Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

透明感メイクで垢抜け!下地の作り方&プチプラコスメ10選

毎日お疲れで、肌がくすんで見える!
メイクが上手くいかず、なんだか老け込んで見える!

それは透明感が足りないから!疲れた顔に厚塗りファンデでは、透明感は作れません。
忙しい朝でも瞬時に決まる、透明感メイクを伝授いたします。

紹介する商品は手に入りやすいものばかりです。
心強いプチプラアイテムなので、安心してご覧ください。

Large 04 pexels photo 972217

透明感メイクのやり方【下地編】

透明感の出るメイク下地のを愛用する人

お肌の透明感は、素肌の美しさでは決まりません!メイクの際の下地で、上手に仕込むことができます。
透明感はあふれ出る物ではなく作り上げるもの、という事を念頭に置きましょう。

下地の使い方や選び方で、求めている透明感は簡単に手に入ります。
下地後のファンデーションのノリも、見違えるほどに変わります!

①:保湿はしっかりと!

下地の選び方や塗り方の前に、まずはしっかりスキンケアを行いましょう。
肌の水分量はその後のメイクの仕上がりを大きく左右します。

丁寧にスキンケアされた肌は、メイクをしなくても透明感があります。
肌トラブルを防ぐ効果も期待できるので、とにかくスキンケアは重要です。

メイク前の保湿方法は、化粧水と乳液で充分です。
メイク下地に保湿効果があるものを使用する際は、乳液の量はすくなめでも構いません。

化粧水はたっぷりと使い、お肌に染みこませてあげましょう。

②:コントロールカラーで調整

コントロールカラーとは、色と色の相乗効果を利用するメイク下地です。
赤みが気になる人は、赤から一番遠い色である、グリーンのコントロール下地を使いましょう。

赤とグリーンがお互いの色を打ち消し合うことで、赤みが消え、肌のキメが整って見える上に、透明感が出てきます。
青いクマや血色感のない人は、血色感を足してくれるピンクのコントロール下地がおすすめです。

お肌の黄色みが強い方におすすめなのが、パープルのコントロールカラーです。
パープルは、グリーンとピンクのカラーコントロール効果を兼ね備えているので、白浮きすることもなく、簡単に透明感を仕込むことが可能です。

ただ、お肌の血色感が少ない方や、パーソナルカラーがブルーベースの方は、パープルの下地の使用を控えましょう。
白浮きを通り越して、生気のない肌が仕上がり、ちょっとホラーテイストな肌になってしまいます。

コントロールカラーはそれ程効果が絶大で、透明感メイクには不可欠なメイク用品です。
こちらの写真はコントロールカラーの塗り比べをしているものですが、ファンデーションは使用せず、コントロールカラーのみの状態です。

左右で肌の印象がかなり異なります。
コントロールカラーの威力が、とてもわかりやすく伝わる写真です。

③:コンシーラーは薄めに

コントロールカラーでキレイな透明感を仕込んだのに、シミなどが目立つからと、コンシーラーをぐりぐり厚塗りしてしまっては、コントロールカラーの意味がありません。
その後に塗るファンデーションの事も考え、コンシーラーは薄めに塗るのが鉄則です。

逆に、全くシミや毛穴のない肌は、そもそも不自然です。
全部を消し去ろうとすること自体、透明感とはほど遠い厚化粧にさえなりえます。

肌トラブルを見えなくする=透明感ではない。
このことも念頭に置きましょう。

④:顔の外側には塗らない

頬骨の外や顎下まで下地やコンシーラーを塗ってしまうと、首との境目がはっきりしてしまい、それだけで厚化粧に見えてしまいます。
そもそも顔の境目あたりは、目立つような肌トラブルがおきにくい部分なので、下地を塗る必要もありません。

また、顔の作りは、平面では無く立体になっています。
なので、1番光が当たる上に、人と話す際に目に付きやすい鼻や頬、疲れが出やすい目元などにだけ、重点的に下地を仕込むと良いでしょう。
顔の立体感を意識したメイクをすると、それだけでも透明感が作り込めます。

