Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/03/13

スペイン語の単語30選&日常会話で使える基本フレーズ6選【かわいい・かっこいい単語】

日本にいれば話す機会も聞く機会も少ないスペイン語。
そんなスペイン語は実は、英語と並ぶくらい多くの人々の公用語として話されている言語なのです。

スペインやメキシコなど、情熱的な国で話されているイメージのスペイン語。
日本ではまだ認知度も低いですが、世界的に見ればスペイン語を学ぶ事は先見の明があると言えるのではないでしょうか。

素敵なスペイン語の単語やフレーズを厳選して紹介します。

Large %e3%82%b9%e3%83%9a%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%ae%e5%9b%bd%e6%97%97%e3%81%ab%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%b9
目次

スペイン語の単語一覧と意味【かっこいい】

かっこいいスペイン語の単語

スペイン語の単語を学んでいく上で、「かっこいい」単語は沢山あります。
その中でも特に覚えておきたい単語を5つ紹介します。

この単語をきっかけに、どんどんスペイン語に魅了されるかもしれませんよ。

スペイン語①:Destino

「運命」「宿命」という意味の単語で、発音は「デスティーノ」です。
その他にも「目的地」「行き先」「ゴール」という意味もあります。

意味も響きもとてもかっこいい単語です。

スペイン語②:Lluvia

「雨」という意味の単語で、発音は「ジュビア」です。
日本語で雨男と言うと何だか負のイメージがありますが、スペイン語だと「Un hombre de lluvia」と、ちょっとかっこいい言葉になります。

スペイン語③:Felicidad

「幸福」という意味の単語で、発音は「フェリシダ」です。
この単語の複数形は「Felicidades」となり、この一言で「おめでとう」という意味にもなります。

スペイン語④:Esperanza

「希望」「願望」という意味の単語で、発音は「エスペランサ」です。
誰かを励ます時などは、「Ten esperanza!(テン エスペランサ)」=「希望を持って!」や「No pierdas la esperanza.(ノ ピエルダス ラ エスペランサ)」=「希望を失わないで」と声をかけてみるのも良いかもしれないですね。

スペイン語⑤: Valentia

「勇気」という意味の単語で、発音は「バレンティア」です。
かっこいい単語なので、スポーツチームの名前になっていたり、お店の名前としてつけられたりする人気の単語です。

ペットに名前をつける時に、バレンティアと名付けてみるのもいいですね。

<下に続く>

スペイン語の単語一覧と意味【かわいい】

かわいいスペイン語の単語

単語を覚えていく上で「かっこいい」「かわいい」と感じるのは、とても良いきっかけです。
続いては、かわいいスペイン語の単語を5つ紹介します。

何か自分の身の回りでかわいい響きの単語が必要になった時、是非使ってみて下さい。

スペイン語①:Primavera

「春」という意味の単語で、発音は「プリマベーラ」です。
四季の中でも春というと、何だか優しい可愛らしいイメージがありませんか?

スペイン語でもとても可愛らしい響きの春です。
ちなみにその他の季節をスペイン語の単語で言うと、夏は「Verano(ベラーノ)」、秋は「otoño(オトーニョ)」、冬は「invierno(インビエルノ)」となります。

