Noel(ノエル)|大人の女性の毎日をかわいく、キレイに
2019/02/07

彼氏に冷めたと感じる瞬間は?もう一度気持ちを取り戻す7つの方法

あんなにすきだった彼氏への気持ちが冷めてしまったと感じるときはありませんか。
一緒にいても前ほど楽しい気分になれず、戸惑いを感じてしまうことも…。

今回は、あるあると共感する人も多い、彼氏に冷めてしまう瞬間や彼氏に冷めたときの対処法を見てみましょう。
自分の気持ちがわからなくなっている人必見です。

Large break up breakup broken 14303
目次

彼氏に気持ちが冷めた瞬間と理由

彼氏に言葉に気持ちが冷めた人

彼氏に気持ちが冷めた瞬間や、その理由を見てみましょう。
ちょっとしたしぐさのほか、性格や内面が見えたときも気持ちが冷めることがあります。

  1. 食べ方がキライ
  2. 店員さんへの横柄な態度
  3. 言葉遣いが乱暴
  4. マザコンが発覚した
  5. 浮気された
  6. 嘘をつかれたとき
  7. 生理や体調不良のとき優しくしてくれない
  8. 喧嘩のとき人間性を否定された

「お前、本当に面倒くさい」といった「だからお前はダメなんだよ」

冷めた瞬間①:食べ方がキライ

彼氏と一緒に楽しいデート、おいしいランチやディナーを食べるその瞬間、彼氏の食べ方にゾッとした経験はありませんか
お箸が使えず握ってしまう人や、口にものを一杯つめこんだまま、大きな口を開けて話す人など、基本的な行儀が身についていない彼氏に気持ちが冷める女性は多いものです。

他にもあり得ないほど偏食だったり、失礼なほど食べ物を残すといった行動も、女性は厳しく見ています。
長く付き合いたい人ほど、彼氏の食習慣が気になるため、あわないと感じると気持ちの盛り上がりが下がる人も多いでしょう。

冷めた瞬間②:店員さんへの横柄な態度

普段は優しく、申し分のない彼氏がお店で店員さんに見せた態度で気持ちが冷めたという女性も多いでしょう。
何を勘違いしているのか偉そうで横柄な態度を見せたり、無茶な要求で店員さんをこまらせる彼氏にはうんざりします。

一緒にいる自分まで恥ずかしい思いをすることもあり、熱い気持ちが一気に冷めた瞬間になるでしょう。

冷めた瞬間③:言葉遣いが乱暴

素敵な人だと思って付き合い出すと、普段の言葉遣いが乱暴で引いてしまったというケースも、よくあります。
飾らない、自然体の話し方は付き合い始めた実感がわき、嬉しいものです。

しかし、口を開けば罵詈雑言のような乱暴な話し方は、女性の気持ちが急降下する原因になります。
男らしい話し方と乱暴さをはき違えた勘違い彼氏への気持ちが冷めた瞬間になるでしょう。

冷めた瞬間④:マザコンが発覚した

付き合っていた彼氏がマザコンだとわかる瞬間は、気持ちが冷めた代表的な瞬間といえます。
口を開けばお母さんの話題ばかりで、大人になっても母の影響下から抜け出せない彼氏にはうんざりする人も多いはずです。

母親と彼女を比べたり、母親を優先するような行動は気持ちが冷めた瞬間につながります。

冷めた瞬間⑤:浮気された

浮気は二人の信頼関係を台無しにし、彼氏への気持ちのすべてが吹き飛びます。
どんなに好きでも、気持ちが冷めたと感じる瞬間です。

これまでの気持ちが大きいほどショックも大きく、裏切られたという気持ちや怒り、悲しみが混ざりあって思いでもすべてかききえてしまうでしょう。
二股でなく、魔が差した過ちでも、彼氏への気持ちが冷めたと感じる女性は多いはずです。

冷めた瞬間⑥:嘘をつかれたとき

彼氏に嘘をつかれたとわかったときも、気持ちが冷めたと感じる瞬間のひとつです。
ささいなことでも嘘は二人の信頼関係を崩す原因になります。

正直に話してくれれば、なにも問題がなかったようなことでも、嘘をつかれたという事実が彼女の気持ちをすっかり変えてしまうでしょう。
また、小さな嘘から色々なことを疑うようになり彼氏を信用できなくなることも多いです。