⑤:パールで艶感を出す

透明感の強い味方といえば、パールやラメです。
パールやラメは光を集めながら拡散してくれるので、肌の粗を隠しながらキメが整って見えたり、艶感が出るので肌のハリを演出してくれます。

写真を見れば解るように、パールの下地を塗った部分は輝きが増し、肌が白くキレイに写っています。
こういったパール下地を使うことにより、肌の立体感も一層と増します。

特に艶感が大切な頬などがキレイに仕上がり、立体感と透明感2つを手に入れる事ができてしまいます。

<下に続く>

透明感メイクのやり方【アイメイク編】

透明感のあるアイメイク

肌を作り込むだけではなく、透明感メイクには目元も重要なポイントです。
目は口ほどに物を言うとも言われるくらい、顔のパーツでは印象に残りやすい大切な部位でしょう。

流行のデカ目メイクの概念は一度忘れ、透明感だけに焦点をあてましょう。

①:がっつりアイメイクは避けよう

バシバシのまつげにがっつりライン、目元命!なメイクでは、ベースメイクの段階で仕込んだ透明感も半減してしまいます。
透明感メイクの主役はもちろん透明感です。

何よりも肌をキレイに見せたいのであれば、濃いアイメイクは避けた方が無難です。
透明感メイクに必要な工夫は、少女のような無垢さでしょう。

以上のことをふまえ、透明感メイクの際の目元のポイントは、柔らかさとナチュラルさです。

②:パールを使ってハーフ顔アイメイク

流行のハーフ顔に透明感を仕込みたい場合は、アイメイクにパールを使いましょう。
ポイント、ラメではなくパールを使用する事です。

パールはラメよりも粒子が細かく、ギラギラ光りすぎないので、より上品印象を作り上げてくれます。
透明感メイクには外せないメイク用品です。

目元の立体感も出してくれるので、彫りも深く見せてくれます。
濃い色、中間色、ハイライトと、3色ほどを使用し、グラデーションにするのがおすすめです。

パールがぎっしり入ったシャドウは、色同士を丹念にブレンディングしなくても、光を反射する作用で簡単にグラデーションになってくれるので、時短メイクにもつながります。

③:オフィス向け透明感アイメイク

職場がしっかりメイク推進の場合、透明感のある目元を演出するなら、写真のようなブラウンのアイラインを引きましょう。
黒よりも色味の明るいブラウンは、肌の色素を薄く見せてくれる効果が期待できる上、黒のアイラインよりも優しい雰囲気になります。

柔らかく仕上げた目元は自然と明るく見えるので、それだけでも充分透明感のある顔に仕上げることができます。
アイシャドウは、ブラウンと相性の良いピンクベージュがおすすめです。

ピンクベージュは肌なじみの良い色なので、パールの入ったものでメイク感も出しましょう。
上記の手順はしっかり感が出る上にキツい目元にならず、透明感のある職場メイクが完成します。

④:ナチュラルメイクには透明マスカラ

透明感命!ナチュラルな目元で透明感を100%仕込みたい場合は、透明マスカラを使いましょう。
まつ毛の毛量が多く、マスカラを少し塗るだけでもメイク感が出てしまう人には、特におすすめです。

マスカラまつげのようなしっかり感がない代わりに、細い自まつげが軽さを出してくれ、まつげの黒も際立ちません。
写真のようなピンクパールのシャドウをさらっとつければ、血色感もプラスされ、より透明感が引き立つでしょう。

<下に続く>

透明感メイクのやり方【チーク編】

チークで透明感メイクをする女性
続いてはチークで透明感を出す方法を見ていきましょう。
チークを施すことにより、頬にハリが生まれ、健康的な若々しさを仕込むことができます。

肌全体の印象を左右しかねない上に、チークは透明感メイクには外せないパーツなので、しっかり予習しましょう!

