Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/06/04

毎日シートマスクは良くない?おすすめプチプラマスク10選&正しい使い方

これから暑くなってくる季節。
肌荒れが気になる人におすすめのシートマスクについてご紹介します。

シートマスクは人気の美容グッズですが、いまいち選び方や使い方がわからないという方も多いのではないでしょうか。
シートマスクのメリット・デメリットや使い方のほか、注意点も見てみましょう。

シートマスクを正しく使って、理想のお肌を手に入れてみませんか。

Large girl 3141766 640

シートマスクのメリット

パックする毎日シートマスクをしたい女性

シートマスクを使うことで得られるメリットを見てみましょう。
いろいろな美容アイテムの中でも、シートマスクがおすすめになる理由がわかるのではないでしょうか。

  1. 簡単に使える
  2. 持ち運びできる
  3. 保湿効果が高い
  4. ながら美容ができる
  5. タイプを選びやすい
  6. 部分用ケアもできる

メリット①:簡単に使える

シートマスクを使う一番のメリットは、手軽さ、簡単さです。
とにかく使い方が簡単で、思い立った時にすぐ使えるところがメリットになるでしょう。

毎日でも使いたいと思う人が多いのもうなずけますね。
特に、社会人や主婦など、美容に気をつけたいけれど、手間や時間をかけられないという方にシートマスクはぴったり。

簡単に使えて、効果的な美容法として忙しい毎日の中でも活用できるのではないでしょうか。

メリット②:持ち運びできる

持ち運びがしやすいこともメリットと言えるでしょう。
美容液や化粧水は、大きな容器に入っていることが多く、旅行先に持っていくときに不便を感じることも多いはず。

しかし、毎回詰め替えるのは衛生的に不安……。
そんなときにシートマスクは活躍してくれる美容アイテムです。

手軽に持ち運びができ、衛生面も心配はいりません。
旅先など、いつもと違う環境でも、すぐに肌のお手入れができるところがメリットと言えるのではないでしょうか。

メリット③:保湿効果が高い

効果の高さもメリットにあげられます。
特にシートマスクは、肌に密着させ、美容成分や保湿成分を肌に浸透させてくれる美容アイテムです。

そのため、保湿効果の高さは大きなメリットになるでしょう。
肌をダメージを決める重要な要素は紫外線、加齢、そして乾燥です。

シートマスクを使うことで、乾燥を防ぎ、しっかり保湿できることは大きなメリットにあるでしょう。
美肌を守って、楽しい毎日を過ごすためにもおすすめのアイテムと言えそうですね。

メリット④:ながら美容ができる

「ながら美容」という言葉は誰しも聞いたことがあるのではないでしょうか?
忙しい毎日の中でも何かをしながら美容ケアができる、ながら美容は注目ポイントのひとつ。

シートマスクは、マスクをつけて保湿をしたまま家事をしたり、テレビを見るなどのながら美容ができるアイテムです。
忙しく時間がないと感じている人や、時間を有効に使いたいと感じている人にぴったりのメリットです。

メリット⑤:タイプを選びやすい

シートマスクは、いろいろな肌に合わせて種類を選べるところもメリットです。
脂性肌や乾燥肌など、肌のタイプ別に選べることはもちろん、その時のお肌の悩みにこたえるスペシャルケアにも使えます。

季節や体調など、毎日の状況に合わせて自分にぴったりのシートマスクが選べます。
化粧水など、大きな容器に入った美容製品は、一つ購入するとなくなるまで同じものを使い続けることになってしまうでしょう。

途中で季節が変わっても、もったいないからと合わない化粧水を使っている人も多いのではないでしょうか。
シートマスクであれば、一回一回、毎日の状態に合わせたシートマスクが選べますよ。