スペイン語②:Chula

「可愛い女の子」という意味の単語で、発音は「チュコラ」です。
すでに単語の意味としても「可愛い」と入っている通り、この単語の響きもとても可愛らしいですね。

スペイン語③:Nieve

「雪」という意味の単語で、
発音は「ニィーベ」です。
ちなみに雪だるまの事は「Hombre de nieve」と言います。

季節に関する単語や、自然に関する単語にはかわいい響きの物が多いので、チェックしてみて下さいね。

スペイン語④:Iluminar

「照らす」という意味の単語で、発音は「イルミナル」です。
「iluminar la oscuridad」は「光で闇を照らす」というフレーズになります。

ポジティブなイメージの単語は、それだけですでに魅力的です。

スペイン語⑤: Rosa

「バラ」「ピンク」という意味の単語で、発音は「ロッサ」です。
薔薇だけではなく「Lily(リリオ)」=「百合」など、お花の名前もかわいい単語が沢山あります。

気になる方は、スペイン語の単語で他の花の名前も調べてみましょう。

<下に続く>

スペイン語の単語一覧と意味【おしゃれ系】

おしゃれなスペイン語の単語

続いて、おしゃれなスペイン語の単語を5つ紹介します。
響きがなんともおしゃれなので、発音も合せてチェックしてみて下さいね。

スペイン語①noche

「夜」という意味の単語で、発音は「ノーチェ」です。
クリスマスイブの事をスペイン語では「Noche Buena(ノーチェ ブエナ)」と言います。

響きがなんともおしゃれに聞こえる単語です。

スペイン語②:Iglesia

「教会」という意味の単語で、発音は「イグレシア」です。
スペインには沢山素敵な教会があります。

観光でスペインを訪れたら、是非素敵な教会に足を運んでみたくなります。

スペイン語③:Cielo

「空」「天国」という意味の単語で、発音は「シエロ」です。
「mi cielo(ミ シエロ)」=「私の空」とい単語は、カップル間や親子間など愛情を持っている人に使ったりもします。

日本ではなかなかない表現ですが、さすが情熱的なスペイン語!
おしゃれです。

スペイン語④:Castillo

「城」という意味の単語で、発音は「カスティージョ」です。
教会と同じく、スペインには沢山のお城があります。

観光でタクシーに乗った時に、ちょっと言ってみたくなるおしゃれな響きの単語です。

スペイン語⑤: Gloria

「栄光」「誇り」という意味の単語で、発音は「グロリア」です。
これ以上良いものがない=すごい!という時に「Gloria bendita.」という表現になります。

<下に続く>

スペイン語の単語一覧と意味【旅行で使える】

旅行で使えるスペイン語の単語

実際にスペイン語圏の国へ旅行に行った時に、必要になるスペイン語の単語と意味を紹介します。
ぜひ、旅行に行ったら使ってみて下さい。

スペイン語①:Hola!

「やぁ」という意味の挨拶で、発音は「オラ」です。
スペイン語では「H」は読まない事が多いので、発音には注意しましょう。

旅行中に色んなお店に入る機会がありますよね。
そんな時にも一言「Hola!」と言えるとお店の人とコミュニケーションがとりやすくなります。

スペイン語②:Dónde está 〇〇?

「〇〇はどこですか?」と場所を尋ねる時に使えるフレーズで、発音は「ドンデ エスタ 〇〇?」です。
例えばトイレの場所を人に尋ねる時は、〇〇にトイレという意味の単語bañoを入れれば・・・

Dónde está baño?(ドンデ エスタル バニョ?)
つまり「トイレはどこですか?」となるのです。

スペイン語③:Qué es esto?

「これは何ですか?」という意味のフレーズで、発音は「ケ エス エスト?」です。
ちなみに「それは何ですか?」=「Qué es eso?(ケ エス エソ)」、「あれは何ですか?」=「Qué es aquello?(ケ エス アケージョ)」となります。

スペイン語④:Otra vez por favor.

「もう一度言って下さい」という意味のフレーズで、発音は「オトラ ベス パルファボール」です。
予定とは違う事があった場合などには「Pro favor,confirme una vez más.(ポルファボール コンフィルメ ウナ ベス マス)」=「もう一度確認して下さい」と言ってみましょう。

「もう一度」という意味のフレーズ「otra vez(オートラ ベス)」もしくは「una vez mas(ウナ ベス マス)」は応用でも使えるので覚えておきたいですね。

スペイン語⑤: Soy de japón.

「日本から来ました。」という意味のフレーズで、発音は「ソイ デ ハボン」です。
旅行中に「De dónde eres?(デ ドンデ エレス)」=「どこから来たの?」と聞かけれた時に答えられるとかっこいいです!

