Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2018/04/06

あかすりタオルおすすめ人気ランキング【定番|背中も洗える】

毎日お風呂に入り体を洗っていても、あかすりタオルでこするとびっくりするくらい垢が出ます。普通のゴシゴシタオルやボディブラシでは落とせない、垢を落とすための専用タオルです。今回はあかすりタオルの選び方や、おすすめ商品を紹介します。

Large natural cosmetics 1286371  340
目次

あかすりタオルとは?

美容大国として知られる韓国では、美容法の一つとしてあかすりをしています。専用サロンなども多く、今まであかすりを知らなかった人が、韓国旅行で経験してハマってしまうというケースもあるようです。

日本人はキレイ好きとしても知られているように、毎日お風呂に入りゴシゴシタオルで体を洗います。しかしあかすりタオルは、普通のゴシゴシタオルとはちょっと違うので、毎日体を洗い清潔にしていると思っていてもあかすりをすると、恥ずかしいくらいごっそりと垢が出ます。

あかすりタオルは普通のゴシゴシタオルでは落とせない、古い角質を落とせるのでびっくりするくらい垢が出てくるのです。毛穴の汚れを落とす効果も期待出来るので、あかすりをした後は肌がツルツルでスベスベになるのを実感できます。

あかすりの効果や自宅であかすりを行う方法などについて詳しく知りたい方は下記の記事も合わせてどうぞ。
あかすりとは?垢すりの体臭改善・ダイエット効果やデメリット、注意点あかすりとは? そもそも、あかすりとはなんでしょう?テレビで見たり、雑誌で紹介されているのは...

<下に続く>

あかすりタオルの選び方

石鹸とコットンタオル

①素材

あかすりタオルは普通のゴシゴシタオルに比べると、ちょっと硬めでゴワゴワ感があります。素材はメーカーによって異なりますが、ナイロンやレーヨン、ポリエステルが主流です。ただし合成繊維のあかすりタオルは、肌への刺激も強くなるので肌が弱い人は素材によっては不向きとなってしまうことがあります。市販のあかすりタオルにもシルク製やコットン製のものがあるので、肌が弱い人は使い心地が優しい素材を選ぶといいでしょう。

②泡立ちの良さ

あかすりサロンであかすりをしてもらう場合は、先にサウナに入ったりお湯に浸かったりして皮膚を柔らかくしてからあかすりタオルで全身をこすっていきます。自宅で使う場合は体を洗う要領で使うので、泡立ちがいいものをおすすめします。

あかすりタオルの素材によっては、泡立ちがいいものと、あまりよく泡立たないものがあります。体を洗うというイメージで使うなら泡立ちがいい方が、さっぱりした気分になれます。泡立ちが悪いと、汚れが落ちていてもなんだかスッキリしません。こういうときは石鹸やボディソープを泡立てネットで泡立ててから使うか、最初から泡の状態で出てくるボディソープを使えば解決です。

③洗いたい部位

サロンであかすりをしてもらうときは、台の上に寝転がって全身の垢をこすってもらえますが、自分でやる場合は背中やももの裏側など擦りにくい部位があります。これは普段体を洗うときもそうですが、手が届きにくい部位はこすろうとしても力が入りません。

普段ゴシゴシタオルで背中を洗うときは、タオルを伸ばして洗いますよね?あかすりタオルも同じ要領で使えば洗いにくい背中の垢が落とせます。この場合は少し長めのタオルを選ぶといいでしょう。手が届く部分は力が入りやすい、ミトンタイプが便利です。部位によってあかすりタオルを使い分けると、自分でもキレイに洗えます。

<下に続く>

あかすりタオルの素材の種類

①シルク

シルクは高級な素材としても知られています。カイコが繭を作りそこから繊維を採ってシルクを作ります。天然の繊維だから肌触りもよくとてもなめらかです。シルク製のパジャマやストッキングは、肌触りがいいので身につけていても気持ちいいです。天然繊維には、肌を構成するアミノ酸やタンパク質が豊富に含まれているので、あかすりタオルとして使うときも安心して使えます。天然繊維だから肌にやさしく肌触りもいいですが、泡立ちにくいのがデメリットです。