メリット⑥:部分用ケアもできる

シートマスクには部分用ケアもあります。
目元など、集中ケアをしたいときにもばっちり答えてくれるところがメリットです。

また、部分用や毎日のケアに活用するデイリー使いのもの、スペシャルケアなど、用途に合わせて価格を使い分けられるところも嬉しいですね。

<下に続く>

シートマスクのデメリット

毎日シートマスクに使いたい食材

シートマスクを活用するときに気をつけたい、デメリットを見てみましょう。
デメリットを把握して、逆効果にならない使い方を心掛けましょう。

  1. バリア機能の低下につながることがある
  2. 乾燥を招いてしまうことがある
  3. 使い方を間違えると逆効果に
  4. 管理が面倒になることもある
  5. 防腐剤や添加物が刺激になる
  6. 油断につながることがある

デメリット①:バリア機能の低下につながることがある

シートマスクは万能の美容アイテムだと思っていませんか。
しかしシートマスクは効果的な半面、長所が短所になることもあるアイテムです。

シートマスクの良さは、なんといっても保湿力。
しかし、保湿が良すぎて過剰になると、かえって肌のバリア機能が低下してしまうことがあります。

お風呂に使ってふやけた指を思い出してみましょう。
保湿が過剰になると、肌のバランスが崩れ、かえってバリア機能が弱くなります。

本来であれば自身のバリア機能が働いて肌荒れのない正常な状態を保てていたのに、シートマスクでかえってバランスを崩してしまうということも……。
シートマスクが逆効果にならないようにするためには、使い方など正しい知識を持つことも必要です。

デメリット②:乾燥を招いてしまうことがある

シートマスクを着けたまま寝てしまったという経験を持っている人はいませんか。
シートマスクには使用時間が決められています。

長時間肌に当てておけば、より保湿ができるというわけではありません。
かえって長時間使うことで肌の水分がシートマスクに奪われて乾燥の原因になるケースも珍しくありません。

使い方次第で乾燥の原因を作ってしまうことがあるのもデメリットにあげられます。

デメリット③:使い方を間違えると逆効果に

乾燥以外でも、使い方次第で肌に良くない効果をもたらすところがデメリットです。
シートマスクにはいろいろな成分が含まれています。

正しい使い方ができないと、かえって入っている成分が刺激になってしまう恐れも考えられます。
また、毎日の肌の状態をしっかり見極めておくことも必要です。

脂性肌の人が、あまり強い保湿のシートマスクを使うことで、かえって肌荒れを起こす場合も少なくありません。
そのときのお肌の状況を見極め、自分お肌に合ったシートマスクを選ぶことも大切になってくるでしょう。

毎日の美容ケアに活用したいシートマスクだからこそ、使い方には注意することが大切です。

デメリット④: 管理が面倒になることもある

管理の問題も、デメリットになる場合があります。
シートマスクは美容成分がたっぷり入っています。

そのため管理が良くないと雑菌の温床になってしまうことも……。
コスパのよいものは、複数枚のシートがまとめて入っているケースも多く、しっかり管理をすることが必要になってきます。

忙しい毎日の中でも手軽な時短ケアができますが、管理にも気を配ることが重要です。

デメリット⑤:防腐剤や添加物が刺激になる

シートマスクに使われている美容成分のほかには、防腐剤や添加物に気を配ることも必要です。
アルコールに敏感な方はノンアルコールのものを探す必要があるでしょう。

雑菌が繁殖しないようにするため、あるいは品質を一定に保つためシートマスクには様々な成分が使われることは仕方のないことです。
しかし、ときにはそれらの成分が肌ストレスにつながってしまう可能性も注意しておく必要があります。

肌への刺激は個人差が大きいもの。
自分の肌に違和感を感じたらやめることも必要です。

デメリット⑥:油断につながることがある

シートマスクのもつデメリット、最後の一つは油断です。
シートマスクは人気の美容アイテムです。

効果も高く、多くの口コミも寄せられています。
毎日のケアがおざなりでも、シートマスクをしていれば完璧!

