Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/06/27

好き避け男子の特徴&態度を知って攻略!無視は本気の証拠?

気になる彼に避けられていると感じた経験はありませんか。
好きな彼の態度が冷たいと、嫌われていると思ってしまいそうですが、実はそれは「好き避け」のサインかもしれません。

今回は男性100人を対象に「好きな女性に冷たい態度取ることや避けてしまうことがあるか」「好きな女性にとってしまう好き避け行動」と調査いたしました!
好き避け男子について、男性の実体験やリアルな声も一緒に徹底解説していきます。

気になる彼の冷たい理由は、あなたのことが好きだからかもしれませんよ。

Large pexels photo 888956

男性に100人に質問!好きな女性をあえて避けてしまう経験

男性に避けられてる気がする……経験をしたことはありますか。
今回は男性に好きな女性をあえて避けてしまう経験はあるか、どんな態度をしてしまうかアンケートをとりました。

Q. 好きな女性に冷たい態度取ることや避けてしまうことは?

グラフ_好きな女性に冷たい態度をしてしまったり避けてしまうことがあるか男性100人へのアンケート

なんとほぼ半数の男性が「ある」と回答しました!
女性の「好き避け」は印象がある方も多くいるかと思いますが、意外にも男性にとってもあるあるの体験なようですね。

Q. 好きな人に対してどんな態度をとってしまうの?

\男性のコメント/
話しかけられても会話を膨らませない。連絡する頻度が減る。笑顔を見せずに真顔で対応してしまう、ということでしょうか。(27歳)

目を合わせなかったり、会話をすぐに終わらせる方向へ進めてしまいます。(33歳)

飲み会で本当は隣の席に座りたいのに敢えて他の人を挟んだり、遠くの席に座って安全地帯から観察してしまいます。(30歳)

飲み会で本当は隣の席に座りたいのに敢えて他の人を挟んだり、遠くの席に座って安全地帯から観察してしまいます。(27歳)

会話を続けないようにしてしまったり、楽しそうにできなかったり、基本的にはそっけない態度になる男性が多いようですね。
中には目も合わせないとの意見もありました。

この行動は、女性的には嫌われてるように感じてしまいますよね。

<下に続く>

好き避け男子の特徴・心理

好き避けする男

気になる彼が好き避け男子かもしれない。
そう思っている女性は意外に多いはずです。

ここでは、気になる好き避け男子の特徴と心理について紹介します。
意中の彼の特徴とぜひ照らし合わせてみてください。

  1. 照れている
  2. 好きな気持ちをバレたくない
  3. とっさの防御反応
  4. 異性として意識している
  5. 嫌われたくない
  6. カッコ悪い自分を見られたくない
  7. 女性慣れしていない
  8. 初めて本気で人を好きになった
  9. 恋愛に臆病になっている
  10. 自分に自信がない
  11. Sである
  12. 好きな思いが強い

①:照れている

ほとんどの好き避け男子に共通しているのは、照れていることです。
男性が好き避けをする理由には色々なケースがありますが、多くの好き避け男子が共通して、恥ずかしくて照れているのです。

好きな女性を目の前にすると恥ずかしくなってしまい、普通にすることができずに、冷たくなってしまうのです。
好きな人の前で恥ずかしくなるのは女性も同じですが、男性の方が「恥ずかしい」思いが強い傾向があります。

②:好きな気持ちをバレたくない

好きな思いを隠すために好き避けをする男性も多いです。
何か理由があって好きな思いを隠そうとする場合もありますが、特に恋愛初期では好きな思いを隠そうとしてしまうのはよくある自然な行動です。

恋心とは、とても繊細です。
人を好きになって間もない頃は、相手にその気持ちがバレてしまうと、その恋が壊れるのではないかと誰もが不安になるものです。

自分の思いを隠そうとして、それが好き避けとして表れてしまうのです。

③:とっさの防御反応

頭で何かを考える前に、とっさに体が好きな女性を避けてしまうケースです。
目が合うと、とっさに避けたり、遭遇すると、とっさに逃げる行為がこれにあたります。

好き避け男子の場合、脳が好きな相手のことを「敵」として認識するところがあるそうです。
そのため好きな女性と遭遇すると、脳が敵だと判断してしまい、とっさに防御反応をとってしまうのです。