②合成素材

一般に市販されているあかすりタオルのほとんどは、合成素材です。ナイロン・ポリエステル・レーヨンなどです。メーカーによって使用する合成繊維は異なりますが、価格も安価で泡立ちがい非常によく使いやすいのがメリットです。

ただし合成繊維で作る生地は、硬くなってしまいます。垢は落ちやすく石鹸を付けた時の泡立ちもいいので、使いやすいイメージああります。しかし繊維自体が硬いので、肌への負担は大きくなります。肌が丈夫な人はいいかもしれませんが、肌が弱い人や敏感肌の人には不向きとなることがあります。

<下に続く>

おすすめ人気あかすりタオル

あかすりタオルがあれば、サロンに行かなくて自宅であかすりができます。最初はちょっとコツが必要ですが、コツさえつかめば簡単です。古い角質を落とせるので、ごっそり垢が出ます。毎日は使いませんが、定期的に続ければツルツルでスベスベの肌を維持できます。おすすめのあかすりをタオルを紹介します。

<下に続く>

泡立ちの良さに定評があるおすすめのあかすりタオル

漁師銀次郎 やみつき網タオル

漁師銀次郎 やみつき網タオル
1058円

あかすりタオルは全体的に泡立ちが悪いと感じるものが多いです。どうしても普通のゴシゴシタオルに比べてしまうので、余計にそう思うのかもしれませんね。泡立ちの悪さに不満を持っている人も、このやみつき網タオルを使えば泡立ちの良さに感動するはずです。

このあかすりタオル、実はサンマを獲る網で作られているんです!魚を獲る網で体を洗えるの?と思ってしまいそうですが、網目がちょうどいい刺激になり血行促進効果も期待できます。網目は少し大きめですが、使った後の水切れもよく直ぐに乾くので衛生面でも安心です。両サイドに持ち手がついているので、背中も洗いやすいです。とにかくよく泡立つと評判なので、泡立ちを重視したい人は試してみてください。

<下に続く>

シルク素材のあかすりタオル

①:天然生成 絹ボディタオル

天然生成 絹ボディタオル
1880円

あかすりタオルは合成素材の方が泡立ちがいいものの、刺激を考えると肌が弱い人は不向きとなることがあります。そういうときはシルク素材のあかすりタオルを使ってみてください。あかすりタオルでもかなり柔らかいので、少し力を入れてこすってもヒリヒリしにくいのがいいところです。

真綿シルクを表面に使用しているため、真綿ならではの凹凸が体のカーブにもぴったりとフィットするので、洗いやすいです。柔らかすぎず硬すぎないちょうどいい肌触りです。垢もしっかりと落とせるので使い心地も抜群です。

②:ハッピーシルク 絹姫 (きぬひめ) ボディータオル シルクあかすり

ハッピーシルク 絹姫 (きぬひめ) ボディータオル シルクあかすり 00245
1860円

シルクのあかすりタオルはとても高級な印象ですが、その中でも最高級品と言われる希少価値の高いシルクを100%贅沢に使用した絹姫は、一度使うと他のあかすりタオルが使えなくなると言われるほど優しい使い心地です。

泡立ちは若干悪いと感じるものの、こすっても痛くなりにくいです。肌に近い成分が含まれているので、肌触りも使い心地もよく全身に使えます。柔らかいのにしっかりと垢を落してくれるのもいいところです。あかすりタオルにしては値段が高いと感じるものの、群馬県の有名な工場で1枚ずつ職人の手で仕上げられている上質なあかすりタオルです。使えば良さがお分かりいただけるでしょう。

<下に続く>

合成素材のあかすりタオル

①:新シャイン アカスリタオル

新シャイン アカスリタオル
448円

昔から愛されている、定番のあかすりタオルです。濡れるとキュっと縮み生地が固くなりますが、その硬さのおかげで垢がごっそり取れると定評があります。あかすりタオルの中でもかなり硬めですが、この硬さも人気の理由となっています。