積み上げてきた愛情も冷めた瞬間といえます。

冷めた瞬間⑦:生理や体調不良のとき優しくしてくれない

つらいときや苦しいときに見せる態度で彼氏への気持ちが決まることもよくあります。
つらいときになぐさめてくれたり、支えてくれる他人には信頼感もまし、愛情が深まります。

逆に、そういうときに優しさを見せてくれなかったり、こちらの気持ちを尊重してくれない彼氏には気持ちも冷めたと感じるでしょう。
特によくあるのは体調を崩した時や生理でつらいときに、まったく優しくしてもらえないケースです。

彼氏が自分の都合ばかり優先し、こちらを尊重してくれないときは、気持ちが冷めた瞬間になるでしょう。

冷めた瞬間⑧:喧嘩のとき人間性を否定された

長く付き合うほど、ケンカはつきものです。
しかし、ケンカのときに人間性を否定するような暴言をはかれたら気持ちが冷めたという女性は多いものです。

ケンカは売り言葉に買い言葉で、お互いを傷つけてしまうものです。
しかし、いくらケンカのときとはいえ、「だからお前はダメなんだ」と、彼女を全否定したり「お前、本当に面倒くさい」

と二人の付き合いを丸ごと否定する発言は、気持ちが冷めた瞬間になります。
じゃあどうしてつきあっているの?と、二人の関係そのものに疑問を持ったり、彼女への愛情を疑う原因になる発言は冷や水を浴びたように気持ちが冷めたと感じるでしょう。

<下に続く>

気持ちが冷めた彼氏のひと言

彼氏の一言に気持ちが冷めた瞬間

彼氏への気持ちが冷めた一言を見てみましょう。
たったひと言でも心に突き刺さり、気持ちが冷めたと感じるセリフは、意外と多いのではないでしょうか。

(例:女のくせに○○)

ひと言①:女のくせに○○

男性が無自覚に口にしてしまいがちな「女のくせに(生意気など)」といひと言にがっくり気持ちがさめた人も多いでしょう。
女性だからという理由で軽んじる言い方は、嫌悪感をかきたてられます。

また、男女平等や人権にたいして無頓着な様子もうかがえ、彼氏の見る目が変わる瞬間になります。
逆に「女のくせに料理もできないのか」といった一言も、気持ちが冷めた一言になるでしょう。

ひと言②:好きだったらいうこと聞いて○○して

彼女の愛情をたてにとり、言うことを聞かせたり無理難題をふっかけるひと言にうんざりした経験はありませんか。
特に、こうしたひと言はお金がからむケースも少なくありません。

「好きだったらお金貸して」「好きなら言うことを聞いて」などとこちらの気持ちをためしながら優位に立とうとするひと言に
どんな愛情も冷えきってしまうはずです。

ひと言③:いつ誰と会うの?(会ったの?)

こちらの予定にいちいち口を出す束縛する彼氏に気持ちが冷めたせりふです。
友達と会うだけでもしつこく予定を聞かれたり、文句を言われるとげんなりしてしまいます。

はじめのころは、愛情の証と前向きにとらえていても、だんだんしつこさにいら立つ人も多いでしょう。
詮索するような彼氏の一言にすっかり気持ちが冷めた経験は思い当たる人も少なくないはずです。

ひと言④:お母さんだっら○○なのに

彼氏のマザコン発言にドン引きした経験はありませんか。
はじめての手料理に「お母さんの味つけはもっとおいしい」などの一言を言われると、百年の恋も冷めたと思うでしょう。

いろいろな場面で、母親と比べる一言は、気持ちの盛り上がりを冷めたものにする決定的なせりふになるのではないでしょうか。

ひと言⑤:どっちでもいい

何を聞いても「どっちでもいい」となげやりな返事が返ってくる彼氏に気持ちが冷めた人も多いでしょう。
デートの行き先や食べたいもの、あるいは日常のささいなことに意見を聞いたとき、上の空で生返事をされたらどう思うでしょう。