気になる彼に敵だなんて思われたらショックですよね。
好きな人のことを敵だと認識してしまうなんて、恋心は複雑ですね。

④:異性として意識している

知り合って間もない頃は普通に接していてくれたのに、最近はなんだか態度が冷たい。
また、他の女性とは楽しそうに話しているのに、自分と話す時はなんだかぎこちない。

そして、特に何か理由があるわけではない。
この場合、その男性はあなたを異性として意識している可能性が高いです。

何とも思っていない女友達とは気軽に話せるけれど、好きな人のことは異性として意識しているので、態度がぎこちなくなってしまうのです。
小学生や中学生の男子を思い浮かべると分かりやすいですが、大人の男性でもよくあるケースです。

⑤:嫌われたくない

嫌われたくないという思いが、好き避けを生むケースもあります。
好きな女性に嫌われないために、好き避けをするのです。

多くの好き避け男子は、好きだとバレてしまったら、相手に嫌われるのではないかという不安を持っています。
そして、嫌われて深く傷つくことから、自分を防御するように好き避けをしてしまうのです。

女性からすると臆病で男らしくないように感じますが、恋愛になると、本当は男性は女性よりも臆病で繊細であることが多いものです。

⑥:カッコ悪い自分を見られたくない

男性はプライドが高い生き物です。
女性の前ではいつもカッコイイ自分でいたいのです。

好きな女性の前でデレデレすることはカッコ悪く、クールに振舞ったり、ぶっきらぼうに接することをカッコイイと思っているのです。
男性は、女性が考えている以上にカッコつけていたいものです。

カッコつけることが好き避けにつながっているケースは意外に多いです。
冷たいのがカッコつけているからだなんて、女性には理解しがたいですが、これを知っておけばそんな男性に困惑することも減るでしょう。

⑦:女性慣れしていない

女性慣れしていない男性は、女性との接し方がよくわかりません。
そのため、冷たくなったり、避けるような態度をとってしまうのです。

女性に慣れていない男性にとっては、女性と会話すること自体が得意ではありません。
それが好きな女性ともなると、そのハードルはかなり高くなります。

顔を全く見れなかったり、女性から話しかけてもほとんど返答がなかったり、女性慣れしていない男性の好き避け行動はぎこちなく、かなり不自然です。
このような男性の場合、無理に心をこじ開けようとすると逆効果になるので、少しずつ仲良くなることを心がけるのが大切です。

⑧:初めて本気で人を好きになった

意外なことに、女性慣れしている男性も好き避けをする場合があります。
女性を遊び相手としてしか捉えていなかったプレイボーイが初めて本気で好きになった時、好き避けをするケースが多いです。

遊び相手に対しては心が伴っていなかったので、いわゆる肉食で積極的にアプローチをすることができたのですが、いざ本気で女性を好きになると、どうして良いのかわからなくなるのです。
心から好きな相手にはどうやって接すれば良いのかわからずに、接し方が不自然になってしまうのです。

⑨:恋愛に臆病になっている

過去に恋愛で大きく傷ついたなど、恋愛に臆病になっていて好き避けをする場合もあります。
恋愛の辛い経験で心が傷つくのは、男女ともに言えることですが、男性の場合、女性よりも傷を長く引きずる傾向があります。

また傷つくのが怖いという思いが、好きな相手に冷たくするなどの好き避けにつながってしまうのです。
傷つかないために、好きな相手と親密な仲になることから逃げてしまっているのです。

このような男性の場合、まずは信頼してもらうことから始めるのが大切になります。

⑩:自分に自信がない

自分に自信がないことも好き避けにつながります。
「自分なんか相手にふさわしくない」という思いから、好きな女性に冷たくしたり、避けたりするのです。

自分に自信がない男性も、恋に臆病になっている男性と同様に傷つくことから逃げようとします。
最初から上手くいかないと決めつけてしまい、それなら最初から仲良くならない方が良いと思ってしまうのです。

