Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに

女性のドレスコードがカジュアルな場面におすすめのコーデ&NGコーデ

パーティーなどでドレスコードがある場合は、指定されたドレスコードに従うのがマナーです。
ドレスコードがカジュアルだった場合は、普段着でOKと勘違いしてしまいそうですが、カジュアルでも軽装不可となります。

ドレスコードカジュアルではどんな服装を選べばいいのか、季節ごとの例と勘違いしがちなNG例を紹介します。

Large zd283lre30
目次

ドレスコードが「カジュアル」な場面

ドレスコードがカジュアルな結婚式の二次会

では、ドレスコードが「カジュアル」な場面をみていきましょう。

  1. レストランでのディナー
  2. 企業のパーティー
  3. 結婚式の二次会
  4. 同窓会

続いて、ドレスコードが「カジュアル」な場面を、それぞれ詳しくみていきます。

場面①:レストランでのディナー

ホテルにあるレストランや、ミシュランガイドに掲載されるような、少し格式高いレストランでディナーを食べるような場合は、ドレスコードに注意しましょう。

ドレスコード・カジュアルとなっていた場合、カジュアル=ラフと勘違いしがちですが少し違います。
着物やイブニングドレスまではいかなくとも、格式高いレストランで食事をするのにふさわしい服装を選ぶのがポイントです。

ふんわりとしたAラインの透け感があるワンピースは、ドレスコード・カジュアルにもぴったりです。

場面②:企業のパーティー

企業が主催するパーティーや、勤めている会社が主催するパーティーでも、ドレスコードがカジュアルと指定されることがあります。
カジュアルでも一応パーティーという華やかな場には、それにふさわしい服装を選ぶのがマナーです。

企業のパーティーなどに着ていくなら、レースをあしらいふんわりとした優しい印象のワンピースがおすすめです。
普段着よりもおしゃれですし、パーティー会場でも悪目立ちすることのない上品な雰囲気を選びましょう。

場面③:結婚式の二次会

二次会は披露宴に比べて少し肩の力が抜けますが、披露宴から出席する人も多いのでカジュアルすぎるのもNGとなってしまいます。
黒は結婚式のお呼ばれにも通用しますし、披露宴からそのまま二次会に参加する流れでも便利です。

シンプルでシックな黒のドレスは、上下異素材がいいアクセントになっていて、スカート部分の光沢が上品な印象を与えてくれます。
ミニ丈でも黒なら派手な印象を与えません。

場面④:同窓会

同窓会って、気負いすぎても浮いてしまいますし、かと言ってカジュアルすぎるのもちょっと残念な印象に見えてしまいます。
ドレスコードがカジュアルの同窓会には、こちらのワンピースがおすすめです。

ツイード生地は上品な印象を与えるので、ドレスコード・カジュアルでもOK。
首と裾の部分にあしらったパールが、華やかな印象を与えてくれます。

Aラインのワンピースは、エレガントな雰囲気にもぴったりです。

<下に続く>

女性のドレスコード×カジュアル【春】

ドレスコードカジュアルな春の服

春のドレスコード「カジュアル」な服装例にはどのようなものがあるのでしょうか。

  1. シフォンワンピース
  2. 花柄ワンピース
  3. パフスリーブブラウス
  4. ミモレ丈ワンピース
  5. ペンシルワンピース
  6. フィッシュテールドレス
  7. 刺繍ワンピース

春のドレスコード「カジュアル」な服装例をご紹介します。

①:シフォンワンピース

シフォンのふんわりとした女性らしい印象は、ドレスコード・カジュアルにぴったりです。
色によっても多少印象は変わりますが、ラフ過ぎず、フォーマルすぎないので1枚持っておくと便利です。

普段着よりもちょっとおしゃれな印象ですし、動きに合わせて揺れるワンピースはとてもエレガントです。
適度に透け感があっても、程よく目隠しになっているのでドレスコード・カジュアルにも安心です。

②:花柄ワンピース

少し大柄でもシックな色使いだから、ドレスコードがカジュアルなシーンにも堂々と着ていけます。
袖のフリルが上品ですし、ボディラインがくっきり出過ぎないふんわりとしたシルエットはパーティーやお呼ばれまで、幅広いシーンで活用できそうですね。

裾の長さも上品で大人可愛い印象を与えてくれます。

③:パフスリーブブラウス

袖の透け感と襟元のリボン使いは、ドレスコード・カジュアルなシーンにもぴったりです。
ドレスコードがあるとワンピースやドレスという印象ですが、ドレスコード・カジュアルならブラウスにスカートorパンツというスタイルもOKです。