そんなふうに勘違いをしていませんか。
たとえシートマスクをしっかり使っていても、毎日の洗顔やお手入れがおざなりでは、理想の肌は作れません。

忙しい毎日の中でもシートマスクをしているからと油断することなく、自分のお肌と向き合うことも大切です。
毎日の肌の状態をよく確認し、しっかり向き合うように気をつけたいですね。

<下に続く>

シートマスクの選び方

毎日シートマスクをしてビタミン補給したい女性

シートマスクを使ってみたいけれど、どんなものを選べばいいかわからない……。
そんな人におすすめの、基本の選び方をご紹介します

毎日鏡を見るのが楽しみになる、そんなシートマスクの選び方を押さえておきましょう。

選び方①:一枚ずつ密封されていること

シートマスクにはいろいろなタイプのものが販売されています。
中には一枚ずつ個包装されているものから、大容量で複数枚のシートが入っているものもあります。

しかし、同じ容器に複数枚のシートが入っているものは、管理が難しいことを知っておきましょう。
何度も開け閉めし、外気に触れる機会が多いので雑菌が繁殖しやすくなります。

また、そういった環境で使われることを考慮して、初めから防腐剤や添加物がたくさん含まれているものも……。
素手で直接触らないようにしたり、冷蔵庫に入れておくと比較的雑菌は繁殖しにくくなりますが、管理の面倒なことは負担になります。

どうしても管理がストレスになってしまうという人は、一枚ずつ密封されている個包装タイプのシートマスクを選ぶようにしましょう。

選び方②:季節を考慮する

季節を考慮することもポイントです。
汗のかきやすい暑い時期は、あまり保湿力が高いものを使うとかえって肌のバランスを崩れさせてしまう場合があります。

また、冬から春の乾燥しやすい時期は、保湿力が高いシートマスクがおすすめです。
朝と晩など、使う時間帯にも注意したいですね。

朝はさっぱりと収れん作用があるものの方が化粧ノリが良くなります。
また、夜はしっかり肌のダメージが回復できるような美容成分が含まれているシートマスクがおすすめ。

季節や時間、自分の体調など、さまざまな要素を考慮したシートマスク選びが大切です。

選び方③:肌に優しい成分が使われている

含まれている成分にも関心を持ちましょう。
特にアレルギー体質の人や、敏感肌の人は肌に優しい成分が使われているかチェックすることもポイントです。

保湿力や美白など、求める美容効果を大切にすることも必要ですが、同じくらい他の成分にも関心を持って選びましょう。
敏感肌が気になる方は、使う前にパッチテストをしておくと肌荒れを防げる場合が多くなります。

また、肌に優しい成分が含まれているからと言っても、古いシートマスクを使うのもよくありません。
肌のお手入れは毎日のことで、ついさぼり癖も出てしまいます。

しかし、あとからトラブルが出ないように、しっかり確認することも重要です。

選び方④:肌に合ったものを選ぶ

自分の肌に合ったシートマスクを選びましょう。
脂性肌や乾燥肌、敏感肌など、基本的な肌質を良く考慮することも大切です。

さらに、生理前は肌荒れが起きやすいことや、風邪のときは乾燥しがちなど、自分の体調も考えるとよいでしょう。
どんな美容アイテムを選ぶときにも必要なことですが、自分の肌に合ったものを選ぶことは、美容ケアの基本と心得ましょう。

選び方⑤:毎日のケアとスペシャルケアを使い分ける

お肌のお手入れには毎日行いたいデイリーケアと、スペシャルケアに分けられます。
シートマスクは、実は毎日使うのは逆効果になる美容アイテムです。

使用頻度を守ることは、無駄な肌荒れを起こさないために重要なポイント。
しかし、お肌のお手入れには日常的なお手入れのほかに、ここぞというときのスペシャルケアも必要です。

シートマスクを選ぶときは、こういったデイリー使いのものと、特別な日のためのものを分けておくことも大切です。
毎日のケアの質を上げるために、定期的に使うシートは、肌に優しく基本的な保湿シートなどで十分かもしれません。