自分に自信を持てないデリケートな男性は意外に多いです。
そんな男性と会話をする時は、自尊心を傷つけないように言葉を選ぶことが大切です。

⑪:Sである

本当は好き避けなんてしたくない男性が多い中で、わざと好き避けをするタイプの男性もいます。
それは、Sっ気がある男性です。

Sっ気がある好き避け男子は、冷たくされたり、避けられたりして落ち込んでいる女性を見て満足します。
好きだからこそ意地悪をしたくなっちゃうのです。

好きな女性が困っていたり、泣きそうな顔をしているのが愛おしくて仕方ないのです。
そんな顔がつい見たくて、好き避けを意図的にしてくるわけです。

⑫:好きな思いが強い

好きな思いが強いことで、好き避けをしてしまうこともあります。
相手のことが好き過ぎて普通に接することができず、避けるようなことをしてしまうのです。

好き過ぎる女性を目の前にすると、心臓が大きく高鳴り、体が硬直したように動けなくなります。
会話をしてもまともに目を見ることができずに、言葉の数も少なくなってしまうため、女性からするとかなり冷たく見えてしまいます。

好きになればなるほど相手に冷たくなるケースは、実は結構多いです。

<下に続く>

好き避け男子の本音!好きな女性だからこそ避けてしまう理由

では、どうして好きな女性を避けてしまうのでしょうか。
男性に理由を聞いてみました。

Q. 好きな人に冷たい態度を取る・避けてしまう理由は?

\男性のコメント/
中学生の様な思春期の気持ちだとは思います。自分の気持ちを知られてしまうのが、恥ずかしいのと距離感が変わってしまうのを恐れるからだと思います。(31歳)

好きな人の気を引きたくて、冷たい態度をとることがあります。その行動によって、自分のことに少しでも目を向けてもらえたら嬉しいという期待の気持ちを込めています。(27歳)

好きな人の前で、引かれる言動、NGな発言をしてしまわないように、ついつい避けてしまいます。(29歳)

小さい頃の好きな人をいじめたくなる心理に似ているようですね。
「好きバレ」が恥ずかしい、気を引きたい、そうすると避けてしまったり、冷たい態度をとってしまうようです。

また、好きな人にいいところを見せたく、気をつけていると冷たくなってしまうとの意見もありました。

<下に続く>

男性が好き避けする理由

好き避けしちゃう男

好きだから避けたり冷たくしちゃう、そんな好き避け男子の行動を理解できない女性も多いでしょう。
ここでは、男性が好き避けする理由についてお話しします。

一緒に男心を紐解きましょう。

  1. 相手の反応がみたいから
  2. 嫉妬しているから
  3. かまって欲しいから
  4. 恋愛が面倒だから
  5. 周囲にからかわれたくないから
  6. 今の関係を守りたいから
  7. それだけ本気で好きである

理由①:相手の反応がみたいから

相手の反応を見るために好き避けをする男性がいます。
冷たい態度をとって、その時の相手の反応をチェックして、
相手の自分への思いを確認しようとしているのです。

つまり好き避けをすることによって、脈があるのかないかを確かめているわけです。
積極的にアプローチをして脈があるのか確かめるよりも、好き避けで確認した方が相手に自分の気持ちがバレません。

もし脈がない場合でも恥をかかずに済むので、自尊心が傷つかないのです。

理由②:嫉妬しているから

もしあなたが他の男性と仲良く話していた後に、彼の態度が冷たいのなら、それは嫉妬している可能性が高いです。
男性は嫉妬しても「ヤキモチをやいているから」なんて、絶対に明かしたりはしません。

他の男性と接している時に意中の彼が逃げるような態度をとったり、その後で彼に話しかけても反応が冷たいのなら、それは嫉妬による好き避けの可能性大です。
意中の男性の前で他の男性と仲良くするのは、できるだけ控えるのがおすすめです。

理由③:かまって欲しいから

かまって欲しいことを理由に好き避けをする男性もいます。
好き避けをすることで、自分の存在を相手の女性にアピールしているのです。

誰かに意地悪されたり、冷たくされたら「どうしたんだろう?」って、相手のことが気になりますよね。
要するに好き避けをすることで、自分のことを気にして欲しいわけです。