パフスリーブが女性らしい印象を与えますし、首元がハイネックだから肌の露出が少ないので上品です。
ブラウスに少しボリュームがあるので、ボトムはタイトスカートやスラックスなどでもいいでしょう。

大人かっこいいドレスコード・カジュアルを目指したい人におすすめです。

④:ミモレ丈ワンピース

デザインや生地にもよりますが、ドレスコードがカジュアルでもスカート丈はあまり短すぎない方が無難です。
ミモレ丈はシルエットも美しく、女性らしい印象を与えてくれるので、ワンピースを選ぶならミモレ丈にするといいでしょう。

柄が控えめだからどんなシーンにも合いそうです。

⑤:ペンシルワンピース

鉛筆のように細めのシルエットが特徴的なペンシルワンピースは、ドレスコード・カジュアルにもおすすめです。
裾に行くほど広がるデザインは女性らしい印象を与えてくれますが、大人っぽく着こなしたい人には不向きとなってしまうことも。

そんなときは、ペンシルラインのワンピースを試してみてください。
ボディラインが少し出ますが、袖のフリルやリボンがセクシーすぎず大人可愛い印象に見せてくれます。

上品カラーの黒とベージュのコンビもポイントです。

⑥:フィッシュテールドレス

フィッシュテールドレスも、ドレスコード・カジュアルなシーンにおすすめです。
裾が少し広がっていますが、広がり過ぎないスッキリとしたラインは、華やかなシーンにもよく合います。

切り替えでトップがレース使いになっているので、結婚式や二次会にも着ていけます。
20代~40代まで幅広く着こなせるでしょう。

⑦:刺繍ワンピース

ヴィンテージ風な花柄刺繍がシックな印象に見せてくれます。
Aラインワンピースは女性らしさも演出できますし、スモーキーピンクは大人可愛いスマートカジュアルにも活用できます。

ドレスコード・カジュアルにどんな服装を選べばいいか迷ったときは、甘すぎない花柄ワンピースをイメージするといかもしれません。

<下に続く>

女性のドレスコード×カジュアル【夏】

ドレスコードがカジュアルな夏の装い

夏のドレスコード「カジュアル」な服装例を7つ紹介します。

  1. バイカラーワンピース
  2. 花柄ワンピース
  3. ノースリーブワンピース
  4. モノトーンコーデ
  5. Vネックミディ丈ワンピース
  6. キレイめオールインワン
  7. 膝丈タイトワンピース

夏のドレスコード「カジュアル」な服装を詳しくチェックします。

①:バイカラーワンピース

ウエストの切り替えが斬新でも、全体にシンプルで上品な印象を与えてくれます。
ドレスコード・カジュアルにもぴったり!

シルエットも丈も女性らしく、エレガントな雰囲気にしたいときにも良さそうです。
シーン別にアクセサリーで雰囲気を変えてみてはいかがでしょうか。

②:花柄ワンピース

花柄ワンピースは、ドレスコード・カジュアルでも活用できる便利アイテムです。
夏は涼しげなノースリーブワンピースがおすすめ。

腕が出ていても胸元が空きすぎず、丈もちょうどいいから下品になりません。
色使いも女性らしく強調しすぎないのがいいところ。

ワンピースの色使いに合わせて、靴とバッグをシルバーに統一するといいでしょう。
パーティーの華やかな雰囲気にも負けない、エレガントコーデがポイントです。

③:ノースリーブワンピース

こちらもノースリーブワンピースですが、ベースがネイビーだととても落ち着いた印象です。
花柄でも小花だと可憐に見えながら上品さも感じられます。

ハイウエストだから脚長効果も期待できます。
女性らしい上品なワンピースはリバーシブルだから、気分に合わせて色を変えられるのがポイントです。

④:モノトーンコーデ

ドレスコード・カジュアルにはタイトスカートとブラウスという組み合わせもありです。
モノトーンはシックな印象を与えてくれるので、大人かっこいいドレスコード・カジュアルにもおすすめです。

ウエスト部分のボーダーとパンプスの踵部分の差し色がいいアクセントになっていて、ただのモノトーンではないところもポイントです。
このコーデなら、企業のパーティーにも出かけていけそう。