しかし、ときには美白やアンチエイジングケアなど、スペシャルな効果に期待して使うシートマスクも取り入れると、より肌の状態が良くなるのではないでしょうか。
毎日ごちそうを食べていると、かえって体を壊します。

同じように、シートマスクも普段使いのものと、特別なケアのものを使い分けるようにしてみましょう。

選び方⑥:使用感を大切にする

シートマスクには、数多くの口コミがあります。
口コミを参考にすることは、どんなシートマスクを選ぶかにあたってとても参考になるポイントです。

しかし、肌の状態は千差万別で、刺激の出方も人によって変わります。
初めにシートマスクを選ぶときは口コミを参考にすることも大切ですが、使ってみて違和感を覚えるときは、すぐにやめる勇気を持ちましょう。

口コミは参考程度にして、自分が感じた使用感を大切にすることもポイントです。

<下に続く>

毎日使いたい!おすすめのプチプラシートマスク

セルフケアする毎日シートマスクをしたい女性

毎日でも使いたくなる、プチプラシートマスクをご紹介します。

おすすめ①:Malon.by TBC エステティックマスク

Malon.by TBC エステティックマスク 30枚入
1600円

エステティックTBCが販売しているシートマスクです。
毎日でも使いたい、自宅でエステ気分が味わえるシートとして人気です。

おすすめ②:クリアターン ベイビッシュ 高保湿ツヤマスク

KOSE クリアターン ベイビッシュ
229円

赤ちゃんのような肌が実現するおすすめのシートマスクです。
毎日使っても安心できるような保湿成分がたくさん含まれています。

おすすめ③:Pure Smile(ピュアスマイル) エッセンスマスク

Pure Smile エッセンスマスク8枚セット
530円

バリエーションが豊富で、毎日いろんな種類を試したくなるおすすめのシートマスクです。
韓国コスメの中でも人気が高いPure Smileは個包装で、忙しい毎日でも管理が面倒にならないところもポイントです。

おすすめ④: KOSE クリアターン エッセンスマスク (ビタミンC)

KOSE クリアターン エッセンスマスク (ビタミンC) 30回分
693円

つけている間はもちろん、シートマスクをはがした後も毎日のお肌の状態をよりよくキープしてくれるマスクです。
高純度持続型ビタミンCを配合し、美白にもおすすめのアイテム。

紫外線が気になる毎日、お肌のダメージケアにぴったりです。

おすすめ⑤:我的美麗日記

我的美麗日記(私のきれい日記)
598円

より肌にフィットしやすい作りになっているシートマスクです。
忙しい毎日でもながら美容におすすめ。

ツバメの巣エキスを使った高級感のある一枚です。

おすすめ⑥:リッツリバイバル ステムパワーショットマスク

リッツ リバイバル
952円

目元口元の集中ケアも合わせてできるシートマスクです。
毎日のお手入れでは補いきれないところをしっかり集中ケアしてくれます。

おすすめ⑦:プリュ EGFディープモイストマスク

プリュ EGF ディープモイストマスク 20枚入
1335円

国産ピュアコットンを使用し、厚手のシートは使い心地もばつぐんです。
毎日のお手入れをさらに効果的にしてくれる保湿成分がたっぷり含まれた一枚です。

おすすめ⑧:オルフェスシートマスク ダイヤモンドモイスチャー

オルフェスシートマスク ダイヤモンドモイスチャー
866円

しっかり肌に密着してくれるシートは、毎日のながら美容にも使いやすいデザインです。
アミノ酸やセラミドなどを含んだ美容液で、忙しい毎日の疲れもしっかりカバーしてくれるでしょう。