何気ない一言ですが、自分の話に興味がないのだとがっかりして、彼氏に冷めたと感じる一言になります。

<下に続く>

気持ちが冷めた女性が彼氏にとる言動

彼氏と居ても面白くない気持ちが冷めた女性

すっかり冷めた女性が彼氏に取ってしまう行動を見てみましょう。

  1. デートの催促がなくなる
  2. メールの返信がなくなる
  3. 一緒にいても上の空
  4. 笑顔が少ない
  5. 自分のことを話さなくなる
  6. イライラして文句が多くなる
  7. おしゃれをしなくなる
  8. 友達や仕事を優先させる
  9. 手をつなぐなどのスキンシップが減る
  10. スマホをいじる時間が増える

言動①:デートの催促がなくなる

彼氏に気持ちが傾いているときは、次に会える時間が楽しみで、次はいつ会える?などとデートの催促をしたものです。
しかし、気持ちが冷めてしまうと会いたい気持ちもすっかりかききえて、デートしたいということもなくなります。

男性が積極的ではないときや、仕事で忙しい場合は、気がつけば何ヵ月も会っていないということもあり得るでしょう。
彼女の会いたい気持ちに変化が起きていないか、注意を払いたいポイントです。

言動②:メールの返信がなくなる

会わない時間にも、普段の連絡が減ってしまうことも彼氏に冷めた女性が取りがちな行動です。
メールの返事がなかなか来なかったり、ラインの既読がつかないだけでなく、既読スルーも増えるでしょう。

彼氏に関わる時間が面倒に感じられるので、できるだけ連絡を減らすような行動になります。

言動③:一緒にいても上の空

会っているときの態度でも、彼女の気持ちの温度を感じられるでしょう。
一緒にいても上の空で、心ここにあらずといった様子になります。

好きな人といるときは他のことが目に入らなくなるのに、気持ちが冷めたときは別のことに気をとられてしまいます。

言動④:笑顔が少ない

会っているときの笑顔の少なさも、よくある兆候といえます。
ちょっとしたことでも笑っていた彼女が、いつもつまらなさそうにしていたり、愛想笑いが増えるでしょう。

おもしろいことがなくても、一緒にいるだけでにこにこできていた女性が、頑張っても笑顔が作れなくなります

言動⑤:自分のことを話さなくなる

女性は基本的におしゃべりなものです。
つきあっているとちょっとしたことでも話を聞いてもらいたがります。

しかし、彼氏に身の回りのことを話さなくなったときは注意が必要です。
逆に彼氏が聞いても適当な返事しかせずに、会っていないときのことや、普段何を考えているのかがわからなくなるケースが増えます。

言動⑥:イライラして文句が多くなる

彼氏に冷めた女性はイライラすることが多くなります
ちょっとしたことでも怒りっぽくなり、彼氏に文句を言うようになるでしょう。

好きだったからこそ、目をつむっていられたことも、冷めたあとは嫌悪感ばかりが募ります。
何をしていても、腹が立つという女性も少なくありません。

言動⑦:おしゃれをしなくなる

デートのときにおしゃれをしなくなるのも、彼女の気持ちの変化が原因ではないでしょうか。
好きではない人と会うためのおしゃれをする女性はいません。
おしゃれに手を抜き始めたら、要注意と言えます。

言動⑧:友達や仕事を優先させる

これまでは、彼氏との約束を優先してくれていた女性が、友達や仕事、家族などの予定を優先するようになります
彼氏のことは後回しになるのもよく見られる行動です。

デートに誘っても、他の予定を言い訳にして会わなくなったら冷めたときのサインかもしれません。

言動⑨:手をつなぐなどのスキンシップが減る

恋人同士でもスキンシップが減るのもよく見られる行動です。。
手をつながなくなったり、さりげないボディタッチがなくなり、並ぶときの距離も広くなりやすいです。

口に出していないだけで、さりげなく彼氏を避けているのは、気持ちに変化があるからではないでしょうか。

言動⑩:スマホをいじる時間が増える

一緒にいてもスマホばかりいじるようになるのも、よく見られる行動です。
せっかく会っても、自分の世界にこもるようにスマホばかり見て、顔をあげなくなるでしょう。

目線が会う機会が減るのは冷めたときのサインといえます。

<下に続く>

あなたは大丈夫?彼氏に冷めたかもと感じた時の診断項目

彼氏に冷めたかチェックする

もしかして冷めたかもと感じたときにチェックしたい診断項目を見てみましょう。
自分の気持ちに自信がなくなったときに、診断項目をチェックすることで、もやもやした気持ちに答えが見つかるのではないでしょうか。