かまって欲しいから好き避けをするなんて、まるで子供のようですが、好きな人にいつも自分を見ていて欲しいと思うのは、男性も女性も同じですね。

理由④:恋愛が面倒だから

恋愛をするのが面倒で、好き避けをする場合もあります。
相手の女性のことは好きだけれど、恋愛は面倒だから好き避けをしてしまうのです。

過去に恋愛で痛い経験があったり、誰かと深く関わることが苦手だったり、その背景は色々ですが、恋愛を面倒に感じている人が最近は増えているようです。
好き避けをして、相手の女性との一定の距離を保とうとしているのです。

最近は恋愛の面倒な部分をすっ飛ばして、ただ結婚がしたいなんていう人も多いようです。

理由⑤:周囲にからかわれたくないから

男性はからかわれたりすることが基本的に嫌いです。
周りの人達から二人の関係をひやかされるのを防ぐために、好き避けをして好きな女性との距離をとるケースは多いです。

恋をしている人達のことをひやかしたくなる気持ちもわかりますが、その行為は時に恋の邪魔をしてしまうこともあります。
好き避け男子の態度に悩む女性を減らすためにも、恋する二人をひやかすのではなく、温かく見守る習慣が広がって欲しいものです。

理由⑥:今の関係を守りたいから

好き避けをすることで、今の関係を守ろうとしているケースもあります。
何かの事情があって、今は二人の関係をこれ以上進展させることができない場合に多いパターンです。

二人の関係がバレたりしたら、恋をしていることも否定されそうな状況なので、好き避けで相手との一定の距離を保ち、今の二人の関係を守ろうとしているのです。
好きな人との関係を守るために、好き避けをするのは男性だけなので、女性には理解しがたいケースでしょう。

理由⑦:それだけ本気で好きである

好き避けをする理由として共通して言えるのは、それだけ相手のことが好きだということです。
遊びの相手に好き避けをすることはありません。

男性が好き避けをするということは、相手のことを本気で好きだという証でもあります。
好きな女性に冷たくするなんて、まるで中学生のように思えるかもしれませんが、男性は何歳になっても大切な女性の前では素直になることができないものです。

人は恋をすると、中学生のように純粋になってしまうのかもしれませんね。

<下に続く>

男性の好き避けの時の態度を分析!

ここでは、好き避け男子の特徴的な態度について紹介します。
気になる彼の態度があるかチェックしてみてください。

  1. 目が合うと逸らす
  2. 話していても目を合わせない
  3. 離れているとよく目が合う
  4. 会話が弾まない
  5. 他の人と話す時、あなたの話題をよく出す
  6. 意地悪なことを言ってくる
  7. 他の女性とは仲良く話す

態度①:目が合うと逸らす

目が合うと逸らす行為は、好き避け態度の代名詞といっても良いでしょう。
心に余裕がないなど特に理由がなくて目を逸らすこともありますが、度々目を逸らされる場合は、好き避けの可能性が高いです。

目が合えば挨拶をするのが普通ですが、それが好きな相手となると、動揺でとっさに目を逸らしてしまうのです。
女性の場合は、嫌いな人と目が合った時もとっさに目を逸らす傾向がありますが、男性の場合は、相手のことを意識している場合がほとんどでしょう。

態度②:話していても目を合わせない

話していて目を合わせてくれなかったら、嫌われていると思いそうですが、これも好き避けではよくある態度です。
嫌いでも目を合わせないことはありますが、大人の男性の場合、それはよっぽどの時です。

大人の場合、相手が嫌いな時こそ表面は取り繕うものです。
一方で相手が好きな場合は、態度を取り繕うことが全くできなくなります。

好きだからこそ、相手の目を見ることができなくなってしまいます。
目を合わせてしまったら、自分の高鳴る胸の音や恋心がバレてしまうのではないかと感じてしまうのです。

態度③:離れているとよく目が合う

好き避け男子は目が合うと逸らすし、会話していても目を合わせないのに、距離が遠い場合はよく目が合う傾向があります。
好き避け男子は、距離が離れている時は好きな女性のことをつい見てしまう傾向があるからです。

離れていることで緊張が和らぐのと、離れていればバレないという思いから、つい目で追ってしまうのです。
もし視線を感じて振り返った時に、彼と目が合ったのなら、彼があなたを見ていたということでしょう。