保湿力が高く、毎日でも使いたくなるシートマスクです。

おすすめ⑨:ミノンアミノモイスト うるうる美白ミルクパック

ミノンアミノモイスト うるうる美白ミルクパック
1453円

敏感肌の方でも安心して使えるのがうれしいポイントです。
肌を刺激することなく、しっかり保湿してくれる上に、プチプラ価格の優秀アイテム。

毎日のお手入れに加えて、より保湿をしっかりしたい方にぜひ試してほしいシートマスクです。
肌が敏感なときでも保湿ができるように、常備しておくのもよいですね。

おすすめ⑩:オールインワンシートマスク モイストEX BOX

オールインワンシートマスク モイストEX(50枚)
1596円

35種類の美容成分を含み、防腐剤を使わず、肌に優しい無添加を実現したシートマスクです。
さらにうれしいことに、この一枚で化粧水、乳液、美容液の3役をこなす万能シートマスクと言えます。

毎日のお手入れが大変だと思っている人に、手軽に使えてお肌に優しいシートマスクになるでしょう
気になる目元ケアもしっかりカバーしてくれるところもポイントです。

いろんな美容ケアを使うのが面倒だと感じる人にぴったりです。
毎日のケアを贅沢なものにしてくれるでしょう。

おすすめ⑪:サボリーノ 目ざまシート

【サボリーノ】朝用マスク 目ざまシート
2999円

毎日忙しい朝を送っている人にお助けシートマスクです。
これ一枚で、朝のむくみもすっきり。

パックをしながら歯磨きなどができ、朝の時間を有効利用できるでしょう。
目が覚める清涼感のある使い心地もポイントです。

毎日朝起きるのが楽しみになるかもしれません。

おすすめ⑫:毛穴撫子 お米のマスク

毛穴撫子 お米のマスク 10枚入
580円

国産のお米を利用して作られたシートマスクです。
毛穴が気になる人のおすすめの一枚になるでしょう。

保湿力も高く、毛穴が目立たないつるんとしたお肌が実現します。 
乾燥のせいで目立ってしまった毛穴をしっかりケア。キメ細かい、美しい素肌へと改善してくれます。

キメが整うと化粧ノリもよくなるため、女性にとってうれしいアイテムですよね。

おすすめ⑬:我的美麗日記(私のきれい日記) 黒真珠マスク

我的美麗日記 黒真珠マスク(4枚)
649円

黒真珠のエキスを配合したシートマスクは口コミでの評価も高く、保湿力の高さに定評があります。
毎日のケアに加えて、お肌の状態を一段グレードアップさせてくれるシートマスクと言えます。

どんな肌質の方にも相性が良く、シートマスク初心者でも使いやすいシートマスクでしょう。

おすすめ⑭:透明白肌 ホワイトマスクN

透明白肌 ホワイトマスクN
500円

日焼け後のケアにおすすめの一枚です。
毎日のお手入れだけでは物足りない方に、ぜひ試してもらいたい集中ケアにぴったりのシートマスクでしょう。

これからの季節、美白したい人は、毎日のケアに加えてみるのもよいのではないでしょうか。

おすすめ⑮:NEW フェイスマスク ルルルンプレシャスRED 32枚入り(乾燥小ジワ徹底濃密タイプ)

NEW フェイスマスク ルルルンプレシャスRED
1728円

よく知られているルルルンシートマスクの中でも、アンチエイジングに重きを置いたシートマスクです。
毎日のお手入れをしっかりしていても気になってくる年齢の問題……。

このシートマスクで、しっかりエイジングケアをしてみてはいかがでしょうか。
うるおいのほか、ハリ感をアップさせてくれるでしょう。

<下に続く>

自分へのご褒美に!おすすめのデパコスシートマスク

鏡を見る毎日シートマスクをしたい女性

自分へのご褒美に使いたい、デパコスシートマスクを見てみましょう。

おすすめ①:SK-Ⅱ フェイシャルトリートメントマスク

SK-Ⅱ 10Pセット(箱入り) 
11000円

自身のもつ肌のt殻を整え、潤いをプラスしてくれるシートマスクです。
高級感あるSK-Ⅱのシートマスクで、心もラグジュアリーな気分に。

毎日のケアに加えて、乾燥対策をしたいスペシャルケアにもおすすめです。

おすすめ②:HAKU(ハク) メラノシールド マスク(医薬部外品)

