Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/01/13

男性がほっといてほしい理由や男女が「ほっといてほしい」と感じる瞬間

男性がほっといてほしいと感じる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。
男性がほっといてほしいと感じる理由や状況をご紹介します。

また、女性がほっといてほしいと思う瞬間や、ほっといてほしいのにほっといてくれない彼氏の心理などについてもみていきましょう。

Large couple 1210023 1920

男性がほっといてほしいと言う理由

ほっといてほしいと思う男性

では、男性がほっといてほしいと言う理由をみていきましょう。

  1. 相手が好きでないから
  2. 無神経に感じるから
  3. 口うるさいから
  4. 束縛されるのが嫌だから
  5. あまりにも価値観が違うから
  6. 集中したいから
  7. 気持ちに余裕がないから

続いて、男性がほっといてほしいと言う理由を、それぞれ詳しくみていきます。

理由①:相手が好きでないから

男性がほっといてほしいと言う理由として、相手が好きでないからというものがあります。
あまり親しくない人や好ましく思っていない人から、あれこれと言われたり世話を焼かれたりすると「何であなたが?」と不快に感じてしまう男性も多いのです。

同じ言動をとっても、その男性が相手に好感を持っているかどうかでかなり印象が変わります。
さほど親しくない男性に対し、馴れ馴れしく口を聞いたりプライベートなことを根掘り葉掘り聞いたりするのはやめた方が良いでしょう。

理由②:無神経に感じるから

相手のことを無神経に感じるため、ほっといてほしいと言う男性も多いようです。
男性には女性ほど身だしなみや食事に気を使わない人も多く、女性から見ると栄養の偏った食事や服のしわなど、思わず指摘したくなる点がたくさんあります。

しかし、実際に指摘してしまうと「わざわざそんなところまで見なくても……」とかえって男性から気味悪がられたり不快に思われてしまうことも多いでしょう。
よほど親しく何でも言い合える仲なら別ですが、人の生活にまで口を出すのはやり過ぎです。

理由③:口うるさいから

彼女や妻などがあまりに口うるさくて、ほっといてほしいと言う男性もいます。
「ここを片付けてほしい」などと頼みごとをしても、男性がなかなか動かないと怒りを覚える女性も多いでしょう。

しかし、人それぞれペースは違います。
後でやろうと思っていたところに「まだやっていないの!?早くやってよ!」と何度も口うるさく言われてしまうと、男性もついムッとして「ほっといてくれ!」と気を曲げてしまうこともあるのです。

こういうタイプの男性に頼みごとをする時は、最初から期限をつけて伝え、期限までは口出しをしないようにした方がやる気を引き出しやすいでしょう。

理由④:束縛されるのが嫌だから

彼女や妻などから束縛されるのが嫌で、ほっといてほしいと言う男性も多いでしょう。
趣味などで息抜きをする時間が必要なのは男性も女性も一緒です。

彼女や妻だからと言ってパートナーの交友関係に制限をかけたり、仕事で忙しい時に「どうして帰って来られないの?」とメッセージを連続で送ったりしてしまうと、束縛がきついと思われてしまうでしょう。
あまりに束縛されると、「もうほっといて!」と嫌気が差してしまう男性も多いのです。

理由⑤:あまりにも価値観が違うから

あまりにも価値観が違うからという理由で、ほっといてほしいと言う男性もいます。
人にはそれぞれ考え方や価値観があり、相手の意見を完璧に理解することは難しいものです。

しかし、世の中には自分が絶対に正しいと信じて疑わない人もおり、そういう人は他人に自分の考えを押しつけがちです。
そういう人に出会った時、「この人とは絶対にわかり合えない」と悟った男性は、ほっといてほしいと感じてしまうでしょう。

理由⑥:集中したいから

男性がほっといてほしいと思う理由には、集中したいからというものもあります。
何か集中力を要する作業に入ろうとしている時に、周りから話しかけられるのは迷惑なものです。

目の前の作業に集中したいのに、あれこれと話を振られると「いいからほっといて!」という気分になってしまいます。
人に話しかける時は、相手が取り込み中でないか、よく確認するようにしましょう。