診断①:彼氏に会いたいと思わない

彼氏に会いたいと思わなくなったときは要注意です。
好きな人にはいつでも会いたくなるのが恋心です。

何をしていても、心のどこかで彼氏に会いたい気持ちがあったのに、会いたいと思わなくなってきたと感じたら要注意でしょう。

診断②:一緒にいないときに思い出さない

一緒にいないときに、彼氏のことが頭に浮かばなくなっていませんか
愛情があったときは、何をしていても心のどこかで彼氏のことを気にかけるものですが、冷めた後は一切思い浮かばなくなる女性が多いでしょう。

会っていないときに、彼氏が何をしていようと一切気にならなくなります。

診断③:一緒にいてもつまらない

デートをしていても、一緒に過ごす時間がつまらないと感じるようになったら要注意です。
恋に落ちたときは、世界が色鮮やかでハッピーに見える経験をした人は多いでしょう。

彼氏と過ごす時間は、それだけでときめいてにこにこと笑顔が出てしまいます。
しかし、一緒にいてもつまらないと感じるときが増えた場合は、気持ちに変化が出ていと考えられます。

彼氏と過ごす時間を心の底から楽しめなくなったときは、自分の気持ちを見直してみるとよいでしょう。

診断④:優しくできなくなる

彼氏に対して、優しくできなくなったと感じることはありませんか。
落ち込んでいたり、何か失敗した時に自然となぐさめられていたのに、最近優しくしようとしてもぎこちなく心の底から優しい言葉がかけられないと思っていませんか。

本心からなぐさめたり、優しくできないのは彼氏に気持ちが冷めた証拠ではないでしょうか。

診断⑤:別の男性が素敵に見える

彼氏と一緒にいても別の男性が頭に浮かんだり、他の男性が素敵に見えるときも要注意です。
彼氏に気持ちが向いているときはほかの男性が目に入りません。

しかし、 少しでも気持ちが冷めてしまうと彼氏のよいところよりも別の男性の魅力のほうが目に入るようにあるでしょう。
最近、彼氏よりも別の男性にときめくことが増えたと感じたら自分の気持ちを確かめてみましょう。

<下に続く>

冷めた彼氏への気持ちを、もう一度取り戻す方法

気持ちが冷めた彼氏と復縁した人

彼氏への気持ちが冷めたとき、もう一度気持ちを取り戻す方法を見てみましょう。

  1. 付き合いだした時のことを思い出す
  2. もう一度よいところを考える
  3. あえて距離を置く
  4. 一緒に楽しめる趣味を探す
  5. 別の男性とデートする
  6. 彼と将来について話してみる
  7. 気分転換を始める

方法①:付き合いだした時のことを思い出す

付き合いだした頃は、一番二人の気持ちが盛り上がり、お互いのよいところが印象深いときです。
気持ちが冷めたと感じたら、もう一度付き合いだした頃の思い出を思い出してみませんか

大好きな気持ちでいっぱいだったころの、楽しい恋愛を思い出せば、彼氏のことも新鮮な気持ちで見直せるのではないでしょうか。

方法②:もう一度よいところを考える

気持ちが冷めたときは、彼氏のよくないところばかりが目につきます。
しかし、立ち止まってもう一度彼氏のよいところを考えてみましょう

どんなところが好きだったのか、彼氏の長所や好きな所をメモに書き出すとよいでしょう。
悪いところは思いついても、あえて書き出さず、ささいなことでもいいところばかりを集めるようにします。

字に起こすことで、よりしっかり彼氏の長所を思い返すことができるでしょう。
もう一度彼氏との関係を良い方向へ考え直す機会が作れるはずです。

方法③:あえて距離を置く

どうしても気持ちが冷めてしまって、彼氏へ気持ちが向かないときは、あえて距離を置くのもよいでしょう。
恋愛に疲れてしまうことも、珍しいことではありません。

あえて距離を置き、静かに自分の気持ちやこれまでの二人の関係を見直す時間を作りませんか。
特に彼氏に会うたびイライラしてしまう人は、一度距離を置いてイライラした気持ちを静めて彼氏のよいこと路を考え直すとよいでしょう。