②:オーエ あわゆき ナイロンタオル 超やわらか ホワイト

オーエ あわゆき ナイロンタオル 超やわらか ホワイト
308円

ナイロンは硬いイメージですが、あわゆきはナイロンなのにとても柔らかく優しい使い心地です。その秘密は、ストッキングに使われている極細繊維で編んでいるからです。多少強くこすっても生地が柔らかいのでヒリヒリしにくいのが嬉しいところです。泡立ちもいいので、ボディソープワンプッシュでもモコモコの泡で洗えます。

<下に続く>

定番のあかすりミトン

オーエ KO(韓国式) あかすりミトン

オーエ KO(韓国式) あかすりミトン グリーン
180円

韓国では定番となっているミトンタイプのあかすりタオルです。お値段もお手頃だから、2枚購入して両手で全身をこするという使い方もできます。ミトンタイプは中に手を入れて使うので力加減がしやすく、面白いくらいごっそり垢がとれるのを実感できます。

少し生地が硬めなので、あまり力を入れすぎると肌に負担をかけます。あかすりをする前にしっかりと体を温め痛くない程度の力でこするのがおすすめです。こすることでマッサージ効果により、血行が促進されると代謝が上がるというメリットが生まれます。石けんはつけずにミトンだけでこすります。

<下に続く>

背中を洗うのにおすすめのあかすりタオル

韓国発 韓国式あかすり タオル ロングサイズ

韓国発 韓国式あかすり タオル ロングサイズ
972円

韓国式あかすりで使っているのと同じタイプです。ロングサイズだからミトンや普通サイズのあかすりタオルでは手が届かない、背中に便利です。一般的なあかすりタオルが80cm前後なのに対し、120cmあるのでとても洗いやすくなっています。

木材パルプのセルロースを原料に使用しています。ただし生地は硬めなので、こするときに力を入れすぎると肌を傷つけてしまう可能性があるので注意してください。乾いた状態よりも濡らすとより硬くなるので、ベストな力加減を見極めることが大切です。

<下に続く>

あかすりタオルのおすすめ人気ランキング3位

くーる&ほっと 昔ながらのレーヨンあかすり 長尺タイプ 3枚入り

くーる&ほっと 昔ながらのレーヨンあかすり 日本製(群馬県で製造) 長尺タイプ 3枚入り (外装なし ピンク)
1700円

昔から使われているレーヨン100%のあかすりタオルです。日本製の安心感もありますし、長さも87cmと背中も洗いやすいサイズです。濡れると縮む性質があり、縮んだときの凹凸が垢を落とす効果を高めてくれます。

<下に続く>

あかすりタオルのおすすめ人気ランキング2位

キクロンファイン お肌の健康・角質とりに 韓国風 あかすりグローブ

キクロンファイン お肌の健康・角質とりに 韓国風 あかすりグローブ
105円

あかすりタオルを思い浮かべたとき、ミトン型をイメージする人も少なくないでしょう。定番伴っているミトンタイプは、中に手を入れて使うのでしっかりと擦れて、面白いくらい垢が出てきます。

<下に続く>

あかすりタオルのおすすめ人気ランキング1位

くーる&ほっと 昔ながらのレーヨン袋あかすり 2枚セット(ピンクストライプ&赤)

くーる&ほっと 昔ながらのレーヨン袋あかすり 2枚セット(ピンクストライプ&赤) 日本製(群馬県で製造) お試し用2枚組
380円

昔から愛されているレーヨン100%のあかすりタオルが、2枚セットで購入できます。袋状になっているので、中にタオルを詰めて使うと洗いやすいです。レーヨン100%ならではの縮みがごっそり垢を落してくれますよ。

<下に続く>

あかすりタオルのランキング

下記のリンクからAmazonで売れているあかすり関連の商品のおすすめ人気ランキングを確認できるので、ぜひご覧ください。

<下に続く>

おすすめのあかすりタオルのまとめ

あかすりタオルにもいくつかの種類があって、使い心地や肌触り、垢の落ち具合が違ってきます。毎日使うものではありませんが、定期的に使うと肌がスベスベになります。代謝も良くなり美容面だけでなく健康面でのメリットもあります。あかすりタオルがあれば、自宅でも気軽にあかすりができるのでぜひ試してみてください。

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line