<下に続く>

スペイン語の単語一覧と意味【数字】

数字を表すスペイン語の単語

数字は言語の基本中の基本です。
まずは1から10まで数えられるようにしましょう。

スペイン語①:uno

数字の「1」という意味の単語で、発音は「ウノ」です。
日本でも「ウノ」というカードゲームは有名ですよね。

スペイン語②:dos

数字の「2」という意味の単語で、発音は「ドス」です。

スペイン語③:tres

数字の「3」という意味の単語で、発音は「トレス」

スペイン語④:cuatro

数字の「4」という意味の単語で、発音は「クアトロ」です。
4種類のチーズをトッピングしたクアトロフォルマッジは有名ですが、このピザの名前は4種類の「4」からきていたんです。

スペイン語⑤: cinco

数字の「5」という意味の単語で、発音は「スィンコ」です。

スペイン語⑥: seis

数字の「6」という意味の単語で、発音は「セイス」です。

スペイン語⑦: siete

数字の「7」という意味の単語で、発音は「スィエテ」です。

スペイン語⑧: ocho

数字の「8」という意味の単語で、発音は「オーチョ」です。

スペイン語⑨: nueve

数字の「9」という意味の単語で、発音は「ヌエベ」です。

スペイン語⑩: diez

数字の「10」という意味の単語で、発音は「ディエス」です。

その他3つの数字も紹介します。

スペイン語⑪: cero

これは「0」という意味の単語で、発音は「セロ」です。

スペイン語⑫:ciento

「100」という意味の単語で、発音は「スィエント」です。

スペイン語⑬: mil

「1000」という意味の単語で、発音は「ミル」です。

スペイン語圏へ旅行へ行く場合も生活をする場合も、買い物をする機会は必ずあります。
数字が分からなければ、お金を数える事も出来ません。

また、時間などを伝えたり確認する上でも数字というのは欠かせません。
まずはここからです。

1~10をベースに、どんどんと数字も覚えていきましょう。

<下に続く>

スペイン旅行で役立つ!スペイン語の基本フレーズ【挨拶】

挨拶として使えるスペイン語の単語

一つのシチュエーションで色んなニュアンスの同じような意味の言葉がいくつもあります。
それらを一度に全部覚えるなんて事はなかなか出来ませんが、ここでは基本的な挨拶を紹介していきます。

どこの国でも挨拶はとても大切です。
初対面の人とも顔なじみの人とも、正しいスペイン語で挨拶を交わせたら素敵ですね。

スペイン語①:Buenos dias.

直訳すると「良い日」ですが、「おはよう」という意味のフレーズで、発音は「ブエノス ディアス」です。
日本だと「おはよう」というフレーズは朝にしか使いませんが、スペインは多くの人がお昼ご飯を食べる午後2時頃まで使います。

スペイン語②:Buenas tardes.

直訳すると「良い午後」ですが、「こんにちは」という意味のフレーズで、発音は「ブエナス タルデス」です。
「こんにちは」の後ろに「¿Cómo está?(コモ エスタ)」=「調子はどう?」なんて付けられたらかなり上級者です!

スペイン語③:Buenas noches.

直訳すると「良い夜」ですが、「こんばんは」という意味のフレーズで、発音は「ブエナス ノーチェス」
また「おやすみなさい」と言う意味もある為、別れ際などに「Buenas noches.」を使う事も多いです。

スペイン語④:Gracias.

「ありがとう」という意味の単語で、発音は「グラシアス」です。
感謝の気持ちを言葉にして相手に伝える事は、万国共通でとても大切な事です。

色んな会話が出来なくても、このフレーズは覚えておきましょう。

スペイン語⑤: Muchas gracias.

「本当にありがとう」という意味のフレーズで、発音は「ムーチャス グラシアス」です。
他の言葉はともかく、相手の
国の言葉で感謝を伝えるのは、相手との距離が縮まる一つの手段かもしれません。

スペイン語⑥: De nada.