HAKU メラノシールド マスク
1344円

顔にぴったり密着してくれる上下別れたシートが特徴です。
しっかり密着するので、美容成分がしっかり浸透します。

シミやそばかす対策にもおすすめで、みずみずしい肌に近づけてくれるでしょう。
毎日のケアだけでは物足りない方にぴったりです。

おすすめ③:ファンケル ホワイトニング マスク(医薬部外品)

新ファンケル(FANCL) ホワイトニング マスク
3240円

肌に優しいファンケルのシートマスクは防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤不使用で、敏感肌の方でも安心して使えます
毎日のストレスが肌に出てしまわないか心配している人に、おすすめのスペシャルケアができるでしょう。

ビタミンC誘導体が含まれ、美白にも使える一枚です。

<下に続く>

シートマスクの基本的な使い方

こだわりのケアをする毎日シートマスクをしたい女性

続いてシートマスクの正しい使い方を見てみましょう。

使い方①:メイクを落とし洗顔する

基本的な使い方は、きちんと洗顔した後に使うことです。
毎日の洗顔をしっかりして汚れを落としてからシートマスクを使いましょう。

汚れが残ったまま使うと、かえって肌に汚れがたまり所帯が悪くなってしまいます。
また、朝起きてから洗顔をせずにシートマスクをするという人もいますが、これも間違った使い方と言わざるを得ません。

毎日洗顔した後に寝ても、寝ている間に汚れた皮脂がたまります。
朝使いたい人も、きちんと洗顔をしてから使うようにしましょう。

使い方②:シートがはがれないようにつける

シートがはがれてこないように、しっかり肌に密着させて使いましょう
密着しやすいシートマスクを使うこともポイントです。

特にながら美容をしたい方は、他の作業の間にはがれてしまうことも……。
毎日のお手入れに時間を割くのは大変と思っている人は、一つ一つのお手入れを無駄にしたくないですよね。

シートマスクをしっかり密着させて使いましょう。

使い方③:残った美容液は首元へ

シートマスクを肌に密着させたら……、手に残った美容液を洗い流すのはもったいない!
手のひらに残った美容液はそのままデコルテのケアに使うのがおすすめです。

毎日のケアにプラスオン!
シートマスクでフェイスケアだけでなくデコルテケアもしてしまいましょう。

使い方④:目元口元を保湿しておく

シートマスクをするときは、目元や口もをが大きくあいているケースが多いです。
シートマスクを使っている間に、これらの部分が乾燥してしまっては台無しです。

毎日のケアで使っている保湿クリームなどを利用して、目元や口元などの乾燥しやすい場所をケアしておきましょう

使い方⑤:時間はしっかり守る

シートマスクには、必ず使用時間の目安がかかれています。
この使用時間をきちんと守って使いましょう

寝てしまいそうと感じる人はタイマーを活用するのがおすすめです。
時間が来たらきちんとマスクをはがし、しっかり肌のケアをします。

使い方⑥:終わってからの保湿を忘れない

シートマスクをはがした後も、保湿成分が逃げないようにクリームなどで保護するとより効果的です。
毎日のケアで利用している保湿クリームを使って、マスク後のお肌をケアします。

<下に続く>

シートマスクの効果をより実感できるタイミング

肌自慢の毎日シートマスクをしたい女性

シートマスクを使うと、より効果を感じられるタイミングを見ておきましょう。

タイミング①:日焼けをした後

お肌の大敵に紫外線があります。
シートマスクは美肌ケアや紫外線ダメージのケアにもおすすめです。

日焼けした後のダメージを最小限に抑え染みの原因を防ぎます。
日焼け後のタイミングは、シートマスクをするおすすめのタイミング。

毎日のケアに加えてスペシャルケアで取り入れてみませんか。

タイミング②:寝不足で肌が疲れている

毎日忙しく、寝不足が続いている……。
そんなときもおすすめです。

寝不足は肌のバランスを崩し、乾燥の原因にもなります。
毎日のケアのほか、シートマスクで保湿をして肌荒れを未然に防ぎましょう。

タイミング③:旅行先で肌荒れが気になるとき

旅先で肌荒れに悩まされた経験はありませんか。
毎日の日常を離れ、ストレス発散はできるけれど、バランスを崩して肌荒れにつながってしまうことも珍しくありません。

そんなときは、持ち運びのしやすいシートマスクで、早めの対策をしておきましょう。
ながら美容もできるので、ちょっとした隙間を利用して旅の疲れが残らないようにケアしましょう。