⑤:Vネックミディ丈ワンピース

ドレスコードがカジュアルの場合、がっちりとキメすぎないのもポイントです。
しかし普段着とも違うので、きれい目コーデを意識するといいでしょう。

落ち着いたグレーに胸元のVネックは、あまり空きすぎないので肌の露出も少なく上品です。
ウエストのリボン使いがいいアクセントになっていますね。

ボディラインは出ますが、強調しすぎないからおしゃれして出かけたいドレスコード・カジュアルにも便利です。
いろんなシーンで使える使い勝手のいいワンピースと言っていいでしょう。

⑥:キレイめオールインワン

オールインワンでも、素材を選べばドレスコード・カジュアルでも通用します。
トップスはカシュクール風のデザインになっているので、ウエストを細く見せる効果が期待できます。

ノースリーブでもランドネックにしているので、上品さも感じられますね。
ボトムのサイドにタックが入っているので、美しいシルエットを作るのに役立ちます。

大人かっこいいオールインワンは、キレイめを選ぶのがおすすめです。

⑦:膝丈タイトワンピース

ノースリーブでも、レースレイヤーを取り入れるだけでこんなにもエレガントになります。
ノースリーブでも腕が丸見えになりませんし、タイトなシルエットが全体を引き締めてくれています。

首元もハイネックだからドレスコード・カジュアルにも通用します。
背面もVネックですが、チラっと見える背中がポイントになるのも面白いところ。

どの角度から見ても、女性らしい美しいボディラインを感じさせてくれます。

<下に続く>

女性のドレスコード×カジュアル【秋】

秋のドレスコード・カジュアル

秋のドレスコード「カジュアル」な服装例は次の通りです。

  1. フレアスカート
  2. ミモレ丈スカート
  3. レースワンピース
  4. 切り替えワンピース
  5. パンツドレス
  6. アシメワンピース
  7. カシュクールワンピース

秋のドレスコード「カジュアル」な服装例を、それぞれご紹介します。

①:フレアスカート

フレアスカートにトップスを合わせるコーデも、キレイめ素材を選べばドレスコードがカジュアルなときも活用できます。
スカートにはチュールがついているので、パーティーなどの雰囲気にもぴったりです。

ただしドレスコード・カジュアルの場合、ニットだと少しラフすぎる印象を与えてしまうことがあります。
スカートに合わせて、ふんわり素材のブラウスを合わせるといいでしょう。

②:ミモレ丈スカート

ミモレ丈のスカートは、ドレスコード・カジュアルな場合にもOKです。
上品で女性らしいミモレ丈は、なにかと活用できるので1枚持っておくと便利!

プリーツと上品な光沢がある生地は、華やかな雰囲気にもよく合います。
トップスはシンプルなブラウスを合わせましょう。

寒いときは上にジャケットやボレロを羽織ってみてください。

③:レースワンピース

秋に着るドレスコード・カジュアルには、秋らしい色のワンピースをおすすめします。
屋外ではコートを羽織りますが、会場に入ればコートは不要。

袖にはレースとシフォンを二重で使っています。
スカート丈もちょうど良く、深めの色がそれだけでも存在感を演出してくれそうです。

④:切り替えワンピース

オフショルダーでも肩が見えすぎないから、ドレスコード・カジュアルにも着ていけそうです。
ベージュと黒という上品に見える色使いも魅力ですが、ウエストのリボンが大人可愛い印象にしてくれています。

ワンピースがシンプルだから、アクセサリーは控えめにするとバランスよくまとまりますよ!

⑤:パンツドレス

ドレスコードがカジュアルでも、パンツ派の人はパンツスタイルを選びたいですよね。
そういうときは、パンツドレスを選ぶといいでしょう。

スッキリとしたパンツは柔らかい生地を使っているので動きやすく、袖がレースのカーディガンを羽織っているように見えるデザインが個性的です。
セットアップだから統一感があるのもポイント。

⑥:アシメワンピース

前から見るとアシメで、後ろから見ると黒いワンピースに見えるこちらも個性的なデザインです。
ベージュの部分が少し長めで、プリーツが付いています。

袖口にもプリーツを使っているので、1枚でも華やかな印象に見ますね。

⑦:カシュクールワンピース

カシュクールワンピースでも、インパクトのある柄はドレスコード・カジュアルなパーティーにもおすすめです。
深すぎないVネックとハイウエストが、スタイルをよく見せてくれるでしょう。

モノトーンでも短調ではないのもポイント。
少しレトロな雰囲気がとてもおしゃれです。

<下に続く>

女性のドレスコード×カジュアル【冬】

冬におすすめのドレスコード・カジュアル

冬のドレスコード「カジュアル」な服装例を見ていきましょう。

  1. パンツスーツ
  2. Aラインワンピース
  3. ツイードジャケット&ワイドパンツ
  4. ボレロ&ワンピース
  5. プリーツ使いワンピース
  6. シックワンピ
  7. ドレーププリーツ ロングワンピース

冬のドレスコード「カジュアル」な服装例7つを見ていきます。

①:パンツスーツ

ドレスコード・カジュアルでも、こんなにおしゃれなパンツスーツを着ていけば人目を引きそうですね。
ボウタイがアクセントになっているので、アクセサリーはいらないかも?

