらにトップスはゆったりとしたシャツとスニーカーで、充実した休日を味わえるでしょう。

服装③:スキニージーンズ

足のきれいな人に、是非履いてほしいスキニージーンズです。
4月の春っぽさと東京の女性らしさが合わさって、完璧に調合されています

爽やかに白のシャツを、コーディネートしてみてはいかがでしょうか。

<下に続く>

東京で4月の服装に合ったコーデを楽しもう

4月の服装に合った女性

東京にはおしゃれなコーデをしている人がたくさんいます。
自分もそのおしゃれの輪の中に入るためには、それぞれの季節に合ったコーデをしなくてはなりません。

4月という季節はもう春ですので、まだ肌寒くても春を先取りしておしゃれを楽しんでいきましょう。

Thumb color
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line