態度④:会話が弾まない

好きな彼とは楽しく会話したいものですが、好き避け男子は好きな女性と上手に話をすることができません。
好き避け男子にとって好きな女性と話すことは特別です。

特別だからこそ、何を話して良いのかわからなくなるのです。
好きなら会話が弾むと思いがちですが、好きだからこそ意識して弾まなくなるのです。

出会って間もない頃は会話が弾んだのに、最近弾まなくなったというケースがよくあります。
これは好き避け男子が自分の恋心に気が付いた証でしょう。

態度⑤:他の人と話す時、あなたの話題をよく出す

好き避け男子といっても、その好意は必ず行動に出ます。
ですが、意中の女性の前では自分の好意が表れることはありません。

その分、相手がいない場所でその好意が出るのです。
よくあるのは、他の人と話す時に好きな女性の話題をよく出すことです。

もし共通の知り合いから「彼があなたのことを話してたよ」なんて度々聞く場合は、彼があなたに好意を抱いている可能性が高いです。
普段冷たい態度をとる彼があなたのことが嫌いなら、別の場所であなたの話題を出すなんてあり得ません。

好きだからついその人の話をしたくなってしまうのです。

態度⑥:意地悪なことを言ってくる

好きな女子に意地悪をしてしまうのは、小学生によくあることですが、大人の好き避け男子にもよくある態度です。
好きだからつい意地悪をしたくなってしまうのです。

嫌いな人に意地悪をしたりしたら、面倒なことになります。
そんな面倒を好む男性なんていません。

ヒドいことを言ってきたり、からかってくるのはあなたに好意がある証拠です。
そしてこの場合、自分が意地悪するのは良いけれど、他の男性が同じようなことをすると怒る傾向があります。

態度⑦:他の女性とは仲良く話す

自分との会話は弾まないのに、他の女性とは仲良く話していたら正直ショックですよね。
ですが、これも好き避けではよくあることです。

あなたも好きな男性よりも、なんとも思っていない男友達の方が気軽に話せることはありませんか。
なんとも思っていなからこそ、仲良く話せるのです。

他の女性達とは仲良く話しているのに、あなたの前ではあまり話さなくなる場合、彼にとってあなたが特別だってことかもしれません。
好きじゃないから話せる、好きだから話せなくなるは、恋愛ではよくあることです。

<下に続く>

好き避けと嫌い避けの違いを男性に聞いてみた

一見好き避けの行動は嫌われいるように感じますが、本当に嫌いな場合とでは違いはあるのでしょうか。
男性に聞いてみました。

Q. 好き避けと嫌い避けの態度で異なる点を教えて

quote_box:\男性のコメント/
「"好きな女性の場合は、冷たいながらも話はしっかり聞いています。嫌いな場合は適当な相槌"」(27歳)
「"好きな女性とは親しくなりたいわけですから、冷たくしつつも相手の様子を気にして加減します。
嫌いな女性の場合、必要最低限の接点すら取りたくないわけですから、フォローも気にもしません。放置です。"」(31歳)
「好きな女性には冷たい態度の後フォローする。嫌いな女性には冷たくした後フォローしない。」(33歳)
「好きな女性だと、なんらかのアクションがあります。嫌いな女性なら無視で無反応な対応だと思います。」(27歳)
「表情としては、好きな人には、少しにやついていると思います。嫌いな人には、眉間にシワが寄っていると思います。」(29歳)

冷たいながらもしかっりと話を聞いている男性は「好き避け」の可能性があります。
冷たい態度の後フォローがあれば、「好き避け」である可能性はもっと高そうです。

すぐにその場を離れてしまったり、ほとんど無視に近い状態は「嫌い避け」の場合なのではないでしょうか。
わかり辛い違いですが、しっかりと見極めることが大事ですね。

<下に続く>

男性の好き避けに似た嫌い避け…見極めるには?