タイミング④:乾燥が気になるとき

冬になって乾燥しがちな季節になると、肌もかさついてきますよね。
そんなときはシートマスクの出番です。

毎日のケアとは別に、しっかり保湿ができるシートマスクで乾燥を防いでみませんか。

<下に続く>

シートマスクの効果を高める使い方

寝ながらパックする毎日シートマスクをしたい人

毎日でも使ってみたくなる、シートマスクの効果を高める使い方を見ておきましょう。

使い方①:お風呂上がりで肌が温かいとき

肌が温かい状態でシートマスクを使うと、より美容成分が浸透しやすくなります。
おすすめのタイミングはお風呂上がりです。

毎日のバスタイムは体が温まって、絶好の美容タイムです。
シートマスクも、このタイミングで使ってみましょう。

よりお肌がもちもちプルるんと保湿されるのを感じるでしょう。

使い方②:角質ケアをしておく

シートマスクを使う前に、浸透する邪魔になってしまいます。

酵素洗顔、ピーリング、ゴマージュ、クレイパックやふき取り化粧水など、自分の肌に合ったやり方で角質ケアを済ませておきましょう。
また、これらの角質ケアも毎日やると逆効果。

同じく、毎日するのはよくないシートマスクと合わせてやることで、それぞれのやりすぎを防ぐこともできるはず。
シートマスクには角質ケアをセットで考えてみませんか。

使い方③:ブースター(導入美容液)を併用する

より効果的な使い方にはブースターを併用するのもおすすめです。
ブースターとは、毎日のケアで使っている美容アイテムの効果をより高めてくれる美容液のことです。

ブースター美容液は、肌のph値に作用し、その後の美容成分がより奥深く経浸透するのを助けてくれます。
肌が柔らかくなり、シートマスクの美容成分がより奥まで浸透するように働いてくれます。

使い方④:ラップを使う

シートマスクを使っている間にも、乾燥しないようにラップを使うのもおすすめです。
目や鼻、口元などに穴をあけ、シートマスクの上からラップをします。

蒸発を防ぎ、よりシートマスクの効果を高められるはず。
また、最近は100均のシリコンパックも人気です。

使い方⑤:蒸しタオルを活用する

お風呂上りが難しいときは蒸しタオルを活用するのもおすすめです。
あたたかい蒸しタオルで顔全体を温めてからシートマスクをあてましょう。

しっかり毛穴が開き、美容成分が置くまで浸透するのを助けてくれます。
毎日のケアには面倒でも、シートマスクを使ったスペシャルケアのときに使ってみるのはいかがですか。

使い方⑥:スチーマーを使う

同じように、お風呂上りが難しいときはスチーマーもおすすめです。
上記の力で毛穴を開き、美容成分が浸透しやすくなります。

寝起きの状態は毛穴が綴じているので、朝シートマスクを使いたい人にはスチーマーが便利です。

使い方⑦:時には休ませる

シートマスクを毎日したいと思っている人多いでしょう。
しかし、シートマスクは毎日使うとかえって過剰な保湿になり、バランスが崩れてしまいやすくなります。

使用頻度を守り、ときには肌を休ませることも大切です。

<下に続く>

シートマスクをするときの注意点

毎日シートマスクをしたい女性2

シートマスクを使うときの注意点を見ておきましょう。

  1. 使用時間を守る
  2. 使用頻度を守る
  3. 入浴中は使わない
  4. 肌荒れ中は使わない
  5. 敏感すぎるときは使わない
  6. シェービング後は使わない
  7. 再利用しない
  8. 合わないと思ったら中止する