①:チークは足すイメージで!

チークとは、下地やファンデーションで消してしまった頬の血色感を戻し、健康的に見せるものです。
以上をふまえ、下地やファンデーションを塗っても血色感が残っている場合は、足りないところにだけチークを足すイメージにすることにより、自然で厚塗り感の無い、透明感を仕込むことができます。

足す部分は輪郭により異なるので、写真を参考にするのがおすすめです。
あくまで素肌を活かし、厚塗りになりすぎないようにしましょう。

②:自分の頬の色味に近いものをチョイス

流行の色味などもありますが、透明感を出したいのであれば、自分の頬の血色に近い色味のものを選びましょう。
そうする事により、自然で柔らかい、透明感のある肌を演出できます。

この際、パーソナルカラーを利用し、イエローベースはコーラル系、ブルーベースは青みピンクを選ぶと、肌のくすみを飛ばしてくれる効果が期待できます。

③:ハイライトと合わせて艶感をプラス

ハイライトを使用すると、肌のハリが増したように見え、くすみも拡散してくれる上に、トーンアップも期待できます。
一石二鳥以上の効果が期待できるので、透明感メイクには必需品です。

塗る場所はチークと同じか、少し上あたりがおすすめです。
フェイスラインが上がって見えるので、若々しい仕上がりになります。

④:クリームチークでお手軽血色感

ハイライトを使わず時短で仕上げる場合は、クリームチークがおすすめです。
クリームチークはテクスチャそのものがしっとりしていて、頬に塗るだけで艶感を出すことが可能です。

リップに使用できるタイプもあるので、リップと頬の色味を合わせ、より自然で抜け感のある透明感メイクに仕上げることができます。

<下に続く>

透明感メイクのやり方【リップ編】

透明感の出るリップ
透明感メイクの仕上げに欠かせないのは、リップです。
透明感を出すために、ピュアな血色感のある、可愛らしい唇を目指しましょう。

あまり作り込みすぎないくらいのリップの方が、抜け感もあり、男性ウケは良くなります。
そして自然な血色感にもなるので、より透明感のあるメイクの仕上がりが期待できるでしょう。

  1. グロスでうるつやリップ
  2. 自然な血色感のグラデーションリップ
  3. リップマキシマイザーでふっくらリップ
  4. 自然に染めるティントリップ

では、それぞれのやり方を詳しく見ていきましょう。

①:グロスでうるつやリップ

グロスは唇の立体感を強調し、濡れ感のあるセクシーな口元を演出してくれます。
透けるような濡れ感で、簡単に透明感をアップさせることができます。

色選びのポイントとしては、唇そのものの色味に近いものをチョイスした方が、より自然に透明感を演出できるでしょう。
テクニックも必要なく、直接唇にオンすればOKです。

②:自然な血色感のグラデーションリップ

特に若い方におすすめの方法が、グラデーションリップです。
唇の内側から、じゅわっと溢れるような血色感があり、よりピュアで女性らしい仕上がりが期待できます。

濃い目のリップをオンした後に、唇の輪郭のみを綿棒でなぞり、リップを落としましょう。
後は唇の輪郭の部分をフェイスパウダーなどで押さえて、色味を落ち着かせると、簡単にグラデーションが作れます。

ポイントは血色感を意識した部分にあります。
この血色感が、透明感を引き出してくれるのです。

③:リップマキシマイザーでふっくらリップ

グロスの効果だけではない、唇そのものをふっくらとさせてくれる、リップマキシマイザーもおすすめです。
カプサイシンなどが配合されたマキシマイザーは、唇にオンすると、まるで口元に熱が集まってきたかのように、ほんのりジンジンします。