好き避けではなく、嫌いだから避ける「嫌い避け」も存在します。
この二つを見分けるのが結構難しいです。

ここでは、好き避けと嫌い避けを見分ける方法を紹介します。

  1. 目を逸らす時の態度を確認
  2. 態度が一定か不安定か
  3. 自分の行動を思い返してみる
  4. 相手に話してみる
  5. 嫌い避けのことは考えない

方法①:目を逸らす時の態度を確認

好き避けで目を逸らす時は焦ったように、とっさに逸らす傾向があります。
一方嫌い避けの場合は、落ち着いた態度でゆっくりと目を逸らします。

知り合いと目が合えば、普通は挨拶をしますよね。
好き避けの場合は、考えるよりも先に体が反応して目を逸らしてしまいますが、嫌いな場合は目が合った後に頭で考えて、挨拶をしないことを選択しているのです。

そのため嫌い避けの場合は、目を逸らす時の態度が落ち着いています。

方法②:態度が形式的か不安定か

男性は相手のことが嫌いな場合、形式的な態度をとる傾向があります。
それが冷たい態度でも、優しい態度でも、その態度には心が伴っていないので、まるでロボットのように形式的で安定しています。

一方で好き避けの場合は、態度が不安定になるのが特徴です。
昨日は優しかったのに、今日は冷たいなど、好き避け男子の態度はコロコロ変わる傾向があります。

態度が不安定になるのは、恋をしているからです。
相手に興味がなかったり嫌いな場合は、冷静でいることができますが、好きな場合は冷静でいることができなくなるからです。

方法③:自分の行動を思い返してみる

大人の男性の場合、たとえ相手が嫌いでも態度に露骨に出ることはあまりありません。
もしあなたのことが嫌いで態度が冷たいのなら、必ず何か原因があるはずです。

彼の自尊心を傷つけるようなことをしていないか、一方的にLINEやメールを送り続けるなど彼の負担になっていないか、自分の行動を一度思い返してみましょう。
男性は意外と繊細です。

無意識のうちに、男性を傷つけることを言っている女性は結構多いです。

方法④:相手に話してみる

彼の冷たい態度に悩んでいるのなら、そのことを思い切って彼に伝えてみるのも良いでしょう。
彼の態度で自分が傷ついていることを言ってみましょう。

冷静に話せば、冷たいことに何か理由がある場合はそれを教えてくれるでしょう。
好き避けである場合は「そんなことない」と冷たいことを否定するでしょうが、今後彼が態度を見直すきっかけになります。

誤解の積み重ねは、恋愛の致命傷になる場合もあります。
時には勇気を出して、自分の思いを相手に話してみることが信頼関係につながります。

方法⑤:嫌い避けのことは考えない

嫌い避けのことを一度考えると、彼の態度が全て嫌い避けのように思えてくる傾向があります。
恋心は不安定なので、マイナス思考になりがちです。

疑心暗鬼になってしまったら、上手くいく恋も上手くいきません。
いっそのこと、嫌い避けのことを考えないのもひとつの手です。

恋をしている時の不安定な心理で、好き避けか嫌い避けかを判断するのはかなり難しいです。
嫌い避けで悩むよりも、明るい笑顔で彼に接することの方が大切です。

<下に続く>

好き避けする男性と距離を縮めるには?

好き避け男子に近づく

好き避け男子と距離を縮めるために大切なことは、焦らないことです。
誰かを好きになると、多くの人は「付き合う」という目的を定めます。

そしてその目的に向かって行動を起こすのですが、時にその目的ばかりに気を取られ、相手の気持ちを考えず暴走してしまうこともあります。
そのようなことでは彼との距離が縮まるどころか、離れていってしまうでしょう。

男性の心は、女性が考えているよりも繊細です。
好き避け男子の場合は特にです。

繊細である好き避け男子との恋を成就させるためには、まず信頼関係を築くことを大切にしてください。
彼のことを理解すること、思いやることを一番に考えてください。

そうすればきっと、気が付けばあなたは彼にとってかけがえのない存在になっているでしょう。

<下に続く>

好き避け男子の「好き避け」は恋の証

今回は、好き避け男子についてお話ししてきました。
ほとんどの女性が好き避け男子に会ったことがあるのではというくらい、好き避けをする男性は多いです。

女性からすれば少し厄介ですが、好き避けは純粋な恋心の証でもあります。
恋をしなければ、好き避けも生まれないからです。

いわば、好き避けは恋の醍醐味です。
彼の好き避けは、いつか二人の大切な恋の記憶になるでしょう。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line