注意点①:使用時間を守る

一つ目の注意点は使用時間を守ることです。
記載された使用時間以上は使わないようにしましょう。

注意点②:使用頻度を守る

続いて使用頻度にも注意が必要です。
もし理想的な使用頻度が書かれていない場合は、週に1~2回程度を目安に行いましょう

毎日するのはやりすぎです。

注意点③:入浴中は使わない

お風呂上りに使うことはおすすめですが、入浴中はやめましょう
保湿が過剰になりすぎて肌がふやけ、バリア機能を低下させてしまします。

注意点④:肌荒れ中は使わない

肌荒れを起こしているときは使用をやめましょう。
シートマスクは肌荒れ対策のものであっても薬ではありません。

肌が荒れているときは肌のバリア機能が低下しているとき。
かえって肌荒れをひどくする場合があるので気をつけましょう。

注意点⑤:敏感すぎるときは使わない

敏感すぎるときも使用をやめましょう。
毎日のケアが十分でも、肌の状態は日々変わります。

非焼け跡も注意が必要です。
あまりにもひどい日焼けはやけどの状態に近くなります。

かえってシートマスクの成分が強い刺激になることも……。
毎日の状態をよく確認し、敏感すぎると感じるときは使用を控えましょう。

注意点⑥:シェービング後は使わない

シェ―ビング後も使用はやめましょう。
産毛処理など、シェービング後はお肌が敏感になっています。

毎日行っているシンプルなケアで様子を見るとよいでしょう。

注意点⑦:再利用しない

再利用はやめましょう。
使用時間を守りシートマスクをはがすとまだまだ美容成分がついている……。

もったいないからと再利用を考えるのはやめましょう。
衛生面で問題があり、トラブルの原因になる可能性があります。

注意点⑧:合わないと思ったら中止する

使っていて合わないと感じたら、使用を中止しましょう。
毎日の肌の状態をよく確認し、少しでも違和感を感じたらシートマスクをはがして洗顔します。

<下に続く>

やり過ぎ注意!シートマスクを毎日するのが良くないと言われている理由

美肌にこだわる毎日シートマスクをしたい女性

これまで見てきたように、シートマスクはお肌のケアにおすすめのアイテムです。
毎日のケアをよりよくしてくれる手軽な美容アイテムと言えます。

しかし、どれほど効果が感じられても毎日使うのはよくありません。
どんなごちそうも毎日食べるのはやりすぎになります。

同じように、シートマスクの保湿は、保湿効果が高い分、毎日使うことで逆効果になってしまう点を抑えておきましょう
過剰な保湿はかえって肌のバリア機能を弱め、肌荒れを起こしたり、敏感肌になる原因を作ります。

毎日のケアと、シートマスクによる保湿ケアはしっかり使い分けることが大切です。
また、正しいシートマスクを選び使うためにも、毎日の肌の状態を良くチェックすることもポイントです。
毎日自信の肌と向き合うように心がけてみませんか。

<下に続く>

シートマスクは毎日のケアにプラスして

眠る毎日シートマスクをしたい女性

いろいろなメリットがある美容アイテム、シートマスクは忙しい毎日を送っている人にこそおすすめです。
時間が足りず、自分のケアに時間が割けないという人は、シートマスクの手軽さが何より支えになってくれるでしょう。

いろいろな肌に合わせて選べるので、自分にぴったりのケアを自宅で楽しめるところもポイントです。
せっかくのシートマスクは、ぜいたくに毎日使いたい、そう思ってしまう人も多いはず。

しかし、ぜいたくのやりすぎはかえって肌荒れの原因になります
毎日、自分のお肌の状態と向き合い、的確なタイミングと正しい使用法でシートマスクを使いましょう。

美容も、お手入れもめんどくさいと思っている人にこそ、シートマスクは心強い味方になってくれるでしょう。

Thumb noel logo
written by

Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。

関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line