理由⑦:気持ちに余裕がないから

気持ちに余裕がないため、ほっといてほしいと言う男性も多いでしょう。
あまりにも忙しいと、時間にも気持ちにも余裕が持てなくなり、苛々してしまいがちです。

彼氏や夫につい小言を言ってしまうという女性も多いですが、相手の気持ちに余裕がない時だと「今それどころじゃないからほっといて!」と言われてしまうこともあるかもしれません。
気持ちに余裕がない人を相手にする時は、なるべく相手を責めるような発言は避け、労わりの気持ちを持つようにしましょう。

<下に続く>

女性がほっといてほしいと思う瞬間

ほっといてほしいと思う女性

では、女性がほっといてほしいと思う瞬間をみていきましょう。

  1. 結婚や出産について聞かれる時
  2. 手は出さないのに口だけ出される時
  3. 気を使われ過ぎる時
  4. 「今何してるの?」と聞かれる時
  5. ファッションにダメ出しされる時
  6. 趣味を馬鹿にされる時

続いて、女性がほっといてほしいと思う瞬間を、それぞれ詳しくみていきます。

瞬間①:結婚や出産について聞かれる時

女性がほっといてほしいと思う瞬間として、結婚や出産について聞かれる時があります。
結婚や出産というのはとても繊細な問題であり、女性にとっては悩みの種です。

それにも関わらず「結婚しないの?」「お子さんはまだ?」などと言われると、不愉快に思う女性も多いでしょう。
この手の話題には、気軽に触れない方が互いのためです。

瞬間②:手は出さないのに口だけ出される時

手は出さないのに口だけ出されるといった時も、ほっといてほしいと思う女性が多いようです。
彼氏や夫などから家事のやり方などで文句を言われると、「自分でやりもしないのにほっといて!」と感じてしまいます。

もし相手のやり方に不満があるなら、自分が代わりにやるのが一番です。
改善したいことは口で言うのではなく、行動で示すようにしましょう。

瞬間③:気を使われ過ぎる時

気を使われ過ぎていると感じる時も、女性はほっといてほしいと思うことが多いようです。
飲み会などで、頼んでもいないのに次々と料理を取り分けてくれたり、ゆっくり飲みたいのに次の飲み物を聞かれたりすると、せっかくの親切も面倒に感じてしまう女性もいるでしょう。

また、年上や未婚などという理由だけで、腫れ物に触るような扱いを受けるのも「ほっといてよ!」と感じてしまいそうです。
過度に気を使ったり、気を使っていることがバレバレの態度をとったりすることは、かえって相手に失礼に当たるので注意した方が良いでしょう。

瞬間④:「今何してるの?」と聞かれる時

「今何してるの?」という質問をされると、ほっといてほしいと感じてしまう女性は多いです。
彼氏からの「今何してるの?」という質問があまりにも頻繁にあると、女性は束縛されているような気分になり、息苦しく感じることも多いでしょう。

また、彼氏でない男性やさほど親しくない友人から「今何してるの?」と聞かれると、「なぜあなたにそんなことを言わないといけないの?」と警戒してしまうこともあります。
「今何してるの?」という質問は、詮索や束縛と感じられることもあるので、使う時には十分に注意しましょう。

瞬間⑤:ファッションにダメ出しされる時

ファッションにダメ出しをされると、ほっといてほしいと思う女性が多いようです。
女性はファッションに関心が高いことが多く、人によってさまざまなこだわりがあります。

特に男性から見ると、「何だこのファッションは?」と不思議に思う服装もあるでしょう。
しかし、それを口に出して指摘したり、「もっとこうした方がいいよ」などとアドバイスしたりしてしまうと、「好きでやってるんだからいいでしょ!」と女性を怒らせてしまうこともあるのです。

ファッションは個人の自由であり楽しみでもあるので、よほどのことがない限りマイナスの点については触れない方が無難でしょう。

瞬間⑥:趣味を馬鹿にされる時

趣味を馬鹿にされた時も、ほっといてほしいと思う女性が多いでしょう。
女性の趣味は食器の収集やヨガ、ネイルなど多岐に渡り、男性からは「何が面白いの?」と思うこともあるかもしれません。

時には「そんなことにお金をかけない方がいいよ」などとさらに踏み込んだことを言ってしまう男性もいるでしょう。
しかし、その女性にとっては大切な趣味であり、お金や時間を注ぎ込む価値があるものなのです。

それを理解しないで一方的に文句をつけてしまうと、「私の勝手でしょ!」と女性はムッとしてしまいます。
特によく知りもしないのに相手の趣味をけなすのは、絶対にやめましょう。

<下に続く>

ほっといてほしいと言われたら?