直訳すると「大したことではありません」ですが、「どういたしまして」という意味のフレーズで、発音は「デ ナーダ」です。
スペイン語が話されている国によっては、「Por nada.(ポル ナーダ)」を一般的に使う所もあります。

スペイン語⑦: Lo siento.

「ごめんなさい」という意味のフレーズで、発音は「ロ シエント」です。
英語で言えば「I'm sorry.」と同じくらいのカジュアルな言い方です。

もっと丁寧な言い方としては「Disculpe(ディスクルペ)」=「失礼します」という言い方もあるので合せて覚えておきましょう。

スペイン語⑧: Adiós

「さようなら」という意味の単語で、発音は「アディオス」
もっとフランクな言い方でよく使われるのは「Chao(チャオ)」です。

チャオは元々はイタリア語ですが、スペインでも気軽に使う事が多い言葉です。
ただ、目上の方には使わない方が良い言葉なので気を付けましょう。

スペイン語⑨: Hasta mañana.

「また明日」という意味のフレーズで、発音は「アスタ マニャーナ」です。
これは次の日にも会う人限定で使える「またね」です。

スペイン語⑩: Hasta luego.

「またね」という意味のフレーズで、発音は「アスタ ルエゴ」です。
こちらの「またね」は、次に会うのがいつかは決まっていない人に使うフレーズです。

<下に続く>

スペイン旅行で役立つ!スペイン語の基本フレーズ【日常会話】

日常生活で使えるスペイン語の単語

旅行に行った時だけではなく、日常生活を送る中でよく使うスペイン語のフレーズを紹介します。
その国の方々が、普段使うようなフレーズを選んだので、是非参考にしてみて下さい。

スペイン語①:¡Qué rico!

「美味しい」という意味のフレーズで、発音は「ケ リコ」です。
美味しい物を食べた時に、その気持ちを素直に伝えるにはこのフレーズがおすすめです。

スペイン語②: Ayúdame

「手伝ってください」という意味のフレーズで、発音は「アユダメ」です。
丁寧に言いたい時には「Por favor(ポルファボール)」を付けて、「Por favor ayúdame.」と言えば良いでしょう。

スペイン語③:Venga!

「がんばれ!」というフレーズで、発音は「ベンガ」です。
スポーツ観戦などの時など、かなり気合の入った応援で使います。

ただ、日本のようにあまり頻繁には「頑張れ」という言葉を使う機会がないようです。
それぞれの色んな場面に合わせて、使う言葉を見極める事も必要です。

スペイン語④:Socorro!

「助けて!」という意味のフレーズで、発音は「ソコーロ」です。
「手伝ってください」と同じ様に、「Pur favor(ポル ファボール)」を付けると丁寧な言い回しになります。

スペイン語⑤: Que te mejores pronto.

「早くよくなってね」という意味のフレーズで、発音は「ケ テ メホレス プロント」です。
目上の人に言う場合は「Que se mejore pronto,(ケ セ メホレ プロント)」=「早くよくなりますように」と言うのが良いでしょう。

スペイン語⑥: Tengo hambre.

「お腹が空きました」という意味のフレーズで、発音は「テンゴ アンブレ」です。
同じ様なニュアンスで「喉が渇きました」という場合は「Tengo sed.(テンゴ セッ)」となります。

スペイン語⑦: Que haces?

「何してるの?」という意味のフレーズで、発音は「ケ アセス?」です。
また似たような言葉で「Que pasa?(ケ パサ)」は「どうしたの?」と言う意味のフレーズです。

日常生活を慣れない場所で送っていると、ついつい視野が狭くなってしまいますが、周りの人を気遣えるように、こういうフレーズも覚えておきたいですね。

スペイン語⑧: Qué tiempo hace hoy?