その効果により唇そのものが刺激され、厚みのあるふっくらとした口元になれるものです。
美容液としての効能もあるので、唇そのものを健康的にツヤツヤにしてくれます。

マキシマイザーは色味も自然なものが多いので、透明感メイクにはぴったりのリップでしょう。

④:自然に染めるティントリップ

今ではメイク用品として知らない人はいない、マストアイテムです。
ティントは色持ちがとても良く、唇そのものを染め上げてくれるので、塗った感が少なく、作り込まれていない自然な血色感が手に入ります。

ティントで染め上げた後、リップクリームなどで柔らかいツヤ感をオンすれば、男ウケ間違いナシの、健康的で透明感のある口元に大変身できます。

<下に続く>

透明感メイクにおすすめのプチプラ下地

透明感が出るメイク用品

最後に、透明感メイクにおすすめの化粧下地を紹介します。
すべてプチプラなので、簡単に試すことができ、お財布に優しいのがポイントです。

おすすめ①:

セザンヌ UVウルトラフィットベースN 01 ライトブルー
734円

王道プチプラのセザンヌコスメの下地です。
色味はライトブルーをチョイスしましょう。

ライトブルーは肌のくすみを飛ばしてくれるので、透明感メイクにはおすすめの色味です。
この下地は、肌色や毛穴の凸凹を補正する効果があり、毛穴レスな肌を作り上げてくれます。

チューブタイプなので、ポーチに入れやすいのも嬉しいポイントです。

おすすめ②:

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地 ライトブルー
648円

続いても優秀プチプラ、セザンヌコスメです。
ご存じの方も多い、皮脂テカリ防止用下地をおすすめします。

Tゾーンのテカリを1日中抑えてくれ、さらさら肌をキープし続けてくれます。
テカリが気になるからと、Tゾーンのベースメイクを厚めにしている方には、非常におすすめの品です。

これを塗るだけでテカリが収まる上に、肌のくすみを飛ばしてくれるブルーの色味なので、メイクも薄くなり、透明感が出やすくなります。
透明感メイクには大変心強い味方でしょう。

おすすめ③:

レブロンフォトレディプライマー 002
1620円

特殊な処方で光を反射させ、気になる部分を目立たなくしてくれます。
肌をフラットに整えてくれるので、さらりとした質感になり、毛穴落ちも防止してくれる上、薄付きなのでメイク感もなく、より透明感を演出してくれるでしょう。

オイルフリー、タルクフリー、パラベンフリー、無香料と、肌に優しく安心して使える、優秀コスメです。

おすすめ④:

【WHOMEE フーミー】コントロールカラーベース (ブルー)
2330円

プチプラなのに色のバリエーションが豊富で、ピンク、ブルー、イエロー、パープルの4種類から選ぶ事ができます。
これだけのバリエーションがあるので、理想通りに肌色補正が行え、簡単に透明感を仕込む事ができます。

ハンドクリームのようなテクスチャでこっくりしていますが、伸びはとても良い下地です。
テクスチャが固めなので、肌色補正がしっかりできます。

<下に続く>

プチプラコスメでも透明感メイクはできる!優秀アイテムを使いこなそう!

プチプラなのに透明感が出るメイク用品

くすみがちな肌も、自分に似合うカラー下地を使用する事で、誰でも簡単に透明感を仕込むことができます。
まずは自分の肌色悩みと向き合い、どんな色味の下地が似合うのかを考えましょう。

下地でキレイに補正ができれば、ポイントで気になる部分にだけ薄くコンシーラーを使い、後は軽く粉で抑えるだけでも充分です。
メイクが濃くなると透明感は演出できないので、肌悩みを隠したい一心で厚塗りメイクにならないよう、気をつけましょう。

ポイントメイクは、血色感とナチュラル感を意識すると、下地で仕込んだ透明感がキレイに活きてくれます。
全体のバランスを考えて、自然に見えるようにすると、透明感がアップするでしょう。

プチプラコスメはドラッグストアで簡単に手に入れる事ができます。
自分に似合う下地をチョイスして、透明感を手に入れましょう!

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line