ジャケットもテーラーカラーだから、パーティや結婚式の二次会にも着ていけそうですね。

②:Aラインワンピース

黒一色だと少しさみしいなと思うときは、袖や襟の部分に切り替えを取り入れたワンピースを選ぶといいでしょう。
Aラインのシンプルなブラックワンピースも、切り替えが入るだけでこんなに雰囲気が変わります。

襟のリボンがいいアクセントになっていますので、ヘアアレンジはアップスタイルがおすすめです。
丈もちょうど良くて上品です。

③:ツイードジャケット&ワイドパンツ

寒い時期はブラウスだけでは心細いので、ツイードのジャケットを合わせてみてはいかがでしょうか?
ツイードはそれだけでもおしゃれな雰囲気にしてくれますし、ドレスコード・カジュアルにもぴったり。

袖口にポイントがあるブラウスに合わせるなら、あえて袖を通さず羽織るだけにしてもいいですね。
黒のワイドパンツを合わせれば、モノトーンな大人かっこいいエレガントカジュアルコーデになります。

④:ボレロ&ワンピース

切り替えワンピースにボレロを合わせてもおしゃれ。
ボレロに光沢のある素材を選べば、ドレスコード・カジュアルもクリアですね!

ボタンがないので一見、ドレスコード・カジュアルには不向きなイメージですが、光沢のある生地は上品に見えるのでボタンがないボレロでも大丈夫です。

黒とベージュという上品コーデの王道カラーなら、二次会やパーティーにもおすすめです。

⑤:プリーツ使いワンピース

一見シンプルなネイビーのワンピースに見えますが、よく見るとスカート部分の内側にプリーツを取り入れています。
膝が隠れるくらいのちょうどいい上品な丈もポイント!

ウエストにはベルトが付いているので、きちんとした印象を与えれくれます。
同窓会にもよさそうですね。

⑥:シックワンピ

袖のデザインが特徴的なシックワンピは、パーティーなどのシーンにも活躍してくれそうです。
ノースリーブワンピースですが、柔らかい生地を上からかぶせているので、腕が丸見えにならないのがいいところ。

後ろにも柔らかい生地を使っていて、背中にスリットが入っているのがセクシーです。
一見ブラウスとスカートに見えますが、実はワンピースという意外性もいいですね。

⑦:ドレーププリーツ ロングワンピース

ドレープが女性らしい印象をアップさせてくれるロングワンピースです。
ロングでもミモレ丈に近いので、そんなに長さは感じさせません。

ゆったりとしたシルエットは着心地もよく、ウエストのリボンが大人可愛い雰囲気にしてくれています。
ドレープが上手くボディラインをカバーしてくれるので、体型を気にせず着られるのもポイントです。

<下に続く>

女性のドレスコード×NGなカジュアル例

ドレスコードがカジュアルのNGな服

ドレスコード「カジュアル」のNGな服装例にはどのようなものがあるのでしょうか。

  1. ジーンズ
  2. ショートパンツ
  3. サンダル
  4. タンクトップ
  5. Tシャツ
  6. スニーカー
  7. 素足

続いて、ドレスコード「カジュアル」のNGな服装例を、それぞれご紹介します。

①:ジーンズ

ドレスコードがあってもカジュアルと書いてあったら…普段着でいいのかな?と間違えてしまうこともあります。
しかしドレスコードがある以上、カジュアルでも普段着ではダメです。

ドレスコード・カジュアルというのは、普段着よりもちょっとおしゃれをしたよそ行きと考えるとわかりやすいです。
ジャケットを着ていればボトムはジーンズでもよさそうに思えますが、ドレスコード・カジュアルにジーンズはNGとなってしまいます。

②:ショートパンツ

同窓会や結婚式の二次会で友達だけが集まるような場合は、ドレスコードにカジュアルという指定があると普段の服装でも良さそうに思われがちです。
ドレスコードがカジュアルでも、一応服装のマナーはあるので肌の露出が多くなるショートパンツはNGと覚えておいてください。

