Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/01/14

【月星座】蠍座(さそり座)の基本的性格&恋愛傾向・相性!さそり座男性の特徴も解説

さそり座は12星座きっての大胆さを持ち、一途な執念に燃える革命家でもあります。
本記事では、さそり座の性格・恋愛の傾向はじめ、仕事運、さそり座の男性の特徴についてもご紹介いたします。
ご自分や身近な人の星座についての性格・傾向は当てはまるかチェックしてみてくださいね。

Large robson hatsukami morgan 296510 unsplash

蠍座(さそり座)の特徴・基本的性格

トンネル

一途な執念に燃える革命家

一つ前の天秤座で他人との出会いを果たしたら、他人との共同生活の段階に入り、それが第8番目のさそり座になります。
これまでの距離のある生き方を否定して、一種の人との一体化による"精神的な死"を体験することになるでしょう。

それは個人にとっては苦痛を伴うものの、他人のために自己を犠牲にする尊い精神性を得ることになるでしょう。
そのため色んな人たちとの薄い付き合いを広げることよりも、特定の人との限定された場所での深い付き合いに意味を求めやすいといえます。

また幅広い知識よりも、専門的でマニアックな分野に興味を持ちやすいので、何かの調査や研究するような仕事に向きやすいでしょう。
人間関係だと社交的な付き合いを好まず、初対面の人に対しても本音を探りたくなるように、表面的なもので妥協せずに、人の裏の心理や影に隠れた真実の追求にロマンを感じやすいかもしれません。

そのため、さそり座は最新の流行りものよりは、歴史や伝統の深い世界観と馴染みやすいのも、世代をつなげて行くなど、長い時間で積み重ねられ熟成された重みのあるものに、信頼を持てる実力があると感じるのでしょう。

大胆にストレートに突き進む

さそり座は、何事も極限まで極めることに価値観を持っているので、危険な冒険などを成し遂げることに興奮を覚えるかもしれません。
その反面、ものごとを深く考える性質もあるので、先の危険を考えて躊躇してしまう臆病な面もあるでしょう。

自分の恐怖心を抑え、やせ我慢して、大胆な行動を取りがちなのかもしれません。例えば特攻隊的な存在のように、控え目な周囲の人々を尻目に先頭に立って自分が突破口を開くための犠牲になりやすいといえます。

荒削りで的外れな行動であったとしても、最初のきっかけを作ってくれる大きな役目を果たしやすいといえます。

悪の魔王はダークサイド・ヒーロー

"深くて濃い味"を好むことで、さそり座の行動パターンは貫いたものとなり、例えば善・悪を表現する時には、中途半端なものではなく、徹底して善役か悪役に偏ったものになりやすいといえます。
むしろ影の中に答えを見つけやすいさそり座は、積極的に社会から外れたアウトロー役や人から避けられる嫌われ役を選びたがるのではないでしょうか?

自分自身が汚れた存在であることをアピールするほうが、影に隠した自分の本音や非常識な考えを表現しやすいといえます。
そのため"道を極めた人々を支配する独裁者"的なムードを持ちやすいものの、人の犠牲になる気持ちを持っているため、例えば市民の声を代弁するために先頭で発言する反社会的な組織の革命家のような雰囲気があります。

<下に続く>

蠍座(さそり座)の恋愛観

彼女のサプライズ

さそり座の恋愛は、奥の深いものとなり、相手とのゴールは人生の終点や来世まで続くものとまで考えているかもしれません。
自分と相手のエネルギーの混ざり合う一心同体の状態を望みやすいでしょう。

自分が精神的に死んで相手と一つになるというのは、セックスにおける合一感とイメージが重なります。
お互いのきれいな部分も醜い部分もさらけ出して一つになれるという、神聖な体験となるでしょう。

そのため男性性と女性性の融合したセクシーなムードを持ちやすく、男女の区別なく惹かれる雰囲気を持っています。

洞察力が鋭く人の本音を見抜く力があり、自分にもウソをつくのを嫌います。
そのためブリっ子のようにあざとく人に媚びるような態度を軽蔑するといえます。

相手に対して臆病で慎重な姿勢があるものの、覚悟を決めたら大胆に自分のすべてを投げ出す気持ちがあるでしょう。
愛情表現も極端なものになりやすく「愛するがゆえに相手を束縛して苦しめる」ような倒錯的な方向に向かうかもしれません。

特に恩義を感じる相手に徹底的に尽くす姿勢があるので、一点集中型の深い愛情のエネルギーを持ちやすいでしょう。
受けた恩を来世まで持ち続けるくらいの覚悟があるのではないでしょうか?

ラッキースポットは、お墓参りやゴミ捨て場、地下室や夜の街のバーなど。

<下に続く>

蠍座(さそり座)の仕事観

器用な人のパソコンの横にコーヒー

さそり座の仕事は、何か一つのことを調査・研究するものが良いかもしれません。
ものごとを深めることで裏に隠れていた真実が姿を現し、一般的に知られていない大発見や発明をする結果になるでしょう。

特に"長年続けて来たものの結果が出ないで追い詰められているピンチの時"などは、チャンスに変わる可能性があります。
"最終段階"は「火事場の馬鹿力」的な究極の力を発揮しやすい時といえ、あきらめないことが大切になるでしょう。

そのため超人的なパワーが必要となる、探検や冒険などの偉業を成し遂げられる可能性もあります。
さらに影に存在する深い暗闇の世界に入ることに馴染みやすく、一般的なものよりは、特殊でマニアックな地下世界的なものと縁が強いでしょう。昼よりは夜の仕事が向きやすいといえます。

そして社会の中では、悪者扱いや憎まれ役になりやすいかもしれません。
異端者的に見られやすいのは、ストレートに道を極めたいからで、例えば警察官より取り締まられる側の犯罪者のほうが本音で正直に社会を生き抜いているといえるように、本当の人間らしさを求めたいタイプなのではないでしょうか?

また先祖や身内などと関係するものと縁があり、歴史関係や故郷に貢献する仕事も良いかもしれません。

<下に続く>

蠍座(さそり座)と相性のいい星座

手をハートのカタチにつなぐカップル

12星座は火(牡羊座/獅子座/射手座)・地(牡牛座/乙女座/山羊座)・風(双子座/天秤座/水瓶座)・水(蟹座/蠍座/魚座)の四つのエレメントで分かれています。
蠍座にとっては、同じ水のエレメントである、蟹座・魚座との相性が良いでしょう。

また地の牡牛座・乙女座・山羊座とも少なからず相性が良いといえます。
"水"同士は感情レベルでの和合のエネルギーを共有を通じてパワーチャージできるため密接にかかわると良く、"地に対してはキャリアや階級など現実的な利益をもたらす存在として利用すると良いでしょう。

"火"と"風"と関わると、人の感情を逆なでするルール無視の行動に心乱されるものの、その代りやりたいことをやる瞬発力を学べそうです。

<下に続く>

蠍座(さそり座)の男性の特徴

null

さそり座の男性は、濃い生き方を好むため、一般的な道からズレやすいかもしれません。
権威的でカリスマ性のあるオーラを出しているものの、自己犠牲の精神があり、自分の存在を踏み台にして、部下に育ってほしいという親心もあるといえます。

例えば家の土台は大切なものでありながら家の下敷きになっているように、大切なものは目に見えないもので、影から見守ってくれる守護神に似ているのではないでしょうか?
自分の醜さを隠さずにオープンな姿勢で振る舞うことで、多くの人に反面教師的な姿勢で大切な教訓を教えてくれる存在なのかもしれません。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line