方法④:一緒に楽しめる趣味を探す

マンネリ化が進みすぎて冷めたと感じるときは、一緒に楽しめる趣味や遊びを探すのもおすすめです。
会話の弾む共通の話題がなくなったり、お互いに別々の方向を向いてしまって足並みがそろわないと感じたときは二人で楽しめるものを持つことが大切です。

一緒に習い事をはじめたり、キャンプや登山、料理など二人で楽しめる趣味を始めてみましょう。
共通の楽しめる趣味が、もう一度二人を結び付けてくれるでしょう。

方法⑤:別の男性とデートする

荒療治ですが、別の男性とデートするのもよい方法です。
別の男性とデートし、彼氏と心の中で比べることで当たり前だと思っていた彼氏のよいところを思い返すことができるでしょう。

空気のように、自然になりすぎてありがたみがわからなくなっていた彼氏との時間が、実は特別な時間だったと気づけるはずです。
ただし、浮気などの誤解を招き、せっかく気持ちを取り戻しても彼氏との仲が悪くなるケースもあるので、注意も必要です。

方法⑥:彼と将来について話してみる

漠然と彼氏との今後が不安で、気持ちが冷めたと感じる人は、改めて将来について話し合うのもおすすめです。
二人の関係について、彼氏が本心でどう思っているのかを聞いてみましょう。

話し合うことで、自分が恋愛に求めるものや、この先どうしていきたいかを見つめなおすきっかけにもなります。
気持ちが冷めたと思っていても、将来の展望を話し合うことで、もう一度二人の関係を前向きに見直すきっかけができるのではないでしょうか。

方法⑦:気分転換を始める

恋愛に疲れたときは、気分転換もおすすめです。
デートを控えて、自分の趣味の時間を増やしたり、友人と会ったりする時間を増やしましょう。

あえて恋愛にかかわる時間を減らして気分転換をすることで、彼氏との関係が要方向へ向くでしょう。

<下に続く>

気持ちが冷めたときの彼氏へのNG行動

彼氏に気持ちが冷めて別れを決めた二人

彼氏に気持ちが冷めたときにしてはいけないNG行動はあるでしょうか。
一番のNG行動は、自分の気持ちに嘘をつくことです。

本当は冷めてしまったのに、体面やほかの思惑からだらだらと関係を続けるのは、自分の時間も気持ちもすり減らすことになります。
また、本当は彼氏に気持ちが残っているのに嫉妬や不安からさめたような気持にとらわれている場合も、早急に別れ話を進めるのはよくありません。

どちらの場合も、迷っているときは焦らず、自分の気持ちとしっかり向き合うことが大切です。
後から後悔しないためにも、シンプルで素直な自分の気持ちを見つめるようにしましょう。

<下に続く>

彼氏に冷めたときは、立ち止まってみよう

彼氏に気持ちが冷めて別れを悩む女性

今まで一緒にいられた彼氏に冷めたときは、一度立ち止まってみるサインかもしれません。
自分が成長し、これまでの彼氏との付き合いが物足りなくなったり、違う未来に進みたくなっている場合もあるでしょう。

また、恋愛に求めるものが変わってきたり、恋愛自体に興味が持てなくなっている場合もあります。
彼氏だけに原因があるのではなく、自分の変化が彼氏への気持ちに現れていないか立ち止まって考えてみましょう。

人間関係は、いろんなことがきっかけで変化するものです。
変化しながらも、二人の関係を楽しみたいと思っているのかを考えることは、自分の心と向き合う良い機会になるでしょう。

彼氏に冷めたと感じたときは、焦らず自分のことや、二人の関係をおさらいしてみる機会にしてみましょう

Thumb color
written by
Noel(ノエル)は、毎日をかわいく、キレイにしたい大人の女性のためのライフスタイルメディアです。メイクやコスメ、ネイル、ヘアスタイル、プレゼント、ファッションなどの美容に関する人気おすすめアイテムのランキングや恋愛、おでかけ、イベント、旅行、デートなどのお役立ち情報を大人女子のために毎日配信します。
関連記事
おすすめ記事
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Noel add line image
Noelの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line