膝ギリギリくらいの丈のスカートはOKですが、ショートパンツはラフすぎますし、肌も露出が多いので避けた方が賢明です。

③:サンダル

ドレスコード・カジュアルには、靴も重要です。
キラキラ素材がついたサンダルなら、ワンピースにも合いそうに思えてしまいますが、サンダルはNGです。

靴はヒールがあるもの、つま先が見えないパンプスを履きましょう。
つま先が空いているオープントゥもNGとなってしまうので注意してください。

④:タンクトップ

ドレスコードがカジュアルの場合ノースリーブはOKでも、しかしタンクトップはNGです。
タンクトップは肌の露出も多くなりますし、ドレスコード・カジュアルにはマナー違反となってしまいます。

ただしインナーにタンクトップを着て、上にジャケットを羽織るならOKです。
この場合もできるだけタンクトップが見えないようにするといいでしょう。

⑤:Tシャツ

Tシャツでもブランド物だと価格が高く生地もしっかりとしていますが、あくまでも普段着扱いですので、ドレスコード・カジュアルにはNGとなります。

上にジャケットを羽織ったとしても、Tシャツ自体がラフすぎるのでおすすめできません。
インナーに着る場合も、Tシャツではなくカットソーにしておくといいでしょう。

⑥:スニーカー

スーツにジャケットを合わせるコーデもありますが、ドレスコード・カジュアルにスニーカーはNGです。
これは男性も同じ!ドレスコードがある場合は、例えそれがカジュアルでもスニーカーは履かないでくださいね。

女性はヒールのあるもの、男性は革靴を選ぶのがスマートです。
ちなみに女性の場合は、ロングブーツもNGとなるので、必ずヒールのあるパンプスを選んでください。

⑦:素足

ドレスコード・カジュアルの場合でも、膝丈のスカートやワンピースならOKです。
ただしストッキングは必ず履きましょう。

素足のままではマナー違反となってしまうので、注意してくださいね。

<下に続く>

ドレスコード「カジュアル」に似合う髪型

ドレスコードがカジュアルなときにおすすめの髪型

ドレスコード「カジュアル」に似合う髪型とは?

  1. シニョン
  2. ハーフアップ
  3. お団子アレンジ

ドレスコード「カジュアル」に似合う髪型を一つずつ紹介します。

髪型①:シニョン

ショートスタイルでも、肩につくくらいの長さがあればシニョンスタイルにできます。
シニョンは少し下目で髪をまとめるスタイルです。

アレンジ幅も広く、パーティーなどの華やかな雰囲気にもおすすめの髪型と言えます。
きっちりまとめるよりも、少しルーズな雰囲気にした方が今風でオシャレに見えますよ!

どんな服装にも合うので、ヘアアレンジに困ったときにはシニョンを試してみてはいかがでしょうか。

髪型②:ハーフアップ

ショートボブからロングまで、サイドの髪が結べる長さがあるならハーフアップアレンジができます。
三つ編みや編み込み、フィッシュボーンやねじりなど、いろんなスタイルのハーフアップがあります。

大きめ三つ編みとくるりんぱを使っても、簡単なのにとてもキレイなハーフアップが作れますよ!
ドレスコード・カジュアルなら少しヘアアレンジにもこってみるといいでしょう。

服装に合わせて、髪飾りをプラスするのもおすすめです。

髪型③:お団子アレンジ

ドレスコードがカジュアルの場合は、きっちりしすぎないのも大切ですが、だらしないのはNGです。
お団子でも位置を少し下げてふんわりまとめるとこんなにおしゃれに!

毛先はピンで内側に入れて留めておくので、崩れにくくなっています。
位置が高すぎるとカジュアルよりですが、少し下げるだけでドレスコードがカジュアルエレガントなシーンにも活躍してくれそうですね。

<下に続く>

女性のドレスコードがカジュアルな場面におすすめのコーデ&NGコーデまとめ

ドレスコード・カジュアルでおすすめのワンピース

ドレスコードがカジュアルとしても、普段着でいいというわけにはいきません。
ドレスコードがある場合は、服装を指定されているということ。

ドレスコードカジュアルとにも、カジュアルエレガントやスマートカジュアルなどいくつかの種類があります。
カジュアルと名がついていても、普段着よりは少しおしゃれで小奇麗なスタイルであることを覚えておいてくださいね。

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line