ほっといてほしいと言われて傷つく女性

ほっといてほしいと言われたら、どのように対処したら良いのでしょうか。
男女で違う対処法をみていきましょう。

男性への対処法

男性からほっといてほしいと言われた時は、迷惑がられている可能性が高いです。
そのため、まずは相手を不快にさせてしまった言動について素直に謝りましょう

その上で、しばらくは邪魔などしないようにそっとしておくのが正解です。
どうしても男性に伝えたいことがある場合でも、しばらく時間を置き、男性の時間や心に余裕がある時を見計らって伝えるようにしましょう。

女性への対処法

女性からほっといてほしいと言われた時は、まずはそれが本心かどうか見極める必要があります。
女性は本当にほっといてほしい時だけではなく、深く傷ついた時やいじけた時にも「ほっといてよ!」と言うことがあるのです。

本心からほっといてと言われた場合は、素直に謝りしばらくそっとしておくのが良いでしょう。
その女性の意志を尊重する姿勢を見せることが大切です。

一方で、もし女性の「ほっといてほしい」が本心でない場合は、女性が傷ついたり寂しい気持ちになったりしていることが多いので、追いかけて女性の言い分を優しく聞いてあげるのが良いでしょう。

<下に続く>

ほっといてほしいのに…ほっといてくれない彼氏の心理

ほっといてほしいのにほっといてくれない彼氏

では、ほっといてくれない彼氏の心理をみていきましょう。

  1. 本気で心配している
  2. 嫉妬している
  3. 守ってあげたい
  4. 自分の色に染めたい
  5. こだわりが強い

続いて、それぞれの心理について詳しくみていきます。

心理①:本気で心配している

ほっといてくれない彼氏は、彼女のことを本気で心配している場合が多いでしょう。
彼女を真剣に愛しているからこそ、どうしても彼女のことで心配事があるとほっておけないのです。

ほっといてほしいと伝えてもほっておいてくれないと、ついイラッときてしまう女性もいるでしょう。
しかし、この態度は彼氏の誠実さと愛情の表れでもあるのです。

心理②:嫉妬している

ほっといてくれない彼氏の心理には、嫉妬の気持ちもあるでしょう。
「今どこ?」「今日何しているの?」などのメッセージが頻繁にくると、束縛されているような気がして「ほっといてよ!」と思う女性も多いはずです。

また、男友達と話をしているだけで文句を言われてしまい、ムッとした経験がある女性もいるでしょう。
ほっといてくれないのは、彼女を愛するがゆえどうしても嫉妬してしまうからなのです。

心理③:守ってあげたい

守ってあげたいと思っているため、彼女のことをほっといてくれない彼氏もいるでしょう。
愛する彼女を守りたいと思うからこそ、常に一緒にいたいと思ったりあれこれ詮索したりしてしまいます。

ほっといてほしいと言われても、「彼女の身に何かあったら……」と思うとどうしてもほっておけないという男性もいるのです。

心理④:自分の色に染めたい

ほっといてくれない彼氏には、「彼女を自分の色に染めたい」と考える人もいます。
彼女を自分好みの女性にしたいと考えているので、彼女が「ほっといて!」と反発しても、自分の意見が通るまで諦めません。

かと言って彼氏の意見をすべて受け入れる必要はないでしょう。
嫌なことは嫌と気長に説いていくことが大切です。

心理⑤:こだわりが強い

ほっといてくれない彼氏は、こだわりが強い傾向があります。
自分の決めたルールや手順にこだわりがあるため、彼女が自分と少しでも違う行動をとると、強い違和感や不快感を覚えるのです。

許容範囲が狭く融通が利かないため、つい彼女にもあれこれ口出しをしてしまうことが多いでしょう。

<下に続く>

自分がほっといてほしいと思うことは人にもしない

ほっといてほしいとよく思う男性

人は1人1人感じ方も違い、相手の気持ちを完全に理解することは不可能です。
しかし、もし自分がされて「ほっといてよ!」と思うようなことであれば、きっと他の人にとってもそれは同じでしょう。

まずは自分がされて嫌だったことを思い返し、同じことをしないように気をつけることが大切です。
また、心の中で「ほっといてよ!」と思っていても、相手にはそれが伝わっていない可能性もあります。

だからこそ嫌なことは嫌だと、なるべくはっきり意思表示をしていくと良いでしょう。

Thumb color
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line