「今日はどんな天気ですか?」という意味のフレーズで、発音は「ケ ティエンポ アセ オイ」です。
知り合いと町でばったり出会った時などに「今日はいい天気だね」なんて言葉を交わす時には「Hace buen tiempo.(アセ ブエン ティエンポ)」というフレーズになります。

日本でもお天気の話題はちょっとした挨拶代わりに交わされる事があります。
スペイン語圏にいる時には是非、スペイン語で積極的に話しかけてみましょう。

スペイン語⑨: Que te vaya bien.

直訳すると「あなたが良くありますように」ですが、「元気でね」「いってらっしゃい」という意味のフレーズで、発音は「ケ テ バヤ ビエン」です。
目上の人に言う場合は「Que le vaya bien.(ケ レ バヤ ビエン)」=「お元気で」と言うと良いでしょう。

スペイン語⑩: Sí

「はい」という意味の単語で、発音は「スィ」
「Sí.(スィ)」と軽く言うと、日本語で「へぇ~」「あっそ」と言った様な素っ気ない感じになってしまうので、「Sí.(スィ~)」と、少し語尾を残す様な感じを意識してみましょう。

ちなみに「はい」の逆、「いいえ」は「No.(ノ)」です。
自分の気持ちを正確なスペイン語で表現するのは難しくても、相手の言っている事がわかった場合にはそれに対して返事が出来るようにしておきたいですね。

<下に続く>

スペイン語が勉強できるおすすめの本

スペイン語の単語を勉強する本

世の中にはスペイン語の魅力をもっともっと知ってもらえるような本が沢山出ています。
その中から、スペイン語圏へ旅行へ行くという人におすすめの1冊。

これからスペイン語の勉強を始めるという人に1冊。
スペイン語を勉強しているけれどもっともっと学びたい!という人に1冊。

計3冊をそれぞれ紹介致します。
自分のレベルや求めるレベルの本を探してみて下さい。

おすすめの本①:旅の指差し会話帳12 スペイン

旅の指さし会話帳12 スペイン
1512円

この本はガッツリとスペイン語を勉強したい人ではなく、旅行などで必要だから簡単な単語やフレーズなどを覚えたい!という方におすすめの本です。
本の題名にもなっている様に、この本を使ってスペイン語を話す方とコミュニケーションをとれるくらい、わかりやすく書かれています。

場面ごとにその時必要なフレーズが紹介されているので、いざと言う時に心強い味方になってくれます。
旅行のお供に是非持っていきたい1冊です。

おすすめの本②:やさしいスペイン語文法

やさしいスペイン語文法
2052円

がっつりとスペイン語を勉強しょうと思っている方にとって、スペイン語を学ぶ上での第一歩となる様な本です。
CDも付いているので、独学で勉強する上でなかなか身につけるのが難しい発音もしっかりと耳で覚える事が出来ます。

内容もさることながら、読みやすく書かれているのでとても頭に入ってきやすいです。
まずはこの本からスペイン語を始めてみてはいかがでしょうか?

おすすめの本③:スペイン語作文の方法 構文編

スペイン語作文の方法 構文編
2700円

この本は、今までの2冊よりも少しレベルの高い内容です。
実際に現地の新聞で使われているような言い回しや、ネイティブの方が日常で使う言い回しなども詳しく乗っているので、ある程度スペイン語の知識があり、更なる語学力UPを目指している人におすすめの1冊です。

母国語以外の言葉を習得するのは本当に大変な事です。
それでも努力して勉強していけば必ず身に着くので、この本で勉強出来るくらいのレベルを目指していきましょう。

<下に続く>

スペイン語の魅力を感じてみよう

魅力的なスペイン語の単語

スペイン語というのは、とても情熱的魅力的な言語です。
言葉の響きも美しいので、そんな一つ一つの言葉の発音を大切にしながら、学んでいきたいものです。

始めるきっかけはどんなものでも良いのです。
もしもこの記事をきっかけに、スペイン語を勉強したい!と思って下さる方がいたら、とても嬉しいです。

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line